のよのよ in Zの悲劇?!
鳥全般・海外旅行・ばんえい競馬・アニメ&漫画etc.…ニッチな情報提供も目指します。

最近の記事 ×

プロフィール ×

Pin

Author:Pin
出身:福岡県。長年住んだ出雲から佐賀へ移住の白衣好き主婦。
趣味:同人活動ではハーロックに原点回帰。(他にナノセイバー・恐竜惑星・ジーンダイバー)、ばんえい競馬、鳥関係全般、(科学者用)白衣等々。海外に行った時は旅行ネタ多目。


カテゴリー ×

月別アーカイブ ×

最近のコメント ×

最近のトラックバック ×

FC2カウンター ×

カレンダー ×
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


ミュンヘンII(14)~テロの痕跡…~
【2016/12/01 22:09】 海外旅行
 皆さんは今年の7月にミュンヘン郊外でテロが遭った事を覚えておいででしょうか。
 出発の約1か月前の事で渡航しても大丈夫だろうか…と思いつつも、その後の現場が気になったので一寸様子を見に行ってみました。

 最初はオリンピック公園の近くのショッピングセンターと聞いて、そんな建物知らないけど最近出来たの?と思いましたが、最寄駅はOlympiazentrumから2つ先のOlympia-Einkaufszentrum(オリンピック・ショッピングセンター)駅でした。
 U3のOlympia-Einkaufszentrum - Moosach間は2010年12月11日の開業なので、前回(2009年9月)は未だこの駅がU3の終点でした。
テロ現場地図
 因みにGoogleマップではこの駅のアクセス路線にU3が出て来ないので確認した所、10/31~来年の3/31までMünchner Freiheitー Scheidplatz間の線路付替え工事の為、現在この区間が代替バスになってるからなんですな。(タイトルは「10/31から12/10となってますが、本文とリンク先の記事によると来年3/31が正しい様です。)

 本来U3ならOlympia-Einkaufszentrum駅まではミュンヘン大学の在るUniversitätから乗り換え無で行けるのですが、近年開業した区間を含むからかホームが結構シャレてる駅がチラホラ在ります。(写真はMünchner Freiheitにて)
洒落た駅が多い
 オリンピック公園の最寄駅・Olympiazentrum。
オリンピックセンター駅
 今回の目的地Olympia-Einkaufszentrumもシャープなデザインが利いてます。
一寸したアート
 …さて、駅から普通に行くと第二の現場となったショッピングセンターの前を通るのですが、取り敢えず横断歩道を渡って向かい側のマクドナルドに向かいます。
 渡ったすぐに…ああ…R.I.P.…;_;
マック側の追悼コーナー
 現場はこの追悼コーナーその1から向かって右手に在る訳ですが閉ってました。
マック閉鎖中
 柵に貼って有るお知らせ。
 「私たちはこの度のテロに衝撃を受けると共に犠牲者の方々に深く哀悼の意を表します。
  彼等(犠牲者の方々)の御家族や御友人に心よりお見舞い申し上げます。
  このレストランは追って通知が来るまで閉店致します。」
 (一部意訳)
追悼文と現場検証が終わるまで閉店する旨
 「追って通知」と言うのは「現場検証が済むまで」と言うよりも、テロのせいで中が無茶苦茶なので大々的に改装すると言う事の様です。
 ガラス戸にシートを貼ってる所から判断するに、相当酷い状態だったのでは無いでしょうか。
中も滅茶苦茶では無いのだろうか
 この車は改装関連で入ってた模様。
中身完全に改装か
 尚、このマックはGoogleストリートビューの2008年7月時点では改装しながら営業はしてたんですね。
改装中だけど営業はしていたらしい
 一方ショッピングセンター前の追悼コーナー。
ガレリア側2
 マック同様明らかに子供向けの縫いぐるみも有るんですが、実際犠牲者の中には子供も居た様です。…あんまりや…;_;
ガレリア側の追悼コーナー
 ただショッピングセンター自体は追悼コーナーを除けば普通に営業している感じでしたね。中には生々しい跡が有ったのかも知れませんが、入って確認するのは非情に不謹慎な気がしたので自粛致しました。
ガレリアは一見普通に営業していた 
 多分ショッピングセンターは建物の損壊はマックに比べると軽微だった為、営業再開も早かったのでしょう。尚、件のマックも流石に今は普通に営業を再開しております。

