のよのよ in Zの悲劇?!
鳥全般・海外旅行・ばんえい競馬・アニメ&漫画etc.…ニッチな情報提供も目指します。

最近の記事 ×

プロフィール ×

Pin

Author:Pin
出身:福岡県。長年住んだ出雲から佐賀へ移住の白衣好き主婦。
趣味:同人活動ではハーロックに原点回帰。(他にナノセイバー・恐竜惑星・ジーンダイバー)、ばんえい競馬、鳥関係全般、(科学者用)白衣等々。海外に行った時は旅行ネタ多目。


カテゴリー ×

月別アーカイブ ×

最近のコメント ×

最近のトラックバック ×

FC2カウンター ×

カレンダー ×
06 | 2010/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


スイスを取るかばんえいを取るか…
【2010/07/31 12:10】 ばんえい競馬
 9月後半にブリスベンIIに行って来ます。2回目なので旅行記は前回のフォロー中心になるのではないかと。前回は中々情報が集まらないと嘆いたけど、今度はそれを活かせますからね。ここに書いた自分の記事読み直しておこうっと♪

 久し振りの帰省で喜ぶわらわらさん(笑)…と何だか困ってるドードーさん。いやブリスベンに関してはドードーさんも喜んでいる筈だが別の問題発生中でしてなぁ。
喜ぶわらわらさんと困ってるドードーさん
 早くもブリスベンの次の学会の話が来ているのだが、場所がスイスなのは良いとして、日程が来3月末…完璧にばんえい記念と重なるんですよ!! 台北の時は何とかずらしたが、今度ばかりはどちらかを選ばざるを得ない。
 この学会はフィンランド~モントリオール~台北の流れで、ダンナはこの学会皆勤賞と言うだけでなく、発表回数も恐らくダントツなので(1箇所で複数発表してる)、今回も確実にお誘いが来るに違いない!! これまで申し込んだ国際学会は全部受かってるから、申し込んだら確実に受かるだろう。

 実は国際学会のオファーだけなら、毎月の様に世界各国から来てるんですよ。全部引き受けていたら経済的にも時間的にもキリが無い為、かなりの数断ってるのが現状。本来なら毎回出ていた3年に1回の別の学会が、そろそろケープタウンで有った筈ですが、治安の面で心配だからパスしたし、今回のスイスも万難を排して出席する程の義務は無いらしい。

 井馬さんの年賀状ではまたお誘いが来るだろう。ばんえい記念とスイス…さあっどっちを取る?! ばんえいおたくの「ぶい」よ!!
悩んでいるのか白衣に潜り込みたいのか
 …だからと言って白衣に潜り込んでどうする(笑) ̄▽ ̄; 

 ぶいでは埒が開かないからドードーさんに聞いてみよう。彼女にとって帯広はばんえいはともかく、座布団の里として重要な場所。「座布団」は毛布と並んで彼女の必須アイテムですが、何の事は無い…六花亭(帯広のお菓子メーカー)の商品に使われている中敷の事です(笑)^^;
 この丸いのが「座布団」。既に10枚所有してますが、毎年補充しないと気が済まないらしい。
ドードーさんと座布団

本当はこう言う時下に敷いている
 ドードーさんはスイスを選ぶと座布団が手に入らないので御不満な様です ̄▽ ̄;

 まあ考えてみれば毎年ばんえい記念に行けてる訳ではないのです。ばんえいに興味を持って早9年目ですが、行けたのは近年の3回のみですから。
 それ以前に年度末は仕事その他で何かと慌しい時期。恐らく今年みたいに親が倒れたりはしない(で欲しい)と思うから、見聞を広める為にはスイスを取った方が良いのかも知れない…。

 少なくともスイスが実現したら、風光明媚な所なので写真の撮り手は非常に有るでしょう。後、ヘルシンキ経由になる為、帰りに例の免税店でコスケンコルヴァとFazerのチョコをGET出来る筈。

 そう言う訳で自分的にはやや気持ちはスイスに向いてはおりますが、最終的な判断はダンナが下すから、私はそれに従うのみなのだよ。

切欠は例のフランス語小説(2)
【2010/07/29 00:09】 ハーロック@松本零士
 アルカディア号が地球から離れた。俺は俺の誇りでもあった蛇輪の反対側に有る、ワイドスクリーン表示を見ていた。俺は間も無く彼女に再会した。長い ...長い時間 ... いつ?そしてどれ位時間が経った? (略)

 私は最後に2人きりになれる、この機会を長く待っていたのです。この巨大艦内の彼と私は自分達のトラブルから漸く自由になれたのです。恥じる事も無く無条件に愛し合えるのです。私の背後から彼のブーツの音が聞こえた時、私は思いをめぐらせ黄色に光りました。彼が入って来た時、彼は頭の天辺からつま先まで光った私に驚きました。ジュラ星人にとってこれは私達が感情を曝け出した時の現象です。

 私は蛇輪に身を預けました。そして彼は彼の座席につきました。通常、誰も艦長席に座りません。私でさえも。我々はその時互いに向き合っていました。彼は私に優しい微笑をしました。彼の片目は私が彼の元に辿り着く前に、その本質を訴えていました ...私は彼が疲れ切っている事に気づきました!
(Albator2001 第一章『海賊の婚約者』 冒頭より引用 :Pin意訳)


 わ~いVv中々エロくて良い出だしだ♪ 

 漸く書けた「例の小説」レビューの続き。一応これについて語ってしまわないと、自分が今構想中の話に触れにくいと思いましてね。設定や展開には違和感を覚える箇所が多々有っても、この小説が私のハーロック熱に再度火を着けたのは確かですから。(正確にはその違和感に対して、脳内でハーロックとミーメがツッコミを始めたのが本当の切欠なのだが^^;)
 この後の展開にちょっくらツッコミを入れてみよう。…小説と違ってお前等余裕だな(笑)。
お前等言ってる事が過激だぞ?(笑)
 因みにこの段階では未だ2人は一線を越えてない。

 そう言う訳で例の小説の粗筋と、独自設定に対する考察をしてみます。
 ただ正直この小説読むのはかなり大変です。先ず原文がフランス語だし、1つの文章でミーメ視点とハーロック視点が混在している為、どちらの立場で言ってるのか解り難い。しかも現実と幻想世界がかなり入り混じってややこしい-Д-; 尚且つ翻訳サービスはカオス。これを自分なりに意訳するのに超手間がかかると。 
 もしかすると誤訳している部分も多々有るかも知れません。フランス語に詳しいハーロックファンが居たら、是非マトモな翻訳お願いします>_<;


<粗筋>
 マゾーンとの闘いが終わり、ハーロックは地球を去った。ハーロックとミーメはアルカディア号の修復作業の為、デスシャドウ島に向かって行った。
 そんな状況下でハーロックは突然、2人で子供を作る事を提案する。何時か子供達をジュラ星に住まわせ、ミーメの故郷を再建しようと。ミーメは涙を流して同意し、そして2人は結ばれた。

 事が終ってから休憩の為自室に戻ったミーメは、見知らぬ女性の気配を察知する。何処かハーロックに面影の似た、ティタと名乗るその女性に、自分の父がハーロックである事、彼には9人の娘が居る事を告げられ、ミーメは少なからず衝撃を受ける。
 しかし…ティタの目を見た時、彼女は紛れも無くハーロックと自分の娘なのだと確信した。ティタは更に衝撃的な事を告げる。「8人の妹達は貴方に幸せをもたらすが、私が生まれると貴方を死なせる事になる。だから私を産まないで」と。

 ティタによるとミーメは既に自分を妊娠しているらしい。彼女は自分の母に危害が及ばぬ様、時空を超えて未来から警告に来たのだ。
 だがミーメは断固として拒否した。「私の子供なら生まれてきて欲しい」と。ティタはそれには応えず、再び時空の彼方に消えた。ミーメはその哀しみを孤独に噛み締めるのだった。

 
 アルカディア号の損傷具合のチェックに忙しいハーロック。しかもトリさんが地球を経って以来行方不明と言う。ハーロックがその状況に苛立ってると、ミーメは誰か見知らぬ者の気配を察する。ハーロックは信じなかったが、ミーメには解っていた。それはティタの後に産まれてくる筈の…8人の娘達だったのだ。未来の娘達と束の間の一時を過ごすミーメ。
 不思議な事に娘達はトリさんの消息を知っていた。彼は衝角の先端に居る。「犬」の存在に怯えて逃げて行ったのだと。
 その犬は実体を持たない、ミーメの守護神として神が与えた存在らしいのだ。

