のよのよ in Zの悲劇?!
鳥全般・海外旅行・ばんえい競馬・アニメ&漫画etc.…ニッチな情報提供も目指します。

最近の記事 ×

プロフィール ×

Pin

Author:Pin
出身:福岡県。長年住んだ出雲から佐賀へ移住の白衣好き主婦。
趣味:同人活動ではハーロックに原点回帰。(他にナノセイバー・恐竜惑星・ジーンダイバー)、ばんえい競馬、鳥関係全般、(科学者用)白衣等々。海外に行った時は旅行ネタ多目。


カテゴリー ×

月別アーカイブ ×

最近のコメント ×

最近のトラックバック ×

FC2カウンター ×

カレンダー ×
11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


2012年終了のお知らせ
【2012/12/31 08:59】 ハーロック@松本零士
 2012年12月21日に世界は終わりませんでしたが今日で2012年が終るのは確かです(笑)。今年は年明け早々気が滅入りがちで、掃除機はいきなり壊れるわ記念のペアワイングラスは欠けるわ…と嫌な予感がしていましたが、一番堪えたのはその直後に某ハーロック仲間との連絡が途絶えた事でしたねTДT;

 恐らく最大の原因は私のメールなのでしょう。今にして思えばもうちょっと言い方が有った気もしますが、心無い口先だけの声援を送るのは好きでは無いので、やや辛口の表現が悪口に取られたのかな、と。

 まあ言い方を変えれば本人の状況が好転するとは限らないし、これまでの経験上ナーバスになってる人には何言っても悪意に取られがちですから。

 本人が今もここをチェックしているかは知らないけど、もし問題が解決したら和解出来る日も来るのかも…知れない。(普通こんな事書いてたら結構本人が気づくもんなのにその気配無 ̄▽ ̄;)

 ぶっちゃけ同人のモチベーションに多大に支障を来す事態でしたけど、その後知り合った方もいらっしゃるし、新たな出会いが有るかも知れないから来年は久し振りに新刊を出したいですね。

 1月がそんな調子で出鼻を挫かれた分3月のベルリンは衝撃的でした。ミュンヘンでベルリンの壁を見て以来行きたかった所だけどもう予想以上の成果。
 惜しむらくは行った当時は壁についてあまり理解していなかった上に、時間の都合上確認出来なかった地点が幾つも有るんで、今度機会が有ったら是非チェックしたいですね。
 確証は無いですが来年は最大で3回海外に行く可能性が有りまして、もしかするとまたベルリンに行けるかも知れないのです。他の2か国も魅力的な街とは思うけどやっぱりベルリンハァハァVv(笑)

 ベルリンのおかげで旅チャンネルを始め海外の紀行番組が気になる様になりましたが、やはり多くがフランスを筆頭にイタリア・スペインが中心で、次点でスイス・イギリス、その次にウィーンやプラハと言った感じ。
 個人的にはベルリンとフィンランドとポーランドが観たいので物足りない事が多いです。(まあフィンランドはクリスマスでは良く出るんだけどオウルなんて有り得ないし^^;)

 そんな訳で今年最大のトレンドはベルリンと言って良いでしょう。ベルリン→東独→ハイリゲンシュタット→ハーロックでちゃんと繋がってるし(笑)。

 現段階では新刊の詳細を公表出来ませんが、その内容にベルリンが関わっているのは事実です。そんなベルリンフェチと化した私の来年の活躍に御期待下さい??(^^ゞ(笑)

ITV室へようこそ
【2012/12/29 00:05】 ばんえい競馬
 ITV室と言うのは所謂カメラ室で本場や他場発売等の各映像を撮影・編集し、各地に配信する為のセクションです。(ITV:Industrial Televisionの略。本来は場内の警備・監視を行っていたが、カメラを増やして中継も担当する様になった)

