のよのよ in Zの悲劇?!
鳥全般・海外旅行・ばんえい競馬・アニメ&漫画etc.…ニッチな情報提供も目指します。

最近の記事 ×

プロフィール ×

Pin

Author:Pin
出身:福岡県。長年住んだ出雲から佐賀へ移住の白衣好き主婦。
趣味:同人活動ではハーロックに原点回帰。(他にナノセイバー・恐竜惑星・ジーンダイバー)、ばんえい競馬、鳥関係全般、(科学者用)白衣等々。海外に行った時は旅行ネタ多目。


カテゴリー ×

月別アーカイブ ×

最近のコメント ×

最近のトラックバック ×

FC2カウンター ×

カレンダー ×
01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


銀の匙感想~駒場牧場の終焉~
【2013/02/27 21:11】 アニメ・漫画感想
 駒場牧場の牛達が売られて行く様をアキちゃんと共に見届けに行く事に決めた八軒。もうすっかり御影家公認状態(笑)。ひいおばあちゃんの意見は八軒の今後の指針となるか?

 確かに部外者が知ったかするのは良くないけど、部外者なりに解ろうとする努力は大切ですよね。そんな八軒に大して親父もぶっきらぼうながらまんざらでもない様子。

 離農した家は八軒がバイト初日に道に迷った時に出て来た所でしょうが、駒場牧場も近い内にこうなっちゃうんだろうなぁ…。
 売られて行った牛の内、若い個体が今日の夕方にはもう売却先で搾乳と言う事は、老いた個体は夕方までに肉なんでしょうか? 『百姓貴族』でも全く立てない子牛を処分する話が出て来るけど、処分すると決まったら即日連れて行かないと、置いた分だけ余計な経費がかかるのが経済動物の哀しい現実ですから。

 肉になる家畜は運搬車に乗せられる時、身の危険を察して抵抗するそうですが、これまで大事にされて来て人間を信用していた牛が、己の運命を知ってか知らずか大人しく乗って行く様は切ない。双子ちゃんが涙目で見て居た様に、破産しなければこれからも大事にするつもりの牛だったんだし。

 牛が居なくなったがらんどうの牛舎。そこで飲む最後の駒場牧場の牛乳。美味しいけど切ない。駒場の笑顔がさらに切ない…。

 これから駒場はどうなるんでしょうか。流石に突然大金が入って助かった…なんて都合の良い展開はこの作者はしないでしょうし。
 やはり駒場は八軒が自分の進路を決める為の踏み台要員でしか無いんですかね。

 ところで駒場家の愛犬がバースと聞いて川原泉の『大地の貴族』を思い出した人~^▽^/ あちらも破産した牧場の青年が出て来ますが、大富豪の遺産を継いで立派な牧場を再建し、メインキャラの牛の名前がバースだったりする。(家畜の名が悉く当時の野球選手(笑))
 この作品はハッピーエンドだったけど駒場の将来は…?

既視感のオオウミガラス
【2013/02/25 21:05】 鳥関係
 先日オオウミガラスに関するちょっとした資料を入手したんで、ツッコミと合わせて紹介しようと思いつつ、折角だから描き下ろしも入れるか~とやっていたら、段々妙な既視感を覚え始めましてな ̄▽ ̄;

 これが最近描いていた絵なんですが。(未完成)
何だか既視感有ると思ったら…
 被ってるのはこれでした。2010年6月2日制作で翌6月3日のオオウミガラスの命日に合わせた物ですな。
2010年6月2日に描いたらしい
 まあ参考文献が同じだから似通ってもおかしくない^^; とゆーか日本の絶滅動物関連書籍って大抵今泉忠明氏が絡んでいるせいか、別の本なのに内容が被り捲りで既視感半端無い事が多々有ったりするし ̄▽ ̄; (但し今回使っているのは海外の文献)
 同じ絶滅動物でも頻繁に学説が変わる恐竜に対し、比較的近年絶滅した動物は研究者も少ないせいか、海外の文献も結構元は同じだったりしますからね^^;

 そんな訳で描き直している所ですがいまいち出来が気に食わず、このままでは何時まで経っても日の目を見ないかも知れないんで暫定版を出した次第。
 う~む…こうして並べてみるとそんなに被ってない気もして来たぞ…?(^^ゞ しかもTAKE2よりマシかも知れんよ?!
 さて正規版は一体どうなるのやら ̄▽ ̄;

