のよのよ in Zの悲劇?!
鳥全般・海外旅行・ばんえい競馬・アニメ&漫画etc.…ニッチな情報提供も目指します。

最近の記事 ×

プロフィール ×

Pin

Author:Pin
出身:福岡県。長年住んだ出雲から佐賀へ移住の白衣好き主婦。
趣味:同人活動ではハーロックに原点回帰。(他にナノセイバー・恐竜惑星・ジーンダイバー)、ばんえい競馬、鳥関係全般、(科学者用)白衣等々。海外に行った時は旅行ネタ多目。


カテゴリー ×

月別アーカイブ ×

最近のコメント ×

最近のトラックバック ×

FC2カウンター ×

カレンダー ×
02 | 2009/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


トモエパワー、ばんえい記念3連覇!!(1)
【2009/03/31 19:36】 ばんえい競馬
 トモエパワーに会ったのはこれで4回目ですが、実は生観戦では全て彼は勝っています。そう、私が観た時は何時も彼は強かったのです。

 …そんな訳でばんえい記念は終始トモエパワー本命でした。20年度未勝利でいまいち波に乗れず、そろそろ他の馬に引導を渡されるのではとも言われてましたけどね。

 小まめに出走して小銭を稼ぐ生き方も有れば、ここ一番の勝負に照準を合わせ、最後に美味しい所を持って行くのも有りでしょう。彼の様な馬はスピードよりもパワーとスタミナが持ち味なのですから。(北見が在った時なら未だしも、今の帯広で700kg台の荷物は彼にとって軽過ぎる。…いや900kgでも軽いのか?^^;)

 パドックで久し振りに観た彼は、随分落ち着いて見えました。
トモエパワー@パドック
 入場でも堂々とした物でした。(後で録画を確認したらちょっとイレ込んでいたな^^;)
トモエ入場
 真の王者は多くを語らず。しかるにオーラは雄弁に物語る。

 おお、今年もダブルファンファーレだ!!(写真は入場の時の物。ファンファーレはかなり後ろの方でやっていた様で音しか聴こえず。)
生演奏 流石上手い!!
 太鼓の音が入っている以外は録音と全く遜色無!! 確か普段使っている音源も一発OKだったとか? 流石自衛隊でございます。
 旧ファンファーレだけで良いと言う意見も有ったけど、ダブルで良いと思う私は少数派なのでしょうか?
 これも録画で気付いたけど、旧ファンファーレの音が入っていなかったのは残念。


 いよいよ発走。第一障害で脚が止まるのはこのレースならでは。第二障害手前まではボブサップが若干先行。
最初はボブサップ先行
 第二障害に最初に着いたのは、牝馬ながらも要注目のスターエンジェル。
スターエンジェルが最初に辿りつく
 トモエパワーとクリントンが真っ先に第二障害に挑みます。
クリントンとの争い
 …が、最初に降りたのはトモエパワーとミサイルテンリュウ。
第二障害を一番に下りる…
 写真ではトモエしか写っていませんが^^; ぶっちゃけトモエが降りる所に目が行ってしまい、ミサイルもほぼ同時に降りていた事は後で気づいたと言う^^; (正確にはミサイルの方が若干早かった様ですね)

 
 長くなったので(2)に続きます。

テーマ:ばんえい競馬 - ジャンル:ギャンブル

北米探訪(6)~地下鉄に絶望した!!~
【2009/03/29 12:38】 海外旅行
 モントリオールの地下鉄は4路線有り、色で判る様になっております。ゴムタイヤで走る様は札幌地下鉄を髣髴させますが、普通のタイヤよりも騒音が少なく加減速がスムーズと言う利点が有る反面、タイヤが消耗し易く粉塵が舞ったり、消費電力が大きい等の問題点も持ってます。

 この地下鉄の概要はここを参照下さい。

 青と白を基調にしたデザインはシンプルながら好い感じです。
地下鉄車両
 ピンボケなのは御勘弁を^^; 日本の鉄道に比べ照明が暗いせいも有りますが。フラッシュを焚く訳にはいかないし。

 これがゴムタイヤです。
地下鉄ゴムタイヤ
 
 さて、事前情報でここの地下鉄にはちょっと期待していたんですよ。これでも「鉄」の端くれですから。

 「モントリオールの地下鉄は1966年の開通。地下鉄の駅数は現在68を数え、それらはすべて違うデザインが施されており、見学するのも楽しい。」
 *参考文献:『地球の歩き方 カナダ東部』 P.177より引用


 
 しかし思った程では無かったと言うのが正直な感想。定時制はまあ有る方だし、チケットの買い方や改札のコツと路線を把握すれば、乗る事自体にはそう問題は有りませんけどね。

 片道$2.75ですのでツーリストカード(1日用$9、 3日用$17)を買えば、4回以上で充分元は取れます。但し買えない駅も有るので注意。STM本社の在るBerri-UQAM駅なら確実です。
 6枚綴りの回数券($12)なら多分全駅で買えますが、この回数券もミシン目付きの旧タイプから、1枚づつ独立した使い捨てカードタイプに移行しつつ有る様ですね。

 駅は自動改札になっており、シングルチケットや回数券は改札機に入れて、回転バーを押して入りますが、ツーリストカードは駅員に見せればOK。しかし日本と違って出る時にチケットを回収しないので、周辺には捨てられたチケットが散乱しとります-Д-;
 *ロンドンも回収しない駅は在れど、こんなに散らかってはいませんでしたよ?

 まあチケットの散乱振りもどうかとは思ったけど、一番目に余ったのは落書された車両ばかりだった事!!
  運転席を除く殆ど全てのガラス一面にこれでもかっ!!とばかりに落書三昧。しかもペンでなく何かで引っかいて描いているから、ガラスを取り換えないと修復不可能な類の物。
 それ所か駅舎のガラスにまで同様の落書が大量に有ると言う…。
 いちいち張り換えると膨大な経費がかかるし、換えてもすぐにまた落書されるから放置とか?

 サンフランシスコのミュニでも落書車両は有ったけど、少なくとも駅のガラスにまでやってたのは見た事が無い。空港線の有るBARTやケーブルカーで落書を見た記憶すら無い。

 犯人は地元民か観光客かは知らないが(多分両方)、市民の民度を疑いましたね。探せばこんな街は世界各地に在るんでしょうか。

 悪いけど、幾ら町並みに美しい建物が並んでいても、公共機関をぞんざいに扱うのって興醒めだぜ(ノ# ̄□)ノ


 落書への文句はさておき、駅のデザインの方はどうか? 全部の駅を降りてチェックした訳で有りませんが、「デザインの良い駅も在る」と言った印象。壁は駅毎に違ったタイルを貼ったりしていた様ですが、駅舎(正しくは駅への出入り口)自体は全く普通の物も多かったです。

 そんな中で目を引いた駅を御紹介。

 先ずはBerri-UQAM駅。駅舎自体は特にどうと言う事は有りませんけど、ホームから見える壁画が中々派手です。こちらはホームの壁の物。
Berri-UQAM駅壁画
 こちらはステンドグラスの様です。
Berri-UQAM駅壁画2

 次にグリーンライン終点のAngrignon駅。赤いドーム状の屋根がちょっと洒落ています。
Angrignon駅

 そしてオリンピック公園の在るPie-IX駅。ホームの壁には燦然と五輪のマークが。
オリンピックのマーク
 出口に向かう壁も芸術と言えるかな。
これも芸術?
 しかも出た後には天井に延々と五輪が公園の方に導きます。
天井に延々と五輪が…

