のよのよ in Zの悲劇?!
鳥全般・海外旅行・ばんえい競馬・アニメ&漫画etc.…ニッチな情報提供も目指します。

最近の記事 ×

プロフィール ×

Pin

Author:Pin
出身:福岡県。長年住んだ出雲から佐賀へ移住の白衣好き主婦。
趣味:同人活動ではハーロックに原点回帰。(他にナノセイバー・恐竜惑星・ジーンダイバー)、ばんえい競馬、鳥関係全般、(科学者用)白衣等々。海外に行った時は旅行ネタ多目。


カテゴリー ×

月別アーカイブ ×

最近のコメント ×

最近のトラックバック ×

FC2カウンター ×

カレンダー ×
12 | 2010/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


ドイツ・ヘルシンキ旅行(一応最終回)
【2010/01/30 20:05】 海外旅行
 去年の9月に行った筈のドイツ・ヘルシンキ旅行でしたが、ただでさえ遅れがちなのに余計に遅れる事態が発生して、やっとこさ取り敢えず今回が最終回です。

 詳細はこれまでの記事を読んで頂くとして総括としては

・ドイツ:自然史博物館の一般公開をもっと充実させろ!!(ノ# ̄□)ノ もう蕁麻疹はゴメンだ!!
・ヘルシンキ:乗り継ぎの穴埋めでなく何時かちゃんと観光したい


 ってのが正直な感想。個人的にはフィンランドがツボ過ぎて、ドイツの印象が薄れてしまいましたが、ドイツと言えばハーロック@松本零士の故郷。気分はわが青春のアルカディア~と、以降脳内では彼の勇姿が駆け巡る、実は永年のファンと言う事を実感中です。
 アルカディア号と一緒のハーロックの図(何か違う(笑))。
アルカディア号パドック周回中?(笑)

 さて、今回もフィンエアーを利用した訳ですが、2007年の時よりも機体が新しくなってまして、航空案内もグレードアップしていたのが興味深かったです。
 各座席にTVが付く様になり個人での操作が可能。フライト情報も3DCGアニメ化してますよ。これはいよいよ日本本土を発つ所の映像。
フィンエアーの航空案内が3DCGに
 以前はこんな画像が共有のモニターで映ってただけなのにねぇ…。
フィンエアーの旧型機の航空案内
 情報メニューの日本語案内。「事実」って何だろう?^^; え~とフィンエアーの歴史関係だったかな?
事実って何よ?(笑)
 確かにヘルプは「助け」だけど何故ヘルプと助けが混じるんだ?^^;
助けはHELPと解るけど…
 これを見て行くと各種機能の操作方法が出て来ますが頁を追って行くと…。
日本語訳を諦めた模様^^;
 和訳を諦めた様です(笑)^^; ああそう言えばGoogle通訳でスウェーデン語を和訳したらフィンランド語になったよなぁ≧▽≦ノシ(それフィンエアーのせいでは無いから)

 さて、そんなドイツ&フィンランドの家族&我が家用土産の数々。
土産その1
 この写真の戦利品はヴァイスヴルスト(白ソーセージ)以外は全部フィンランドの物です(笑)。だから事前に言ったでしょ? ドイツに行くってのに気分はフィンランドだったって(笑)^^;
 コスケンコルヴァは今回3本(+1本土産用)購入。例のブルーベリー香料入りと60度の奴の2種類。ドイツビールは瓶が凝っていてこれはこれで気になったけど、コスケンコルヴァを買うと免税の本数を超える為、止む無く見送りました。

 こちらは家族用土産を兼ねたドイツのジャム。
ドイツのユニークなジャム達
 左から苺の一種・杏…は良いとして右の奴が斬新。何とサクランボ・桃・パッションフルーツのジャムなのです。サクランボと桃なら未だしも、パッションフルーツを入れるなんて発想、日本人には出来ませんよ^^; 家族には外れの無い様に苺と杏を渡して、残りの斬新な奴が我が家に現存しています。

 お味は…と言いたいけど、実はコスケンコルヴァ以外は開けていません。ヴァイスヴルスト位結婚記念日に食べる予定が、何時もの様にステーキを焼いた為、一体何時になったら賞味するのかさっぱり^^; だってフィンランドの戦利品は全部値上げしてたし、今度何時買えるか判らないから勿体無いんだもん-Д-;
 暑くなる前にFazerのチョコは食べないといけませんねぇ~。そう言えば前回のGeishaチョコがずっと冷蔵庫に入ったままでした。


 と言う訳でここまでお付き合い下さいまして有難うございました。…まあ海外ネタは他にも書きそびれた物が色々有るし、気が向いた時に不定期に掲載すると思いますからお楽しみに~。

ちょっとヘルシンキ(5)~隣国バイリンガル~
【2010/01/29 20:24】 海外旅行
 ここではフィンランド語とスウェーデン語に違いについて語りますが、別に文法とか小難しい話をする訳では有りません。大体フィンランド語はちょっと齧ったけど、スウェーデン語は全く解らんし^^; 

 フィンランドはスウェーデンの支配下に有った関係で、今でも普通に2ヶ国語で表示されます。この2つの言語、とても隣国とは思えない位の違いに驚きます。(因みにFinlandはスウェーデン語)
 前にも載せたけど「地下鉄ヘルシンキ中央駅」の駅名表。(左:フィンランド語 右:スウェーデン語)
地下鉄ヘルシンキ中央駅駅名表
 Google翻訳でJärnvägstorgetを訳してみたら、途中までは「鉄道」とか「ビッグトレイン」だったのに、最後にRautatientori(鉄道広場)と出やがった!!(笑)何で日本語訳の答えがフィンランド語なんですか(笑)?! そんなに私を笑わせたいのか?!≧▽≦ノシ
 面白いからキャプチャして載せてやる(笑)。