 娘達が言った通りトリさんは衝角の先端に居た。彼を回収するが否や衝角は崩れ落ちた。実はラフレシア艦に乗り込んだ時に付着した、恐るべき寄生虫によって腐蝕が進んでいたのだ。それ以上の被害を食い止める為に、ハーロックは艦首自体を切り落とす苦渋の決断を下す事になる。



 その後2人の出会いや睦言の数々、撤退した筈のマゾーンに政権交代が起こり、再びハーロック達に干渉し始めた事等が語られます。しかもハーロックが重傷を負い、数ヶ月意識不明の状態に陥ってる時に、ミーメは身重で有りながら独り敵と戦う事態に。恐怖の幻想世界から逃れる為に、ズタボロになりながら、お腹の子供とハーロックの為に必死で戦う彼女の姿は中々カッコいい。

 その反動か敵の陰謀か…ティタを産んで間も無く彼女は行方不明になります。ハーロックは育児に孤軍奮闘…かと思いきや、登場済のオリキャラ博士の協力も有って、娘は無事に育って行ってる様子。
 ハーロックは娘を博士に預けて?ミーメを探す為に戦う事を決意するが、今度は彼が幻想世界に巻き込まれる事になります。

 かなり壮大な構想が想定されているにも関わらず、3年間更新が止まってる為、最終的にどう纏まるかは不明のままですが、貴重なハーロック&ミーメ作品には変わり有りません。しかも中々エロイぞ(笑)。


 次にこの『Albator2001』の設定で、「これは違うだろう?!」と思う箇所について列挙してみます。読んだばかりの頃描いたツッコミ。昔取った杵柄で楽勝♪と思ったら、あまりの腕の鈍り様に愕然としたもんだT∇T;
最初のツッコミ

*ミーメの独自設定について

 1.アルコールを口(に相当する場所)ではなく、体全体の皮膚から吸収する為、口だけでなく消化
  器官その物を持っていない。味覚と言う概念が無い。(子供の作り方は同じ(笑))
 2.喋る時は脳波を振動させて音を伝える
 3.近くに居ると相手の心(特に夢の中)に入り込みシンクロ出来る
 4.一生に2~3人しか子供を産めない種族
 5.2人が出会ったのはアルカディア号が既に出来上がっており、クルーの大半が揃った後。
 6.あまり使えない。しょっちゅう疲れを訴えたり、何かとハーロックをかなり煩わせる
 7.実は夫が居たらしい
 8.寿命が非常に長い。外的要因が無い限り基本的に不死


 8は異星人だからそれも有り得るとして…1~3の特異な生態の為に、ジュラ星人は医者や生物学者にはかなり興味深い研究対象らしい。Dr.ゼロだけでなくオリキャラの博士も、ミーメの体を調べる為協力を申し出るし。
 何処かで聞いた話ですが、実はミーメには口が有るんだそうです。普段は見えないと言うだけで。

 4…2~3人しか産めない筈なのに、何故9人も産めたのか?は伏線らしいので保留。

 気になるのが3・5・6。本来ミーメはハーロックとの付き合いが長く、彼を最も理解出来る存在の筈。これが何故か後から加わった事になってる為、ミーメが中々他のクルーと馴染めなかったり、ハーロックと解り合えていない描写が結構有る。
 しかも彼を助ける筈の彼女が、しょっちゅうハーロックをイライラさせる。本当にハーロックに命を捧げたのか? これで愛し合ってると言うのはかなり違和感。

 7…同族なんて滅んでしまえとまで思っていたミーメが、結婚する気になれたのかね?? 一応この話ではジュラ星人は、男女両方が子供を欲しいと思わないと妊娠しない設定らしいですが。
 特に伏線にもなってないし、独身でも済みそうな描写だったんで、あまり必要な設定ではない様な??(完結してたら必要だったかも)


*ハーロックの描写について

 1.実はかなりの好き者^^; 口の無いミーメとキス出来ない事に異常に拘る
 2.しかし子供はかなり欲しがっている
 3.トチローが過去の人になっている?
 4.しょっちゅう悪夢にさいなまれる

ほうほう。経験者は語る、と
 1…9人も娘が居るってのにも驚いたけど、それ以上に衝撃だったのは出会ったばかりで、未だ馴染んでもいないミーメを手篭めにしようとした所!!∑( ̄□ ̄Ⅲ;)
 ミーメには夫が居たらしいので、命の恩人と言えど、簡単に他の男に体を許す気にはなれなかった様子。にも関わらずレ○プしようとしたとな?! 
 んで、驚いたミーメはハープで彼の頭をブン殴ると言うどうしようもない展開…。後でミーメが謝罪に行ったら「俺だって男だ。女が欲しい時だって有る。俺の相手をしたくなければ部屋に帰れ」と抜かす…。(でもこの後抱き合ってるんだよな(笑))
 助けた時は結構紳士的っぽくて、最初にハープを聴かせる時も、優しげだったのに本性はこれかよ?!みたいな-Д-;

 ちょっと待て!! ハーロックはその気になれば女なんて選り取り見取りだが、そう簡単に女になびかないキャラでは無かったか?! これでは野蛮なそこら辺の海賊と変わらんぞ?!(ノ# ̄□)ノ
 もしハーロックがそんなキャラだったら、とっくにマゾーンの色仕掛けにハマっていた筈。仮にミーメが助けて貰った御礼と称して裸で迫っても、そう簡単に手を出さないのがハーロックのポリシーと思っているんですが?-Д-;

 後、謎なのが2人で子供作る事を決めて、ミーメがシャワーを浴びている間、ハーロックはBGMにビバルディの『四季』を流し、早くやりたくてバスルームの前で待ち構えていた所^^; ついでにコトの最中は『四季』のメロディーに合わせて…(かなり生々しい為自主規制)。最初読んだ時、流石の私も「そんなガッついてるハーロックは嫌だ!!(ノ# ̄□)ノ」と思ったよ ̄▽ ̄;
 フランスでは『四季』はカップルのムードを高める定番なんだろうか?? 

 更に口の無いミーメにとって、ハーロック達の口が恐怖の対象で有ると同時に、ミーメの黄色の目と心を読む力は、彼等の恐怖の対象でも有ると言う。 
 その為、2人は何時まで経っても互いに心を開いてない印象が拭えません。そのくせやってる事はしっかりやってると言う ̄▽ ̄; 

 2…これは別の意味で意外…。ミーメと一線を越えた事や子供が出来た事を、日記にかなり喜んで書いてるんだぜ。特に娘が産まれた時は「俺は父親になった。俺は宇宙一幸せな男だ」とまで言ってるし。(へぇ~)

 3…友よ!!が信条のハーロックが、トチローについて殆ど語らないのも不思議。一応アルカディア号が唸りを上げたりする描写は有るのだが…。

 4…序盤でミーメがハーロックの悪夢とシンクロして、彼を助けるシーンが有るのですが、彼が「悪夢を克服した」と言う割りに、その後も再三悪夢に翻弄されている ̄▽ ̄;

 この2人、自然体で本音を曝け出せる関係と思ってるのに、解り合えてない…本当にこの小説の2人は解り合えてない…。知り合って何年か経ってるだろうに、互いにビクビクし合ってる。ミーメが光るのも周知の事実で、今更驚く必要も無いだろうと。でもしっかりやる事はやってる。(かなり濃厚に(笑))それってフツーの男女関係と変わらなくないか?

 それと2人の子供をジュラ星に住まわせる事が悲願になってるのも疑問。互いに故郷への想いは持ちながら、帰る事は許されないと思ってる彼等は、子供が産まれてもアルカディア号で宇宙を旅する事を選ぶのでは無いかと。
 将来子供達が故郷に降り立つ事は有ったとしても、それは子供達が判断する事と思っていそうな気がするんですがσ(’、`)?