 最後に近くに泊まりながら遂に利用する機会の無かった、Champ-de-Mars駅。
Champ-de-Mars駅
 壁がステンドグラス調になっております。時間の関係で近くに寄れませんでしたが、これまで落書はされていません様に ̄▽ ̄;

テーマ:カナダ - ジャンル:海外情報

カモメ天国・サンフランシスコ
【2009/03/28 11:25】 鳥関係
 繁栄する生物は環境の変化に適応し、人間を上手く利用してしまう物です。それは時として大胆に、時としてふてぶてしく感じます。
 サンフランシスコでは人間の残飯目当てに集まってくる鳥が何種か居ますが、その中で最も際立っているのがカモメ(アメリカオオセグロカモメ)でしょう。何しろ他の鳥に比べて大きいし。

 観光地でも在るフィッシャーマンズ・ワーフに行くと、色んな鳥に混じってカモメがたむろしています。
たむろするカモメ達…
 ゴミ箱も漁りまくりでカラスと変わらん。(その通り!! カモメは海のカラスだ)
群がる群がる…
 こちらは大物ですね。
大物ですよ~
 良く見ると彼等が食べるのは大半がパンの様です。…何故かと言うと…。

 ここの名物に、クラムチャウダーが有ります。以前はアシカを観ながらカフェで食べたのですが、カップに入った小奇麗な仕様でしかも量が少なかったんで、地元民らしく屋台で本格的な物を食べてみようかと。
フィッシャーマンズ・ワーフの屋台
 同行したダンナの友人はパスして別の物を頼んでいましたが…。

 出て来たクラムチャウダーは…でかいっ!! 4.5ドルとリーズナブルな値段は魅力ですが、直径15cm位の丸いパンは巨大過ぎます^^; (添付の子袋のスナックは砕いて粘度を上げる為の物。)
巨大クラムチャウダー
 友人がパスした意味が解るわっ^^; あまりにもパンが大き過ぎて、食べ切れない人が残してしまうんです。カモメはそれを目当てに集まって来ると言う訳です。

 嗚呼…カモメがこっち見てる…(笑)^^; ダンナは「カモメの思うツボになるから全部食べろ」と言うが…。

 やっぱり食べ切れんわっ!!^^; 完全に思うツボです(笑)^^;
ちぎっては投げちぎっては投げ…
 半分位残ったパンをちぎっては投げ、ちぎっては投げ…(笑)^^;
遂に投げてしまった…^^;
 この写真でも感じるんですが、彼等は残飯に群がりはするけど、奪い合いはしないんですよね。大騒ぎすれど殺伐とはしていない。日本の或るガンカモ類を餌付けしている所では、奪い合ってるらしいのに。
 もっとも年中たむろしているのと、決死の渡りをしないといけないのとでは、生への貪欲さも違うでしょうね。それだけここのカモメ達が平和に暮らしているって事です。

 しかし幾ら何でもこれは大物過ぎ…(笑)^^; 
大き過ぎです^^;

カナダの国鳥・あびるんるん
【2009/03/27 09:46】 鳥関係
 以前も紹介しましたがカナダの国鳥はアビです。

 しかしこの時参考にしたサイトでは単に「アビ」としか書いてなく、一体どの種類なのか気になっていました。
 因みにアビは世界中でアビ・オオハム・シロエリオオハム・ハシジロアビ・ハシグロアビの5種類しかおりませんが、Common Loonと言う英名から判断するに、どうやらこの中で唯一日本では見られないハシグロアビを指す様です。

 生憎海上に生息する鳥な為、生きた個体を観る機会は無くて剥製で勘弁。
ハシグロアビ剥製
 黒い頭、首のバンドの様な縞、背中の胡麻斑模様と白い腹のコントラストが、シンプルながらも美しいデザインですね。

 生体の写真はこのサイトが詳しいです。

 んで、バイオドームでこの鳥が売られていました!!
あびるんるん(ハシグロアビ)
 名前は「あびるんるん」

 何故、こんなふざけた名前かと言うと、一見アヒルっぽいのと我が家にはあのAflacのアヒルが居るからです。(…左の2羽がそうですが…公式グッズなのに、この出来映えは… ̄▽ ̄;)
♪あひるんるん あひるんるん
 つい♪あびるんるん あびるんるんと歌いたくもなる訳で。
 丁度英名がルーンLoonだから、単なる思い付きでは有りませんよ?(笑)

 *正確には米名がLoon、英名はDiver。Diverはこの鳥の潜りの巧みな習性、Loonは陸に上がった時の「のろま」な様子の意味。同じ英語でも着眼点が対照的ですな。

 ところでこのあびるんるん、電池が内蔵されてあって、背中を押すと鳴き声がするんですが、これが妙に物悲しい「ほぉわ~おぉ…、ほぉわ~おぉ…」と言う声なんですよ。(調べてみた物よりもずっと物悲しい)
 しかも何処がツボか解らんが、時々触りもしないのにいきなり鳴き出す大変オカルトな奴だったりします^^; そのくせ触っても鳴かなかったりするし。

 …可愛いけど謎の多いあびるんるんです(笑)^^;


 ついでだから仲間も紹介しましょう。
 右は一緒に買ったニシツノメドリの「つのめん」。他にエトピリカも有ったけどでか過ぎて断念。
つのめんと一緒
 この鳥は本物もぬいぐるみみたいですからねぇ^^; (上野動物園にて)
ニシツノメドリ(本物)
 ガラスが異常に曇ってて綺麗に撮れていませんが、鳥の形ぢゃねぇだろ…(笑)。

 カナダのぬいぐるみは足にカエデの刺繍して、母国をアピールする事が多い様です。(あびるんるんには足が無いので例外)
つのめん足裏
 もっともアピール以前に中国製なんですがね(笑)。 (何故か何処の国で買っても殆ど中国製… ̄▽ ̄;)

金剛番長68話
【2009/03/26 10:25】 アニメ・漫画感想
 敵を欺くには先ず味方から。大脳のリミッターを強制解除して、瞬間的な能力を増大させる経絡秘孔を突くこの技は、一種の荒殴零猛度かな?
 3番長をゾンビの如く利用し、隙を突いて噛噛に必殺技をかまるサソリ姐さんカッコ良い!! しかも自白機能付、逆らうと大量出血で死亡…と、複数の秘孔を突いて死角無し。

 …と思いきやしぶといねぇ噛噛。この強さには応募した人も本望だろうな。これでも憲兵や文学に比べると雑魚なんでしょうけど。

 万策尽きたかに思われたその時、タイミングを図っていたかの様に入って来る金剛番長。しかしサソリの「終わりだよ!!(これ噛噛のセリフでは無いよな?)」のコマ、金剛を入れない方が良かったよね。お約束とは言え、最後の頁で主人公らしくドーンと登場!!、で次回にしとくべきでしたな。
 まあ次回あっさりボコボコにされるんかねぇ…噛噛。


【神のみぞ知るセカイ】
 月夜編最終回。このシリーズはあまりにも現実味が足りなくて、内容云々に深く言及しても仕方無い気がします。映像的には色々と美しいから、深く考えずにそこを楽しめと言う事ですかね。
 単行本の収録話数を意識し過ぎてか、毎回説明不足になる傾向が有るんですが、一番残念なのはよっきゅんがろくに活かされていない事。このキャラの素晴しさが殆ど描かれていないので、月夜へのアンチテーゼになりきれていないんですよね。

 両親の離婚から現実と壁を作っていた月夜の逃亡劇と、感情を爆発させる(本人的には全く美しくない、人形でなく人間になっている)所は面白かったけど。あのサイズでは例のネコも凶暴な怪物に見えるんですね。しかもこの娘は股間が妙にエロイ(笑)。

 桂馬と共に落下している短時間に、あんなに会話やキスが出来るか?とツッコミたくはなりますが、漫画やアニメでは演出上時間が停まるのはお約束だし(笑)^^;
 寧ろエルシィが2人をしっかり回収出来る俊敏性が有った方が驚き(笑)。前回羽衣さんを使い切った筈ですが、バレた後は意味が無いから解除して、エルシィが身に着けていたのかな?

