のよのよ in Zの悲劇?!
鳥全般・海外旅行・ばんえい競馬・アニメ&漫画etc.…ニッチな情報提供も目指します。

最近の記事 ×

プロフィール ×

Pin

Author:Pin
出身:福岡県。長年住んだ出雲から佐賀へ移住の白衣好き主婦。
趣味:同人活動ではハーロックに原点回帰。(他にナノセイバー・恐竜惑星・ジーンダイバー)、ばんえい競馬、鳥関係全般、(科学者用)白衣等々。海外に行った時は旅行ネタ多目。


カテゴリー ×

月別アーカイブ ×

最近のコメント ×

最近のトラックバック ×

FC2カウンター ×

カレンダー ×
12 | 2008/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


コップで遊ぶセキセイインコ~Vv
【2008/01/31 21:10】 鳥関係
 今まで描いた画像を漁っていた中から何となくUP。
インコってコップの反響音好きよね♪

 インコ飼ってる方なら御存知と思いますが、こんな感じでコップの中で響く自分の声に喜んだりしませんか?

 …なんて書いていますけど我が家は永年ペット禁止なので、実際に見た訳では無いんですよね。何時か青いオスのセキセイインコ飼って「強志」と名を付けたいっす。

テーマ:小鳥大好き - ジャンル:ペット

金剛番長第13話
【2008/01/30 20:36】 アニメ・漫画感想
単行本1巻は2月18ごろ発売。
読んでくれ!! 話はそれからだ!!


 ブリザードアクセルは4巻で挫折しましたが、金剛番長は最後まで買わせてくれるよな?!(笑)

 先週の段階ではヒュペリオン体質=基礎代謝が異常に高い=大食いと言う設定から、戦闘中にスタミナ切れして敗れるのでは…なんて予想も有りましたけど、貝裏鬼との愛を取りましたか。確かにスタミナ切れだけなら剛力番長が己の間違いに気づく事も、貝裏鬼の一途さが活かされる事も無かったでしょうから、この結末の方が良かった様に思いますね。

 しかし(一応)元ネタが有ったヒュペリオン体質と違って、デロドヒドラチレンなんて化学物質聞いた事ねーと思ったらやっぱり創作か。従って水酸化アゼトフェノルも創作と。フグ毒のテトロドトキシンも青酸カリの300~400倍の毒性が有るけど、10数万倍もの猛毒をこんな都会のプラントでタンク剥き出しにして生産するかね(笑)^^; 今時こんな公害対策がなっていない化学工場なんて無かろうに ̄▽ ̄;

 そんな猛毒を「知ったことかーーー!!」と豪快に中和物質の入ったタンクを放り込んで解決する、金剛番長はやはり相当賢いっすね。白衣番長もやれそうですよ?(笑)

 女を殴る事に違和感を覚えた人も居た様ですが、口で言って解らないなら力で納得させねばなるまいよ。周囲の安全まで考慮して戦える気配りも万全な金剛番長です。剛力番長が死にかねないと言う理由さえ無ければ、最初から本気で戦っていたでしょう。こう言う時相手が女だからって手を抜く方がかえって相手を傷つける物だし。

 だから全てが解った後で真剣勝負に臨んだのです。頁の都合からか見開きであっさり終ったけど(笑)^^;

 金剛番長の凄い所は単に力でねじ伏せるだけではなく、相手を改心させてしまえる素養が有る事。念仏番長は小物で終りましたけど、剛力番長はこれからは力の使い方を誤る事は無いでしょう。貝裏鬼と仲良くな~。借金の無い執事さんはどことなく腹黒そうだけど^^; 執事はどこでも冷静か。借金執事が例外なのだな?(笑)


 それにしても何故ここまで展開を急ぐのか。まあケンイチみたいにダラダラされても困るけど、もう少しじっくり描いてくれても良い物を。居合番長や剛力番長はサブキャラとして定着してもおかしくないポテンシャルを秘めているのに。(まさかブリザードアクセルみたいに、またキャラの大量投棄する気か?!T∇T;)

 この漫画、最初から長期連載を前提としていなくって、数ヶ月で完全燃焼して豪快に終るつもりなんでしょうかね?…やっぱり。 

ティルな年賀状’96版
【2008/01/29 11:46】 ナノセイバー・恐竜惑星・ジーンダイバー
 先日今年の同人用年賀状をUPしましたが、12年前も同じ様な奴描いた事を思い出し、無事に原画が発掘されましたのでWEB初公開。
ティルとバク丸のツーショット

 当時はモノカラーコピーで作っていました。余白部分は赤で新年の挨拶が入っていた為、正確には2色コピーでしたけどね。(そちらの原画は行方不明^^;)


 ティルと一緒に居るのはBS2で放映されていた、『十二戦支 爆裂エトレンジャー』と言うアニメの主人公、バク丸です。このアニメはそのタイトルの通り、干支に因んだキャラが戦う作品で、当時クライマックスに向かっていたし、同じネズミキャラだから丁度良いや♪と言う理由で選んだのでした。 キャラデザも同じ鈴木典孝だったし。

 ナノセイバーがかのポケモン騒動の煽りで、再放送も却下され色々と不遇な運命を辿った(あの頃を知ってる身としては良くDVD化出来たもんだ)のはファンなら御存知でしょうが、このエトレンジャーもビデオ化が決まっていたにも関わらず、権利関係で揉めて商品化も再放送も出来なくなったと言う、別の意味で不遇な作品でした。
 後にAT-Xで再放送していたのは確認しましたけど、未だ商品化されていない様ですね。あれはあれで面白かったのになぁ…。

テーマ:自作イラスト(二次創作) - ジャンル:アニメ・コミック

謎のホオジロ発見?!
【2008/01/28 19:30】 鳥関係
 先日宍道湖グリーンパークに鳥を見に行って来ました。時間帯が悪くてマガンもトモエガモも居なかったのに絶望した!! ケアシノスリかと思ったらただのミサゴで余計に絶望した!!…ちっ日を改めてまた行ってみるか ̄▽ ̄;

 で、河岸を変えて出雲空港(宍道湖の脇に在る)に行ってみたらこんな鳥が。
コホオアカかシベリアジュリン?


コホオアカかシベリアジュリン? 2


コホオアカかシベリアジュリン? 3


 ホオジロの仲間なのは確かと思いますが、手持ちの図鑑ではコホオアカかシベリアジュリンの雌に見えます。と言うか妙に頭の赤茶色が目立つんですよね。(写真が不鮮明なのが残念。カメラを新調したと言っても、超望遠までは無理なのでこれで限界-Д-;)

 ホオジロ類ってどっちかと言うと林や草地に居る鳥ですが、この止まり方を見るとジュリンっぽいしなぁ…。一応ネットで調査中ですけど未だ確定は出来ていません。判る方がいらっしゃったら寧ろ教えて下さい^^;


*補記:ネットでの写真では判断出来てないのですが、宍道湖グリーンパークのパンフのオオジュリンに頭が酷似しています。ただ、オオジュリンとシベリアジュリンはただでさえ混同されがちと言うし、この写真では翼と腹部がオオジュリンよりも白っぽく思えます。サイズはスズメ位で前述のコホオアカはスズメよりも小さいんですよね。

 因みに各種の全長は以下の通り(単位:cm) 
 スズメ:14.5 コホオアカ:12.5 オオジュリン:16 シベリアジュリン:14

 以上の理由によりシベリアジュリンの可能性が高いと思うのですが如何でしょうか?^^; この鳥は結構珍しいと言われていますけど、オオジュリンと混同され易い為、実際にはもっとポピュラーなのかも知れません。