 ばんえい振興室~実況&スタジオ~旧実況室を通った奥に在るのですが、何時ぞやの珍写真判定で切れたワイヤーは手前の通路に有ったと言う^^;
 その薄暗~い通路を抜けてITV室に入ると、中には撮影・編集用の機材がひしめき合っています。
テレビが一杯
 左側(入口すぐ)の編集デッキ画面に見覚えが有ると思ったら…ビクターだったんですな。(我が家のHDDレコーダーの初代・2代目はビクター) 主にリプレイ映像用に使ってます。
左の映像に親近感が…(笑)
 上の大きいTVと違い下の小さいのはブラウン管なので、カメラだと筋が入るのは致し方無。実は元の映像とは別にテロップ等が表示されており、必要に応じて組み合わせたり切り替えたりしているのです。
 絵を描く人なら解ると思うけど丁度レイヤーを組み替える様なもんですな。
下はテロップ等の編集用
 上の向かって左側のTV画面。上2つは全く同じなのに左下が若干違うのに注目。上2つは本場用、左下はスカパー及び地元ケーブルTV用なのです。本場ではリアルタイムに放映されるのに対し、TV中継用はこの段階で既に2~3秒遅れてますが、実際に放映される時には30秒位のタイムラグが生じてます。(WEB配信は更に30秒位遅れる) 右下は他場発売の映像でこの日は盛岡を売ってました。
 ついでに音声もタイムラグが有るから、本場用とスカパーでエコーがかかってる様に聞こえます(笑)。(先日その状態で終日放映される日が続いていたけど誰も気づかなかったっぽい。)
上2つと下の画像の違いに注目
 向かって右側のTV画面。左とは別アングルから撮ってますが左下の画像は一体何?^^;
左下に謎の画像が…
 実はこの緑の塔から撮った映像なのです。
緑の塔に注目
 拡大すると確かにカメラが見えますね。スペースの関係上窓からカメラを出さないと撮れないのですが、寒い時期に開けっ放す訳にもいかないので閉める際、カメラの電源を入れっ放しにして引っ込めるのが原因だそうで(笑)^^;
 普通ここは流されない部分なんですが、他の場所含め突然妙な映像が出て来たら、基本このITV室関係者のせいと言って良いでしょう(笑)^^; (たまにスカパー側のトラブルも有るけど)
カメラが見える
 そんな放映事故の数々の中でこのテロップは特に驚きましたな ̄▽ ̄; 以前一部機材を入れ替えたのに、つい旧機材のつもりで指が動いちゃったのが原因とか。確かに物を買い替えたばかりの頃って、リモコンやキーを無意識に前の機種のつもりで操作しちゃうもんな^^;
操作をミスるとこんなカオスになる(笑)
 これは今まで撮り貯めた映像の数々。我が家のばんえいライブラリーも100枚超えましたがとても敵いません。
撮り貯めた映像テープ
 因みにこの壁の向こうはプレミアムラウンジなのです。以前はITV室から直接馬場が観られたのに、今ではカメラ越しでないと外の様子が全く解らなくなってしまったそうで。
壁の向こうはラウンジだそうな
 ラウンジは以前バックヤードツアーで見学はしたけど、我が家はここでゆっくり観戦する暇が無いので使う機会が無さそう ̄▽ ̄;
 井馬さんが引退して少しは楽になるかと思いきや、ふれあい動物園でリッキー見る暇も無かったと言う^^;

 そんな訳でばんえい放映の裏方さんITV室でした。Aさん御協力有難うございましたm(_ _)m

銀の匙秋の巻32感想…さらば?駒場…
【2012/12/27 14:58】 アニメ・漫画感想
 八軒は子豚の個体識別が出来るのね。豚丼の時の様に別れがやって来たらちゃんと割り切れるんでしょうか。しかし先日出産に立ち会った牛1頭の名付け親権を与えられてアキちゃん父の苦労が解ったり(笑)、チーズの作り方云々含め段々農業の面白さに目覚めて来た様です。

 ここで漸く「銀の匙」の意味登場。知ってる人はとっくに知ってるであろう言い伝えを、今まで引っ張って来たのはどんな意図が有るんでしょうね。

 しかも食堂であやめちゃんが御飯食べてるし!!(笑) 成金とゆー事は正に銀の匙持ってるお嬢様…の筈なのに、食べ方に品が無いのは何故だろう?(笑)^^; いや基本良い子だし憎めないからレギュラー入りは歓迎ですよ(笑)。

 彼女の口から遂に明かされた駒場の秘密。やはり大方の予想通り離農でしたか…。八軒的にはアキちゃんを問い詰めたくなるだろうけど、守秘義務の観点からもタマコが言う事は正しいわな…。

 事業拡大した矢先に駒場父が亡くなった時点で、離農へのカウントダウンは始まっていたのでしょう。間が悪いとしか言い様が無いですがこればかりは運ですから。

 高校中退で何の資格も無い駒場が今すぐに働いて返せる程度の借金なら、高校卒業するまで待って貰うとか、最悪破産宣告して借金をチャラにする手段も有った筈。未成年の駒場が家庭の借金を背負う義務は無いのだし。
 銀行の融資では無く親戚関係に無理言って借りてたから、これ以上待たせると親戚まで共倒れになるのかも知れませんが。