スウェーデン語を和訳したらフィンランド語になった(笑)

 閑話休題。日本人にとって馴染の無い単語ばかりのフィンランド語に比べると、スウェーデン語はしばしば英語やドイツ語っぽい単語が見られます。それもその筈スウェーデン語は英語や独語と同じインド・ヨーロッパ語族に属すのに対し、フィンランド語は全く違うウラル・アルタイ語族だからです。
 しかも北欧言語(アイスランドを含む)の内、フィンランド語以外は全部インド・ヨーロッパ語族 ゲルマン語派 北ゲルマン語群で非常に近い関係に有ります。

 何故フィンランド語だけが例外なのかさっぱり解りません^^; 通貨も他は~クローナ(クローネ)なのにフィンランドだけがマルッカで、今では北欧唯一ユーロが導入されてるし。(おかげでドイツで二重に両替せずに済んだが) この孤高振りがスウェーデンやロシアに目を付けられる原因になったんですかね? ̄▽ ̄;


 さて、この2つの言語がどんなに違うか実際に比べて見ましょう。

 先ずヴァンター空港からヘルシンキに行く為に、連絡バスに乗るとこんな表示がお出迎え。
 フィンランド語版。
「良い旅を!」フィンランド語版
 スウェーデン語版。
「良い旅を!」スウェーデン語版
 これはどちらも“Have a nice trip!(良い旅を!/行ってらっしゃい!)”と言う意味。下の“Trevlig”がTravelに見えて、何だか英語っぽい?と思ったけど、単に「素敵な」と言う意味だったぜ!!(笑)^^;

 停車したい時は停車ボタンを押すのですが、これまた全く違うんですよね~。
 フィンランド語版。
STOP@フィンランド語
 スウェーデン語版。
STOP@スウェーデン語
 同じSTOPでこんなに違いますが、態々覚えなくても感覚で解ります(笑)。

 スウェーデン語って英語っぽい?と特に感じたのがトラムのこの電停。どちらも「学生会館(Student House)」の意味なんですが…。
 フィンランド語版。
「学生会館」フィンランド語版
 スウェーデン語版。
「学生会館」スウェーデン語版
 ね?スウェーデン語表記はは殆ど英語でしょ? 私は初めて覚えたフィンランド語がYliopisto(大学)だったから、寧ろこっちの方がすぐに意味が解ったけど(^^ゞ

 ついでにちょっと切れてますが空港の表記。
空港行きの看板
 フィンランド語がLentoasemaなのに対し、スウェーデン語はFlygstationで、英語で言えばFly Station(実際はAirport)に非常に近い。

 まあこんな風に比較してみると結構面白く感じますよ?…と言う話。

 次回取り敢えずいい加減最終回。戦利品達について。

 

テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

ちょっとヘルシンキ(4)~公衆トイレ事情~
【2010/01/28 00:04】 海外旅行
 以前語ったフィンランドのトイレ事情についての続報。お食事中の方は閲覧に御注意願います。

 日本は世界的にも水に恵まれた国です。生水が飲めて大抵のトイレが無料な国は珍しいでしょうね。(ドイツは案外トイレに困らなかったけど、代わりに某駅の無料トイレの汚さに閉口した-Д-;) 
 しかしフィンランドは水が豊富なくせに、トイレに関しては非常に不親切です。デパートですら大抵€0.3~1はかかります。

 更に有料の癖に無茶苦茶使い辛い。これは地下鉄Ruoholahtiの€0.3のトイレですが、こんな風に便座が在れば未だ良い方です。しかもやたらを狭くてろくに体を動かせない。
地下鉄駅の有料トイレ
 向かって右側のボタンは洗浄用と手洗い用で、見ればどちらがそうかはすぐに解ります。しかし手洗い用は壁から水が便器に流れ落ちる仕様なので、便座に座ったままでは濡れるから洗えません^^;

 もっとも一度お金を払ってしまえば、ドアを閉めてしまわない限り連続で使えるので、連れが居る時は1人分で事足ります(笑)。

 ヘルシンキ内で無料トイレで有名なのは、アカデミア書店とマーケット市場の物でしょう。アカデミア書店は生憎未だ縁が有りませんが、前回撮りそびれたマーケット市場のトイレはこんなのです。
マーケット市場のトイレ
 実は向かって右は有料(€0.5)で車椅子使用可。無料なのは左の方です。(余談ですがオウル駅の障碍者用トイレは無料)上のランプが緑=空き(赤=使用中)なのを確認し、ドアの取っ手の横のボタンを押して入ります。(赤の矢印参照)
トイレのボタンはここ
 中はやっぱり狭苦しい-Д-; しかもこちらは便座が無いから便器に填まらない様に、両手で体を支えないと使えません。手を怪我している人は使えんだろう? だったら隣の有料を使えと?
そのトイレの中
 さて、このトイレ要注意なのはドアを閉めると勝手に鍵がかかる事です。開けるのは中からと言う事を前提に設計して有るので、例えば出た後で忘れ物に気づいたりして、うっかり外から閉めるとドアが開かなくなるのです。

 それを知らずにやっちまったよ…∑( ̄□ ̄Ⅲ;) ううゴメンよ…私のせいで有料の方を使わせてしまって^^; 何処に言ったら良いかも解らなかったし。しかし結構こう言う事は日常に有るのか、その内ちゃんと元に戻っておりました ̄▽ ̄;

