のよのよ in Zの悲劇?!
鳥全般・海外旅行・ばんえい競馬・アニメ&漫画etc.…ニッチな情報提供も目指します。

最近の記事 ×

プロフィール ×

Pin

Author:Pin
出身:福岡県。長年住んだ出雲から佐賀へ移住の白衣好き主婦。
趣味:同人活動ではハーロックに原点回帰。(他にナノセイバー・恐竜惑星・ジーンダイバー)、ばんえい競馬、鳥関係全般、(科学者用)白衣等々。海外に行った時は旅行ネタ多目。


カテゴリー ×

月別アーカイブ ×

最近のコメント ×

最近のトラックバック ×

FC2カウンター ×

カレンダー ×
09 | 2013/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


ヨーロッパ各地で強風
【2013/10/29 20:37】 時事問題
風速40m”欧州各地で強風被害、死者も

 日本シリーズを観ようとしてTVをつけたら、丁度このニュースを報道中でブリュッセルでの様子が映っていたのですが、終盤でコペンハーゲンと出たんでちょっと気になりまして。
 特にイギリスでの被害が酷かった様ですね。倒れた木の下敷きですか。コペンハーゲンの方は飛んできた屋根の破片が頭に当ったとは。何ともお気の毒な…。
 そう言えば2004年にサンフランシスコに行った時、台風が日本を縦断して北海道でも猛威を振るった事は知ってますが、札幌在住の昔の知人が強風に煽られたドアが頭にぶつかって、頭蓋骨陥没の重傷を負った事を思い出しましたよ。一時期意識不明になった物の幸い命に別状は無く無事に治りましたが。

 日本でも最近台風の当たり年で、つい最近も伊豆大島で大惨事になったんで他人事には思えないのですが、ヨーロッパでこう言う台風並みの強風が吹き荒れるのは珍しいのでしょうか? 今年大寒波で空港が閉鎖された事なら有った様な。日本は自然災害の多い国ですけど、いざヨーロッパで起きると途中で遮る物が無いだけに被害の規模が半端無い気がします。(ヨーロッパの自然災害で個人的に一番印象に残ったのはアイスランドの火山噴火。)

 自然災害も事故も運としか言い様が有りませんがどうか皆さんお気をつけて。(今月なら桜塚やっくんの件は結構衝撃でした。事故現場は帰省時に通った事も有るだけに…) 

 コペンハーゲンで遂に地元の知人が出来てしまいまして、来月遊びに来る事になっているんでこの強風で「コペンハーゲンで1人死亡」と聞いて、思わず彼は大丈夫だったのか?!と気になってしまいましたと。(連絡先はダンナが知ってるからそちら経由で様子を聞くか) 

 
 ところで笠松競馬の事故はかなりヤバイね…。調教の度に公道に出なければならない構造もかなり不可解ですが、今年に入って既に3回馬が脱走しているのに、今回は無関係の方が亡くなっていますからね。危機管理意識に問題が有ったと責められても仕方無いですよ。(門が閉まっていても馬が止まらずに激突したり、避けようとしたら転倒して予後った可能性も有るが、少なくとも一般人を巻き込みはしなかった筈。)
 ただでさえ廃止が取沙汰されてるのに、これが止めを刺す可能性も無いとは言えないだけに、余所の競馬場も一般人を巻き込まない様に細心の注意を払って下さい。お願いします。

デンマーク旅行記(8)~チボリ公園~
【2013/10/27 13:27】 海外旅行
 裏門側も派手な本家チボリ公園。コペンハーゲンカードで入場だけは出来ます。
裏口もやたら派手
 1843年開園の世界最古のテーマパークで、かのアンデルセンも足繁く通って童話の構想を練ったそうですが、そんな歴史の有る公園が中央駅の隣りに在ると言うのも驚き。(正確には駅裏口のバスターミナルの向かい) 
ピエロの絵も目立つ
 ただぶっちゃけ中は狭い!! これでもか!!と言う程アトラクションがひしめき合っていて、良く事故が起こらないもんだと心配したくなる位。「花やしき」と異名が付くのも当然です。
 駅側の入場口を入ると既に店が張り付いていて全景撮れないし ̄▽ ̄;
せ…狭い
 絶叫マシンも多彩。「きゃ~~~~!!」と言う悲鳴が外からも聞こえるぞ(笑)^^;
あ~れ~!!
 ちゃんとこうした美しい庭園も在るんですがね~。
美しい庭園も有ります
 「日本」のセクションにて。正面の四重の塔からして不穏な空気を漂わせておりますな。
…日本??
 日本…。
…日本…
 日本…??
日本だと…?!
 どう見ても中国ぢゃねーか!!(笑)
どう見ても中国ぢゃねーか!!
 謎の四重の塔と庭園。この辺りは絵になるね。
妖しい塔と一緒
 アトラクションも狭い事が逆に恐怖感を煽るのか、まるで自分の頭にぶつかって来る様な臨場感が味わえます^^;
頭に降って来る~!!^^;
 自販機の可愛らしさは流石デンマークと言った所。
自販機が可愛い
 まるで中国旧正月のランタンフェスティバルの様な遊歩道を通って行くと…。
ランタンフェスティバルですかい
 レストランが集中している地域に到着。これが最古の歴史を持つ老舗レストラングロフテンですな。地元の方は仕事帰りに気軽に立ち寄って御飯食べて行く事も多いそうだけど、老舗と言う事も有り特に人気の店だそうです。
 *ディナーに行った方の記事
最古のレストラン
 丁度野外ステージショーもやっていました。椅子で無く外の芝生に座って観る分には無料です。しかし何かと中華風の設備が多い所ですな~ ̄▽ ̄;
芝生に座って観る分には無料
 21時前に外に出たけど未だ今から入ろうとする人の行列。いや~凄い人気ですな~。基本4~9月の営業ですが23時位までやってますからね。今頃はハロウィン開園の時期だしまたこの様に賑わってるんだろうな。
21時前でもこんなに混雑
 …以上無料で観られるチボリ公園の様子でした。

