のよのよ in Zの悲劇?!
鳥全般・海外旅行・ばんえい競馬・アニメ&漫画etc.…ニッチな情報提供も目指します。

最近の記事 ×

プロフィール ×

Pin

Author:Pin
出身:福岡県。長年住んだ出雲から佐賀へ移住の白衣好き主婦。
趣味:同人活動ではハーロックに原点回帰。(他にナノセイバー・恐竜惑星・ジーンダイバー)、ばんえい競馬、鳥関係全般、(科学者用)白衣等々。海外に行った時は旅行ネタ多目。


カテゴリー ×

月別アーカイブ ×

最近のコメント ×

最近のトラックバック ×

FC2カウンター ×

カレンダー ×
08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


ブリスベンII (1)~シンガポール航空初体験~
【2010/09/30 12:31】 海外旅行
 再三言ってる様にブリスベンは3年ぶり2回目なので、前回程取り上げるネタは有りません。今回は先ず初めて利用したシンガポール航空&空港について語ってみましょう。

 シンガポール航空(以下SQ)の女性CAの制服は他の航空会社と一風変わっています。自分で写真が撮れたのがこれ1枚なので詳細はこちらでも御覧下さい。フツーに通販で買えるのね。
SQのCA制服
 パリッとしたスーツに比べると異彩を放っているので、「キャバレーのホステスみたい」と揶揄する輩も居る様ですが、これはれっきとした民族衣装・サロンケバヤと言う物で、キャバレーと一緒にするのは失礼では無いですかね? ̄_ ̄;
 空港で歩いている様を見てると、かなり深くスリットが入っていて、脚線が露になるからちょっと目のやり場に困りますが(笑)、それ位スリットが入ってないと緊急時に客を誘導出来ないし、活動性の為には当然のデザインなのでしょう。中国の纏足みたいに女の行動を制限する為の服では無いのだから。
 和式美と芸術の象徴である日本の着物だって、着こなし次第ではエロくも下品にもなるだろ?

 さて、SQで良く見かける機体はA330(成田便はA380と言う大型機)で、こんなデザインをしております。
シンガポール航空機体
 結構スッキリした配色ですね~。

 例によってエコノミークラスなので、サービスはまあこんなもんか?と言う印象ですが、機内食の前にドリンクサービスが有り、その時点でアルコールが結構選べます。これ幸いに本場のシンガポールスリングを…(笑)。予め調合したボトルを用意してあって、オーダー毎にパイナップルジュースをブレンドしておりました。
これが本場のシンガポールスリングだ!!(笑)
 味は…ちょっと甘いけど一口では言えない複雑な感じ。それもその筈本場のシンガポールスリングは、一般的なレシピに比べるとこんなに複雑な調合をするのですから。(一般的とラッフルズ・ホテル版を比較して見ませう)

 最初に出た機内食(インターナショナルセレクション)はこんなのでした。
最初の機内食
 ビーフシチューのビーフが厚さ1cm以上も有って中々のボリュームでしたね~。ここでは赤ワインを頼みましたが、経費削減なのか最近は何処の航空会社も?、座席に予めミネラルウォーターのボトルをセットせず、食事の時にプラ容器入りの水が付く様だけど、ワインがミニボトルではなくカップに注がれて供給されたのは初めてですよ。(余談ですが普段の外出用に持ち歩くボトルはフィンランド製。)

 まあドリンク類は結構頻繁に持って来るし、寝ている間のリフレッシュ用にビールが出て来る事も有ったし…アルコール有料のアメリカン航空に比べると遥かに高評価です。(とゆーかAAがアレ過ぎ…)
 あ~でも私は寝ている時に頻繁に喉が渇く体質なので、本当はボトルが有った方が嬉しいんだけど、国際便の液体持ち込み制限が厳しい現状、予め買って持ち込む事も難しいからなぁ ̄▽ ̄;

 これは帰りの便で飲んだシンガポールのタイガービール。ビールはワインと違い開封して缶毎くれます。(その前にシンガポールスリングを2杯飲んでる(笑)。) ちょっとビールとしては甘め。
噂のタイガービール
 デザートのアイスがグリコ?に格下げになったと言う噂も聞いていましたが、ちゃんとハーゲンダッツでしたね。ブリスベン行きの便では海外メーカーのティラミスが出ましたよ。でも帰りはチーズケーキみたいな奴だったな。
デザートはハーゲンダッツ
 朝食はまあこんな物でしょう。何しろ到着が6:35で出て来たのが現地時間で5時過ぎだから食欲よりも眠い…^^; 帰りの関空便なんて夜中の1:15発だから、特に申し出が無い限りドリンク位で寝てしまう客が大半ですからね…。(言えば軽食が出る)
ブリスベン早朝到着瓶の朝食
 機内食よりも特筆すべきはクリスワールドと言う、機内エンターテイメントサービス。エコノミーでも割と画面の大きい液晶TVが付いて来るのですが、私は通常まったりと航空情報を流しっ放しで、音楽や映画は利用しない事が多いんですよ。
結構遠回り…
 しかしSQではその辺が非常に充実していて、日本人向けの映画や音楽も結構豊富。寝つきの悪い私は休息の為、機内では通常目を瞑ってるので、映画は殆ど観ずに大抵クラシックを聴くんだけど、そのクラシックですらメニューが異常に多い!!…っつーか音楽だけで何100もレパートリーが有るから選ぶのに苦労します。
 更に余所の航空会社では1つサービスを選ぶとそれしか使えない(知ってる限りでは)のに、このクリスワールドは音楽を聴きながら、航空情報が観られるので併用する事も可能なのです。

 そう言う意味ではエコノミー&経費削減と言えど、かなり充実している航空会社と言ってもいいでしょうね。


 次回はチャンギ空港凄い!!(仮)をお送りします。



テーマ:シンガポール - ジャンル:海外情報

あのハーロック本をGET
【2010/09/27 12:37】 ハーロック@松本零士
 ブリスベンに行く直前に噂の『結城信輝 SPACE PIRATE CAPTAIN HERLOCK OUTSIDE LEGEND レイアウト画集』(以下 新ハーロック)を入手しました。
噂のハーロックレイアウト画集
 この本の存在を知ったのが夏コミ後で、ヤフオク以外で到底手に入らないと諦めてたからこれ幸いに買ったさ>▽</

 権利関係上とは言え8/15の夏コミのみの販売だったのが残念な位、同人誌とは思えない装丁とクオリティです。確かに見ていて漲ってくる物は有りますね。

 しかし私は元々新ハーロックには否定的な身だったので、手放しで絶賛は出来ないのですよ ̄▽ ̄; 確かに作画は終始ハイレベルでしたが、それ以前にストーリーが意味不明だったからさ。

 取り敢えずここでは絵に重点を置いて語りますが、前から抱いていた違和感はこの本を見ながら、自分なりに描いてみた時に改めて確信出来ましたよ。(本当は比較画像を載せて説明したいけど、プロの結城さんに素人の自分が張り合うのはおこがましいから自重。)
 結城さんの癖なんだろうけど、彼の絵って頭でっかちで体が異常に細いんですよ。女性キャラは元々ちょっと違うとは言われていましたが、実は肝心のハーロックにおいて少々バランスがおかしいと感じる所が多々有るのです。

 あ~でもまゆは結城版の方がはるかに可愛いと思いましたよ。旧TV版は眼が逝っちゃってるわ、過剰にぱんちらするわで、可愛い以前に病的なフェチズムを感じていたから-Д-;
初めてまゆを可愛いと思った
 まゆに限らず元々頭身の低いキャラだと結構良い感じだし、台羽はビジュアルだけなら完璧と思います。となると結城さんが自分の絵柄を抑えて小松原さんを意識しつつ、「大人」のカッコいいハーロックを目指した筈が、やっぱり癖が出ちゃったと言う事でしょうか?
 
