のよのよ in Zの悲劇?!
鳥全般・海外旅行・ばんえい競馬・アニメ&漫画etc.…ニッチな情報提供も目指します。

最近の記事 ×

プロフィール ×

Pin

Author:Pin
出身:福岡県。長年住んだ出雲から佐賀へ移住の白衣好き主婦。
趣味:同人活動ではハーロックに原点回帰。(他にナノセイバー・恐竜惑星・ジーンダイバー)、ばんえい競馬、鳥関係全般、(科学者用)白衣等々。海外に行った時は旅行ネタ多目。


カテゴリー ×

月別アーカイブ ×

最近のコメント ×

最近のトラックバック ×

FC2カウンター ×

カレンダー ×
10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


競馬場から何かキタ~~~!!
【2012/11/28 14:00】 ばんえい競馬
 *都合により予定を変更して別ネタをお送りします。(例のネタは次回に)

 昨晩帰省したらドアにクロネコヤマトの不在通知が…。実は25日にも荷物が来ていた事が判っていて、そちらは今日の午前中に再配達する様手配済だったのですが更に何某か届いた様子。

 差出人を見ると何故か「帯広ばんえい競馬場」?? 先日行った際に関係者からお土産は戴いたけど、競馬場名義で来る様な応募をした覚えは無いし、しかもクール便で食料品とな?!
何故競馬場から…??
 昨日早速再配達の手配はしたのに結局届かなくて、今朝もう1つの荷物と共に到着したのですが…箱でかっ!!^^; んで中を漁ってみると出るわ出るわ(笑)。
これまた多彩な…@_@;
 十勝の名産品詰め合わせセット!! 多くは野菜その物だから原価はそうかかってないとしても、送料含めて個人が買って送ると総額5~6000円はするのではないでしょうか?!
 とかちマッシュはともかくカチョカバロまで入ってますぜよ ̄▽ ̄;
カチョカバロまで!!
 内訳は…とかちっぷ・愛国産牛蒡・足寄産ラワンぶき漬物・音更産ゆで枝豆・更別産つぶつぶでんぷん・本別産くり豆羊羹・帯広産有機質100%肥料使用巨大人参(笑)・とかちマッシュ・カチョカバロ・音更産手打ちうどん・中札内産インカのめざめ・帯広産小豆・玉ねぎ・ユリ根・サツマイモ(実はヤーコンらしい)・鹿追産にんじんジュース・ビーツ+パンフと手紙。(産地名不明の物は省略)

 もしかして…と思ったらやはりふるさと納税の御礼でした。
ふるさと納税の御礼らしい
 そう言えば数か月前にダンナがふるさと納税で帯広市から額縁付感謝状貰っていたのですが、今までに比べて明らかに豪華なので相当額納税したっぽいですな(笑)。

 帯広市のふるさと納税状況を確認すると…圧倒的にばんえい優勢です(笑)。まあ確かに本来帯広とは縁も縁も無い我が家が、年に1~2回帯広を訪れ納税までするのは、一重にばんえい競馬の為ですからねぇ…´▽`
 地元出身者を除けば殆どがばんえい支援目的で納税しているのでは。

 ところで先日福山競馬の廃止が正式に決まったそうですね。生憎帰省中でチェックが遅れましたが、ニュースを見る限り荒尾競馬に似た諦めムードが漂っていた様に感じました。「福山競馬 廃止」で検索すると既に2年前に取沙汰されており猶予期間だった様ですし。
 
 まあ正直荒尾の時同様自分は一度も福山には行った事も無いし、馬券を買った事も無いので廃止云々に関して偉そうな事は何も言えないのですが、帯広の今回の対応みたいな状況が福山に有ったのかな?とちょっと思ったりもしました。

 ばんえいも決して安泰とは言えませんが存続の為に努力はしているんで、荒尾や福山の状況を他人事とは考えずに、より一層気を引き締めて支援しなくてはと痛感した次第です。

 ところで冒頭のもう1つの荷物と言うのが、どうもJALのキャンペーンで当てた地酒セットの様でして(現時点では未開封)、これと十勝産農産物と合わせて何作ろうかちょっと迷いますね^^; 特に玉ねぎはつい最近別ルートで北海道産巨大玉ねぎを戴いたばかりだし ̄▽ ̄; まあ日持ちがするのと汎用性が有るのが幸い(笑)^^;

決勝判定室(2)
【2012/11/26 00:03】 ばんえい競馬
 前回のBANBA王をチェックして初めて気が付きましたが、写真判定用の運搬ケースって帯広が黒い螺旋状の筒なのに対し旭川は白っぽい箱だったんすねぇ@_@ 岩見沢や北見は不明ですがゴール板も夫々違っていたし、規格は決まって無かった様です。(競馬場毎に違うのかも??)