 オオウミガラス冬羽Ver.と言えばコミスタお試し版を使った時、描いてみたこれを思い出すな。海外の文献では何人か描いてる人居るけど、日本人で最も冬羽描いているのは私だと自負したい(笑)。
こんなん描いた事も有ったな

銀の匙番外編感想
【2013/02/21 20:47】 アニメ・漫画感想
 先週の話ですが先ずは小学館漫画賞受賞おめでとうございます。受賞の報せを受け取ったのが「取材先のフランス」との事ですが、この取材が銀の匙用なのか次回作(ガンガン?)用なのかちょっと気になりますね。
 ばん馬の主要血統の内ブルトンとペルシュロンはフランス産なので、個人的にはばんえいルーツの取材で有って欲しいんですが。(もう1種のベルジャン種はベルギー産)

 さて…夏休みの宿題と称してお母さんに御先祖の事を聞く少年八軒。この頃は普通に母と話せたんだねぇ…TДT; 父とはどうだったかは知らんが^^;
 
 確実にこの御先祖の元ネタは荒川さん御自身でしょうな。何しろ犯罪者だったそーだから(笑)^^;(by百姓貴族)とゆーか北海道開拓民の多くは訳アリなお方ばっかりだった様だし ̄▽ ̄;

 時は1895年4月と言えば宮澤賢治が産まれる前の年。(因みに今年は没後80年)八軒そっくりの御先祖様がヒグマとバッタリ。…うあああ~三毛別羆事件を思い出しちまったよぅ~∑( ̄□ ̄Ⅲ;) 実際開拓民にはヒグマの犠牲者になった方少なくないだろうし。あれよりも20年前となったら余計にTДT;

 危うい所を颯爽と助けてくれた2人組。人馬一体となって醸し出される圧倒的な威圧感!!…そして人殺しの目!! しかも気が付いたらさっきのヒグマが目の前!!…と来たらそりゃビビるわ^^; 
 歴史は繰り返すとは良く言った物で、第1話で道に迷った八軒をアキちゃんが助けた時のシーンを髣髴させますね(笑)。

 御先祖さん本名伏せて馬が8頭居るから「ハチ」って安直な…。ここで明かされる驚愕の事実。何と怖い目つきのトクさんは女性だった!! でも村人が親しげに話しかけたり、ハチにご飯食べさせてくれる辺り根は良い人そう。まあ人手が足りないからなし崩し的に開拓要員にするけどな!!(笑)^^;

 ハチの出身が相馬、トクさんが会津…ここで東北を絡めて来ましたか。ぶっちゃけこの『ヒーローズ・カムバック』シリーズ、発起人の細野不二彦はきちんと東日本大震災を意識して描いたと思いますが(未読なので不明)、サンデー収録分は単なるリバイバルと化していた中で、漸くそのテーマに沿った作品が登場したと感じました。サンデーでハガレンをやる訳にも行かないからリバイバルでも無いんで。

 『うしおととら』は「報われないまま理不尽に亡くなった少女を励ます」と言う意味で、かろうじてその体裁を保っていたと言えなくもないし良い話でしたが、犬夜叉は正直つまらなかったですからね-Д-; 表紙のかごめの劣化ぶりも嘆かわしかったよなぁ~。
 まあ往年のヒット作でファンが釣れればその分復興支援になりますから、絶対震災に絡める必要も無いんでしょうけども。
 

 開拓民が訳アリと言っても社会体制が激変した時反体制側だったとか、ハチみたいに理不尽さを訴えたのが仇となったとか、本当は悪人では無いのにそんなレッテルを貼られた人が多いのでしょう。

 日清戦争が終り出兵した家族達も返って来ると聞いて、近い内にまた逃亡の日々に戻るつもりだったハチ。しかしそんな彼の運命を変えたのはばん馬逃亡事件!!

 颯爽と馬を駆り手際良く楽しげに逃げた馬を柵の中に追い込むハチ。いや~かつてこれ程ばん馬が出捲った漫画が有るだろうか? (ばんえい競馬自体は一応有りますが)

 …そう。彼は相馬の出身。相馬野馬追は故郷の誇り。例え故郷を追われても魂は奪う事は出来ない。ペクシさん良い人だなぁ~。彼も同族との居場所を無くし今も苛められたりはするけど、それでもアイヌの誇りは失ってないのですから。(彼がその後どうなったかちょっと気になる)