 …等々、引っ掛かる点が結構有った為、自分が構想中の話はその辺を修正したい向きも有ったり。
 もっとも以前書いた様にフランス版ハーロックは、テーマソングからして全く別物になってるし、吹き替えも何処まで忠実か怪しいんですよね。増してや原作や他の関連作品を観ていないとしたら、かなりの曲解が入っても仕方無いのかも。
 第一元を知ってる筈の日本の同人作家だって、結構自分の都合の良い様に曲解するもんだし、自分の話も仮に公開したら「ハーロックはこんなキャラではない!!(ノ# ̄□)ノ」と、ブチキレるお方も全く居ないとは言い切れませんからねぇ ̄▽ ̄;

 人の事は言えないかも~と思いつつ、それでも漫画で描けるのは私位だろうから、私は自分の旗(「萌え」と読む(笑))の下に戦うのだ(笑)。
ま、そんな事も有り得ると(笑)

台北旅行記(12)~TAIPEI101~
【2010/07/28 12:02】 海外旅行
 TAIPEI101は2004年に竣工した高さ509.2m、地上101階、地下5階から成る超高層ビルで、2007年にドバイのブルジュ・ハリファ(高さ531.3m)が出来るまで、世界で一番高いビルでした。

 離れて撮らないとこんな状態に^^;
高過ぎて全貌が入らん
 世界2番目になった今でもその高さは台北の誇りでも有り、展望台は人気の観光スポットにもなっています。実は着いた翌日(3/23)に午前中時間が有った為、登ってみようと思ったら物凄い長蛇の列で諦め、漸く帰国前日(3/25)のMRT全線制覇の後に果たせました。

 MRT市政府駅前から無料シャトルバスが出ているのですが、目の前で出て行かれてしまい結局歩く羽目に。もっとも歩いても10分程度だし良い運動と思えば。
 こんな奇麗な光景も観られたし♪
バスに乗り遅れた代わりに良い物観れた
 TAIPEI101もライトアップ。
ライトアップ
 中に入ると終了時間も迫ってるんでやはり人は多い物の、先日に比べると比較的楽に入場出来ました。89~91階が展望台になっており(91階は屋外)、89階の展望台までエレベーターで登ります。女性の解説を聞きつつ、天井のプラネタリウムに見とれているとあっと言う間に到着。その間僅か38秒。それもその筈。時速60kmの世界最速エレベーターなんですから。
天井はプラネタリウム気分
 時間の都合で流石に91階の屋外展望台はパスして、高さ382mの89階パノラマ展望台から、夜の台北を眺望しましょう。道路を走る車のライトが光の帯の様です。
道路が光の帯だ…
 MRTからでは良く判らなかった施設も色々。これはあの謎の観覧車ですな。
あの観覧車
 松山空港。
松山空港
 そして軟体公園(笑)。
軟体公園(笑)
 総統府(ゾントンフー)。日本統治時代の台湾総督府です。今回近くを通り過ぎただけで行く機会無。
総統府
 地上だと中正紀念堂がこの総督府を見下ろす様に建ってるのですが、TAIPEI101から観ると寧ろこちらの方が目立ちますな。ライトアップの勝利か(笑)。 

 一見パウル君…もといタコみたいな可愛いキャラが!!
ダンパー君可愛いVv
 これはダンパーと言って地震等の風圧に耐えられる様に設置された装置を模した物です。本物はこんな感じですが巨大過ぎて全部入りません^^;
ダンパー(TMD:チューンドマスダンパー)
 ダンパー君達がその構造を解説したり。良く見ると顔が101なんだよ~やっぱり可愛いVv
キャラグッズも有るよ♪
 一通り台北の夜景を堪能した後は88階から帰る事に。エレベーターに着く前に見事な珊瑚の芸術品が!! おっ?珊瑚美術館も併設なのか?…と思いきや、実は土産物屋の展示物でした^^;
珊瑚で出来たワシ
 珊瑚加工品も台湾土産として有名らしいですね。見事な代わりにお値段もかなりの物ですが。

 
 さて行ってから4ヶ月も要した台北旅行記は、一先ず今回で終らせて頂きます。ただ中正紀念堂や228和平公園等、敢えて紹介していない物も幾つか在るんで、そちらは『台湾の鳥』シリーズで随時紹介する予定です。
 ではではここまで読んで下さった皆様、有り難うございました。



テーマ:台湾 - ジャンル:海外情報

わが青春の黒歴史^^;<その2>
【2010/07/26 13:32】 ハーロック@松本零士
 さ~てここから大昔自分が描いたハーロック本の内容について触れますよ~。或る意味同人トラブル暴露よりも遥かに自虐的要素たっぷり♪(爆)

 …とは言え未完成2冊を含む9冊中、1~5冊目は実家に置いたままです。GWに全部持って帰ろうかと思ったけど、あまりの悲惨な出来に比較的マトモな部分だけ写真撮れませんで。直視出来ない所が多過ぎて絶叫と激しい絶望を覚えながらチェックしたから、内容はうろ覚えでどの本から撮ったのかも良く覚えていなかったり ̄▽ ̄;。

 先ずはこれは確実。ハーロック本第一号。
記念すべき第一号だが…
 単にペンで描いた物なら、これ以前にヤマト25・26話の本を作ってるんですが、あちらがTVのコミカライズだったのに対し、こちらは「自分でストーリーを考えてペン入れした」初めての本だったりします。

 当時未だ放映中だったにも関わらず最終回を予想した物。ここだけ見ると割りとマトモ…か?!^^;
ここだけ見ると上手く思えるかも??^^;
 この頃は原作を意識した絵柄でしたね。如何せんアニメ側の資料が充分無かったんで。ラフレシアとの直接対決を描くつもりだった様です。「前編」と書いて有りますが後編は存在しません^^; 
後編は存在しない^^;
 一応シリアスを目指したのに、画力が残念過ぎて挫折したのが原因かと ̄▽ ̄; 以後シリアスは諦めてギャグばかり描く時期が続きます…。

 あの頃の私は「シリアスは絵が上手くないと描けないが、ギャグは絵が下手でも描ける」と思っていました。これがとんでもない勘違いと悟ったのはずっと後の事。シリアスは或る程度画力で誤魔化せますが、ギャグは本当にセンスが必要なんです。絵が上手いからって描ける物ではないのだと。
 そんな私も後に「シリアスとギャグ両方こなす」と評価される様になって良かったね(^^ゞ

 当時の自分の絵はこんなタッチだったので、ハーロックにも適用したんですが…。(以前の写真から抜粋)
昔はこんな絵だった
 絵柄に引きずられてキャラ崩壊も甚だしい代物と化しましてな-Д-; 「僕」と言ったりやたらギャーギャー騒いだり。後、自分は一応トップクラスの成績だったのに、悪い意味で馬鹿丸出しの内容連発だった事に閉口(ノ# ̄□)ノ 嫌になって5冊目の途中からこの絵柄を捨て始めたとさ。
これまでの絵を捨てる宣言
 でもこの5冊目では新旧混在はしていた。完全に捨てたのは6冊目からですな。
絵柄を変えようとしていた時期の物
 まあイラストは案外マシに思えるなぁ。アルカディア号も全部手描きしてたし。メカや宇宙関係はこの頃の方が上手かったかも?!
メカも手描きだし
 そう。漫画の出来は許せないがイラストは意外と今見ても許せたりする。あ、シリアスだ!!(笑)
嗚呼シリアスだ…(笑)
 これなんて模写だからかなりマシだぜ?^^;
イラストは結構許せるんだが
 漫画の出来もまあ許せるようになったのは6冊目以降かな…。でもこれはシュール過ぎる^^; 特筆すべきは当時の自画像は白衣を着ていなかった事だ!!
もう意味が解らない^^;
 だが何故かハーロックには白衣を着せる自分。時々生物学的な学習漫画を描いてもいたんです。白衣の描き方はかなりいい加減だけど ̄▽ ̄;
学習漫画@白衣のハーロック
 あ、これPart.2なのか。Part.1は確か「ミーメがどうやってアルコールだけで栄養分を摂取するか?」って話だったっけ? (ハーロック&ミーメ派の自分としては珍しく?ミーメがハーロックにつれない(笑)^^;)
 これは痛風の起きるメカニズムについてだったな。