テーマ:動物の写真 - ジャンル:写真

岩見沢競馬場の貴重な資料が…
【2008/01/27 11:50】 ばんえい競馬
 既に御存知の方も多いと思いますが、昨日「ばん馬のいる風景」さんのこの記事を読んでいたら、ばんえいファンではお馴染みの古林教授による「馬券おやじは今日も行く(第43回)」ついて書いて有りました。

 詳細は上のリンクを読んで頂くとして、このままでは岩見沢市は貴重なばんえい資料までこっそり廃棄してしまいかねない様です。そこで何とか保存出来る様に皆から意見を募りたいとの事。

 私の方では既に「ばん馬のいる風景」さんの方で一応意見は言ってますし、古林教授にメールを送ろうかどうしようかと思っている為、ここでは詳しくは言いません。
 単なる勝手な願望や妄想なら未だしも、現実的な提案はこんな過疎ブログで愚痴るよりは、然るべき所に言う方が得策と思っているからです。(故にばんえい十勝2年目の提案も、ここで言う前にばんえい十勝劇場さんにしています。実は6件の提案が4件に纏められたけど全部載ってるし(笑)(^^ゞ)


 さて、手持ちの写真を漁ったら、その資料館の展示物が見つかったので掲載してみます。

 昔の木橇。
岩見沢展示 木橇

 馬具の一部。鞍や鐙が有るのでばんえい用では無いですね。農耕用かな? マークは「ヤマサ」か「カネサ」ではないかと。カネサブラックに関係してたりして。
岩見沢展示 馬具(マークに注意)

 蹄鉄の比較。サラブレッドとこんなにサイズが違うんですよね。まあ今は蹄鉄を売ってるから、その大きさを御存知の方も多いでしょう。(しかも冬用は「滑らない」と言う事で合格祈願のお守りとして人気だし♪)
岩見沢展示 蹄鉄比較

 色んなグッズ。小物は持ち回りで展示していたらしいですね。
岩見沢展示 グッズ各種


 これらの展示品が何時から有ったのかは知りませんが、何れも貴重な物なのは確かです。これが黙って処分されるのは如何な物と思いますよね。
 とは言え現在岩見沢の所有物なので未だ権限は岩見沢に有ります。どうせ捨てるなら帯広に寄贈してくれる様に取り計らって欲しい物です。


 ところで帯広にも同様の資料館(馬の資料館でなく旧パドックの傍)が在ったと記憶していますが、あれは何処に行ったのでしょう? 3月には在ったのに秋に行ったら見つけ切れなくて。こちらはちゃんと保存していると思いますが…。

テーマ:ばんえい競馬 - ジャンル:ギャンブル

フィンランドはここですよ?(3)~バスに乗ろう編~
【2008/01/25 09:13】 海外旅行
 さて遺失物の手続きに余計な時間がかかったけど、いよいよオウル市街に向かう事に。オウルのバスは主にKoskilinjatと言うバス会社が走っていまして、空港連絡バスは19番になります。これは空港の在るOulunsaloから市街地を経由して、オウル大学の在るLinnanmaaまで行く路線ですつまり行こうと思えば空港からオウル大学まで直行で行ける訳ですね。(市街地~Linnanmaa間のバス路線は他に幾つも有るので、一旦市街に入ったら19番に拘る必要は無い)

 ピンボケですまない(薄暗くてピントが合い難い^^;)+別の路線だけどこんな感じの車両です。
オウルのバス車両

 空港連絡バスなら普通は券売機が在る物だけど何故か見つからず。しかしフィンランドはカードで支払えると言うし、乗ったら何とかなるだろうと思い、やって来た19番のバスに乗る事に。その通り運転手に行き先と人数を言えばお釣りはちゃんと出るし、現金が無いならクレジットカードでだって払えます。(カード会社によっては使えないらしい。VISAなら取り敢えずはOK)


 ちょっと脱線しますがここで海外の公共交通機関を利用した時のアドバイスを(知ってる範囲で)。

1.原則的に前払い制
2.車内アナウンスは無い物と思え


 1に関しては乗車前に買っておく場合と、乗車時に払う場合が有りますが、お釣りが出るとは限りません。フィンランドとブリスベンは乗車時でもお釣りが出ますが、ロンドンとサンフランシスコは出ませんでした。(ある程度利用するなら事前に1日乗車券を買っておく方が賢明。)
 *一番面倒だったのはロンドンの市営バスで、バス停の券売機で買ってから乗車(乗ってからだと無賃扱いで罰金)にも関わらず、お釣りが出ない仕様で海外はこんな物かと絶望した!!^^;

 2は事前に路線や降りたい所を調べておくのが一番。後は己の勘と運を信じて出たとこ勝負だ(笑)。因みにフィンランドでは基本的に次がどこかの表示は出るので、降りたい場所の名前が出たら降車ボタンを押せば良いです。降車ボタンはすぐに解ります…けど…。19番以外ではこんな感じで出ます。(写真を撮りそびれたので簡易再現)

「止まる」二ヶ国語表示

 どちらも「STOP」の意味ですが上はフィンランド語、下はスウェーデン語です。フィンランドはかつてスウェーデンの支配下に有った関係で、両ヶ国語の表示が当たり前に見られるんですね。…の割には全く違う言語なのが困り物^^; ヘルシンキのトラムなんて電停が両方出て来ますが、面食らうのでフィンランド語で覚える様にしてましたよ ̄▽ ̄;
*19番は外国人向けなのか「STOP」と英語表示。

 さて、バスに乗り込むと内部は中々近代的な良い感じです。前述の通りこのバスは次のバス停が表示されるのですが…。
バス 北方面

 バス停の名前の後に「P」と書いてあるのがお解かりでしょうか?

 因みにオウル大からの帰りのバスはこうでした。
バス 南方面

 今度は「E」と書いて有りますね? 実はこれ「北(pohjoinen)」と「南(etelä)」の略で、バスの向かう方向を指しているのです。オウル市はフィンランド西の海側の街で、基本南北に長い為こうしてバスがどちらの方向に向かっているか解る様になっているみたいです。
 乗ってないけど東西に行く路線も有るんで、その時は「東(itä)のI」、「西(länsi)のL」の表示がされているのではないかと。
 *19番は単純に南北に行くのではなく、空港近辺では「P」と「E」がめまぐるしく変わっていたので、律儀に向かう方向をその都度変えている事が判ります。


 そうこうしている間に30分余りで市街地に着きました。ホテルがやや北側だった為、中心部で人がどっと降りたバス停をパスして、次のバス停で降りてホテルに向かう事に。
 *事前にバス停は調べていたが、間違っていた若しくは路線が変わった模様。まあ少々間違えてもホテルの場所さえ判っていれば何とかなると思っていたけどさ。そして何とかなったさ(笑)´▽`

 
 次回オウル市内を歩こう(仮)を語ります。





テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

金剛番長第12話
【2008/01/23 20:11】 アニメ・漫画感想
 化学工場で火災発生だ!! ザ・チルドレン解禁!!(笑)

 フツーに考えると危険薬物の宝庫であるプラントをぶっ壊しまくる方が、はるかに環境破壊に繋がるんだが ̄▽ ̄;