 妙にマントで腕を隠すなぁ~と思ってたら、実は胴体の細さを隠す為とか…?^^;
ここまでマントで腕を隠さなくても…
 幾ら細いと言ってもここまで細いと病的…。(顔は良いのにのぅ)新ハーロックって肩幅は有る割に、胴体が異常に細くズボンの上の方が妙に膨らんでるので、全身描かれると渋くてカッコいいVv以前に、何だかダサイ…と思ってしまう ̄▽ ̄;
病的に細くないか?
 私はハーロックは細身だけど引き締まってるキャラと認識しております。決して痩せ細ってはいないのです。旧TV版は作画的には未熟でも病的に細いと思った記憶は無かったですよ。…だって旧TV版のハーロックって、脚は細いけど胴体は案外がっしりしてたもん。上の絵よりも『銀河子守唄』の方が体格が良いよな?
銀河子守唄より
 これが新ハーロックだとヒョロッとしたイメージが強くって…。
ヒョロッとしてるんだよなぁ…
 同じ蛇輪を持った絵で比較してみると…。
こっちの方がカッコいいと思うのは私だけか?
 やはり胴体が細過ぎる…。細身で引き締まってると言うよりも、単に肉が削げ落ちてる風に感じるんだよなぁ。年齢的な物なんですかね?^^; 蛇輪を回してるシーンをコマ送りすると、これはこれで大変絵にはなるのですけども。
やはり胴体が気になる
 時系列的に新ハーロックは旧TV版からざっと10年後位の話と思われますが、このハーロックってキャストが山寺さん云々以前に、とにかくやる気が無いと言うか生気が抜けちゃって、旧TV版以上に死にたがってる様子が窺えるんですよねぇ。

 原作のハーロックは「自分の信念を貫けるなら例え死んでも悔いは無い」と言うスタンスであり、決して死に場所を探している訳では有りません。だからやたら死にたがりを匂わせる、新ハーロックをあまり評価出来ないのでしょうな。これが一番好きと言う方も結構居るから、私が少数派なのかも知れ無いけど。

 それでもこの本を見ながら真面目なハーロックを描き捲くるのは結構新鮮。ちょっと前まで描いてたこんなエロネタとはとても同一人物には思えなかったし。
ハーさんはしゃぎ過ぎ…(笑)^^;
 …おいこら…これ載せる位ならその真面目に描いた絵を載せろよ…(笑)^^; 相変わらずハーロックを神格化する真面目なファンの眼の敵にされる様な言動をかますよなぁ(開き直り)。


 あ~書き忘れていた。絵的に一番許せないのはハーロックではなく螢なんだよな ̄_ ̄# 元々体のラインがピッタリ出るスーツ着てるけど、旧TV版と比べると全体的にいやらしいと言うか下品でさぁ…。
螢は下品過ぎ ̄_ ̄;
 腰のブルマ部分がビキニショーツ化し、乳尻太股を過剰に強調されると、セクスィ~な以前に下卑て見えて仕方が無い。EDの寝そべってる螢なんてまるでポルノ女優並だし。

帰国しております
【2010/09/25 12:51】 海外旅行
 昨日予定通り自宅に帰って来ました。ダンナが折り返し別の出張に行ったのでその準備と、移動の疲れだの諸々で昨日の内に報告する気力が出ませんで ̄▽ ̄;

 前から言ってる様に今回はブリスベンIIだった為、初めて行った時程語る事は無いのですが、取り敢えず感想を大雑把に。

・トランジットに使ったシンガポール・チャンギ空港は、流石世界に名立たるハブ空港を自称するだけ有ってかなりのレベル。無料でネットが使える場所が随所に在る。

・サービスに定評が有ると言われたシンガポール航空は、CAの制服は賛否両論でも接客態度はとても丁寧。機内食はエコノミーと言う事もありこんなもんかと言う感じだけど、アルコールは結構バラエティに富んでいて、本場のシンガポールスリングをこれ幸いと飲む事に(笑)。

・シンガポールが中々だった分、オーストラリアのショボさが少々目立った。(前回の時も若干感じていたんだけども)特にネット関係はホテルでの利用料が結構するくせに、ダウンロード容量制限がかなりきつい。
 海外でネットを使う時に利用料が高い、スピードが遅い、しばしば途切れる等の問題は経験済だが、時間ではなくダウンロード容量制限が有るのは初めて見た。プランが幾つか有ったが最初に使ったのが、総量100MBが27AUD(約2200円)/dayと言う信じられない価格設定。
 それを知らずに初日にばんえい競馬のネットライブを観たもんだから、あっと言う間に容量オーバーしてメインの重賞が観れなかったと言う ̄▽ ̄;(3年前のブリスベンIの時までは、国際ローミング利用のダイアルアップだったから、その時よりは遥かにマシか…)

 日本のブロードバンドは回線スピードで金額を決めるが、時間・ダウンロード容量無制限なのに対し、オーストラリア(少なくともブリスベン)ではダウンロード容量で金額を決めるらしい。(90GB 何AUD→120GB 何AUDと言うプロバイダのCMを見た)これでは迂闊に動画が観られないではないか-Д-;
 これはホテルと言うよりも国の方針らしいので如何ともし難い。(因みにフィンランドでは無料だった。)オーストラリアは鳥好きには中々楽しい国だが、普通に生活するにはちょっと不便かも。まあ馴れの問題だろうが。

・3年前よりは円高(渡豪前に若干円安)だったが、それ以上に全体的に物価が上がっていて、特にローンパインとカランビンの入場料値上げがかなりの負担に…。
 しかもカランビンは32AUD→49AUDに大幅値上げの割には、随所で工事中だの飼育している鳥が減ってるだの、かなりショボくなっていたのが興醒め。もしまたブリスベンに行く機会が有ったら、ローンパインは行くかも知れないが、カランビンは二度と行かないとまで思わせた ̄З ̄;
 でも前回観られなかったタスマニアデビルは観れたぞ。
 
・更にブリスベン祭り(9/4~25)とやらのせいで、植物園の随所が工事+イベント用に閉鎖されていて、3年前に比べるとかなり物足りなかった。

・鳥は前回の真冬(8月)に対して今回は春=繁殖期だった為、結構の変動有。前回良く見かけた鳥がろくに居なかったり、逆に前回ボチボチだった鳥がやたらと多かったり。ツチスドリの巣(雛付)と営巣中の野生キバタンの写真が撮れたのは収穫か。

 鳥に関しては『台湾の鳥』シリーズの途中なので、一段落着いたら前回の補完的な意味で紹介するかと。


 …以上思いついたままの暫定的感想でした。

ドイツ1周年~ミュンヘンオリンピック公園~
【2010/09/23 13:00】 海外旅行
 これが載る頃帰国の為にブリスベン空港に着く位かと。帰国は24日の夕方の予定です。