 この頃フランスのニースやドイツ郊外でもイスラム過激派によるテロが相次ぎました。
 幸い滞在中に身の危険に関わるトラブルには遭わずに済んだ物の、こう言う事件は最早何時日本で起ってもおかしくないですし、一体どうやったらイスラム過激派は居なくなるんでしょうね。
 他にもトランプ政権とか南スーダンの駆け付け警護とかキナ臭い状況が続く中、平和を『この世界の片隅で』祈りたくもなって来ます。

 次回はもっと楽しい話題で『MGVちゃん(仮)』の予定です。

ミュンヘンII番外編~イギリス庭園の鳥~
【2016/11/27 12:30】 鳥関係
 私の知る限りではドイツで鳥が多くてヒャッハーな所は、イギリス庭園とオリンピック公園と城っす(ニンフェンブルク城)位な物ですね。探せば穴場は在るんでしょうけど今の所縁は無し(苦笑)。

 …んでデジカメ故障前にイギリス庭園で撮っておいた鳥ネタを公開しておきましょう。因みに1回目(8/29)の午前中は断続的に雨が降っていた為、少々画質に難が有るかも。

 やあインドガンですよ。動物園では見た気がするけど野生個体を見るのは初めてですよ。
 …正確にはその名の如くインド方面の鳥で、ここに居るのは逃げ出した野生「化」個体ですけどね。
インドガン
 後ろの頭がやや黒いのは若鳥です。
後ろは若鳥
 ハイイロガンも少々。こちらは正真正銘の野生個体。
ハイイロガン
 因みにドイツでこの手のカモを何度か見ましたが、喉が白いのでマガモのエクリプスでも無さそう。一般的には「アヒルはマガモよりもずっとでかい」と言われてるんですけどね。
 ただここでは「アヒル」とと書かれているので気になって調べてみました。
やはりマガモのエクリプスか?
 参考までにこちらは城っすの池で撮った物。オオバン(全長39㎝)に比べ確かに大きいけど、マガモ(の全長59㎝に対しアヒルは50~80㎝と幅が有るので単純に大きさでは比較は出来ないのでは?
そんなにでかいか?
 …って、スウェディッシュブルーとかポメラニアアヒルがそれっぽいぞ?? ではアヒルでファイナルアンサーなんですかね。

 一方前回はドイツ博物館傍のイザール川に居たオシドリを今回見ないな~と思ったら、こんな所で見かけるとは♪
オシドリエクリプス
 ただ時期的に未だエクリプス状態で前回に比べると地味さは否めません。エクリプスでもオシドリはオシドリって顔をしてるんで判りますがね。
未だエクリプス
 こちらは雌の方。しかし日本のオシドリと違いあちらは人を恐れませんね~。(かなり小型且つ気品を感じる)
オシドリ雌
 一方2回目(9/2)に撮ったクロウタドリ。
クロウタドリ
 シジュウカラは木々の間を動き捲る&小さ過ぎてやはり撮るのは難しい…。
シジュウカラ
 この日は前回見たカオジロガンやハイイロガンは居らず、オシドリとマガモがチラホラ。代わりにバンが居ました…が、これを撮った直後にカメラが死んだので、以後全部ダンナのスマホ画質だ。コンチクショウ!!(ノ# ̄□)ノ
ここでカメラが死んだ
 次回は「テロ現場その後+オリンピック公園」の予定です。

ミュンヘンII(13)~ミュンヘン大学~
【2016/11/25 21:04】 海外旅行
 予告編の内容に留めて次の話題に行こうかとも思いましたが一応取り上げておきます。

 ミュンヘン大学の大体の位置関係。U3とU6のUniversität駅を降りたらすぐ。
ミュンヘン大学地図
 大学の北側には凱旋門。ただこの凱旋門はナポレオンとは無関係で、ルードヴィッヒIが造らせた物だそうです。
ナポレオンとは無関係な凱旋門
 数100年の歴史の有る大学なだけあって校舎が写真に収まりません。
広くて入らん
 しかし正面玄関の窓のデザインからして中々凝ってて寧ろ宮殿の様です。
窓枠も凝ってる
 んでメインホールがこれまた宮殿の様に美しいんですよ。派手さは無いんだけど実に洗練されとります。
中央ホール