 さっき巨大ちゃんこ鍋を食べたばっかりなのに、豚足を豪快に食いちぎる剛力番長は漢らしくも可愛らしいのですがね^^;
 彼女の剛力について借金の無い執事さんが民明書房的な解説をしとりますが(笑)、一応こう言う特異体質は存在するそうですね。ヒュペリオンもちゃんとギリシャ神話に登場しているし。

 この漫画、無茶苦茶に見えて時々尤もらしい説明が入るんだよな~。面倒な時は「知るか!!!」で済ますけど(笑)。

 成程…半端無い筋肉量と怪力を維持する為に基礎代謝も異常で、常に大量に食べ続けないと体が持たない体質と言う訳か。とは言え学校ではお嬢様ぶってるし、昼食を学友にばれない様に凌げるのか?^^; こっそり鯵の開きを焼く訳にもいかないし。(@笑うミカエル)

 しかしあの金剛番長が押されてる!! まあこれで金剛番長が死んで、次回から『剛力番長』が始まると、画面上は華が有って良いけど港区が滅びるんで、ここは月美ちゃんのプリンパワー(甘い物vs豚足?!)で、上手く怪獣懐柔して欲しい所ですな。


【その他サンデーネタ】
 祝・WILD LIFE打ち切り。世の中にクソ漫画は数有れど、社会派を気取っておきながらここまで偏った・間違った・陳腐な思想を植えつける漫画は有るまい。ドラマの収録時にキリンが死んだから打ち切られた訳では無かろうが、お詫びや追悼の言葉が一切無く、「ドラマの高視聴率」「いろいろ展開あるのでよろしく」等々、コメントを取っても作者の人間性の卑小さが良~く現れているよな。
 話の内容はもう論外。現代でも治せない狂犬病を安っぽい感動ネタで解決だの、唐突に特殊な菌に感染しただの何かもう意味不明だし。

 まあこの漫画が終ってくれた事で、サンデーも一時期よりはかなりマシになるのではなかろうかと。同類の臭いがする『最上の命医』が同じ轍を踏まなければ。

うろ覚えワライカワセミ
【2008/01/22 18:19】 鳥関係
描いたのは札幌の学会にて


 9月の札幌某学会会場で、デモンストレーションと暇潰しを兼ねて描いたワライカワセミ。資料無の上、見ての通りチャットを利用した物なので、ペイントソフトとしてはWindows附属の「ペイント」以下の代物。今見ると頭が小さくて体がゴツイが、恥曝しにも敢えて修正はせずに後悔公開してみる。

 この他にも「パーツが足りないばんえい競馬」とか、「ぶいとほえほえ(ヤイロチョウ)君」とか、「何だか思いつくままに混沌と徒然」とか有るんだけど、一応これが一番マトモだし(笑)^^;

フィンランドはここですよ?(2)~ヘルシンキ空港乗り継ぎ編~
【2008/01/20 18:36】 海外旅行
 機内でのエピソードは所詮エコノミークラスなので、機内食はまあこんな物かって程度。ただちょっと変わっていると思ったのは機内食にも水が付いてくる事。しかもゼリーと間違えそうなプラスティックの容器に入って来るのです。余所の国際線同様PETボトルのミネラルウォーターは既に配られているのにです。勿論コーヒーやお茶を飲む為の空のカップは別に付いて来ています。
 理由は推測ですがフィンランドは湿度が低く、体内の水分が失われ易い為、小まめの水分補給が常識になっているからではないでしょうかね。国内便もそうだったし、多分他の航空会社よりも水が飲めますよ(笑)。

 後、行ったのが12月だったので、機内の映像はクリスマス度が非常に高くって(笑)。殆どが英語音声に字幕はフィンランド語だった為、ぶっちゃけ何言ってるかさっぱり解らん(笑)^^; そんな状況でもちょっと覚えている簡単なフィンランド語が出ると何となく楽しい物であります。


【ヘルシンキ・ヴァンター空港の乗り継ぎ】
 これは以前も紹介した事が有るんですけど、検索でこの記事を良く御覧になる方がいらっしゃる様だし、結構需要の有る内容らしいので、実際に体験した事を踏まえて改めて取り上げる事にします。

 ヘルシンキ空港は多数の国際線が行き来しており、ここで乗り換えて別の国に行く人も多い割にはかなり小さな空港です。事前にフィンエアーの人から「40分有れば乗り継ぎ可能」と聞いていましたが、ぶっちゃけかなり急げば20分で乗り継げます。

 と言うのも私等が乗った飛行機が予定より20分以上出発が遅れ、15:15ヘルシンキ着の予定が降りられたのが15:45。で、オウル行きの飛行機は16:00発…。

 ここでヘルシンキ空港の地図を改めて掲載しますが、到着したのは入国審査や税関に近い29番ゲートだった物の、オウル便の出発ゲートは20番で結構遠い。
 フィンランドは入国審査は比較的簡単とは言え、荷物チェックでちょっと引っかかったり(後述)、パスポート審査で目的や滞在日数等簡単な質問を受けたり…とスムーズに行った訳では有りませんでした。…にも関わらずしっかり間に合ったと言う(笑)。その代わり走りまくって最終搭乗案内にギリギリでしたけどね。(出発は遅延を考慮してか10分程度遅れ) 足に自信の無い方は素直に次の便に変更して貰った方が賢明かと^^;


 フィンランド入国・乗り継ぎ時の注意として

 1.国際便は100ml以上の液体の持ち込みは禁止されているが、機内配布のPETボトルの水も同様に国内には持ち込めない。その場で飲んでしまうか中身毎没収される。(現地で使う為に持っていた空瓶も没収された)  恐らく何処の国でも同様かと。
 *オーストラリアはもっと徹底していて、飲食物は機内食の残りまで全て荷物チェック前のゴミ箱に捨てる様になっている。フィンランドは食品については特に注意はされなかった。

 2.パスポート審査は事前調査では「パスポートを見せればOK」と聞いていたが、上記の様に簡単な目的や滞在日数等聞かれる事が有る。何れも英語が話せて特にやましい事が無ければ(笑)問題無。

 3.フィンエアーの国内便は自由席なので、早目に搭乗しないと良い席に座れない。また基本的に国内便は搭乗券が無く、パスポートがその代わりになる。

 4.フィンエアー便同士の乗り継ぎなら、国内・国際便問わず荷物はちゃんと積み替えてくれる。自分で引き取って持っていく必要は無い。(要確認)


 
 事前調査では「ヘルシンキ空港で荷物が無くなった(ロストバッゲージ)」と言っている所が散見され、『かもめ食堂』でも同様のトラブルに遭った人が出て来る為、今回乗り継ぎ時間が非常に短かった事も有り、ちょっと不安でしたが荷物もちゃんと出て来ました。(優先して荷物を早く出してくれる)

 …ただオウルに着いた時にハプニング発生!! 何とダンナが上着に入った日本円とカードの入った財布を落してしまいましてな∑( ̄□ ̄Ⅲ;) 落した場所がヘルシンキで飛行機の棚に置いて来てしまったか、さもなくば関空のラウンジしか考えられないと言う事で、オウル空港に着いてから延々遺失物捜索の手続きをする事に。それもこれもヘルシンキで慌てて降りる羽目になったからですが-Д-; 

 でもその財布見つかったんですよ!! 予想通り飛行機の棚に有ったそうです。無事に帰る前の日にホテルに届けて貰いました>▽</

 後で聞いた話では「フィンエアーはヨーロッパではロストバッゲージ率が最も低い」との事です。これがアメリカの空港なら勝手に盗んで、勝手に売り払っている事も有るのでえらい違いだ。