 次回は『逓信博物館と衛兵交替式』…と言いたい所ですが、SDカードのデータが吹っ飛んだ箇所(業者に復旧を依頼中だがどうなるやら)なので、特に衛兵交替式に関してはあまり写真が無い事を改めて御了承願います。(逓信博物館は後日撮影済) 

デンマーク旅行記(7)~カールスバーグ<その2>~
【2013/10/24 21:32】 海外旅行
 前回と話が前後しましたがチケット@解説付き。本当は下に赤いビール券が2枚付いていましたが、当然現地で飲んでしまったので現物は有りません(笑)。
 丸い部分は入場許可証となるシールで目立つ所(基本的に胸の辺り)に貼るのですが、ぶっちゃけ粘着力が弱くて回っている間に結構無くします(笑)^^; でも入ってしまえばシールが無くてもOKらしく、随所に邪魔になって捨ててあるシールを拾えば何とかなるなる(笑)。
チケット表
 …途中まで書いてたらビール券付の写真が出て来たぜよ… ̄▽ ̄; 折角解説付き作ったんだから一緒に載せてやる~^^;
これが本物
 ついでに裏面@解説付き。我慢できない人は早速2で飲んでも良いですが、それを抜けて行くと前回紹介した運搬車や厩舎等々が在ります。圧巻のビールコレクションは5の旧醸造所内。ビールが飲める所はこの図では3か所ですが、旧醸造所内に使ってない物も有りました。2階のバーが一番立派でしたね。
裏面@解説付
 前回3の厩舎地区を出た所に有るのがこの人魚の像。本物の1/2レプリカだそうで。1回目(8/20)は普通に展示してあったのですが、2回目(8/23)は丁度100歳の誕生日との事で国旗飾ってお祝い仕様になってました。
誕生日で~す
 100歳のお誕生日おめでと~!! (本家でもイベントやっていたそうですが未確認)
人魚姫さん100歳の誕生日おめでと~!!
 旧醸造所は手前が前回紹介した創業者の像(1階)とボトルコレクション(2階)。1階に戻って奥に入ると先ず在るのがビールの歴史と製造について学ぶコーナー。ビール4000年の歴史かぁ~。
4000年の歴史
 再現ビデオの映像。…幾ら暑いからと言っても乳ほり出すとは…^^; (いや昔の炭鉱でも女性鉱員が乳丸出しで真っ黒になって働いていた様だし恥らってる余裕が無かったんだろう)
乳掘り出して働きます
 海賊が飲んで居たのはこんなタイプか? 当時は未だ冷蔵技術は無かったのでは。
海賊が飲んで居た…みたいな?
 ガラスのジョッキも200年余りの歴史が有るんすね。
ガラスのジョッキはこの頃出来たらしい
 ツボー(ツボルグ)含めたボトルの変化も時代に合わせて何10本か展示されてます。
期間限定ラベル?
 当時のポスターの1枚。幾ら何でもこの幼女がビール飲んでる訳では…(笑)^^; (正しくはレモン炭酸水)
だからこの幼女はビールを飲んで居る訳では…(笑)
 増え続ける数字…カールスバーグは今日も世界各地で飲まれています。
数字が増える一方
 このコーナーの奥は醸造に関する設備等々の変遷を展示しており、ここはビール樽用の釘や金具を生産するセクション。これだけ見るとまるで鍛冶屋ですな。
樽を知る
 仕事の後の一杯。くぅ~五臓六腑に沁みるぜ!!もう一杯(笑)。
美味い!!もう一杯(笑)
 白衣ですよ~。(しかし何をしているか良く解らん…。麦芽の配合でも検討しているのか??)
白衣ですよ~
 実験器具ですよ~。
実験器具ですよ~
 かつては手作業だった醸造も今では最先端技術を導入…醸造は化学…化学と言ったら白衣。世界の酒は白衣が陰で操っているのだ~!!(笑)
醸造は化学…化学と言えば白衣
 さて…お待ちかねのビールですよ~。天気も良いし折角だから中庭のカフェに行きましょう♪
外のバー
 置いて有るのは向かって左からカールスバーグ(スタンダード)、カールスバーグスぺシャル、ツボークラシックの3種。並べてみると結構色が違いますね。大抵のビール同様色が薄い方が飲み易い…と言うか、スペシャルはちょっと癖が有るかと。
色が結構違う
 1回目は昼食が未だだったんで料理も注文。生憎お目当てのスモーブローは品切れだった為、代わりにローストビーフサンドイッチと焼きソーセージにしてみました。
 ソーセージ50DKK(約1000円)はまあこんな所ですが。
ソーセージはまあこんなもんか?
 サンドイッチ@75DKKがでかっ!! (直径15㎝は有ったかと…)1人だとこれだけで1食分足りるのでは?!とゆー位のボリューム!! こりゃ本家スモーブローも期待出来そう?!
殆ど巨大スモーブロー
 とゆー訳でビール好きなら行って損は無い所ですよ~。もっとも小さいコップで1杯25DKK(約500円)はやはり高いけど ̄▽ ̄;