 こんな不便なトイレはゴメンだ!!と言う方は、素直にアカデミア書店かストックマンに行きましょう^^;
 

 最後に空港ラウンジのマトモなトイレの中。何故フィンランドの(マトモな)トイレはもれなくシャワーが付いているんでしょう?
何故フィンランドのトイレにはシャワーが有るのか?
 便器の洗浄用らしいですが。


 さて、次回は簡単?!スウェーデン語とフィンランド語の違いについて。

テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

ちょっとヘルシンキ(3)~トラムに乗ろう~
【2010/01/26 00:05】 海外旅行
 ヘルシンキ観光に欠かせないのがトラム3番。これに乗って外を見るだけで何ちゃってヘルシンキが味わえる優れ物です。以前は北半分時計回りを3T、反時計回りを3Bと呼んでいましたが、2009年3月に一部路線の変更と共に下の様途中から系統番号を変える様になりました。
トラム新旧比較図
 *因みに新の方はスゥエーデン語版しか無かったので電停の表記が一部違います。

 さて、前回地下鉄Hakaniemiで降りた所まで紹介した通り、ここからトラム3Bに乗る事にしました。
 ハカニエミでやたら目立つこの建物は一体何でしょう??
ハカニエミで目立つ建物
 OXYGENOLで検索すると歯磨き粉が引っ掛かるんですけど^^; そんな名前のバンドも居る様だし??

 ハカニエミは市役所前のマーケット市場(Kauppatori)同様、市場が有名でアジア系の食材も有るとか。
ハカニエミ市場
 さて3Bのトラムに乗り込みましょう。今回は広電グリーンムーバー低床車を見る機会が多かったですね。
ハカニエミ電停
 前回は車内から遠巻きに見ただけのオリンピック公園を一目見ようと、最北のEläintarha(動物園)で降ります。実は3Tと3Bはここで切り替わるのです。(「動物園」と言いながらも移転した?)
ここで3Tと3Bが入れ替わる
 ここは7番の乗り換えも出来ます。
トラム7番電停
 3Tと7番のトラムを見ながら隣のAuroran sairaalaまで歩きます。実はオリンピック公園はこちらが最寄なのです。手前で降りたのは単に系統の切り替わりを見る為と言う「鉄」な理由です(笑)。
 
 オリンピックスタジアム。う~ん…ミュンヘンよりは狭苦しい感じですね。いやミュンヘンが広過ぎるのだが。
オリンピックスタジアム
 因みにミュンヘンのスタジアムの入場料は€2でしたが、手前の自販機のコーラが500ml€2.5で、コーラの方が高いのかよ?!(ノ# ̄□)ノと驚いた物でした ̄▽ ̄; 
 中に入る時間も無いので傍を通ったまま、次の目的地シベリウス公園に向かう為、本数が多い隣のKansaneläkelaitosまで歩きます。

 この電停付近路線工事中で一見電車が走れない様に感じますが、電車は線路の工事中の板を倒しながら、何事も無いよーに走ってます(笑)。
工事中でもお構いなく

 シベリウス公園の最寄電停は3TのTöölöntori(トゥーロントリ)ですが、結構電停から離れていてちょっと解り難い所に有ります。しかも3Tでなく4番に乗っちゃったから、違う電停で降りる羽目になったと言う^^;

 手持ちの大雑把な地図を元に公園に向かうが、道に迷いかけてちょっと焦りましたが、代わりに面白い物を発見。
店名が「梅酒」(笑)
 チョーヤの梅酒店。日本語で「梅酒」と書いてるし~。
本当に「梅酒」と書いてある
 行く途中もカモメを見たりズキンガラスを見たりカササギを見たりしながら、漸くシベリウス公園に着きます。そしてイエスズメも見る。
シベリウス公園のモニュメント
 ここの見所はパイプのモニュメントとシベリウスを模した頭のレリーフ。
シベリウスの頭(笑)
 何故か私はこの頭が巨大と思い込んでいたのですが実物大程度です。こんなもん?とちょっと拍子抜けしたので、その後は専ら鳥の写真を撮っておりました。

 電停に向かっていたら丁度出庫に出くわしてしまいました。
トラム出庫中
 そう言えばこの辺りにトラム博物館が在るそうです。何時かヘルシンキをゆっくり回る機会が有ったら行ってみたいですね。

 その後10番で街中に戻りましたが、クリスマスの頃にはあんなに賑わった、エスプラナーディ広場も平日はまったりですね。
まったりエスプラナーディ
 お約束の市役所記念写真(笑)。
例によって市役所と市長(笑)
 カモメの写真を撮った後、3番の南側に乗りましたが海側と反対側の座席しか空いていなかった為、いまいち写真が撮れず。
シリヤライン
 シリヤラインは乗る機会は無さそうだな~^^;

 中央駅にも行ったけど長くなるから割愛。そうこうしている内に空港バスの出発時間が迫って来ました。以前も述べましたが空港バスは暫くトラムと併走し、最も遠くまで付き合うのが1番です。
街路樹の中を走る1番
 この電停を最後に1番は右に曲がって行きます。
空港バスとお別れ

 前回は3Tしか乗れませんでしたが、今回は地下鉄を優先した為、前とはまた違った新鮮さが味わえました。VR(フィンランド国鉄)に乗る機会が有ったら更に新鮮に感じるでしょうね。


 と言う訳で駆け足でしたがトラムの話は取り敢えずここまで。次回は或る意味かなり重要な公衆トイレについて語ります。



車庫といえば「浮雲」
こんばんは。
カウリスマキの暗い映画が最近面白いと感じるredrumでございます。

「OXYGENOL」の建物は、ハカニエミの屋内マーケットですね。
下は食材屋さんで、上は雑貨関係ですかね?
確かマリメッコの生地屋さんもありました。

3Tの系統変更には驚きました。
また一周してこないと(笑)

低床車は、それはそれでスタイリッシュなのですが、やっぱり板張りの古い車両がいいなあと思ってしまう僕です(爆)
【2010/01/27 19:23】 URL | redrum #5fmHXfk. [ 編集]
ミカさんとアキさん
>redrumさん
 映画に疎いので名前は知りませんでしたが「浮雲」は聞いた記憶が…?

