のよのよ in Zの悲劇?!
鳥全般・海外旅行・ばんえい競馬・アニメ&漫画etc.…ニッチな情報提供も目指します。

最近の記事 ×

プロフィール ×

Pin

Author:Pin
出身:福岡県。長年住んだ出雲から佐賀へ移住の白衣好き主婦。
趣味:同人活動ではハーロックに原点回帰。(他にナノセイバー・恐竜惑星・ジーンダイバー)、ばんえい競馬、鳥関係全般、(科学者用)白衣等々。海外に行った時は旅行ネタ多目。


カテゴリー ×

月別アーカイブ ×

最近のコメント ×

最近のトラックバック ×

FC2カウンター ×

カレンダー ×
02 | 2010/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


怒涛の3月終了´▽`
【2010/03/31 23:41】 日常・雑談
 応援帰省・台北・帯広…と半分は不在だった3月が漸く終了´▽` 母の退院が4/2になった為、もしかすると4月も応援帰省2が有るかも知れないけど(有るとしたら4/13~18が有力?)、それまでに溜まった返事や連絡事項だの、大量のネタの消化だの当分多忙な日々が続きますな ̄▽ ̄;
 *土産話の消化は当分かかるに違いないが。

 取り敢えずタイムリーと言う意味では、ばんえい記念含む帯広を優先して台北はそれからかな。帯広はばんえい記念と走路開放辺りが結構美味しいし。ニシキダイジン…恐ろしい子!! 感動に打ち震えると評判のばんえい記念でしたが、今回は或る意味最も笑えました^^; 


 台北は正味3日の滞在の内、1日はダンナの学会で潰れた為、後2日で回るには狭過ぎました。それでも結構ネタは見つかる物ですね。特に外来語を漢字で当てると中々カオスになる事を実感しましたよ(笑)。
 この地は共稼ぎが多くて外食が当たり前なせいか、随所にテイクアウトの店やコンビニも在るんですが、セブンイレブンとファミリーマート度高過ぎ。
 台北のファミリーマートは「全家」と言うのか!!(正確にはファミリー=全家らしい)
台北のファミリーマート
 対するセブンイレブンは普通なので今回は載せません。

 後、士林夜市で見たこのTシャツが凄過ぎ(笑)^^; メンソレータムのナースちゃんボコボコだし^^; 台湾も結構こう言うジョークグッズ多いみたいですね。
フルボッコなナースちゃん^^;
 まあそう言う訳でボチボチ報告して行きます。

 それ以前にウイルスバスターからNortonに戻したら、完全スキャンが延々と終らないので、正直記事を書いている所ではない^^;

所変われば鳥変わる
【2010/03/28 13:32】 鳥関係
 日本では珍しい鳥がその国では有り触れていたり、逆に日本では当たり前に居る鳥が、海外では有り難がられる事は少なく有りません。ここでフツーに見かけるセグロセキレイ(日本特産種)や、ヒヨドリ(日本全土・台湾・中国南部に生息)は欧米のバードウォッチャーの垂涎の的だそうです。

 今回取り上げるホシムクドリは前者の典型、夏羽はこの様に金属光沢が美しい鳥ですが、欧米人には珍しくも何とも無いと言う。サンフランシスコのフィッシャーマンズワーフでは、普通に残飯漁ってますからね。地上を歩き捲くりです。
ホシムクドリ@桑港

夏羽なので鮮やか
 対するモントリオールでは高い所にばかり居た様な…?
モントリオールでは常に頭上ばっかり
 ミュンヘンで見たこの個体は幼鳥かな?
これは幼鳥か?

 本来ヨーロッパの鳥なのに北米でばかり見かけてました。それもその筈北米に120羽程度移入したら、なんと2億万羽に増えてしまって、外来種としてかなり問題視されている鳥なのです-Д-;
 モントリオールのレッドパス博物館でも、その問題について解説が添えられておりますし。
レッドパス博物館のホシムク標本
 片や本来の棲息地である・イギリス(大英自然史博物館トリング分館)では、特に目立つ解説も無く普通に展示されてると言う。
片やイギリスの展示は極普通
 どうやらヨーロッパでは元々居た為に、北米程問題視されて居ない様子。そりゃ北米では外来種しかも大量発生して、本来の生態系を乱せば嫌がられもするわ ̄▽ ̄;

 でもムクドリ類は基本生活力が旺盛なので、日本でもムクドリが都会進出して、糞や鳴き声のせいで鬱陶しがられています。20年位前の福岡ではムクドリなんて田舎の鳥だったのに、長崎から帰って来たら普通に都会で大群作ってるし!! 当然出雲でも普通に居ますよ。
 台北のカバイロハッカと言うムクドリも外来種で、この鳥も各国で生態系を乱していると言う話。

 外来種と知ったからには、珍しいと有り難がるのは筋違いだよなぁ…。何だか台北行きが決まって以来、外来種の話をやたらとしてしまいますが-Д-;

ドイツの車窓から(アウトバーン編)
【2010/03/26 11:25】 海外旅行
参考記事:
ドイツ旅行記(9)~ドイツ鉄道<その3>~
ドイツ旅行記(13)~ドレスデン<その1>~

 以前のドイツ旅行記でやりそびれたネタの1つ。ドレスデンに行った時帰りはDB(ドイツ鉄道)でしたが、往きは車だったのです。何故往きと帰りで経路が違うのかと言うと、案内して下さったKさん(ドイツ滞在40年以上)が現在ライプチヒ在住で、ミュンヘン出張の帰りを兼ねて乗せて下さったからです。
ドイツ主要都市の位置関係
 この地図でもお解かりの様にミュンヘンに比べると、ドレスデンとライプチヒは遥かに近いですから。

 さて、その時に撮った写真の一部を漸く紹介出来ます。但しミュンヘン~ドレスデンは車で片道4時間を要しその距離凡そ560km。つまり大半が時速140kmの車窓から撮影、しかも後部座席且つ窓ガラスが…な条件と言う事は予め御了承下さい^^;

