のよのよ in Zの悲劇?!
鳥全般・海外旅行・ばんえい競馬・アニメ&漫画etc.…ニッチな情報提供も目指します。

最近の記事 ×

プロフィール ×

Pin

Author:Pin
出身:福岡県。長年住んだ出雲から佐賀へ移住の白衣好き主婦。
趣味:同人活動ではハーロックに原点回帰。(他にナノセイバー・恐竜惑星・ジーンダイバー)、ばんえい競馬、鳥関係全般、(科学者用)白衣等々。海外に行った時は旅行ネタ多目。


カテゴリー ×

月別アーカイブ ×

最近のコメント ×

最近のトラックバック ×

FC2カウンター ×

カレンダー ×
06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


ベルリン旅行記(9)~ベルリンの壁9
【2012/07/31 11:53】 海外旅行
【ベルリンの壁ドキュメントセンター2】
 今回紹介中の施設は正確には「ベルリンの壁(追悼)記念館(Gedenkstätte Berliner Mauer)」と言い、屋外展示の追悼メモリアル・資料館のドキュメントセンター・和解教会(贖罪礼拝堂)の総称ですが、ややこしいから副題はそのままにしておきます^^;

 再三言ってる様にベルリンの壁について本気で学びたいなら一番お勧めの場所です。何故なら無人地帯を含めた壁構造がそっくり残されている(他は基本西側の壁のみ)のと、最初に悲劇が起こったベルナウアー通りに在るからです。 
 何しろベルナウアー通り沿いのアパートの壁そのものがベルリンの壁になった為、アパートから逃げ出そうとして転落死した人も居た位で、そのアパートは逃亡防止の為に封鎖され後に爆破解体されてますからね。
 これがそのアパートの地下部分。(逃亡用のトンネルの跡も残されているそうですが未確認)
爆破されたアパートの残骸
 『世界ふれあい街歩き』(2005年10月取材)では未完成に思えたのは、壁建設50年に当る2011年8月13日に合わせて改修したからなのです。

 随所には当時の状況を説明する柱が有るんですが、日本の感覚では信じられない写真も多数。(いやベルリンの壁その物が信じられんけど)
随所に説明板が
 こうやって壁を超えて逃げました~とか。
こうやって逃げた人とか
 しかもここには大変立派な教会が在ったのに、壁の無人地帯にかかるっつーんで、暫く放置後これまた爆破解体されるし-Д-;
こんな風に目立っていたらしい
 解体される教会。
あんな立派な教会を爆破解体するとは…
 …ん?今気付いたけどこの柱の後にチラッと写ってるの、もしかして和解教会…?? 行った時はその存在を知らなかった為、全く写真を撮ってないと思ってたんですが ̄▽ ̄;
 クリスチャンにとって教会は特別な場所なのに、それをあっさり爆破させる神経も信じられませんが、壁崩壊後敢えてこの教会を再建せず、質素な和解教会にしたのは結構真面目な理由が有るそうです。 
 謎の線はその教会の在った場所の意味しており…。
教会の在った場所の名残
 その傍に鐘だけが保存されています。(板の隙間から撮影)
鐘だけは残ってる
 壁を超えようとして亡くなった方達の追悼写真。(犠牲者の身元は全部判ってるそうですが、所々抜けているのは写真が無かったから?)
犠牲者達の写真
 後で確認したら真ん中の人は最初の犠牲者・ペーター=フェヒターでは無いですか!!

 驚いたのはこんな小さな子まで射殺したのか!!って事。
こんな小さな子まで!!
 下の生没年に拠ると射殺されたのは13歳の時なんですが、この写真しか残っていなかったと言う事でしょうか。一応国境警備兵には「女子供は射殺しない様に」と言う指令が有った様なのに、後に「女子供と言えど容赦無く射殺しろ。そうやって情に訴えさせるのが逃亡者の手口だからな云々」なる、機密文書が見つかったとか何とか。
 
 敷地内には彼等に捧げる墓標も。
墓標
 撤去した壁の残骸@落書付。
当時の落書付
 裏側はやたら殺伐しているだけでなく、何故か伐採した枝が絡まってたり。
殺伐~
 テロのトポグラフィー同様、これまた壁の墓場と化しています。

 そしてまた別の十字架が…。これまで壁が残存する定番観光地を紹介して来ましたが、ここが一番お勧めと思うのは、余所と違ってベルリンの壁が何をもたらしたのか一番痛感出来るからです。
ポツンと有る十字架
 さてこの茶色の壁の向こう側に有る物は…? それはドキュメントセンターと共に次回紹介します。

ロンドンオリンピック開幕記念
【2012/07/28 12:42】 海外旅行
 ロンドンオリンピック開幕記念と言う名の穴埋め。本当はこんな事する位ならベルリンを優先すべきなんですがね。予想以上に内容が濃くて相変わらず難航しておりますT∇T;
 …まあ既にチョコチョコ紹介しているので重複している物も多々有り。尚、写真は2005年10月現在の物です。(余談だけど『世界ふれあい街歩き』のベルリン取材の頃っすね)