 そしてまた明かされる驚愕の事実。トクさん…「眼鏡をかけたら可愛かった!!」。「眼鏡を取ったら可愛い」は有るけどその逆は盲点だわ(笑)。その可愛さたるや先日まであれ程ビビっていたハチが勢いでプロポーズする位(笑)。しかもその時のトクさんの反応も何だか可愛いVv

 これは…八軒父が眼鏡をかけたらどうなる?!か気になりますよね>▽</ まあ彼がデレるのは最終回と思うけど^^;

 そんな顛末を作文にして読み上げる八軒。先生もクラスメート達も感心して聞いてくれてますよ。本当にこの頃は勉強が純粋に面白かったんだね。でもラストはフラグ立ってますなぁ(笑)^^;

 次回から漸く本編再開。駒場の明日はどうなる?! 


 尚、東日本大震災が発生して間もなく、帯広競馬場で獣医の森田先生に拠る相馬の復興支援募金が行われました。(翌年もやっていたし今年もやるかも)
相馬の復興支援募金@帯広競馬場
 この方が銀の匙の獣医のモデルです。
銀の匙に登場した獣医さん
 相馬出身の友人も「家族は皆無事だったけど家が被災した」との事で、手伝いに帰省した時の惨状を私に生々しく語ってくれたもんです。もうすぐあの日から2年が経つのか…。

次期ばんえい記念の期待の星
【2013/02/16 18:20】 ばんえい競馬
カネサブラック、ナリタボブサップ 今季で引退へ

 前から噂は聞いていましたが遂に報道されましたね。未だ未だやれると思ってたら両馬とももう11歳でしたか。去年ニシキダイジン・フクイズミ・トモエパワーが一気に引退したのに、この2頭まで居なくなったら来年以降のばんえい記念どうするんだ~?! オイドンやフジダイビクトリーが出るのはもう2年位かかるだろうし、フクドリは軽馬場軽量戦向きだから無理だし…。

 そんな中で前からこいつがやってくれるのでは?!と思ってたのがホッカイヒカル。自分的には暫く目立たなかったニシキダイジンの後釜の予感はしてましたし、今日の然別賞でもやって下さいましたからね>▽</ 
 序盤は例によって後方から…と、かのイケダガッツを髣髴させるその姿は、「当初あまりパッとしないから応援してたら段々結果を出す様になって来て驚いた」と某氏を戸惑わせた位です(笑)^^; 同じ事を考える人は少なくない様で、実際今日のレースでも1番人気でしたね。

 それにしてもボブは今日もゴール寸前で止まりますか(笑) ̄▽ ̄; カネサブラックはいまいち…と思ったが、810㎏のトップハンデで3着は大した物。

 ふむ…そうなるとばんえい記念はカネサ・ヒカル・ボブの3連単BOXが一番確実かも知れませんね。今日の状況を見る限りではカネサとボブがデッドヒートを繰り広げるように見えて、やっぱりボブがゴール寸前で止まって(笑)ヒカルがカネサと良い勝負ってのも有り得そうです。少なくともボブは止まると思うのです(笑)^^;

 後はギンガリュウセイ・キタノタイショウ・ホクショウダイヤ辺りが有望でしょうか。まあ名馬も永久に現役を続けられる訳無い以上、後継者が出てくれないと来年のばんえい記念が盛り上がりませんからね。

 ところで実況は誰が担当するんでしょうか? 小枝さんは先日のレース取り違え(WEBVer.は太田さんに差し替えてましたね)が有ったし、そうでなくても色々酷いんで彼女に任せるのは如何な物かと。かと言って太田さんがやるのは責任重大過ぎ?!

 本音では井馬さんの復活を期待してるんですがね。JRAジョッキーDAYの時帽子の色と馬番が一部違ってたのと、ゼッケンが見えない騎手が居たりで途中もたついてしまった事も有り、御本人のプライドが許さないと思われるので難しそうです。(蘇武さんも後日「井馬さんに恥をかかせた」と怒っていらっしゃったし)

 となると一番有望なのは矢野さん辺り?(蘇武さんはスケジュールの都合で無理との事)MC太田さん&実況矢野さん…いやMC矢野さん&実況太田さんも有りか。
 矢野さんは当日馬立ち予想や騎手事前インタビューで御多忙でしょうから或いは渡辺さんとか。う~ん…他に思いつかないのでやっぱり井馬さん復活希望!!…無理だろうなぁ~ ̄▽ ̄;