>「OXYGENOL」
 謎が解けました。有難うございます。オウルにも屋内マーケットが在ったのですが、あそこも1階が食材2階が雑貨系で、しかもマリメッコの生地を売ってるとか。生憎未だ中に入った事は無いんですが。

 3Tの系統変更は地元民以外には案外知られてないのかも知れませんね。路線も一部変わってカンッピ経由になってるので、機会が有ったら旧路線も散策しては如何でしょう?

 旧車両は配色が日本っぽくてこれはこれで懐かしい気分になりますよね♪
【2010/01/27 22:27】 URL | Pin@管理人 #j3GclXO2 [ 編集]

テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

追悼・ミサイルテンリュウ
【2010/01/23 19:33】 ばんえい競馬
 そもそもミサイルテンリュウとはどんな馬だったのでしょう。
最初に障害を越える@岩見沢記念(H.19.9.30)
 彼を語る人の多くは「障害巧者」「一気に障害を登って駆け抜ける姿に感動」「あんなにひたむきに第二障害に挑む馬は居なかった」と評価しています。
 確かに障害を越えるのは上手いのですが、ゴール前でいきなり脚を失くす事もしばしば。真っ先に第二障害を降りたのにゴール寸前で差されて、「あ~ミサイル止まったぁぁぁ~!!」と井馬さんに言われたり^^; 写真はH.21.3.29のばんえい記念ですが、この時点ではトモエパワーと良い勝負に見えたのに、最後カネサブラックにまで抜かれるとは…。
トモエパワーと競っていたのだが…
 個人的にはトモエパワーのライバルと言う印象も強かったのに、結局ばんえい記念でミサイルがトモエに勝つ事は有りませんでした。

 …何だかミサキスーパーと似て居ますね。あの馬もスーパーペガサスのライバルで有りながら、ばんえい記念でペガサスに勝つ事無く、それを最後に長期休養に入って亡くなりましたから。
 そう言えばこの3頭、全部ヒカルテンリュウ産駒でした。3頭共全体的に真面目な印象が強いのは父親譲りなのでしょうか。(写真はミサキスーパー@H.19.3.25ばんえい記念)
この馬も忘れてはいけない
 しかし皆10歳前後で亡くなっています。ばんえい記念が過酷なレースである事には変わり有りませんが、出走した馬が全部早死にしている訳では有りません。アキバオーショウ・ウンカイ・イケダガッツ達は、何かしら愉快なエピソードが有って今も元気ですから。人も馬も真面目過ぎるのは寿命を縮める様に思います。彼等兄弟は真面目過ぎて魂を余計に削ってしまったのかも知れませんね。(ミサキスーパーは少数の産駒を残した事が唯一の救いでしょうか) 

 ところでミサイルの出走履歴を見ていて、或る馬が目に止まりました。
もう1頭のライバル・シンエイキンカイ
シンエイキンカイ。彼の訃報は以前語りましたが、キンカイは現役中に急死したのでショックも大きかったですね。彼もミサイルのライバルと言える存在でした。

 折角なのでもう少しミサイルの写真を載せておきます。

 H.19.9.30の岩見沢記念にて。
岩見沢記念(H.19.9.30)のミサイル
 サダエリコと並んでスタート。
岩見沢記念スタート(隣はサダエリコ)
 H.19.3.25のばんえい記念。
H.19.3.25ばんえい記念のミサイル
 同じばんえい記念でも最後に出走した時の物。金色の花模様が奇麗ですね。
ミサイルテンリュウUP
 今度ばんえい記念を観に行けてももう彼の姿を見る事は出来ない…。

 最後に彼等名馬の訃報は悲しい事ですが、それを公表しない事には不満を覚えますね。ミサイルの場合2ヶ月近く伏せられていたのですから。確かスーパーペガサスの時は、期待された最強名馬を救えなかったショックが大きくて、公表するのが辛かったと聞きました。関係者の心痛は解らなくも無いですが、せめて重賞を制した名馬達の情報は或る程度小まめに教えて頂きたいです。

 死んだ事を隠さずにファンにも知らせる。そしてファン共々悲しむ。それが名馬達への供養にもなる様に思います。

 …遺品になった蹄鉄が哀しい…。
遺品になったミサイルの蹄鉄

追悼・ミサイルテンリュウ(暫定版)
【2010/01/22 19:00】 ばんえい競馬
 ミサイルテンリュウの訃報を聞いたのは1/19の事。一般のファンはこの日の勝毎や森田先生のブログで知ったと思いますが、実は去年の11/28に死亡していたとは…。