 タワーブリッジ。某オリンピック直前報道ニュースでは「ロンドンブリッジ」と言ってましたが、ロンドンブリッジはフツーの橋ですから!! 中はガイド付で見学出来ます(日本語対応可)。
ロンドン橋では有りません!!
 おお~きなのっぽのビッグベン~♪
大きなのっぽのビッグベン~
 ロンドンアイ。当時は世界最大の観覧車でした。(現在はシンガポール・フライヤー)
ロンドンアイ
 ロンドン塔。監獄と言うよりは拷問塔で邪魔な相手を罪人に仕立て上げ、残虐な拷問を繰り返した上に処刑したと言う。無実の罪で殺された人も多くて世界的に有名な心霊スポットらしいね…。
ロンドン塔
  前回(2001年8月)のロンドンでマダムタッソーに行った時、拷問ブースの手前では「苦手な人はここから抜けて下さい」っつーて、パス出来るルートを設けていた位ですし。…まあ見ましたけど。
 しかも「ロンドン・ダンジョン」なる拷問博物館は、精巧な蝋人形で残虐な拷問シーンを再現し捲くり。
 イギリス人の博物館好きは年季入ってるけど、こうした拷問系は趣味が良いとは思えません ̄▽ ̄; アウシュビッツの様に「愚かな歴史を繰り返すな」と言う意味で、敢えて残虐な設備を公開している様には思えないのは偏見ですかね?

 ドッグランドのタワーゲートウェイ駅。オリンピック会場はここからも行けたと思います。(良く知らん)
ここからスタジアムに行くんだっけ…?
 ウォータールー駅。かつてユーロスターはここから発着していました。でもユーロスター自体は国際列車なので、利用者以外は入れないらしくて現物は見ていません。
当時はユーロスターはこの駅から
 現在ユーロスター発着駅のセントパンクラス駅。因みにこれは2001年当時の物で、2005年に行った時はユーロスターの工事中でした。ロンドンってどんよりした天気の日が多いのでこうした青空は貴重。 
現在のユーロスター発着駅
 駅つながりでヴィクトリア駅。オリエント急行はここから発着します。ゴージャスな鉄道旅行…貧乏な我が家には縁が無い^^;
オリエント急行の発着駅
 在りし日のカティーサーク号。この後放火に遭い現在も修復中です。
在りし日のカティーサーク号
 グリニッジ天文台と言えば…。
グリニッジ天文台と言えば…
 傘ぽん!!(笑)
傘ぽん!!(笑)
 …そんな訳で未だ3回目のオリンピックが開催決定する前のロンドンの様子でした~。

夏コミ委託状況<修正版>
【2012/07/25 00:25】 ハーロック@松本零士
 もしここを読んで夏コミで私の本を買おうと思ってる方の為に、委託状況についてお知らせしておきます。

 今回委託先が落選している関係上、彼の御友人のサークルに置いて戴べく調整中ですが、相手先が御多忙で中々連絡が取れないらしく未だに詳細が判らないのが現状です。

 取り敢えず現時点で判っているのは

・ジャンルは特撮系(2日目?)
・可能性の有る3つのサークルの内どれになるか直前まで不明かも?


 …と言う事です。一口に特撮系と言っても島1つで収まる松本系よりも多いと思うので、ぶっちゃけ何も判っていないのと同じですね^^; 
 場合に拠っては直前まで判明せず、報告が間に合わない可能性も有る事を予め御了承願いますm(_ _)m

 もし特撮スペースに行く予定が有る方で、ハーロック本を見かける様な事が有ったら、委託先のアルカディア本か、私の『茨の道も半歩から』のどちらかでしょうから、双方お買い求め戴けると有り難いです(^^ゞ

 とにかく今回は「委託の委託」と言う状況故、私個人で勝手に決められないと言う事を、重々御理解の程お願い致します。

 一番確実なのは通販なので御希望の方は私にお問い合わせて下さい^^;  


*8・1訂正
 *先日お伝えしたサークル名に誤りが有ったそうなので訂正しておきます。

 正しいサークル名は

 8/10(金)
 プロジェクト・ピンク 様…西1ホール“ひ”-8a

                              …と言う事です。

 もし既にカタログチェックしている方はお手数ですが訂正願いますm(_ _)m

NHK松江のオスプレイ
【2012/07/23 13:09】 鳥関係
 市民の抗議にも関わらず今朝オスプレイが岩国に陸揚げされました。本来の機能を発揮したら中々画期的な機体だとは思うが、如何せん死亡事故が相次いでいるから歓迎する気にはなれませんな。
遂にオスプレイが岩国に…
 さて実は既に松江にはオスプレイが配備されていたと言う事を御存知でしょうか?
本家オスプレイ
 …はい。オスプレイは元々このミサゴと言う魚食性のタカの事なんですね。今年の春NHK松江の無人カメラのすぐ傍にミサゴが営巣しまして、子育ての一部始終を録画出来たのです。ミサゴは世界中に分布する鳥ですが島根では絶滅危惧種。しかもこれ程詳細を記録した映像は他に例が無いとの事で、しまねっと610(夕方のローカルニュース)では『ミサゴの子育て日記』として毎日報道してましたが、遂に6/27には全国進出を果たしました。

カメラが捉えた! ミサゴの子育て80日の記録

 その後『フェイス』でも特集していたけど、その内これも全国放映されるのではないでしょうか。

 ミサゴはここでも時々見かけますが、個人的にはセグロセキレイよりも弱い^^;イメージの方が強くてですね^^;
 強さを比較するとカラス>トビ>セグロセキレイ>ミサゴ…とずっと思って来ましたよ ̄▽ ̄;