 2回で終わらせるつもりだったけど、長くなるんで肝心の(笑)ハーロック&ミーメ関係は後日改めて。 

台北旅行記(11)~MRTに乗ろう<その4>~
【2010/07/24 12:16】 海外旅行
 MRTには全線乗ったのですが…正直もう1日欲しかったです。関渡自然公園で粘った為に、全線制覇を開始したのが夕方からでしてね。車両の最前部を陣取って写真を撮るも、暗くてボケるわ自分が映ってしまうわで、マトモに紹介出来る写真が偏っているのです^^;

 まあ一番有望な見所は淡水線かな? 沿線に自然を堪能出来る名所が結構有るし、北投(ベイトウ)から分岐する新北投(シンベイトウ)は温泉街としても有名ですから。

 電車が北投往きだったので一旦下車。向こうに見える新北投支線は何やら楽しげです。
何やら楽しげ~
 車両も賑やかなイラスト入り。
新北投支線
 この後一旦淡水まで行って、関渡自然公園に寄ってから新北投支線を目指す事に。実は北投駅と新北投駅は1km位しか離れてないので、一旦改札を出て新北投駅まで歩きました。

 店がひしめく中を歩いて行くと中華風の建物が見えて来ます。
新北投駅
 その手前に有る看板には募金への告知が…。
ふむふむ…
 …ん?
何?! 宮崎駿のトトロ?!^^;
 トトロ?! まさかここで宮崎駿の名を見るとは!!^^; まあヘルシンキの地下鉄内でラピュタのDVD広告見るよりは普通か?

 少し待つと北投からの電車が入って来ました。
新北投駅に入線する車両
 しかし異常に遅い。自転車並みに遅い。入線する時だけかと思ったら全線そんな感じでした。1km程度の短い路線を4~5分かける超徐行状態で北投へ。
 でも車両は本当に賑やか。
車両も楽しげです
 
楽しげな絵が到る所に
 4両編成だったかな?の車両は全て基本のカラーが違い、イラストも全部変えてます。
全部色が違う
 この新北投支線だけはちょっと日常を離れて、まるで遊園地に居る様な気分に浸れます。

 この後、中正紀念堂に戻って西側の永寧・小南門・中和・新店・小碧潭支線を制覇してから、東側の文湖(文山&内湖)&板南線に向かいます。

 忠孝復興駅から南の動物園の路線は、動物園駅1つ前の駅名からかつては木柵線と呼ばれていました(現文山線)。パンダで有名な動物園ですが、如何せん夜だったので当然閉ってる^^;
夜の台北動物園
 希少動物の繁殖にも力を入れている模様。
…なので当然パンダは見てません^^;
 尚、ここから猫空(マオコン)までのロープウェイは、生憎運休中で代行バス運行と聞いていましたが、単に設備補修の為の運休だったらしく、行った頃(3月下旬)丁度試験運転再開で賑わっていました。客が多過ぎてパンクしていた様だけど^^;

 この後北上して内湖線へ。中山國中~松山機場間は松山空港とアクセスする為に、強引に線路が曲がりくねっており、何だかアトラクションのトンネルを通ってる気分^^;

 そこを抜けて暫く行くと謎の観覧車が。(超ピンボケT∇T;)
謎の観覧車
 途中軟体公園を通過して内湖線の終点・南港展覧館に到着。
確かにソフトは軟らかいけど…
 ここから隣の南港までは無料シャトルバスが走ってますが、現在延長工事中なので開通すると板南線と直結します。

 で、板南線の市政府駅で降りてMRT全線制覇!! 
市政府駅出入り口
 単純に全線乗るなら5~6時間で可能と思われますが、ゆっくり沿線も回る為にはやはり丸一日は欲しい所です。

 さて、行ってからもう4ヶ月も経つし、いい加減終わりにしたい台北旅行記。次回最終回?はTAIPEI101を語ります。



テーマ:台湾 - ジャンル:海外情報

魅惑と疑惑の艦長室≧▽≦ノシ
【2010/07/22 14:33】 ハーロック@松本零士
 梅雨が明けたと思ったら連日の猛暑で溜まった物ではない今日この頃。暑いと頭のネジも緩むってもんでして、開き直って描いたのがこれ。
しかし黒い服は暑苦しい^^;
 状況はアルカディア号のエアコンが故障した時と思いねぇ。ハーロックはそれでもこの程度しか脱がないだろうけど(艦長としての面子+体中の傷跡を見られたくない等の理由で)、ミーメは平気でこれ位の格好しそうな気がする(笑)。

 とゆーか原作のミーメってトップレスで泳いでいたんだぞ!!(螢はビキニ) そしたら巨大化アンタレス蟹に捕まって、それをモニターで見たハーロックが、仕事放ったらかしてすっ飛んで行く様子が結構面白かった♪

 この人は酔っ払ったら奔放になりかねないからなぁ^^; 「口が無い」事で定評の有るミーメですが、キスの概念は把握してまして、原作では中々寝ないヤッタランの冗談を真に受けて、アニメでは退屈しのぎと称してDr.ゼロに迫る始末(笑)。

 律儀な原作はともかく、アニメの「退屈ダカラ キスシテアゲマショウカ?」「退屈しのぎなんてもっと生々しくやってちょうだい」「デハ 真剣ニ…」とゆーシーンは、改めて見てもエロイわっ!!^^;

 お~いハーロックはどうしたんだよ~?と思ったが、その頃あの男はまゆが攫われてヘタレていたので、そんな事念頭に有る訳が無い ̄▽ ̄; (後日これをネタにした話を描いてみたが…本当にヘタレ過ぎてしまった^^;)

 ああしかしやっぱり旧TV版がエロさでは一番ですな(笑)。一応全話録画してはいますが、DVDで最初から纏めて久し振りに観ると新しい発見も多い物です。リアルタイムから推奨していた、ハーロックXミーメに対する確信を強めている次第(笑)。

 昔の私はあまり構造とか配置を考えずに、テキトーに描いていた事を痛感したので、今度はちゃんと把握しようと思って観直したら、艦長室の家具の配置に驚愕したよ!! マジで!!

 私はミーメの椅子ってハーロックのと同等な物と思い込んでいたんだが、19話観直した時あまりの違いにちょっと驚きました。「え~自分は良い椅子に座ってるのに、ミーメにはそんな椅子かよ?!」と思ったもんだ。
魅惑の艦長室?
 しかし驚愕なのはこの配置。ミーメのすぐ後ろは何とハーロックのベッドなんですな、これが(笑)。
後ろはベッドだ!!(本当)
 しかも結構ミーメ自身がこのベッドでも弾いていると言う。
結構ベッドで弾いてるんだもん(笑)
 …ああそうか!! すぐ押し倒せる様になってるのか!!(笑)
 …等と意味深なシーンが多過ぎです!!(笑) これが放映当時「子供向け」と称して、フツーにゴールデンタイムで放映されていたんだぜ!!>▽</

 ついでに11話では当たり前にお持ち帰るシーンまで有ったり(笑)。
普通に連れて行ってるし!!(笑)
 因みに上のベッドに座ってるのがこの後のシーンだったり(笑)。

 意外だなぁ~。ミーメが一歩下って付いて行ってるのかと思ったら、これ完全に寄り添ってるぢゃねーか!! そんな絵は自分しか描かないと思ってたのに!!(笑)

 自分で描いた絵。現在壁紙として私を喜ばせております…が、実は未完成だったりする。
散々描き直してしまった…
 ラフを描いた時はすんなり行ったのに、ペン入れ時のハーロックの表情が気に食わなくて散々描き直した上に、着色が済んでから更に描き直す…と、想像以上に手こずった為、キャラの着色で力尽きてしまい、背景が全く入って無いからです^^;

 ラフはこんな感じ。
ラフだと結構良い感じなのに…
 その内ちゃんと背景入れて完成させたい物ですがね…。 

 まあ暑いからこんな妄想もしてしまうわっ!! もっとも暑くなる前から考えてはいたけどなっ(核爆)。

ウェンツ瑛士の熱愛発覚
【2010/07/21 09:59】 ナノセイバー・恐竜惑星・ジーンダイバー
 Yahooトップを見たらこんな記事が…。

AKB大島優子&ウエンツ瑛士が“熱愛”

 あのウェンツももう24歳か…。好きな人が居てもおかしくない年齢ですな。今では売れっ子の彼ですけど、プロフィールに「天てれ」の名は有っても、ナノセイバーで徹を演じた事は書かれてない、と。(Vシリーズは天てれの番組内番組だったから、天てれ出演歴と統合されてしまってるが)

 せめて売れ出した時に「ナノセイバーに出てる」と一言言ってくれていれば…もっとナノの知名度が上がったかも知れないのにっ!!