 まあ駒場が頑として「自分が働いて返す」と言い張って、母の方が折れちゃったのが実情でしょうね。野球が彼にとって最後の一縷の望み。それが絶たれたらもうオシマイと思い込んでしまってる。…これサヨナラエラーの雨竜さん、自分のせいだって一生責めちゃうよ;_;

 甲子園に出られなくても地区予選で光る選手はスカウトの目に留まるから、もしかしてもしかすると起死回生のプロ入りも有るかも知れないけど、この作品ではそんな御都合主義はやらなさそうだし。
 
 アキちゃんが八軒の手から離れて戻って行くシーンは切ない。駒場はこれで終るには惜しいキャラなのですが、彼の復活よりもこの事で八軒がどう動くかが今後のポイントと思われます。

 無力な筈の自分に何が出来るのか。これに彼なりの納得行く答えが出た時、初めて父へのコンプレックスから解放されて、彼は真の意味で成長出来るのではないでしょうか。 

グリューワイン
【2012/12/24 19:56】 海外旅行
 今朝起きたら吹雪でしたがその後は時々降る程度。ホワイトクリスマスには程遠いですが、取り敢えず地元のトライアルに買い物に行きましたよと。
 パラオの壁は11月のリニューアルで完全に閉鎖されてしまって、その分売り場面積が広がりましたが若干スペースの配置に無駄が有る様な^^;
 しかし去年有った筈のオードブルは今年は辞めた様で、冷凍骨付きチキン+野菜で自作する上に、ケーキも100円で済ますと言うかなり安上がりになったのでした。

 その代わり今年は1本100数10円のシャンメリーをパスして、ゆめタウンのKALDIで売っていたグリューワインを初導入。食べ物はかなり手抜きですがその分飲み物代がかかってるのさ(当社比)。
ドイツ関係者とその嫁
 まあ何で今回買ったのかと言うと生産地がドイツだったからさ^^; そんな訳でドイツ関係者と酒には目が無いお方との記念写真(笑)。
ぶっちゃけドイツに釣られた^^;
 生憎この瓶は既に空けてしまって、現在2代目の近所のイオンで買った銘柄が待機しています。んでこれまたドイツ産なので妙な親近感(^^ゞ
 
 ホットワインはヨーロッパ各地のクリスマスには欠かせませんが、自分が初めて知ったのはフィンランドだった為、フィンランド名のGlögi(グロギ)の印象が強いんですよね。
 しかし折角ベルリンに行ったからにはドイツ名のGlühwein(グリューヴァイン)と呼んでみましょうと。暖める事でアルコール分が若干飛んで、シナモンの香りが際立つ甘目のワインです。

 尚、ドイツは全体的に寒冷な気候でブドウが色付き難い関係上、ドイツワインの殆どは白ワインですから、グリューワイン用の赤ワインが何処の物かちょっと気になります。(赤ワインの生産量も増えているらしいので今は自国産かも)
 因みにフィンランド産ワインはブドウでは無く、ブルーベリー等を使ったベリーワインで、クリスマスワイン(Jouluviini ヨウルヴィーニ)としても売ってるそうですから、Glögiは輸入物の赤ワインで無くこっちを使ってるのかも。

 近年は日本でも自家製用のスパイスミックスが出回る様になりましたが、実際に作った方の感想によると「甘目の安ワインで充分。フランス産ワイン、特に酸味の有るボジョレーとの相性は良くない」そうです。するとフランスではどんなワインを使ってるんですかね?^^;

 寒波襲来したクリスマスイブにグリューワインで温まるのもまあ一興では無いでしょうか´▽`

 ではでは
Hyvää Youlua!!(ヒュヴァー ヨウルア:フィンランド語)
Frohe Weihnachten!!(フローエ ヴァイナハテン:ドイツ語)


 フィンランド語で「メリークリスマス」はすぐに覚えたけど、ドイツ語は今調べて初めて知った(笑)^^;

世界滅亡の日とか何とか
【2012/12/21 00:03】 時事問題
 マヤ暦に拠ると今日世界滅亡の日と言う事で、幾つかの国ではかなりマジに騒ぎが起きていますな。今回の世界滅亡説を初めて知ったのは3年前某mixiで、「2012年12月21日の自分に捧げる日記(タイトルうろ覚え)」なんつー物が回覧され捲っていた事が切欠でした。アホらしくて自分は勿論参加しませんでしたが。(Twitterでも流行ったのかな?)
 しかし最近になってXデーは12/23と言う話も聞くし一体どっちなのよ?! ̄▽ ̄; クリスマスと冬コミは無事に開催されるんですか?!