 しかしこの映像のミサゴは凄かった!! 巣も大体出来た頃の4/3…全国的に台風並みの強風が吹き荒れた日ですが、その時巣が全部飛ばされたにもめげず再び営巣開始。 
 その後3つの卵が生まれますが抱卵開始して約1ヶ月経った頃、再び強風が巣を襲い抱卵中のメスまで飛ばされそうになってしまいます。
親も吹き飛びそうな強風
 にも関わらず必死に巣を守るメス。そして見事巣を守り切ったんですわ!! 普通ここまで危険な状況だと巣を見捨てる物なのに。いやあ~母は強しですなぁ~!!
しかし母は強かった!!
 3羽の雛が無事孵り育児も順調に見えた或る日。ミサゴ一家に再び試練が!! 雛を狙ったカラスの集団が執拗に攻めて来たのです。
カラス共に雛を狙われる
 この時雛は親の半分位…カラスにとっては丁度食べ頃。そこで親の尾羽を引っ張ったり、巣を壊したりと挑発し捲くります。この時親がカッとなってカラスを追うとそれこそ思う壺。
 なのに堪りかねたオスが飛び出しメス独りで巣を防衛する事態に…。
メス独りで巣を防衛する羽目に
 しかし猛禽類はメスの方が大きい為、何とか無事に雛を守り切ります。カラスの攻撃は1週間にも及んだそうです。
 その後すくすく成長した雛達は殆ど親と変わらない位になり、巣立ちに向けて羽ばたきの練習~。でも左隣のお母さんにバシバシ当るんでこの後親は逃げ出します(笑)^^;
お母さんこの後逃げます(笑)^^;
 恐らく先週位には巣立ってると思うのですが、ヘタレと思っていたミサゴの凄まじい愛情に感心しましたね´▽`

 ミサゴがこんなに必死に子育てするのに上野のパンダったら… ̄▽ ̄;(以前も書いた様に元々パンダの初仔の死亡率は6割だから、24年ぶりだからっつーて舞い上がり過ぎましたな ̄_ ̄;)

 そんな訳で個人的にミサゴへの評価爆上げ中~↑ 今度見かけたら賞賛しておきましょう^^;

ベルリン旅行記(8)~ベルリンの壁8
【2012/07/21 18:19】 海外旅行
【ベルリンの壁ドキュメントセンター1】
 イーストサイドギャラリーの末端まで行ってしまうと、東駅(Ostbahnhof)に戻るよりも隣のワルシャワ通り駅(Warschauer Str.)を利用する方が便利です。

 『世界ふれあい街歩き』ではドキュメントセンターを「壁博物館」と言ってますが、その名称は通常チェックポイントチャーリーハウスを指すので、こちらは敢えて言うなら壁“記録”博物館では。

 でも壁博物館の方が人気なのは位置関係を見れば解りますね。壁博物館周辺はブランデンブルク門やポツダム広場を始め、東側の観光地も近い街の中心地なのに対し、ドキュメントセンターは北部のちょっと郊外ですから。
ドキュメントセンターはちょっと郊外
 ついでにドキュメントセンター近辺の地図。(緑字の箇所は今回行く機会が無かった所。上の地図の38の辺りは犠牲者追悼墓地)
ドキュメントセンター近辺
 普通にS-bahnとU-bahnを乗り継いでも行けますが、手持ちの旅行ガイドは片やU8のベルナウアー通り(Bernauer Str.)、片やS1/S2の北駅(Nordbahnhof)で降りれと言う。実はベルナウアー通りは壁が出来た時、最初に悲劇が起こった所なのですが、如何せん行った当時はその存在を知りませんで、折角だからとトラム10番(M10)で向かったら、奇しくもこのベルナウアー通りを通っていたと言う^^;
トラムが何事も無かったかの様に走る
 ベルリンは世界一のトラム王国ですが、壁の影響で西ベルリンの路線は全廃されています。にも関わらずこのM10は旧西ベルリンも通るのは何故でしょう?
 実はこの路線2006年に復活したのです。丁度ベルリン中央駅がこの年の5月末に開業しているので合わせた様です。(ベルリン中央駅まで延伸計画も有るらしい *8/22補記:M10はNordbahnhofで行き止まりなので、延伸するのは別のNordbahnhof電停から発着するM12でしょう。
 …んでふれあい街歩きが取材した2005年10月当時、未だM10は工事中だった事が解りました。ベルリンは今も絶賛工事中だから、数年前の資料と自分が行った時の違いを知るのも面白いっす。
 
 詳細を知りたい方はこちらも宜しく(笑)。ぶっちゃけベルリン目当てで買ったんで、自分的にはプラハはオマケです^^;

 ラストの壁公園のシーンでは小さな子供と母親のやり取りはほっこりしますよ´▽`

 *壁公園は蚤の市や丘のラベンダーの方が有名らしいし、街歩きでも壁の事をろくに知らない人の方が多かった^^;