 さてドイツ1周年ネタも今回が最終回。最後はオリンピック公園について語ります。ソウル・ロンドン・ヘルシンキ・モントリオール・シドニー(乗継のみ)…と、何かとオリンピック開催地に縁の有った、我が家の海外旅行ですが、私の知る限りではこのミュンヘンのオリンピック公園がダントツで広いです。ゆっくり回れば半日を要する位とにかく広い。時候の良い時は市民の憩いの場となっております。

 地下鉄の最寄駅から歩いて行くと先ず目に付くのがBMWの看板。
BMWの看板が!!
 ここがBMWの本社だそうです。
BMW本社(確か)
 その傍にはBMW博物館が。車好きなら行ってみて損は無いでしょうが、私はそうでもないのでパス^^;
BMW博物館
 公園出入り口に有る案内板。
オリンピック公園見取り図
 良く見ると「Sapporo」の文字が!! 通りの名がオリンピック開催地になっている様です。
Sapporoの文字が!!
 ハイイロガンやコブハクチョウがのほほ~んと餌を貰ったり泳いでたり。
ハイイロガンのほほ~ん
 うろついているとこんな名前の広場が…。クーベルタン広場だと?!
クーベルタン広場
 この方こそが近代オリンピックの祖・クーベルタン男爵!! フランス人なのにドイツの公園内に名前が残ってるとは。でもその表示が無かったらフツーの広場…^^;
クーベルタン広場と言いつつフツー…
 男爵に敬意を表しつつも、どでかい銅像とかでわざとらしいアピールをしない点は高評価。

 金メダリストを讃える広場。そう言えばモントリオールでは真冬だったので雪に埋もれていたなぁ^^;
金メダリストの広場
 日本人の名前もしっかり刻まれています。あの頃日本の男子バレーは強かった…。
日本人の名前も…
 こっちは柔道の金メダリスト。
柔道の金メダリスト
 スタジアムは入場料€2.2位だったかな? ぶっちゃけ傍に有った自販機のコーラの方が高いとは!!(€2.5)だがしかし私は鳥が目当ての人なので中には入ってない!!^^; 時間も無かったし。
入場料よりも自販機のコーラの方が高かった…
 そのスタジアムを横目で見ていると、随所にこんなトレーニングを促す看板が設置されてます。
体を鍛えましょう(笑)
 流石オリンピック公園。世界中のアスリートが集った地!! 普通にここでトレーニングする人も居るのでしょう。…もっともフツーに歩いているだけでもかなりの運動になるけど(笑)^^;


 とゆー訳でブリスベン滞在中の繋ぎネタ終了~。ブリスベンの土産話については、前回と違っている分を中心に語るだろうから、前程ネタは無いと思うけど…はて?(笑)

ドイツ1周年~ミュンヘン古生物学コレクション(2)~
【2010/09/21 11:25】 鳥関係
【古代の翼、ここに在り】

 モアに喜んで2階に上がると孔子鳥の全身骨格と復元図が!!
孔子鳥
 拡大図。
孔子鳥拡大
 孔子鳥は始祖鳥(1億4500万年前)よりは新しい古代の鳥(1億2000万年前)で、飛べたかどうか未だに議論されている始祖鳥に比べると、ずっと進化していて飛ぶのが上手かった…と発見当時は言われていました。最近の学説ではこっちも飛ぶのが下手だったとされてる様ですね。

 その孔子鳥の傍に始祖鳥が!! おおっそう言えば始祖鳥はドイツの生物!!…って置いてあるのはロンドン標本っすか。国内の化石展を始め大英自然史博物館でも何度か見てますな。
ロンドン標本
 因みにこっちがロンドンのロンドン標本です。(ややこしい(笑))
本場ロンドンのロンドン標本
 始祖鳥の化石としてはこのロンドン標本が、始祖鳥と認識された最も古い物(1861年)ですが、ドイツで見つかったのにも関わらず、何故「ロンドン」標本と呼ばれるのでしょう?

 この化石が発見される2年前(1859年)、ダーウィンの『種の起源』が出版されました。この本に有る進化論~種は変化する~と言う概念は、当時キリスト教徒にとって神に叛く危険思想。人間は神から創られたと信じていた者にとって、猿から進化したってのは認めがたかったのですね。今でもそう思ってる人が少なくないとか。
 当然ダーウィンはキリスト教徒から激しいバッシングを受ける訳ですが、そこにこのロンドン標本が発見され、更に物議を醸し出した訳です。

 んで、ミュンヘン大動物学教授のアンドレアス・ワグナー(J.Andreas Wagner)と言う人が、バリバリの進化論反対者で「この化石はでっちあげだ!!」とか主張し捲くった為、ドイツが獲得に躊躇している間に折角の標本は、皮肉にも進化論の本場・イギリスに取られてしまったんだそうです^^;

*参考文献:【始祖鳥発見の経緯】

 しかしっミュンヘンの実力はこんな物では無かった!! …ん?更に別の始祖鳥標本が有る?? 
バイエルン(ミュンヘン)標本
 しかも学名がちょっと違うぞ?
学名が違う
 通常始祖鳥の学名はArchaeopteryx lithographicaと言いますが、この標本はArchaeopteryx bavaricaです。これこそが本場の始祖鳥・バイエルン(ミュンヘン)標本だったのです!! (1992年発見)
 情けない事に私の始祖鳥知識は、1980年代当時最新の標本と言われていた、アイヒシュテット標本(1951年発見 1973年に始祖鳥認定)で止まっていたのだよ…^^; 当然その後に見つかったバイエルン標本なんぞ知らなかった訳ですね ̄▽ ̄;

*各種標本についての詳細はこちら

 …始祖鳥の知識を更新する切欠になったと言う点では、この博物館…偉大だわ… ̄▽ ̄;

 流石本場の始祖鳥なだけあって、同じ標本の逆向きも展示されていました。両方展示してあるのは珍しいのでは。
バイエルン標本反対側
 化石ってのは地質に閉じ込められた遺骸が、長い年月をかけて鉱物に置換されて出来ますが、挟まれた標本を剥がす際に、通常展示に使われる凸型(雄型/石膏型形状/カスト)と、その逆向きになっている凹型(雌型/鋳型形状/モールド)が出来るのです。

 フィギュア作ってる方なら解るんではないかな? フィギュアの型取りをする為には逆向きの鋳型が必要ですからね。より一般的に説明すれば判子みたいなもんです。判子の字は逆になってるでしょ? 判子押して出来た字が凸型で判子が凹型。

 実物標本もしっかり展示。結構派手っすね^^; (ロンドンのは白っぽかった)
始祖鳥復元標本
 カラーリングが違うと印象も全く変わりますな。これは割とオーソドックスかと。
始祖鳥復元図
 因みに恐竜惑星の始祖鳥はこんなの。放映当時は未だ樹から滑空して飛んだと言われていましたね…。
恐竜惑星の始祖鳥
 現在では棲息地周辺に高い樹は無かった事が判明しており、この樹上滑空説は否定されてます。しかし古生物学は学説がコロコロ変わるから、また新たな情報が出てるかも知れん。

 「古代の翼」と言う学名の始祖鳥を、今更現生鳥の先祖と言う人は居ないでしょう。それでも羽毛恐竜が次々と発見され、恐竜と鳥の境界が曖昧になっている昨今では、始祖鳥が古代の鳥な事に変わり無いかと。

