のよのよ in Zの悲劇?!
鳥全般・海外旅行・ばんえい競馬・アニメ&漫画etc.…ニッチな情報提供も目指します。

最近の記事 ×

プロフィール ×

Pin

Author:Pin
出身:福岡県。長年住んだ出雲から佐賀へ移住の白衣好き主婦。
趣味:同人活動ではハーロックに原点回帰。(他にナノセイバー・恐竜惑星・ジーンダイバー)、ばんえい競馬、鳥関係全般、(科学者用)白衣等々。海外に行った時は旅行ネタ多目。


カテゴリー ×

月別アーカイブ ×

最近のコメント ×

最近のトラックバック ×

FC2カウンター ×

カレンダー ×
10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


断魚渓~風光明媚な異世界~
【2010/11/28 13:21】 日常・雑談
 昨日所用で広島に行ったんですが、往きの途中で通る断魚渓と言う所が前から気になっていましてね。
 「断魚」と言う名は滝が在って、魚が登れずそこで途絶えてしまう事から来ているのですが、断魚渓・観音滝県立自然公園にも指定されている、実に風光明媚な島根の名所でもあるのです。

 何時もは時間が無くて下のトンネルを通ってしまうのですが、今回初めてその断魚渓を観る機会が有ったので、知らない方の為にちょっと紹介します。…実は自分も実際に観るまで良く知らなかったんですけどね(^^ゞ

*断魚渓詳細はこちらを参照下さい 

 トンネル右手の旧道を登って行くと程なく入り口が見えてきます。(駐車場有)
断魚渓入り口
 階段を降りて行くと左手にはこんな風景が。1年中楽しめますが紅葉の時期が最も美しいそうです。まあ思った程紅葉はしてませんでしたが。
千畳敷
 それよりも目を見張るのは辺り一体に浸食された白い岩!! 千畳敷と言ってまるで鍾乳洞の様です。自然界の芸術的センスは素晴しい。
寝食した岩

鍾乳洞を思い出したり

千畳敷~浸食の仕方がユニーク
 途中から岩の色が変わってますが、どちらも流紋岩と言う岩です。その名の如く表面に独特の皺の様な流れる模様が有って、石英を含む物はこの様に白っぽくなります。
 生憎地質学には疎くて最初2種の岩がくっついているかと思いましたよ。…こう言う時宮澤賢治が傍に居てくれら!!(彼は地質学にも詳しかった)
途中から色が変わっているのは濡れているか否かか?
 その千畳敷の中央部には用水路の様な細い川が流れてます。これは祝川(岩樋川/いわひがわ)と言って、断魚渓は江の川(ごうのかわ)の支流・濁川(にごりかわ)に在りますが、その濁川の一部が浸食されて出来た幅1m位の水路なのです。
祝川
 ちょっと下から見るとこんな感じ。向こうに小さな滝が見えますね。
祝川を下から見ると…
 見所は千畳敷や祝川だけでは有りません。右手を観ると断崖絶壁が…。神楽淵と言う断魚渓24景の1つで、神楽の舞台を思わせる岩棚です。これを神楽の舞台に例えるとは、流石石見(いわみ)神楽の本場だけ有りますね。
神楽淵
 高所恐怖症には怖そうな舞台だな^^;
神楽淵2
 今回は行けませんでしたが、少し離れた所には観音滝・連理ヶ滝(れんりがだき)と言う、滝も在ります。
 確かに観音滝は写真を観てもこりゃ魚が登れんわ…と思わせます。と言うか風光明媚な事には違いないのですが、周囲に生き物の気配がしなかったのですよね。(良く見たら居たんだろうけど…)

 それが余計に異世界に迷い込んだ様にも感じてしまいました。もし近くを通る機会が有りましたら、時間の許す限りお立ち寄り下さい。近くにはキャンプ場も在りますよ。



ハーロックの本名を分析してみる
【2010/11/26 15:23】 ハーロック@松本零士
 先日書いた『本妻vs永遠の恋人』に新規の方からのコメントが複数付いて、少々驚いています(^^ゞ 何時も内輪からの反応が無かったら独り言言ってるも同然なのに。若干何時ものネタとは毛色が違う上に、大分前から暖めていたのが功を奏したのか??
 
 世間のファンから自分がどう思われているのかは、今でも時々不安になりますね。自分が主に描いている内容がハーロック同人でも茨道だからさ。カップリングの是非はともかく、解釈は自分でもユニークだと思うんだけどねぇ(笑)(^^ゞ
 大昔初めて売ろうとした本がトラブルでお蔵入りになり、長期活動休止を余儀無くされたから、今度こそ「販売可能な」ハーロック本を作ってみたい気持ちは有りますが…どうなんでしょうねぇ…茨道… ̄▽ ̄; それ以前にここで告知する以外売る場所が無いわな。


 前置きはここまでにして、ちょっとハーロックのフルネームで気になった事が有ります。「ハーロック」は松本作品では色んな話に登場するキャラですが、一般的には「ファントム=F=ハーロック○○世」がフルネームと言われています。
 所謂キャプテンハーロックはコバルト文庫版では37世ですが、『ニーベルングの指環』の<ワルキューレ>では自ら「ハーロックⅡ世」と名乗ってますね。
 まあコバルト版はハーロックが捨て子で、トチローの方が実は血縁だったと言う独自の設定だし、37世説もこの小説限定と見て良いのでしょうが、当時のファンは概ねこの小説に倣ってた物でした。

 前にも紹介しましたがコバルト版を踏襲した、ハーロックⅡ世と37世の共演話。
ハーロックⅡ世&37世
 ハーロックⅡ世扱いのワルキューレ版。美少女見て赤くなる少年ハーロック。彼にもこんなマトモな反応する時期が有ったのだなぁ(笑)。
メーテルを見て赤くなるハーロック
 何代目かは厳密な設定は無かろうから、あまり気にしても仕方無いかも。ただでさえ整合性に欠ける松本ワールドだし ̄▽ ̄;

 それ以上に初めてフルネーム聞いた時、「ハーロック」は名前でなく名字と知って驚きましたよ^^; 『わが青春のアルカディア』でもⅡ世が「ハーロック一族の故郷(ふるさと)…」と言ってるし、欧米の命名法だから明らかに名字ですよね。
 大体親しくなると名字でなく名前で呼ぶやん? でもハーロックの場合常に名字が名前化していると言う…。ま、こんな感じで(笑)。
苗字が名前同然になってる
 一方「トチロー」は本名の「敏郎」をハーロックが訛るから定着した…と言われていますが、ドイツ人は「シ」の発音が苦手で「チ」になるなんて、寡聞にして聞いた事が有りません。ただハーロックは普段クルーに合わせて日本語使ってる様だから、日本語で言わせると訛ってしまうって事かい?^^;
 でも子供の頃サ行がタ行になってしまう人が居るよね。実は舌足らずなハーロック…(笑)^^;

 発音云々はさておき、呼び方がすっかり「ハーロック」で定着してしまってるから、今更「ファントム」なんて言いたくないでしょう? 普通ファントム=オペラ座の怪人の方を連想するだろうし ̄▽ ̄;

 ところでこのファントムってどう綴るんですかね? “Phantom”は英語・ドイツ語共に「幽霊」「幻影」「妖怪」等の意味で、これを名前に使うとは思えん^^;
 となるとFantom辺りになるのかな? しかもミドルネーム付きですよ。ミドルネームって洗礼名だよな~と思って調べたら、18世紀のドイツは洗礼名=ミドルネームで、普段こちらで呼ばれていたそうですが、通常はファーストネームが洗礼名になります。
 尚、洗礼名はカトリックや正教等一部の教派のみの慣習で、大多数のプロテスタント諸派には元々無いそうです。