 閑話休題。M10のベルナウアー通りを過ぎると、こんな鉄棒が林立する光景が見えて来ます。
壁と同じ高さの棒が…
 しかも電停名はズバリ「ベルリンの壁」!!
電停名が「ベルリンの壁」
 何やら壁に写真が付いてる建物まで…。
写真が入った建物まで在る
 そうしている内にリアルベルリンの壁登場!!
ベルリンの壁現物
 テロのトポグラフィー同様殺伐していて、華やかなイーストサイドギャラリーとは対照的です。
 同じ「壁博物館」でもチェックポイントチャーリーはいかにも観光地っぽくて、やや見世物化している印象を受けるので、個人的にはこちらのドキュメントセンターの方がリアルで良いと思います。

 壁の在る地域を抜けてトラムは北駅に到着。昔は巨大な駅だったそうですが今では見る影も無く…。でも壁当時はベルナウアー通り駅同様幽霊駅だったんで、駅構内にはどちらもその名残が有るそうです。もし何時かまたベルリンに行く機会が有ったらちゃんと確認したいですね。
北駅は昔は巨大だったらしい
 駅の傍にも壁跡ライン。
ここにも壁跡ライン
 実は「電停ベルリンの壁」と北駅は隣でどちらで降りても構いません。北駅から見てベルナウアー通りの左手がドキュメントセンター(手前にビジターセンターが在るらしいが未確認)、右手はベルリンの壁を無人地帯込みで残した地域と犠牲者追悼施設になっています。

 そんな訳で先ずは北駅の一番近くの追悼施設に向かう訳ですが…長くなったので次回に回します。う~ん…この様子だと後2回かかりそう^^; 嗚呼…遅々として進まないなぁ~T∇T;

羽田空港でバードストライク激増
【2012/07/18 22:38】 海外旅行
 Yahooにこの様なニュースが載っていました。

24時間化が影響?羽田でバードストライク急増

 コアジサシの様な希少鳥類も犠牲になってるのは居た堪れない…T∇T; 鳥も人にとっても重大事故に繋がるし何とかならんかなぁ。

 それでふとベルリンに着いた時の事を思い出しましてね。テーゲル空港も手狭な割りに(だから新空港を造っている訳だが再三遅れている)発着する便が多くて後が支え捲くりなんですが、私等の乗ってる飛行機が着陸後、後続の飛行機が着陸をちょっと見合わせたんですよ。
 原因は滑走路に群がったカラス。このまま突っ込んだら正にバードストライクだから、カラスが去るまで待つしか無かったと。
 生憎その時の写真は撮れなかったんで、代りにターミナルビルに群がるカラスの図。種類は良く判らなかったけど、街中ではズキンガラスばかり見たからそうかも。
テーゲル空港に群がるカラス
 しかし今日はこちらも猛暑で夏バテ気味ですよT∇T; そんな訳でベルリン繋がりの涼しげな画像を1つ。3月のツンドラ地帯~。
ツンドラ地帯~
 ヘルシンキ・ヴァンター空港で飛行機からバスに乗り込む時の外気温-5℃。「寒っ!!」と零す私にダンナが「ヘルシンキを舐めたらあかん!!」と言ったのが忘れられない(笑)^^;
 しかし春先の北国が除雪した泥まみれの塊で汚いのは何処も同じっすね^^;
春先の北国はどこも雪の塊が汚い^^;
 オマケ:ヘルシンキ空港でドナドナされて行く元フィンエアーのMD11。
ドナドナされて行く飛行機
 他社に売るか老朽化で解体する前にはこうして真っ白にするんだそうです。でも以前TVで見たアメリカの飛行機解体現場では、塗装はそのままで使える中身だけ取り出した抜け殻状態でしたし、解体する前に態々真っ白にする必要も無かろうから、多分他社に売られて行く所だったのでしょう。


 *ドキュメントセンターはもうちょっとお待ちを^^;

出雲市のトキ2012(4)
【2012/07/15 13:38】 鳥関係
 Nペアの子も巣立ったし、シロトキとムギワラトキの幼鳥も一般公開と言う事で約1ヶ月ぶりに訪問。駐車場がやたら混んでると思ったら、昨日(7/14)は隣接する朱鷺会館のトリックアート展初日だったのね。

 クロトキは相変わらず賑やかだな~何だか聞き慣れない声がするな~と思ったら、やっぱり今年も雛が生まれちゃったそうで^^; しかもこいつ等も後に続く気満々だぞ(笑)。
いちゃつくクロトキ
 対する唯一の自家製ショウジョウトキは殆ど成鳥と同じ位まで育ちました。トキ以外は性別をDNA鑑定せず繁殖行動で見分けているそうですが、それによるとこの仔はメスとの事です。
唯一育ったショウジョウトキ
 ムギワラトキとシロトキの幼鳥はクロトキとショウジョウトキの間のケージに。…パッと見ではそっくり。手前がシロトキですがシロトキの成鳥はトキを白くスレンダーにした様な感じなのに、子供はトキよりも黒いのは意外。ムギワラトキは成長すると背中が紫っぽくなりますが、幼鳥の時点でその面影が有りますな~。
*参考サイト:トキの仲間(画像直リン不可?)
どっちがどっちでしょう?
 シロトキの方がムギワラよりも若干色が薄いかな。
シロトキ1羽目
 こちらはシロトキ2と先程のムギワラトキ。6/8生まれのシロトキ1は1羽で居る事が多いですが、この2羽は誕生日が同じ6/14なせいか大変仲好しです。
右ムギワラ左シロトキ2羽目
 一緒に洗面器~Vv
仲好し~
 因みにシロトキ1に比べて2は顔(とゆーか嘴)が黄色いですが、年齢的な差では無くて単なる個体差らしいです。
 