 …うむ。機会が有ったら最も美しいと言われている、ベルリン標本を本場ベルリンで見たい物だ。その際にはベルリンの壁も見て来たいぞ。

ドイツ1周年~ミュンヘン古生物学コレクション(1)~
【2010/09/19 10:00】 生物全般
 これが載る頃ブリスベンに着いていると思われますが、実はドイツに行って早1周年だったので、以前やりそびれたネタをサルベージするの巻。

 以前も書いた様にドイツの自然史博物館は探すのに苦労しましたね-Д-; ドレスデンの絶望っぷりは既に書いたけど、その絶望インパクトに圧されて意外と書きそびれていたのが、今回紹介する古生物学コレクション。(当時の記事に貼ってあったURL…リンクが切れてるなぁ… ̄З ̄; 新しいリンクはこちら

 紹介が遅れたのは去年末に出した個人誌の方で先に紹介したから。製本の関係上モノクロだった為、こちらでカラー写真を先行して載せるのは、本を買って下さる方に少々申し訳無いと思ってたのですよね。んでそのまま諸事情で忘れていたと^^;
 …皮肉な事にその個人誌がVシリーズ本最後になってしまいそうですが。(ぶっちゃけ今の私はドイツ博物館の影響で、愛が再燃したハーロック最萌え状態だし^^;)

 お目当てのオオウミガラスは居なかったけど、無料で入れるし小規模な割には展示は比較的充実してます。正面から入ると先ず目に付くのはマンモスかな。
マンモス骨格
 3階建てになっており上から見下ろすとこんな感じ。
博物館内部全景
 まあざっと回っても1時間程度ですね。地質学博物館が隣接されてるので、そちらも含めると+1時間位か? おおっモアもちゃんと居りますな~。
モアもしっかり
 この手の博物館のお約束なのか、天井からは実物大の翼竜模型や化石が飛んでる様に展示されております。
天井からプテラノドン
 ランフォリンクス…かな?
翼竜が飛ぶ

 でも鳥好きの私としては思いがけない収穫が有りました。これについては次回紹介します。

超早朝出発
【2010/09/18 04:00】 海外旅行
 これからブリスベンに旅立ちます…って朝の4時かよ!! スミスさんが起きる時間だよ!!(笑)今朝は3時起きですよ!! こんなに早く起きたのはモントリオールから帰る時以来ですが、あれは4時前だったから記録更新っすよ!! ̄▽ ̄;

 こうなったのもチケットをギリギリまで粘りながらも、結局シンガポール経由になったせい…。

当初の予定:
 出雲→羽田→7月に開通した新線で成田→カンタス航空(QF) シドニー→ブリスベン

実際:
 JR出雲市→岡山→新大阪→関空(以上JR)→シンガポール航空(SQ) シンガポール→ブリスベン

 …と全く変わってしまったと-Д-; まあシンガポール経由になる可能性は元から高かったのです。帰りはともかく往きを大手団体に抑えられちゃってたらしいから。んで往復割引の関係で帰りもシンガポール経由、と。

 当方マイレージの関係でJAL系列(OneWorld)の航空会社ばかり選んで来ましたが、超久し振りにANA系列に乗る事になります。(一応会員)
 生憎ANA系列のラウンジは使えない為、QFのオーストラリア独特なコーヒーだの、ビールだの賞味出来ないのが残念。

 家から関空までは当初伊丹経由の予定でしたが、時間的に伊丹~関空の移動が厳しいのと、運賃的にはあまり変わらない+定時制を取ってJRに変更。…おかげでこの超早朝出発と ̄▽ ̄;
 但し帰りは定時で関空に着いても、伊丹~出雲便の待ち時間が長い為、その間JRで移動すると寧ろ飛行機より早く家に着く位です。

 更にQFよりもSQの方が運賃がかなり安いらしく、2人で地デジ対応TVが買える位違うとか。我が家は未だ地デジ導入して無いから浮いたお金でTVを買えって事ですね?(笑)


 シンガポール・チャンギ空港と言えば世界に名立たるハブ空港で、SQ共々サービスの良さには定評が有ります。(但し評判の機内食が不況のアオリか段々ショボくなってると言う話も…^^;)
 私等は4時間半位の滞在だから関係無いけど、もっと長時間滞在する人向けの仮眠用トランジットホテル、無料のネットや映画館や仮眠椅子、セブンイレブンを含む多彩な店舗等、各種暇潰しの設備が整ってる上に、無料の観光ツアーも有るとは驚き。(かなり制限有)

 支払いは基本シンガポールドルだけど、クレジットカードは勿論米ドル、店によっては日本円もOKだそうで、ハブ空港の中でも気合の入れ方が半端で無い様ですね。


 ブリスベン自体は2回目と言う事も有り、前回程報告する事は無さそうなんですが、代わりにシンガポールネタが使えそうな気がします。

 前回の8月(向こうでは真冬)から1ヶ月ずれている事も有り、前程は寒くないと思われますが、どうも滞在中はずっと雨っぽいらしく、異常気象だった3年前と同じかよ!!(ノ# ̄□)ノと言うのが気になりますね。到着日(19日)が一番天気が悪くて後は時々小雨と言う感じらしい。

 帰国は24日夕方の予定で、ダンナは折り返し別の学会(国内)に行ってしまいますが、私自身は夜には一段落着いていると思われます。

 滞在中はドイツ1周年と言う事で、以前やりそびれたドイツのネタを仕込んで有ります。全3回中最初の2回はやや専門的なので、読む人を選びそうですがまあ気にしない(笑)。

 ではでは行って来ます。

台湾の鳥(6)
【2010/09/16 09:01】 鳥関係
セイタカシギの群
 *セイタカシギ 高蹺鴴
 Black-winged Stilt

 チドリ目セイタカシギ科。ユーラシア大陸、アフリカ北部、オーストラリア、南北アメリカの温熱帯に分布。日本では旅鳥・迷鳥だったが、現在では各地で繁殖が記録されている。台湾でも一部地域のみの冬鳥だったのが、西部の湿原では1割程度が年中定着する様になった。
 嘴と背中が黒、体の他の部分は白、脚はピンクのコントラストが目立つ鳥。雄の夏羽は頭頂部から後頭部が黒いが、雌の頭部は白く背中はやや褐色がかる。若鳥は雌よりも更に褐色味を帯び全体的に白っぽい。
 水田や養殖場・湿地等の水辺に幅広く生息し、昆虫や魚介類等の小動物を主に食べる。他のシギ・チドリ類よりも長身の為、より深い場所の餌を獲る事が出来る。全長32cm。


 関渡自然公園で唯一と言って良い収穫´▽`…と言っても遥か遠くの湿地に居て、超望遠で撮らざるを得なかった為、正直写真の出来は良くは有りませんけど ̄▽ ̄;

 遠くの湿地で飛んで行く群れ発見!!
飛んでるセイタカシギ達
 天気がいまいち+遠過ぎて最初カモメと勘違い…って私とした事が^^; でも首を縮められて正面から見ると、遠くからではカモメっぽく見えない?^^;
腹が白いのでカモメと勘違い^^;
 頭の黒っぽい個体がチラホラ居ますよね。
頭の黒い個体に注目
 台湾の野鳥図鑑では亜成鳥となっていますが、日本の図鑑では雄の冬羽…で良いのか??
頭の黒い個体が亜成鳥
 頭部の黒さに個体差が有る様なので、黒い=雄成鳥、褐色っぽい=亜成鳥かな?