 ドイツは鉄道と車が張り合ってる国なので、アウトバーンでは車もスピード狂になる様です。本来制限速度は無いのですが、有ったとしても時速120kmとかザラ。
制限時速120km!!
 ドレスデンは東独に位置し国境に近いので、チェコ・ポーランド・オーストリア等、近隣諸国の車が普通に走ってます。この白いのはデンマークのトラック。
国境付近なので近隣の国の車が… 
 途中給油に寄ったガソリンスタンドにはコンビニが。(中には入ってない)大抵は沿線に休憩所が在るので、この時の様に脇道を降りて少し行く方が珍しい??
ガソリンスタンドのコンビニ
 外国では給油その他全部セルフサービス当たり前。つくづく日本は便利な国ですわい。
全てセルフサービス
 休憩所のトイレはチケット購入制で改札を通しますが、出る時はチケットを持ったままでOKです。(回収されると思って入れようとしたら、案内の女性に「Abfahrt(出て)」と言われた。)
 実はこのチケットはそのまま売店の割引券になっており、要するに「トイレを使ったらそのお金で飲み食いしてね♪」と言う、或る意味実に合理的なシステムなのです。
写真に撮りそびれたのが残念^^;

 さて休憩も終って出発。未だ未だ先は長いです…ドイツは広い ̄▽ ̄;(この時ドレスデンまで400kmを切った位か?)
未だ未だ先は長い…^^;
 随所に風力発電用の風車が設置されてます。広大な平地が多いからさぞかし発電も出来ましょうな。
随所に風車が在ります
 時々DBが並走しますがここは何処?私は誰?!^^;
DB鉄道が並走
 途中工場見学の為寄ったハイネヒェンと言う街を経由し、車に乗る事6時間半…漸くドレスデンの街が見えてきました。
ドレスデンの町並みが~
 ここから街に入るまでが未だ長い^^;
これから市街地までが未だ遠い
 尚、この時は日本宮殿に期待しまくっていた私ですが、実際に見て絶望した事は既に書いた通りです(ノ# ̄□)ノ

ばんえい記念がやって来る
【2010/03/24 10:43】 ばんえい競馬
 いよいよ最高峰・ばんえい記念の日が近づいて参りました!! 個人的にはトモエパワーの4連覇に期待したい所ですが、去年初出走にも関わらず2着と善戦、その後もコンスタントに実績を挙げる、カネサブラックに水を空けられてしまうかも知れません。

 トモエパワーの主戦が息子の西謙一騎手になった事がどう影響するか。昨年度はばんえい記念だけで1年分稼いだこの馬が、今年度は平場戦で2回勝ってるし、調子は昨年度よりも上向きなので、本領発揮の超高重量線ならやっぱり今年もこの馬~(井馬さん調)も有り得ますね。

 実は数ヶ月前からトモエパワーをトモちゃんと呼んでます。姪の名前と被るから(笑)^^; フクイズミをフクちゃんと呼ぶ人は多くても、トモエパワーをこんな言い方する奴は他におるまい^^;

 しかし高齢牝馬の出走が一層目立つ様になりました。フクイズミは松井調教師が「トモエ・カネサ・フクの3頭で全部取る」と宣言していたし、スターエンジェルも想定内でしたけど、トカチプリティーが10歳初出走とは。牝馬達はこれがラストランと思いますが、皆無事で完走して欲しい物です。

 今年もダブルファンファーレはやるかな? 色んな意味で楽しみですよ。

 そう言えばマルミシュンキが3~4歳の頃、7歳になったらばんえい記念に出るかと期待していたのですが、白樺賞回避しちゃったし未だ未だそこまで行かない模様。回避理由が気になりますが、大した事ではない…よね?


 生き物だから好不調も有るし、いきなり体調を崩してそのまま…と言う事態も珍しくは有りません。今までも将来有望な名馬の訃報を何度も聞いては愕然とした物でした。

 何故こんな事を書くのかと言うと、結構好成績を収めていた或る馬が、最近腸捻転で急死したらしいのですよ。(敢えて名前は伏せます。ヒントは下の写真)デビュー時から注目して来た馬だし、最近の快進撃を見るにつけ何時か重賞レースでも勝ち星を…なんて希望が潰えたとはTДT;
 亡くなる直前のレースでも見事な勝ちっぷりを見せたので、関係者のショックもかなりの物では無いでしょうか。惜しい馬を亡くしました…御冥福を祈る共に皆の無事を祈って止みません。
H.21.7.25 11R

H.21.10.17 11R最後に観た彼 

台北野鳥紀行計画
【2010/03/22 09:16】 海外旅行
 さて今日から台北に行ってくる訳ですが…ダンナは本来の目的である学会以外に、特に行きたい所が無いそうなので結局私が仕切る事に。とゆーか海外に行く時の情報収集は大抵私の役目で、何処に行くかも私が決める事が多いんですがね。

 まあ海外=どんな鳥が居るかで判断する私にとって、台北も結構バードウォッチングには美味しいポイントは有る様です。

 どんな鳥が見られるかについては…詳しくない方には意味不明と思うので今の所は割愛しますが(見られるとは限らないし)、こちらでも普通に見られる鳥に加えて、琉球地方に特有な鳥が結構当たり前に居ると言う話。そりゃそうです。琉球のちょっと先に台湾が在るんですから、当然鳥もかなり共通しております。

 街中の大安森林公園・中正紀念堂(台湾民主紀念館)・南海学園植物園でも、日本人には珍しい鳥が見られるそうですが、出来れば台北郊外の関渡自然公園にも行きたい所です。
 *従って当初予定されていた台北市立動物園は自動的にパス。

 ただこの時期の台湾は天候不順だそうでそこが一番気掛かりです。もっとも日本も季節の変わり目で不安定な日が多いですが…。
 大体私は晴れ女な筈なのに、3年まえのブリスベンは異常気象で雨ばっかりだったし、先日の応援帰省はよりにもよって一番の寒波に当ったし…独身時代に比べると神通力も薄れましたな-Д-;

 まあどれ位成果が有るか現時点では判断しようも有りませんが、色んな鳥が観られると私が喜びますし、ブログのネタも増えます(笑)。

 台湾旅行で定番のグルメが主目的では無いので、この辺の詳細は余所様にお任せになるかも。日本でもお馴染みのコンビニが随所に在ると言うし、セブンイレブンやファミリーマートの漢字表記の写真を紹介するだけでも、シュールで面白いのでは無いでしょうか? 