 *尚、ヘルシンキ空港には遺失物取り扱い所は無く、ヘルシンキ市内の全国遺失物センター(仮)に預けられるそうです。その為当日の受け取りは無理だし、ネットで問い合わせすると1回に付き2ユーロかかるし、電話だと時間制限が厳しいのでホテルのフロントに頼むのが一番手っ取り早いかと。見つかっても送料含めて数10ユーロの預かり代が要りますけどね。

 私の見た限りではフィンランド人はやるべき事はきっちりやる民族と思いますよ。ホテルでもフロントで散々調べて貰ったけど、小まめに連絡とってくれていたし。シャイだけど根は真面目で優しい。その辺(本来の)日本人と共通してますね。


 次回オウル空港からオウル市街へ。





テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

サダエリコ超久し振りに勝利!!
【2008/01/20 16:23】 ばんえい競馬
 今日の10Rオーロラ特別でサダエリコが久し振りに勝ちました!! 皆さんの期待を背負っての一番人気に漸く応えて下さったか´▽` 
 この馬って2004~5年頃の無敵状態は何処へやら、2006年以降帯広コースでは勝利と無縁…所か、実は2006年の旭王冠賞以来ずっと勝っていなかったのね。

 以前BANBA王で「サダエリコは帯広で惨敗して以来、どうも自身を失くしてしまっている」と言われ、その通りずっと尾を引いているとしか思えない状態が続いていた彼女。私は無敵時代のサダエリコが1コースをこっちを何度も見ながら、余裕でゴールを駆け抜ける姿に感服していたので、あれをまた観たいとずっと思っていたのですよ。同じ考えの方もきっと多かったはず。

 今回の勝利はかつての相棒・恵介騎手と組んだ点が大きいのかも知れませんね。(前回のヒロインズカップは超久し振りで勘が戻っていなかったと言う事で?^^;)と言ってもその当時(2002年度)はばんえいを観始めた頃だから、途中からしか知りませんが当時から強いな~と印象に残ってはいましたよ。
 これを機会にあの強いサダエリコが復活すると良いですね。


 話は変わるけどその次の11R睦月特別…トモエパワーが未だに心配です^^; 帯広記念の時と言いカネサブラックに期待すべきなんでしょうか? ̄▽ ̄;

テーマ:ばんえい競馬 - ジャンル:ギャンブル

フィンランドはここですよ?(1)~基礎と旅立ち編~
【2008/01/18 09:08】 海外旅行
 これから何回かに分けてフィンランドの土産話を語ろうかと思います。クリスマス関連を中心に既に書いた物と合わせてお読み戴けると幸いです。
 但し不定期更新且つ何時終るかは何とも…。8月のブリスベンでさえ未だに語り終えていない奴なので、気長にお待ち下さいませ^^;

 これまでの経緯について。一般的?な物は「海外旅行」「フィンランドはどこですか?」シリーズ等を、専門的な物は「鳥関係」「生物全般」辺りを御参照願います。


 さて、本題に入る前にフィンランドの基礎知識なんぞを。北欧では日本人には馴染みが薄いと思われて来たこの国ですが、『かもめ食堂』やエアギター選手権、クリスマスの本場(年末のクリスマス特番でやたらとフィンランドを取り上げていた感が…)等々で最近は結構人気が出ている様なのです。
 実はヨーロッパで一番日本から近く、ヘルシンキ行きの飛行機も成田・名古屋・関空の何処かから毎日発着しています。注意したいのはどの便も同じ様な時間に発着する為、日本から行く分はともかく、ヘルシンキから帰る時に間違えかねない事。まあ間違えて乗る前に係員から注意されるだろうけど。
 
 フィンランドの位置や基本知識は、例えばフィンランド政府観光局や、Wikipedia等、詳しい所が幾つも有りますからそちらを御覧下さい。
 Finlandって名称は実はスウェーデン語で、本家フィンランドではSuomi(スオミ)なんて知らなかった人も多いのでは。

 因みに私等の行き先はオウルと言う街でした。オウルって何処?と思う方はこちらの地図をどうぞ。フィンランド中央部の“Oulu”と書かれている所です。もう少し北のロヴァニエミ(Rovaniemi)まで行くと北極圏。
 観光ガイドからは全く無視されている所ですが、実は結構なハイテク都市でオウル大はヘルシンキ大、ヘルシンキ工科大と並んで、その技術力が評価されている所でも有ります。まあ観光よりも住んだり仕事や勉強に行く所ですな。街がコンパクトに纏まっているので、中心部で大体何でも揃うし。


 …と前置きはこの辺にしていよいよ本題に入ります。 

 私等がオウル大の某国際学会の為にフィンランドに向かったのは、2007年の12/10の昼でした。正確には飛行機の乗り継ぎの関係で、9日には大阪入りしていたんだけど、夕食を何にするかって事で散々難波を歩き回って、結局「フィンランド語でkatuは通りの意味」なのを尊重し、ホテルの隣の串カツ屋に行く辺りから気合充分?!(笑)

 その辺の詳細は置いといて10日の9:30頃に関空に着き、セキュリティーチェックと出国審査を済ませます。

 あ、セキュリティーチェックの所でこんな表示が(笑)。
こう言うノリって関西ならでは(笑)

 いやぁ~如何にも関西ですなぁ(笑)。 
 
 そして暫し国際便ラウンジでくつろぐ訳ですが。
関空国際便ラウンジ出入り口

 この飛鳥ラウンジはフィンエアー専用ではなく、複数の航空会社との共用になっています。
共用航空会社の看板


 内部は木目調の中々落ち着いた良い感じです…がっ1つだけ欠点が!!
関空ラウンジ飲食物カウンター

 
落ち着いた調度は良いけどトイレが無い!!

 ここトイレが無いんですよ… ̄▽ ̄; 空港のラウンジなんて航空会社にとってお得意さんの為に在るのに、態々外の混んでいるトイレに行かないといけないとは…。成田は知る限りでは航空会社専用のラウンジが在って、トイレもちゃんと設置していたのに。

 眺めは良かったですよ。これは私等の乗るフィンエアーAY078便であります。
 フィンエアーAY078便

 すっきりした清潔感の有るデザインですね^▽^
 

 さあ時間も迫って来た事だし、いよいよフィンランドで旅立ちます。次回「フィンエアーにおける飛行機乗り継ぎのコツ」辺りを中心に語る予定です。





テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

金剛番長第11話
【2008/01/17 12:02】 アニメ・漫画感想
 今はプリンが優先だ!