 ばんえい関係の訃報は何度か取り上げて来ましたが、彼の追悼記事を書くべきか否かは随分躊躇いました。自分の母が元旦に倒れたのに始まり、相次ぐ有名な方の急逝や、ハイチ大地震や阪神大震災15年等、年明け早々暗いニュースが多過ぎて、気分が滅入っているってのも有りまして。

 しかも森田先生の文章が切な過ぎて、私なんぞが語るのもおこがましい気がした為、ちょっと冷却期間を置きたかったのです。

 その間写真や出走履歴をチェックして、漸く自分なりに語れる事が固まって来た様に思います。結構長くなりそうですが今全部書き上げる余裕は無いので、取り敢えず今回は予告編と言う事で御勘弁下さい。

ミサイルテンリュウ@ばんえい記念
 訃報を聞いた時は驚いたけど、時間を置くとジワジワ来ますね…。

母親、転院(…多分)
【2010/01/19 17:07】 日常・雑談
 今日リハビリ病院に転院したらしいです。とは言え数日前に妹からそう聞いただけで、詳細は未だに知らされていないんですよね。父は倒れた時こそ電話して来たけど、その後一般病棟に移った時も知らせてくれなかったし。この時も妹から知らされてから、自分が父に電話して聞いたんですよね。実は父は妹に伝言していたのに、妹が私に知らせるのを忘れていたと言う…。おかげで「未だ集中治療室から出られないのか?!」と、余計に悶々としたもんでした。

 まあ便りの無いのは良い便りって事で緊急性は無い筈ですけど、暫く様子を見て連絡が無かったら改めて自分から聞こうと思います。

 当初今日辺りから手伝いに帰省する話も有りましたが、現時点では義弟が1ヶ月出張する3/8~3/15頃に、基本妹の子供達の面倒を見る為に帰る予定になっています。帰ったらすぐに台北や他に用事が立て続けに控えている為、3月は半分位不在になりそう。その間更新や連絡は期待しないで下さい。

 家族が入院すると心身共にダメージを受ける物。母本人や実際に世話する父や、育児の負担が増している妹に比べると、私の方がはるかにマシなのは解ってても、あれからしょっちゅう頭痛・吐き気・胸痛だのの変調が出ているし、精神的にも暗い考えに支配されそうでちょっとヤバイ。

 ネットで不特定多数に鬱憤をブチ撒けるのは好ましくないとも思うので、暴言を吐きたくなる気分を何とか別の方向で発散させたい物ですね。励ましのお言葉を下さった方々、有難うございました。


 ところで同じ境遇に有りながら同情してしまう人と、ムカつく人が出るのは何故でしょうね?…個人的には「私は何て可哀想」オーラを出すか否かと思ってます。(不幸な筈なのに愚痴も言わず頑張ってる人は応援したくなる)

 ネットで暴言を吐いたり思わせぶりな態度を取りながら、いざ否定されると「自分のサイト(ブログ)だから何を言っても自分の勝手だろ?!(ノ# ̄□)ノ 私はここでしか愚痴を吐けないんだから!!」と、逆ギレする人を結構見かけるんだな、これが。
 人を平気で傷つける事には鈍感なくせに、自分が傷つけられる事には敏感。そう言う輩を被害者面した加害者と呼び、私が最も嫌うタイプの人間です。

 大体愚痴や悪口を「自分のサイトでしか言えない」って豪語する環境が歪んでますね。確かに嫌な事が続くとつい自分だけが不幸な気分に陥りがちだけど、その鬱憤をネットで晴らすのって不健康極まる。否、リアル・ネットに限らず愚痴や悪口を零し捲ってると自分の性格まで悪くなるよ? 
 そうなる前に予め健全なストレス発散法を見つけとけ。これ以上不幸にならない為にも。

 勿論人は未熟な所が有って精神的に追い詰められている時に、つい感情をぶつけてしまいがちな物。ただ頭が冷えた時、己の未熟さと周囲への配慮を自覚出来さえすれば、この「私は可哀想」地獄に陥る事は無いと思ってます。
 
 「可哀想なのは自分だけではない」のですから。

ちょっとヘルシンキ(2)~地下鉄に乗ろう~
【2010/01/16 16:52】 海外旅行
 ヘルシンキ地下鉄はフィンランド唯一にして、世界最北端の地下鉄でも有ります。但しトラム3番系統と違って、基本的に通勤・通学用なので、観光客にはあまり縁の無い所でしょう。
 トラムの話は後日語るとして、今回のヘルシンキの目玉の1つがこの地下鉄でした。この頃はまさか中央駅が水没するとは思いませんでしたが ̄▽ ̄;

 中央駅のホームに下りると鮮やかなオレンジの車両が入って来ます。
鮮やかなオレンジの車両
 しかし海外のホームって何処も暗いんですかね?(日本が明る過ぎなのか?)
何故海外の鉄道ホームは暗いのか
 やっぱり大抵の国(少なくとも欧米)同様「○○行き何時何分発」ではなく、「後何分で来る」なのね^^;

 取り敢えず西のRuoholahti(ルオホラハティ)に向かいます…と言っても中央駅から2つなのであっと言う間。中間駅のKamppi(カンッピ)はお洒落な店が立ち並ぶ地域だそうな。

 車内の椅子もオレンジで統一されています。
車内の椅子もオレンジ一色
 …こんな所でラピュタのDVD広告を見るとは!!(笑)
こんな所にラピュタのDVD広告が…^^;
 ロンドンで『ハウルの動く城』の上映ポスターを見たが、原作がイギリスだから当然か。しかし宮崎作品は世界中で別格扱いですねぇ ̄▽ ̄;

 Ruoholahtiにて。この地下鉄でちょっと感心したのは、どの駅のホームも乗降口と高さが合わせて有る事。ドイツが結構バラバラで車椅子やベビーカーに厳しい印象が有ったから余計に好印象。
乗降口とホームの高さは全駅で統一
 折り返しにちょっと時間が有ったから表に出てみる。Ruoholahtiはトラム8番系統の乗換駅でも有ります。
トラムRuoholahti電停付近
 さて東方面の発車時間が迫ったのでいよいよ本番です。因みに乗ったらすぐに検札が来ました。何となくドイツよりはちゃんとチェックしている印象。ついでに「無賃乗車の罰金値上げしたぞ~!!」と言う注意書きも^^;(40€位だったかな?)