Nettoで熱闘(笑)
【2013/02/13 12:27】 海外旅行
 先週のロケみつで見覚えの有るスーパーが出て来たと思ったら…。
おおNettoと思ってたらやっぱりNettoだ!!
 おお!!ベルリンでお世話になったNettoでは無いですか!! 実はホテルの正面に在ったのがこのスーパーなんですよ。(詳細は後述)
 
 ミュンヘンではREWEが最もリーズナブルでオリジナルブランドも豊富と言うイメージだったのですが、どうもこのスーパーは郊外型っぽくて、ベルリンの街中では見当たりませんでね(郊外の店には行ったが)。

 そのREWEよりも更にリーズナブルなのがこのNettoなのです。(「ネット」と思ったら「ネトー」だったのか)
確かに知ってる範囲では一番安かったかも
 REWEで0.5ユーロ(当時の相場で約60円)の500ml缶ビール(決して発泡酒では無い!!)にも驚愕したのに、ここでは0.35ユーロで買えるのかよ!! 10数%の間接税込でもこの値段なんだぜ。(私等が行った店は基本瓶ビールしか無くて1.2~1.5ユーロ位)
 *それだけ日本のビールの税金が高いって事ですな ̄▽ ̄; 
何とREWEブランドよりも安い!!
 スイスの物価は世界一らしくそれに比べてドイツの安い事!!(ポーランドはもっと安いぞ♪)…う~む…以前スイスの学会に申し込んで初めて蹴られたもんだが、こんなに物価が高いなら行けなくて良かったかも(笑)^^;

 散々店内を物色して早希ちゃんが買ったの500mlの水1本かよ!!(笑)…とツッコミつつもレシートの表記に注目。
実は水よりもデポジット代の方が高い
 実は純粋な水代は一番上の0.11ユーロでデポジット代の方が高いんですね~。つまり飲み終わった後店に容器を持って行くとその分のお金が返って来ると。
 因みにフィンランドの一部スーパーには回収ボックスが有って、空容器を入れると返金されるシステムになってますが、これが案外馬鹿にならない収入になる様で、祭りの時に捨てられているボトルを集め捲って、貯めたデポジット代で海外旅行に行った強者も居るそうです(笑)。

 まあ日本ではデポジット代を差し引いても水1本36円では買えませんがね ̄▽ ̄;

 尚、このNettoは元はコペンハーゲンのスーパーだそうで、ドイツ・ポーランド・スウェーデン・イギリス等々に展開しているグループですが、ドイツにはEDEKA傘下のNetto Marken-Discountと言う店が在って、無関係なのに非常に紛らわしかったりします ̄▽ ̄;

 ここで確認し直すと…本家Nettoは“NETTO”で黄色地に黒のロゴ、ドイツ版は“Netto”で黄色地に赤のロゴらしいので、ロケみつに出て来たNettoは正確にはNetto Marken-Discountの方と言う訳ですね。

 名前もそっくりならディスカウントスーパーと言うコンセプトもそっくりなんですが、本家から訴えられたりしなかったんでしょうか?^^;

 さて、私等が実際に行ったベルリンのNetto。
実際に行ったNetto
 ロケみつと同じと思いきやロゴが黒いので本家の方ですな。
ロゴからしてデンマークの本家ですな
 実はこの店Googleマップ(2008年6月撮影)では空き店舗になってます。店の感じから別のスーパーだったと思われます。
Googleマップより(当時は空き店舗だった)
 ついNettoと言う名前に惹かれたけど本家とドイツ版別々だったとは^^; もしかすると8月に本家本元見られるかも知れません。

 ついでに泊まったホテル(Holiday Inn Express)の現在。
泊まったホテル(2012年3月)
 Googleマップ版。2008年以降にリニューアルしてたのね。
泊まったホテル(2008年6月当時)
 余談ですが隣りのホテルはポツダム広場から離れているのに、何故か「ポツダム広場」と言う名前だったのですが…。
隣りのホテル
 2008年当時は未だ工事中だったのじゃよ~。
隣りのホテルは工事中だった!!