 ただ家庭の事情で報告出来るのは、帰国してから数日かかると思うので予め御了承下さい。

 実家の事を考慮すると今回の台北行きには罪悪感も有りましたが、折角行くんだから嫌々だと台湾にも失礼ですからね。楽しめる分には楽しまないと損だと思います。

 と言う訳で行って来ます。(今月はマジで出かけてばかりだ)

密やかな外来種
【2010/03/19 12:25】 生物全般
 2年前の話になりますが、出雲市のトキ近似種飼育施設を見に行った帰り、橋を渡っていたらこんな哺乳類発見。
謎の哺乳類

謎の哺乳類2
 イタチにしては太ってるし大き過ぎる。かと言ってニホンカワウソは実質絶滅状態で、こんな所に居る筈が無い。当時は「イタチ」と書いてあったこの写真、今日の新聞の記事見てやっぱりヌートリアと確信。
 *要約すると「鳥取の米子水鳥公園のヌートリアをどう扱おうか悩んでいる」と言う内容。

 毛皮用に輸入した物が野生化してるのは知ってたんですが、岡山中心にしか居ないと思い込んでたもんで(資料が超古かった)、出雲にも居たっけ?と気にしつつも今まで忘れていた物で^^;

 改めて確認すると中国・近畿地方を中心に、じわじわ勢力圏を広げつつある模様。ならばこいつが地元の川に居ても全くおかしくない訳です。

 本来南米の動物だそうですが、北米・ヨーロッパ・日本等でも野生化しております。つまりこいつも外来種。そして本来の生態系や農作物に被害を与えて問題になっております。特に岡山では毎年駆除してますが、イギリスでは既に根絶に成功してるんですね。
 
 しかし米子水鳥公園では逆に人気者になっていると言う。苦情が出る程の被害を与えておらず(アライグマの方がよっぽど悪質)、本格的に駆除すべきか否か迷ってるとの事。少なくともここでは特定外来種にも関わらず、割と慎ましく定着してしまってるんですね。

 先日小笠原でウシガエル根絶について触れた様に、私は外来種には基本冷たいです。ただ私が見たヌートリアがひっそり暮らしてる分には、あまり口煩く言えないですね。
 イギリスやドイツに移入されたカナダガンは、在来種と普通に共存していた様だし。生態系を乱さないレベルなら…まあ…。大体最大の元凶は持ち込んだ人間なんだし。

 寧ろ勝手に生態系を乱す、某海シェパードの方がはるかに駆除の対象になって欲しいわ ̄_ ̄;

愉快な鳥の写真(癒し系?(笑))
【2010/03/18 10:17】 鳥関係
 たまにはほのぼのとした話題も~って事で、自分のレパートリーから仕草が愉快だったり癒される類の鳥写真を色々公開してみましょう♪

 先ずはオーストラリアはブリスベンから。残飯目当てにギンカモメと並んで待つ、オーストラリアクロトキ
クロトキ&ギンカモメ
 聖イビス神の尊厳が失われた気分ですが、そんなユニークなお前等が好きだ!!(笑)(でも現地では鬱陶しがられてて残飯を与えない様にと注意書き有り)

 前にも載せたけど同じ様に残飯漁りと言ったらヤブツカツクリも同類^^; 普通野鳥は屋根を本能的に怖がるんだけど(天敵の猛禽類が襲って来るのを連想する為)、こいつ等には全く通用しない!!^^;
残飯を漁るヤブツカツクリ
 次にローンパインのバス停であわよくば餌くれない?と寄って来る、ノドグロモズガラス。あああ~鳥が首を傾げるのは一般的に警戒してるからで、決して媚を売ってる訳では無いんだが…やっぱり可愛いVv (もっとも人馴れしている彼等はマジで媚び売ってる可能性有るかも?(笑)^^;)
ノドグロモズガラス
 こちらは何故か一本足打法(違)するハイイロガン@ミュンヘン。
へれっと伸びをするハイイロガン
 コブハクチョウ(野生)に邪魔されるカナダガン(移入種)@ミュンヘン。本来余所者は立場が狭いのです?!
余所者に冷たくしないで~^^;
 捨てられたパンがでか過ぎて途方に暮れる、アメリカオオセグロカモメ幼鳥@サンフランシスコ。
パンがでか過ぎる…

 海外ばかりも何なのでここからは日本と言うよりも地元の話題。

 こちらは今は亡き松江フォーゲルパーク名物・肩乗りペリカンのゴリちゃん。ペリカンの嘴は正面から見てもユニークですね。
今は亡き肩乗りペリカン・ゴリちゃん
 羽根を広げると2mは有ります。実に惜しい鳥を亡くしましたよ…。
ゴリちゃん肩乗り~
 何となく可愛いタゲリの正面顔。本来警戒心の強い鳥だとか。
タゲリの正面顔
 コハクチョウの首はうねうね曲がるのか~。
コハクチョウの首は自由自在
 最後にウミネコのこんな画像で〆たいと思います(笑)。
欠伸ウミネコ

居眠りウミネコ
 …こいつ繁殖期にこんな暢気で良いんだろうか? ̄▽ ̄;

金剛番長最終回
【2010/03/16 12:19】 アニメ・漫画感想
 実家の応援帰省第一弾?予定通り終了。母の回復は順調で3月末退院の見込みが、介護保険が4月半ばに降りる事が判明して、病院に4月中旬まで延ばせないか要相談状態。
 予算的に保険が降りてからでないと、家の改造や介護士の手配(主に風呂)が出来ないので、このままでは退院しても母が生活出来なくて困るのです。
 3月末だとこちらも居ないから4月中旬退院の方が色んな意味で有り難いのですが。