帯広Ver.                     
帯広は巻き付けた感じ 
旭川Ver.
旭川は箱だったんだねぇ…
 写真判定まで行くのは特殊な例で大抵はスタッフの目視で充分。正確に判断する為に窓ガラスには白黒の決勝板の丁度境に黒い線が入っています。決して私が後から加筆した訳では無く、本当にこんな線が入っているのです。
ガラスに黒い線が入っている
 この黒い線を基準に着順を目視で判断し、それでも埒が開かない場合は写真判定になると。

 以前は雨天のバックヤードツアーではここも見学ルートだったので(現在は不明)一度入った事は有りましたが、まさかその2年後に何度も入る事になろうとは…(笑)。(Sさん感謝)
 内部はこんな感じ。実は結構狭い中に3人居る為、全体の写真が撮れなかったのですがね。
着順の操作用機械の説明
 決勝写真@本物の1つ。これは…同着かな?いや僅かに内?
これは…同着か?
 着順用のボタン…ガタが来ている結構年期入ってますな~^^;
年期物ですな~
 外の掲示板の着順に注目。
掲示板の着順に注目
 全く同じ事が判るでしょ~?(笑)
同じ事が判るでしょ?(笑)
 んで次のレースの入場が終る頃、着順を消すのがこのボタンだ!!
全消去ボタン
 これをぽちっとなと押すとレース番号のみ次のに変わって着順やタイムはクリアされると。
ぽちっとな(笑)
 当時は馬場水分も表示されてましたが、去年の雷でイルミネーションの一部と共に故障しましたからね。イルミは直ったけど如何せん掲示板の方は型が古過ぎな上に、部品を作っていた人がとっくに引退してしまってるそうなので、マトモに修理すると数100万はかかるらしく事実上断念したとの事 ̄_ ̄;

 今年の春に綺麗に塗り直して貰ったら、馬場水分&オッズパークのロゴのみならず白い線まで消しちゃったので、何だかかなり殺風景に^^;
殺風景…^^;
 次回は今までの記事は全て前フリだった?!『珍☆写真判定(仮)』宜しく!!(笑)

 オマケ:開門前のテスト表示の光景ですが「10Rは全頭10番で全頭写真判定」と言う有り得ない事態に…^^;
謎判定(笑)

番外編:応援団看板の変遷
【2012/11/23 22:43】 ばんえい競馬
 11/23~27と帰省しなくてはならないので、予定された判定室(2)がそれまでに書けるかどうか解りません。そんな訳で今回は穴埋め用にざっくり書かせて戴きます。

 今から4年前…H.20の10月に帯広に行ったら、エキサイティングゾーンの手前に「ばんえい十勝応援団」と称した、十勝管内全市町の看板が設置されていました。
ばんえい応援団看板
 生憎この年はばんえい記念を見に行けず1年振りの帯広訪問だった為、正確な日時は知りませんがH.20の春~秋設置は確実と思われます。
十勝管内
 ところが今年の3月に行った時は風雪に曝されてか、かなり色褪せて無残な状態になってて居た堪れなくなったもんでした。
 それが先日行った時は全部リニューアルされてましてな。4月に早速換えたかどうかは不明なれど、見た目には結構新品に思えました。

 んで、全部の写真を撮って初代と比較していたら、大半は同じものを作り直しただけ(細かい所は違うかも)ですが、幾つかデザインを変えた所が有るんすね。
看板変更分
 広尾町は一部写真の差し替え程度なのに対し、池田町はワイン城をクローズアップ、本別町は写真を増やし、陸別町はリア充しばれ君を強調(笑)。浦幌町はイメージキャラを配置し、帯広市はフードバレーとかちをアピール。全くデザイン一新したのは本別・浦幌。帯広の3か所。
 個人的に一番なんじゃらほいと思ったのは浦幌町の「うらは&ほろまちゃん」で、その配色からゴジュウカラと思ったらアオサギとなっ?!^^;
アオサギ…らしい ̄▽ ̄;
 自前なので不鮮明で済まないがゴジュウカラ@旧士幌線タウシュペツ鉄橋向かい側。
ゴジュウカラ
 アオサギはこんな鳥なんすけど~。どう見てもこんなスリムな体型してねーだろ!!(笑)^^;
リアルアオサギ
 まあ大雑把な配色は似てるよね。良く見ると嘴が黄色いからアオサギに軍配が上がるのか^^; かくして浦幌に鳥のゆるキャラが誕生したのでした。

決勝判定室(1)
【2012/11/21 13:01】 ばんえい競馬
 *参考記事: ダブル写真判定

 このネタは3年以上も前から温めてましたが、生憎これまで発表のタイミングを逃して来た物です。しかし今回ちょっと面白いネタを仕入れたので、スタッフの許可を取った上で漸く登場 ̄▽ ̄;
 決勝判定とは各種競技における着順を正確に判断する事で、肉眼では判断出来ない時に写真判定となる訳です。