 スモーブローについては後日語るとして…次回は「コペンハーゲンの花やしきことチボリ公園」。

デンマーク旅行記(6)~カールスバーグ<その1>~
【2013/10/22 15:21】 海外旅行
 デンマークを代表するビールメーカー・カールスバーグ(カールスベア)は1847年に創立されました。工場は中央駅から西に2つ目のEnghave駅から歩いて行けて、しかも中は実質自由見学(ガイドツアーも有るらしい)の上、パンフにはビール2杯分のチケットも付いて来るお勧めのスポットです。
 他社のブランド・ツボルグ(ツボー)を買収した現在、国内ではほぼ独占状態と言って良い勢い。世界140か国以上に輸出され40か国に工場を持つ世界で4番目に大きなメーカーです。(日本ではサントリーがライセンス取得)
 しかし海外での人気とは裏腹に国内需要は伸び悩んでいる為、国内生産はユトランド半島のフレデリッシア工場に集約されたとか。ただここで飲めるビールは今でも自給自足している様ですね。
 Enghave駅を出ると程無く工場の煙突が見えて来ますが…。
工場は見えども結構遠い
 …実は結構遠い。目的地に辿り着くまでに徒歩10~15分はかかります ̄▽ ̄; この先を真っ直ぐ行って坂を上って行き、途中フィールドアスレチック公園を抜けたら漸く見えて来る位。
確かこの先をまっすぐ…
 ああやっと着いた…^^;
徒歩15分は見ておきまでょう
 コペンハーゲンカードで入れるのでカードを掲示してビール券付パンフを貰います。(注:その時に貰うシールを胸の辺りに貼らないと入れない決まりになってます。…んで出た後に邪魔になるっつーんで傍の柱に貼り捲られている(笑)^^;)中は工場と言うよりも博物館と言うべきで、昔のビール運搬車や懐かしげなポスター等々が展示されて郷愁を誘います。
昔のビール運搬車

ああノスタルジーかな
 建物は幾つか分かれており中庭でもビールが飲めますが、それは最後の楽しみに取っておくとして先ずは厩舎地区に入ります。
 車が導入される前は馬車でビールを運んでいました。こう言う時に活躍するのがばん馬。やはりばん馬はええのぅ~と思いつつ馬房の馬達を観ているとカッポカッポと言う馬の足音が。丁度運搬馬車巡回の時間でしたか。(しかも馬にバックさせて曲がって行くと言う高等技術…)
ビール馬車は今や単なるアトラクション
 車輸送に変わった今でも昔の様子を再現するべく、こうして適宜運搬馬車のデモンストレーションをやっているのです。(1回目に行った時は馬も馬車も観られたのだが、2回目は馬車どころか何故か馬も全く居なかった)
 仲良しさん可愛い~Vv
仲良しさんVv
 ここは主に馬車の車輪や部品等を作ってメンテする所。
昔の工場を再現
 旧醸造所に有る創業者のJ.C.ヤコブセン氏の像(向かって左)。隣は息子のカール・ヤコブセン。カールスバーグと言う名前は息子・カールに因んで「カールの山」と言う意味なんだそうで。
 後にこの親子の対立が原因で1882年に会社が分裂、新旧カールスバーグ同士で激しい競争を繰り広げますが1906年に元鞘に収まりました。まあこの対立のおかげで品質向上して行ったんだから怪我の功名ですかね ̄▽ ̄;
創業者親子
 んでこの建物の2階には圧巻の世界のカールスバーグのコレクションが!! 所狭しとギッシリ並ぶ世界各地で販売された空き瓶達。
世界のカールスバーグ!!
 …一体何10万本有るんだ…!!
驚異のコレクション
 流石40ケ国の工場で作られているだけ有りますな。(特に中国が力入れてる)…中には棚に入らずに床に置いて有る物も。ガラスケースに入ってるのにうっすら埃が付いてるのは何故?!(笑)^^;
入らなかった…(笑)
 因みにロゴはこんな風に変わって行ったそうですよ。2つ目の逆さ卍に注目。1904年には今のロゴになっていたのですが、第二次大戦中(1940~45)デンマークがナチス・ドイツに占領されていた時はこうだったんですね。
ロゴの変遷
 思いつくままに載せていたら長くなったので続きます。

