のよのよ in Zの悲劇?!
鳥全般・海外旅行・ばんえい競馬・アニメ&漫画etc.…ニッチな情報提供も目指します。

最近の記事 ×

プロフィール ×

Pin

Author:Pin
出身:福岡県。長年住んだ出雲から佐賀へ移住の白衣好き主婦。
趣味:同人活動ではハーロックに原点回帰。(他にナノセイバー・恐竜惑星・ジーンダイバー)、ばんえい競馬、鳥関係全般、(科学者用)白衣等々。海外に行った時は旅行ネタ多目。


カテゴリー ×

月別アーカイブ ×

最近のコメント ×

最近のトラックバック ×

FC2カウンター ×

カレンダー ×
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


ヴロツワフ(12)~小人さん3~
【2017/03/16 14:07】 海外旅行
 公式サイトに載ってない小人さんが散見されると思ったら、どうも半分程度しか把握出来ておらず(現在165人)結構そう言う小人さんを見かけていたみたいですね。
 ただ比較的見つかり易い物も有りますので、その辺を含めて残りを抜粋して紹介しておきます。

 …と思ったらポーランド語版では289体とか書いてるよ… ̄▽ ̄; ちゃんと確認したら英語版では正体不明だった小人さんも判りそうですが、時間が有って気が向いた時に補完します^^; (ザッと観た限りではポーランド語版にも載ってない物がチラホラ…)

 最初に見た小人さんはヴロツワフ中央駅の物ですが、その次に見たヴロツワフ工科大のHighbrow。 「我々は考える小人である」…。
ヴロツワフ工科大にて
 旧市街に在るヴロツワフ大学と違い工科大を訪れる観光客は少ないでしょうが、2015年ポーランドの大学ランキングではヴロツワフ大よりも上で、学会会場として行った身としてはこちらの方が親近感有ります。(写真は正門側から撮った広場)
ヴロツワフ工科大中央広場
 場所は旧市街に戻りますが、新市庁舎の裏通り(Rynek)にもチラホラ正体不明の小人さんがいらっしゃいますよ~。
 ライオンに乗ってます。これは薄暗い通用路に有るんで良く見ないと気付かないかもよ?
ライオンに乗ってる
 こちらは屋外の裏通りに2体一緒に居ます。
これも裏通り
 大きな箱の上に乗ってでかい帽子か何か被ってる?…如何せん正体不明なので何しているか良く解りません。
1人目
 こちらは正体判明。お仕事中のPlasterer(左官)でした。
ドアを開けてる?
 何か食べてる小人さんもチラホラ。アイスクリームをトリプルで食べるBarton。あ、1つくれるの?どうも有り難う^▽^
アイスだよ~
 これも結構有名でしょうね。その名もズバリ「ピエロギ」。英語版に載ってないと思ったら英名でしたか。ピエロギで探してましたよ…^^;
ピエロギさん
 更に酒瓶持ってる呑んベェな2人(笑)。
呑んべぇ達
 疲れ果ててホテルのベッドで延々と寝るSnorer
酔い潰れたか
 壁に罪人マークが貼られてます。
罪人マーク
 その名もズバリPrisoner(囚人)窓枠が牢屋になってます。どんな罪を犯したのかは諸説有る様ですが、仲間の食べ物を盗んだみたいですね。
 小人さんの世界では人間から食べ物を盗むのは単なる悪戯と見做されるけど、仲間から盗むのは重大な犯罪なんだそうで…。
一体何をしたんだ…
 話は変わりますが小人さんの世界も時代を反映して、案外ハイテクな生活をしている様です。
 ATMの下には…
ATMの下には…
 小人さん用のATMもちゃんと設置されています。
お金を下す小人さん
 中にはPC使ってる小人さんも…。
PCを弄ってる
 PCに乗ってる小人さんも居るそうですが郊外なので見ておりません。

 キリが無いんで一寸変り種を紹介して終わりにしておきますか。Water dwarves(実際はもっと長い名前)は公園の傍に在る複数の小人さんで成り立ってます。
 右のお子さんとあまり変わらない位大き目の小人…いや中人さんです。
ここのはやや大きめの小人
 しかも若く見えるんで子供の小人さん達ではないかと。
寧ろ子供の小人では?
 …まあこんな風に色んな所に小人さんは居ます。ヴロツワフに来て小人さんを見ないのは勿体無いと思いますよ。

 次回は『ヴロツワフ中央駅』。そこからトラムや駅等、鉄道関係が続きますので予め御了承下さい。 

ヴロツワフ(11)~小人さん2~
【2017/03/12 20:24】 海外旅行
 注:リンクが有るのは公式サイトで確認出来た物、不明な物は単に「小人さん」等々と表記して有ります。