 ムギワラは未だ自力で餌を食べられなくて大変甘えっ仔で萌え~´▽`
甘えんぼ~ 
 実は自分が見に行った時はシロトキだけでしかも2羽共寝ている状態…。とは言えどちらも見るのは初めてだし~と思いつつ写真を撮ってると、飼育員の女性が入って来てムギワラを出してくれましてね。
 そこから話が弾んでいる内に彼女はいきなりこうのたまった。「…あの…のよのよさんですか?」

 何と!!以前からうちのトキ記事を中心に訪問する出雲職員の方がいらっしゃるので、飼育センター関係者…?と思ってはいたのだが、まさか御本人に会えて仕舞うとは!!(笑) 話している内容とカメラで判った様です^^;(早速ネタにしましたが見てますか~?>▽</(笑))

 そう言えば去年カランビンの辛口な記事を書いたら、前から話題にしていた職員御本人直々にコメントが来て度肝を抜かれた事が有りましたが、世間は狭いと言うか何と言うか…^^;

 まあ「出雲市 トキ」で検索しても引っ掛かるのは公式サイトやニュース系ばかりだし、一介の個人で再三取り上げているのは私位ですからねぇ… ̄▽ ̄;
 カランビンの件も殆どが「楽しかった~」な感想ばかりの中では、シビアな私の意見はさぞかし目立ったでしょうな^^;

 …このブログの基本理念「ニッチな情報提供」は、素人だけでなく時にはその筋の関係者まで唸らせる事が有る様です(^^ゞ 
 *「Pin」よりも「のよのよ」の方が覚え易いらしく、実際「のよのよ+α」で来る方が絶えません。


 閑話休題。ダンナを放置して話し込んでしまったので、トキをザッと見てから移動するつもりが、「ちょっと待って下さい」と言われてこんな物を戴いちゃいましたよ♪ (そして更にダンナを放置する(笑)^^;)
うふふふ…貰っちゃったVv
 非売品の去年生まれたトキ達の絵葉書セット!! 各個体の特徴が書かれたメモ付き。一口にトキと言っても個性が有る事が解りますね。
性格まで書いてある
 「宣伝して下さってるので獣医さんが渡して下さいって」との事。いやあ~別に宣伝する意図は無くて勝手にやっていただけなんですが(^^ゞ 人生何が幸いするか解りませんね~(笑)>▽</
 貴重な物を有り難うございました~m(_ _)m

 そんでもって今年唯一育ったNペアの仔。ボチボチ自力で餌も獲れる様ですが親からも貰ってます。実はNペアはオスの方が子煩悩でメスは既に餌を与えていないそうです。
Nペアの唯一の仔
 今年雛の巣立ちに成功した新潟の放鳥トキ3ペアの内、最初の2ペアのメスはこのNペアの仔。育児上手と評判の割には今年は破卵してばっかりで、年齢的に繁殖は厳しいのかなと思ってたら、どうやら子供に構い過ぎたのが原因だった様で…。

 しかもメスは転卵がちょっと雑なので、偽卵のつもりで本物の卵を扱ったら割れちゃったと。(最後の卵なんて爆発だし^^;) 普通メスの方が子煩悩で丁寧なんですが、このペアの場合はイクメンだったのが功を奏したんですかね?? 
 繁殖効率を考えたらNペアは人工孵化に徹して、雛が生まれたら任せる方が安心なのですが、環境省は放鳥後を鑑みて「基本は自然孵化自然育雛で」と指導している為、そう単純に切り替える訳にも行かないそうです。

 対する去年末っ子を死なせちゃったAFペアは、今年は(途中人間の援助が有ったとは言え)3羽きちんと育て上げたし今後も期待大です。

 そんなAF一家は元気に巣の破壊中^^; 暇潰しとコミュニケーションを兼ねて??^^;
AF一家がわらわら…
 本来巣の中はこんな感じなのですが、皆で巣材を加えては捨て捲くるからスッカスカです ̄▽ ̄;
本来はこんな感じ
 巣材は土台の上にブドウの剪定枝(地元にワイナリーが在るから)と藁を敷き、産座は主にスズメノカタビラと言う草。
 ところが今年はスズメノカタビラが豊作だった為、ケージ内に入れ捲くってたら親トキが敷き過ぎて、本当なら中央が凹むべき巣が平らになってしまい、雛が糞をする時に滑って落下する原因になっていたそうです。(落下防止用のネットは有りますが野生なら確実に死にます。)

 この辺も来年は改善して更なる実績を挙げるでしょう。先ずは去年生まれた仔の内、メス5羽が秋の放鳥に向けて特訓中ですし、何時か彼等の子達が出雲に甦る日が楽しみです。(それまでここに居ないと思うけど^^;)

パンダは和歌山に任せとけよ
【2012/07/13 11:05】 生物全般
 上野で生まれたパンダの赤ちゃんが生後1週間で亡くなった件。出来れば無事に育って欲しかったですが、パンダの初仔は1週間以内での死亡率が6割、残りの半分も成体になるまでに死亡するそうなので、どんなに手を尽くしても結果は同じだったのかも知れません。