 今のウェンツファンの皆っ!! 彼にもこんな時期が有ったんだぞ~!!>_<;
当時11~12歳のウェンツ
 台詞がたどたどしかったんで、ダンナには「たどたどしい人」と言われてたけど、ナノセイバーは難解な専門用語が多いから、意味が解らないまま演じても仕方無いかと^^; (大体天てれの子役の演技が微妙なのは定説だし(笑))

 まああの頃のウェンツと今のウェンツは全く別物ですけどね。そう言えば昔「筋金入りのウェンツファン」と豪語していた或る方が、後に「私、声変わりしたウェンツには全く興味無いねん」と掌返した時は爆笑してしまいましたよ≧▽≦ノシ

 ナノに出ていた面子で仁役の木村高人君は芸能界完全引退したが、強志役の大滝貴也君は後にそれなりの美少年になって出ていたなぁ…。一番驚いたのは友希役の山口明寿香が、「あすか」の名前でセミヌード写真集を出していた事ですが ̄▽ ̄;

 あれから更に大分経ってるけどウェンツ以外の皆どうしてるんだろうなぁ~?
皆元気にしてるのかな?

金剛番長最終巻
【2010/07/18 18:25】 アニメ・漫画感想
 連載終了から早や4ヶ月。この度最終巻が出たので久し振りに感想書きますかね。

 中表紙:漫SONが描いたのかよっ。剛力がお色気要員になってるしっ(笑)。

 連載終了時に2話足り無かったので、最終巻の描き下ろしが気になってたのですが、108撃目が王狼番長メインで良かったなぁ…王狼…´▽` 
 十字架番長(だったっけ?)との戦いで絶体絶命かと思われたその時現れたのは!! ウルフファングの皆さんも御無事で。(何だかんだ言って死亡率の低い漫画では有ったけど) 仲間の無事に勇気を奮い起こした王狼は、己の圧倒的なオーラでソーン・ボアのみならず、死んだと思っていた憲兵までをも気圧す。
 憲兵の様なキ○ガイを放置は如何な物か?とも思うけど、あの様子だと師匠への贖罪の気持ちも湧いた様だし、まあ大丈夫なのかな?

 P.138の描き下ろしを見ても、何気に王狼とキャンディのフラグ立ってますね。本誌最終回以前から卑怯&サソリや居合&夜子は明白だったから、こう言う別のカップルにスポットが当ったのは何となく嬉しい。

 最後の後日談…文学があのさゆりの墓前で号泣した友人?! いや年齢的に年下シュミにも程が有る(だがこの作者だとやりかねない(笑)^^;)から、友人に変身して墓参りに行ったのでは無いかと。猛は本当に死んだみたいですね。そして漸く最愛の母と一緒に安らかな眠りについたんだね。

 本来なら王狼はあのままフェードアウト、更なる卑怯プッシュがエスカレートしていた可能性大。何しろ鈴木央は特定のキャラを過剰に持ち上げて、他は捨て駒にしたがる悪癖が有るから。そんな彼が読者の意見を考慮して、王狼の見せ場を作ってくれた事には、彼の成長が感じられて素直に嬉しいですね。(嗚呼…ブリザードアクセルの悪夢…)

 暫くは読みきりを単発で発表するそうですが、今度連載をやる時は編集が上手く手綱を取って、「悪癖」が出ないと良いなぁ。元々絵は上手くて描き分ける方だし、速筆な人なので色々と勿体無いんだよ。

 とにかく鈴木先生、お疲れ様でした。


 しかし次の連載がサンデーとは限らんな。先日通算3000号を迎えたのに薄っぺらさに呆れましたよ!! 2~3年前はマガジンと同じ値段で50~60Pはブ厚かったんだけど、ここ暫くは逆に50~60P薄いよな~。
 その分内容が濃いなら未だ救われるけど、3本有った野球物が3本とも終了、しかも内2本はアニメ放映中に終ると言う間の悪さ。確かにMAJORは散々引き伸ばして終わり所を誤った感は有りますけど、コナンだけに看板背負わせるのもかなり厳しいだろうし。

 新たな看板が出来る見込みも無く、こりゃ毎年10万部減らすのも無理無いかと。アニメ化決定した神のみぞ知るセカイが有るからかろうじて未だ買ってる状況…。
 元々サンデーはダンナが買っていたのを、私が引き継いで惰性で買って来ましたが、神セカが終る頃に目ぼしい連載が無かったら、マジで購入を辞めるべきかも知れん、と思う位酷い。

 ゲゲゲの女房観て思ったけど、昭和40年頃はマガジンよりも、未だサンデーの方が発行部数が多かったんだよね。今では見る影も有りませんな ̄▽ ̄; え~とマガジンの1/3位? 単行本の売り上げもマガジンに水を空けられる事が増えたし、中小出版社なら廃刊になってもおかしくないレベル。小学館のプライドで続けてるに等しいかと。


 ただ個人的にはかつて“250万部乙女の雑誌”と言われた「りぼん」が、現在発行部数30万部程度(実売10万部)まで凋落した方が深刻な気もする。
 少子化も一因ではあろうが最大の元凶は看板の種村有菜では無いかと。元々失言の多い人だったけど、ツイッターでは最早人間性を疑いたくなる言動を露呈し捲くりですよ? ウォッチャーの私から見ても、純粋なファンを作者自身が切り捨てる様は尋常ではない ̄▽ ̄; あらゆる意味で何様?!とこうも思わせる人も珍しいぜ。
 
 あんな人を一番りぼんでは売れてるからと言う理由で、放置している編集の人間性も疑いたくなりますぜ。このままだとマジで廃刊してしまうよ? 

 …等と元りぼんっ子は思うのでした。

台北旅行記(10)~MRTに乗ろう<その3>~
【2010/07/16 18:58】 海外旅行
 幾つかのMRTの駅は現代アート活躍の場でも有ります。台大病院駅のモニュメントの1つ。
芸術の展示も兼ねてる
 市政府のこれは一体何だろう?^^; 巻貝?(笑)
これも謎のモニュメント^^;
 ホームのデザインもユニーク。小碧潭駅。
ここも支線の終着駅
 忠孝敦化駅を出た通路に有る展示品達。
こんな芸術品も展示
 中正紀念堂のアート、シンプルながらお洒落?
中正紀念堂のアート
 郊外の駅舎もユニークな物が多いですが、如何せん行った当時は改装工事中だった駅舎も結構有ってね。…関渡駅とか。この辺は次回語るとして今回は基本駅構内と車両内に特化します。

 中正紀念堂駅のホームに入線してくる車両。パッと見日本の地下鉄と違和感無いですが、標準軌(軌間1435mm:新幹線や一部の大手私鉄・地下鉄と同じ)なので、狭軌(1067mm)を見慣れた田舎者には幅広く感じます。
MRT 地下鉄
 MRTは近代的なだけ有ってホームと車両の段差も無いですね。
ホームとの段差が殆ど無い
 でも隙間が無い訳では無いからこんな注意書きは有ります。…嗚呼…MIND THE GAP´▽`
ホームに有る注意書き
 乗車すると色んな注意書きが有りますが、ちょっと意外に感じたのが車内の携帯マナー。
日本なら通話は控えろと言うのだが
 「携帯で話す時は小声で手短に済ませすぐ送信」だそうで。日本なら「通話を控えてマナーモードにしろ」と言いますが、共稼ぎ率が高い台湾では最低限必要なレベルなら容認されている様です。