 さて、漸く金剛番長最終回正式感想。

 折角の最終回なのに何だこの手抜きトビラは?!…いや前回が実質的な最終回で今回は後日談だし、念仏のネームをイメージした物なのでしょうね。

 念仏の漫画原稿に始まり最終撃は主人公念仏やん(笑)。(彼の描いた自分のタッチがうすた京介っぽくみえたのは私だけでしょうか?) しかし32P厳守を480Pって…。持ち込み初心者はとかく超大作を描きたがるそうですが、決められた頁数で話を纏める事はプロとして欠かせないぞ? まあ念仏の熱意は担当も認めてくれてるから頑張れ^^;

 居合と夜子はしっかり夫婦してますね~。女の裸で鼻血を出していた初心な居合が良くぞここまで…。
 まかない飯は侮れないぞ~。帯広の中華ちらしも元はまかない飯だし。念仏は色々と図々しいですが、何だかんだ言ってそれが通用するのも彼の性格故かな。

 剛力は一瞬陽菜子かと思いました。背が伸びていますが初期の彼女はもう少し身長が有ったのが、何故か縮んでいただけなので、平和になって元に戻ったって事?
 花嫁修業の一環でモデル…その発想は無かった。貝裏鬼がボディガードをしてるのは、人前でおしとやかさを学ぶ為には必要なのでしょう。しかし結局貝裏鬼とは付き合って無いのかい? あの「私も貝裏鬼のことが…」や、「よくも私の舎弟(貝裏鬼)を!!」は一体…T∇T;
 念仏に図星を刺され、的確に卑怯の所に飛ばせる剛力のコントロール力はもっと評価されても良い(笑)。

 卑怯が警官に!!∑(゜□゜;) 警官って本人は勿論親兄弟に犯罪者が居たらなれない筈だけどなぁ ̄▽ ̄; まあ犯罪者の心理は良く知ってるだろうから、或る意味適任でも有るのか。

 話のメインは卑怯とサソリの結婚式とは!! 秋山優=卑怯と知ったサソリの衝撃が見たかったんだけど、これも前からフラグは立ってたから異存は無し。だけどこう言う展開は個人的にこっ恥ずかしい^^;

 ライジングインパクトでもメインキャラをくっ付け捲くり、特に霧里亜Xガウェインなる年の差カップルと言う性癖を披露した作者にしては、至極真っ当なカップリングとは思いますよ。単行本最終巻は2話分残ってる事だし、ブリザードアクセル読み切り版でも載せない限りは、更なる後日談で皆の子供達が…とかやりかねない ̄▽ ̄; あれ、当時のファンからは結構顰蹙買ってたみたいなんですが^^; 誰でも彼でも安易にくっつけ過ぎとか何とか。

 やっぱりマシンが復活してたーー!!(笑)そして月美ちゃんとベッタリだー!! 磊は全く脈無しの様で哀れ^^; しかもマシンは改造のおかげで段々生活観溢れて来たぞ? その内月美ちゃんと結婚出来る様(性的な意味で)に改造してもらいかねない(笑)。
 文学はお天気お姉さんやってるし。あんたそれでは天気予報になってないがな(笑)^^;

 金剛母・さゆりの墓前にプリンを捧げる陽菜子。彼女は月美ちゃんと一緒にカリスマ的プリンの店を経営するまでに。食材調達はマシンに任せればグレンデル牛の乳だって手に入るしな!!(笑)
 焔は普通に良い人になってますなぁ。もう巨大化したままなのは誰も突っ込まない^^;

 そして舞台は結婚式へ。ここでも念仏が目立ってるし、あんた良いキャラに育ったよ!! 新婚旅行の行き先を未だ決めてないのは、卑怯の仕事の都合ですぐには行けないとか? でも福島は無いだろう(笑)^^;

 爆熱が議員になってますが被選挙権は25歳から…だよな? 5年前で既に20歳以上だったのか?? 「番長」って高校生と言う規定が有ったのに、もう学ラン着てれば年齢関係無い状態になってる様な ̄▽ ̄;
 悪矢七も議員かそれに近い仕事をしてる様ですが、前髪が益々凄くなってます(笑)。

 しかし…今回最大のツッコミ箇所。陽菜子が丘から未だ復興の済んでない光景を見て、「あんたが命がけで守ってくれたからだね。」と言ってますが、それ半分は晄のせいだから。巨大兄弟ガチンコ対決は宇宙空間でやって下さいよ。2人で地球破壊しまくってとっても迷惑でしたよ(ノ# ̄□)ノ 地球一周させられた猛が平気で呼吸していたんだから、金剛類なら真空の宇宙空間でも平気なんだろう?!

 最後の最後に晄が再登場ってのは王道ながらにして良い締めくくりでした。5年も何やってたんだ?!とは思いますが、流石の生命力を誇る金剛類も内核まで突入したら、再生までに数年は要するのでしょう。
 猛は…復活しないと思うんだけどなぁ…。

 王狼を始め募集番長で出て来なかったキャラに関しては、作者としては苦渋の選択だったそうなので、散漫になるよりは賢明な措置だったのかな。でも王狼哀れ…。


 最後に一応総括。と言ってもブリアク程語る事は無いなぁ。ブリアクの時はかなり鬱憤を溜め込んでいて、最終回を切欠に吐き出した感想が、未だにGoogleの1頁目に来る位ですが、金剛番長に関してはほぼ毎回吐き出して来てるので。

 始まった時は鈴木央最高傑作になるかと思ったのに、結局ブリアクよりも売れなかったのは何故でしょう。「ばっちょは好きだけど番長はもう飽きた」と言うファンの意見も散見されました。この人は絵の表現力は素晴しいのですが、一部のキャラを過剰に持ち上げる悪癖が災いしているとしか思えません。
 晄は元から超人設定でしたけど、卑怯が御都合&後付番長化したのが最大の原因な気がします。特に外道番長戦はシリーズ中最悪と言っても良いでしょう。噛噛と偽装は善戦したのに、猛と他の暗黒生徒会の面子や四天王(最後の1人は誰なんだ?)がショボイ連中ばかりだったし。