 日本で初めて生まれたパンダも2日足らずで母親のホアンホアンに踏み潰されて死んでますが、その後生まれたトントンとユウユウはちゃんと育ちましたからね。(血統は残せなかったけど)
 リーリーとシンシンは相性が良いそうだし、来年以降に生まれる仔は育つん…ぢゃないかな。

 もっとも早過ぎた訃報よりも世間の浮かれっぷりの方が白けましたが。未だ無事に育つかどうかも解らないのに名前をどうするかとか、何時公開出来るかとか先走って報道し捲りで。

 マスコミが「良い母親だ」と報道された翌日に育児放棄で赤っ恥。本当は元々長生き出来ない子だったのかも知れないのに。動物って自然界で生き延びられないと判断したら育児放棄する例は多いから。

 それ以前にパンダはただでさえ繁殖力が弱い上に子供も中々育たない。色んな意味で生き延びる気力が感じられないのも事実 ̄▽ ̄;

 まあここまでパンダで盛り上がるのは日本人位ですな。ベルリン動物園にも1頭居ますが、ドイツではパンダよりもゴリラやカバの方が人気だそうですよ。
 それを良い事に中国の言いなりになってる様な ̄_ ̄;
 
 …っつーかそんなにパンダが見たいなら和歌山のアドベンチャーワールドに行けよ!! あそこは中国を除いて世界一のパンダ王国なんだぞ!!
 かねてからあそこのパンダ繁殖の上手さには敬意を払っておりましたが、和歌山に出来て上野に出来ないのが不思議でなりません。

 上野の子は予定よりも早く生まれたそうだし、1週間以内に大半が死んでしまう様なか弱い生き物を、母親と保育器の間を何度も行ったり来たりさせたのは何故でしょうね。
 人間でも未熟児は特製の保育器に入れられて、親と言えども決められた時間にバッチリ消毒してでないと会えない位、生まれたての赤ちゃんは繊細な存在なんだから。

 世間の期待に応えようとしてあれこれ弄り過ぎたのが逆効果だったのでは? ̄_ ̄; ランランが妊娠中毒症で死んだ時も、「過保護」と言われていたのにあの教訓が活かされていませんね。

 上野はリンリンが居た頃行った事が有りますが、表門の右手すぐ近くにパンダ舎が在って、昔からパンダ目当ての客で混雑するんで、他の動物目当ての客から顰蹙を買われていたんです。
 んでリーリーとシンシンを迎える前に移転リニューアルした…と思って確認したら、場所は未だに変わってないのかよ?! ̄▽ ̄;

 設備は高級マンション並みらしいけど、四六時中カメラで監視されちょっと子供から目を離したら育児放棄と騒がれちゃぁ、育つ物も育たん様な気がしますがね。

 対する和歌山の方。YouTubeの動画を観ても実に伸び伸びとしてて微笑ましいんですよ。時には乱雑に扱われているけどそれがかえってちゃんと生きていると思わせます´▽`
 
 何故和歌山に出来て上野に出来ないのでしょうか。和歌山が繁殖の秘訣を門外不出とかで上野に教えてくれない訳でも無かろうし。上野=都会の連中が和歌山=田舎に頼るのは恥とか、妙なプライドが邪魔しては居ないでしょうね?

 上野が今後も過保護に拘ってこれまでの教訓を活かせないなら、いっそ諦めてパンダは和歌山に任せろと思う訳です。


 今回の仔が死んだ真相について。セシウムのせいと揶揄している人も居ますが、デスブログで有名な東原亜希が「パンダでも育児放棄するんだと思うと ちょっと励まされるよね」と言った翌日に死んだそうだから、実はそのせいだったりして…∑( ̄□ ̄Ⅲ;)
 いや石原知事が「センカク」と名づけて返せとか言うから、尖閣は返せない!!と抗議の意味で死んだのかも知れん ̄▽ ̄;

グスコーブドリの伝記が非難轟々^^;
【2012/07/10 12:00】 アニメ・漫画感想
 今宮澤賢治原作の『グスコーブドリの伝記』が公開中です。気付いた時には封切りの1週間前と言う情弱ぶりでしたが、ほぼ同じスタッフが作った『銀河鉄道の夜』も観に行ったし、公式サイトで流れるメインテーマが好みで、地元の映画館でもやってるから行こうかどうか迷いつつ、世間の感想を漁ってみたら…。

 試写会の時点で殆ど非難轟々 ̄▽ ̄; 実際に観に行った人の間でも散々な感想^^;

 ブドリは銀河鉄道の夜で宮澤賢治に興味を持った際に、ますむらひろしの漫画版に始まり、原作は本編は勿論プロトタイプも一通り読んだし、1994年のアニメ版はエンディングで号泣したと言う位好きな作品なのですが。