 カレー…もとい呪いの伏線はちゃんと有ったんですねぇ。駆け魂に効いていたのは御都合主義なのか、ちゃんと設定が有るのか気になります。単なるギャグの可能性が高いか。

 敷物1枚分だけ現実に目を向け始めた月夜。桂馬は気づいていないけど、望遠鏡は月ではなく桂馬を見ていました。

 似た物の桂馬も少しずつ現実に目を向けては来ています。この契約を通して一番変わって来ているのは、他ならぬ桂馬ですからね。でも今は未だよっきゅん命、と(笑)^^;

北米探訪(5)~プーティンとスモークミート~
【2009/03/24 10:00】 海外旅行
 巨大地下街なだけあって、フードコートの規模は目を見張る物が有ります。 日本の一大ショッピングセンターなんてこれに比べると可愛いですよ^^;(特に西側)…と言う訳でここであの!!ケベックの名物料理、プーティンとスモークミートを食べてみますか。

 最初に食べたのはケベック州のファーストフードチェーン店、La Belle Province(The Beautiful Province 「美しき田舎・地方」の意味)。
 
 おっこれが噂のプーティンか!! さてお味の方は…?
プーティン
 …正直微妙。それなりに美味しいのだが、グレービーソースがかかっている為、肉の味がする…と言うよりもソースが多過ぎて肉の味しかしない ̄▽ ̄; ポテトやチーズの食感もいまいち判らないのは如何な物か。(ここのプーティンは特にこってりタイプらしいけど。)
 まあ地元では有名店らしく各地に店が在るから、余所で食べたら印象も変わったかも?!

 寧ろ別の日に食べたFRANX SUPREMEと言う所のプーティンの方が、ソースも程々でポテトやチーズの存在感も味わえたのでお勧めしたい気分。ここのチーズは非常に良く伸びるし(笑)。

 まあ美味い事は美味いのですが、如何せん値段が高い代わり(普通のフライドポテトの倍近い)にボリュームも有って、1人では食べ切れないですね^^;

 次にスモークミート。
スモークミート
 ライ麦パン?にこれでもかっと言う位挟んでおります。「コンビーフみたい」と聞いていたけど、味も見かけも乱切りしたハムを何層にもした感じですね。肉自体はスパイシーで良いのですが、一緒に添えられたピクルスが異常に酸っぱくて、しかも縦半分位有るんで閉口-Д-;
 向こうの人はこんなに酸っぱくても平気なのでしょうか?

 結局、プーティン2回、スモークミート1回で名物探索終了^^; 寧ろ地下街に在るスーパーIGAの惣菜コーナーばかり愛用していた様な…^^; メニューも豊富で1食単位で買えるし。

 日本でもファーストフードよりも、スーパーの惣菜を活用する方が多いので、国が変わっても習性は変わらないと言う事です(笑)(^^ゞ  

テーマ:ファースト フード - ジャンル:グルメ

北米探訪(4)~「地上の」地下街~
【2009/03/23 08:16】 海外旅行
 寒いカナダの中でも特に寒いモントリオール。1960年代の初めに市民が快適に移動出来る様に、市が大規模な都市計画を実行しました。それで出来たのが巨大地下街。(ここのピンクの部分参照
 
 全長33km、面積12km²(1200万m²)には世界最大級。(但し商業面積的にはトロントの方が上らしい)2つの鉄道駅、主な地下鉄駅、バスディーポ(バスセンター)に加え、会社・銀行・ホテル・大学・各種店舗&集合住宅…と、ここに入れば外に出ずに生活出来る位の規模を誇っています。

 学会の会場であるホテルもこの地下街と直結している為、場所の確認と周辺店舗の偵察を兼ねて、早速行って見ました。

 確かに中は非常に広いです…が、上の方が妙に明るい。
モントリオール地下街
 1階の噴水付近から見てもやはり明るい。
地下街1階から
 実はここの地下街、地下よりも寧ろ地上に在る部分の方が多いのです。普通地下街と言うと閉鎖的な印象が有りますが、ここは上階の窓から日光も入るし外も見える為、開放的な感じがします。流石世界的な地下街都市で有りますな。
 
 御自分で確かめたい方は散策ツアーをどうぞ。 


 因みに土産を買う時のアドバイス。空港は当てにならない(時間帯に因っては異常に混む為、早目に行っても買う暇が無い危険性が高い。経費削減で人手が足りないかどうか知らんが、あそこの客の捌けなさは天下一品だ(ノ# ̄□)ノ)ので、事前に街で買っておいた方が賢明です。
 土産屋は西側のMcGill駅から入って行くと最低3軒は見つかります。(東のPlace-des-Arts~Place D'Armes駅間にはこの手の店は無い模様)

 但し、如何にも観光客向けな物ばかりなので、もっと気の利いた物が欲しいと思う方は、地下街を出て個人経営の土産物屋を探してみましょう。中には非常に怪しい店も在りましたが^^; (妙に大人の玩具屋が目立つ街だし ̄▽ ̄;)
 ちょっと良いかも…と思ったのは、ボンスクール・マーケットから1つ入った通りの個人商店かな?

 
 次回、ここで食べた名物ファーストフードについて。

テーマ:カナダ - ジャンル:海外情報

ぽっかや診療所にばんえいが登場
【2009/03/21 11:05】 ばんえい競馬
 遂に今夜放映日ですね。生憎こちらはTV朝日系が無い為、親に録画を頼んでおりまして、実際に観られるのはGW後でしょうけど。

 このロケは実際に見ましたよ。生で西郷輝彦や五月みどり(番組紹介には載ってないがチョイ役なのか?)を見られた事も貴重でしたが、西郷氏の白衣姿が眩しかった…*θ▽θ* 内容はともかく彼の白衣にばかり注目したのは私だけでしょうな(笑)^^;

 10月にロケしたのに放映まで半年もかかるとは…と思ったら、このシリーズって年に1回程度しかやらない様ですね。しかも何故か舞台が北国か九州南部に偏って居るし。

 この手のサスペンスは基本興味が無いので、ばんえいパートのみ注目しそうですけど、「デビューから1勝もしたことのないリッキー号」…ってあんた^^; リッキーは6勝挙げていますよ? ̄▽ ̄;
 ロケに本物の彼を使ったかは知りませんが、実在する馬を出演させた意図は何なのでしょう? 『雪に願うこと』だって架空の名前だったのに。

コミスタで練習
【2009/03/20 12:05】 ナノセイバー・恐竜惑星・ジーンダイバー
 ComicStudio EX 4.0(以下コミスタ)が17日に届いて、ボチボチ練習しております。前回のデモ版と違ってフル装備の製品版だから、機能の充実っぷりが桁違い。ベタまで塗ってトーンを読み込む時に、えらく時間がかかるな~と思ったら、いきなり強制終了∑( ̄□ ̄Ⅲ;)(しかも直前の保存をしてなくてやり直しT∇T;)
 やはりこのPCではスペックが足りないのか…と危惧しましたが、ウイルスバスターのチェックと重なった事が原因だった様です。これも入れたばかりで性質を把握しきっていないし。