 因みに今は亡き『BANBA王』の第1話(2006年4/29放映)と6/12でも解説してました。当時は旭川開催中でしたが基本的には帯広と変わりません。
写真判定@ばんえい版
 この説明自体は平地競馬と同じですが、ゴールを一気に駆け抜けて鼻先で決まる平地競馬と違い、ゴール前で馬が止まる事も珍しくないばんえいでは、一見異様な画像になる事もしばしば。
 例えばこの写真。一番上の馬が異常に伸びていますよね。これはこの馬がゴール板の所で止まっていた事を意味します。
上の馬が伸びてます
 逆にこちらは下から2番目の橇が異常に伸びてるのは、馬はゴールを抜けたけど橇がゴール板で止まっている状態。
橇が異常に長くなっている
 これなんて5番のゼッケンが伸びて、騎手も他の人よりも妙に大きくなっているのは、馬が一旦止まってちょっと進んだ後、騎手の辺りでまた止まった事を意味しています。
 この縦に入っている線(一幅0.1秒)がスリットと言うレンズとカメラの間の細い隙間で、そのスリットを通して前方を通過した被写体を連続的に撮って行きます。単なる連写と違いフィルムを撮影しながら巻き取って行くので、同じ場所に留まった場合は長く写るのです。
 *詳しい構造はこちらのサイト辺りを御参照下さい。
5番が変形しているのに注目
 先日インセプションが競走中止した時なんて、ゴール寸前とゴールの所で3回も座り込んだし、この時の写真もかなり異様になっていたのでは無いかと。(今思えば見せて貰えば良かった ̄▽ ̄;)
インセプション競走中止
 判定写真を撮る場所の解説図。青が写真を撮る所でピンクが判定室の事です。
帯広も基本は同じ
 んでこれがスタート地点のパトロールタワー。あのナナカマド賞でばんえい史上前代未聞のパトロールビデオが公開されましたが、あれを撮っていたのがこの部署。
スタート前のパトロール塔
 普段レースに気を取られてあまり気にしない場所とは言え、こうして見てみると非常に高い塔なので高所恐怖症には拷問ですな^^; 
 基本の着順は決勝タワー&判定室で決めますが、ナナカマド賞の時の様に審議になったりすると、ここからの映像が効力を発揮します。

 対するゴールの決勝タワーはこちら。これまたゴール板の所ばかり撮ってて案外全体の写真が無い^^;
ゴールの判定塔
 ゴール先に在るこれは判定用かと思いきや単なる中継用との事。元々すぐ後ろに3つ目のタワーが有りましたが(後ろの鉄骨がその名残)、パドックの移設に伴い建て直したそうです。
判定塔3
 レース中よりもパドックを観る時の方がよっぽど目に付きますな。
場所は検量室の手前
 第三のタワーの名残全景。(写真は今年のばんえい記念の時の物)
 *補足:現在はパドック近辺の照明、一番上はTV局(NHK帯広?)か何処かの中継用カメラ、他に各種信号や電線の中継地点として使って居る様です。
タワーの名残
 旧競馬組合時代は上に小屋が在って、手前の中継タワーが無かったと言う事が一応解りますかね?
現役時代の塔
 現役時代の全景写真発見。
あ、全景が有った
 さて次回は判定室の中の様子を紹介します。そう言えばBANBA王でも女の子や小寺さんが、「一般人が中々入れる所じゃない」と再三言ってましたが…スイマセン…帯広なら何度も入ってます(笑)(^^ゞ 流石にパトロールタワーに入りたいとまでは思いませんが。(あれは登るのが危険だしマジで関係者以外立ち入り禁止と思う)

出雲市のマナヅル~2012晩秋
【2012/11/18 23:17】 鳥関係
 …かなり御無沙汰な話題ですが…今年に入って全く見かけなかったので取り上げ様が無くてですね ̄▽ ̄; 2月に生存確認はされて居る様ですが、「2月以降見なかったけど7月に久しぶりに見た」と言う報告も有る事から、以前よりはレアになってるのかも知れません。

 マナさんが初めてマスコミに注目されたのは2002年4月と記憶していますが、以前「雨の日以外毎日見に来ている」と仰って居たお爺さん曰く「1996年には居た」との事。
 それが本当なら野生寿命20~30年としても結構な年な訳で、何回行っても空振りだと結構心配になるもんです。
 