 旧市街の入り口に高さ50㎝位の妙にメタボな人形が有るんですが…実は小人さんのパパだそうです。
実はお父さんらしい
 小人さんが大体15~20㎝なので流石にパパはでかい。でも子供が基本お爺さんなのにパパの方が若いのと、ママが存在しないのが不思議です。
 全部で300体は有ると言われるから複数の女に産ませたんですかね? …精力絶倫なパパですなぁ(笑)^^;

 さて、このパパの先に例の球を押してるんだか、転がらない様に停めてるんだか解らない2人組がいらっしゃいます。
押してるのか抑えてるのか
 
どっちなの?
 一番目立つ事も有り一番人気が有る様です。小さなお子さんが触ってるとほっこりしますね~´▽`
微笑ましい…
 写真撮ってる大人も…ってH先生っ!!(笑)^^;
あっH先生がっ(笑)
 Florianは頭を撫でながら願い事を唱えると叶うと言う縁起物の小人さん。帽子の色が変わってる事から世界中の人に撫でられて来たんでしょうね。
頭を撫でて願い事を言おう
 Firemen…つまり消防士達。
消防隊員
 市庁舎の近くに居る愛嬌たっぷりの3人組。良く見ると右の小人さんは車椅子に乗ってますね。「ヴロツワフが障碍者に優しい街になる様に」と言う願いが籠っているそうです。
3人一緒
 新市庁舎には鳩に乗ってる小人さんやら…。
鳩に乗ってる
 その傍に楯と剣?を持って戦う小人さんも。
戦うぞ~
 記念写真。
記念写真(笑)
 土産物屋の前にはこんな風に客引きやってたりします。
土産屋の前に…

お客さん、如何です?
 別の店にもヴロツワフラヴ。愛を届けるよっVv
愛をプレゼント~
 このレストランにもユニークな小人さんが。
この店にも注目
 壁と野外席との間の通路に御注目。
こんな感じで受け渡し
 ロープを使って食糧?の受け渡しをやっとります。上の人。
上の人
 下の人。
下の人
  いい加減紹介しておこうなヤトキ通り。中世の雰囲気を残す小路で、ギャラリーや工房が多い地区ですが、中世には肉の商いが行われていた関係で実物大の家畜の像が置いて有ります。
ヤトキ通り

肉屋が多かったとか
 んでこのヤトキ通りの小人さんはズバリButcher(肉屋)と言います。多分このドア越しに肉を売ってる設定でしょうね。
このドア越しに商いしてた?
 う~ん…紹介し切れない…もう1回続きます。

ヴロツワフ(10)~小人さん1~
【2017/03/09 21:14】 海外旅行
 公式サイト
 多分一番有名なSisyphers(Syzyfki)。旧市街の結構目立つ所に居ます。
多分一番有名?
 ヴロツワフの名物・小人さんは旧市街を中心に全部で300体位有って、1人1人名前も付いてます。殆どが御爺さんですが偶に女性や子供も居たりします。
 とは言え勝手に設置されたり盗まれる小人さんも多いので、市も全体像は把握出来てないそうです。
 上の公式サイトに各小人さんのマップが有りますが、車で回らないととても行けない所も多い為、旧市街近辺で30体位見つかったら良い方では無いでしょうか。

 因みに旧市街の土産物屋でこんなガイドブック発見。ゆるい絵がじわじわ来る…(笑)。
ゆるい小人さん(笑)
 ポーランド語のみだけど写真で何とか判るかな?
但しポーランド語のみ
 何だか凄く可愛い。
そして可愛い
 巻末の折込を広げると…。
巻末を広げると…
 マップになってます。んで出先で公式サイトを確認する余裕が無かった為、このガイドブックを持って探したんですが、隈なく探したのに見つからなかったり、載ってないのに見つけたりしたんであくまでも御参考までに。
マップになってます
 真っ先に旧市街に行く人を除けば、最初に目にするのはヴロツワフ中央駅(本駅)の旅行鞄に乗ったこの人では無いかと。
 しかし公式サイトではDwarfetteと言う女性になってる??? 
旅立ちは今~
 ♪さあ行くんだ~その顔を上げて~
行って来ま~す
 ただこの人、駅前に有るのに公式サイトに載ってない…? まさか行った後でDwarfetteに差し替わってないですよね?? 
 どうやら女性の方は駅のホームに居た様ですが見かけませんでした。(公式サイトに「最近2番ホームに設置」とか書いて有るんで、行った後に置かれた可能性有。)
 写真を見る限りかなり古い様なのでリニューアルの為休養中だったりして?? 謎は尽きませんな ̄▽ ̄;