ホール反対側
 更に飾り窓もデザイン凝ってて美しい。中央の動物の絵が全部違うっぽい。
飾り窓もいちいち綺麗
 ホール脇に有るこれは祭壇?
祭壇?
 さてメインホール(パイプオルガンが有る方)の階段を登って向かって左側の一角に白バラ記念館と言う資料室が在るんですよ。
 本来なら月~金10:00~16:00、土12:00~15:00の開館なんですが、学会開催中は特別に時間外も開けていた様です。
 …と言うかこの部屋は角に在る上に通り道だったりするんで、中に入って左手の方からも出入り可能です。
白バラ記念館入口
 首謀者6人の写真(再掲)。
首謀者6人(再掲)
 「ハンス・ショルとその妹ゾフィー・ショルを筆頭」となってますが、写真は明らかにゾフィーの方が多い様な。
在りし日のゾフィー

やはり妹が首謀者では
 しかもゾフィーだけこうした像になってるし彼女が一番熱心に活動していたのでは…。
ゾフィーの像
 子供と遊んでいるクリストフ・プロープスト。1939年に学生結婚し1942年に処刑されるまでに3児の父になっていたそうですが、彼亡き後遺族はどうやって生活してたんでしょうね。
子持ちの青年も居た
 逮捕後死刑判決が下った時、ショル兄弟は子供の居るクリストフを庇ったそうですが、無慈悲にも3人共一緒に処刑されてます。その後3人一緒に埋葬されました。
 あの時代にナチスに逆らって散った6人は、戦後のドイツでは寧ろ英雄として讃えられる存在になりました。特にショル兄弟にまつわる通りや広場はミュンヘンのみならずドイツ各地に在るそうです。
 大学大講堂側の"Geschwister-Scholl-Platz"(ショル兄妹広場)。
ショル兄弟広場
 向かい側の"Professor-Huber-Platz"(フーバー教授広場)に有った(と思う)6人のレリーフ。
6人のレリーフ
 下の方には6人の名前が刻んで有ります。ただ「白バラ運動」なのにヒマワリを添えてあるのは解せん。
名前の所抜粋
 彼等の体は滅んでもその勇気と精神は不滅なんですね。

 次回は「テロ現場その後」…だと重いかな? 先ず息抜きに鳥ネタを入れておきますかね。

「或る列車」佐賀コース限定運行
【2016/11/23 20:09】 日常・雑談
 参考記事: 「或る列車」が佐賀に来た
 
 前回(8/24)の試運転から早や3か月。今日限定で『或る列車』がお客を乗せて佐賀を走りました。これに合わせて各地でイベントが有ったのです。
 発着する佐賀駅の3番ホームでは記念式典が催され、佐賀清和高校の吹奏楽部の生徒達による演奏が盛り上げてくれます。本当は正面から撮りたかったのですが、ここから先は関係者のみしか入れなかった為断念。
記念式典の演奏
 その為アングルが最悪ですが…おっ「生」佐賀県知事・山口祥義さん。
 「佐賀県はJR九州と結婚し新婚旅行に行くつもりが中々行けませんでした。それが今日遂に果たせたんです。これがJR九州と佐賀県の新婚旅行です!!(要約)」とか、中々面白い事仰いますな~(笑)。
生県知事
 「生」佐賀市長・秀島敏行さん。
 他にもJR九州の列車デザインではお馴染みの水戸岡鋭治さんもいらっしゃってたんですが、一般エリアからは全く見えませんでした ̄▽ ̄;
生市長
 ギャラリーの中に旗を持ってる方がチラホラ。
旗持ってる人が何人も…
 しかも旗が2種類…有る?! 上が一周年記念Ver.でこちらは通常Ver.だそうです。
旗別Ver.
 向かいの2番ホームにも旗持ってる人がチラホラ。
旗振り部隊
 つまりこの旗を振って「或る列車佐賀コース運行を歓迎しようという訳です。
2番ホームにも旗持ってる人が
 例によってダイヤが少し遅れており、到着した時は4番線にキスマイかもめが入る直前だったんですが、物凄い人だかりで写真は諦めました。
 そうしている内に3分程遅れて金ピカ仏壇或る列車キター!!
仏壇キター!!
 中からもお出迎え。
お出迎え
 ななつ星でも思ったけど相変わらず豪華絢爛ですね。
相変わらずリッチ
 ただ試運転の時と違い人が多過ぎて車体に映りまくっちゃうのよ^^; しかも記念写真撮る人も沢山居て実に動き辛い…。
 その意味では試運転でネッチリ撮っておいて良かったと思いました ̄▽ ̄;
人が多くて映ってしまう^^;
 午後のルートはバルーンさが駅近辺に移動。こちらではバルーン繋留によるおもてなしです。
 待ってたら午前中に撮りそびれたキスマイが来たんでついでに撮っておきました。
待ってたらさっきのキスマイ通過
 上り佐賀駅方面の便通過~。
いらっしゃいまし~