デンマーク旅行記(5)~水上バスに乗ろう~
【2013/10/21 11:20】 海外旅行
 人魚姫の像の近くに在るゲフィオンの泉。何でもスウェーデン王に一晩で耕せるだけの土地を与えると言われて、4人の息子を牛に変えて鞭でしばきながら、本当に一晩で耕してしまった鬼のよーな伝説の女神を再現した物。
鬼母や…
 この時の土地がコペンハーゲン中心部の有るシェラン島で一種の建国伝説なんですが…牛になった息子達がその後どうなったのか、この鬼母ゲフィオンはそこまでして土地が欲しかったのかよ?!-Д-;と、妙に引っ掛かるモニュメントであります。(脅されて止む無く牛にした訳でも無い様だし…)

 この辺まで来ると駅に戻るよりも水上バスを利用して街に戻った方が便利。Nordre Toldbodと言うバス停に向かいましょう。
 注意すべきはあまり本数が多くない(大体30分に1本)事と、街に戻るなら991番離れるなら992番に乗るべきな事。(993番と言うのも有るんですが極短い区間運行らしい)
水上バス乗り場
 水上バスと言えばブリスベンを思い出すんですが、あちらが蛇行した川を通るのに対しこちらは実は海の上と言う点が大きく違います。周囲の眺めを堪能すべく全線乗っても良いですけど、起点・終点共駅やバス停から離れて居る為、土地勘が無いなら素直に折り返して街中に戻る方が良いかと。(実際に自分が乗ったNordre Toldbod~Det KgL(Kongelige) Bibliotek間が観光地)
 バスはこんな黄色いフェリーになっていて、前面の板が開いて乗降します。
前面が開きます
 クイーンエリザベス号さんさよなら~。
クイーンエリザベス号さんサヨナラ~
 夏場の天気が良い時は本当に目の保養になりますな~´▽` 何故か軍艦発見。
軍艦と風車
 その傍に潜水艦。
その傍に潜水艦
 オペラハウスに発着する別の水上バス。対岸はバスも一応在るんですがちょっと解り難い為、水上バスは沿線の通勤通学路線としても重宝されています。
オペラハウスと水上バス
 バス停と言うよりも乗船場は水中に浮いていて揺れるので足元注意。
揺れるバス停
 何やら芸術品が飾ってある様子。
砂の芸術展だか何かやっていた
 丁度砂の芸術展(正式名称失念)開催中でした。
砂の像
 今回はニューハウンを通過して隣りのDet KgL(Kongelige) Bibliotekで下車。眼前に広がるのはバス停名でも有るデンマーク王立図書館・通称ブラックダイヤモンド。(バスからも見えるが如何せんガラスが汚くて写真がイマイチ ̄▽ ̄;) 図書館をこう言うデザインにするのは中々斬新なアイディアですな~。
ブラックダイヤモンド
 ここからバスで中央駅に戻ってカールスバーグに行くのですが、長くなったんで代わりに水上バスの光景を何点か紹介しておきましょう。船好きは観てて飽きないと思いますよ~。
実は海なのである

帆船
 回送中の船。確かニューハウンでミョーに盛り上がっていた連中が居たのだが、何かのイベント目的で船借りてたなぁ…。ニューハウンは別途取り上げますが盛んに船が発着してます。
貸切?の船
 …日本人も乗るんだねぇ…(笑)。
何故か日本まで(笑)
 では次回カールスバーグでビール三昧(笑)。

デンマーク旅行記(4)~噂の3大がっかり名所(笑)~
【2013/10/17 16:00】 海外旅行
 動物学博物館の次はカステレット要塞&人魚姫の像。ここからだと一旦Nørreport駅に戻りS-togで隣りのØsterport駅から歩く方が手っ取り早い。