 土星爆発説は一応それを裏付ける異常事態が幾つか上がってるっぽいですが、Xデーは2013年5月??だとしたら今回の日程と矛盾してませんかね。

 まあでもマヤ暦で今日が最後になってるからって別に世界の終焉を謳った物では無く、単にカレンダーの一区切りに過ぎないそうですよ?

 要するに
「大変!!2012年が12月31日で終わるってよ!!」
「ええ~~!!」
と言ってるだけなんすよね ̄▽ ̄; 

 しかしそんな噂に翻弄される輩は結構居る物で、フランスでは「世界の終末が訪れても助かる」と言われている山に人々が殺到するわ、オーストラリアは首相自ら「滅亡説は本当」言うわ(お笑いビデオらしいな(笑))で、それを真に受けて中国で子供刺すなんて開いた口が塞がりません ̄_ ̄# そう言えば悪徳便乗商法も中国が最も悪質だそうで…流石だ-Д-;
 米コネティカット州の小学校銃乱射事件は…これとは関係無い様ですね。アメリカには良く有る事です。

 流石のNASAもあまりにも問い合わせが殺到するんで、「2012年に世界が終わらない理由」と題する説明文を掲載する羽目に。
 この中の「12月21日に異常事態が起こることを示す証拠は一切見つかっていません」について。そりゃ某宇宙戦艦ヤマトの如く、地球滅亡を目論む異星人の大艦隊や巨大彗星がワープで突然やって来るなら、現在の科学力では直前にならないと気づく訳無いし、仮に気づいても全く太刀打ち出来ないのだから諦めましょう ̄▽ ̄; 
 大丈夫♪死ぬ時は一緒さっ☆ 某ハーロックの嫁みたいに「同族が全部滅びて自分独り取り残された」方がよっぽど辛いんだぜ。
 
 まあ冷静に考えたら「終末の日避難専用グッズ」やらロウソクや食糧諸々を買い込んでも、地球その物が無くなるなら全く無意味よね ̄▽ ̄;
 フランスではのどかな小村だったビュガラッシュ村が、終末思想信奉者の「そこに行けば宇宙人が助けてくれる」発言のせいで、そんな連中が殺到してお手上げ状態だとか。仮にそれが事実として何故全く無関係の異星人が態々地球人を助けてくれるんすか? 困った生物を見捨てられないボランティア精神に溢れているとでも言うのかね? それとも地球に生命をばら蒔いた本人達で、「家畜」が滅亡すると将来困るから助けるとか? ̄▽ ̄;

 もっとも昔から世界滅亡だの人類絶滅だのと言った、終末思想的なネタは或る意味定番ですわな。1999年のノストラダムスの大予言も「1999年7の月に人類滅亡」等と騒がせたけど無事にコミケに行けたしさ(笑)。大丈夫♪クリスマスも冬コミも正月も来る筈です(笑)。 

ハーロックIIは戦後どうなったのか?
【2012/12/18 13:17】 ハーロック@松本零士
 ベルリンについて色々調べているせいか、最近トチローを逃がした後のハーロックIIはどうなったのか気になって夜も眠れません(笑)。
 子孫が暗いのでより笑顔が引き立つII世様Vv
子孫よりも笑顔が素敵Vv
 いよいよ戦況がヤバくなった時、彼はトチローに「デスバーデンに行け。スイスに逃げられる。」と言ってますが、ドイツとスイスの国境辺りにバーデン地方と言う地域は在れど、デスバーデンなる地名が何処か寡聞にして解りません^^; (現在では地名が変わってる??)
 しかしトチローを逃がしたと思しき場所なら凡その見当はつきます。ついでにハイリゲンシュタットもチェック入れておきました。…嗚呼…故郷から遥かに遠いねぇ… ̄▽ ̄;
ハイリゲンシュタット付地図
 ハイリゲンシュタットのイメージ図。30世紀末期でも尚も中世風のイメージが残っているのかどうか知りませんが、やはりドイツと言ったら古城なんですね~と思わせるシーン。ただ海賊の故郷に海が無いとはこれ如何に(笑)。
やはりドイツと言ったら古城
 さっきの地図を拡大するとこの辺はライン川もすぐに渡れそうな幅の様です。スイスとの国境が複雑に入り組んでいるらしくこんがらがるけど^^; 国境付近でこの辺り以外はボーデン湖が阻んだりしていし、歩いてならほぼここを抜けたと思って良いかも。
多分この辺
 いや本当にこの程度の幅と水位かは解らんのですが。
これがどの辺かだ…