 …ハーロック一族はキリスト教徒だったとは…。しかもカトリック教徒…だよな…。ドイツ自体がキリスト教国家だから当たり前か。 
 欧米行くと随所に教会が在って信心深さを感じますよ。ドイツ繋がりで数在る教会写真の中からドレスデンの宮廷教会。
宮廷協会@ドレスデン
 ドイツは日曜休んで教会に行けと言うお国柄ですが、ハーロックも地球に居た頃は日曜に教会にお祈りに行っていたのでしょうか? 彼の言動を見ているととても信心深いとは思えんがな^^; キリスト教国家と言われるドイツでも、無神論者が3割位居るそうだし。

 かく言う私は一神教よりも八百万派です。そんな私が神の国出雲に引っ越して早や9年目… ̄▽ ̄;

神のみぞ知るセカイ アニメ中心感想(やや辛口?)
【2010/11/24 14:31】 アニメ・漫画感想
 アニメの放映も中盤になったので、ここらで原作と合わせての中間的感想を書いてみます。大体原作付き作品がアニメ化されると、原作ファンと新規ファンとの間に少なからずギャップが生じる物です。私もアルバトロスの時からリアルタイムで読んで来た原作ファンなので、アニメは全体的にいまいちな印象が拭えません。

 まあアニメから入ったファンは原作への先入観が無い分、案外素直に受け入れている様にも感じますが。

 巷で言われているキャストに関しては、私が今時の声優に思い入れが無い為、それ程違和感は持っていません。但し美生だけは作画も声も一番駄目な気がしました。声優自体は人気の有る人らしいから、キャラの演技に馴染む前に話が終ってしまったと言う感じ。1話の歩編が駈け足気味だったのに対し、美生編はテンポ的には丁度良かったのでその辺が残念。

 現時点で一番どうよ?と思ったのはやはりかのん編でしたね。キャストの東山奈央さんは未だ18歳の新人との事ですが、「歌で選んだ」と言う前評判の割りには、最初に出て来た歌が駄目過ぎて…-Д-; 
 アイドル物のアニメって歌が下手な事が多いけど、実際のアイドルも歌が下手な事が多いから、或る意味リアルでは有りますが ̄▽ ̄;(マトモに機能したのはクリィミーマミかマクロス位か??)

 でも『らぶこーる』は普通に良い曲でしたから、単に80年代の正統派アイドルソングが合ってなかっただけかと。東山さんは「練習し過ぎて声が枯れた為、レコーディングを1日ずらした」と言う位、頑張り屋さんらしいので彼女自体には好感は持てます。12/4のイベントは…まあ頑張れ^^;

 問題なのはかのん編に3話も割いたくせに、東山さんを売り出そうとする制作側の商魂が透けて見えてしまった事。アイドルは歌ってなんぼとは言え、ほぼフルコーラスを何曲も流されると興醒めですよ。原作の神がかったラストに遠く及びませんね。

 それにかのんへの声援…呪詛ですか? ̄▽ ̄;

 原作では夏だったライブをアニメはクリスマスにした事で、時間軸がおかしくなったのもどうかとは思いますが、最初に『ハッピークレセント』やって、ラストの特殊EDは『らぶこーる』で〆ていてくれていたら、挿入歌連発もかなり許せたのに。(一番フルで聴きたいのがこの曲)

 シトロンのエピソード追加は賛成なんですけど、まるでかのんのせいでシトロンが解散になった事を、ずっと悔やんでいたみたいに描かれていたのがなぁ…。スキマが埋まったのは桂馬ではなく、元のメンバーのおかげに思えるし。

 いや悔やんでいたのは確かなんでしょうが、原作では彼女が目立たない事を気に病んでいて、だからこそ桂馬に病的に依存してしまった訳で。(逆に言うとシトロンの事はもうどうでも良い様にも感じるな^^;)
 かのんが極端な桂馬への依存から解放され、アイドル(偶像)ではない「自ら輝く…『星(スター)』になったんだ。」と桂馬が呟く演出こそがキモと思っていたのに。

 シトロンのエピソードを活かすなら、かのんの悩みはシトロン解散が原因に改変した方が良かったのでは無いでしょうか。
 本来売り出すべきライムを差し置いて、かのんに人気が出た事が解散に繋がったそうだし、自分が変に目立った事が全ての元凶と思い込んでいる。透明化は原作の地味っ子由来ではなく、変に目立ってまた人間関係がぎくしゃくしたら嫌だ!!的な反動で。
 だから自分が人気アイドルになった今も、内心その事をずっと悔やんでいる。本当は3人でなるりんドームを制圧したかったのに…と。

 桂馬はかのんのそんな意図を汲んで、元メンバーと和解出来る様に後押しするとか。それなら元メンバーの花束と、ライブが終ってかのんが一人でシトロンの歌を歌うシーンが活きて来ると思うんですが。

 挿入歌連発は上層部のごり押しで、アニメスタッフのせいとは言い切れないけど、全体的に演出が中途半端に感じたかのん編でした。ただでさえ今期は強力なライバルが多い(イカ娘とミルキィホームズが大穴)と言われてるのに、最もプッシュしたかったであろうシリーズがこれではねぇ… ̄▽ ̄;
 かのん編は歌で尺を稼げたけど栞編も3話ってどうするつもりですか? 構成担当の倉田英之さんは定評が有るらしいのに、全体的に構成がおかしいとしか思えません。第二期は本当に大丈夫なんですか?
 
 しかも今週の話は原作でも微妙だったケーキ回。作者が脚本を書いた位だからリベンジを果たすつもりでしょうけどね。
 
 これに合わせて原作もエルシィメイン。この話自体は原作ファンも期待していた内容。但しタイミングが最悪。アニメから入ったファンを意識しての判断なんでしょうけどね。
 現在原作ではかのんの命に関わる緊急事態で、責任を感じた桂馬がそれ故に鬼になって再攻略している所です。その割には妙に引っ張るしアニメに合わせて栞登場なら、次回は普通にちひろの続きだろうと期待させておいて、いきなり番外編をやったら肩透かしですよ。かのんが助かって次の幕間にこの話だったら大絶賛だったろうに。
 でもエルシィがかのんに語りかけるシーンは、このタイミングでないと難しかったかも。
  
 アニメの演出で最も拙いと思うのがこのエルシィの扱い。原作の扱いが不憫な分、アニメではこれが異常に可愛いの。可愛過ぎて攻略ヒロインを食っちゃってる訳。攻略ヒロインを一番魅力的に描くべきなのに、エルシィが目立ってヒロインが霞むのは如何な物か。ただでさえすぐに出番が無くなるのに印象を薄くしてどうするよ?!(再登場までのアニメ化は微妙だし)

 どうも原作者がかなり干渉しているのが逆効果になってる様な…? まあアニメスタッフが原作を曲解して、後で揉めるよりは良いんだろうけど、餅は餅屋で大筋を決めたら基本お任せした方が。
 アニメ化を喜ぶ作者の気持ちは否定しませんが、絶チルアニメが古臭いセンスだったのに、原作者独りが舞い上がっていて白けた事が有る物でね…-Д-; (正直絶チルは中学生編になってから、馴れ合いと性の目覚めが露骨で気持ち悪い)