 ここの所ずっとバトルで食傷気味だったし、ちょっとここらで息抜きが有ればなぁ~と思っていたので、今回の話は色んな意味で素敵です(笑)。

 金剛番長は本当にプリンが好きなんですね(笑)。しかもそのプリンは真のヒロイン、月美ちゃんの愛の篭った手作り。このプリンを食べるらぶらぶなシーンと、拳を受け止められて焦る剛力番長改め、貝裏鬼の表情との対比がこれまた良い。あ、見開きでビビッて写メ撮ってる子は論外ね。…と思ったら作者にも既に見放されていたのか^^; 確か月美ちゃんは柱の通り「けっこう肝の据わった女。」ですからね。1話の時点でヒロインの器を感じさせましたが、今回更なる怪力萌えキャラの登場により、姉の方は一層空気化していくのでありましょうな ̄▽ ̄;

 貝裏鬼君もその巨漢とは裏腹に根は常識的だし、真・剛力番長の拳も本当は良い子なんですよね。ただ、その正義感が極端な方向に突っ走ってるだけで^^;
 この手のキャラはレギュラー化するなら、金剛番長の味方につくタイプですな。今回だけで退場は勿体無さ過ぎです。ヒロイン分補給と言う意味だけでなく、バトルと萌えの緩急を付けて話を引き立てる為にも。
 まあ本音はブリザードアクセルみたいに、「描き込めば幾らでも美味しくなるはずのキャラを噛ませにして大量投棄した」と言うあの悪夢を、もう見たくないからなんですけどね ̄▽ ̄;

 さてそのパーシバル剛力番長、物凄いお嬢さま学校に通っている様で。お茶会のデザートなんて庶民には理解不能な専門用語の羅列だし(笑)^^;
 それ以上に凄いのはリムジンの中で、ごくフツーに巨大チャンコ鍋を差し出す執事と、「少しお腹がすいている」だけであっさり平らげる剛力番長の底なしの胃袋でしょう(笑)。本当に空腹な時の食費はどれだけかかるのやら^^;(お金持ちだから何て事無いんだろうけど) そしてハチドリも吃驚の基礎代謝!! これだけ食べて全く太らないとは…羨まし過ぎる!!(笑)
 しかもその細腕でにこやかに巨大鉄球をぶん回すし!!∑(゜□゜;)


 今回アオリが大人し目…と思ったら最後に来ましたか。

  鍛え上げられた心身を包むのは、深い色の制服。
  学ランの裾を翻らせ、
  ガシガシと大股で歩くのが彼女のたしなみ。
  剛力番長・白雪宮拳、見参!!


 成程…今までは男と対戦だったから解り易くブッ飛んだアオリを入れて来たが、今回お嬢様との対戦(しかも今までと事情が違う)なので、お嬢様らしく慎ましやかにブッ飛んだって訳ですな(笑)。一見優雅な文体とその中身とのギャップ。こんな素敵センスをお持ちなのは、担当の有井氏だけ!!>▽</


 そう言えば銀はがし一発で命中させましたが、保存しておきたいので応募するならもう1冊買わないといけないんだよなぁ ̄▽ ̄; 

今日は結婚記念日(でも内容はばんえい(笑)^^;)
【2008/01/16 09:00】 ばんえい競馬
 今日は結婚?周年記念日です。1年で破局するかと思っていたけど、ここまで持ったのは一重にダンナが物好き寛大なおかげでありましょう ̄▽ ̄; 


 と言う訳でそろそろ大事に保存しておいた、ばんえいアルコールシリーズを空けようかな?
ばんえいワインとワンカップ


 もしもしあんた達は酒飲んだら公正保持が許しませんよ?(笑)^^;
馬は酒飲んじゃ駄目よ^^;


 この馬達は秋に帯広でGETした仔達ですが、今「厩舎地区」こんな感じになっています。(正確にはクッキーは既に無い(笑)^^;)
現在の馬ちゃん達(旧名:ペガーズ)


 この青毛の仔は公式にはリッキーと言われていますが、我が家ではブラックツヨシ(通称:つよちゃん)と呼んでいます。
 「無責任応援」ぺがちびはツヨちゃんの頭に良く乗って応援してます

 
 何故かと言うと蹄の毛深さがブラックツヨシにそっくりだからです!!
つよちゃん蹄 この毛深さは正にブラックツヨシ!!(力説)


 本物のブラックツヨシ。(蹄の毛に注意)
 ブラックツヨシ@岩見沢 H.17.9.4

 因みにこちらはリッキー。(引退レースのパドックにて)
リッキーはそんなに蹄が毛深くない…


 …と言う訳で世間がリッキーと呼びまくっても、我が家ではブラックツヨシなのです(笑)。

 今度行って芦毛の馬をGETしたら多分マルオツヨシと呼ぶでしょう^^;

テーマ:ばんえい競馬 - ジャンル:ギャンブル

危うし?! 旭山動物園(メインは旭川競馬場)
【2008/01/15 12:11】 ばんえい競馬
 今朝のNHKニュースで旭山動物園が経営危機と言う報道をしておりました。お客は沢山入っているみたいなのに、かつて大規模な設備投資した際の借入金が半端で無い為、年間数億の赤字だとか。…つい移転した上に分不相応な(としか思えん)オーロパークを作って、赤字に喘ぐ盛岡競馬場を思い出してしまったり ̄▽ ̄;

 後先考えずに建設して後でお荷物になる箱物は多いけど、旭山動物園の場合はそれとは違いますよねぇ。経営難な動物園・水族館の希望の象徴となった、この動物園が潰れたらファンもショックでしょうけど、動物達が路頭に迷う方が問題。
 人間の身勝手な所業で動物達が処分されるのは居た堪れない…競馬場も含めてね。


 まあこの記事は「旭山動物園」を謳いながら、実際は「ばんえい競馬」絡みの話になる訳で(笑)^^; だって恐らく私がこの動物園に行く事はないから ̄▽ ̄;(マスコミがあまり騒ぐんで、マイナー嗜好な私の興味を引かなかったのが原因か?)

 以前何度か話した様に、ばんえい競馬初体験は旭川だったのですが、未だ廃止問題が上がっていなかったにも関わらず、二度とここには来るもんか…と思っちゃいましてね。(駅前の大きなばん馬像を飾ってあった土産物店に行きそびれたのが唯一の心残り) 
 そしてばんえい競馬の撤退により、本当に旭川に行く理由を無くしてしまいました。

 何故そう思ったのか。これも何度か書いてきた様に旭川競馬場は道営と共用していた関係で、ばんえいの馬場が遠くて迫力を感じなかったから。(逆に北見コースは大好き)
 多くの人が指摘して来た、不便な山の上に在るとかスタンドや各種設備がボロボロについては、地方競馬はこんな物だろう^^;と気にならなかったけど、まあ少数派でしょうな(笑)^^;
 
 その旭川競馬場もばんえいに引き続き、来年度で道営も撤退の予定なので廃止の線が濃厚な訳です。

 旭川がばんえい撤退表明した時、「ふ~ん旭山動物園が在るから、ばんえいは要らねぇよって事かい ̄_ ̄; まあ私ももう行く気は無いけどさ」と思った物ですが、現在の駅前の寂れ様は相当な物と聞いています。競馬の撤退で寂れまくったと言えば、上山温泉が深刻だそうですが、旭川も御他聞に漏れ無い様ですね。

 旭山動物園は駅から離れているし、駅前の活性化にはもともと貢献していなかったって事なんでしょう。実は遠方から来る客にとって、この動物園以外は結構どうでも良いと思われていませんかね? 