 上手く料理すれば幾らでも美味しくなる要素は持ってるのに、結局料理に変な味付けをしてしまって呆れられるんだよなぁ…。この辺が鈴木央がイマイチ弾けない要因なのだろうと。色々と勿体無いのですけど、ここまでやって来て考えを改める気が無いのなら、一部のコアなファンはともかく一般の読者からは飽きられても仕方有りません。

 今後暫くは読み切りを何本か描くとの事なのでチェックはするつもりですが、この人は読みきりか短編の方が破綻が少なくて良いのかもなぁ。


 さて、これでサンデー関連の定期感想は取り敢えず終らせて頂きます。神のみぞ知るセカイの感想もほぼ全話書いて来ましたけど、記事のタイトル・文章量取っても「金剛番長」の感想を書く事がメインでしたから。今後神セカやその他の感想は気が向いた時にと言う事で。
 
 ではでは今まで読んで下さった皆様、有難うございました。

イレネー記念のイレネーを想う
【2010/03/14 17:05】 ばんえい競馬
イレネーの像
 これが掲載される頃は実家に居る為、イレネー記念のレース結果を知るのは早くて15日の夜でしょうか。現時点では出走予定馬しか判りませんけど、順当に行けばテンマデトドケが本命ですかねぇ…やっぱり。
 リアルタイムで観られないから、代わりにこのレースの由来となったイレネーを偲んでみます。

 H.19年のばんえい記念合わせで初めて帯広に行った時に見た、噂のイレネー像の第一印象は「思ったよりも小さい」でした。この像が実物大かどうかは知りませんが、現在の輓馬よりも小柄だったのは確か。しかし彼の業績は非常に大きいのも確かです。
漢字でこう書くとは…
 本来「威烈寧」と書く事にも吃驚。実に富国強兵的な名前ですね。フランスから遥々日本にやって来た彼が、港からどうやって十勝に辿り着いたのかちょっと気になります。農耕馬として呼ばれたんだし、当時馬運車が有ったとは思えないから自力で歩いて来てたりして。(詳細を知ってる方、教えて下さい^^;)

 競馬場横の馬の資料館にはイレネーの偉業を讃える展示が有ります。
イレネーの展示
 こんな見辛い写真でなく、競馬場にお越しの際には是非御自分でお確かめ下さい。
イレネー血統図
 初代イレネー像の記念写真。戦時中の金属供出で一度無くなった為、現在の像は2代目なのです。
イレネー記念写真
 10740頭と交配し597頭もの産駒を出したイレネー。20歳の時事故で亡くなったそうですが、彼が現ばんえい競馬の礎になった事は確かです。…子孫達がずっと無事で走り続けられる様に見守って下さい。
  

 ところで馬の資料館と言えば入り口から左手の部屋に入った途端、目に飛び込んで来る馬の進化はスケールが大き過ぎと思いませんかね?(笑)^^;
何時見てもシュールな馬の進化 

ハイテク台湾、ここが不思議
【2010/03/12 10:40】 海外旅行
 台湾は日清戦争後に日本の植民地になりましたが、それに抵抗した台湾側と旧日本軍との戦いで、約14000人の台湾人が犠牲になりました。
 多くの犠牲と引き換えに、日本による各種インフラの整備と、日本の知的教育を受けて台湾の生活レベルが飛躍的に向上しました。第二次大戦で敗戦した日本軍撤退後、台湾には更なる受難の時が訪れます。

 実権を握った中国本土の連中(外省人)が、台湾人(本省人)を見下して日本教育を受けた知的エリートを大量虐殺し、数10年に及ぶ恐怖独裁政治を行ったからです。植民地扱いしていた日本よりも、中国本土に酷い目に遭わされた歴史が、比較的親日家と言う土壌を生んだ様です。(年配の方は今でも流暢な日本語を話すが、決して「日本語がお上手ですね」と言ってはいけない)

 その台湾は日本が所有権を放棄した物の、未だに正式に中国に返還された訳ではなく、中華民国と言いつつも日本では独立した国とは認められておりません。1972年の日中国交正常化によって、台湾とは国交を断絶したままです。
 …にも関わらず双方との民間的交流は盛んで、同じ国交が無いどこぞの北の国とは大違いですね。

 個人的には中国本土の人よりも台湾人の方が好意的に見れるのも、こう言った歴史的背景が有るからでしょうか。何しろ中国本土はチベット侵略の様な虐殺行為(政権を握るには武力弾圧と言う思想)、毒入りギョーザ事件に始まる各種中国製品の信用失墜、外国のネタを平然とパクって突っ込まれると白ばっくれる、ついでに海外で顰蹙を買っては見た目が似ている日本人にトバッチリを与える等々、唖然とする言動が目立つからです。
 *日本人だって決して褒められはしないし、中国人にも節度を持った方は居る筈なんだが…。

 日本と中国の支配下の影響でハイテクの道を歩んだ台湾。(植民地時代は日本本土よりも高度なインフラ整備がなされたとか)特にエレクトロニクス分野で目覚しい発展を遂げました。

 
 …前置きが長くなりました^^; そんなハイテクな地で私にはどうしても納得行かない事が有ります。それは紙を流すと詰まるトイレ!! 台湾の多くのトイレは水圧が低い為、トイレットペーパーを流せず、使用した紙を脇の専用バケツに捨てるんだそうです。
 日本でもペーパーを附属していないトイレでは、ポケットティッシュを流すと詰まるので、止む無く汚物入れに入れる事は有りますが、水に溶ける筈のトイレットペーパーを流せないとは何ぞや?! ̄_ ̄; 小ならともかく大に使った紙を態々持って捨てるってのは、日本人には結構苦痛で有ります-Д-; しかも台湾は日本よりも暖かい所なので、夏場の衛生状態も非常に気になります。「専用バケツ」が匂いが漏れないサニタリボックスには思えないし。

 高級ホテルや空港では普通に流せるそうですが、これでは外出時に安心して使えません。トイレ事情で苦労するのは日本以外の国では結構当たり前なんですかねぇ? ̄▽ ̄;