 その後暫く猛暑とかその他諸々で足を運んでいませんでしたが、そろそろ冬鳥も増えて来る頃だし、いい加減自分で確認せねば~と思っていたんで本日漸く決行。

 カモ類はマガモとコガモ、後は年中無休のカルガモ以外特筆する事は有りませんでしたが、妙にカイツブリを見かけましたね~。もっともこの鳥は水遁の術を使うんで、写真撮ろうと思ったら良く逃げられてマトモに撮れないけど^^;
カイツブリ(本当は2羽)
 しかし野鳥と夜間ばんえい競馬を撮る時は、今のカメラではやはり性能不足は否めませんね ̄▽ ̄; デジ一は使いこなせるか不安なので、ミラーレスがもっとリーズナブルになったら検討したいもんです。(ミラーレスが使い易いかどうかは全く未確認^^;)

 そうこうしている内にコブハクチョウ発見!! 春に2番確認しているからどちらかは解らないが…コブハクチョウの居る所マナさん在り…の筈?! ふむ…しかし川にはマナさん見当たらないぞ…??
コブハクチョウ夫婦の1羽
 しかしふと向かい岸の田んぼを見ると見慣れた鳥の姿が!!
マナさん居た~~!!
 マナさん居た~~!!>▽</
 この時満潮気味で川に入ると胴体が水に浸かるからなのか、田んぼで落穂だか土中の小動物か知らないが餌を漁っていたと。
 相変わらずカメラを構えても逃げない代わりに、時々頭をもたげて周囲への警戒は怠りませんね。
悠然とするも警戒は怠らず
 じわじわ移動しながら川沿いの歩道までやって来ます。
移動要塞マナさん(意味不明)
 川沿いでも暫し餌を漁ったかと思うと突如川に飛んで移動。
川で羽づくろい
 ツルは基本的に警戒心が強いと言われますが、マナさんに関してはこちらが近付き過ぎたり脅かしたりしない限りは、散々近付いて写真撮り捲ってもマイペースですね。ここからは橋からほぼ真正面、距離にして5~6mから撮ってます。
羽づくろい2
 鳥が羽づくろいする時はリラックスしていると思っているんで、マイペースでいてくれるのは嬉しい限り。
羽づくろい3
 あ、でもちょっと綿羽が出ている辺り今換羽中だったりする?!
羽づくろい4
 なんだよ~未だ撮るのかよ~ ̄▽ ̄;
あ~あ~未だ撮ってやがんのかよ~ ̄▽ ̄;
 キリが無いからこの辺で引き下がりましょう。とにかくマナさんが元気そうで良かった´▽` 本格的に冬が来たらまた様子を見に来なくては。

ホコテンで見た意外なあいつ
【2012/11/15 17:59】 ばんえい競馬
 11/4はフードバレーとかちマラソンの日。(ぶっちゃけ新聞の扱いもばんえいよりも大きかった^^;)それに合わせて藤丸デパート前の通りがホコテンと化しちょっとしたお祭り状態。
 牛玉ステーキ丼の屋台も出てましたが生憎前日食べに行ったのさ~(笑)。
牛玉ステーキ丼
 ランチョ・エルパソも出店。何時ぞやのどろぶた美味しゅうございました´▽`
どろぶた美味しゅうございました
 同時に着ぐるみキャラ達も登場。全国区のクロネコヤマト。(シロネコも居たけど案外ブサイクなのね^^;)
クロネコヤマト~
 最初中々顔を見せてくれなかった道新のぶんちゃん。意外と腕は短かいので転んだら起き上がれ無いと思う^^;
ぶんちゃん腕が短い
 でんぞうちゃん。帯広電信通り商店街のキャラだそーで。
でんぞうちゃん
 写真を撮りそびれたけどしんとくレンジャー・そばレッドと緑のキャラ(山グリーン?)、かちまいデビル達がうろつく中、ふと目をやるとそこには見慣れた後姿が!!
はっあの後姿は!!
 何とそこには旧リッキー!! でも全く違和感無(笑)。蹄はちょっと痛んでいるけど^^;
旧リッキー!!
 早速子供達に遊ばれたり(笑)。「リッキー遊ぼう」ではなく「リッキー遊ぼう」です。お間違えの無い様に(笑))
遊ばれてます(笑)
 デビルといきなり闘ったり。
デビルと唐突に戦いが… 
 舞台のダンスに合わせてノリノリで踊ってみたり(笑)…と相変わらずお元気な様子。中の人が時々変わっても旧リッキーも未だ愛されている様で何より´▽`
ノリノリで踊ります(笑)  
 因みにここは中の人の控室ですが、広小路商店街の空き家を利用しているせいか外から丸見え^^;
ここが秘密の場所か(笑)
 愛されている旧リッキーとは逆に苛められるデビル…TДT;
可愛そうなデビル…;_;
 きっとこれも愛…ひたすら耐え忍ぶ愛…T∇T; しかしぴぴっとは何処に??
何て不憫な…
 競馬場のゆるキャライベントでもデビルは来るのに、ぴぴっとが来なくなったんですよねぇσ(’、`)? 個人的には得体の知れないぴぴっとよりも、悪役のデビルの方に感情移入しちゃうんですが。…だって可哀想なんだもんあいつ…;_;