 博愛座(優先席)の説明もどこか優しい…。
譲り合いの精神をお忘れ無く
 これはちょっと感心した。成程!!線路に物が落ちた時に引っ掛けて取る道具か!!
そうだったのかぁ~!!
 車内には路線図と共に停車駅の電光表示も有ります。海外では全く案内が無い鉄道も少なくないのでこれは有り難い。文湖線は次の停車駅だけですが、他は前の駅・今の駅・次の駅…と3つ表示される親切設計?
 停車駅が近づくとアナウンスは駅名を4回繰り返します。(北京語・台湾語・客家語・英語)。標準語は北京語ですが、実際には多言語国家なのでそれに対する配慮です。素人は路線図と電光表示で判断しましょう^^; 同じ漢字文化圏。読みは解らなくても意味は解る(笑)。
本当に岩場なんだなぁ…
 これは淡水線内の表示。郊外は風光明媚な所ですが、このネーミングから判断するに、沿線には結構険しい地形も多い様です。

 次回はMRT最終回(多分)ではこの淡水線を中心にMRT全線制覇について。まあ時間が無くて駈け足ですが^^; 


テーマ:台湾 - ジャンル:海外情報

わが青春の黒歴史^^;<その1~>
【2010/07/14 08:28】 ハーロック@松本零士
 例の小説について語ろうと思いつつも、想像以上に手こずりそうだし、予定を変更して先に自分の過去のハーロック同人歴に付いて語りましょうか…。

 因みに実家の階段を上がった所に有るゴミ箱。いまだに現役(笑)^^; 日付が放映中だ…^^;
実家のゴミ箱(現役(笑)^^;)

 ハーロック同人作家「P.いんぺにす(Pinはこの略称)」を知ってる方は、今や殆ど居るまい…。かつての私はハーロックだけで700P位の原稿を描き、個人誌も7冊発行(+未完の2冊)、或るファン倶楽部では一時期私の原稿で会誌が成り立っていた等々、凄まじい創作意欲を発揮していたのでした。(数字は発行順)
大昔出したハーロック本1

大昔のハーロック本2
 ここに挙げたのがその個人誌達ですが…知らないでしょう? 知ってる筈が無い。

 だって売り物にしたハーロック本は1冊も無いのですから。当時の私は同人誌を売ると言う発想が無く、画用紙の両面に描いた肉筆原稿をそのまま製本していたので、マジで一点物なのですよ!! 下手ながらも内容は充実していて、セル画やピンナップ、カラーイラスト等の綴じ込み付録と結構豪華。

 この非売品個人誌以外では主にFCの会誌を中心にやってたので、ゲスト参加事自体かなり貴重。だからその会誌を読んだ事の無いファンには知られてなくて当たり前です^^;

 そんな私が初めて本を売ろうと思ったのが、最後の『ハーちゃんの休日』と言う本ですが、如何せん9割完成した時点で揉めちゃって、ハーロック同人自体を断念せざるを得なくなりましてな。

 ぶっちゃけると私が初心者だったが故に、委託トラブルを起してしまいまして、このジャンルに居辛くなった訳さね ̄▽ ̄; 今でも100%自分「だけ」が悪いのかは疑問ですが、時既に遅し。後悔先に立たず。
 
 その頃私のハーロック熱は下火になりかけてたし、別のジャンルに興味が移行しつつあった事も有り、嫌われたのならもう良いやとばかりに、そのままハーロック同人界からフェードアウト。こっそりコミケで本を買ったり、新作アニメや漫画をチェックはしてましたが、21年もの間実質描く側から見る側に収まっていたと。

 いや好きはずっと好きでしたよ? このブランクの間も何かと小ネタはやっていたし。例えばこんなのとか(笑)。
小ネタの例(笑)
 仮に当時の関係者がここを見つけたとしたら、アノ頃の事をどう思うのかな? あれは或る意味若気の至りでも有るんで、せいぜい「あ~そう言えばそんな事も有ったよねぇ ̄▽ ̄;」で済まされるかと…多分。 

 もしあのトラブルが無かったら…沢山のハーロック本を入手したり、自分が各地にゲスト参加したり、本を売っていたのかと思うと、正直ちょっと悔しくは有りますよ。時を戻せるならあの頃の自分に警告したいぞ ̄▽ ̄;
 かくして当時の意欲とは裏腹に、結局宇宙の彼方に消え去った私だったりします。

 まあ再燃した今はそんな方々とのしがらみも無く、独り勝手に盛り上がってるけどなっ。次回は上に挙げた本達の紹介でもしますかね^^; 

 同人トラブルと過去の本の暴露…一体どっちがより「黒歴史」なんだろう?(笑)

夏コミ委託情報(暫定版)
【2010/07/13 09:56】 ナノセイバー・恐竜惑星・ジーンダイバー
 取り敢えず今回もナツ…もとい夏コミに本を委託をお願いしています。
去年出したこの本が切欠で… 立ち直る日は来るのか??

8月13日(金) 東1 C-39b 「あるぺ☆かんぱにー」さんを宜しくお願いします。あるぺさんの新刊も出る筈ですから☆

 …但し以前から言っていた様に今回は新刊は有りません。既刊の『仮想図書館』『仮想図書館 別館』の2冊で委託部数については現在相談中。

 自宅で受注生産可能な『別館』に対して、印刷に出した『仮想図書館』はあるぺさんの所に有る分が全部です。夏コミの状況に因っては一部こちらに返送して貰って、通販可能にするかも知れませんが、何れにせよ夏コミでどれだけ捌けるかにかかっています。

 正直『仮想図書館』はそれなりに気合を入れて、仕上がりもこれまでの本と比べると豪華になってるのに、売り上げ的に苦戦してモチベーションに多大な影響を及ぼしましたからねぇT∇T;
 せめて今年の夏コミまでは頑張ろうと思ったら、元旦に母が倒れて(幸いかなり回復したけど)早い内から新刊制作を断念してしまってます。

 冬以降にまた新刊を出す気になるかは、今回の売れ行き次第と言っても過言では有りません。(そんな風に参ってたから同人の原点・ハーロックに戻るのも或る意味納得 ̄▽ ̄;)
 一応今でもコンスタントにVシリーズ同人で検索して来られる方は絶えないので、それなりに期待に応えたい気も有りますが。

 …と言う訳で夏コミに行かれる予定で、未だお持ちで無い方は是非宜しく御購入の程、お願い致しますm(_ _)m…としか今は言えません…。

*オマケ:仮想図書館表紙タイトル無Ver.(通販特典用に作った物)
タイトル無Ver.

台湾の鳥【番外編】~バードウォッチングの穴場?!~
【2010/07/12 12:56】 鳥関係
 台北には結構バードウォッチングの名所が在るのですが…如何せん時期と天気のせいなのか、思ったよりも成果が上がりませんでな-Д-;

 事前情報ではかなりの種類が観察されると評判だった、大安森林公園・植物園・中正紀念堂・関渡自然公園のどれも、正直期待外れに終わりました∑( ̄□ ̄Ⅲ;)

 その中で私が唯一太鼓判を押したい穴場がここっ!! 右端の印が一杯入ってる辺り。
台北で鳥を観るならここっ?!
 もっと拡大してみましょう。
場所拡大
 台北市政府(市役所)とグランドハイアットに挟まれた、名も知らぬこの小さな公園…。
狭くても鳥は沢山来る
 グランドハイアット。
向かい側はハイアット
 台北市政府。
こちらに台北市政府
 ハイアットの向こうにはTAIPEI101が拝めてしまう、正に都会のオアシスっ!!
TAIPEI101
 いやそう言ったオアシスは随所に在るんですが、規模が小さい分インパクトも大きくてね´▽`

 未だ紹介してない鳥も居ますが、ここで観た鳥を列挙すると…。

シロガシラ
シマアカモズ
タイワンオナガ
カササギ

テリムクドリ
キセキレイ
クロヒヨドリ
スズメ
メジロ
ガビチョウ?(写真不鮮明)
インドハッカ(写真無)


 この狭い場所にこんなに鳥が来るんですよ!!奥さん!!(笑)これが燃えずしてどうしておられようか!!

 後、その近所に
カノコバト
 も居たから普通に来ると思われます。

 …と、初っ端が大当たりだったから、定番の場所での期待外れ感が半端無かったと…T∇T; でもタイミング合えばかなり美味しい所に違いないし、何時かまた台北に行く機会が有ったら、しっかりリベンジ果たしたいと思ってます。 

 ここに挙げた鳥でクロヒヨドリ・カノコバト・テリムクドリは何れ紹介予定。それ以外は纏めてかな?