 カステレット要塞と言うのは中世ヨーロッパで一時期流行った星形の要塞で五稜郭もパクリその類ですね。コペンハーゲンは海に面しているので外国からの侵略を避ける為に作られたのです。ヘルシンキのスオメンリンナと同じですな。
 もっともこの様な構造は上から見ないと判らない訳でして。
上から見るとこんな形
 正門から入っても周囲を緑の壁が囲ってる様にしか見えません。
陸側の出入り口
 因みに要塞の周囲は堀になってまして各種水鳥が集まって来ます。これぞ「本物(国鳥)」のコブハクチョウ!!
これぞ本物のコブハクチョウ!!
 丁度正午だったんで警備兵の交替式も観れました。
警備兵の交替式
 どう見ても要塞部分は単なる緑の壁…。(登って歩く事も可能)正門の傍に砲台が有った様な気がするんですが、昔の面影は殆ど無く今では公園として市民の憩いの場になってます。
単なる壁である…
 ここを横切ると港が見えて来ます。
港に出る
 …ふと左手に巨大な客船発見。…ん??
何やら巨大な船が
 クイーンエメラルダスもといクイーンエリザベス号だと…!!@_@;(初代は火災を起こして沈没後、残骸も解体されたので正確には2号)
クィーンエリザベス号だと!! 
 でかっ!!船と言うよりも最早ビル!! 近くの建物よりも高いやんか!! こう言う豪華客船に乗って何10日もかけて、世界各国を回れる人が世の中には本当に居るのですなぁ… ̄▽ ̄; 私はどうせやるなら鉄道の方が良いけど。
近くのビルと比べてみよう
 停泊中に見学ツアーをやってた様でしょっちゅうバスが行き来してました。
見学ツアーもやってるらしい
 いや~予想外に良い物を観てしまった…´▽` とゆー訳で来た道を戻ってこれが噂の世界3大がっかり名所・人魚姫の像ですよ!!
これが噂のがっかり名所(笑)
 ふむ…確かに意外と小さいかな…。(高さ1.25m)しかも背景が港湾地帯なんでパッとしない。
成程…ロケーションがねぇ… ̄▽ ̄;
 でも観光客には大人気Vv この健気な人魚姫の像が何故再三受難に遭わねばならないのか理解出来ん ̄_ ̄# 信じられない事に台座の岩が爆破された事も有ったそうですよ。リア充でないのに何故爆発されないといけないのだ?!TДT;
でも大人気
 さて…この後は水上バスに乗ってカールスバーグ(カールスベア)でビールを飲むのだ~!!

復活膝枕(笑)
【2013/10/15 11:15】 ハーロック@松本零士
 通販用に久しぶりに作った便箋。
結局これが一番お気に入り…
 日付は昨日になってますが実は2/9に作ろうとして何故か途中で放置して居た代物^^; 同人グッズで便箋は定番の1つでしたけどメールが主流の今では売れる筈も無く。自分も手紙を書くのは殆ど通販の時だけになってしまいましたし ̄▽ ̄;

 絵自体は3年前に自分の誕生日祝い用に描いた物ですが、クオリティはさておきシチュエーション的には、これを超えるお気に入りが未だに出て来ないのが何とも^^;

 映画版の絵で似た様な絵を描いてみたい気もしなくもない。しかし今回の絵柄は自分の絵と相性が悪いので確実にアレンジ入るな。

ハーロックにVシリーズを見た(笑)
【2013/10/12 00:02】 ナノセイバー・恐竜惑星・ジーンダイバー
 本来ならこれはハーロック@松本零士でやるべきネタなのですが、映画を観ていてチラホラVシリーズを髣髴させるシーンが有ったんでここで取り上げます。
 まあハーロックとVシリーズどちらも知ってる人は殆ど居ないだろうから、こんな事を指摘出来るのも私だけだろうし。

 先ずは今回のハーロックは従来のキャラデザよりもやたら複雑なオプションが付いてて、ただでさえ描くのが大変なのに余計に面倒腕輪が着いてるんですが…何かに似てませんか?
ギラグールな腕輪
 …私ゃこれを思い出しちゃうんだが(笑)。(アニメはもっとシンプル)ギラグールが着けていてもおかしくないデザイン。腕輪キャラなんて沢山居るんだろうけど、自分の認識では何故かギラグールのイメージなんで(笑)^^;
猟兵さんの腕輪とかも
 そんでもってハーロックが親友トチローの精神が入ったコンピューターと会話する所。巨大樹を髣髴させる有機的なイメージ。
スネーカー+宇宙の眼??
 ここは従来ならこんなデザインなんで完璧別物と化してる訳ですが…。
やはりこのイメージが強くって…
 赤い目玉と巨大樹の様な脚と言うかパイプはまるでスネーカー+宇宙の眼?! スネーカーの目玉に宇宙の眼の脚を着けたらあ~ら不思議(笑)…と思うのは私だけ?!^^;
目玉はスネーカー?
 宇宙の眼自体恐竜の脳を利用したバイオコンピュータですからねぇ…。
なんとな~く脚がそれっぽい?
 ついでにこのハーロックは見た目はともかくハーロック史上最大のヘタレで、「自分の犯した罪(地球をブッ壊した)に耐え切れず、クルーをだまくらかして宇宙を終わらせようとしやがる(この辺が往年のファンに最も叩かれている所)」のですが、この「宇宙が終る」概念はまるでナノセイバーのクオンを髣髴させます。