メルボルン・リベンジ
【2013/02/07 14:13】 海外旅行
 去年の12月に没になったメルボルン行き、5月半ば~下旬(5/17~25予定)決定。まあ前回の会場は街の中心地とはかなり離れていたし、ジャンルも少々外れていたのに対し、今回はジャンルバッチリ且つ中心地から徒歩15~20分で行けるロケーション。
 しかも申し込み時に提出した論文が「とても良く書けています」と絶賛状態、内容的には全く問題が無いそうで、ダンナ自身「こんなに褒られたのは初めて」との事。(普通は受かっても大抵「ここを直せ」と指定される。)

 そんな訳で学会自体は前回よりも遥かに好条件なのだが問題は季節。5月中旬と言えば日本ではそろそろ半袖でも良い時期ですが、向こうは逆に冬に向かう時期。つまり日本が暑い時期に冬服を引っ張り出さねばならず、その分荷物が増える訳です-Д-;
 まあメルボルンの5月の平均気温は16℃/8℃位でこちらの真冬よりは暖かいし、そんな気温で半袖な人も居る様ですが、急に寒くなったり気温の変動も激しい様なのでその点は要注意と。

 それにメルボルンの物価はオーストラリア随一らしく、特にホテルがやたらと高い点は何となくイギリスを連想させますな ̄▽ ̄; それもその筈。オーストラリアはイギリスの支配下に有った為、その影響が残っていますがメルボルンは特にそれが顕著な街なのです。

 加えてあちらは未だにネット環境が貧弱で、ブリスベンIIの時同様ダウンロード容量制限付きの「従量制」も多いので(通常「何時間幾ら」の時間制限性)、ネット無料且つロケーションの良さそうなホテルを調べている所ですが、リーズナブル且つ場所も良さそう…と思った某ホテルが、とある有名口コミサイトでは全体的に非難轟々(余所ではそうでも無い)だったのが不安^^; 
 「お値段なりにまあこんなもん」のハードルは人によって違いますからねぇ ̄▽ ̄;

 まあ「世界一住み易い街」と評する割に、何故か旅行ガイドの情報は異常に少なく、結局『地球の歩き方』位しか参考にならない…とゆーのはブリスベンで経験済だし、川を挟んでの街の作りが何となく似ているから、その辺は或る意味応用が利きます。

 しかも今回はほぼ街から出ない可能性が大きいんで。郊外にはカランビンやローンパインの様な、自然型動物園兼保護区が幾つも在り、特にフェアリーペンギンのパレードが拝めるフィリップ島も気にはなるのですが、如何せん車が無いと行けない上にツアー参加前提っぽくて予算オーバー-Д-;

 幸い街中にはトラムが充実しているし、主だった観光地はトラムや電車や徒歩で行けるしで、それでここの所不足しがちだった鳥成分がかなり補給出来そうです。

 そんな日程、しかももしかすると8~9月にも海外の可能性が有る上に、新刊と依頼原稿の締切と重なりそうで今から焦ってます^^; 
 もしブログの更新が滞ったら「メルボルンの準備と原稿その他諸々で忙しい」と思ってて下さい ̄▽ ̄;

 旅行記は…今回は厳しいかも知れません。別にこれでお金を取ってる訳でも依頼を受けている訳でも無いので、無理して書いたり中々終わらなくて自己嫌悪に陥る必要は全く無いのですがね^^;

 毎度毎度毎度書く事が多過ぎて、1つの国に3~4か月(ベルリンは半年!!)かける状況を何とかしないと、書き終らない内に次の国が来かねないんだよ!!TДT;

節分スペシャル?!(笑)
【2013/02/03 13:39】 ハーロック@松本零士
 「恵方巻」ネタはついエロくしてしまいがちなので今年は敢えて健全路線(笑)。
恵方飲み
 恵方巻ならぬ恵方飲み。恵方に向かって酒瓶持って無言で一気飲みするとゆー、この2人なら平然とやれる技ですが、酒に弱い人だと急性アル中になりかねない両刃の剣(笑)。

 どうでも良い裏設定ですが、ミーメが持ってるのは清酒・美少女(笑)で、ハーロックは何故か十勝のワイン「とかっぷ」だったりする。一升瓶一気飲みはミーメの十八番ですが、カッコつけてワイン飲むハーロックはあまりやらんだろうと。(仮にやっても平気だろうけど)

 因みに今年は恵方巻き食べるの見送りました…だって高いんだもん ̄▽ ̄; 豆まきは元々やらない年の方が多いんですがね^^;

 そう言えば前回取り上げたハーロック新作。どう見ても成功する気がしないのは殆どのファンの共通認識?!-Д-; フツーに2Dアニメでやれば良いのに。一応海外を視野に入れてるとは言え、嬉しさよりも世界に恥を晒しそうな予感。
 でも文句言いながら地元で公開されたら観に行っちゃうんだろうなぁ~。そして文句言いまくるか或いはその気すら失せてスルーするか見物ですな^^;




サイドメニュー ×
メニューA  メニューB