 次回は旧市街の小人さん達を紹介します。全部で30体位見つけましたが長くなるんで有名所が中心になりそう。

ヴロツワフ(9)~旧市街3~
【2017/03/02 12:16】 海外旅行
 オドラ川の向こう岸に見える、聖十字架教会(左)と洗礼者聖ヨハネ大聖堂(右)。
大聖堂と聖十字架教会
 オソリネウム図書館から一寸右手に行き橋を渡るとピアセク島の聖マリア教会が見えて来ます。
聖マリア教会前
 そこから見える青い橋…トゥムスキ橋は別名「愛の橋」「恋人の橋」と言われ、要するにリア充が沢山居る所です(笑)。
恋人達の橋
 リア充恋人達が欄干に2人の名前を書いた南京錠をかけ、鍵を川に投げ捨てて永遠の愛を誓う事で有名だそうです。
 この手の名所は世界に幾つか在りますが、イタリア?では鍵の重さで橋が沈んだらしいですぞ…大丈夫かここも ̄▽ ̄;
ズラッとね
 橋の手前ではしっかり鍵も売っております。
ちゃんと売ってます
 時期にも因るのでしょうがGoogleマップだと有る時はもっと鍵を売ってる様です。
店はもっと有る?
 この様な橋なので当然周囲はリア充恋人達で一杯です。独り身はあまり行かない方が良いかも知れません ̄▽ ̄;
しかしその先に大聖堂が…
 尤も聖十字架教会と洗礼者聖ヨハネ大聖堂に行きたいなら、この橋を渡る事になるんですけどね。
行かねばならぬ(笑)
 やはり塔が2つ並ぶ大聖堂は目立ちますね。
やはり大聖堂は目立つ
 その手前の聖十字架教会も結構な存在の筈ですが。
聖十字架教会
 やはりこの…ドーンと来られますと圧倒される物が…。
大聖堂
 聖エリザベト礼拝堂や塔からの眺めも見所らしいですが時間の都合等々でパス。
正面の風格
 しかしまあ…つくづく教会の多い所です。ニュルンベルク旧市街で「本気出した教会が沢山在って幾つか見ている内に食傷気味」と書いてますが、その後「ヴロツワフ旧市街はこんなもんぢゃ無かったけどな!!」と有る様にやたらと見かけます。
 観光マップに載ってるだけでもこんなに有りますからね。
教会だらけ2
 ヴロツワフ大学付近(だったと思う)に在った周辺地図を見るとマジで教会だらけでした ̄▽ ̄;
 Churchは勿論「教会」、CathedralもとBasilicaも「大聖堂」の事ですがどう違うのか知りません^^; (多分宗派の違い) しかしこんなに教会が集中していて共存出来るんですかね? まあ日本にも「寺町」ってのが有るから同じ様な物でしょう。
教会だらけ…
 しかし私は断じてクリスチャンでは無いので教会三昧はやはり食傷気味になります ̄▽ ̄;
 お口直しに?今来た道を戻った辺りに在る市場会館(Hala Targowa)なんぞを。
市場会館
 別アングルで見ると実にレトロな市場ですがしっかり現役です。
マーケット2

市場の中2
 因みに市場会館の前は電停なのでトラムに乗って移動出来ますよ~。
市場会館の電停
 …さて、ここまで来て意図的に外しているヴロツワフの名物が有ります。
 と言う事で次回『小人さん』。今回教会が多かったしヤトキ通りもそちらに回しますかね。

ヴロツワフ(8)~旧市街2~
【2017/02/24 00:10】 海外旅行
 位置関係はヴロツワフ観光マップより抜粋。
ヴロツワフ地図
 前回は市庁舎ばかり紹介したので他の旧市街の建物について。
 旧市街の南端と言うか入口に在る聖体教会。
聖体教会
 間をトラムが走ってますが…。
間をトラムが走る
 向かいはオペラ劇場です。
オペラ劇場
 直進すると左手に旧市庁舎、そこから左に曲がると旧市街広場が在ります。
カラフル建物群

カラフル2
 再掲ですが天気が良いと本当に綺麗です。
天気が良いとこんな感じ
 右手の赤い建物は金陽の館。
良い天気
 裏側にメダル博物館と言う物が在るそうですが、表からは全く見えないし知らない人は先ず行かないのでは…。実際行かなかったのでどんな物か知りません。
金陽の館
 ヤシとマウゴーシャ(ヘンゼルとグレーテル)の家。左の白い方が「ヤシ」、右の赤い方がマウゴーシャで間のアーチは2人が手を繋いでいる様子をイメージしているとか。
ヘンゼルとグレーテル
 このアーチを潜って中に入ると巨大な聖エリザベタ・ガルニゾン教会が在ります。大き過ぎてカメラに収まりません…。
聖エリザベタ・ガルニソン教会
 尚、この教会の展望台から街が見渡せます。戴き物ですがこんな感じだそうです。
展望1
 旧市庁舎や他の教会にも見渡せる所が随所に在ります。但し延々螺旋階段を登らないといけないのでぶっちゃけきついです^^;
展望2
 手前に見えるのは先程紹介したヤシとマウゴーシャの家。こうして見ると案外小さい^^;
展望4
 ヴロツワフ大学。1702年創立のポーランド最古級の大学で、大学博物館内のレオポルディナ講堂は豪華絢爛なバロック様式です。
 何か表からしてそんじょそこらの大学とは違う雰囲気が漂ってます。
これまた風格