 競馬の撤退以上に事は深刻な気がする旭川です。

テーマ:ばんえい競馬 - ジャンル:ギャンブル

フィンランドで見た鳥~予告編
【2008/01/14 19:24】 鳥関係
 そろそろフィンランドの土産話と共に、向こうで見た鳥についても語ろうかと思っております。(写真の内、博物館の標本は数が多過ぎて同定に苦労しているけど^^;)

 一応見た鳥は

・ズキンガラス
・カササギ
・イエスズメ
・シジュウカラ(欧米亜種)
・アオガラ
・カモメ
・マガモ

(+ドバト)…の7種です。

 ブリスベンで見た約100種に比べると、非常に寂しいラインナップですが、元々冬場のフィンランドで見られる鳥は10種程度なので、街中ならまあこんな物でしょうな ̄▽ ̄; (森に行く機会が有ったらフクロウやタカが見られたかも。)

 で、世界の何処でも見られるドバトを除き、上に挙げた鳥は全部写真は撮って有ります。ただ、冬のフィンランドは昼が非常に短くその昼間も薄暗い為、折角の写真が曖昧になってしまっている物が多いのですT∇T; 特に小鳥関係はかなり画像補正しても惨憺たる写り具合∑(T□T;)

 夏場ならもっとマトモな写真が望めたんだろうけどなぁ ̄▽ ̄; バードウォッチングに定評の有る観測地が存在するらしいし。

 と言う訳で博物館の剥製や人様の写真を引き合いにして、語る比率がブリスベンの時よりもかなり高くなると思われますので、その辺は予め御了承願います^^; 

 剥製がOKなら夏しか見られない鳥についても語れるのでネタは増やせますな(笑)。

『俗・さよなら絶望先生』が絶望的過ぎる
【2008/01/13 13:43】 アニメ・漫画感想
 一期の放映終了から僅か3ヶ月のブランクで始まった、第二期の俗・絶望先生。インタビューから二期の放映は元々織り込み済みだったのは別に気にしていない。

 この作品、原作の内容から「2話では冗長、3話では詰め込み過ぎ」とは言われていて、実際その通りになっているのだが…今回はそれ以前に色々と構成が酷過ぎる-Д-;

 『絶望少女選集』が原作通りで結構良い出来だったので、新房監督の「2期は基本的に原作通り。でも1本違和感の有る物を入れる。(要約)」も当初は割りと期待したが、今の所悪い方向に暴走しているとしか思えない。

 確かに原作からして人を選ぶ作品だし、アニメの方も「解る奴だけ付いて来い!!」と開き直るのも手だろう。しかし実際は一見さんだけでなく、百見さんまで篩いにかけるのは一体どんな意図が有るのか?
 原作単行本の「偽粗筋」をベースにした、1話のAパートは事前に散々な評判を聞いて覚悟が出来ていたせいか、自分は案外楽しめた。尺を取り過ぎてダレた感は有った物の、未だ許容範囲では有った。

 しかし2話のAパートは、原作でも人気が有る(多分)ペリーさんの話を、意味不明の言語と嘘字幕のせいで無茶苦茶にしてしまったのである。しかもB・Cパートと季節感がバラバラで、テンポ・演出・話のチョイス等々全てが滑ってしまった印象が拭えない。

 「奇を衒う」「お遊び」「実験的手法」で済まされない、このスタッフの暴走は一体何なのか?
OPとEDに関しては未だネタとして観られるので様子見中としても肝心の中身が…。
 殆どの作品で続編は1作目を超えない所か、黒歴史扱いになる事が多いのだが、絶望先生も同じ轍を踏ませたいのか?
 
 シャフトのアニメはDVDの修正が半端でないから、それ目当てに買う人も居るはずなのに、序盤から視聴者を選別しまくったら売れる物も売れなかろう。
 
 取り敢えず私は最終回まで観るつもりだけど、この暴走が収まらない限りはDVDは勿論、サントラを買う気にすらなれないぞ。(『絶望少女選集』の続編が出るっぽいから、それの出来次第ではそれだけ買うかも。)


 『俗・さよなら絶望先生』はマジに悪い意味で、ファンを絶望させるつもりなんですか?

テーマ:俗・さよなら絶望先生 - ジャンル:アニメ・コミック

フィンランドで見た、ばんえいっぽい物
【2008/01/11 19:38】 ばんえい競馬
 フィンランドから帰る日、ヘルシンキ空港の免税店に有ったポストカードにこんな物が…。

ばんえい競馬の原型


 馬が橇を曳いている~!! つまりはばんえい競馬の原点ですね?!(笑) 下の奴は周囲が金箔ですが、上手くスキャン出来ないのでちょっと修正。(残っている黒い点も本当は金箔ですけどきっちり修正面倒臭い^^;)
 小銭の消費を図って買ったら、上の奴が寄付金込みで計算が狂ってしまい、返って小銭を増やす羽目に ̄▽ ̄;(因みにフィンエアーでは余った小銭を、ユニセフに寄付して貰う活動をしています。)

 フィンランドで「橇」と言ったらトナカイを連想しますけど、結構馬も使っている様ですよ。未だ未だばんえい競馬の原点が健在な所は在るのだなぁ~と、何となく嬉しくなってしまいます。
 やっぱり橇の構造や曳き方の基本は何処でも同じなのですね´▽`


 欧米の多くの国同様、フィンランド人も馬好きな民族な様で、オウル駅の売店を覗いたら競馬新聞が売られていました。…がっそれが平地競馬でなく繋駕速歩専用の新聞なんですよ!!
*生憎5.5ユーロと馬鹿高い上に、フィンランド語でさっぱり解らない為買ってませんが^^;

 繋駕速歩(ハーネス)は日本でもかつて行われた事が有りましたが、安定性が悪く危険と言う事でアマチュアレベルでしか残っていないのに、フィンランドでは専用の競馬新聞まで有るのか!!…と言うかヨーロッパでは平地競馬よりも繋駕速歩の方が盛んみたいですな。
 これは戦争の歴史が影響していたりするんでしょうかね? 世界史に詳しくないので間違っているかも知れんが、日本の戦争での馬の扱いは背中に乗って戦うか、あるいは武器や物資を運ぶ使役に使っていたのに対し、ヨーロッパではチャリオットなる戦闘馬車を使っていた歴史が有るではないですか。競馬に限らずスポーツでも戦争が原点な物が幾つか有りますけど、この繋駕速歩もチャリオットの疑似体験として人気が有るのではないですかね?


 そう言えばスイスの氷上(雪上)競馬<White Turf>もどことなくばんえい競馬っぽいですね。

 これは去年貰ったUSACOなる会社のカレンダーの写真ですが、これって氷上競馬ぢゃないですか?! 馬に小さな橇を付けている所から繋駕速歩でしょう。

氷上競馬(2007年カレンダーより)


 この氷上競馬、スイスのサンモリッツ競馬場で、2月の日曜のみ計3日だけ開催される物ですが、単なる祭典ではなく各国から強豪馬が集まる、れっきとした国際イベントだそうです。
 競馬も普通の平地競馬だけでなく、繋駕速歩、スキーレース(馬にスキー板を曳かせて、それに乗る競技)、競馬ポロ(馬に乗ってスティックで球を打って相手のゴールに入れる競技。イギリス発祥。)等、中々バラエティに富んでいる様ですよ。

 これはこれで楽しそうだけど、そこまで競馬の種類が豊富なのに何故、ばんえい競馬になってくれないのだ?! ̄З ̄; 氷上競馬の繋駕速歩やスキーレースは、かなりばんえい度が高いのになぁ ̄▽ ̄;

 ばんえい十勝がもっとメジャーになったら、海外でもきっとばんえい競馬が…?!*θ▽θ*

金剛番長第10話
【2008/01/09 18:46】 アニメ・漫画感想
 ついに発覚した「奇跡」の偽装問題!!
 ウソ、大袈裟、紛らわしい、
 そんな念仏番長を鉄拳制裁だ!!