 普通に使う分にはメモリ1.5GB(これで目一杯)、CPU celeron1.4GHzのPCでも何とかなるみたいですね。

 さて、実践では当分ペン入れまで手描きして、それをスキャンした物を使うと思われるんで、取り敢えず線画のデータを取ってある、『有る物で、作るしかない。』の表紙で練習してみました。


 線画はこんな状態。(実際には結構修正して有ります)
元の絵線画のみ
 表紙に使ったカラー彩色した物。(タイトル抜き)
表紙カラー(タイトル無)
 コミスタで描いた物。
コミスタトーン処理

 個人的な印象としては、

・新しい作業に入る前に小まめに保存しておく(強制終了しても泣かずに済む)
・ベタやトーンは確かに速く貼れるが、細かい所が残りがちなので、マニュアル見て改善の余地有り
・トーンの種類が極めて多い為、良く貼る種類はアクション登録推奨(EXの特典)
・ペン入れは回数をこなして慣れるしかないが、Photoshopで描くよりも線が綺麗な気がする
・筆が使いにくい様に感じたが、これも慣れるしかないか?
・大量のレイヤーが出来る為、夫々を把握しておくべき(特にトーンは或る程度出来たら統合推奨)
・ベクターとラスターの違いを理解しておく
    …等々。

 とにかく慣れるまで練習するのが一番ですが、或る程度はphotoshopと共通した機能も有るし、特にレイヤーを理解していれば上達も速い様に思いますね。

 まあなまじ高機能なんで分厚いマニュアルと暫く格闘は必要ですが、以前買ったFlashと違って宝の持ち腐れにならない…と思います^^;(予定)


 ところで昨夜この絵を描いている間に、アクセスカウンタが異常に回る事態が発生@_@; 2chに曝されたのかと思ったら、常連さんがほぼ全部の記事を読んでいった事が原因の様です。構わないけど何で今頃態々そんな事したんだろう?(笑)^^; 吃驚するぢゃないか ̄▽ ̄;

金剛番長67話
【2009/03/18 20:04】 アニメ・漫画感想
 大方の予想通り全国編突入ですか? 白ガクランの暗黒生徒会は「東京を除く46道府県」の勝者によって構成されていると。やはり23区計画はその前哨戦だったのね。
 まあ島根番長は名前が出るかどうかだけに終りそうな ̄▽ ̄;

 ここから一気に世界編・宇宙編?!となりかねないけど、話を畳み始めた気もしなくもないですね。掲載位置が何気に下がって来たし、単行本の売り上げもブリアク以下っぽいから。全体的な話はかなり前から勢いを失くしてしまってて、サブキャラの細々した魅力で持っている感が有りますし。
 ダラダラ引き伸ばす位なら、潔く終らせる方がこの漫画には相応しいかと。(今週で終ったギャンブルッは伏線放棄の、「俺達の戦いはこれからだっ」でしたね。まるでアルバトロスの最終回の様だ^^; でもアルバより長かったT∇T;)

 サソリの登場に自己紹介する3番長(相変わらず居合は忘れられてる^^;)。「一応」仲間と言う素直でない卑怯、名前さえ名乗れなかった念仏はらしいですが、その分剛力が目立たないのは残念。
 
 噛噛は何処の番長かは知らないけど普通に強いですね。しかし校舎を破壊しての登場は、番長と舎弟の抹殺はともかく、一般の生徒も巻き込んでも構わないと言う気か?
 さり気なくピンチの剛力を救う卑怯、普段ネタっぽい分いざとなるとカッコ良い念仏。でも剛力はここでも目立たず^^; 剛力の空気化が半端で有りません。

 暗黒生徒会の正体と真相が明かされ、驚愕する3番長。サソリだけは妙に冷静…と思ったら、まさかの裏切り?!…いや、このパターンは裏切った振りして、単身猛と決着を付けてスジを通したいっだけなのでは? 3番長を気遣って態と倒した可能性も有りますが。

 ところで金剛番長は一体どうしたのかな? 倒壊した東京タワーの犠牲者の救助に当っているか、兄の元に向かっているかどちらかですかね。


【神のみぞ知るセカイ】
 ノベライズ化おめでとう。作家の名前は知らないので実力の程は不明ですが、世界観を壊さずにオリジナルな物が出来ればそれで良し。最近色んな雑誌で紹介されてるし、このペースだとマジでアニメ化するんでしょうねぇ。

 人形サイズになって、理想のセカイを手にしたと言っても、そこはそれ(作品内では)リアルの存在。御飯も食べれば(サンドイッチのセレクトがかなり微妙(笑)^^;)風呂にも入るしトイレにも行くと。

 今回エルシィのテキトーな替え玉人形が皆にバレバレでない理由がさり気なく明かされました。成程…魔法で錯覚させていたと。本気になれば本物そっくりには作れるけど、相応の手間がかかるから(チケットの違法コピーでかなり疲れていたし)、普段は魔法で誤魔化すのね(笑)。

 牛乳風呂に入っても形状を保つ月夜のカールした髪形(笑)。桂馬依存が段々エスカレートする彼女ですが、真相は両親の不仲に有る様です。多分離婚寸前でどちらが彼女を引取るか、正確にはどちらも嫌がって相手に押し付けようとしている事にうんざりして、現実逃避しているって所ですかね。

 体が小さくなった?!と気づいたシーンの、見下ろすルナが怖いです^^; この手のドールは怖いんですよね。あまりの恐怖につい桂馬を頼ってしまい、エンディングが見えたと思ったら…実はエルシィがやっていたとは。

 今回はエルシィが役に立っています…珍しく。唯一の誤算は月夜に聞かれる所で、策略を放してしまった事。桂馬自身はこんな騙す様なやり方は内心不満だった事が油断に繋がったのでしょう。(それを言うならこれまでの攻略自体、相手を騙して来た様な物ですが ̄▽ ̄;)

 さて、桂馬最大の失態をどう収拾させる気なんでしょうか。まさかこれも計算通りでは無かろうから。


【その他】
 あだち&留美子の合作。2人の作風に違和感が無いですね。こう言うエッセイ的な波長が合っているんでしょうか。2人共あまり苦労した印象も、裏話暴露とか生々しさも無く、全体的にゆる~い感じですが、留美子の腐女子っぷりやラストの肉は笑えるし。
 面白かったのは留美子パートの方が多かった様な(笑)^^; 新連載は犬夜叉みたにダラダラやらないで下さいね。

 今回の連載はグロ度が非常に高い-Д-; いつわりの生首乱舞、アラタの妊婦惨殺も凄いけど、トラウマのヒロイン爆死が一番際立っていましたよ。腕だけなんてからくりサーカスの鳴海を髣髴させますが、明らかにトラウマの作者の方が病んでるしなぁ^^;

 なつみん早々の最下位掲載。有井どんが異動でGXに行ったそうですが、番長の担当辞めて置き土産がこれかよ ̄_ ̄;と思っていたんで、この状態が続くなら妥当な判断では。 