 次回からはいよいよ?ずっとネタを温めていた『決勝判定室&ITV室へようこそ』シリーズ開始。マニアックなので付いて来れる方だけ付いて来て下さいね~。

【オマケ】
 マラソンのランナーには受け狙いでコスプレする人もチラホラ(笑)。
受け狙いにコスプレして走る人も
 ギャラリーにカオナシが居る!!(笑)
カオナシが居る!!

実況室&スタジオは今
【2012/11/13 13:34】 ばんえい競馬
 井馬さん引退後、MC担当の太田さんが兼任する様になって移動の手間を考慮したのか、実況室とスタジオが同じ部屋になりました。確かに放送を見ていると笑い声や咳が聞こえたりするんで、間は単にカーテンで仕切っただけで筒抜けな事は解ります(笑)。
 私はてっきり旧実況室をそう改造したと思い込み、「あの部屋では狭いだろう~」と感じていたのですが、実は旧実況室の隣りの部屋だったんですね。(5/19にスタジオ・実況室共に移転した為、それまでは旧実況室を使っていた模様)

 先ずは井馬さん現役時代の実況室との比較。今は単なる空き部屋ですが出入り口に「アナウンサー控室」と有る事から、太田さんがJRAの実況をやっていた夏場に、蘇武さんや宇野さん等ピンチヒッターの控室として使われていた様です。机や機材が無くなって白いソファが2つ設置されています。
実況室今昔
 でもこのソファ元々茶色だったので何処から持って来たんでしょう? (写真には写ってないが取材陣が居る辺りに折り畳み式の長机が有った)
この茶色のソファは何処に??
 この井馬さんの左に在る窓に注目。
左の窓に注目
 窓の外はカメラが設置されては居た物の元々単なるベランダだったのですが、今では仕切りで囲って実況の調整ブース?になってます。(旧実況室にはそんな場所無かったんだがこれまではどうしてたんだσ(’、`)?)
実況の調整室とでも言うのかな
 んでこのブース越しに太田さんの実況が拝めると(笑)。
太田さん実況中
 旧実況室を出て左の部屋に移動。外から覗けた旧スタジオと違い中に入らないと見られなくなりましたが、スタジオ自体のセットはあまり違和感無いかと。
スタジオ自体はあまり変わってない
 ドアの傍には何故かこんな写真が。可愛いけどばんえいと関係ねぇ~(笑)。
何か可愛い
 入って右手に在る前述の調整ブース、真正面(写真では左外)が現実況室になってます。
調整ブーススタジオ側より
 左手の奥に現実況室がチラッと。
右手に調整ブース
 そんでもって太田さん@現実況室~。まあスペース自体は井馬さん時代とそんなに変わらないと思いますが、ベランダに増設した形になっていますね。
太田さん@現実況室
 旧スタジオは当然閉鎖中。昔は馬券売り場だったこの部屋…その内何かに使われるんでしょうか?
旧スタジオ
 初代帯広のスタジオは旧競馬組合時代に今は亡きBANBA王が作った物で、旧パドック(現ふれあい動物園)側に向いていたそうです。その頃も一般客が覗け無かったので、場所は変われど本来の「関係者以外立ち入り禁止」区域に戻ったと言う事ですな。(岩見沢のスタジオは覗けたらしい)

 先日うちに見学希望の方が質問にいらっしゃいましたが、整理本部に申請すれば見学自体は可能でしょう。但し現在はスタジオと実況室兼用の為、部屋が別だった頃よりも時間的制約が厳しくなっているので、その辺を考慮した上で失礼の無い様にお願いします。