 詳しくはWikipediaでも見て頂くとしてざっと説明しますと。
 冷害で家族を失ったブドリ少年は苦労の末に火山局で気候をコントロールしたり、農業指導で成功を収める様になります。しかし再びあの冷害が来そうになった時、かつての自分と同じ想いをする子供を出したくなくて、火山を噴火させ温室効果で冷害を防ぐ事を提案。(注:現代の科学では逆に日光を遮って気温が下る事が解っている)
 その為には最後の1人が犠牲になると判っていながら、ブドリは反対を押し切って志願。かくして彼の犠牲の代りにイーハトーブは救われた…と言う話。
 まあ賢治の自己犠牲精神極まれりな話で銀河鉄道以上に人を選ぶのも確かです^^;

 ところが今回の新作は寧ろ原作ファンなら激怒物、かと言って原作未見者には意味不明で、試写会の時点で子供が退屈がり、うたた寝する人が続出したそうで ̄▽ ̄;

 何でも原作の肝である誘拐された妹ネリとの再会や終盤のブドリの決意等が無い代わりに、変な演出を入れてるから一体何を言いたいのかさっぱり解らないと。

 ブドリをジョバンニそっくりにする必然性も感じません。スタッフも基本同じとは言え別にブドリは銀河鉄道の続編では無いんだし。
 しかも田中真弓に遠く及ばない小栗旬の棒読み…-Д-; 話題作りで役者を起用して萎える例は多々有れど、ブドリがオリジナルの外見だったら或る意味割り切れるのに、なまじそっくりなんでどうしても引っ掛かってしまう。(ネリも同じく棒読みで萎えるらしい)
 良いと思っていたBGMも選曲が駄目過ぎな上に、最後の主題歌が流れた時点で怒りが爆発するとか ̄▽ ̄;

 東日本大震災の被災者への配慮からか肝心な部分を暈し過ぎて、結局賢治作品のメディアミックスでは黒歴史と言っても過言では無い様です。

 …結論。私はこれまで見た漫画版・原作・旧アニメ版の思い出と共に生きる事にします。観ようと思っていたお金はもっと有意義に使います。
 お口直しに昔録画しておいた旧アニメ版を観るかな…。押入れからビデオテープを発掘しないといけないけど^^;

テーマはナチュラル?!(笑)
【2012/07/08 13:23】 ハーロック@松本零士
 世間では上野のパンダ・シンシンに子供誕生のニュースで賑わっていますね。…と言う訳でパンダ誕生記念の新作。
 同様のネタはクニマスでもやったし、本当は放鳥トキの雛誕生やロンサムジョージ死亡の時も考えてはいたのです。絶滅希少動物が絡むとハーロックがミーメに迫るのは、最早私の性癖でありデフォルトです(笑)。付いて来れない方は諦めて下さい^^;
自然交配が一番
 しかしこれ描いている間にシンシンが早くも育児放棄と言うニュースが出て吃驚@_@; 産まれた時は「良い母親」と絶賛しておいて早速翌日かよ!!
 最初に見たYahooニュースでは以後人工保育みたいに書いてあったけど、実際はシンシンが空腹且つ育児疲れで食べるのに夢中になっただけで、様子を見て子供を返すつもりだし動物園側も楽観視している様ですね。
 
 嬉しいのは確かですが世間の異常な騒ぎっぷりはちょっとうんざり。パンダに関しては白浜アドベンチャーワールドの方が遥かに上ですぜ?

 まあパンダは人間が干渉する前から数が少なかったし、繁殖能力が低いくせに選り好みが激しいとか、育児放棄も珍しくない…等々、種としては色々と終ってるのも確かですが ̄▽ ̄;
 
 閑話休題。上の漫画の元ネタは以前描いたこれ。『ブラックホール帝国』と言う読みきりの感想?ですが、実はこの作品にも「ミーメ」が出て来るのです!!
今回の元ネタ(笑)
 ハーロックは出て来ないし外見もフツーの松本美女だけど、ミーメの名前の由来が出て来る点に注目。
ミーメの名前の由来が…
 元々は愛猫ミー君に対する「ミーめ!!」が原点らしいから、ここで言う「やさしさ」はネタの1つと割り切った方が良いかも。

【粗筋】 
 ミーメと妹のユーメは消え行く故郷の移住先を探す途中、宇宙船のトラブルで地球の町中に不時着します。
 ヤジウマの1人・敷居高志があっさり宇宙船に入って来た事で、互いの物質が干渉せずすり抜けられる事が判明。ユーメが宇宙船のチェックをする間、ミーメは高志と共に外の様子を見に行きます。(青年向けだから何かとエロイハプニングが^^;)
 地球の情報は何でも筒抜け(影みたいにすり抜けられるからセキュリティも無意味)な上に、移住可能と知ったユーメは邪魔な地球人の抹殺まで言い出します。
 そんな彼女の変貌に危機感を抱いたミーメはユーメを撃ち2人は決裂。ユーメは傷ついた体で脱出しようとしますが、宇宙船の整備不調のせいか大気圏外で爆死。残ったミーメは高志の「影」として一生付き従う事を誓うのです。


 「影として寄り添う異星人」なのは所謂ミーメと同じなんだけど、ハーロックみたいに命を助けられたから尽くすと言うよりも、高志が死んだらまた別の人を見つけると言う辺り、一途さでは我等がミーメには遠く及びませんね ̄▽ ̄; 高志も訳解らないまま巻き込まれるだけで特に喜んでも居ないし。