 因みにここでも繁殖している様で、教育中心にはこんな解説も有ったりします。
一部は台湾で繁殖するとか
 何だか可愛い…Vv

 この教育中心。色んな鳥の学習や観察が可能で、ガイドさんも待機しております(要英語)。アマサギの営巣地も見せて貰ったけど、セイタカシギ以上に遠くに居たので撮影は断念 ̄▽ ̄;
 サギ類は日本でも普通に見かけるけど、繁殖地は案外目に触れないんですよね。
教育中心内部
 鳥の巣注意。
巣や剥製等の展示も充実
 機会が有ったらもっとじっくり見たい物だな…。


 そうそう。台湾の鳥ネタの途中ですが、実はドイツに行って1周年なので、以前やりそびれたドイツネタを幾つか紹介予定。掲載される頃ブリスベンに行ってるだろうけどね。結構海外ネタに困らんな、こりゃ(^^ゞ

え~次の停車駅は~
【2010/09/14 00:09】 ハーロック@松本零士
恐竜惑星~恐竜惑星~

 カテゴリをハーロックにするかVシリーズにするか迷いましたが、比率的には999度が高いのでこっちに。車掌さんファンのスミスさんの為に、何時か車掌さんを描かねばっ!!と思いつつも、手が勝手にハーロックを…(笑)^^;
謎コラボ(笑)^^;
 そんな或る日スミスさんのピラルは顔のバランスが絶妙だな~(要は自分が苦手なのだが)と、改めて実感した時何故か脳裏に浮んだのがこのコラボ。ぶっちゃけあまり意味は有りません。ただ私が車掌さんを描いたと言う事実が有るだけです(^^ゞ

 そうしている内に「恐竜惑星のキャラで999をやったらどうなる?」か気になりましてね。鉄郎:萌、プロメシューム:第一疾走者様はすぐに思いついたから、親子絡みでメーテル:お雪さん??…そう言えば長いリボン?が、風に靡く長髪にも見えなくない…と思った物の、どうもピンと来ない。
 いやクールビューティーだから寧ろエメラルダスだろう。んじゃトチローは? 天才理系の人+小柄と言う事でシロクだな。丁度カップリング的にも適任だし♪
 よし。ハーロックは誰にするか。孤高の戦士繋がりでラプターか。じゃあアヒル。はトリさんだな(笑)。

 …そんなしょーも無い事を考えて描いたのがこれ(笑)^^;
恐竜惑星のキャラを999に例えたら?!(ミスキャスト有)

 でも相変わらずメーテルにハマるキャラが思いつきません ̄▽ ̄; ピラル:車掌さんってのも合って無いんだけどな^^; パッと思いついたのはドンだったり。
 う~ん…シリーズ中一番の母性的な美人となると…ファルン? クルル大母も該当しそうなんですが、如何せん脇役過ぎるんで。いやここはやはりフィラが適任かも(笑)。丁度萌が鉄郎役で性別逆転している事だし^^;


 話し変わって盆の帰省時に漸く例の北九州モノレールの999車に乗れましたよ!! 先ずは発車するシーン。4両編成中車両の正面はどちらもメーテル。そしてすぐ横に描かれているのもメーテル。
北九州モノレール どっちもメーテル
 2両目はメーテルと鉄郎。
メーテルと鉄郎
 3両目はお待ちかね(笑)の車掌さんと鉄郎。
車掌さんと鉄郎
 4両目はやっぱりメーテル。実は1両目と逆になってるだけ。この車両メーテルが主役なんだなぁ…。
やっぱりメーテルが一番多い
 3月末の運行開始時には公式サイトに時刻表が有ったのに、現在では無くなっていて何時走るんだ?と思ったけど、通常運行扱いになってるだけなので大体50分置き位に乗れます。

 そう言う訳でホームに待機中の間に写真を撮り捲くり~♪ 正面のメーテルはぶっちゃけ初代単行本の4巻(確か)表紙使い回しだから、一番奇麗だったりする。1両目(4両目)のメーテルもまあまあ可愛い。
こっちのメーテルはまあまあ
 でも鉄郎と一緒のメーテルは近年の絵だからロリ化が…-Д-; 上と比べると一目瞭然でしょ? ̄▽ ̄;
このメーテルは幼いな…
 車掌さん至近距離。縮小すると判り難いですが実は近くで見ると結構解像度が低いです。まあ遠くから見る分には支障は無いからこれで良いんでしょうね。
車掌さんだよ~
 因みに片野駅にはこんな競輪の看板が。小倉は競輪の発祥の地で近くにメディアドームと言う競輪場が在るんです。
小倉は競輪の発祥の地
 この手の乗り物は中は案外フツーのデザインなので、どちらかと言うと外を愛でる+友人に自慢向けなんでしょうね(笑)。

『死滅のジュラ星』はもっと評価されるべき
【2010/09/12 00:05】 ハーロック@松本零士
 数少ないハーロックXミーメ派にとって、実にうってつけのエピソードが#20『死滅のジュラ星』。しかし単発の話と言う事も有ってかかなり冷遇されてるんですよね。
 先ずムック類での扱われ方が適当。フイルムコミックは4巻で打ち切り(4話収録)の為お蔵入りだし、レンタルビデオも未収録…と、数年後の再放送で録画するまで悲願の作品と化しておりました。(もっともクルーのエピソード関係は大半がレンタル版未収録)

 でもこの話、客観的に見ても案外侮れない内容と思いますよ。ラストのミーメの台詞は原作からの引用だし。ミーメの同族が地球人同様堕落したのに嫌気が差し、こんな一族滅んでしまえと思ってたら、本当に滅んで自分だけ取り残されてしまったんだから。
 原作では過去の話となってる故郷ですが、アニメだと緑の楽園になっていて、もしかすると生き残りが居るかも…と期待させておきながら、実は「滅ぼしたのは親友と思っていたマゾーンでした」と言う、より過酷な現実を叩き付けられてしまうのですからね。

 …この点アニメの方が余計に救われません…;_; 

私がこのジュラに居た時 堕落し切ったジュラ星人など皆滅びてしまえば良いと思っていた
でもそれは考えるべきでは無かった…同族が誰も居ないとハッキリした今 ミーメには良く解る…
独りになってはいけない 例え憎しみ合う相手でも 居た方が…良い…
たった独り生き残る事が どんなに哀しい寂しい事か…


 決着が着いて夕日が沈む中、ミーメが吐露するのを黙って聞いてるハーロックの演出が実に良い。
ハーロックの台詞が一切無い演出が秀逸
 ミーメは己の過酷な経験をもってして、ともすれば地球を見限りそうになるハーロックに警告出来る、作中で唯一の生き証人なのです…。


 DVD観直してるとジュラ星に進路変更して、到着するまでアルカディア号でも5日要したとか。その間ミーメは胸が張り裂ける想いで、「何も口にせず」スクリーンに映った故郷をずっと眺めている…なんつー美味しい裏話を考えたのにっ。

 これ見るとフツーに飲んでたっぽいから、そんな展開は有り得なかっただろうなぁ(笑) ̄▽ ̄;
実際には何時もの様に飲んでたし(笑)^^;
 それで一旦没ネタにしたんだけど、今回全面的に描き直したので紹介してみようかと。例によって独断と偏見を多分に含みます(笑)^^;