 JAROに言え~~!!(笑) ネズミ男の往復ビンタを何故か思い出す鉄拳制裁だ^^; かくして金剛番長に撃破された念仏番長ですが、結末のみみっちさと言ったら… ̄▽ ̄; 念仏番長のカリスマ性が活きていた頃は、こんな胡散臭いグッズも有り難がって売れまくったんだろうよ。化けの皮が剥がれたら返金処理に追われて後は借金地獄か。
 連載当初から彼について熱く語るファンがいらっしゃいましたけど、その人もここまで情けないやられ方して絶望しているのでは?^^;

 しかし常に何かに縋らないと生きていけない輩は、今後も怪しい宗教に利用される可能性大ですね。
 そんな主体性の無い元信者に「知るか!!!!」と恫喝、カッコいい。まあ確かに悪矢七の敵討ちに来ただけなのに、勝手に崇拝されてもキモイしな。


【他のサンデーネタ】

・絶対可憐チルドレン、予想通りアニメ化決定。しかしテレ東夕方と言う噂なので観れないぢゃん!! 結局田舎の人間はニ(ピー)動画やY(ピー)に頼る羽目になるのか ̄▽ ̄; スカパーでやってくれないかね。

・『最上の命医』の平成記念病院が、平聖中央病院にさり気なく変更。まあ実在の病院名で、あんな設定だと関係者からクレームが来る可能性も有るから当然でしょうね。(サンデーに忠告した甲斐が有ったか?)
 因みに人工心肺はあんな状況になったら、異変に気づく前に自動停止するか少なくともアラームが鳴るので、ああ言う事故は起こりえないそうですよ?…と言うか誰もヴァイタルを管理していなかったのかよ?! 

年賀状'08@同人用(ティル付き(笑))
【2008/01/07 18:34】 ナノセイバー・恐竜惑星・ジーンダイバー
 ちょっと画像の連続Uploadテストをやったので、ついでに同人用の年賀状画像を上げてみます。背景はフィンランドで撮った写真ですが、一般用が写真のみで誤魔化したのに対し、同人用はこれこのよーにティルが付いております(笑)。

年賀状同人'08 用


 そう言えば冬コミでは無事に完売したとの事で、お買い上げ下さった皆様有難うございましたm(_ _)m そろそろマジで引き際を考えようかと思っていましたが、思ったよりも私の本を楽しみにして下さっている方がいらっしゃる様なので、夏までは生きようと思いました(^^ゞ …いや当分生きないといけないのか?^^;

 

テーマ:自作イラスト(二次創作) - ジャンル:アニメ・コミック

季刊ハロンが次号で休刊に
【2008/01/06 21:56】 ばんえい競馬
 定期購読しているんで多分年内に届いていたんでしょうが、生憎昨日帰って来たばかりで気づくのが遅れました。本誌を御覧の方は既にお解かりとは思いますが。

 …次号193号(春号)をもって休刊との事です∑( ̄□ ̄Ⅲ;)

*因みにNAR公式では未だ発表していない様ですね。

 嗚呼…唯一ばんえい競馬について毎号紹介する本だったのに!! 平成17年4月号(181号)で月刊化廃止、182号から季刊化するもそれから12冊で終焉ですか…。確かに地方競馬の廃止が相次いだので、ネタの収拾にも苦労するだろうし、季刊となるとどうしても情報が古くなるから需要も減る様な気はしていましたけど。

 発行頻度が下がった雑誌は、休刊=実質廃刊になる事が多いので遂に来たかって感じです。


 因みにハロンとの出会いはばんえい競馬に興味を持ち始めた2002年11月、スカパー795chの21:00~22:00でやっていた『地方競馬ダイジェスト』なる番組でした。これはばんえい競馬を中心に、当日の地方競馬のレースをセレクトして放映する物でしたが、私の知る限りでは結構偏っていたみたいで、ばんえい・道営・笠松・北関東辺りが多かった様に思います。
 当時は未だビデオデッキしか無く、ネット環境も貧相だった我が家ではばんえい含め地方競馬の情報収集に役立った番組で、MADのネタ元にも重宝しましたね(笑)。世間的にも地方競馬のネット配信は今程普及してなかったし。生憎番組自体は2002年度を持って終了したんですけど、この辺りから暗雲が立ち込めて…いたりしてないか?^^;

 足利の最終レースもこの番組で観たんですけど、まさかその後北関東が全滅したり、地方競馬の廃止が相次ぐとは思いませんでしたよ。

 んで、この番組のスポンサーがハロンを発行しているNARだった訳です。その時この雑誌の存在を知り、福岡に帰ったり東京に行った時に買ってたのですが、中々売っていないのが面倒でその内定期購読する様に。
 年間購読すると割引が有ったのに、去年から割引無しになった時嫌~な予感がしなかった事も無い ̄▽ ̄;
 

 季刊化してからは4コマ漫画『ミカ姐の4コーナーでつかまえて』で、妙にばんえい度が高いのに興味津々だったり(笑)、単価が上がった分ページ数が増えたりもしたんですけどね。
 でも前述の様に情報の古さは痛感していました。確かにネットを使った方が格段に早く報道出来ますし、この御時勢、紙媒体よりもネット専門化した方が経費も安くなるでしょう。時代の流れと言えばそれまでだけど寂しくはなりますね。

帰宅しました
【2008/01/05 22:45】 日常・雑談
 今日の18:30頃帰宅しました…がっ帰宅途中から左の咽喉が痛くなり始め、温水も冷水も飲んだら沁みまくり、しかも左偏頭痛状態ですT∇T;

 先日散々愚痴った自分の実家については杞憂に終った(多分)けど、思ったよりも心身に負担が来たのか?? まあヘルシンキの空気のおかげで発症した、咳が未だに治まらず寧ろ帰省中にやや悪化したので、授乳中の妹にうつしたらヤバイ!!と思って、咳をなるべく外に出さない様にしたのが悪かったのか?

 ネタにするつもりの帯広記念場外経験も無駄に終ったし、何かと気苦労が絶えなかった反動が来たのかも知れんな^^;

 妹の子供達は想像通り?3番目の子供が一番愛嬌を振りまいておりました´▽` もうすぐ退院ですが当分実家で面倒観るので、妹のみならず母も予行練習(母子共に1つの部屋に住んで、家でもちゃんと育てられるか様子を見る)をクリアしなくてはならないんだけど。

 しかし妹の子供達が可愛いければ可愛い程、私は子供を産んではいけないと言う決意を益々固めましたね。単に大変と言う以前に我が家の状況では十中八九育たん。妹の方に手がかかるので親を当てに出来ない上に、うちは夫婦揃って赤ちゃんの扱い方が徹底的に下手なのだ。こりゃ駄目だ~と確信した次第。(妹の所は本人の希望も有るが、義弟が大変子煩悩なのである。そして実家が近いので親に頼れる。)
 とゆーかこの私でも子供云々はそれなりの葛藤の末に、やっぱり産むべきでないと結論を出しているのに、ダンナは子供以前に生き物全般の扱い方が解らない人だし ̄▽ ̄;(人間以外の生物なら育ててみたい。特にオオウミガラス!!)

 結婚したら「孫は未だ?」と言われても、夫婦に育て切れる能力が無いなら産まない方が良い。親が肩身が狭いとか老後が寂しいとかは自分達のエゴ。一番割を食うのは子供でしょ?