 ついでに1月に描き始めた物の未完成のまま放置していたネタ。
実体験^^;
 元ネタは実話^^; 結婚記念日の翌日の朝(1/17)、結婚祝いのペアカップの私の分が起きたら欠けてましてねT∇T; 当時冷え込みが厳しかったから、目に見えない傷が食器乾燥機内の温度変化に耐えられなかったせいだと思われます。
 急遽代用品を探したらサイズだけなら100円ショップで間に合うから、(ベルリンで物入りだし)買って来ようとしたら、ダンナが記念の品にそんな安物は許さん!!とゴネたので、暫くマトモな品を探す羽目に陥ったと ̄▽ ̄;

 放置していた理由はハーロック関係の常連だった人が、突然音信不通になってやる気を無くしたから。それまでノリノリで反応してくれていた人が、自分がメールを出した途端にパッタリだと流石に気になりますよT∇T; (本人の悩みに対してやや辛辣な返答したから誤解したか?)
 ずっと気にはなってるんだが、本人が私をどう思っているかさっぱり判らない為、迂闊に連絡するのも逆効果になりそうだし。

 もし本人がこの記事を読んでいたら連絡欲しいんだけど…ねぇ。

ベルリン旅行記(7)~ベルリンの壁7
【2012/07/04 00:19】 海外旅行
【イーストサイドギャラリー2】

 テーマは基本的に壁に因って奪われた自由への渇望と言った感じ。この辺はチェックポイント・チャーリーハウスの絵画とも共通してると思います。
自由への渇望がテーマかな
 ここでもハトは平和の象徴。ブランデンブルク門を吊り上げるぞ~!!
ブランデンブルク門を吊り上げるハト
 シュールな絵ですが白い部分は修復中なのか態となのかは不明。落書されてるけど-Д-;
未だ修復中の絵も
 壁崩壊時して一斉に雪崩れ込む人達の図。亡霊みたいで晴れて自由の身になったと言うよりも皆揃って成仏している様な^^;
おらぱらいそさいくさ
 トラバントで壁をぶっ壊せ!! 実際本当に車で壁に突っ込んで逃げた人も居ました。でも脆いトラバントでは車の方が大破しそうな ̄▽ ̄;
トラバントでぶっ潰せ!!
 すぐ傍では本物のトラバントに乗って街を見物出来るよっ。
本物にも乗れます
 これは代表的な作品の1つ。同じ作者らしき絵がライプツィヒ広場にもポツンと有ります。以前は落書だらけだったのが見違える様になりました。
ここも以前は落書だらけで
 でも薄くなった所が涙に見えなくも無いですね。一度見たら忘れられない作風ですが、「国境警備兵に見つかったらすぐ逃げられる」様に態とシンプルにしたんだとか。
薄くなった所が涙みたい
 いきなり富士山登場(笑)。
いきなり富士山?!
 看板には何故か「日本地区への迂回路」??? 
何故迂回??
 やっぱり一番有名なのはこの絵でしょう。ホーネッカーとブレジネフの暑苦しい熱烈キス-Д-; これ東ドイツとソ連の癒着振りを揶揄した風刺画と思ってたら、ロシアでは男性に対しても唇にキスする習慣が有って、決して2人がホモと言う訳では無いそうです(笑)^^; (でも今時こう言う挨拶するロシア人は少数派っぽい)
おっさん同士の暑苦しいキス^^;
 土産物屋にももっとデフォルメした絵が有るでよ。
土産物屋にも描かれてるし
 この土産物屋は当時の検問所をイメージしたデザインで、とにかく絵柄がアメコミ調ですが描いたのはドイツ人?? 監視塔みたいになってて風刺精神満載。
監視塔みたいになってるのね
 …んでこの兵士は逃亡者の中で最も有名な人ですよ。
脱走兵で最も有名な人
 コンラッド・シューマン(Conrad Schumann)…ベルリンの壁が出来て3日目の1961年8月15日に、未だ鉄条網だった壁をあっさり乗り越えて亡命した東ベルリンの兵士で当時19歳。逃げて行く所は写真どころか動画をしっかり撮られていて、その姿は世界中に知られる事となりました。
脱走兵コンラッド・シューマン
 実は彼に限らず西に逃亡する所を撮られた人は結構居るのです。亡命者は射殺も辞さない東側が黙認したのは、射殺したらその瞬間も撮られてしまうので、残酷な本性を世界的に暴露される事を恐れたからです。西側は亡命者に同情的だったから、それを知って態と撮ってたんでは無いんでしょうか。
 
 まあ必ずしも社会風刺的な絵ばかりと言う訳ではなくて、中にはこんな楽しそうなバットマンとか。
♪バットマ~ン
 これなんか意味不明でキモイ ̄▽ ̄; 他にもグロイ絵も幾つか有りましたな-Д-;
何だろね?これ ̄▽ ̄;
 1.3km位歩いて漸くギャラリー終了。しかしここも落書だらけですな。マジで何とかして欲しい ̄_ ̄;
ギャラリーの終わり
 最後にお口直しのオーバーバウム橋。ここまで来たらつい撮ってしまう定番スポットの様です。
タイガーバウム橋

 さて次回は個人的に一番興味深い『ベルリンの壁ドキュメントセンター』。場合に因っては2回に分けるかも知れませんが、これが済んだら東側の観光地でも紹介しますかね。




サイドメニュー ×
メニューA  メニューB