 日本ではちょっと上流でしか見られない、キセキレイがこんな街中の公園に居るとはな@_@;
奇跡のキセキレイ?(笑)
 こちらは中正紀念堂で見たキセキレイ。
中正紀念堂のキセキレイ
 ふふふ…ここだけ見ると川を遡って撮った様に見えるだろう? 街中の公園なんだぜ…ここ(笑)。
中正紀念堂2
 セグロセキレイ(日本固有種)なら、ハクセイキレイ共々しょっちゅう地元で見てますが、所変わると有り触れた鳥も変わるねぇ~。

本当に「若きハーロック」…なのか?!
【2010/07/10 19:55】 ハーロック@松本零士
 最近資料整理や収集にやたらと時間を取られてしまい、おかげで未だ旧TV版のDVDは一部しか観ていないのが現状^^; 一体何時になったら全部観れるのやら。

 これでも自分としてはハーロックは一番メジャーなジャンル。未だに世界中にファンが居るし、Vシリーズと比べるとネットで見つかる情報も桁違いだわ。私の同人歴はハーロック→サジタリウス→Vシリーズ…と、段々マイナーな方向に行ってしまった為、商品化なんてろくに望めず、同人に活路を見出すしか無かったのさ。
 しかもVシリーズに置いては、その同人ですら本出すのは実質自分だけな時期が有った訳で。だからネットで結構ネタが拾えるのは新鮮だ´▽`

 しかし21年のブランクは大きかった…。久し振りに故郷に帰って来たら、知ってる人が皆居なくなってしまってたぞ、と。私と同期の方は同人自体を引退しているし、もっと若手の方々も皆全く別のジャンルに移っちゃってて、ハーロックやってた過去を抹消してるし。(本人達が辞めたのに本はネットで結構出回ってると言う皮肉)

 可能なら同志を募りたい物ですが、如何せん調べても目ぼしい交流の有るサイトが見つからず、仕方が無いから自分で勝手に盛り上がるしか有りません ̄▽ ̄; 
 かろうじて一部の友人には話が通じてるけど、一番の被害者は目の前で萌え萌えしてる私を見ているダンナだろうな(笑)^^;

 
 まあそれはともかく。YouTubeの『わが青春のアルカディア』関連動画を観て、やっぱりこれがどうしても「若きハーロック」に見えないのは私だけではあるまいと ̄▽ ̄;
 実際に比較して見ましょう。
若い筈なのに老けてる… ̄▽ ̄;
 …同じ小松原作監なのにどうしてこうなった?!^^; 下の方が上よりも数歳若いのです!!マジで^^; この『わが青春の~』は全体的に話も暗いので、絵にも反映してしまったと言う印象。久し振りに一部観ても感慨深いとは思えず…。やはり私は原作・アニメ共に『宇宙海賊~』が一番好きな様です。

 同じ老けた彼でもこうしてる所は若さが出てるけどねぇ…。
でもやる事は若いのでギャップが^^;
 コマ送りで観ると表情がかなり切ない…;_;

 と言う訳で本当に「若きハーロック」と言う奴と比較してみようぞ!!

 自分としては『コスモウォーリァー零』のヤングハーロックが一番「らしい」と思いますね。
同じ若いならこれが一番好き
 青春時代の彼は青い服で、若干ガンフロンティア風味が入ってるのが理想かと。真ん中みたいなアホ笑いな彼は、「イメージ台無し(ノ# ̄□)ノ」と御立腹な方もいらっしゃるでしょうが、トチローが健在だった頃は彼にもこんな姿が有ったのだと言う事です。あのクールで翳りが有ってカッコいいイメージは、トチロー亡き後に出来上がったのですから。(寧ろそう言う悲壮性を知ってるから、明るくて若い時代が哀しくて愛おしい)
 …そうかと思ったら3コマ目みたいに、普通にカッコいい時も有ったから困る(笑)^^; こう描かれると通常のイメージとあまり変わらないね。

 対する『宇宙交響詩メーテル』のハーロック。
コス零よりもクオリティは落ちると思う
 キャラデザはコス零と同じ増永さん…だったと思うが、メーテル同様コスチュームがダサイ-Д-; しかもコス零よりも全体的に「軽い」んですよね。
 見方によってはフツーのイケメンと言う感じ。…ううむ…自分としては服のダサさが一番許せない-Д-; 評価自体はトントンと言った所か。


 あ~「青い服の若きハーロック」と言ったら旧TV版も有りましたね。あれも西部劇風な所はOKだけど、色々と設定に矛盾が有るし、トチローの偉大さがろくに伝わらなかった…等々で、最初からあまり好きになれんかったなぁ ̄▽ ̄;
旧TV版31話より
 
 まあ最も年寄りなのは新ハーロック(The Endless Odyssey)だけど。旧TV版が推定年齢28歳ならこれは40歳位か?と思ってましたが、或る人が「じじいみたい」と言ってたの見て、50歳超えてる気もして来た ̄▽ ̄;
これが一番年食ってるけど^^;
 このハーロックは肩幅は有るんだが体が異常に細いんだよなぁ…。元々「やたらと細くてエロイ」と言われていたけど、旧TV版以上に死にたがってる事と合わせ、私には病的に感じたりする…。
肩幅は有るのに妙にひょろ長い… 

 総括すると自分的にOKなのは、原作&旧TV版・映画版999・若い時ならコス零…ですかね。『わが青春~』と新ハーロックが受け付けないのは、外見だけでなく内面も異常に老け込んでるせいかも知れません^^; (加えてストーリーが性に合わない ̄▽ ̄;)

 *あくまでも私の主観なのでこれが常識と思わない様に。 

台湾の鳥(4)~七夕スペシャル?!~
【2010/07/07 00:02】 鳥関係
 今日は七夕。七夕と言えばカササギですが、ちょっと外してこんな鳥を紹介します。(後でカササギも出るよ♪)
下が切れてるのが残念
 *タイワンオナガ 樹鵲
 Gray Treepie

 スズメ目カラス科。台湾では西部海岸の平原や単一林層の人造林を除き、平地の樹林から1200m以下の山、広葉樹林や雑木林等、樹の有る所に広く分布する。
 近縁種のカササギと比べると一見地味な配色だが、良く見ると結構複雑で上品な色合い。但し姿の奇麗なカラス類の御多聞に漏れず、見た目とは裏腹に鳴き声は煩い。尾羽の形が独特で有り下尾筒(尾羽の下に有る羽)のオレンジが目立つ。樹鵲の名の如く基本は樹林に生息するが、地面に降りて餌を摂る事も有る。他のカラス類同様雑食性で、果実・花蜜・昆虫・小動物を主に食べる。全長34cm。


 この鳥との初遭遇は例によって?市政府傍の小さな公園でした。植物園や中正紀念堂公園等でも結構居るそうですが、如何せんじっくり観察出来たのはこの公園のみ…。

 下尾筒のオレンジがとても目立ちますね。
常に樹上に居たなぁ…
 そうこうしている内に羽づくろいを始めたぞ。鳥が羽づくろいする時はリラックスしている時。個人的に自分が見ている時に羽づくろい始めてくれると、怖がられて無いんだな~と嬉しかったり。台湾の鳥は日本よりも人を恐れない気がするので、バードウォッチングには中々良い所ですね。
鳥が羽づくろいする時は寛いでいる時
 こうして見ると本当にオレンジが目立ちます。
下尾筒のオレンジが目立つ
 尾羽の外側が短く、内側はやや先が広がった独特な形をしています。しかも斑点入り。
尾羽の形も独特
 こちらはそのオレンジが見えないので亜成鳥の様です。
これは亜成鳥か?