 いや強志はたった独りでクオンを治そうと孤軍奮闘していましたよ?! 恵が惚れるのも当然ですよ!!(確信)
前向きだった強志は偉い!!
 まあ映画を観ていてこんな事を思っちゃいましたとさ(笑)。もっと掘り下げたくなったらあっちに投下します。

デンマーク旅行記(3)~動物学博物館~
【2013/10/10 11:19】 生物全般
 海外に行く時はそこにどんな鳥が居て、自然史系博物館が在るならオオウミガラスの有無を確認するのが私のジャスティス(笑)。当然早速今回最大の目的地コペンハーゲン大付属動物学博物館に行くのさ~。
 ここは意外と行く日本人が少ない様で(とゆーか旅行記書いてる人が殆ど居ない)、当初街中の国立博物館と勘違いしてましたが、若干郊外とは言え実は直線距離なら中央駅のほぼ真北に在るのです。
距離だけなら案外近い
 「行先案内」に因ると色んなルートが出て来ますが、最も解り易いのは中央駅起点としてS-togでNørreport→150SバスでUniversitetsparken下車と思います。片道30分もかからないし。(ホテルが中央駅近辺で無い方は各自調べて下さい)
 尚、Nørreport駅は現在大工事中ですがバス停までの表記はちゃんと有るので判るかと。

 …んでまあ最寄りのバス停で降りると大体真正面の道先にこんな体育館みたいな建物が見えて来ます。
動物の絵が入った体育館的な建物
 開館は基本10時からですがこの国(ドイツもその様だが)は結構子供達の野外学習に力を入れているらしく、小学校低学年生達を引き連れた先生も来てたんで、そちらの入館が済んでから入ると奥に売店兼チケット売り場が有ります。
 この博物館は6階建てですが一般公開しているのは5~6階なので、ここでチケット購入(コペンハーゲンカードの場合はチェック)してエレベーターで昇る必要が有るのです。

 到着してすぐの古生物コーナーにて始祖鳥発見。化石は例によってベルリン標本のレプリカですが、復元模型はメルボルンと違って地味ですな~。化石自体は基本同じでも復元模型の違いが出るのはこれはこれで面白い。ネタが貯まったら何時か纏めてみようっと。
ここの始祖鳥は黒いのね
 しかしその後はウシ・シカ・マンモスと言った巨大生物の展示中心。何故かこう言った化石の展示は薄暗い事が多い為上手く写真が撮れないのが残念。
薄暗くてピントが合いにくい
 そこを抜けるといささか保管庫的な剥製展示コーナー。
シンプルな展示
 結構飾り気無くて実用本位な方針か?
保管庫も兼ねてる??
 下には制作中の標本も有ったりして。
未だ制作中だったりして
 大学付属だからこんなもんかとお思いでしょうがここを抜けると様子が一変します。
ここは結構工夫してます
 カラフルな球体やまるで本物のジャングルに居るかのような効果音。幻想的且つ臨場感に溢れたお勧め空間です。
カラフルさが幻想的ムードを醸し出し
 この様にまるで生きてるかの様な展示すら有ります。
効果音と共にまるで生きてる様な
 お~大学博物館でこんな工夫している所って私の知る限りでは中々無いっすよ。(ベルリン自然史博物館はフンボルト大学付属ですが、旧東独に在るせいか意外とシンプルだったりする)
 そして水棲生物(だったっけか)?の通路を通って行くと…。
海洋生物のコーナー?の先には…
 居たぞ!!オオウミガラスが!!
居たぞ!!居たんだぞ!!>▽</
 よしっエルさんを連れて来た甲斐が有った!! 早速記念写真だ!!(笑)>▽</
よしっ早速記念写真だ!!
 デンマーク語でこう言うのか。ドイツ語ならRiesenalkですね解ります。まあ基本は英名のGreatAukに相当する言い方が多い中、デンマーク語表記はアイスランド語のgeirfuglに準じると。
デンマーク語でこう言う
 やはりと言うか案の定冬羽標本と組織の一般展示は無しか… ̄▽ ̄; フツーに撮影OKな割に同じ画像しか見つからず、誰も写真を載せる人が居ないと思ってたから予想通りですが。そりゃそうだろう世界で唯一なんだから。でもベルリンみたいに本物を置いてくれても~ ̄З ̄;
オオウミガラス冬羽
 後気になったのが近くの近縁種の剥製と質感が違う所。
近縁種と質感が違う…
 どうも妙にのぺ~としてると思ったらどうやらこれはレプリカの様です。確かにオオウミガラスの絶滅に止めを刺したのは剥製目当ての博物館だったし、絶滅後高騰したせいで偽物が出回った事が有るんですよね。某博物館で御自慢のコレクションとドヤ顔で展示していたら実は殆ど偽物だったなんて話も有った位だし。
 しかしここの場合は本物は非公開で公開用に別に作った…と思いたい ̄▽ ̄; 