気球と或る列車
 15分位待って今度は佐賀駅からの下り~。
今度は下り~
 実は旗を振ってお見送りはここでもやってたのであります。
旗振ってお出迎え

また佐賀に来てね~
 因みにこの時私も旗を貰ったんですよね。風向きの関係でどうしても裏返ったんですけど(苦笑)。
旗貰った
 う~ん…通常Ver.でしたか。
通常Ver.らしい
 裏面は黒。因みに一周年Ver.の裏面は金ピカです。
裏面
 今日限りの運行とは言ってましたが無事に満席だったそうだし、この歓迎ぶりなら来年以降も時々は佐賀コースで走ってくれるんではないですかね。一寸期待したい所です。

 でもその前に『或る列車』の本拠地・長崎でも撮ってみたい…かも? 

ガンフロンティア2話&次元航海27話感想
【2016/11/22 18:57】 ハーロック@松本零士
 【ガンフロ】
 今回も冒険活劇!!って感じのトビラです。
 『男の友情は固いのだ!』と言うサブタイは、原作の『酒のない町の崩壊』に対して少年漫画だな~と言う印象。それ程「男の友情」は出てなかった気もしますが。
今回のトビラ
 馬車が壊れて馬も死にそうってんで、馬車の修理道具と馬の薬を買いに行かされるハーロックとトチロー。札束をピラピラ見せびらかすシヌノラは早くも2人を尻に敷いてますな~。
 行った町がカフェだの花屋だのばかりで銃も酒も禁じられてるのは原作と同じだけど、言葉遣いが異様に上品でかえってキモイのは『幻の閨』も入ってるからでしょうか。
 隣り町の駅馬車に乗ってる時に強盗に襲われ、金目の物は全部奪われる所も原作準拠ですが、馬車の女に関しては原作は可哀想と思えたのに、こちらでは寧ろザマアミロ…みたいな。
 でも護衛は殺されても馭者は無事だったのはちゃんと終盤の伏線になってたのね。

 すっかり遅くなった上に手ぶらで帰って来たので激怒するシヌノラ。罵られてプライドが傷つき黙って座り込む2人に「お詫び」と称してサッサと脱ぐシヌノラさん流石です(笑)。
無理しやがって…
 ただトチローとハーロックは「無理しやがって…」としか思えませんね(笑)。原作に比べると全然余裕が無くて本心では見たくて見たくて堪らないのを我慢してないかい?
 この後の「男の固い友情」云々もすげームキになって言ってる様に感じるし、絵柄のせいなのか原作よりも子供っぽく見えるんですよね。
無理しやがって2
 再びあの町に戻り「酒飲ませろ~!!」と叫ぶトチロー。ガンフロのトチローはかなりの酒好きだけど実際強いんかな? 宇宙海賊のトチローは酒は好きだけど弱い印象が有る物で。
 話の解る酒屋の主人が飲ませてくれたけど優しそうな人なのにすぐに殺されて可哀想TДT; 何故この主人はこの町を見捨てて自由に酒が飲める町に行かなかったんでしょうね。

 デラメダムは原作と全然顔が違うのね。原作はフランス系のオッサンでズーズー弁、対する島崎版はロンゲで変にお上品言葉…と、どちらにせよ話し方が変。
 そんでもって今回のナニ。デラメダムがデラメダルになってるけどとにかくナニ。
ナニに誤植
 牢屋にブチ込まれた後、保安官を串刺しにする所はちゃんと描いて欲しかったかな?
 デラメダムをトチローがバッサリのシーンは迫力有りますね。ただ町の人達に奴が強盗だったと言っても信じてくれる筈も無く。そこに颯爽と馬車と食糧を持ったシヌノラが2人を乗せて脱出成功。
 ただデラメダムが死んだ云々のシヌノラが原作に比べるとアッサリしている様に見えます。その次のコマの「女はやっぱり神秘的」で彼女の顔が切れてるので、見えない所で泣いてるのかも知れませんが。
原作よりも醒めてる?
 んで冒頭の馭者は実は先住民で、強盗の根城だったあの町は彼等に滅ぼされたのでした。めでたしめでたし。