 樹の陰でばかり見かけたタイワンオナガに対し、カササギは本当に開けた所に出て来るなぁ~。
カササギ の方が目立ってる
 白黒のコントラストも効いてるし。こちらは結構色んな所で見かけましたよ。
水浴び前
 水浴び後。何故か海外でばかり撮ってるカササギですが、台北の個体が一番近くで撮れましたねぇ。
水浴び後
 実は台湾のカササギも日本同様外来種なんですが、「喜鵲」の名の如く縁起の良い鳥とされているから、現地の人は気にしてないのでしょうね。

 ところで逆に普通のカラスを台北では全く見かけなかったんですが、向こうではハシブトは森に生息し、ハシボソは迷鳥らしいです。カラスは元々森の鳥ですが、日本の都会で我が物顔のハシブトが、台湾では本来の棲息地に留まってる事に感心しました。うちの近所には普通にどちらも居ますけど。

 そう言えば何処の国でも見かけるドバトも、台北ではあまり居なかったなぁ~。代りに初めて見た別のハトの方が多くて楽しかったっす>▽</(その内紹介予定)

台北旅行記(9)~MRTに乗ろう<その2>~
【2010/07/05 12:09】 海外旅行
 木柵線(現在は文山線と言うらしい。中山國中~動物園)の大安駅。
大安駅
 隣の忠孝復興駅が見える。
忠孝復興駅方面へ
 MRT最古の路線である木柵線が1996年開業したのに対し、内湖線(中山國中~南港展覧館)は2009年7月開業と言う、現時点では最も新しい路線です。
 現地では合わせて文湖線と呼ぶ様です。
木柵線と内湖線を合わせて言ってるらしい
 行った当時(3月下旬)は未だ開業して8ヶ月しか経っておらず、結構トラブル起してはニュースになっていたっぽい^^;
トラブッてニュースに^^;

乗客激怒っすよ ̄▽ ̄;
 MRTは基本時刻表が有りません(本数の少ない支線は除く)が、これは電車が遅れても客に迷惑をかけない為の措置。通常なら数分おきに来るので問題無くても、流石に電気系統の故障で完全停止するとお客も怒るさ ̄▽ ̄;

 後、気になったのは新交通システムの文湖線と、地下鉄の板南線の乗換駅である忠孝復興駅の構造。地下鉄部分は車両が6両なのに対し、文湖線は4両しか無くラッシュアワー時に大混雑しがちで-Д-;
長~いエスカレーター
 乗り換えに長~いエスカレーターを使うのは仕方無いとしても、明らかに文湖線で一度に運べる人員が少な過ぎる事が最大の原因かと。一旦地下鉄に降りてしまえば、後は特に問題無いんですけどね。漸く地下鉄ホームに到着。
忠孝復興駅ホーム
 文湖線も本数は結構多いですが、一応ホームに余裕は有る様だし、もっと車両を増やせばかなり混雑が解消されるのにねぇ ̄▽ ̄; 信義線が出来れば大安からの乗り換え客も出るだろうから、その頃には何らかの対策を考えているのかな?

 尚、MRTは未だ随所で延長工事や計画が有り、その内桃園国際空港への路線も出来るらしいですね。現時点ではバスか台湾新幹線で街中に行くのが主流だけど、鉄道で空港へアクセスが可能になると、定時性や輸送力が飛躍的に向上するので有り難い話です。
 もっとも日本からでは羽田ー松山便が今秋就航開始らしいから、態々成田や桃園利用する必要も無くなるけど。

 これは木柵線の大安駅近辺の延長工事の光景。どうやら中正紀念堂~大安~象山(新線区間)を結んで、将来的には淡水線と接続する信義線の様ですね。(2012年末開業予定)
只今延長工事中
 対する中正紀念堂駅にはこう言う現在未使用のホームが…。
現在未使用のホーム
 このホームが開放される頃、MRTはもっと便利になってるんでしょう。文湖線みたいなトラブルが起きないと良いね^^;

 さて、次回は駅や車両内部の表示等を中心にお送り…すると、多分3回では終らんな^^;

テーマ:台湾 - ジャンル:海外情報

藤本騎手3000勝!!
【2010/07/03 18:57】 ばんえい競馬
 今日の8Rで藤本匠騎手が遂に通算3000勝達成!!
 初騎乗は1983年4/29で既に23000回以上の騎乗経験が有る大ベテラン。本来なら調教師になってもおかしくない位のキャリアの持ち主なんですよね。
 
 今年は結構節目の勝利を挙げる騎手が多いし、1000~2000勝騎手はしばしば見て来たけど、3000勝に達したのは他にはミスターばんえい・金山現調教師位ですから。それだけに中々達成出来ない偉業と言う事が窺えます。(平地には6000~7000勝騎手も居るけど、それより騎乗回数が少ないばんえいでは大した物でしょう)

 ここに彼の栄誉を讃えるべく、彼が表彰されている写真を開催したいと思います。…と言っても3/29のリーディングジョッキー表彰式の物ですが。
藤本騎手表彰式
 
コメント中 
 これは丁度真ん中に写ってますね。
丁度真ん中でした

 藤本騎手、おめでとうございます!! 

テーマ:ばんえい競馬 - ジャンル:ギャンブル

台北旅行記(8)~MRTに乗ろう<その1>~
【2010/07/01 13:08】 海外旅行
 台北で効率良く移動するのに便利なのが、台北捷運(ジエユィン):通称MRT。詳しくは路線図も参照して戴きたいが、各路線はイメージカラーで判る様になっており、この内茶色の木柵線と文湖線が新交通システム、それ以外は街中は地下鉄、郊外は高架線になってます。

 ホテル(福華大飯店)はこの木柵線沿いに在るので、窓の下を覗くと頻繁に走ってるのが見られます。木柵線はMRTで一番古い路線で、終点はパンダで有名な台北市立動物園の最寄り駅になってます。
ホテルの部屋からも見える
 さてこのMRTの乗り方…は、既に多くの方に紹介されてて今更と思うのですが、初耳の方もいらっしゃるでしょうから説明しておきます。

 先ず自動販売機で切符を買う方法は日本人でも解り易いと思いますが、国鉄とMRTでちょっと違う様で、MRTは先ず行き先を指定してからお金を入れます。(国鉄は乗ってないから未確認だけど、お金を入れてから行き先を指定するらしい)

 片道だけの利用ならこの様な専用コイン<トークン>・単程票(タンチャンピャオ)が出て来ます。実はICチップ内蔵。
単程票(片道切符)
 反対面。
単程票 反対面
 でも観光なら一日票(イーリィピャオ)が便利。(ほぼ実物大)
MRT 一日票(イーリィピャオ)
 これ200元(約600円)ですがデポジット制になっていて、当日含め3日以内に返却すれば50元還って来るんですよね。記念と思って持って帰りましたが。

 他にもチャージ式の悠遊卡(ヨウヨウカー EasyCard)と言う物も有ります。ICチップ内蔵やデポジット制の導入とか、欧米の鉄道よりも進んでいるのでは無いでしょうか。

 さて目的の切符を買ったら改札に向かいましょう。その前に有る黄色の帯に御注目。
MRT自動改札
 ここから先は飲食・喫煙が禁止なのです。水や飴すらも見つかると罰金です。そのおかげかMRTの車内や駅構内はとても奇麗に保たれております。
ここから飲食禁止
 ゴミも散らかってないし…使用済みの切符が散乱していたモントリオールの地下鉄に比べてもとても優秀。でも水と飴位は大目に見て欲しい^^;
 改札は日本のSuica等と同様、指定の位置にカード・トークン共にかざせばドアが開きます。

 出る時はカードはかざすだけ、コインは投入口に入れれば(ここで回収)OK。
乗り方は日本のSuica等と変わらんと思う
 後、駅によりますがエスカレーターは日本の物よりも若干速く、水平部分が長いので初めて乗る時は戸惑うかも。速いエスカレーターはロンドン地下鉄で経験済でしたので、個人的には長い水平部分でちょっとつんのめりそうになった点の方が気になりましたが。
 「右側に立って左側を急ぐ人用に空ける」マナーもロンドンと同じか。まあ関西の人なら大丈夫だね♪(笑)
長~いエスカレーター
 中国語でプラットホームは月台(ユエタイ)と言います。
プラットホームは月台と言う
 こ…この表示は!! 要は「列車とホームの隙間に御注意下さい」の意味なのはさて置いて。
ああっこの表示はっ!!
 私はこれを見るとロンドン地下鉄を思い出さざるを得ない!!
地下鉄グッズ一例
 M~IND THE GA~P!!
これがMIND THE GAPだ!!(笑)
 嗚呼…また行きてぇな~ロンドン´▽`

 …と妙なツボで漲って来た所で次回に続く。何回続くんだろう…3回で済むかな?^^;



テーマ:台湾 - ジャンル:海外情報




サイドメニュー ×
メニューA  メニューB