水位は本当にこれ位?
 トチローを逃がした後「俺は安全地帯に逃げ込む訳には行かない」と戻って行ったII世様。フランスのレジスタンスに肩を撃たれます。それにしても何故ハーロックの苦悶に歪む表情はこうもそそるのか?(爆)
しかし苦悶に悶えるハーロックは何故こうもそそるのか(笑)
 漫画版では元々隻眼で残った左眼をこの時潰され、本編では盲目の老人として登場しますが、作中では「1976年 ハイリゲンシュタット」となってる以上、ベルリンの壁を越えようとはしなかったのね…やっぱり。

 第二次大戦でドイツが敗北した事により、ドイツ国防軍空軍(Luftwaffe)は無くなったので、II世も翼をもがれたフツーの人になったのでしょう。
 それとも国家人民軍航空軍(Luftstreitkräfte)で再び空を駆け巡っていたんですかね? 漫画版を意識するとアニメ版は両眼が無事とは言えそうとも思えませんが。

 松本先生のお父様は戦後パイロットとして復帰するのを固辞したそうなので、多分同じ運命を辿っていた様な。…ああやっぱり彼がどうなったか気になる~!!^^;

今更ながら一応冬コミ告知
【2012/12/15 00:46】 ハーロック@松本零士
 かなり今更ですが一応冬コミの件告知しておきます。今回もこちらで委託して戴きますが茨道の残り数冊のみです^^; 未だお買い求め下さっていない方はこの機会に是非(笑)。

2012.12.29(土)
東2ホール S32a G対策センター水戸 様
 *特撮ジャンル

 前回の特撮ジャンルは西館でしたが東に戻っただけで大分移動の手間が省けそうですね。松本系はヤマトが圧倒的に多くてそれ以外は肩身が狭いとは言え。

 今年は色々モチベーションが低下する事態が相次いだとは言え、来年の夏コミには何とか新刊出したいと思ってます ̄▽ ̄;
 来年は最大で5・8・9月に海外に行く可能性が有り(学会に受かれば)、そうなると修羅場とかち合う事請け合いなんで今から焦ってます^^;(正直今年はずっと焦ってたりしてTДT;)

 取り敢えず年賀状を制作中ですが一般用を優先する為、同人用は未だマジでラフしか描いてなかったりして^^;
未だこれだけ…^^;
 今回キャラがとにかく多くて作画に時間かかりそう。因みに下の灰色の部分はとある資料用写真で、そのパロディと言う形になってます。具体的にどんなテーマなのかは来年完成図を掲載する時に語りますんで。

 あ~でも表向きハーロックを描いてないだけで、頭の中は相変わらずハーロックXミーメハァハァVvですけどね(笑)。検索では「ハーロック マーヤ 恋人」と並んで、「ハーロック ミーメ 恋愛関係/結婚」なんてキーワードで来るし。

 先日「ハーロック ミーメ 妊娠」で来たお方…居るんですな~私以外にそんな事考えてる人>▽</(笑) 新刊で頁に余裕が有ったらそう言う小ネタを用意してたりして。

大人のヨーロッパ街歩き
【2012/12/11 21:43】 海外旅行
傑作選と言いながら…

*旅チャンネル版詳細

 「ガイドブックにもない、人気の厳選ツアーでも実現出来なかった夢の旅を実現する旅番組。ヨーロッパの街角を味わい深く楽しむ全く新しい旅番組です。」
…云々がウリのヨーロッパ旅行番組。元々BS日テレの番組で本家も放映中ですが、我が家ではBSは観られない為かなり遅れた旅チャンネル版で観ています。

 現在旅チャンでは「傑作選」と称して纏めて放映中なのですが、所々飛んでる上に必ずしも順番通りでは無かったり、時間帯も時々ランダムな謎編成。(#36/9とか#38/24なんて組み合わせも意味不明。)他の番組の裏だったり飛ばされて観られなかった話も若干-Д-;

 更に不可解なのは#38/39は総集編の割に、#25(ベルギー デュルビュイ)から前日やったばかりの#36/37のポルトガル編までなんですよね。まあフィンランド入ってるから良いけど、#27以降は録画済だからあまり御得感が無いぜよ。
 何故序盤のスイスだのパリだのロンドンだの飛ばすんですかね~? ̄▽ ̄; 

 本家BS日テレ版も今月#65までやっておきながら、年明けは#25~26(ベルギー)に戻るのも良く解らんな ̄▽ ̄; 如何せんBS日テレの公式サイトにはこれからの放映予定しか無い為、旅チャンm放映部分の内容が不明ですが、この総集編が旅チャンオリジナルだとしたら、放映権貰うまでの時取りでしょうね^^;