 地下鉄と言いながら街中以外は地上を走るのがヘルシンキ仕様(笑)。ヘルシンキ市自体が岩盤に覆われている為、トンネルを掘るのは費用が嵩むからかな。
 途中の海を跨ぐ所もトンネルよりは橋を架ける方が経済的だし。こんな風に港が見える所も。
地下鉄から見た港
 東の分岐点Itäkeskus(イタケスクス)駅。訳すと何の事は無い。単なる東センターである。
東の分岐駅Itäkeskus
 地上駅と言っても積雪対策でホームに雪が積もらない様になってます。

 東の終点の1つ、Mellunmäki(メッルンマキ)駅。
終点の1つMellunmäki
 駅の前に公園が在ってその向こうは集合住宅地なのが、この路線が通勤通学用と言う事を証明しております。
Mellunmäki駅前
 再びItäkeskusに戻ってもう1つの終点、Vuosaari(ヴォサーリ)へ。
Vuosaari駅
 地上で見ると車両の鮮やかさが写真で再現し易いなぁ^^; カササギがフツーに餌を漁っておりましたよ。
カササギがフツーに来る駅
 Itäkeskusから先は既に乗ってるので、トラムの乗り継ぎ駅でもあるHakaniemi(ハカニエミ)駅で途中下車。これからトラム3番系統に乗りますが、それについてはまた次回に。
Hakaniemi駅
 
 総括としては

・オレンジで統一された車両が目立つ
・ホームと乗降口の高さが統一されてるのが良い
・定時性は割と有る様子? しかし例の水没事件はあまりにもお粗末 ̄▽ ̄;
・ヴァンター空港への延伸計画は是非実現させてくれ(笑)


 もし2/15以降(予定)にヘルシンキに行く機会が有るなら、復活した中央駅を見るのもまた一興かと?!(笑)^^;



ハイチ大地震
【2010/01/14 15:35】 時事問題
 阪神大震災からもうすぐ15年…その間にも世界各地で地震が発生し、多くの犠牲者と混乱をもたらしております。

 今回のハイチ大地震は中南米カリブ海諸国の最貧国を襲った物になりました。独裁者が私服を肥やした為、近隣の国では相応に進められていたインフラ整備はおざなり、大して役に立たない政府の代わりに、PKO(平和維持活動)で治安を支えてきた国連自体も被害を被ったとなると、ただでさえ危うい治安が益々悪化する事必至でしょう。

 早急な世界的支援が必要とされておりますが、元々この国は「国民の生活を改善しないと益々治安が悪化する」と言われてたので、今回の地震で復興するまで一体何時になるか先が見えません。

 人間追い詰められた時に本性が出ると言います。貧窮を極めて追い詰められれば、所詮自分だけが可愛いとばかりに、他人を踏みつけにする輩も少なくは有りません。

 自分だけが可哀想、他人はどうでも良いと思ってる輩こそ、一番心が貧困な連中なのです。ハイチに幾ら支援の手を差し伸べても、彼等の心が他人を思いやれる様になるまで、一体どれだけかかるのでしょう。単なる被災者の救助以前に、国の体制自体に問題が有り過ぎなので、小手先の支援ではこの国は救われないのでしょうなぁ…。ハイチの人達が本当の意味で救われる日が早く来て欲しい物です。


 ところで情報網が殆ど途絶している中、人工衛星経由のネット回線は生きてた為、ツイッター経由で被災状況が伝えられたのだとか。
 私は他愛無い日常やその場限りでの思い付きを、ネットで不特定多数に垂れ流すのが嫌いなので、そうなりがちなチャットやツイッターの類をする気が有りませんが、こう言う時絶大な効力を発揮する事を改めて実感しましたね。確かに災害が遭って電話が通じない時、ツイッターで現状を友人達に言えるのは大きいですから。

 携帯もツイッターも日常垂れ流し用でなく、緊急事態の為に有る物なんでしょうねぇ…本来は。

ちょっとヘルシンキ(1)~2年ぶりのフィンランド~
【2010/01/11 13:03】 海外旅行
 母の件でうだうだしていても仕方無いので、書ける内に残りの旅行記を書いておこう…。既に4ヶ月前の話をするのもどうかとは思うが、全く役に立たない訳でも有るまい。

 ミュンヘンからの帰り、乗り継ぎの関係でヘルシンキ1泊。と言ってもフィンエアーの日本便は17:20~30頃発なので、未だじっくりヘルシンキに滞在した事は無いんですけどね。
 でも前回(2007年12月)に比べると滞在時間はほぼ2倍の5時間、しかも2回目となると或る程度はペース配分も解って来ると言う物です。(それでも全然足りないけど^^;)