 次回はちょっと脱線して『ホコテンで見た意外なあいつ』(笑)。

ばんえい菊花賞&協賛連発藤野騎手
【2012/11/10 16:41】 ばんえい競馬
 11/4のメインはばんえい菊花賞。この日有ったフードバレーとかちマラソンの影響で、急遽ナイター開催となった為レースの頃は完全に日没後…もっともデー開催でも16:30頃には日が沈んでましたが ̄▽ ̄;
 これではマトモに写真が撮れないっ!!…でもミルキー撮り放題。無駄に動かずデジカメに優しい様は流石です。
ミルキー撮り放題(笑)
 レースは2番ニシキウンカイが先行して降りるも…。
ニシキウンカイ一番手で降りる
 追い上げて来た3番のニシキエーカンに先を越されるか?と思いきや、エーカンが土壇場で止まった為、ウンカイが人気に応えました。写真ではエーカンが勝ってる様に見えますが^^;
紛らわしいですが勝ったのは2番
 大口騎手と言えばあのナナカマド賞の衝撃を思い出しますが、雪辱…とまでは行かないにしても報われた様な気がします。
 スカパーの勝利インタビューで終始UPで映っていたのは、当日強風でスタンドを立てられなくて、カメラの位置からでは逆光だったせいです。
大口騎手全身
 大口さん良かったですね。おめでとうございます!!
ナナカマド賞の雪辱?!^^;
 翌5日の4・5Rは我が家の協賛でした。「島根は鳥取の左です」は『秘密結社鷹の爪』の吉田くんの弁。従って厩務員さんへの副賞はそんな自虐Tシャツだっ!!(笑) (実は騎手への副賞@特産佃煮よりもずっと高かった…^^;)
副賞のTシャツ
 4Rは騎乗停止だった藤野騎手の復帰戦でしたが、まさか復帰早々勝ってしまうとは…しかも自分家の協賛で。
藤野騎手先行して勝っちゃいます

復帰早々勝利
 しかも彼は次の5Rでも連勝するし。
そしてクラスタ記念でも
 
やっぱり勝つのでした
 この日は7Rでも勝利を挙げ、流石リーディング2位なだけ有ると思いましたね。
 まさか2R共彼の色紙を手にするとは思いませんでしたが^^;
協賛証拠物件(笑)
 藤野騎手と言えば例の事件を思い出しますな。被害者は本当は続けたかったのに親が大騒ぎしたんで、結局辞めざるを得なくなったんだとか。
 本人デビュー時は未成年(最年少且つ一発合格)でしたが、既に成人なんだから進退は彼自身が決める事で有って、親が出しゃばるのは如何な物かと。

 勿論事件自体は忌々しき事だし、その原因となった調整ルームでの飲酒も決して褒められはしないけどね。取り敢えず表彰の時ダンナが藤野騎手に「(副賞@肴にもOKを渡しつつ)あまり飲み過ぎない様に」と言ったら、神妙な顔つきで「はい…」と仰ってました。もうホントあんな事件は止めて下さいよ ̄▽ ̄;

 教訓:酒は飲んでも飲まれるな ̄▽ ̄;

 次回は『実況室&スタンドは今』をお送りする予定です。

エンジェルガガ様初勝利!!
【2012/11/08 14:51】 ばんえい競馬
 11/2~6に帯広に行って来ました。基本的なネタとしては…
・ばんえい菊花賞
・ガガ様初勝利!!
・協賛したらどちらも藤野騎手(笑)
・実況室とスタジオは今
・ホコテンで見た意外なあいつ

 辺りですが個人的にはもっとマニアックな路線を重視したい為、上の内容についてはさっくりと紹介させて戴きます。
 
 先ずは今回初めて見たガガ様ことエンジェルガガ。ばんえい史上初の?駁毛アローマドンナの子だけあってお母さんそっくり。 
 アローマドンナ以降2年に1回位駁毛が出て来る様になって、アアモンドガンバレの代(2010年)は、ガンバレ以外にもアアモンドピエロとインデアンが居ましたが、何れも未勝利に終わっています。どうも駁毛の馬は小柄な個体が多い様に感じるんですが、その辺が中々勝てない一因だったりするのでしょうか。でもこの配色は人目を惹くからか人気有りますよね。
 お尻は白いです。
お尻も白いね
 顔は案外普通の配色ですが赤い水玉のリボンが可愛い。 
でも顔は案外普通
 このガガ様、歴代駁毛では最も成果を上げており初勝利に期待がかかります。良い感じで駆け出して第二障害まではまずまずの位置。
良い感じです
 この後一腰で第二障害を下りて…。
先行してます

そして終始先行
 ゴール前で一瞬止まってちょっとヒヤッとしたけどそのまま無事にゴール!!
馬も初勝利なら騎手も今季初勝利
 実はガガ様も初勝利なら井上騎手も今季初勝利だったんですね~。それまで山本騎手が乗っていたのに、経験の浅い彼に任せて大丈夫?と思ったけど、減量を活かして第二障害後は終始先行出来ましたからね。

 駁毛初の勝利を挙げたガガ様、そして井上騎手おめでとう!!>▽</ 井上騎手のデビュー初勝利も生で観たんですがこれも何かの縁でしょうか?(^^ゞ

 個人的にはハクバビューティーも早く初勝利を挙げて、ガガ様と一緒にカラフルカップを走って欲しいんですが…未だに小さいままらしく当面復帰は無理っぽいです。やる気は有りそうなのにな~馬体が付いて来ない ̄▽ ̄;