 とにかくオオウミガラスが観られたのは事実なので気を取り直して他の展示。大部屋の大ギャラリー。
パノラマ展示のコーナー
 パノラマで撮らないと臨場感が伝わらない見事な展示ですが、良く見ると古生物は有っても所謂恐竜の類は居ないんですな、ここ。(始祖鳥と一緒に小型恐竜をちょっと置いてる程度)
実は恐竜がいない
 その後人間と関わる動物達のコーナー。何故美味しそうなパンのレプリカが??と思ったら、それにたかるハエ達をクローズアップしていたと言う^^; 他にもゴ(略)含め害虫達がうじゃうじゃ。 *閲覧注意
閲覧注意
 苦手な方もいらっしゃるから割愛しますが、海外の自然史博物館って結構こう身も蓋もないよーな或る意味グロ展示を平然とやりますな~ ̄▽ ̄;
 こちらは公園の動物達。
公園に来る動物
 ゴミ箱を漁るキツネが可愛いVv
可愛い
 とある魚屋の光景。キジは売り物ですか?
キジは自前ですか?
 考える人に見立てて人体に着く寄生虫その他の展示。人間って毎日風呂に入ってても意外と不潔よね^^;
人間って案外不潔^^;
 …とまあ主な展示物を取り上げましたが、中は結構コンパクトなんで1時間位で一通り回れると思います。

 因みに1階の売店で売ってるグッズはあまりお勧め…とは言えません ̄▽ ̄; ぬいぐるみは高い以前に日本人の好みに合わないし、せめてパンフだけでもと思ったら異常に豪華な物しか売って無くて持ち帰るのに不便だし。とある鳥類図鑑のデンマーク語版が目に留まったがぶっちゃけ日本語版持ってるし(笑)。
 まあ絵葉書レベルならお手軽で良いかな?と思いつつも、あまりの物価の高さに結局何も買わず^^;

 でもコペンハーゲンカードが有ればたたで入れますし自然史系に興味が有る方なら絶対にお勧めですよ~。

 次回は時系列順ならあの「3大がっかり名所」人魚の像周辺ですかね?(笑)

デンマーク旅行記(2)~交通機関の使い方~
【2013/10/08 12:19】 海外旅行
 ・主要観光地地図

 行きたい所は決まっても実際にどうやって行ったら良いのか初めての街では迷う物。コペンハーゲンの街中はコンパクトに出来ているので、主だった観光地は歩いても結構行けますが、効率良く移動するにはやはり公共交通機関を利用した方が賢明です。

 そんな時に役立つのが以下のサイト。尚、事前に行きたい場所の位置や具体的な交通機関を把握する為にもこの地図は非常に役立ちます。最寄りの電車・地下鉄は勿論バス路線まで書いる優れ物。無料の地図を配布している観光地は多々有れど、バス路線まで詳細に書いてある所はそう無いと思います。(事前に調べてさえおけば移動中に旅行ガイドは不要な位)

 ・行先案内 
 1. 直接出発地と行先と日時を入力して「Find Journey」をクリックすれば候補のルートが出て来ます。
こんな調子で
 位置が良く解らない場合は下の「Find your staring or end point on a map」、より詳細に知りたいなら「Advanced options~」をクリックして指定する事も出来ます。入力は英語で入れて行く内に予測候補が出て来ますが、マニアックな場所なら諦めてデンマーク語で入力しましょう^^;
 2.表示されたルートの「SEE MORE」をクリックすると具体的なルートが出て来ます。
こんな調子で2
 しかも路線のリンク先で途中の停車駅(停留所)が全部判るし、「See all stops for this route」をクリックすればその路線全部の停留所が判るので、途中で乗り換えて別の所に行きたい時の目安にも使えます。更に「Show Route on map」で乗り換える場所まで出て来ます。場所の様子を知りたいなら「See more」でGoogleストリートビューで確認出来ます。

 うむ…これは非常に親切設計。ぶっちゃけドイツよりも解り易い。(ベルリンIIの時に語ると思いますが英語版では出て来ないルートが有る為、結局ドイツ語版で調べないといけない事が多々有った…)

 惜しむらくはこのサイト…特定の路線の停留所やルートは判っても路線全体の時刻表が判らない所。私の様に先ずバスの時刻表を確認してから全体のプランを練りたい方にお勧めなのが…

・movia(デンマーク公共交通機構)時刻表検索

 前述の地図等で予め路線が判ってさえいれば、「Køreplaner」の空欄(Indtast linjenummer)に路線番号を入力し「SØG」をクリック→「DOWNLOAD KØREPLAN」でPDF形式で時刻表が出て来ますんで、後は印刷するなりメモるなりお好きにどうぞ。