 取り敢えず今回の目的は

1.ヘルシンキ地下鉄に乗る
2.オリンピック公園
3.シベリウス公園


 …の3点を中心に鳥も忘れないでね♪と行った所。去年の11/8に水没した地下鉄については、2/15に漸く中央駅が復旧する見込みらしいです。
 しかし電気系統や監視関係の重要な設備が大ダメージを負った為、エレベーターは作り直す為復旧は半年はかかる模様。

 因みにフィンランド語でエレベーターってHissi(ヒッシ)と言うんだよね(笑)。必死と言えばかつてシンドラー社の…。
フィンランド語でエレベーターはヒッシと言う
 このエスカレーターも被害を被ったんだよなぁ…。
このエスカレーターも止まったのか

 もっとも地下鉄は想定外としてもヘルシンキの各地で修復中でした。中央駅の時計台とか。ドイツでも見たけどヨーロッパは修復中の建物には、完成予想図のカバーを被せるんですかね?
中央駅の時計台修復中
 ヘルシンキ大聖堂の方はカバー無しなのでそうとは限らない様子。
ヘルシンキ大聖堂も修復中
 某在フィン日本人に拠ると、この修復工事も何ヶ月やってんの?-Д-;と言う位、ダラダラと続いているとか。あれから4ヶ月経った今もそうなんだろうか??

 さて、今後の予定としては

・トラムと地下鉄
・トイレ事情(結構切実な情報と思う)
・スウェーデン語との比較
・その他気が付いた事


 辺りが中心になるでしょうか。今月中に終るかな…終ると良いが。

テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

トキが石川県にやって来た
【2010/01/08 20:24】 鳥関係
 出雲市は未だなのにもう?!と思ったら、石川県最後の個体・能里が人工繁殖の為捕獲された日に合わせたらしいですね。

 2番(つがい)の内、8歳のオスと6歳のメスは繁殖経験の豊富な個体で、今春からでも雛が生まれる見込み有りとの事。
 出雲市の方は今春迎える…と思い込んでましたが、漸く繁殖ケージの工事に着工した所で、実際にトキが来るまで未だ1年前後待たないといけない様ですね。

 この手の繁殖目的の場合、病気にならない様に非公開なので生で見る事は出来ません。その代わりモニターで様子が解る様にしてくれます。
 本音としては早く雛が生まれて、やがて出雲でも自然放鳥を~と夢が広がりますが(それまで私はここに居るのか? ̄▽ ̄;)、勝手に数を減らしておいて、今度は増やせってのは人間のエゴですからね。トキ達の体調に留意しつつ、意志を尊重しないといけませんな。

 石川県よ待っておれ。出雲市も続くぞ(笑)。

 しかし去年は春以降ろくに鳥を見れなかったのぅ-Д-;(ドイツとフィンランドでは見たけど) 去年は原稿と蕁麻疹と海外旅行の準備でそれ所ではなく、年が明けたら行くつもりが母親が…ですからね。実家から召集がかからぬ内にと思っても連日の悪天候が阻むと言う ̄З ̄;

 いやマナさんも気になるし、天気の良い時を狙って来週中には行っておきたい物ですが…。(鳥ネタのストックは大量なので当分ネタには困らないとは言え。)

母と実家の状況続報
【2010/01/07 01:20】 お知らせ
 父から連絡が無いのでこちらから聞いたら、母は4日に一般病棟に移ってリハビリ中と言う話。当然未だ左手足を動かせる状態では無いが、介助して貰えば車椅子で移動は可能らしい。

 母自身の容態は緊急性が無い物の、やはり3つ子の世話が大変(特に平日の昼間は妹独りでしている)なので、「切りの良い時に1~2週間来て欲しい」と言われました。しかし現時点では何時になるのかハッキリしていません。(せめて16日の結婚記念日以降にして欲しいんだけど。)

 そう言う訳で今月後半以降暫く実家に帰る可能性が高いです。尚、実家にはネット環境が無い為、行ってる間ブログやメールのチェックは原則不可能と思って下さい。日程が決まったらまた報告します。

 今の内に通販その他の雑用を出来るだけ済ませておいた方が良いかも知れないな。これから注文しようとする方は事情を御理解の上、発送が遅れる事を御了承下されば。

 3月下旬に予定されている台北は、母の退院と重なるかも知れないし、いざとなったらダンナ独りで行って貰います。(ダンナ自身は独りで海外に行くのが嫌なのか、楽観視し過ぎなのか「何とかなるだろう」とか言ってるが、その後も予定が詰まってるし元々そんなに行く気が無い)

母、急病に付き~今後の更新について~
【2010/01/04 11:25】 お知らせ
 新年早々縁起でもない話ですが、1/1の18時頃母が脳梗塞で倒れ緊急入院しました。父から連絡が有ったのが1/2の8時過ぎ。(前の晩に自分が突然頭痛と腹痛に襲われて、嫌な予感がしたのは偶然だったのだろうか?)
 幸い命に別状は無い物の、現在左半身不随で集中治療室に居るとの事。

 妹の3つ子の世話で「私がしないと誰がするんだ!!」と、息巻いていたから何時かその反動で倒れはしないかと心配していたのですが、まさか元旦に倒れるとは…。しかもこちらが帰る前日に。

 普通半身不随と言うと、顔面麻痺が出て上手く喋れなかったり、口が閉じられずに涎が出たり、手足の感覚が無くなるそうですが、ちゃんと意識も有って受け答えに支障無、腕も動かせない物の感覚は有ると言う事で、先生も「非常に珍しい症例」と首を傾げていました。薬が飲ませる為に食事で嚥下反応を見ても問題無い様子。
 病巣は脳幹部で一歩間違うと生命に関わる部分。これでこの症状で済んでいると言う事は、或る意味幸いだったのか。(ラクナ梗塞??)