 そう言えばアニメ化決定の時も、檜編を中断してまで捩じ込みましたよねぇ。あの時は合併号だの休載だのが入ったから、余計に間延び感が半端で無くって。(単行本で一気に読む方が良いかも)
 ドラマ化決定の明医でも先週変な番外編やってたけど、これは今のサンデーの方針なんですかね? そんな意味不明な宣伝するからサンデーの部数が激減するんですよ ̄_ ̄; 


 今の所そこそこのクオリティは維持している物の、単行本の重版が今頃かかったり、関連商品の展開もかなり微妙なんですよねぇ。8週連続CD発売もどうかと思うけど、かのんの1stアルバム発売が3/3って…。そこまでプッシュしたいのなら年末がラストチャンスでは? グッズのセンスもいまいちだし、この作品で儲けたいならもっと本腰入れなさいよ ̄~ ̄ノ
 まあ私は単行本はずっと買ってても、今の所アニメ関連に手を出す気は無いから、生暖かく見守るしか無いんですけどね。

 取り敢えず第一期終了まで最終的な評価は保留ですな。

鈴木勝堤騎手、お疲れ様
【2010/11/22 20:00】 ばんえい競馬
 遂に今日の11R・釧路湿原特別を持って、鈴木勝堤騎手が引退なさいました。話は10月の時点で知っていたけど、嗚呼…遂にこの日が来てしまったか…。

 「勝堤」は実は本名ではなく当て字なんだとか。(正貞だっけ?)しかし名前を間違えて勝「提」と誤植してる人が結構いらっしゃる ̄▽ ̄; 私のPCは「しょうてい」と打つと、ちゃんと「勝堤」で出してくれるぞ。はっはっはっ(笑)。

 勝堤さんと言えばピンクと青の派手な勝負服。2007年の年賀状の猪は彼の服をモデルに描いています。たまたま亥年産まれだったから丁度良いなと思いまして。
モデルは勝堤さん
 レース回顧等は詳しい方にお任せするとして、一番衝撃的だったのはやはり脳髄膜腫で長期休養を余儀なくされた事ですね。最初脳腫瘍と聞いた時も驚いたけど、脳髄膜腫なんて聞き慣れない病名で、復帰どころか生命すら危ういのではと気が気で無かったですよ。(実際は脳髄膜腫は脳腫瘍の中では良性で滅多に転移しません)

 幸い経過は良好でもうすぐ復帰と聞いた去年の10月。或る職員の方と話していたら、目の前を私服で横切って行ったのが他ならぬ勝堤さんだった事も。

 そしてばんえい記念当日、矢野さんによる騎手達の挨拶。勝堤さんの番になった時、矢野さんが「お帰りなさい!!」「もう、最高の笑顔でっ」と仰ったのが印象に残っています。
「もう最高の笑顔でっ」@ばんえい記念
 素敵な笑顔でございます。私はこれからも暫く現役を続けられるんだろうと信じていたから、引退の話を聞いて驚きましたね。御本人は復帰して1年を区切りに考えていらしゃったそうですけど。

 王さんが「王貞治のバッティングが出来なくなった」と仰って引退した様に、世間では未だ未だやれると言われていても、自分で自分が許せなくなった時、ベテランは引き際だと思うのでしょうか。

 復帰後一度も重勝制覇出来て居なかった勝堤さんは、だからこそナナカマド賞を制覇し、有終の美を飾りたかったそうですね。その噂通りオイドンで見事勝利を収めた訳です。
ナナカマド賞勝利インタビュー
 口取りは何度見ても良い物ですね…改めておめでとうございます。
今回の口取りは沢山写真が撮れたなぁ
 残念ながら今日のラストランでは有終の美を飾れませんでしたけど(…最後の最後で戒告かよ!! ̄▽ ̄;)。 前日のトークショーの時同様、引退セレモニーでも沢山の肩掛けが圧巻でしたが、今まで引退セレモニーでこんな風に肩掛けを飾っていた例は記憶に有りません。(後はサカノタイソンの時位か??)それだけ彼の重勝制覇の実績が素晴しいと言う事なんですね。
今後は生産者の立場でばんえいに関わって行かれるとの事ですし、彼の偉業はこれからも語り継がれて行くでしょう。

 長い間お疲れ様でした。有難う勝堤さん…。


 彼に引き続き年末で佐藤希世子騎手も引退されるとは…。スレンダーな美人だし、女性騎手として宣伝塔にも貢献されたのと、リッキーラストランの騎乗、そしてあの弁当箱!!が思い出深いかな。(皆川さんの娘さん達が合格していたらねぇ…。代りに重賞の先導馬の騎手として活躍されてるけど)
 重そうに弁当箱を持って検量室に行く希世ちゃん^^;
うわ~重そう^^;
 20kg以上有るので持ち上げられませんでした ̄▽ ̄; 「希世姫」は名牝キヨヒメと掛けているんだとか?
重くて持てませんでした^^;
 木本さんが「お子さんがばんえいの騎手になってくれれば…」とか言うから、てっきり札幌に戻って結婚と思ったらどうやらデマらしいですね^^; 
 でも札幌には尾ヶ瀬牧場の関連施設が在って、元々そこで働いていたそうなので、そっちに戻るか或いは年齢的に結婚の話が来ててもおかしく無いんだよねぇ^^;

 10月に彼女が厩務員やっている姿を撮ったその日に、引退の話を聞いたのも単なる偶然なんだろうか…? 現在怪我で騎乗出来ないとの事ですが、最終日にはきっと挨拶はされるでしょう。ネット中継&スカパーの放映宜しくね、mさん(笑)☆
希世ちゃん厩務員中

希世ちゃん厩務員中2
 厩務員中の希世ちゃん。(最初に載せた写真が間違っていたので訂正します^^;)

 彼女の引退日に特集したい所ですが、如何せん丁度帰省中で無理っぽい為、この場を借りて先にお疲れ様と言っておきます。
 リアルタイム情報はダンナが懇意にしているTwitter仲間に任せますね(笑)。


 補記(11/23 1:45):何と勝堤さんの『栄光の軌跡』+αまでやっていたとは!! かつての引退騎手でここまで優遇された方を知りませんよ@_@;
 生憎用事が有った為リアルタイムでは観られず、今ダンナと一緒に観ている所。(スカパーで切れた分はダンナがネットで補完済ぢゃよ)
 何と言っても井馬さんの声が若い!! そして懐かしい競馬場、既に引退された名騎手の方々、名前だけは知っていた名馬諸々が満載と言う何たる貴重映像…。


グリニッジ標準時と言えば…
【2010/11/21 10:44】 海外旅行
 最近別カテゴリにフランスからの常連さんがいらっしゃるのですが、アクセス時間が3時~5時台なのです。そうか時差か…フランスだと今-8時間で、現地では19時~21時台なのだなぁ…と実感する今日この頃。

 海外に行くと気になるのが時差。これはグリニッジ標準時間(Greenwich Mean Time:GMT)に因る物で、日本はGMT+9なんて今更言うまでも無いけどね。
 *GMTは地球の自転を元にしていますが、その自転がやや不規則で不正確になる為、現在ではより正確な原子時計を用いた、協定世界時 (UTC)が世界標準時間です。でも一般的にはGMTと呼んでも構いません。

 元になったグリニッジ天文台は現役は既に引退して(1990年にケンブリッジへ移転)、今は観光地として賑わっております。行ったのは2005年の10月だったか…嗚呼あの時はカティーサーク号は未だ無事だった…。
グリニッジ天文台
 これがGMTの基準となった子午線。
天文台に有る子午線 
 一番驚いたのはこの傘ぽん(笑)^^;
ロンドンに傘ぽん…
 世界の時間を制御した、ロンドンの歴史有る観光地に、日本語そのままでこんな物が設置されているとは…(笑)^^; 一瞬日本にタイムスリップしたかと勘違いしちゃったぜ?! ̄▽ ̄;
 