 オマケ:
 白い馬繋がりで現地に行くと必ず会える(笑)アオノレクサス、久しぶりに目の前で勝利!!
アオノレクサスも勝利!!
 次回はばんえい菊花賞を中心にお送りする予定です。

タンチョウ@百姓貴族
【2012/11/05 21:14】 鳥関係
 今回の百姓貴族はタンチョウの話。タンチョウと言えば釧路を連想しますが時期によっては十勝にも来るんですねぇ。そう言えば以前見た読売?道内版にも「今年も畑にタンチョウが来た」なんて記事が有ったけどあれも十勝管内だった様な。(ホテルの閲覧用だったからうろ覚え)

 こちらではせいぜいコハクチョウやマガンレベルなのに、それ以上に大きいタンチョウが畑のデントコーンを漁るなんて胸熱…*θ▽θ* 一昨年松江に来た事自体レアなのに。あの時のタンチョウ夫婦…子供連れてまたいらっしゃっても構わないのよ?(笑)
松江のタンチョウ

松江のタンチョウ2
 「白黒でその辺にいるもの=ホルスタイン」と思ってたらタンチョウで吃驚とか、「白黒=タンチョウも有り」かと思いきや迷子の子牛だったり。しかも釧路って草取りに沢山の人…に見えておばさん1人以外は他は全てタンチョウっすか(笑)。非常に羨ましいと言うかワイルドと言うか(笑)^^;
 穀類はともかく堆肥のミミズを漁るまでに増えたとは…馬糞中の未消化燕麦を漁るカラスを思い出すな~。

 でも一番凄かったのはロシア軍を見事に欺いたタンチョウ生態観測班だっ!!≧▽≦ノシ
 
 何時か釧路のタンチョウも見たいとは思ってるんですが、如何せん北海道=帯広=ばんえい競馬な我が家では恐らく叶いそうに有りません…ええこれが載る頃も帯広滞在中ですよ(笑)^^;

 タンチョウやナベヅルは可愛い顔しているのに、マナヅルは怖く感じるのは黒目か否かでしょうね ̄▽ ̄; (しかも目の辺りの羽毛も黒いし)
ナベヅル@松江
 マナさん…白目(正確には瞬膜)剥いて寝てるし^^;
白目剥いてるし…^^;
 そう言えば前にルフトハンザ航空の尾翼はコウノトリと言いましたが、実はあれはツルなんだそうです。何でもツルは向こうでも目出度い鳥だし保護的な意味で採用してるんだとか。

 このツルは主にCommon Crane クロヅルの事でしょうね。(他にカナダヅル・ソデグロヅル・アネハヅル。全部出水では観察されていますな。)
 ツルの仲間では最も数が多い筈ですが、エルベ川以西の繁殖地は壊滅しているそうだし、向こうでも要注意な鳥で有る事は確かな様です。

 *余談:
 「クロヅル」で検索したら植物はもとより競走馬にも同名が居るのね^^; シマアジ=鳥の名前とずっと思って来て、世間的には魚の方がメジャーと知った時の驚きを思い出したぜ ̄▽ ̄;

雀の踊り足
【2012/11/03 10:31】 鳥関係
 とあるサイトの検索キーワードに「雀の踊り足」なんて言葉が有りました。「スズメが躍った足跡の様に拙い文字の事」を指すんだそうで。

 悪筆を指す表現では「ミミズの這った様な文字」の方が有名ですが、こちらに比べると子供が一生懸命書いた様な可愛らしさを感じますね。

 まあPCが普及して直筆で書く事の少なくなった昨今、字の下手な方がかなり増えて来た様に感じます。自分も昔に比べてかなり劣化してますが、ダンナに至っては幼稚園児の時の方が今よりも上手いと言う^^; 悪筆の解読には自信が有った?私も最近のダンナの文字は読めないぞ ̄▽ ̄;
 昔の方は筆で書く事が当たり前だったからか達筆が多いのはちょっと羨ましい。

 一方「千鳥足」は「チドリが歩いた様な酔っぱらいのよろめいた歩き方」を指しますよね。通常鳥の足の指は4本(前3本・後ろ1本)ですが、チドリは後ろ指が無いので体を上手く支えられず左右に揺れる歩き方をする事から来ています。
 足跡は残ってるが千鳥足と言う程でも無いな^^;シギ類の足跡も残ってるし。
千鳥足の跡
 …と思ったらこっちはよろけているみたいに見える?!^^;…でも可愛いVv
おっとっと
 まあ人間の欠点を鳥の歩き方に例えるのも或る意味失礼な話ですが… ̄▽ ̄;