 対する『ちょっと贅沢!欧州列車旅行』の方は、旅チャン版が#69まで予定されているのに、本家BS日テレ版は#34~36をやってるのも謎。

 …まあBSもCSも予算が限られていて使い回しで凌いでるって事かね?^^;

 ところで今回纏めて観ていて気づいたんですが…この番組食べてばっかり ̄▽ ̄; 特に#1チューリヒや#7ロンドン1はそんな調子でぶっちゃけ退屈でした-Д-;
 凄いのは編集ついでに確認した#37リスボン。前半で7回も飲食シーンが有る ̄▽ ̄; 案内人がパティシェだった事も有って、後半は一緒にケーキを作るから合計8回。リスボンは坂が多い港町ですがトラムや高台から見た風景も定番なのに、それが飲食シーンに霞んでしまってるのも或る意味凄い。

 いや食事も旅の楽しみだしレストランをスポンサーにする事は否定しませんが、「ガイドブックに無い」独自性を追求する余り、食事シーンが何度も続くと正直飽きます-Д-; グルメ番組ぢゃないんだからさ。
 折角フィンランドが出て来るのに総集編のロヴァニエミでサンタを全く紹介せず、例によって飲食のみには呆れましたよ ̄З ̄;
 個人的には都会よりも郊外の方がメリハリが利いてて面白く感じました。

 そんな印象を抱いてしまった当番組ですが、#17ミュンヘンは改めて観直しても都会にしては定番観光地・穴場・グルメのバランスがとて良く出来ていると思いましたね。だって芸術面を重視してグルメも穴場が2回しか出て来ないし(笑)。

 以前も紹介した様にミュンヘンにベルリンの壁が有る事を知ったのはこれの#17なのです。正にこれはガイドブックに無い穴場情報!! 
1枚だけぽつ~んと…
 グルメも日本型居酒屋(焼き鳥中心?)と定番朝食の2回なら問題無。
日本人がやってる居酒屋だそうな
 ヴァイスブルストならここがお勧めらしい。
最も美味しいヴァイスブルストを出すらしい
 こんな風にグルメでもジャンルが違うなら良いんですよ。似たよーなレストランでボリュームの有る料理をどか~!!とがマンネリなだけで ̄▽ ̄;
ミュンヘンの定番です
 因みにこの画像は2009年6月に録った物を使ってます。今春HD化した時に再放送で録り直した…と思ってたら、実はHD版は未録画だった事が判明。しまった~!!昨夜やってたのに!!∑(゜□゜;) 初見の#16ヴェロニゲローデだけ録ってミュンヘンはリアルタイムで観ていただけだった!!…まあ18日にも有るからそっちで録ろう^^; 

 何故勘違いしていたかと言うとミュンヘンは『欧州列車旅行』始め、色んな番組で取り上げられているから混同していたっぽい^^;
 確かにドイツと言ったらミュンヘン~ロマンティック街道ばかり取り上げられがちですからね。もっとベルリンは評価されるべき(ノ# ̄□)ノ

 『欧州列車旅行』の#26がベルリンなのですが、自分が行った時との違いを楽しんで居たら、とあるベルリン通の方が「ナレーションが所々間違ってる」と突っ込んでいました^^; 言われてみれば成程… ̄▽ ̄;

怪しい化粧品勧誘電話
【2012/12/08 19:19】 時事問題
 今日イ○ア化粧品と言う所から化粧品の勧誘電話がかかって来ました。「○○です。2年ぶりですが覚えてますか?」…うん知らない。でも実は9月頃に同じ名前の化粧品会社から電話が有りましてな。その旨伝えたら「変ですね~私がお電話したのは2年ぶりなんですが…」とか何とか。

 前回の電話の人も数年ぶりとか言ってたけど、とにかく「本っ当~に効き目が有るんですよ~」を連呼している割に聞いた事無い商品名だし値段も高いしで、お断り申し上げて電話を切った後、その会社名で検索したら…。

 公式サイト以外は迷惑電話のクレームばかりが引っ掛かる ̄▽ ̄;

 念の為今回の電話の時に会社の所在地を聞くと博多と言うし、聞いたフリーダイヤルはYahooショッピングに有った物と番号違うし…で、やっぱり詐欺会社と判断して良さそうですな。