 地元のショッピングセンターで傘ぽんを見る度に、グリニッジ天文台を思い出して今でも密かに笑ってしまいます≧▽≦ノシ

出雲市のマナヅル'10~晩秋~
【2010/11/20 16:34】 鳥関係
 先日久し振りに何時もの川を下ってマナさん探索に行きました。元々北方の鳥だから今年の猛暑に耐えられるか心配だったけど、如何せん自分自身が猛暑にやられてて、とても見に行く気力が無くてね^^;
 その後ブリスベン&帯広と遠征が続いたし、冬鳥はそんなに来ていないだろうから、まあちょっと肩慣らし程度ですが…。

 案の定カモ類は留鳥のカルガモを除けばマガモとヒドリガモとコガモ位。ハシビロガモやホシハジロ等は未だ未だですね。カイツブリは結構見かけたけど、この鳥水遁の術使うからピントが合う前に消えてしまうし^^;

 そんなこんなで河口に行くとウミネコ達がたむろしておりました。今年は結局日程が合わず経島の観察が出来なかったなぁ-Д-;
今年は経島に行けなかった…
 カンムリカイツブリと思しき鳥も居たけど、これまた水遁の術で撮影出来なくてあくまでも推測^^; 夏場はマナさんはここに居る事が多いんだけど居る様子が無い。おかしいな…ここに来る間に大抵見つかるんだが…。
 無事で居るんだろうか?と心配しつつ帰路に着くと、川の中ではなく土手で昼寝しているあの鳥は?!
マナさん良くぞ御無事で!!
 マナさん無事だった~!!>▽</ 川の中ばかりチェックしていたので、下手すると気が付かずに通り過ぎる所でした。我ながら良く気づいたよ´▽`
 でもすぐに目を覚まして羽づくろいを始めるマナさん。
何時もの海沿いではなく土手に 
 初めてマトモに写真撮った時も思ったけど、昼寝と言っても極短時間しか寝ないんですよね。(カモが爆睡している姿は見た事有る)人間が近寄っても逃げないのに、周囲への警戒は怠らない所が流石野鳥です。
周囲への警戒を忘れない
 警戒と羽づくろいの繰り返し。
羽づくろい中
 その内餌を漁り出しました。松江に来たタンチョウ夫婦も始終餌を漁っていましたけど、ツルは魚を待ち構えるサギよりも動き回ってる事が多い気がします。
餌を漁り始める
 この後静かに土手の向こうに消えて行ったマナさんなのでした。
そのまま土手の向こうに消えて行ったのだった…
 何時もはコブハクチョウ夫婦の傍に居たがる彼(女)ですが、今回はハクチョウを見かけなかったですね。今年は繁殖に失敗したっぽいし何処に居たんだろう??

 一方川の方ではダイサギが大物GET!!>▽</
大物GET!!
 ところが大き過ぎて飲み込めない…。折角の大物逃がしてなるものか!!
だがでか過ぎて飲み込めない…
 仕方が無いから魚の向きを変えようっと。逃げるなよ…逃げるなよ…。
仕方が無いから持ち直そう
 水に一旦浸けて頭の方を咽喉側に方向転換。
水に浸けて…
 やっと飲み込めた~!!>▽</
やっと飲み込めた~!!
 その後は何事も無かったかのよーにケロッと(笑)。
何事も無かったかのよーに…
 近所の川にもサギ類は普通に居ますが、大抵人間が近づくと逃げて行くのに、この鳥は私がカメラを向け捲くってもマイペースでした。それだけ大物を食べる方に夢中だったのね(笑)。

 個人的に身近で見られる鳥で最も警戒心が強いと感じるのはウ。こっちが気づくや否や時には気づく前に、大慌てて逃げられる事が多くって…。体も羽音もでかいからかえって目立つ^^;
 大分前の話ですがそんな臆病なウのこんな姿をGET。ウがウナギを獲りましたよ~!!
ウがウナギを獲った~!!
 でも中々飲み込めない。ウが難儀…正にウナギだ~!!(笑)
中々飲み込めない…
 やっと飲み込めましたよ。
やっと入った~
 あんなにすぐ逃げるウをこんなに連続して撮れるとは(笑)。最初もう1羽一緒に居て相棒はさっさと逃げたのに、やはり大物を目にすると恐怖心よりも食欲が勝るのか…(笑)。
 いえ、私は逃げられるよりも普段の姿を見せてくれる方が有り難いけどね☆

ダブルアクセス障害情報
【2010/11/18 13:28】 お知らせ
 今日の12時位からアクセス解析をリロードしたら、突然IEが落ちてしまいその後何度アクセスしようとしても同様の状態が続いています。
 前からサーバーが不安定気味で、たまに丸1日分の解析ログが消失してましたが、7日にその状態になって以来、ここのカウンターと比べて取りこぼしが非常に多くなってて、嫌~な予感がしてはいたんだけども。

 解析サイトの障害情報を見ようとしても繋がらないし、突然メンテに入ったんだろうなぁ~と思って、代りにここにアクセスしようとしたら今度はこっちでもIEが落ちやがる!!(ノ# ̄□)ノ
 しかもFC2の障害情報・メンテ情報の頁を見ようとしても同じ状態だし… ̄_ ̄#

 アクセス解析とブログ同時にIEが落ちる現象なんて初めてですよ!!-Д-; では何故この記事を書けているのかと言うと、Google検索経由で管理画面に入っているからです。(試しに入ってみたら普通に入れたので。多分履歴からでも行けると思う)

 でもこれが本当に投稿出来るか否かは、実際にやってみないと判らないし、現状ではそれも確認出来そうに有りませんが。

 なのでテスト投稿を兼ねたお知らせでした。それ以前に誰も普通に閲覧出来なくて、この記事を読む人が居ないかもしれませんけど… ̄▽ ̄;


 *補記:相変わらずIEでは閲覧が出来ず落ちる状態です。(FC2のサーバー障害情報含めて)これは暫く放置するしか無いかも…。管理画面は入れるのに記事が読めないし。
 でも別のブラウザ(Lunascape6)だと正常に閲覧出来るので、恐らくIE以外のブラウザでは問題無かと。余所のサイトはIEでも正常に閲覧出来るし、IEよりも解析やFC2のサーバーに原因が有りそうな。

 解析の方はメンテと重なった為らしいですが、FC2の方は本体の障害情報・メンテ情報頁含め、IEとの障害が突発的に起きているとしか思えません ̄_ ̄#

 ずっとニコニコ専用で使っていたLunascapeでしたが、IEがこんな状態ではこっちを使う方が良いのかもなぁ…。ログ保存用ソフトがIEしか対応してないから、IEに固執して来ただけだしなぁ ̄▽ ̄; (IE8は常駐ソフトとの相性が悪くて使えずIE7使用) 

本妻vs永遠の恋人
【2010/11/15 10:59】 ハーロック@松本零士
 ちょっと前に『わが青春のアルカディア』を通して観直してみたんだが…相変わらず暗い!! 骨太の男臭い話自体は否定しないけど、予告に有った「爽やかな男のロマン」は何処へやら。この暗さは何とかならなかったのか?!-Д-;と嘆きたくなる様な暗さでした。
 せめてマーヤがヒロインとしてもっと魅力的に描かれていたらねぇ…。