 因みにこれは北九州市内の或るトイレに書いてある表示。
トイレ注意書き
 中国語(北京語)・台湾語・韓国語、最後に日本語の4カ国表示ですが、英語文化圏の使用を全く想定してないのが何とも^^; ここではトイレットペーパーは「衛生紙」と書かれていますが、台湾では「手紙」も同じ意味だとか。

金剛番長最終回(暫定版)
【2010/03/10 09:30】 アニメ・漫画感想
 予告した通りこの記事が載る頃には帰省していて、早くて16日まで感想が書けない為、金剛番長最終回記念として、ちょっと懐かしい画像を掲載します。
金剛番長表紙のサンデーとブリアク
 確か番長がサンデーの表紙を飾ったのはこの3冊だったと思います。

2007年47号:新連載
2008年12号:16撃目
2008年34号:37撃目

 ついでに
2006年9号:ブリザードアクセル Program44 
   唯一単独表紙&トリノ五輪特集を飾った号(次号では作者病気の為休載)


 最初の金剛は随分色が白くて念仏も顔つきが違いますね(笑)。表紙に載りながら結局出て来なかった番長も居れば、ここに出てないくせにやたらとプッシュされた卑怯番長も居たりして。この時の話は文句無く楽しんでましたよ。思えばこの時のサンデーは厚かった…250円で510P以上有った…。今では260円で460P位っすよ? ̄▽ ̄;

 16撃目は卑怯が月美ちゃんを誘拐して金剛ピンチ!!の話。カラートビラの
「筋肉フェスタ '08春、絶賛開催中!!」
「金剛が巻頭で筋肉フィーバァー!! Yeah!!」
と言うアオリに爆笑したもんです。

 37撃目…暗契五連槍編最終戦突入…の筈が、卑怯を逆恨みして全員殺そうとしたカブキの策略から、皆を逃がすべく自ら犠牲になった金剛と爆熱。
 「さらば金剛番長…!!」「さらば爆熱番長…!!」の次の頁で「知ったことかーーー!!」に爆笑。

 しかしこれを最後に表紙は貰えず。(巻頭カラーのみは26撃目にも有った)ここら辺までは5回に1回はカラーが貰えたり、付録になったりと優遇されてるかに見えた金剛番長ですが、やはり五連槍編辺りから人気が翳り始めたのでしょう。
 私もこのシリーズでの金剛側全員勝利には首を傾げざるを得ませんでした。更に悪矢七を当てこすったり、金剛母の扱いが酷過ぎて猛を「マザコンのチンケな漢」に貶め、暗黒生徒会だの四天王はショボ過ぎだし ̄_ ̄;

 それでもブリアクよりは全体的には評価しておりましたよ。上手く料理すればアニメ化も夢ではなかったろうに。まあこの辺は最終回を読んでから総括するかな? 

今から応援帰省してきます
【2010/03/09 09:05】 お知らせ
 これから母入院に伴う手伝いの為に帰省します。今回の帰省は7日から義弟の長期出張(4月一杯)に伴う、応援と言う事になっております。
 …と言っても帰ったらすぐに台北その他が有るし、来月はダンナの実家で法事も有るし…で、ずっと居るのは流石に無理。もしかすると4月も帰らないといけないかも知れないけど、全ては母の回復次第なので未だ不明です。少なくとも当分多忙なのは確実だから、返事が遅れたりしても責めないで下さい;_;

 一応滞在中に幾つか記事は仕込んでおりますので、私が不在だと気がつかない人も多かろうな^^; 

 ぶっちゃけ最近しなくてはならない事が多すぎる事から来る疲れか、それとも緊張なのかちょっと体調が良くない事がしばしば。手伝いに行って向こうでぶっ倒れたら本末転倒だし、あまり無理しない様にセーブしつつ手伝って来ようと思います。

 ところで当初は9~10日に母仮宿泊の後は、ずっと妹の家で手伝い…の予定でしたが、リハビリの都合上平日帰るのは勿体無い(日曜以外毎日有る)と言う事で、仮宿泊が13~14日に変更になりました。まあ細かい事は向こうも考えていない様だけど、恐らく妹の家に居るのは10~13日だけでは無いかと。

 母の事は父がやるから、母の代わりに妹家で3つ子の世話+雑用しろと、父に言われてたんですがねぇ。でもこれは母の回復を第一に考えての変更なので妹も解ってるでしょう。
 まあ実家にも居るなら父の食事を作る事も出来るのではないかな。元々妹一家は実家と自宅を行き来してるから慣れてるし。一緒に実家に居る事になるんだろう…既に7日から帰ってる筈。

 妹の家ならネット環境が有りますが実家はネット不可な為、実質帰省中は連絡が取れないと思って下さい。

 取り敢えず帰ってから自分が無事だったら報告はする予定です。

ホリデイ・イン@モントリオール
【2010/03/07 00:02】 海外旅行
ホリデイ・イン@モントリオール
 北米1周年も過ぎた事だし当時割愛したネタを幾つか。

 海外のホテルではセキュリティ面で心配なので、以前は日本なら絶対に利用しなさそうな高級ホテル(ヒルトン等々)に泊まる事も多かったのですが、最初にフィンランド(オウル)に行って以来、なるべくホリデイ・インを選ぶ事にしております。何故なら海外での食費も馬鹿にならないので、各種サービスが充実していて比較的リーズナブル、しかも世界中に支店の在る所が気に入ってるからです。…まあ場所に因ってピンからキリまでですがね。(台北のホリデイ・インは遠過ぎる為、地元で定評の有るっぽい所にした)

 その中で或る意味一番感心したのが、Holiday Inn Express Hotel & Suites Montreal Centre-Ville。学会開催地でもあるハイアットも候補に入ってましたが、1日だけ空室が無かったのと高過ぎる等の理由でここにした訳です。因みにこのハイアットは巨大地下街に繋がってる為、買い物にも便利でしかも歩ける距離だし。

 海外のホテルで冷蔵庫が無い所は少なく有りません。個人経営的な所はもとより、高級ホテルですらその傾向が強いと言う。そんなお高いホテルを利用するお客は、ホテル内のお高いレストランやバーで飲食する為、基本冷蔵庫は不要と考えられているからです。根っからの庶民で外食よりはテイクアウト派の我が家でこれは困ります ̄▽ ̄;

 この冷蔵庫問題をかなり解消してくれたのが、(私の知る範囲では)ホリデイ・イングループだったのです!! 特に北米でサンフランシスコと共に利用したのは、もっとリーズナブルなEXPRESS(朝食付きが基本)と言う奴で、サンフランシスコの方で冷蔵庫と電子レンジが有る事にも感激したのですが、モントリオールのここは完璧に上回っていました!!