 おお、めっちゃ心配してる(笑)。ま、本編でも無茶苦茶心配していたけどな!!
死滅のジュラ星はもっと評価されるべき
 こう言う場合ハーロックはDr.に診せるのか否か? 誰にも触れさせず口移しでワインを飲ませて、自分の部屋に連れ込む…なんてキャラじゃないから、ここはフツーに診せるのが妥当かと ̄▽ ̄;
心配っぷりが半端では有りません
 艦橋に転がった件のワインを持って、代わりにやるせない想いになるハーロックなのだった。
ハーロックの方がやるせない…
 当初GW中に描いたVer.を載せるつもりでしたが、今見ると違和感バリバリだったので御苦労な事に全部描き直したよ^^; 絵柄や設定もこの4ヶ月余りでかなり変わりましたね。(実はDVD購入後に劇的な変化が…)

 これ時程弱ったハーロックは見た事無い。今なら簡単にやれるぞ!!(その前にミーメに倒されます^^;)
今のハーロックならやれる!!(笑)
 フツー病人にワインを勧めますか? しかもこれで治るんだから流石酒飲み星人の星(笑)^^;
病人にワインを勧めるのか!!…しかも治るし!!(笑)
 さてその辺をちょっと補完してみる、と…。
アルコールで治るなんて…^^;
 ラストは完全に妄想の領域…(笑)(^^ゞ
こう考えてたって良いぢゃないか^^;
 後ですね~これを更にギャグ的解釈した、“「もしミーメの恋人が生き残っていて、あっさり捨てられたら嫌だぁぁぁぁ~!!T∇T;」と、勝手にアホな妄想して自己嫌悪に陥るハーロック”と言う、とてもしょーもないネタも有るんだな、これが(笑)^^;

 アホ過ぎるから取り敢えず載せるのは辞めておこう ̄▽ ̄;

関渡自然公園
【2010/09/10 09:19】 鳥関係
 ブリスベン行きが1日早まるかも知れない(と言うかもう来週!!)昨今、それまでに台北の鳥ネタが消化出来る…のだろうか? ̄▽ ̄;

 台北のバードウォッチングとして、かなり本格的なのが関渡自然公園。MRT関渡駅は中々立派な建物で定評が有るそうですが、生憎修復中の為駅舎が拝めず ̄▽ ̄;
 駅からはバスも出てるけど歩いても15分位。随所に行き先案内の看板が設置されてるので、それ程迷う事無く行けると思います。

 公園の手前に何やらグローバルな看板が。
世界的看板
 ほうほう。ECOはトレンドと言う訳ですね。
成程ECOはトレンドか~
 この看板を過ぎるとすぐに出入り口が見えて来ます。
関渡自然公園看板
 チケット売り場には日本語が解る方がいらっしゃったので、まあ特に困る事は無いでしょう。ここで1人50元(約150円)払って中に入ります。
自然公園出入り口
 時期に拠ってはかなりの鳥が拝める筈ですが…生憎の雨と季節の変わり目(3月下旬)だったので、思ったよりも成果は得られずT∇T; 
本当ならもっと鳥が居るんだろうけど^^;
 シロハラクイナっぽい鳥をチラッと見かけたんですが、咄嗟の事で写真を撮る暇無。暫く様子を見たけどこの鳥派警戒心が強いので、そう言う時出て来てくれないのでした^^;

 鳥はあまり居なかったけど何故か牛が居ます。
何故牛…^^;
 しかも犬まで居るし。公園の端には何匹か犬が群れていたなぁ。多分近所の人が飼ってるんだろうけど。
犬が走って行くし!!

 一応湿地帯方面からTAIPEI101が遠くに見えます。天気が良い時はもっとハッキリ見えるんでしょうね。
TAIPEI101も見える
 淡水河の反対側も敷地内ですが保護区の為、一般客は立ち入り禁止の様です。でも湿地帯なんてもっと沢山鳥が居てもおかしくないと思うんだ…T∇T; 野生化したクロトキが居ると聞いていたのに~ ̄З ̄; まあブリスベンで見て来るけどね☆

公園案内図

 鳥に関する学習や観察、売店での買い物が出来るのが教育中心(Education Center)。確かにセンターは中心である^^; 教育中心についてはセイタカシギを紹介する際に語ります。

 本当マジで大して鳥が見られなかったなぁT∇T; 居たのはシロガシラ・クロヒヨドリ・メジロ・キジバト・カルガモ・コガモ・セイタカシギ(唯一のマトモな収穫)・カワセミ・シロハラクイナ(多分)・バン・アマサギ・ダイサギ・コサギ・猛禽類(種類不明)・カササギ位で、日本でも普通に見られる鳥の方が多かったです。

 しかし関渡自然公園の実力はこんな物では無い筈…。ここはやはり機会を改めてじっくりリベンジを果たしたい所ですな ̄▽ ̄;

10周年。だから今日は出会い記念日(笑)
【2010/09/08 00:03】 ハーロック@松本零士
 何となくハーロックとミーメって知り合って10年位にはなるだろう…と推測してたんですが、それが高じて出会って10周年を祝う2人と言うシチュエーションがチラホラ。

 前回は見事に日にちを間違えたけど、今回はしっかり毎年祝ってて今年は10周年だから~と言う設定で描いてみました。

 原作に拠ると「巨大化した植物の中でハーロックがブランデーの蓋を開けたらミーメが来た」んだそうで。その時の水筒(の中身)こそミーメを救ったんですよね。
物持ちが良いですね(笑)
 初心に還ろうと言う事で、敢えて当時の安ブランデーを水筒に入れてみたと。でも何時もよりも酔いが回るのが早いぞ??
初心に還るのもまた一興かと
 若い頃お金が無いから手っ取り早く安酒に手を出して、悪酔いした経験は無いでしょうか?^^; 今の彼等の方が舌は肥えてるだろうし。それに松本世界ならアルコール度数何100%とか∞とか、無茶苦茶な数字でも妙に納得しませんか?(笑)^^;
シリアスと言うよりもほのぼのだね^^;
 収入が安定して良い物を食べられる様になっても、一番美味しいと思ったのは貧乏時代、初めてのデートで彼女が作ってくれた弁当とか、お母さんが病気の時作ってくれたお粥とかって事有りますよね。お金ではなく「気持ち」が美味しいんだな。
 だからこの時の2人が早々に酔っ払ったのは、安酒のせいと言うよりも若かりし頃の雰囲気に酔ったんだよ…と思いたい。

 こんなにへべれけなハーロックを描いたのは初めてかも知れん。底無の酒豪に見えるけどトチローが生きていた頃は、「2人して良く酔っ払って歌を歌った」らしいので、あのハーロックでも酔う事は有るらしい。
 ミーメの方は「酔っ払った時しか眠らない」から、思い出に浸った後、2人して仲良く酔っ払って寝ちゃうのもまた良いよな?(^^ゞ

猛暑が更なる猛暑を呼ぶ
【2010/09/07 11:40】 時事問題
 今年の猛暑は記録的で世界各地でも熱中症で亡くなる方が相次いでいます。夏バテには割と無縁だった私も、流石に今年はかなりダメージを食らってますよ。