 念の為言っておきますが私は決してマーヤが嫌いと言う訳では有りません。映画も7回も観てるし、その後で出した7冊目の個人誌では、フツーにハーロックとのツーショット描いてますから。ミーメが悔しがってるとゆーシチュエーションは、ミーメ派の私としては大胆な試みかも?!^^;
7冊目のハーロック本表紙
 この本の中表紙はこんなだし。
その中表紙
 当時の反応を見ても「え~?!ハーロックに恋人なんて!!」とか、「ミーメの立場はどうなるの?!∑( ̄□ ̄Ⅲ;)」と言う人は寧ろ少数派で、素直に受け入れていた人の方が多かった様に思います。(唯一個人誌で「私はマーヤが嫌いなのです」と明言して、悪役にしていた方がいらっしゃったけど^^;)

 …ええ、マーヤを本気で嫌っている人は殆ど居ない筈。好き嫌い以前に印象に残っていないのだから^^; 「好きの反対は無関心」とは正にこの事です ̄▽ ̄; 続編のSSXでは完全に葬り去られてるし。(小説では夢に出て来たり螢に面影を見出す等々、もうちょっと意識した描写が有るんだが…)
 これで「ハーロックの恋人」と言われてもちょっと…ねぇ…?^^;

 
 そんなぞんざいな扱われ方はさて置き、「もしマーヤが無事でアルカディア号に乗ったらどうなる?!」かを、自分なりに考察してみようかと思います。

 取り敢えずその日の晩に艦長室で2人っきりVvと言いたいが、そう簡単に習慣は治りません^^; ハープの代りに自由アルカディアの声を生で聞かされたりして?!(笑)
マーヤは酒はイケるかも知れんがハープは弾けなさそう??
 何度か語った様にハーロックがマーヤと一緒だと、非常に生々しくなるんだよっ!!^^;…こんな風に ̄▽ ̄;
問題の意味深ポスター^^;
 いや「良く訓練されたカップル」のセオリー通り(?)、人前ではいちゃつかないとは思うけど。

 それ以前に問題なのはマーヤがあの無法な宇宙で生き延びられるとは思えない、って事です。
 唯一?マーヤのキャラが活きているコバルト文庫の小説版から、マーヤが撃たれてかなり容態が悪化している時の状況を引用してみましょう。

 ひとつの純な魂が生死の境をさまよっている。
 ハイリゲンシュタットにおいておくべき野の花であった。
 アルカディアという伝説の理想郷(ユートピア)は、牧歌的な街だったという。その再来ともいわれるハイリゲンシュタット生まれのマーヤに、都会の、それも、こういう緊張の連続の生活はもともと、無理なのだった。


 地球の都会ですら無理と言う人が、宇宙でとても無事で居られるとは思えません。とある同人誌に有ったマーヤファンのレビューでも、「トロイ!!」「病弱」と評価された位のキャラですから。
無法の宇宙で生き延びるのは大変だぜ
 映画でもハーロックが右眼を失う原因となったし、結局ハーロックの足を引っ張るか、途中で死んでしまいそうなんですが…-Д-;
 もし見事に適応出来たとしてもこんな風に豹変しちゃったりして^^;
さもなくばこんな風に擦れてしまいそうだ^^;
 この2人マジでプラトニックに終って居そうと言うか、ハーロックがマーヤをかなり美化している気がするのです。女に幻想を抱いちゃってると言うかね ̄▽ ̄;

 下手に宇宙に出て幻滅するよりは「美しい青春の想い出」として、胸に仕舞って置く方が彼にとっても幸せかも知れない…^^;


 対するミーメがハーロックの足を引っ張ったり、病気や怪我で心配させたって描写は有りませんよね。(『死滅のジュラ星』は別格)華奢に見えてあのハーロックに何年も付いて行けてるんだし、マーヤ同様裾を踏みつけて転びそうなドレス着てるのに、ミーメってそれを物ともせずに戦うんだもんな。それにトチローに次いで何かと相談されたり頼られてる描写が散見されるし。 
 色んな意味でハーロックが変に気を使わなくても済むのでしょう。だからあの極端に自分の胸の内を見せたがらない男が、極自然に私室に入り浸れる事を許していると言う時点で、只者ではない事が容易に想像付きます。

 恋人時代なら未だカッコつけても良いけど、一緒に暮らす時は「素」でいられる関係の方が長持ちしますからね。想い出はあくまでも美しく有りましょうや。
変に気を使わないのが長持ちのコツ
 まあ要するにマーヤ=永遠の恋人、ミーメ=本妻と言う認識で良いのは無いですかね?(笑)

オーストラリアのつまみ食い鳥達
【2010/11/13 12:56】 鳥関係
 さて今回はヒガシシナアジサシのおかげでやりそびれていたネタを一丁。

 オーストラリアの野鳥は日本と比べると人間を恐れない傾向に有りますが、それも時と場合に因るのでは無いでしょうか。見ているこちらは愉快だけど、地元民には厄介者扱いな事もしばしば^^;

 3年前にブリスベンに行った時も、クロトキクロガオミツスイヤブツカツクリのふてぶてしさに呆れたけど、それは今回も健在でした!!(笑)^^;

 …っつーか向こうの9月ってこちらの3月に相当するから、もう繁殖期でクロガオミツスイの群が煩い事煩い事… ̄▽ ̄;(流石英名 Noisy Minerなだけある)

 ローンパインやカランビンでは随所でツカツクリも塚作ってたし。材料の枯葉には事欠かないもんなぁ。
しかしもう繁殖期に入るのだった
 塚の管理は雄の役目で雌は卵を産むだけです。
塚を作るのは雄の役目
 この鳥は自分で卵を抱かず枯葉の発酵熱で暖めます。嘴の先が温度センサーになっており、雄はこの時期温度管理に多忙ですが雛が孵ると後は知らん振り。雛は生まれた時から飛翔能力が有って自力で育つと言う、鳥にしては変わった習性を持っております。

 そんな習性は興味深いけど、ローンパインのこんな看板で現実に引き戻されます。そう、彼等に餌をやってはいけないのです。勝手に住み着いているだけだから。
餌をやるなと言ってても…
 だったら自分で餌を分捕るのみ!!(笑)^^;(atローンパイン)この後インコが逃げました ̄▽ ̄;
餌をピン撥ねするヤブツカツクリ
 クロガオミツスイも負けてはおりません。(atカランビン)こいつゴミ箱もフツーに漁るし。
やはりピン撥ねしやがる(笑)^^;
 カランビンのフードコートは格好の溜り場の様で…(笑)^^;
残飯に群がる連中
 クロトキが聖なる鳥って本当ですか? ̄▽ ̄;
聖なる鳥の正体(笑)
 ライバルも登場。
こいつなら当たり前にやらかす
 ここまでは想定内だけどゴッシー…お前もかよ!!^^; 甘党の鳥だから残ったジュースに惹かれたね?
ゴッシー…お前もか!!^^;
 でもちょっとヒヤヒヤ物の光景も…。少女が危ない!!…って親はどうしたんだよ?
幼女がピンチだ!!^^;
 フードコートに群がる連中は見ていて面白かったけど、下手すると大惨事に繋がります。野生動物に安易に餌をやるとかえって危ないと痛感しましたね。取り敢えず少女が無事で良かった…代わりに追い払わずに済んだよ´▽`
 フレーザー島ではディンゴに餌やると高額の罰金を取られるのは、ディンゴが結構獰猛で死亡事故が起こったからだし。

 ローンパインに行った日は結構雨が降って、休憩所のテントで雨宿りしていたら、ヤブツカツクリの雄が触れる位の至近距離まで来ましたよ。実はクラッカーを隠し持っていたので、与えたら食べただろうけど今後の事故防止を配慮してぐっと我慢。
 こっち見てもあげませんからねっ^^;
スマン餌は有るけどやれないんだ ̄▽ ̄;