ちょっとした自炊可能
 キッチンには電子レンジ&巨大冷蔵庫&食器完備で、簡単な調理なら可能になってます。
食器も少し常備している

食器2
 しかも傍には食事用の椅子まで。
キッチンの椅子
 リビングと繋がっていてこのテレビで何度カーリングの生放送と、ロールアップと言うファーストフードの愉快なCMを観た事か(笑)。
居間(ここでカーリング観ていた)



 更に寝室は別になっております。寝室にもテレビが有りますが、ケベック州はフランス語が公用語なのに歴史的に英語も話せるせいか、英仏語両方の放映がゴッチャになっててややこしい^^;
寝室は別
 モントリオールのホテルは高いけど、設備が充実しているのが売りだそうで…。それにこの設備だと完全に滞在型ですな。バスタブの蓋が故障してて、お湯が漏れるのでフロントに言ったら、ひっくり返しただけで済まされたのはちょっと何ですが… ̄З ̄; もしモントリオールに行く機会が有って、多少自炊するつもりならここはお勧めでしょう。地下街にIGAと言うスーパーが在って惣菜類も結構充実してますし。

 もう少し街の中心部にはもっとお高い別のホリデイ・インが。何故中華風なのか意味不明。まあ近くに中華街は在るからなぁ。
近くのお高い中華風ホリデイ・イン
 唐人街門(中華街)。外貨両替所も結構在るでよ。
唐人外門

 …この様にイチオシしたいホリデイ・インですが、ミュンヘンのはあまり我が家には合ってなかったな。諸事情で朝食がルームサービスになってしまった(=要チップ)のと、冷蔵庫がミニバー用の為狭くて温い上に、ネット代別料金でかなり高かったし。(その代わり宿泊費は結構安かったらしい)
 北米よりはヨーロッパの方が好きな私ですが、ホテル的には北米の方が好きかも。  

小笠原でウシガエル根絶
【2010/03/06 10:13】 生物全般
外来ウシガエルを根絶 世界遺産めざす小笠原諸島・弟島

 私は外来種には冷たいので世界遺産云々を抜きにしても喜ばしい話です。特に島嶼性の生物は環境の変化に弱く、棲息地も限られてる為こうした外来種の影響を多大に被りますからね。

 ウシガエルと言えば…大学の必修課題に「カエルの骨格標本を提出する」と言うのが有りました。提出しないと留年になるので、カエルが大っ嫌いな某男子にとっては拷問に等しい課題^^; 私はサークル仲間のツテでウシガエルを入手。(とある市場には食用に売られていた)ポリバケツにクロロホルムを入れた中にカエルを入れ、意識不明になって苦しまない内に止めを刺した物です。

 まあ可哀想とは思ったけど気持ち悪いとは一瞬たりとも思いませんでしたね。焼き鳥屋でウシガエルを食べた時も、「ニワトリの足にそっくりだな~」「でも淡白な上に味も薄い」とクールな反応。大体ゲテモノ類は比較的平気なので、カエルやゴ○ブリ見てギャアギャア騒ぐ男の気が知れん…いやそんな男は実在するが、白衣人(びと)として解せない ̄▽ ̄;

 さて冒頭で外来種に冷たいと言いましたが、元は人間が勝手に持ち込んだせいで、本来外来種自体に罪は無い事は承知しております。ええ一番悪いのは人間なのです。 
 マングースは元々ハブ根絶に持ち込んだのに、ハブは獲らずにヤンバルクイナ等固有の生物ばかり襲う厄介者に。アライグマは見た目だけは可愛いのでペットにしたら、手に負えなくて捨てた個体が各地で増え捲くり悪食ぶりが鬱陶しがられています。特に単なる釣り用に放流された、ブラックバスとブルーギルには憎しみしか湧きません。
 更に人間の行動範囲が広がったせいで、船やら人体やらに勝手に着いて来て定着した例も少なく有りません。クラムチャウダーの時に述べたホンビノスガイもそんな勝手に定着した外来種で、現時点では東京湾に留まってるから未だ良い物の、こいつ等が日本全土を掌握したら他の貝が大変な事に。
 
 動物愛護家は外来種でも生きてる物を殺すなんて!!と抵抗を感じるでしょうが、本来の生態系に戻すには必要悪と私は考えております。動物愛護と動物保護は違うのですから。

 そう言えば台北の街中でも割りと鳥が観察出来るポイントは在る事を確認しましたが、そこでも外来種がかなり幅を利かせているんだとか。ついでにハワイで観光客が普通に目にする鳥は全部外来種と言って良いし。台北やハワイで見る外来種は日本では馴染みが無いから珍しく感じるけど、決して本来そこに在るべき存在では無いのです。

テーマ:サイエンス - ジャンル:ニュース

さらば金剛番長!!(第112話)
【2010/03/03 19:32】 アニメ・漫画感想
 最終回の感想に使おうと思ってたタイトルが、最終回の前で本編に使われてしまいました(笑)。折角なら最終回にカラーにしてくれと思う方も居るでしょうが、サンデーで最終回(直前含む)カラーは、ガッシュや犬夜叉ですら無かったし、最近ではクロスゲームに続く優遇措置かと。

 地球存亡の危機に有って報道魂を忘れぬキャスターに乾杯。既に放送を観る余裕どころか、かなりの死者が出ているであろうこんな世の中にも関わらず。(前回他の人影が無かった事から、東京では殆どの人が死んでてもおかしくない)
 世界が滅ぶ時、人はどう言う行動を取るのか。最後まで希望を捨てずにいられる人も居れば、自暴自棄になる人も居るでしょう。勿論締め切りに追われなくなる漫画家も居ます(笑)。