 基本的な内容は今回も原作準拠ですが、えらく密度が濃いと言うか詰め込んでる様に感じます。もしかして原作1話分を島崎版でも1話でやるつもりなんでしょうか? 原作の2話26Pを30Pにリメイクしても小ゴマが多い上に、細かい所までキッチリ描いてるから絵的な情報量が半端無いんですよね。
 ただ今後原作は15~20Pと減って行くしその内新展開入ってからが本領発揮かも。

 【次元航海】
 ジョジベルをビビらせマゾーン艦を蹴散らしつつエメラルダス華麗に参上!!
 ところで今回は2本ガンフロが有るんですか?(笑)な、島崎版ガンフロリスペクトなコマが。
ガンフロオマージュ
 ゾルは未だ意識を回復してませんが、上でドンパチやってる中ミーくんと酒を飲むDr. まあ言っても野暮だけど「子猫にそんなに大量の酒を飲ませるんかい」とツッコみたくもなったりして(苦笑)。
 それにしても次元航海のミーくんは適当に描かれていると言うか、全然成長しないのは何故なんですかね。
子猫にこんな酒飲ますなよ
 計器は無反応なのに機関長にエンジンを動かす様に指示するハーロック。全てのエネルギーが吸収されるのも構わず、平然と蛇輪に向かった所にエメラルダス号のプラズマ波動砲が地表に到達。
 途端に惑星が崩壊し計器が動き出したのを、待ってましたとばかりに急発進し離脱するアルカディア号。…しかしハーロックの顔がまた変わってる様な。
また顔が変わった?
 デライザ崩壊のプロセスは単に外部からの破壊ではなく、ブラックホール胃袋のヤッタランとの対比になってるんですね。
 そしてマゾーン艦隊を蹴散らした後、エメラルダスとの感動の再会。ハーロックの目が凄く優しい…´▽`
凄く目が優しい
 表情は見えないけどトチローも照れてる?
顔が優しい
 今回はこの再会の下りがクライマックスと言えるでしょうね。結局「息子」は今回も出ないままでしたけど。
 アニメでも情緒たっぷりに描いて欲しいな~と思いつつも、そう言えば次元航海劇場版の話は一体どうなってるんですか? 全く情報が出て来ないので『まほろば』同様お蔵入りになっていそうな気がしてなりません。
 エメラルダスに完敗のジョジベルは相当悔しかった模様。唇を噛み締めて出て来た液体は樹液なんですかね。しかしえらく逞しい体つきになって来てませんか?

 【少年プラズマ戦隊】
全話揃ったらしい
 「第1部/おわり」となってる物の完結でも問題無いと思います。最終回は長い間素材が不明だったそうですが、心なしか他の話よりも画質が良い様に見えますし、状態が良い物が見つかったんでしょうね。
 内容的には所謂「勧善懲悪」物と言うか、主人公側がピンチを迎えるも最後は悪は滅びるパターン。

 それよりも同時収録の『未来少年Z』。核兵器を単に爆発させただけでは地球終了だろ…と思いますが、そこは未来人間なので普通の爆発では無いんでしょうね。
 世界から殺戮兵器を無くし戦争の無い世界にする為の破壊活動だったんですか。今の時代こそ未来人間が活躍すべきでは無いでしょうか。

 ところで1つ残念なお知らせ。次回のREDは来年まで発売されない様ですよ?(笑)
来年まで買えないのか…
 「デラメダル」どころのミスでは有りませんがな。勿論正しくは2016年12月19日(月)発売です。
 ただ「赤い核実験場」と言われていた頃に比べ今のREDは迷走し捲ってるそうなので、永年の読者には一寸笑えない冗談だそうです(苦笑)。  

ミュンヘンII番外編~ミュンヘン大学予告~
【2016/11/19 10:07】 海外旅行
 本来ならちゃんとした記事を書きたかったのですが、2週連続で帰省する関係上その暇が無くて予告編にさせて戴きます。