 高血圧が原因なのと再発を防ぐ為に、血圧を下げる等の治療を行い、症状が安定すれば今日明日当たりに一般病棟に移れるらしいです。
 今月中旬頃にリハビリ専門の病院に転院、2ヶ月位で退院して後は通院…の見込みですが、機能がどれだけ回復するかは未だ何とも言えません。

 母は結構働き者で責任感も強い為、自分よりも家や孫の事を心配するんで、「治す事に専念してこれを機会に休む様に」と言ってはおきましたけど。

 最初に話を聞いた時は私だけ実家に残る事も考えましたが、取り敢えずそこまでの緊急性は無いので、一応予定通り昨晩こちらに戻っています。
 現時点では余程の事が無い限り、元々予定されていた2/21に祖母の法事までは、帰る必要は無い感じ。とは言え妹の子供達は一番目が離せない時期だし、何時召集がかかってもおかしくは有りません。

 父や妹達が大変なのに、自分はこちらに居て良いのか?と申し訳無い気分ですが、私以外の親族は皆地元に居るんだから、こう言う時に義弟の親族が助けてくれないのか?と疑問に感じなくも無いです。心配だけど私はしょっちゅう行ける距離では無いので。


 そこで今後の更新ですが、母が退院するまで停止…はやり過ぎとしても、あまり能天気な内容を書くのは憚られるので、「アニメ・漫画感想」を中心に一部カテゴリを自粛します。(ぶっちゃけ番長の感想なんてアクセス数以外のメリットが無いし)
 やや情報提供度の高い「海外旅行」「鳥関係」は続ける予定。通販関連はお金が絡むので、多少遅くなっても対応します


 今後更新頻度が落ちたとしても、以上の事情の程を御了承願います。 

 尚、1/1と1/3の記事は事態が発覚する前に予約投稿しておいた物です。その為当記事の内容とそぐわないのですが、折角書いておいたのでそのまま残しておきます。

謹賀新年(同人版)
【2010/01/03 09:31】 ナノセイバー・恐竜惑星・ジーンダイバー
島根に引越しが決まった時の年賀状
 これは2002年に出したCG第一号の年賀状です。年度を書いていないから使い回しが利きますな(笑)。島根に引越しが決まって不安が入り混じっていた心情が出てますねぇ^^; あれから早や8年…実家を出て以来3年に1回は引っ越していた私としては、一箇所に留まる最長記録を更新中。一体何時までこの辺境の地に居るんでしょう? ̄▽ ̄; 

 しかしペン入れしてるのにまるで鉛筆描きみたいな主線の薄さだ…。レイヤーの使い方は一応知っていた筈だが、着色やらデッサンやら色々と甘いな… ̄_ ̄; 機会が有ったら描き直したい気分だぜ^^;

 それはともかく冬コミで本をお買い上げ下さった皆様、有難うございましたm(_ _)m あるぺさん冬コミ参加&委託お疲れ様でしたm(_ _)m

 戦況をお聞きした所、続けるか否か非常に微妙な結果でして、ぶっちゃけ傷口を広げる位なら、辞めた方が良いのでは?と思っている次第です。
 まあそれを見越して或る程度の設定公開や、昔を振り返ったりしたのですがね…。これまで何だかんだ言いつつ続けて来たVシリーズですが、いい加減冗談抜きで潮時では?と痛感しております。 

 今後はここや内輪向けに徹した方が良いのかも知れません。

謹賀新年
【2010/01/01 00:00】 海外旅行
 明けましておめでとうございます。
背景はミュンヘン市役所
 ミュンヘン市役所を背景に、ビールを飲む虎…何てドイツなんでしょう(笑)。

 ドイツネタは何とか終わらせたけど(見送ったネタも沢山…)、ヘルシンキ2回目が未だ残っています^^; 以前(2007年12月)のフォローを中心に、今年もニッチな情報をお届けしたいと思っております(^^ゞ

 予告を兼ねてこちらはヘルシンキ市役所。…また市役所かよ!!(笑)^^;
ヘルシンキ市役所
 私自身は市役所マニアでは無いのに~。自称「市長」の“つうさん”のせいですから!!^^;

 さて今年は3月に台北、9月にブリスベンに行く可能性が有ります。実現すれば2年連続半年に1回海外?!のペースなので、ネタの消化にまた時間がかかりそう-Д-; 

 但し台北に関しては滞在期間が短くて、観光地にあまり行けそうに有りません。この街はガイドブックに不自由しませんけど、パッと見た感じではグルメにショッピングにエステに…と、単なる都会って感じであまり興味を持て無いんですよね ̄▽ ̄; 
 フィンランドみたいに予想外に面白ければ良いけど、もし都会~な所しか行けなかった場合、大した土産話が出来ないかも知れません。帰国後すぐにまた遠征してしまうし。鳥が見られれば自分的にはヒットだけど…。

 ブリスベンは2回目と言う事も有り、前回のフォローを中心に鳥的に楽しみですわ♪ ブリスベンと言えばわらわらさん(ワライカワセミ)の出番だ!!
わらわらさんと座布団鳥(ドードーさん)
 一緒に居るドードーさんは現在「座布団鳥」と呼ばれております^^; (既に毛布の下に抱えている座布団は8枚!!) 多分世界で一番おかしなドードーに違いない ̄▽ ̄;

 と言う事で(?)今年も宜しくお願いします(^^ゞ




サイドメニュー ×
メニューA  メニューB