 大体そんなに素晴らしい化粧品なら口コミサイトで評判になる筈だし、もっと検索に引っ掛かるだろうと。しかし実際は「イ○ア化粧品」で検索しても、似た様な他社品ばかり引っ掛かるのが現状。
 そちらは@コスメでも評判良さそうだったから、勘違いして買っちゃう人が居るんでしょうね。

 ためしてガッテンにも取り上げられたそうなのに…取り敢えずそんな情報は見つからなかったし。(面倒だから真面目に探してない)

 以前の西日本マ○リアル社債詐欺電話でも、「NHKやカンブリア宮殿で大評判ですよ?!知らないんですか??」とか煽られたが、有名な番組や雑誌名を出せば引っ掛かると思う点が浅はか。ネットで調べたら殆ど出て来ないのにな ̄~ ̄ノ 「全米で大ブーム」に踊らされる様なもんでしょうか? ̄▽ ̄;
 
 この社債詐欺も会社名をコロコロ変えて騙している様ですが、イ○ア化粧品も迷惑電話でマークされているからなのか、電話番号コロコロ変えてしかも人によってはかなりしつこく電話が有った様子。

 私は前回の電話の件が有ったから、最初から「あーはいはい」って感じでテキトーに流していたのに、ダラダラ説明鬱陶しい ̄_ ̄;

 社債や株の様な金融商品も本当に信用出来る所は電話勧誘して来ないそうです。如何なる商品でも「貴方だけに特別」だの、「今ならお得」だの調子の良い事ばかり言って来る所は先ず詐欺と疑って良いかと。(因みにこの化粧品は公式サイトから何時でも“特別価格”で買えるっぽいから、電話で「今だけ」を煽るのもおかしい)

 電話勧誘には乗らずネットでちゃんと調べてから購入するべきですな~やっぱり。 

『銀の匙』秋の巻30感想…嗚呼…駒場…
【2012/12/05 21:20】 アニメ・漫画感想
 八軒が牛の出産手伝いをしている間に1点リードで迎えた最終回。気迫溢れる駒場の激投も空しく突風に阻まれ、エゾノー野球部は無念のサヨナラ負け。勝ちを確信していただけにその喪失感が半端無い。それでも雨竜のミスを責めず深々と御礼を言う漢気溢れる駒場。

 試合には負けたが勝負には勝った…。甲子園出場校とタメを張れたのだ。来年こそは駒場が甲子園に連れて行ってくれると期待したくもなるだろう…普通なら。しかし彼は教室に戻って来る事は無かった。

 これは前から予測していた人も少なくないけど実家の牧場廃業フラグと思われます。父亡き今お母さん独りで切り盛りしてきたけどいよいよ限界に来たと言う事では。

 駒場が順調に甲子園に行けてプロ入り出来たなら未だしも、今回勝てなかったら学校辞めて働き口を探す約束だったとか。単に退学して家業を継ぐにしてはアキちゃんの一連の言動が意味深過ぎるし。

 少なくとも駒場にとって野球に打ち込める最後のチャンスだったのは確かでしょうね。

 余談ですが先日八軒と相川が話していた十勝大橋通って、旧士幌線跡をちょっと見て来ました。(終点の十勝三股までは既に制覇済だったけど、近場はノーチェックだったもんで)

 十勝大橋渡って割とすぐに在った旧木野駅手前の線路跡(築堤)。
旧木野駅手前の線路跡
 木野駅跡は駅らしき物は全く残ってはおらず駐車場化してますが意外に広かったっぽい。(横に農協倉庫が在ったのでホクレンの管轄?)
木野駅は意外と広かったらしい
 旧音更駅は公園になっていてSLと除雪車と車掌車が保存されています。結構レアな車両らしい。
旧音更駅に在るSLと除雪車
 駒場駅は音更の次なんですが何も残っていない?っぽいのと時間の都合で確認出来ず。代わりに十勝大橋を戻って写真撮って来ましたよ~。
ここで八軒と相川が…
 八軒君の夢はここから際限無く広がってるんじゃないのかな。

 …因みにこの写真撮った後足元が狂って転んだけどな^^;

決勝判定室(3)~珍写真判定~
【2012/12/04 12:51】 ばんえい競馬
 一昨日の『ほこXたて』はテンマデトドケの圧勝でしたが、今まで騎乗経験の無い安部騎手を起用したり、最強の馬σ(’、`)?なテンマデトドケ@当日本業最下位^^;を抜擢した経緯がさっぱり解りません ̄▽ ̄;
 CMで妙に引っ張ってダレた感が有ったのと、橇の重さが450㎏…って軽過ぎる^^;等ツッコミ満載でしたが、まあ一般へのアピールにはなったかと。
 個人的にはNHKの『ごきげん歌謡笑劇団』の茶番劇の方が白けたけど ̄▽ ̄;