台湾で見つかった「神話の鳥」の意外な正体?!
【2010/11/11 12:01】 鳥関係
 ここ暫く鳥の記事をUPしてないな~台湾の鳥が未だ終って無いけど、間が開き過ぎたからブリスベンの続きをやるか~と思ったら、ダンナの知り合いから耳寄りな情報が!! 
 …と言う訳で緊急に台湾の鳥ネタで行きます。(Sさん有難うございます~m(_ _)m)

神話の鳥、台湾本土で生息の可能性
 *No.11675 2010-11-10 の記事参照

 黒嘴端鳳頭燕鴎って一体どんな鳥だよ?!^^; 名前で検索しても2chのスレ過去ログ位しかマトモな情報が見つからないし。

 注目すべきは「頭頂部にモヒカン頭のような黒い毛が生えている」と言う所。カモメでそんな鳥は聞いた事が無いぞσ(’、`)?と思いつつ、その2chの過去ログに貼られていた画像のURLをチェックしてみたのです。(*画像サイズ注意 かなり重い)

 …ん?オオアジサシそっくり?! オオアジサシなら確かにモヒカン頭だ(笑)。(近縁のオニアジサシもちょっとモヒカン)「カモメ科」と聞くと普通カモメを連想するけど、そう言えばアジサシだってカモメ科だもんなぁ。

 でもオオアジサシは台湾のみならず、東南アジアを中心に日本でも琉球や小笠原諸島でも見られる鳥の筈…と思ったが、問題の鳥は嘴の端が黒いので近縁種らしい。

 そこでふと3月に台北の関渡自然公園で買った図鑑を思い出しました。
台湾の野鳥300図鑑
 この本は台湾で発行された日本語の野鳥図鑑ですが、台湾で確認された鳥の半分位しか載っていません。でもアジサシの台湾語名は確認出来るだろうし、近縁のオオアジサシ位は載ってるだろう…と開いてみたらばっ!!

 フツーに載ってるし!!(笑)
ヒガシシナアジサシだったとは!!
 黒嘴端鳳頭燕鴎=ヒガシシナアジサシだったのです!!
 写真の拡大図。
写真拡大
 お~確かにモヒカン頭だ~黄色い嘴の先端が黒いわ~。絶滅危惧種なのは確かでこの本には50羽以下と書かれています。オオアジサシにそっくりな上に常に一緒に居るから、希少鳥類が混じってる事に気が付かなかったのかな?

 ただ「ヒガシシナアジサシ」で検索すると、既に再発見された時の写真も見つかるし、今頃話題になるのはちょっと疑問に感じました。

ヒガシシナアジサシ
 このサイトによると2000年6月に確認されていたと言うのに、私の300種類しか載ってない図鑑に載ってるとはなぁ(笑)。地元の本凄ぇ~ ̄▽ ̄;

 いや、台湾唯一の生息地と判った点がニュースなんでしょうね。こんな保護活動も有りますし。

 ヒガシシナアジサシはトキやコウノトリと違って、絶滅寸前なのにろくに存在を知られていなかった鳥なのです。人間に知られないままにひっそり絶滅して行った生物は沢山居る筈だから、保護の為にもこれを切欠に知って貰うのは必要ですよね。

久し振りの通販作業
【2010/11/09 15:57】 ナノセイバー・恐竜惑星・ジーンダイバー
 冬コミの当落通知も来て新刊制作に御多忙な方も大勢いらっしゃる事かと思います。当方例によって委託をお願いしております。

12月29日(水) 東2 P-06b
「あるぺ☆かんぱにー」


 残念ながら去年出した既刊のみの販売です。但し『仮想図書館』についてはマジで残部僅少で、委託分しか残っていないので、もし欲しいけど冬コミは行けないと言う方は、あるぺさんに直接その旨申し出る方が早いかと思います。
 V同人誌の発行は潮時と考えている私ですが、冬の状況次第では気が変わるかも知れませんよ?(笑)


 さて、現在大量注文の通販処理中なのです。かなり前から話は来ていたんだけど、互いの都合が合わなかったりメールが届かなかったり等々の諸事情で、漸く最近注文が来たのであります。本文のコピーは済んだから、後は表紙の印刷と製本やって今週中には発送の見込み。Sさんもう暫くお待ち下さいね~(^^ゞ
 
 そこでその方への注文第二弾リストも兼ねて、今まで一体どれだけのVシリーズ本を出して来たか、発行順に列挙してみましょう。(テキストだと激しくずれるので画像)

赤:Vシリーズ総合又は2作品複合  青:ナノセイバー  緑:ジーンダイバー  茶:恐竜惑星

歪むから画像にした
 …え~と全部で29冊、総頁1428P…だと…?!∑(゜□゜;) 正確には表紙2/3無地の本も有るから、それを差し引いても1402Pも描いたのかよ!! 初期の本のゲスト分を引いても-20P前後か。代りに自分がゲストした物だけでもう1冊は作れるし、全部で1450P位行ってるんぢゃないかな?
 まあ29冊は中途半端だよなぁ^^; 後もう1冊出せば丁度30冊か…。

*実は『赤毛のティル』発行前に合同誌でGD本2冊出してます。(原稿は私が所有)

 確かハーロックは大昔に700P以上描いた筈なのに(今年再燃後は既に400P以上描いてるが殆どがラフ描きだし)、その記録を軽く上回っていたとは!! 
 そりゃぁ10年以上も描いていればそれ位なってもおかしくないかもねぇ ̄▽ ̄; V同人誌を個人で描いて出したのはダントツで私に違いない。

 色分けするとお解かりかと思いますが、私はナノセイバー専門で描いていた時期が長く、一時期物凄い生産量を誇っておりました。18禁までやってましたからねぇ(爆)^^; Vシリーズ総合にしたのはDVD発売後の話です。

 各個人誌の表紙画像も載せて見ますか。但し全て自分が所有する物で一部見本すら持っておりません。18禁本は支障の無い程度に隠蔽~^^;
 先ずは現在通販対応中の物。(『仮想図書館』は前述通りコミケのみ、『遺伝子図書館』は大量注文時のオマケ用で単品の販売不可)
通常取り扱い可能分(一部除く)
 こちらは復刻版なら通販可能な物。近年出した本は表紙フルカラーCGだけど、昔は多色コピーだったし当時の表紙用紙が無い物が多いので、同じ仕様の再現は不能なのです。読む分には支障が無いですがね。
復刻版対応予定分
 最後に完売若しくは販売中止の物。18禁の2冊は見本すら売ってしまって持ってない^^; それ以前に黒歴史だし ̄▽ ̄;
完売又は販売停止分
 しかしこうやって纏めると感慨深い物が有りますねぇ…。再びVシリーズ本を出したくなる日が来るんだろうか ̄▽ ̄; キリ良く30冊目を出して有終の美を飾りたい気もするけども^^;

続・もしミーメがミニスカだったら?
【2010/11/07 10:04】 ハーロック@松本零士
 うちは「ハーロック」だけでは中々検索に引っ掛からないけど、「ハーロック 同人」や「ハーロック ミーメ」にすると、結構前の方で見つかる事が増えて来ました。(画像検索では大した物は出て来ないのに…)
 リピーターも何人かいらっしゃるから、或る程度は知られて来たのでしょう。まあ今時しょっちゅう更新してるのはうち位だろうし。…どう思われているかはともかく ̄▽ ̄; 