北米探訪(3)~宇宙にはためく(?)ケベック旗~
【2009/03/17 10:48】 海外旅行
 モントリオールの在るケベック州は住民の8割がフランス系カナダ人で、カナダで唯一フランス語を公用語とする所でも有ります。
 モントリオールは1642年にフランス人が現在の旧市街に作った、ヴィル・マリーと言う植民地が起源ですが、18世紀半ばの「アブラハムの戦い」でフランスがイギリスに敗れ、この街の支配権もイギリスに移ってしまいました。その影響でフランス語を公用語としながらも、いざとなると英語も話せるバイリンガルな人が多いのです。
 *とは言えカナダ自体がアメリカの影響を受けているんで、イギリスよりもアメリカの支配下に有る様な気分^^;

 現在のこの街は古風なヨーロッパ風建築と、高層ビルが普通に共存し、特に教会だの大聖堂だのが目立ちます。
プロムナード・カテドラル
 これはプロムナード・カテドラルと言う、教会のすぐ下に在る地下街で、荘厳なデザインの教会と、すぐ後ろの高層ビルの対比が際立った名所の1つ。地下街よりも手前の教会の方が目立ちますね。

 「ジョワ・ド・ヴィーヴル(人生楽しく)」をモットーにし、祭りだのアイスホッケーだのカーリングだの、あらゆる娯楽にあふれるこの街ですが、地元の人は民族の誇りを決して忘れてはいません…いや、野望を捨てきれていないと言った方が正しいかも。

 …と長い前置きはここまで。


 モントリオールの街中にはハイドロケベックと言う、水力発電会社のビルが在ります。
ハイドロケベック
 ケベック(Quebec)の略称Qをアレンジしたオレンジのロゴが目立つビルで、丁度行った時にやっていたハイライトフェスティバルなるイベントのスポンサーだったりします。

 その屋上にはためく海賊旗のはケベック州の旗。
ケベック旗
 この旗がビルの方で細工してないか?と勘繰りたくなる位、ほぼ24時間はためいているのです。まるで絶対真空の宇宙空間でもはためくアルカディア号の旗の様に(笑)。

 因みに市役所の分館?にはモントリオール旗がはためいております。
ぎんたろ分館

モントリオール市旗

 市役所関連のモントリオール旗はともかく、民間企業がカナダ国旗でも、会社の旗でもなく態々ケベック州の旗を掲げるのは何故なんでしょう?

 冒頭でケベック州の歴史について触れましたが、ここの人達はずっとカナダからの独立を目論んでいるそうなんです。自らをカナダ人でもフランス人でもない。ケベック人(ケベコワ)と主張しているのです。
 本当にケベック州が独立出来るとは限らないし、大規模な武力衝突に至ってはいない(1960年代には独立を主張した暴動がしばしば起きたらしい。)とは言え、不満がくすぶっているのは確かです。
 
 なのでこの強引にでもはためかせるケベック旗には、彼等ケベック人の本音が見え隠れしている様に感じてしまうのです^^;

 アブラハムの戦いが起こった戦場公園(Parc des Champs de Bataille)は、ケベックシティに在りますが、モントリオールにも同様の公園(Champ-de-Mars)が存在します。 (近くに同名の地下鉄駅在り) ケベック人には忌まわしい場所の様です。
 生憎公園は雪に覆われていましたが、その時の英雄と思しき人物の像が設置されています。
シャン・ド・マルスの英雄?

 市旗とケベック旗の間に、この公園と像が在るのも何だか意味深ですね^^; 

海外からの検索内容
【2009/03/15 11:27】 ナノセイバー・恐竜惑星・ジーンダイバー
 昨日今日と海外の方がうちを態々翻訳してまで見に来ております。海外からのアクセスは今までも有ったけど、Google翻訳してまで読んでくれたのは初めてです。(正確にはGoogle翻訳フィルターを通して来たのが初めて)

 昨日の中国人は『国際的ジャパニーズフード!!』を見に来てて、「流石グルメ大国。海外で使われている日本の食材が気になるんだな~」と感心しました。

 しかし今日来たロシア人が見たのは『ペーパー用カット(超ラフ)』。もしもし?!まさかうちを参考にして同人誌作る気ですか?ロシア人(笑)^^;
 確かにコミケも国際化して、一般参加のみならずサークル参加する外国人も出て来ているそうですが、うちなんぞ何の参考にもなるまいに ̄▽ ̄; もしかしてVシリーズの知名度が国際化?!とかあらぬ想像をしてしまいました。

 真相はこの記事のコメントがオーストラリアネタ(特に「絞め殺しのイチジク」)で盛り上がっているので、オーストラリア関連で調べていたら検索に引っかかっただけでしょうね^^;

 間違っても夏コミにロシア人が買いに来る…なんて事は無いでしょう^^; ま~そうだろうな~ ̄▽ ̄; でも相変わらずフィンランドで来る人は多いな(笑)。

次はミュンヘンか? しかし気分は…
【2009/03/14 10:30】 海外旅行
 未だ北米の土産話が終っていない状態ですが、9月にミュンヘンに行くかも知れません。オオウミガラスが居るのは調査済だったので、場所を含めミュンヘンの交通機関や航空情報等々、軽く調べておりました。

 日本からはルフトハンザ航空で成田からの直通便が有るんですが、生憎ANAのコードシェアでうちはJAL系列派なので却下。(カナダの時もバンクーバー経由なら、直通便がANA系列のAir Canada以外にJALも有りますが、乗り継ぎ割引の関係で全部アメリカン航空になった次第)

 …で、何処で乗り継いだら良いかダンナが調べていたら…ヘルシンキが最も速いとの事。フィンランド再び?!(笑) 2人して爆笑ですよ>▽</ あ~ヘルシンキってヨーロッパのハブ空港でしたね。
 生憎ヘルシンキ観光をする時間は無いけど、免税店でコスケンコルヴァとFazerのチョコを買う時間は有りそう。(飛行機が遅れなければ)同じユーロ圏でシェンゲン協定も有るから手続きは簡略化されるし。

 と言う訳でドイツに行くのに(←未だ決定ではない)気分はフィンランドですよ(笑)。下手するとフィンランド土産しか買わないのではないか?^^;
 
 ドイツ土産は…え~と決まったらちゃんと調べます ̄▽ ̄; あくまでも決まったらだけど^^;

ComicStudio EX 4.0が来てしまう!!
【2009/03/13 22:47】 ナノセイバー・恐竜惑星・ジーンダイバー
 今日1日で状況が二転三転しましたが、あの!!デジタルコミック用ソフトとしては最も高い(定価48300円)、ComicStudio EX 4.0がうちに来る事に!!
 ダンナのコネなので自分の財布は傷んでいませんが、以前要請した時は却下されたんですよ。買えるのは原則ダンナが使う物に限るので、漫画専用のソフトを使う訳無いから、そんなの注文出来ない!!って事で。ところが事情が変わって9日に突然発注の運びに。
 しかし今朝取引先が扱っていないと判明し、やっぱりな~と諦めていた所、別の業者に頼んだら何と月曜には届く予定と言う(笑)^^; (自分が手にするのは今月末辺りでしょうけどね)

 年明け辺りから、次の新刊を出すならデジタル入稿に挑戦してみるか?!と思い、Photoshopでやれるノウハウを調べてはいたんですよ。コミスタは高機能な分、マシンスペックを要求するんで、経費をかけずにやれる方法は無いかと。…どーせコミスタは自分には分不相応だろうし ̄▽ ̄; 

 ところが瓢箪から駒と言うか青天の霹靂と言うか、その分不相応なソフトを手にする事になりましたとさ(笑)(^^ゞ
 …昨日注文した公式マニュアルが無駄にならずに済みそう(笑)^^;

 んで、以前試しに使っては見たけどすぐに諦めた、コミスタEX 4.0体験版を再びインストールして、現物が届くまで練習してみようかと。

 コミスタの機能限定版自体はintuosに元々付いては来ていました。(確かmini) しかしちょっと使ってみてあまりの使えなさにすぐに挫折。当時はデジタルで漫画を描く気は無かったんで、諦めるのも早かったんですね(笑)^^; (今にして思えばトーンの貼り方が解らなくて、徒にレイヤーを作ろうとして行き詰っていたのも原因な様な… ̄▽ ̄;)

 これに比べると体験版の方がもうちょっと使える様です。機能はかなり制限されては居ますが、基本操作は覚えられそうでは有ります。Photoshopよりもペン入れの線がスムーズなのと、トーン貼りが塗りつぶし感覚で簡単に貼れるのは良いですね。(但し体験版は殆ど同じトーンしか貼れないっぽい?)