 「エアコン?何それ?食えるの?」をマジでネタにしている我が家でも、今年は導入しないとヤバイと思いかけましたからね ̄▽ ̄;
 今年はエアコン特需になった為、新聞の投書で「子供が受験生と言う状況下でエアコンが壊れて、買い換える事になったが10日間エアコン無しで過ごす羽目になった」と嘆く方もいらっしゃったり。
 まあちょっと暑いだけですぐにエアコンに頼ってると、こう言う時のダメージも半端無いよね。

 島根に来た8年前は福岡に比べると3~5℃低くて熱帯夜も数日程度、盆が過ぎる頃には窓を開けっ放しで寝ると肌寒い位だったのに、近年は連日の熱帯夜且つ9月に入っても残暑が厳しい状況が続いております。

 私が子供だった頃も暑い事は暑かったけど、ここまで殺人的では有りませんでしたね。最高気温33℃位で35~6℃が連日なんて考えられませんでしたよ。

 さて、あまりに暑いのでエアコンの事を考えつつ新聞を読んでたら、ヒートアイランド現象の特集が載ってましてね。その原因に「工場やエアコンの排熱」と有ってハッとしましたよ。
 そうなのだ。暑いからと言ってエアコンに頼ると、当然その分の熱を外に出す事になる。それが引いては大規模な気温上昇に繋がるのだ。

 うむ。地球環境の観点から言っても、安易にエアコン買わなくて賢明だったな…と思いつつ、同じ新聞の投書欄を見ると「教室の冷房化 もっと進めて」と言う意見が。
 確かにあまりに暑いと学習意欲のみならず、子供達の健康にも影響が出ます。私が子供の頃は教室には当然冷暖房が無いのに、職員室には有って先生ずるい~!!とか思ったもんだし。

 しかしその投書の最後の方には「地球温暖化で猛暑が続くから、対策として教室にも冷房を」と書いていて、だからさぁ~そんな風にエアコンを大量に設置するから、余計に地球温暖化が進むんだろ?! ̄▽ ̄;と、内心突っ込んでしまったのですよ。

 親としては勿論子供達がへたばってる姿は見るに耐えられないのは解りますが、目の前の問題だけに対処する事にばかり目を向けて、将来子供達にそのツケを回しても後は知らんって事だろう? 子供達の事を考えてる様でいて、その実子供達の将来を奪うのは如何な物かと。(だから私は子供を持ちたいとは思わんのだ。不妊症で悩む方と私は相容れない)

 都心部でも屋上の緑化やグリーンカーテンの導入が進められています。人工的に気温を調節するだけでなく、昔の知恵に倣って自然の恵みを上手く活かした調節方法を模索する方が、長期的にはずっと賢明な対策な筈。
 屋上緑化で都心部でも生き物が戻って来てる例も有るし、コンクリートジャングルでうだるよりは、鳥でも見つつ心身共に涼やかな気分になる方が、はるかにゆとり持てるだろうよ。

 …ベランダでも可能なら来年はゴーヤでも植えるかなぁ~と思う昨今。

SLよりトロッコに乗りたい^^;
【2010/09/05 18:23】 ばんえい競馬
 9/4~5はSLとかち号運行に合わせて、帯広でもトロッコ試乗体験と言うイベントが企画されてます。…正直SLよりもトロッコに乗りてぇ…^^;

 団体が早々に抑えちゃって一般向けのチケットは殆ど用意されなかったらしいですね。SLと言えばSLやまぐち号が初めて運行された頃、乗りたいな~と思いつつも全くチケットが取れず、結局そのまま未だに果たせない状態。
 以前は帰省時に山口線を利用していたから、帰りにSLやまぐち号とすれ違う事も有りましたけど、今は車なので全く縁が無くなりました。ぶっちゃけ国内の鉄道よりも海外で乗る方が多かったり^^;

 帯広のトロッコは旧国鉄色を連想する、真っ赤なカラーリングが気に入ってます。
知られざる鉄道
 バックヤードツアーで近くに行った事は有っても、一般のファンで乗れた人は殆ど居ないのでは?
赤いカラーリングが良いね
 因みにばんえいの競馬場にトロッコが在ると知った時、一番印象に残ったのは北見でした。『知られざる鉄道』(JTB Can Books)に“微小鉄道”の一環として、「ばんえい競馬場の軌道」で紹介されていたんです。1997年2月に出版された本なのですが、その頃のばんえいは未だ赤字に転落するか否かと言う時期でしたが、それ程危機感も無かった為、しっかり4場分載ってるんですよねぇ…。

 当時ばんえいはマキバオーアニメ版の影響で、かろうじて名前だけ知ってたレベルでしたが、まさか後になって全部行く事になるとはその時は知る由も無く^^;

 何故か北見だけは「ばくちゃん」の名が付いていましたね。
今は亡き「ばくちゃん」
 再三言って来たけど今でもっ一番北見コースが好きだぁぁぁぁ~!! 帯広のゴール直前に傾斜を設けて、何ちゃって北見コースでもこの際贅沢は言いません>_<;
 嗚呼…あの時の他場のトロッコ達も、とっくにスクラップなんだろうなぁ…T∇T;

 え~懐古趣味に浸っていても仕方無いのでもっと現実的な話題を。

 このトロッコ試乗企画…年に何回かスペシャルバックヤードツアーとしてやったら良いのに。出来れば客の減りがちな月曜の集客対策として。

 …こう言う要望を伝えたいなら、やはりTwitterをやるべきなのだろうか? ̄▽ ̄; 気にはなるけど正直正体を知られなく無いと言うか、あまりフォロー云々に振り回されず、マイペースでやりたいんだよなぁ^^; その内地が出てどうせバレるんだろうけど(笑) ̄▽ ̄;
 取り敢えずダンナに「これTwitterで言っとけ」と丸投げしておりますが。

以心伝心。相思相愛。
【2010/09/03 00:02】 ハーロック@松本零士
 今日は私の誕生日なので自給自足で祝わせて戴きます。

 ここで再三語っていますが、ハーロックとミーメの関係は、「男と女の関係を超えた」「同志」と言うのが定番。確かに普通の恋人や夫婦みたいに、いちゃつくシーンは皆無です。しかしあのプライベートに干渉されるのを嫌いそうな男が、何故普段からミーメだけは自室に侍らすだけでなく、しょっちゅう一緒に居るのでしょうか?