 でも私は腐女子属性は無いと言う事だけは主張しておきたい ̄_ ̄; BLはあくまでもネタとして取り上げてるだけだから。…とゆーかハーロック&ミーメ三昧な奴の何処が腐女子なのだろうか?(←何か不愉快な事が有ったらしい)


 …等と言う愚痴はさておき、ミーメミニスカ編第二弾登場~♪ 昨日マゾーンに爆弾を仕掛けられた時、ミーメの機転で大惨事は免れたが、爆発は起こってしまい服がボロボロになったと思いねぇ。
今回はもうちょっと経緯を詳しく?
 流石大人の対応!! そう。ハーロックが女の色香には惑わされる男ではないのだ。台羽が感動するのも当然…と思ったら??
台羽は素直だねぇ~(笑)
 ハーロックって女性の際どい格好よりも、ふとした仕草や言葉にグッと来るタイプだろうと思ったら、バリバリ意識してるやん(笑)。クルーの手前と言いながら本音が出ましたね?(笑) 
既に中身は知ってるだろうに(笑)
 …とゆーか見栄張ってただけなのかよ(笑)。


 まあ作中でも英雄視されてるけど、リアルファンの中にも神格視する余り、ちょっとでも崩されると激怒する人が少なくないお方ですからねぇ…。男女両方魅了されるだけのカリスマ性有るし。(その割に同人が圧倒的に女性作家ばかりなのは何故だ??) 

 でも世間の目に触れない所では案外しょーもない所有ると思うんだよなぁ…。自由の象徴である筈のハーロックがファンの固定観念に縛られるのは如何な物であろうか? ̄▽ ̄;


 余談ですが『松本零士999』で台羽正が「台正」になってるのが気になりました。しかも部屋だけで本人は登場せず。(ミーメはチラッとだけ。代りに螢が目立ってて堂々と艦長室に居たりする) 
 ニーベルングでも「台場」だったし、以前生みの親で在る松本氏本人からも古代進と混同して「台羽進」なんて言われる始末。
 ファンが間違えてる例も多いけど、オフィシャルにまで間違われ捲くるとは…哀れなり台羽…T∇T;

オイドンとエメラルダス&ナナカマド賞…そしてガンバレ
【2010/11/06 10:53】 ばんえい競馬
 競走馬名にはしばしばアニメキャラを意識した物が散見されますが、中には「あんた松本零士のファンだろう?(笑)」と思わざるを得ない馬名も…。
 
 有名なのはニシノハーロックですかね。JRA所属だったしもう引退してるよなぁ…と思ったら金沢で現役だったのか!! だたあまり成績はパッとしない様ですね^^;
 他にもブラックハーロックと言うハルウララの連敗記録を更新した、名古屋所属の牡馬が居たなぁ ̄▽ ̄; 141連敗のまま引退か…。サンデーサイレンスの血統なのに…^^;

 ばんえい競馬で松本作品を意識したのは、フレイムスワローとアイアンベルガーが出て来た2007年かな。どちらも『銀河鉄道物語』に出て来る列車の名前で、同じ年にアルカディアもデビューしたし、別の意味で血沸き肉踊る気分でした。
 正式な馬名に「号」が付くのを良い事にアルカディア号と呼んでたら、これをネタにした画像が未だにGoogle画像検索で引っ掛かると言う。(古い絵だからもう勘弁して~^^;)

 パドックでイレ込むリアルアルカディア号。
イレ込むアルカディア号
 アイアンベルガーは多分成績不振で抹消されたし、アルカディア号もここ1年以上見かけないけど、人気も実績も有ったフレイムスワローの急死はかなりショックでしたよ;_;

 さて、今年の松本作品的に注目だったのはオイドンとエメラルダスでした。本家エメラルダスは女海賊で、ハーロックの同志でも有り、彼の親友トチローの恋人でも有ります。
 そこに何故オイドンが入るのかと言うと、松本零士はかつて『男おいどん』と言う作品を描いてまして、その主人公はトチローの先祖と言う設定でしてね。
 だから私的にはセットで注目したくなる訳。実績から行くとオイドンの圧勝ですけど。

 んで、今回自分的目玉はオイドンとエメラルダスとアアモンドガンバレでしたので、図らずも全部果たせた事になります。

 世間的には先ずアアモンドガンバレから行きますか。特にガンバレはばんえい記念の日に偶然調教中を発見した時から気になってたし。鬣のポンポンが可愛い~Vv
アアモンドガンバレ~!!
 お尻は真っ白ですね。
お尻も白いねっ
 正面から見ると牛っぽい??^^; でも駁毛3頭の中では一番配色が奇麗かと。ところで他の2頭は一体どうしてるんでしょうかね?
ちょっと牛っぽい?^^;
 結果は…でしたけど ̄▽ ̄; 
結果は…だったけど^^;

 次にエメラルダス。馬体重は未だ900kg行きません。
エメラルダスぅぅぅ~!!

エメちゃんレース中
 この日は2着でした。障害巧者だけど越えた後の末脚が未だ足らないなぁ…。スタミナが付いてくればもっと活躍が期待出来そう。何時かオイドンとワンツーフィニッシュを飾って欲しい物です?!
今回は2着

 さあトリは今期最強との評判なオイドンですよ~。能検の時から有望視されてましたが、11戦8勝と言う成績は今後も期待大です。
 一度出走取消してから1ヵ月後のナナカマド賞当日は、+55kgと大幅な馬体重増がどうなるか賛否両論でしたが、鈴木勝堤騎手は復帰後未だ重勝制覇してなかった為、意欲に燃えている筈と皆踏んでの一番人気。
 でもパドックからしてずっとイレ込んでたんだよなぁ…。興奮と見るか気合が乗ってると見るか。
オイドンはずっとイレ込み中
 先導馬ミルキーによるナナカマド賞入場開始。
ナナカマド賞入場
 結局勝堤さんが騎乗しないまま入場…。
遂に騎乗しないまま入場
 しかし本番ではその強さを見せ付けるオイドンなのだった!!
しかし本番では強かった!!

真っ先に第二障害に挑む
 2着ニュータカラコマに3秒以上の圧勝!! 有難う!!オイドン!!馬券も当ったよ~>▽</
そのまま勝利
 勝利インタビューの勝堤騎手。おめでとうございます~!!
勝利インタビュー全身版
 口取り中も興奮気味でしたけど^^;
オイドンは落ち着かんばい
 マトモなVer.も載せておきます。 
ナナカマド賞口取り
 次は11/8の7Rに出走予定。前走5着だったけど今期デビュー馬最強を目指して突っ走って欲しいです。


 …さて今更な話題も何時までも引っ張るのも何だし、一先ずこれで今回のばんえい観戦ネタは終了です。本当は去年から暖めているネタが有るんだけど、如何せん他にも書かなくてはならない物が多過ぎなのと、何時やっても支障無い内容なので忘れた頃に唐突に語るでしょう(^^ゞ

テーマ:ばんえい競馬 - ジャンル:ギャンブル

ダークホース賞
【2010/11/04 12:02】 ばんえい競馬
 昨日も引き続きPC修復作業。余計な常駐ソフトをかなり止めたのに、普段使っていない(無駄に高機能で使えない)某ソフトが常駐になっていて、かなりCPUを食う事が判明。 不調の一因と判断し、早速アンインストールとデフラグを行ったおかげか、今の所大変順調に動いてます。画像フォルダがこんなに速く動くのは久し振りですよT∇T;
 これで安心して画像編集出来る…かも??