 それでお試しでざっと下描きから描いてみました…って、元がかなりラフな上にUPしようと思ったら、サイズが非常に小さくなるのは体験版の仕様ですか? ̄▽ ̄; 残念ながらこれが原寸です。しかも完成版ではないし^^;
これでも原寸らしい…
 製品版だともっと融通が利くと思うんだが…流石体験版 ̄▽ ̄; ああ小さいから荒は目立ちませんねぇ(爆)^^;

 使ってみた感じでは心配されたフリーズは起きませんでした。裏でNorton AntiVirusが起動していたのにも関わらず。(更新期限が迫っているついでに、もうすぐウイルスバスターに変えるんで、今までよりもマシンの負担は軽くなる模様。)
 取り敢えずスペック面では一応クリア出来ているみたいですね。後は使い方次第か ̄▽ ̄;




カモカモ日米対決?!
【2009/03/12 08:02】 鳥関係
 北米で見た鳥のリストを作ろうと思ったんですが、モントリオールはバイオドームの飼育個体ばかりで、ちょっと反則な気がする今日この頃。オーストラリアは向こうの鳥だけだったのに対し、熱帯エリアは中南米の鳥ばかりでしたからねぇ ̄▽ ̄; サンフランシスコは全部野鳥だったけど、それだけ挙げてもなぁ。
 見た鳥全部の同定は済んでいますが、私でも馴染みの無い和名の鳥が非常に多くて、薀蓄を語れるか不安だし(笑)^^;、一般の人は勿論、かなり鳥に詳しい人でも意味不明だろうからなぁ ̄▽ ̄;

 …と言う訳で今回は和名に「アメリカ~」が付いている鳥の中で、日本の種類とかなり印象が違う物の比較をしてみます。まあ判り易い例を挙げると、カモ類に限定されてしまうんでタイトルに「カモカモ」と(笑)。

 
 先ずはオシドリ。生憎野生の物は見た事が無いので、上野動物園の個体で申し訳無い。
オシドリ♂♀

羽根の複雑なデザインが絶妙
 この鳥の上品な色彩は日本人の美意識に相応しいですね~´▽` 昔の人が好んで描いたのも納得。

 対するアメリカオシ@バイオドーム
アメリカオシ♂
 …ケバイ…-Д-; 姿は写真で知ってたけど、実物を見てもその考えは変わらず。なんつーか冠羽がナポレオンの兜を髣髴させます。如何にも欧米人向けの仕様かも。

 メスは日本産とあまり変わりは無いんですがね。
アメリカオシ♀

 
 次にヒドリガモ。この鳥はオシドリみたいな派手さは無いですが、オスの赤茶色の首と額の黄色のコントラストが、シンプルながら美しい鳥です。カモ類では一番好きだし。 
ヒドリガモ♂♀
 額の黄色はもっと鮮やかなんだけどな~^^;
額はもっと黄色い

 対するアメリカヒドリ。実は日本にも少数渡って来るそうです。
アメリカヒドリ♂
 うう~ん…頭の白いコガモっぽい感じ?^^; こちらもメスは日本産とあまり変わらず。(ろくな写真が無いので掲載不可^^;)

 因みにコガモはこんな鳥。この鳥も派手ですなぁ。日本各地の冬場に見られます。
コガモ♂
 余談ですが自分が鳥を見に行く某川には、このコガモが一番多いので正直有り難味が無いです^^;
 アメリカコガモはこれと良く似ていますね。ぶっちゃけ「アメリカ」が付こうが付くまいが、あまり差が無い鳥の方が多い様に感じます。ここに挙げた物は極端な例と言えるでしょう。

 しかしその極端な例で比較してみても、日本の鳥の方が配色が上品に感じますし、私はどちらも日本産の方が好きですが、アメリカでは評価が逆かも知れません。

 まあバードウォッチャーたる者、普段見られない鳥が見られたら、それだけで感激する物なんですよね。例えば日本では普通に居るヒヨドリは、海外の鳥好きの羨望の的らしいし、逆に欧米では有り難味も無いホシムクドリが日本では珍しがられますから。
 私も普段見られない鳥が沢山見られると幸せですし(^^ゞ 

 タイトルに「対決」と有りますが、本気で優劣を決める気は有りませんよ?^^; 念の為。

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

金剛番長66話
【2009/03/11 18:50】 アニメ・漫画感想
 電波ジャックして日本番長を名乗る猛。日本の徹底的な破壊の手始めに東京タワーを爆破する訳ですが…あの~東京タワーって関東一円の電波を配信してないかい? その本体を破壊して一体何処から崩れ行くタワーを中継させてるんだろうか? まあこんな日の為に別途配信手段を構築していたんだろうな。

 それ以前にタワー倒壊で周囲の数百棟のビルが崩壊しておきながら1人の死者も出てない(「負傷者は相当数にのぼる」と言ってるだけ)方が気になりますな ̄▽ ̄; あの連続テロだって周囲に多大な被害者が出たし、第一タワー内にも人はそれなりに居た筈だが?

 金剛は兄の暴挙に対する怒りのドサクサで水道管を破壊しただけなのに、消火の役目を果たしたからってそれだけで「助かった!」って…問題はそこだけでは無いでしょうに ̄▽ ̄; だから猛が愛想を尽かすんだよ ̄_ ̄;

 ここまで来て親父が大人しいのは何故なんでしょう。23区計画は元々ブラフで、ダモクレス計画が真の目的なら、民衆に恐怖を植え付ける為のタワー破壊は有り得るんで、裏で親父が絡んでいてもおかしくないんだけど。もしこれが猛の独断ならあの親父が黙っている筈が無いし。

 久し振りにサソリ番長登場!! 以前よりも美人になりおって。彼女が猛の暴挙を止める鍵になるのか?!