 ミュンヘン大学(ルートヴィヒ・マクシミリアン大学ミュンヘン Ludwig-Maximilians-Universität München)は1472年に創立された非常に歴史の有る大学です。
 内部は大学とは思えない壮麗なデザイン。
大学内とは思えん
 ここには白バラ記念館と言う資料室が在るんですが、ここの学生と教授の6人が反ナチス運動を行って処刑されたと言う経緯に由来しています。
白バラ記念館
 首謀者6人の写真。あのヒトラーに抵抗する事自体相当勇気が要ったでしょうに。
関係者6人
 ところで首謀者の内、ハンス・ショルとゾフィー・ショル兄妹について。資料館でもハンスよりゾフィーの方が優遇されている所から判断するに、妹が先にナチスの異常さに気づいて兄を巻き込んだ…で良いんですかね? 既に家族がゲシュタポに逮捕されたりしてる様ですが(要確認)。

東よか干潟2016晩秋
【2016/11/17 19:14】 鳥関係
*参考記事: 東よか干潟2016秋

 前回から1か月半経った昨日(11/16)に様子見して来ました。…未だ未だ本気出してないですね(苦笑)。本格的に観察出来るのは12月以降ですかね。
 シチメンソウの盛りは過ぎましたが(先週までが見頃)未だ祭りは続いているらしく、私が着いた頃にゾロゾロと入って行く人が何10人か居ました。
盛りは過ぎたがシチメンソウ祭り
 出店も有りましたが個人的に興味を惹く物は無さ気だったのでスルー。
出店もチラホラ
 盛りの時期ってバルーンフェスタと被るのと、潮がイマイチだった為未だに観ておりません。
先週なら真っ赤だった
 今回はクロツラさん居ました。今の所確認されてるのはここに写っている13羽+2羽。
クロツラさん
 この日の満潮は10:27でしたがスーパームーンの影響か、ピークを過ぎても中々潮が引かず寧ろ逆に潮が満ちて来る様な状況だった為、柵沿いの通路に行く事は出来ませんでした。
中々潮が引かない
 普段ならピークを過ぎると段々引き潮になって、1時間以内には干潟に鳥が集まって来るんですが、カモ&カモメ類の多くは遥か沖に居るままで良く見えやしない…。
 近くでわきゃわきゃしていたのはズクロ&ユリカモメ位ですかね。(マトモな写真が無い為省略)
カモ&カモメ類は遥か遠くに
 引き潮まで陸で待機している連中もほんの数10羽。しかも逆光(苦笑)。
潮待ち連中
 そんな中、クロツラさんが例によって杭の場所取り合戦を始めました。
場所取り開始
 追い出された個体はぐる~と回って別の個体を追い出して居座ろうとします。そんな事を何度も繰り返していたら…。
キター

停まろうとするが
 あ、滑った(笑)^^; (翼だけの個体)
滑った^^;
 バツが悪いのか杭に停まるのは諦めた様子。
諦めた^^;
 仕方が無いので一寸離れた柵に停まります。柵に停まったクロツラさん初めて見た。
仕方無く柵に停まる
 因みにその先(逆光)には既にダイサギ&コサギ連中が柵を占拠してました。ダイサギはパッと見大きさも色も似てるから紛らわしい ̄▽ ̄;
ダイサギーズ
 時々ダイシャクシギやハマシギがバーッと飛んで行きますが、やはり潮が中々引かず…。
ダイシャクシギーズ

多分ハマハマ
 漸く引き始めたのが11:40頃。ダイシャクシギが降り始めましたが干潟は未だ見えず。スーパームーンの潮汐力恐るべし。
ダイシャクシギが降りて来た
 そろそろ帰らないといけなかったのと未だ本気を出してないな~と思った為、望遠でダイシャクシギーズを見届けて帰りました。
 次回は本気の東よか干潟を観たい物ですねぇ。

 因みに今回のクロツラさんは途中から写真撮ってるお婆さんと一緒に観てたのですが、その方がこれまた立派なデジ一&望遠レンズ&三脚を持ってらっしゃるのですよ…。全部で50万は下らないのでは。
 コンデジで手持ち撮影しているの多分私位ですよ ̄▽ ̄; あそこに行ってる面子で私が一番ショボイ装備ではないですかね(苦笑)。
 金銭的な意味でもデジ一を導入すべきか否か悩みますな~。




サイドメニュー ×
メニューA  メニューB