 …と言う訳で今更感甚だしいばんえいネタを何事も無かったかの様に続けます。


 10/10はとかちマッシュDayと言う事で、とかちむらでも限定商品が登場。これはピザ・ラ・バンバのとかちマッシュとナスのピザ。一緒に「ズッキーニと枝豆のピザ」も買いましたが、ユニークなピザがリーズナブルなお値段で賞味出来るのは有り難いですね。
とかちマッシュを使ったピザ
 産直市場でもとかちマッシュスープの試飲が有って、中々美味なので買おうと思ったら如何せん冷凍物。とかちマッシュの現物にしても家に帰るのは4日後だし、これは帰るまで持たないと判断し残念ながら購入断念。
 だがしかし!!この後とかちマッシュをGETする羽目になるとは、その時は知る由も無く(笑)^^;

 さて、ばんえいの毛色限定レースは定番の白馬賞に続き、ナイターの白夜賞が新設されましたが、何れにせよ芦毛限定と決まっておりました。
 そこに栗毛限定のゴールデンホース賞が出来た時、「黒い馬(青毛)限定レースもやったら良いのに…」と思った物です。そんな私の心情を見越したかのよーに、遂に青毛限定レースが登場!!しかもその1回目を直に観られるとは!!>▽</
 しかしダークホースは無いだろう ̄▽ ̄; あまり良い意味では使われないのに。せめて素直にブラックホース賞の方がマシだったかも^^;
 この様子だと鹿毛限定も時間の問題と思ってたら、遂に赤兎馬賞が出て来ましたよ。三国志ならではのこのネーミングの方が気が利いてるね☆

 さて、ダークホース賞は案の定カネサブラックが1番人気。ナイターでは白い馬と黒い馬…どちらが撮り易いのやら。私のカメラの性能ではどっちもどっちと言う気も^^; この日は終日雨だった為、ただでさえ暗いのに黒い馬ばかりだし ̄▽ ̄;
カネサブラック
 トモエパワーは何時復調するのだ…^^;
トモエパワーしっかり^^;
 2番人気ニシキセンプー。
2番人気ニシキセンプー
 例によっての予想大会の景品は、青毛に因んで黒い物をプレゼントだそうですが…生ハムは黒く無いだろうと(笑)^^;
生ハムは黒いか?(笑)
 いよいよ出走。黒いぞ黒いぞ~!! 白い馬も良いけど黒い馬だらけってのも迫力有るね☆
黒いぞ黒いぞ~
 
第二障害に挑む
 1着カネサブラックと2着ニシキセンプーの超トリガミ上等な結果に。トモエパワー…T∇T;
やっぱりカネサブラックが勝利
 前述の通り雨だった為、口取りはせずに松田騎手が屋内でインタビューの為登場。写真の下が白いのはレンズが曇っていたせいです^^; (拭く暇無かったんだよっ)
松田さん登場
 肝心の勝利インタビューの方は、とかちマッシュを23人限定で配ると聞き、並んでいた為マトモに撮れず。今写真を確認したら、一般人の顔が写ってるから掲載は自粛します。…だからナイターは嫌なんだT∇T;
 代りに松田騎手自らとかちマッシュを配ります。
とかちマッシュを配る松田騎手
 私もダンナも貰いましたが、ダンナは何故か御本人から「何時も有難うございます」と御礼を言われたらしい。まあダンナは目立ちますからねぇ ̄▽ ̄; 松田騎手は我が家ではプッシュしている騎手で、レース中に声かけたりしてるので、覚えてて下さったのでしょうな。 

 予定外にGETしたとかちマッシュは、何とかホテルの冷蔵庫で保管させ美味しく戴きました(^^ゞ


 次回掲載予定は『オイドンとエメラルダス(仮)』です。

地デジ導入とPCとの格闘
【2010/11/02 09:50】 日常・雑談
 土曜日(10/30)にいよいよ我が家も地デジを導入しました。89年製造の15型アナログTVから32型になって、これまでボンヤリとしか観えなかった映像がクッキリ観える事に驚き。
 これでばんえい競馬が迫力の大画面で楽しめるぞ~!!と思ったら、如何せんスカパーの795chがHD対応で無い為、アナログ時代よりも画像が粗く観える…^^; 

 しかし型が古いとは言え、未だ健在なアナログTVを処分するのは気が咎めますね。家電リサイクル法案に因って、回収にお金がかかる様になった為、地デジ導入に伴って大量のアナログTVの廃棄も相次いでいるし、エコポイントを謳っても全く地球に優しくないではないか ̄_ ̄#
 せめて旧TVで未だ使える部分が有ったら、有効利用してくれないと浮かばれん…;_;


 さて日曜にそんな話題をしようと思ったら、ここ数日不調気味の我がPCが絶不調になり、その日は修復に追われてそれ所ではなくてなT∇T; 年末で買って5年になるし、そろそろ買い替え時か?と思ってはいたけど、速攻で買いに走らないとヤバイ?!と危惧した位。
 壊れる前にバックアップをと思い、外付けHDDに繋いでも認識自体が異常に時間がかかり、メールのコピペに数時間を要するし途中で諦めたよ…。

 実は暫く前から画像を開こうとすると、「プレビューを生成しています」と出たまま、開けるまで数分要する事態が頻発し始めましてね。
 これが段々悪化して、1つ開く度に画像フォルダがフリーズして数分待機と言う状態に。編集に手間取って困るし対処方法を調べていた訳です。

 同様の症状が起きる原因は幾つか有る様ですけど、私の場合どうやらthumbs.dbと言う隠しファイルが原因っぽい。これはPCを買った当初には無いのですが、フォルダメニューの表示を「縮小版」にすると、画像を高速表示する為自動的に出来るキャッシュなのです。
 これが案外HDDの容量を食うそうで、当然画像が増えるに伴って増えて行きますが、増え過ぎたり壊れたりした時にこんな状態になるらしいのです。
 確かに「thumbs.db」でHDD内検索すると400以上ものファイルが出て来ました。私は写真やCG等で画像フォルダを多用するから、これ位出てもおかしく有りません。

 んで、このthumbs.dbを一括削除出来ると言う、Annihilator [THUMBS.DB] 1.06をインストールし削除したら(…の筈が後にリストアップしただけだったと判明^^;)、画像表示問題は大幅に改善されて良かった良かった~´▽`と思ってのに!!

 今度はブラウザが中々開かない!! IEをダブルクリックして表示完了までに数分かかるとは!!(ノ# ̄□)ノ 盆明けにADSLから光通信に変えたのにダイアルアップ時代並みに酷い-Д-;

 元々スパム駆除用ソフトが動いていると、操作が重くなる傾向が有ったけど、終了時も常駐ソフトをかなり手動で終らせないといけなくなって来たし…。

 ダンナとの相談の末、仮想メモリが低く設定されていたのと、余計な常駐ソフトが多過ぎるのが原因では無いかと。そう言えば件のスパム駆除ソフトを含め、勝手に「スタートメニュー」に入っているソフトが幾つか有りました。
 普段使わないのに常駐しているから、それらがメモリを圧迫していたのではないかと。

 …と言う事で先ず仮想メモリを最大に上げて、余計な常駐ソフトを手動にしたらかなり改善した模様。(有難う、ダンナm(_ _)m)
 未だ様子見の状態ですが、Windows7も評判が良いのか悪いのかさっぱり話題に上がらないし(Vistaはあんなに嫌われていたのに^^;)、現時点での買い替えも如何な物か?と思っていただけに、可能なら当分このPCを使いたいからね ̄▽ ̄;

 これで溜め込んでいるネタも安心して書けるだろうか?…書けると良いなぁ^^;




サイドメニュー ×
メニューA  メニューB