 「所謂松本美女ではなく明らかに異星人=元から恋愛対象ではない」と言う方もいらっしゃるでしょう。しかし個人的には「親友を失った事をずっと引きずってるハーロック」の心境は、「同族を全て失ったミーメ」しか受け止められないからだと思ってます。
 そう。2人は或る意味似た物同志なのです。だからこそ他のクルーがとても入り込めない絆が有るのだと。

 映画版1作目では一同で999を見送ったのに、何故かさよ銀では2人っきり(笑)。
何2人っきりで見送ってやがりますか(笑)
 …鉄郎に「親から子へそのまた子へ…血は流れ続いて行く」と言った手前、己の家族計画云々を相談する為か?!…等と真面目なファンを敵に回す問題発言をしてみる^^;

 元々アニメではデキてるだろ?!と邪推したくなる要素が多かったですが、対する漫画版の方はそうとも言い切れない。
 ハーロックがミーメを高く評価していて、何かと頼ってるのも事実だし、アンタレス蟹事件ではミーメの危機に、仕事を放ったらかしてすっ飛んで行ったりするから、彼なりに特別な存在と思っては居る筈。
 でもミーメが「何時死んでも良い」と再三吐露する割には、ハーロックがストイック過ぎてね…。余計にミーメが不憫に感じるのよT∇T; 「身も心も捧げた生命体」と言うからには、男女の何某は有ったのではと邪推したくもなるんだけども(笑)。

 ところが『ニーベルングの指環』以降の作品では、そんな漫画版ハーロックにも心境の変化が出た様です。
ミーメを抱き留めてるし!!
 こんな風に女を抱き止めて慰めるハーロックなんて初めて見たよ!! トチローに「あいつ何時から女に弱くなったのかなぁ」とまで言われる始末(笑)。

 更に新999では何で極フツーに2人っきりで鉄郎を迎えやがりますか(笑)。
当たり前に2人でお迎えですか(笑)
 銀河鉄道物語漫画版の冒頭。何も言わずとも判ってる…正に夫婦の会話!!
まるで夫婦の会話だ…
 その前に何故2人っきりで艦橋に居たのだろうか?(笑)

 …どうやら漫画版もアニメ同様、妄想可能な領域に達した様だな(笑)>▽</

 さて、この2人の関係を敢えて表現するならば、熟年夫婦が最も相応しい様に感じます。「熟年」と言うのがミソ。
 勿論年齢的にはそこまで行ってないけど、長年連れ添った夫婦って体よりも心の繋がりの方が強くて、少なくとも人前ではいちゃついたりはしない。(原作と旧TV版から推測するに、既に10年は連れ添ってると思われる。)でも言動の端々にはそう簡単に壊れない絆を随所に感じる物なのです。正に以心伝心相思相愛。ハーロック&ミーメこそ、究極の男女関係だと私は断言したい。

 俺達は良く訓練されたカップルだ!!(笑)俺達の間に余計な言葉は要らない…。とあるネタより抜粋。
心の会話 
 ここだけ見るとシリアスだけど、この話自体はギャグだったりして^^;

 まあファンの欲目を除いても、実際「お前等無茶苦茶仲良いよな~♪」と言いたくなるシーンが多過ぎですな。未だ空気の読めない^^;台羽が核心に触れてしまいましたよ?(螢も嗜める振りして興味深々やん(笑)) 
何気に爆弾発言(笑)
 ハーロック…流石平然としてるな(笑)。市役所に婚姻届を出しに行く海賊はちょっと見たいぞ(笑)。
別に恥じる必要も無!!
 長く付き合ってると言動も似てくる物さ…(笑)。
あんた等そっくりだよ…(笑)^^;
 そう言えばハーロックって2人が出会った日を覚えているのかね? まゆの誕生日に律儀に会いに行く位だし、その辺かなりきっちりしていそうでは有るけど…。
本人はちゃんと覚えているのだろうか?
 実は「え″?!」と言うハーロックが描きたかっただけで、こんなネタをでっち上げたと言う(笑)。
立場逆転…

 最後に自給自足の誕生祝。こんな風に寛ぐシーンが見たかったのでね。…早速壁紙に設定。
こんなツーショットが有っても良いぢゃないか?
 しかしドイツに行って早1年か…。ドイツ=ハーロックの故郷と言う時点で、ヤバそうな雰囲気プンプンでしたが想像以上の効果でした(笑)^^; 

 今夜はミュンヘン名物白ソーセージと、フィンランド名物コスケンコルヴァ(どっちも去年買って来た物)で前祝して、翌4日にはダンナに飲みに連れて行って貰う予定だ。

 さあ誕生日と言えばこの歌を歌わなくてはならない…。

♪Syntymäpäivää(シュントゥマパイヴァー)~
 春闘だパイヴァ~~


 因みにハーロックとフィンランドは多分関係有りません(笑)^^; 北欧バイキング絡み??

猫も杓子もTwitter?? ̄▽ ̄;
【2010/09/01 12:15】 時事問題
 不特定多数が見るネット上では、個人情報暴露に繋がる発言は避けるべきだし、全てを曝け出す必要も有りません。ネットとリアルで別の自分を演じている人も少なくないでしょう。
 しかしそれも度が過ぎると根が悪い人ではないと解っていても、本当の意味で仲良くなれるとも思えません。

 以前良く行っていた某サイトの管理人さんがそのタイプでした。異常に「自分」を隠す方で(それこそ後ろめたい事が有るのか?と勘繰りたくなる位)、そこから来る誤解に加え御本人が精神的に不安定だった事も重なり、結局袂を分つ事に。

 あれから時が流れ…私も時々思い出す程度でその人の事は段々忘れて行きました。

 ところが最近たまたま御本人のTwitterを見つけましてね。サイトではあれ程「自分」を語らなかったその人が、かなりプライベートな事をブチ撒けていてちょっと驚きました。更に元々かなり特殊嗜好の持ち主だったけど、変態度に磨きがかかってて正直ドン引き^^; 
 まあ楽しそうだったから今更私が名乗り出る必要も無いな~とも思ったり。


 それで思ったんですがTwitterって、普段よりも自分の本音が出てしまい易い所なんでしょうかね? サイトやブログと違ってチャット性が高い為、ついその時の感情や思ってる事が露呈する様に感じます。

 普段から発言に気を使う方ならTwitterを有効に利用出来るでしょう。実際ダンナがこれを使ってかなりの人脈を築いてますからね。
 その様子を見ているとちょっと興味をそそられますが、下手に手を出すとキリが無い様にも思えまして…。

 ブログの記事にする程ではないけどちょっと言いたい事って結構有るから、それをボソッと呟くにはTwitterは最適でしょう。ただそれが切欠であまり中身の無いやり取りを頻繁にするのが面倒なんですよね。今時携帯を持ってない時流に取り残された奴なので、リアルタイムで頻繁に呟けないし ̄▽ ̄;

 携帯依存症の子供はメールのレスを速攻しないと嫌われると言う恐怖心から、常に携帯を手離せず過剰にメールチェックを繰り返し、結局携帯に振り回される事態に陥るそうです。

 Twitter依存症もこの携帯依存と同様の物を感じます。緊急の用事ならともかく「寝る」だの「今食事中」だの、日常をリアルタイムで垂れ流してまで、四六時中繋がる関係が本当の交流と言えるのでしょうか?
 
 携帯にしろTwitterにしろ…いやPCやネット自体にも言えますが、便利だからってそれに振り回されたら本末転倒。まあ何事にせよ「依存症」「中毒」は危険ですよね。節度を守って使えない輩は、幾ら流行ってるからって迂闊にTwitterに手を出すべきでは無いのでは? ̄▽ ̄; 実際かなり墓穴を掘ってる有名人多いし。
 
 登録して無くても読めるからROMは結構してるのですけど、個人的にはあのチャット性と「~なう」なる言い方、過去ログを遡るのが異常に面倒、引用の仕方が特殊過ぎて解り難い、全体的に重くてバグも多い等々…気に食わない事が多過ぎて、自分がやるには抵抗を感じてしまいます。

 Twitterの登場でmixiが衰退するのも世の常人の常。何れTwitterも寂れて別の便利ツールに取って代わられるんだろうし。その時時流に乗せられて振り回されるか、上手く活用出来るか否かに分かれるのも世の常人の常。




サイドメニュー ×
メニューA  メニューB