 因みにこれはベルリンで見たイエスズメの雄。
イエスズメ雄
 こちらは雌。
イエスズメ雌
 実は世界で一番分布が広い鳥なのでこれまでも何度か紹介した事が有ります…が、それにしても近年の海外には鳥成分が不足し捲り ̄З ̄;

 ただ日本でも鳥インフルが騒がれて以来、全国的に渡り鳥が減ってるっぽいですね。マナさんは今年は未だ確認出来てないし…。(もっとも夏以降見に行ってないけど^^;)

銀の匙秋の巻27&神のみぞ知るセカイ感想
【2012/11/01 00:08】 アニメ・漫画感想
 痛橇の証拠を隠滅させ橇は無事に帰って行った…。人間ばんば大好評で良かった良かった。しかし中島先生の体調不良はチーズが原因だろうな^^;

 大蝦夷神社の絵馬は馬の形との事。元ネタの帯広神社もそうなのかと思ってちょっと調べたけど、ハート形の縁結び絵馬ばかり出て来る様な…σ(’、`)?
 絵馬の事を知って目がキラキラしているアキちゃん。決して八軒とのデートでワクワクしてるのでは無い^^; KYな常盤を全力で阻止する女性陣の連携が素敵Vv(笑) そしてタマコやっぱり元に戻ってる~^^;

 静かで良い雰囲気…に思えた神社は皆来てるし!!^^; ほ~ちゃんと輓馬の形なのだな。如何せん本家ばんえいの記念品ってサラブレッドの事が多いからさ ̄▽ ̄;

 散々迷って書いた願い事をアキちゃんと見せ合って笑い合うシーンは微笑ましい´▽` 大川先輩「リア充爆発しろ」発言の前にちゃんと就職決めろよな-Д-;

 ここで相川が獣医志望なのに血が苦手な理由判明。夢と現実の狭間に挫折してしまってもやっぱり諦めきれない夢。相川に比べて「本当の夢」が見つからない事をボヤく八軒に対して、 相川の「八軒君の夢はここから際限無く広がってるんじゃないのかな。」と、前方に広がる十勝大橋との対比が素晴らしい。
 競馬場からも見えるけど実際に走ってみるとこんな感じ。
十勝大橋
 そして駒場登板。八軒とアキちゃんの願いは「野球部の優勝」。この試合が終ったら駒場の深刻そうな事情が漸く解明されそう。やはり実家廃業の危機…ですかね?


【神のみぞ知るセカイ】
 …おい…少年誌的にこれはアウトだろう(笑)^^; (※自主規制)の箇所、実はこの本無修正?! だとしたらうららのお祖父さんもとんでもねーエロジジィだな^^;
 そんでもって興味津々のうららが発情して桂馬に下半身見せたり、裸の見せっこを言い出すなんて…幼女でこれは危険過ぎる ̄▽ ̄;
 でも単なるエロ展開では無くちゃんと伏線に繋がってる…よな?! ここで休載とはおい!!ヤバ過ぎだろっ!! 最後のコマで黙ってプチプチしている天理が怖いよ~^^;

 *OVA前編感想:
 神のみアニメは全体的にテンポや細々したエピソードの取捨選択がイマイチな印象で、前回のOVAもその傾向が見られた(個人的に最もツボだったのはパッケージ裏のかのん)上に、最初に公開されたキービジュアルの「これぢゃない」感が半端無かった為、買うつもりは無かったんですがパッケージの天理につられてしまいまして(笑)^^;

 単純に画力で言えば作者よりもキャラデザの渡辺氏の方が確かに上なんですが、どうも彼はキャラの本質を誤解しているみたいで。
 大体ディアナはウィンク+ケモノ口でVサインするよーなキャラじゃないでしょ? ̄З ̄; ジャケットのしゃがんでいる子も天理ともディアナとも違うし。「絵が上手い=キャラを理解出来ている」とは限らない事を改めて痛感しましたよ ̄▽ ̄;
 
 でもアニメ本編は前編とは言え上手く纏まっていると感じましたね。EDも素晴らしくてエンドカードは実にけしからんし(笑)。これは後編も買わなくてはいけない(笑)。

 ところで近所の本屋(オタ要素強し)では前回のOVAや銀の匙3~4巻特別版は瞬殺だったのに、今回はまだ少し残ってるんですよね。全体的な売り上げはどちらも上々の様ですから、多分入荷数を増やしたせいでしょうけど。(神のみ17&18巻のイラスト集付きも暫く残ってたしな。あのイラスト集非常にコスパ良くてお勧めなのに)

 それにしても銀の匙の特別版はいい加減スプーン以外のオマケをつけて下さい。現状では通常版しか買う気になれません ̄З ̄;


 *超余談
 おすもじっのタコ引き包丁を見て殺せんせーを捌けないかと思ってしまった。




サイドメニュー ×
メニューA  メニューB