 う~ん…どうも咽喉のせいで頭がボケて来たのでこの辺で ̄▽ ̄;

祖父の命日
【2008/01/03 10:18】 日常・雑談
 今日は父方の祖父の命日です。世間では未だ正月なのですが、この日は実家に親戚が集まって故人を偲ぶ日となります。まあ正月の挨拶も兼ねてですけど。
(因みに母方の祖父は私が産まれるとっくの昔に亡くなっていて顔も名前も知りません。)

 亡くなったのは私が3歳、妹は生後3週間の時。祖父は元々心臓が弱く、年末から寝込んでおりました。当時実家の辺りでは休日の救急医療センターなんて物は無く、正月空けてから病院に連れて行こうと思っていたら、それまで持たなかったのですね。

 で、葬式も自宅でやったんだけど準備でバタバタしていたから、私は2階に独り取り残され(妹は目が離せないから1階に居た)、母が見えない不安で大泣きしていた記憶が有ります。まあ3歳の人生の何たるかも理解出来ないガキに、人の死を理解しようと言う方が無理かも知れませんが。

 祖父の生前の記憶と言うと、地元の市場に団子を買いに行った位しか覚えていません。後、小さい頃の私は非常に悪ガキで年上の子を平気で泣かしていた(年下の子でない分未だマシ?^^;)為、祖父は「こいつはろくでもない大人になる」と嘆いていたとか ̄▽ ̄;

 或る意味それは正しかったかも知れません。両親からも変人扱いされて来たし。その分妹は結構「普通」に成長しましたね。どうも一族の変人の血筋は私に集約された感が有ります。
 従姉弟で姉弟そろって独身が居ますが、この2人もやや私に似ていて変人の傾向が有るし。それ以外は皆結婚して子供が居るんだよな。

 変人のDNAは粛清されるのみ。それは自覚しているのだよ、祖父ちゃん^^; マトモな妹が子孫を残してくれたんだから、それで良いよな? ̄▽ ̄; 


*注:上の文章は帰省前に書いたから、ふてくされていますな^^; 実際に見た所では妹本人は確かにとても忙しいけど、流石に真夜中にミルクを届けたりはしていないし、親達も案外ゆったりTV観たりする暇は有る模様。
 但し、来週辺りに子供達が退院したら、実家にベビーベッド置くそうな。これは親が面倒見るのに都合が良いのに加え、病院からは実家の方が圧倒的に近いってのも有るとか。(義弟は春からまた長期出張で、新居に居ても行ったり来たりが面倒だし。)

 まあ私が余計な心配するに及ばないって感じですね^^; 因みに私は全く孫を期待されていない事を確信したので、産んでも仕方無いと言う事だ ̄▽ ̄;

 しかしこの様子だと当分帰省は控えた方が良いな。…って今度のGWは日程的にこちらも時間が無いし。


帯広記念の為に初の場外へ
【2008/01/02 10:05】 ばんえい競馬
 今日は帯広記念の日ですが、全国場外発売の恩恵で丁度地元でも発売が有る様なので、初めて余所の競馬場に行って来ます。…ってダンナは生憎高校の同窓会に泊りがけで行ってしまうんで、私独り(+ぶい)ですが。

 競馬場に独りで行った事が無く、馬券も殆どダンナに買わせている(予想はちゃんとしているが)んで、ちょっと不安だったりするけど大丈夫だよな^^; 
 行き先は小倉競馬場なんですよ。JRAにも関わらず佐賀競馬の場外をやっているので、佐賀で帯広記念の場外発売するとなったら、自動的にここでも売られるはず。(「はず」と言うのはスカパーでは告知したのに、ばんえい競馬や佐賀競馬公式には書いていなかったから。しかし今日もスカパーで告知はしたから大丈夫と思う)
 地方競馬でJRAの場外をやっている所は幾つか在るけど、その逆は珍しいのではないでしょうか?? どう言う経緯かは知りませんけども。

 ばんえいの4場以外の競馬場に行くのは初めて(他に行ったのは旭川レーシングセンターとハロンズ岩見沢のみ)…と言いたいが、実は小倉競馬場には行った事が有ります。但し小学校の遠足で。当時は当然競馬なんて興味無かったし、ましてやばんえい競馬の存在は知りませんでしたから大して記憶に残るはずも無く。
 
 あれから相当設備も変わっているだろうし、何てたってJRAだから施設のクオリティの差に愕然とするかも知れません^^; JRAファンには御馴染みな所でしょうが、私自身は実質初めて行くのも同然なので、一応カメラを持って行ってブログのネタにしようかと思っています。
 
 尚、現在帰省中の為、記事にするのは5日以降になってしまうかも。



*補記
 …っつー事で小倉競馬場に行って来ました。結果は…

スカパーの大嘘つき!!(ノ# ̄□)ノ

 この競馬場はモノレールの駅が隣接しているんだが、競馬場側の通路は閉鎖されてるし、正門も閉まっていて全く人気が無い。JRAの地方競馬への扱いはこうも冷たいのか?!と訝りながら、暫しうろつくも埒が開かないので関係者用通用門の守衛さんに聞いてみると…

「ここ、4日からしか開きませんよ?」
          「ここ、4日からしか開きませんよ?」
                   「ここ、4日からしか開きませんよ?」………

 つまりネットの情報が正しかったと言う訳です(ノ# ̄□)ノ 何だかそう言う可能性も有るかな~とは思っていたんですが、PHSの途切れまくる回線を駆使しつつ、必死で?場外発売の情報を聞いたのに!!
 徒労とはこの事か…悔しいから帰りは歩いて帰りましたよ。電車賃が勿体無いし、万歩計の歩数も稼げるしさ ̄З ̄; そして思ったよりも実家から近かったさ!!

 ただ、ダンナはナリタボブサップ完全切りだったのを、私は北見記念の例からボブサップーカネサブラック(枠複5-7)は抑えるつもりだったので、馬券は当たっていたはずですが、買っててもトリガミ決定でしたな ̄▽ ̄; 

謹賀新年
【2008/01/01 07:00】 お知らせ
 機内から見たフィンランドの朝日

 明けましておめでとうございます。フィンランド語ではHyvää uuttavuotta!(ヒュヴァー ウーッタヴォッタ) 今年も当ブログを宜しくお願いします?!(^^ゞ
 と言う訳でこの写真は帰国する日、オウルからヘルシンキに向かう飛行機から撮った、フィンランドの夜明けです。現地時間9:15位ですね。朝日自体は自分の席からは上手く見えず、、仕方無いから前席の窓を斜め後ろから撮ったのがこれ。(右の黒いのは窓)

フィンランドの朝日その2

 普段ゆっくり朝日を観る事なんて無いから非常に新鮮でした´▽`


 さて、当ブログは去年の4/1から始めたので、少なくとも3/31までは現状維持ですが、2年目からはメインカテゴリを「ばんえい競馬」から「鳥関係」に変える事を検討しています。
 元々当ブログの誕生理由は「ばんえい競馬に付いて語りたいけど、思いっきり語れる場所が無い。だったら自分で作ろう」と言う物でした。従って当然ばんえいの記事が圧倒的に多く、それを書いた時が一番アクセスも有りました。

 しかしここ数ヶ月は鳥や海外関係の記事を載せた時の方が反響が良い様です。中々現地に行けず普段はスカパーかネットでネタを収拾せざるを得ない身としては、あまり熱心に活動出来ない面も有りますし、気軽に記事が書けない状況になっているのも事実です。

 楽しく書けるのがブログの基本と思うので、2年目を機に原点に還るべきと思う今日この頃。

 まあ別にばんえい競馬のファンを辞めると言う訳ではないので、語りたくなったら語りますけどね^^;




サイドメニュー ×
メニューA  メニューB