【神のみぞ知るセカイ】
 う~ん…金剛番長に引き続きこちらもローゼンメイデン…。ツンキャラの月夜のプライドを守る為に、咄嗟にうろたえる演技力を発揮したり、人形抱えて周囲にドン引きされても屈しない桂馬は、何だかんだ言っても面倒見が良いんですよねぇ。

 親からの連絡を無視し、ルナとの世界だけ守りたい月夜ですが、2回目の抱っこをせがむ所は遂にデレの兆候が見えてますよ(笑)。

 そしてエルシィはまたカレーですかい(笑)。でも今回は桂馬が攻略すると何時まで経っても解決はしそうにない。珍しくエルシィが羽衣さん以外で役に立てる様です(笑)。

 ところで月夜はあれから家に帰って無いだろうし、食事も摂らず(お茶は飲んでるがどうやってお湯を沸かした?)風呂も入らずで平気なんですか?^^; 駆け魂のおかげでその辺は何とも無いのかも知れんけど。

北米探訪(2)~アメリカン航空の印象 その2 ラウンジ編~
【2009/03/08 11:46】 海外旅行
 前回の続きでラウンジの感想。
 AAのラウンジはアドミラルクラブと言います。成田は特に不満は有りませんでしたが、それ故にアメリカ国内のサービスには正直失望しました。入れたのはロサンゼルス・サンフランシスコ・シカゴの3箇所でしたが、モントリオールやダラスも似た様な物だったと思われます。

 成田のAAラウンジは和風なデザインが良いですね。玄関からも何気に漂う雅なオーラ。
成田AAラウンジ玄関
 壁に浮世絵等が飾られ屏風も展示されています。
成田AAラウンジは和風なデザイン
 壁に時差時計付きのセルフサービスのミニバー。アルコール含む各種ドリンク飲み放題。軽食も用意されています。
成田AAラウンジ内ミニバー
 今まで利用したラウンジ、特に国際便はこれ位のレベルと思っていましたよ。

 …ところがアメリカ内部のラウンジと言ったら… ̄З ̄; デザイン自体はは何処も落ち着いた雰囲気で良かったのですが…。(カンタスはかなりシンプルだったとの対照的)
 アルコールは1杯のみ無料で、基本バーテンダーに言わないと出て来ないんですね。

 しかも食べ物はミックススナック(大きな容器に入ってレバーを回して下からカップで取る)か、小さなマフィン程度。シカゴでは弁当類も有ったけど全て有料。せめてサンドウィッチ位は置いてても罰は当たるまいに ̄▽ ̄;
 *ファーストクラスやOne Worldの上級会員はもっと優遇されているのだろうか??

 機体の塗装費用を大幅にケチっている事と言い、AAはかなりの経費削減を強いられているのだと実感しましたね。 

 ロスで飲んだメキシコのコロナビール。ライムを搾って飲むと爽やかな風味は好印象。
コロナビール

 サンフランシスコに至ってはアルコールはもとより、有料の瓶入り飲料ばっかり!! ただなのはセルフサービスのコーヒー・紅茶・水…と一部ジュース位と言う、知ってる範囲でケチ度ナンバーワンです ̄З ̄; 規模が余所よりも小さかった事も原因か??
サンフランシスコ国内線ラウンジ

 シカゴラウンジ。ここだけはアルコールの注文を聞いて持って来てくれました。
シカゴラウンジ(国内・国外共通?)
 シカゴのカウンターバー。楕円形のテーブルを囲む様に座って飲めます。 
シカゴラウンジのカウンターバー
 シカゴでは2つ在る内の広い方に入ったんですが、面積的には数在るラウンジでも最大級と思われます。
 

 時間の関係で帰りはラウンジを使う余裕無…と言うかモントリオール空港に関しては、それ以前に手続きに異常な時間がかかって、トイレに行く暇すら無かったという(ノ# ̄□)ノ
 これについては機会が有ったら報告(文句とも言う)するでしょう。

 アメリカが経済危機を脱したら、AAのサービスももう少しマシに…なるんですかね? ̄▽ ̄;

北米探訪(1)~アメリカン航空の印象 その1~
【2009/03/07 12:27】 海外旅行
 今回から不定期に北米の土産話を取り上げます。サンフランシスコは以前も紹介しているから、モントリオールが主体になるでしょう。
 しかし先ずは今回利用し捲くる事になったアメリカン航空(AA)の印象について。

 機内サービスの全体的な感想は可も無く不可も無くって所ですね。CAの年齢は高目だったけど、話しに聞いていた様な奇天烈なお方に遭遇する事も無く、態度も特に横柄だったとか嫌な印象も無。
 心配していた荷物の件もちゃんと積み込んでくれてて、寧ろ出て来るのが異常に速くて驚いた位(笑)^^; ただ、帰りの便で勝手に荷物を開けられ(セキュリティ的に仕方無いが)、無理矢理詰め込まれたせいか、土産のメープルシロップが1瓶破損していたのは残念 ̄_ ̄;
 *既にモントリオール滞在中に、ぶつけて破損していた可能性も有り(ダンナ談)…らしいので、AAの責任とは言えないかも知れませんが。

 機内食については日本人の好みに合わせて有るのか、ボリューム味ももいたって普通でした。
 暗さのせいで写りが悪くて恐縮だけど、最初に出た機内食の内容。
最初に出た機内食
 シーフードパスタにサラダ、海老と稲荷寿司(別に乾燥はしていなかった^^;)、パン、デザートにクルミ?のタルト、それとカップに入った水。
 
 パスタにはちゃんと大ぶりの海老とホタテが入っていました。
機内食 シーフードパスタ
 ちょっと気になったのはフィンエアーでも見かけたカップの水。国際便はボトルのミネラルウォーターを配る物と思っていたんだけど、AAは最後までこのカップ水のみ。(ファースト・ビジネスクラスは違うかも) フィンエアーでは別途ボトルも配っていたし、ギャレーで勝手にソフトドリンクも飲めたんだけどね。

 それと事前情報通りエコノミーでのアルコールは有料でした。まあアメリカもカナダも公共の場での飲酒は厳禁だし、基本酒はあまり飲む物ではないと言う考えの国なので、この有料化も致し方無いのかも知れんのですが。

 後、日本同様アメリカ国内便ではエコノミーは飲み物だけですが(ファーストクラスでは機内食が有るらしい)、アメリカ~カナダ便も実質国内便扱いの為、変わりません。流石にフライト時間が長いと2回出ますね。(入国審査等々、国際便としての手続きは別途有りますが、詳細はまたの機会に)
 …なので事前に食糧を調達しておくか、到着まで我慢するか、或いは機内で売ってる軽食を買うか…しか有りません。

 個人的にはラウンジのケチッぷりの方が気になりましたが、長くなるんで次回に続きます。


 そう言えばAAの機体はこんなシンプルなデザインですけど、塗装の経費をかなり削減しているからシンプルと言う噂も(笑)^^; 
AA2 B777
 上の写真では白い塗装が有りますが、この白までケチって本体の銀色が剥き出しな機体の方が増えてるみたい ̄▽ ̄;こんな機体ばかりに乗った記憶が…^^;
AAの銀色剥きだし機体

 尾翼のマークはアメリカの国鳥・ハクトウワシ。
AA尾翼@ロス マークのデザインに注目
 写真では白い塗装が有りますが、この白までケチって本体の銀色が剥き出しな機体の方が増えてるみたい ̄▽ ̄; 昔のデザインの写真はここの60年代に有ります。
 因みに子会社のアメリカンイーグルの機体には逆にAAのマークが入っていない上に、色が若干違いますね。
 尚、イーグル航空自体は別に存在するそうです。



テーマ:アメリカ合衆国 - ジャンル:海外情報

北米で見たばんえい的な物達
【2009/03/05 20:39】 ばんえい競馬
 北米の土産話をしなくては…と思いつつも、写真の整理が終っていない上に内容が纏まらないので、取り敢えずさくっとやれるネタを。