 …さて漸く本題。「事件」は10/30の午前中に起きた…。決勝タワーの「異変時」と通常の比較写真を御覧下さい。普段有って今回無くなってる物は一体何でしょうか?(右真ん中の黒線は無視
決勝タワーに異変発生?!
 …うむ…解り難いっすね^^; 赤い矢印に御注目下さい。これは写真判定用の写真を決勝タワーから判定室へ運ぶワイヤーなのですが…。
解り難いだろーな~ ̄▽ ̄;
 …これが…切れた…!!
これが切れた…
 このワイヤーは4~6年に1回取り替える事になっており、4年経ったからそろそろ…と思ってる矢先に切れたんだそうです。幸い非開催日で怪我人も居なかった事も有り、Sさんから教えて貰わなければ気づきませんでしたよ。とゆーか気づいた人いないと思う^^;
 特注の為新品が届くまでの11/3~5の期間限定で取った代替え策とは?…写真投下用のケース@100均を作って決勝タワーから下に落とし、リレー形式で判定室に持って行くと言うシンプルな人海戦術(笑)^^;

 まあ写真判定何てそう頻繁にはならないけどどうせなら是非見てみたい(笑)♪ 3~4日は順調に事は進んだが最終日の5日に遂にその時は来た!!(笑)
 先ずは6Rにて。本当にやるのかな~*θ▽θ*
写真判定登場!!
 おっ決勝タワーから投下しますよ~。
投下~!!
 下で待ってるスタッフが回収。
走れ走れ~!!
 走れ走れ~!!
走る走る~俺達~
 しかし途中でぜ~は~^^;
ぜ~は~ 
 後で聞いた話に拠ると実はこの辺で車が待機して受け取る筈が手違いで来なかったらしく、しかもこの方が年配できつそうだった為、代わりに判定室のSさんが受け取って持って行ったらしい。 
よっしゃ確定
 そんでもって9Rでもまたまた写真判定。
写真判定2
 さっきとは別の方が待機して回収。
待ちぶい

拾った~
 この方が待機していた車に乗り走行中の状態で、助手席から開催執務委員長に渡して回収して判定室へ。後は宜しくっ。
車さん後は宜しくっ
 どちらも確定までは普段とあまり変わりませんでしたが、その陰でこう言う努力がなされていたと^^;
 
 替えのワイヤーは11/6~7に届いた様で以後は通常に戻ったと。まあこう言う事態に遭遇する事自体滅多に無いよね(笑)^^; 中継でも見えない部分ですし殆どの方は知らないでしょう。そーゆー訳で或る意味非常にレアな物でした ̄▽ ̄; 

 次回は『ITV室へようこそ(仮)』。年末の慌ただしい時期に突入した為すぐには出来ないかもしれないがまあ気長にお待ち下さい。

競馬場のブツでボルシチ
【2012/12/01 09:49】 日常・雑談
 前回競馬場名義で貰った十勝産野菜ですが、ビーツとかヤーコン(サツマイモと思い込んでいた…)とかユリ根とか、自分で調理するのは初めての食材が多いので、先ずはビーツを使ったボルシチを作ってみました。

 本当はポーランドのバルシチュにするとぼっちゃんが喜ぶんだが、同じビーツのスープとは言えボルシチの方が簡単且つ具沢山だし。

 元々家庭料理と言う事も有りレシピも様々なんで、取り敢えず最もシンプルなここを参照。「皮つきのままゆでる」との事ですが、貰ったブツは根っこをちょっと切ってあったからか煮汁が真っ赤っか!!^^; まな板も赤く染まるんで新聞紙敷いて切ると言うのも納得。

 んで皮剥いて切ってる最中も手が染まる染まる。以前義母が作っていたトマトスープを、我が家では「ボルシチモ(ボルシチもどき)」と呼んで自分でも何度か作りましたが、本家ボルシチの赤さはトマト缶だけでは無かったのだな… ̄▽ ̄;

 まあ初めて作った割には味はまずまず。写真を撮り忘れましたがドヤ顔で載せる程では有りませんし^^;

 しかし今回のボルシチで一番驚いたのは、ロシア料理に乗せるサワークリームをスメタナ(smetana、сметана)と言う事。
 スメタナ…ってチェコの作曲家かよ?! チェコ国家『わが祖国』かよ?! …と言う訳でボルシチ以来脳内BGMがわが祖国状態… ̄▽ ̄;

 




サイドメニュー ×
メニューA  メニューB