中はもう教会ですな
 最早教会だろ!!と言う豪華さですが実際宗教科が有った様な…?
中2
 とってもカラフルなオソリネウム図書館。
オソリネウム図書館

図書館2
 さて次回はオドラ川を渡った先を紹介後、再び戻って市場会館やヤトキ通りを取り上げる予定です。(別に地図の通りに通った訳でも全部観た訳でも無いので)
 旧市街も案外広いんで一度には紹介し切れませんねぇ…。

ヴロツワフ(7)~旧市街1~<市庁舎>
【2017/02/10 20:33】 海外旅行
 ヴロツワフ観光マップ(要ダウンロード&pdf)

 ワルシャワやクラクフの旧市街は世界遺産なのに、ヴロツワフ旧市街がそうでないのは不思議でなりません。(百年記念ホールと言う世界遺産は在る) 
 恐らく世界の旧市街の中でも最もカラフルで見るからに楽しげなのに。ただそのカラフルさが逆に童話っぽくて世界遺産たる風格に満たないと言う事なのでしょうか。
 尚、最初に行った時は生憎の雨で後日撮り直し&提供分を含む為、天気や画質が統一されてない点は予め御了承願います。
見るだけでも楽しいぞ
 ここで一番目立つ建物と言えば何と言っても中央広場に在る旧市庁舎でしょう。1290年に着工し1504年に完成したゴシック様式がが見事です。第二次大戦で破壊されずに済んだのは幸いでしょう。
 現在は市立美術博物館になってますがその為に大々的に改築したらしく、現役当時はここまで派手なデザインではなかったそうです。
旧市庁舎
 市庁舎と聞いてこの人が黙ってる訳が無い(笑)。
記念写真表
 裏側に行くついでに撮った向かって左側のUP。
中々凝ったデザイン
 横から見た図。ぶっちゃけ大き過ぎて1枚には収まりません^^; 写真正面から入れる地下にはPiwnica Swidnicka と言う、1275年位からやってる有名レストランが在りますが、かなりの人気店なので予約しないと入れません。(実際入れなかった^^;)
地下には有名なレストランも
 その先に在る謎の熊の像…。
謎の熊
 「ヒゲが生えている」だの「顎から角が出ていて気持ち悪い」だの言ってた人が居ましたが、これ単に舌を出してるだけでしょ? ̄▽ ̄;
熊2
 表が派手な分、裏側はかなりシンプルに見えます。と言うか教会っぽい…。
旧市庁舎裏側
 お約束(笑)。
記念写真裏
 更に裏側には全貌のミニチュアも置いて有ります。
記念写真3
 ところで旧市庁舎はすぐに判りましたが新市庁舎は一体何処に在るのでしょう…?
 実は旧市庁舎のすぐ隣りの白い建物なんですよね(笑)。
実は隣り
 中央広場に鎮座する新市庁舎はこれはこれで立派な建物で1枚では収まりません。
新市庁舎

新市庁舎2
 ま~たこの人は…(笑)。
新市庁舎と一緒
 では次回は旧市街の主な建物を取り上げて行きましょう。

マンチェスター決定
【2017/01/28 08:15】 海外旅行
 今年の海外遠征は3回可能性が有ったのですが先程第一弾が決まりました。
 イギリスは2005年以来ですから久し振りですよ。
 久し振りのイギリスに喜ぶロンドン育ちのドードーさん。
喜ぶドードーさん
 マンチェスターと言ったらサッカー・プレミアリーグでお馴染みの、マンチェスター・ユナイテッド(実はマンチェスター・シティと言うチームも在って、最近はそっちの方が強いそうで^^;)が在る所ですが、旅行ガイドには殆ど情報が無かったりします(…またか…)。
 日程的にロンドンに行くのは多分無理ですが、代わりに東京で大英自然史博物館展が有るのでこれは別口で行きたいですね。

 日程的には4月下旬…GWの直前になります。さーて情報収集を開始せねばならんぞー!!
 リバプールが隣町だしダンナがビートルズのファンだからついでに行って来るかも知れません。
 それまでヴロツワフを終わらせたい物です^^;




サイドメニュー ×
メニューA  メニューB