 内容的にはばんえい競馬に特化している為、カテゴリはそちらにしておきます。

 先ずはサンフランシスコのベトナム料理店で飲んだ“33”と言う銘柄のビール。
33ビール
 ラベルの隅にこんな記載が。
BAM'BAって一体?!
 “BA M’BA”に注目(笑)。どうやら輸入業者の名前らしいですね。
 ここで食べたフォー(ビーフンのスープみたいな物)等の感想は本来のカテゴリでその内紹介予定。

 次にモントリオールのボンスクール・マーケットと言う所で見た看板。
ボンスクール・マーケットにて
 欧米にはこれ程ばんえいの原型が健在にも関わらず、何故日本でしかばんえい競馬が無いんだろうなぁ。繋駕速歩は結構盛んなのに。

 最後に帰国日の上空12000mから撮影した帯広競馬場。(左の白っぽい部分)
高度12000mからの帯広競馬場(左)
 十勝上空をモロに通過したからもしやと思ったら…。飛行機が1時間遅れたので丁度メインレースやってる時間でしたな。


 そう言えば西謙一騎手が2日に挙式だったとの事でおめでとうございます。同期の舩山騎手も頑張って下さい^^; 
 今更の話ですけど長澤騎手は凄いね~!! デビュー戦でいきなり勝った新人は過去にも居たらしいけど、これ程順調に勝ち星を挙げていくとは。

 
 ではでは普通(?)の土産話は「海外旅行」と「鳥関係」で随時やります(^^ゞ

金剛番長65話(+64話)
【2009/03/04 19:35】 アニメ・漫画感想
 創刊号トリビュートな表紙はこの御時勢にかえって新鮮ですね。しかし右下の命医は手塚治虫に失礼では無いのか?!(笑)^^;

 憲兵vs居合&王狼の対決よりも、MHKの番組を優先する文学番長には笑った。憲兵自身はイカれっぷりがどうにも感情移入出来ません。と言うか居合との絡みが腐女子臭くて受け付けないんですわ。後、「金糸雀」と言う名の万能ナイフの名称に、某ローゼンメイデンを思い出した人も多そう(笑)^^;

 居合番長と憲兵番長とは兄弟弟子の関係だったと。居合の躊躇は師匠?を憲兵に殺されたせいの様ですが、その躊躇が命取りになりました。(でも川に落ちたし番長だし、すっかり眼も治ってるし(笑)、復活するに違いない)
 しかしウルフファングの連中の使い捨てっぷりは容赦ないですな^^; 所詮読者募集のキャラなんて、せいぜい出して貰っただけでも有り難い…いや、憲兵と文学も募集番長だった筈で、この差は一体 ̄▽ ̄; イロモノとベタの違い?

 23区計画の全面凍結。まあ最初に文学が登場した回で、猛が思いっきり黒幕と判っていたし、要は代わりにダモクレス計画始動って事なんでしょう? 今回のラストでそれが確定したと。
 猛は親父に服従している振りして、実は自分が日本を支配したいんですかね。母親大好きな彼だから、それが唯一の母への供養と思い込んでるとか。

 あの墓前で泣いていた母友の想いを知って、彼が改心する…なんて展開は無いんだろうなぁ。母の件にしたって「猛が民衆を憎む理由」の為だけに、「育児放棄して単身戦地に向かい、幼い我が子をその危険地帯に態々呼び寄せる」だの、「商店街の連中の両極端な態度」だの、「マスコミの理不尽な叩き様」だの、全ての矛盾そっちのけでやってしまう作者ですからねぇ。
 1人の看護士(多分)しか援助する人が居なかったのなら、母の死後リタの国は壊滅したかもね。(リタが国を救う為に番長になって来日する…なんて展開も面白かったかも知れ無いけど。)


【神のみぞ知るセカイ】
 FLAG42:エルシィのへっぽこぶり極まれり(笑)^^; 駆け魂隊は皆が憧れる人気の部署ではなく、万年人手不足だそうで…自衛隊みたいな物か^^;
 確かにエルシィはへっぽこだけど、駆け魂7匹回収は素晴しい成績な訳で。結果良ければ普段の生活なんて関係有るまいに。…いや、実際はバディーをこき使っているのではなく、桂馬1人の成果なんだけど、その前の純ちゃんの駆け魂もあんな状況でありながらしっかり捕まえていたんだし。ハクアよりも拘留は上手いぞ、明らかに。
 大体桂馬との契約自体報酬も何も知らされず詐欺同然ですからね。駆け魂を逃がしたハクアの首も飛ばなかったし、一度失敗したら死ぬって事は無さそう。
 まあ「知的」と称する新悪魔達も、この某EVAのゼーレみたいな報告会を見る限り、全体的にかなりへっぽこな気はしますよ?(笑)^^; エルシィは別格だろうけど ̄▽ ̄;

 FLAG43:よっきゅんの良さが解りません、神にーさま(笑)^^; 確かに絵は下手糞だけど性格等が完璧なんだろう…多分。傍から見るとキモイだけとは言え ̄▽ ̄;
 そんなキモイモード全開の桂馬は、美しさを追及する月夜と「自分の世界に引き篭もる」点では似た者では有りますね。
 カレー呪いをかける前のエルシィの眼は、前回に引き続き本気モードなんですが、月夜が小さくなったのは駆け魂のせいなんでしょうね。一体どう言う理由かは未だ解らんけど。


 ところでヤングサンデーの後継月刊誌の情報が解禁されました。てっきりサンデー超リニューアル版がそれかと思ったら別の雑誌との事。しかもクラブサンデーと称して大々的にWEB展開もする模様。…これってただでさえろくに居ない人材を食い潰し合ってるだけでは無いですかね。
 月刊少年サンデーがゲッサンってのもダサいけど、あちらは未だあだち充等のベテランを起用するだけのウリが有るのに対し、サンデー超とクラブサンデーは微妙なラインナップばかりだし。今までの受身態度から攻めに転じるのは良いけど、どれも長続きしない様な気が ̄▽ ̄;   

カナダからの帰還
【2009/03/02 00:07】 海外旅行
 今日(もう昨日だね)予定通り無事に帰って来ました。(帰国自体は前日ですが例によって当日に帰れる便が無かった為)

 モントリオールの印象は思ったよりも寒く無かった事。まあ寒い事は寒いんですが、湿度は高いはずなのに粉雪で案外凍結していなかった上に、段々融けてきて帰る前日辺りには道路がドロドロになって、ズボンや靴が泥撥ねで汚れて困った位^^; 最高気温が+6℃位まで上がりましたかね。しかし帰った翌日には再び-12℃位に冷え込んだらしいです。まあ自分が行ってる間に支障が無くて良かったぜ(笑)^^;

 「第二のパリ」と言われるだけ有って表示はフランス語が基本。フィンランド語みたいに全く違って来ると興味も湧いて来るが、中途半端に英語っぽいんで(色々違うけど)新たに覚えた言葉は殆ど無かった様な ̄▽ ̄;

 高層ビルとヨーロッパ風の古風な建物が普通に混在する様は、ちょっとブリスベンを髣髴させますね。(歴史は違うけど) しかも各地に教会や聖堂が在る辺り、敬虔なクリスチャンの多さを思わせます。

 フィンランド同様もっと暖かい時期に来ていたら、印象も違ったろうに折角の公園やら名所が雪に埋もれがちだったのは残念。後、鳥的にはサンフランシスコが大当たりだった半面、ドバトばかりだったのには興醒め-Д-; (バイオドームは色々と当りでしたけどね)

 帰ったばかりで疲れているのとダンナの誕生日祝いが重なった為、詳しい話はまた後日改めて~。




サイドメニュー ×
メニューA  メニューB