 大体猛の巨大化に付き合ってマジで大喧嘩するからこうなるんだよ(ノ# ̄□)ノ 晄が「スジは通す。」と言ってるけど、地球を救う為には内核に強大な衝撃を与えると言う理屈が意味不明。晄と改心した猛が地球の両側からくっつけるとかなら未だ解らなくも無いのだが、こんなやり方では余計に地球崩壊ではないか。『空想科学読本』でも説明はつけられまい ̄▽ ̄;

 我が身を犠牲にして(それ位の責任は取れや)自分が行くと言う晄に、陽菜子はここぞとばかりにヒロイン面して反対します。皆も押し黙るしか無いその状況で、晄の心中を察し態と憎まれ役を買う卑怯がカッコいい。或る意味彼が最も晄を信奉してるが故の苦渋の選択だからです。

 そして単身内核に向かった晄の後を猛が追います。焔や磊には彼の意図が解りました。ベタでは有りますが燃え尽きる直前、漸く兄弟が心を交わして弟に明日を託す…猛にとってベストな最期だと思います。あれだけの大被害を与えておきながら、猛も普通に皆と仲良く~の方が白けますし。磊は父みたいなチンケなマザコンになるなよ?

 でも最後の打舞流叛魔が炸裂したのは、内核でなくマントルだと思うんだ…^^; マントル自体が上下合わせて約2900km、その下に約2200kmの外核、それを乗り越えて漸く内核に達すると言うに(笑)。

 2人の兄弟の犠牲(自業自得)によって地球の危機は去りました。次回最終回は5年後の話らしいので、復興した街の雑踏の中、陽菜子や月美ちゃんがチラッと晄の姿を見た、的な終り方なのかな?

 ところで前から言ってる様に、次号が出る時は実家に帰っている為、16日まで感想が書けません。代わりにちょっと懐かしい画像でも載せようかと思ってます。


【神のみぞ知るセカイ】
 結に取り憑いた駆け魂は出ました。しかしそれは今まで殆ど報告例の無かった魂度4!! 元々拘留瓶は魂度3までしか想定して無かった為、エルシィは瓶を割られ取り逃がしてしまいます。…と思ったら何物かが見た事無い拘留瓶に駆け魂を捕獲済でした。それを置いたままと言う事は実行者は普通の駆け魂隊では無いのですね。新旧悪魔や神とはまた別の存在なのでしょうか?

 しかも古悪魔側に謎の新キャラ登場。結の駆け魂の転生はもう少しと言う所で失敗したけど、同様に育ってる娘が居ると言う…ってここで主将再登場とは!! 桂馬の攻略でスキマは埋まったと思ってたのに?! そう言えば女主将は消滅したのではなく、取り敢えず引いた形になっていましたよね。天理の例からすると女神持ちの可能性も否定出来ません。

 今回新たに出て来たキャラ達も気になりますが、10年前の駆け魂大脱走以来、未だに転生に成功した奴は居ないんですかね?? (報告してる奴は数少ない転生体かも知れないが) 一体駆け魂が転生出来るまでに育つにはどれだけかかるのでしょう??

 しかし結がすっかり男らしくなりましたね^^; 良くあの母を説得出来たなぁ ̄▽ ̄; バンド問題はこれで一応解決した様だけどここまで変わらなくても^^; 桂馬も動揺してるみたいだし。

誕生日が意外な日に?!(笑)
【2010/03/01 10:10】 海外旅行
 今日はダンナの誕生日で年に2回のステーキを焼く日でも有ります。(もう1回は1/16の結婚記念日。自分の誕生日が入ってないのは、何が哀しくて自腹で祝う必要が有るんだ?!と言う方針の下、ダンナに祝わせる為です)

 折角なのでフィンランド語で誕生日を祝ってやろうと(何故)、手持ちの指さし会話帳を引っ張り出します。


 ふむふむ…「誕生日おめでとう」はHyvää syntymäpäivää(ヒュヴァー シュントゥマパイヴァー)と言うのか。

 因みにHyvää(基本形 Hyvä)は所謂「良い」の意味ですが、英語のGood,Nice,Happy等好意的な単語全般に使います。後、päivää(基本形päivä)はDayの事で、Hyvää päivää(ヒュヴァー パイヴァー)で「こんにちわ」となります。この辺は基本中の基本なので、友達との雑談に言ってみると、ちょっと感心されるかも知れませんよ?(笑)

 しかし「誕生」に相当する単語は初めて知ったので、忘れない様に「シュントゥマパイヴァ~シュントゥマパイヴァ~」と連呼してる内に、何となく春闘みたいな気分になって来ました。

 だからと言って誕生日は「春闘だパイヴァー」と覚える奴は他におるまい(笑)^^;

 
 …ともうすぐ台北に行くのに、相変わらずフィンランド語に変換したがる私ですが(一応台湾中国語も調べてはいる)、私の海外ネタで最も読まれているのがフィンランド関係なのは相変わらず。(次点がドイツ。他の国は鳥関係が多い)
 滞在期間が短くてしかも行ける場所が限られている割には、他であまり語られていないニッチで実用的な内容を目指してますが、検索して来られる方が絶えない事から、その意図は結構達成出来ている様に思います(^^ゞ

 そんな中、最近『ちょっとヘルシンキ(4)~公衆トイレ事情~ 』が、とあるブログで紹介されたおかげでアクセス数が激増しております。 
 そこのブログは本来某プロ野球チームのファンサイトで、海外ネタはオマケみたいなのですが、そのオマケ経由で来る方が異常に多いと言う事は結構な人気ブログと思われます。まあ殆どの方はこの記事だけ読んでそれっきりですが、たまに海外ネタを一通りチェックされる方も居る様です。

 うちの様な辺境のブログが有名所に紹介されたのは光栄な話ですね(^^ゞ 

テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報




サイドメニュー ×
メニューA  メニューB