 尚、鉄道に関してはデンマーク国鉄で確認出来ますが、個人的には路線さえ判れば上の「行先案内」で済むと思います。
 ・S-tog(近郊区間)路線図
 ・地下鉄路線図

 街中は結構頻繁に運転してますから路線を把握したら、後は「何分おきに出て所要時間何分」が判れば充分かと。(山手線のダイヤを細々確認して乗る人はまず居るまい) 但し郊外は20分おき等になるんで要事前確認。

 とゆー訳で次回『動物学博物館』。内容的に生物全般の方が相応しいと思うのでそっちで。従って海外旅行では番号が飛ぶ事を予め御了承下さい。

通販特典案内
【2013/10/06 13:36】 ハーロック@松本零士
 …やっと御詫びの通販特典がほぼ完成した(後は微修正程度)なので、そろそろ通販受付を解禁したいと思います。まあ大して注文も来ないくせにここまでしなくても良いよーな気がしなくもないですが一応自分のけじめっつー事で ̄▽ ̄;

【特典A】:ハーロック&ミーメ              【特典B】:ハーロック&トチロー
特典A ハーロック&ミーメ 特典B ハーロック&トチロー
 実際のサイズは2L判サイズ(12.7X17.8㎝)または葉書サイズ(10X14.8㎝)を予定しております。当初葉書サイズのつもりでしたが元の絵がB5なんで、折角なら大きい方が良いかな~と思いまして。特にサイズの希望が無い場合は先着順に2Lで対応させて戴く予定です。

 既刊の紹介は以下のリンクを御参照下さい。

『茨の道も半歩から』
『宇宙ふれあい飲み歩き』

 2冊セットの場合はA・B両方同封しますが、片方の場合はどちらが御希望か明記の上御申込み下さい。(特に指定が無い場合はこちらで判断させて戴きます。)
 完売の心配はございませんが初版以外は原則受注生産の為、発送まで或る程度かかる事を予め御了承願います。(目途が立った時点でメールでお知らせ致します)


 自分的にはBが一般向け、Aは趣味全開とゆー感じなんですがね(笑)。Bはベースとなるネタが有ったから比較的すんなりと描けたけど問題はAの方。
 ハーロックの表情が気に食わず、ほぼペン入れが完成した時点で大幅に描き直しただけでも相当のロスなのに、彩色中椅子のデザインが間違ってる様な気がして、とあるイラストを見つつ描き直したら、実はそっちの方が間違っていた事が発覚し、旧TV版のキャプを探し捲って更に描き直す…とゆー事態に-Д-;
 ああ…疲れたよパトラッシュ…なんだかもう眠いんだ…(笑)^^; 


 話変わって例の映画10/2にもう1回観て来ました。レディースDAYを活用するなら最後のチャンスと思いましてね。前回貰えなかった海賊認定カードは単に渡しそびれていただけだった様で入場時にその旨言って2枚GET。(サントラは昨日届いた分)
 先着30万名と言ってたが私の分がNo.200298/200299だったつー事は、21万人も入らなかったって事よね? ̄▽ ̄; ネットで「在庫余り捲り」と言ってたのは本当だったんだな。
サントラと認定カード
 まあ全体的な感想としては「着眼点としては面白いけど料理の仕方(脚本)が致命的に駄目」とやはり思いますねぇ。 
 随所でヤマハーネタが思いつく自分が嫌(笑)になる程やたらBL要素が強いけど、趣味的には終盤のハーロック&ミーメが全て持って行ったと感じる私は、幸いにして(笑)そちらの属性が無い様です^^;

 極端に言わせて戴くと「腐」の属性が無いとこの映画絶賛出来ない気がします ̄▽ ̄; (それ以外なら「3DCG凄い!!」辺りか?)
 確かにヤマハーを中心にハーロック総受けとしか言い様が無い。マスク姿が拘束具みたいだと一部の方が漲ってましたが(笑)、まさかそれ以上に鎖で緊縛を公式で堂々とやっちゃうんだから(笑)^^;

 対する「ハーロックは(劇場版999みたいに)常にカッコ良くないと駄目」「声は井上さんしか認めない」と言う方々には非難轟々。と言うか最早黒歴史レベルで叩くか無視される傾向が強いと。
 「1つでも許せないと全てが駄目」と言う方と、「全体的に駄目でも1つが許せるからOK」と言う方、一体どちらが幸せなんでしょうね。
 勿論原作の「思い出は俺の心の中にしまっておく ここが一番安全だ」もまた真理。“永遠の男”の痴態が世間に曝されるのは耐え難いもんな。

 私の様な「漫画・アニメ問わず過去のハーロック作品を一通り見た」為か、「絶賛は出来ないが徹底的に叩く気にもなれない」とゆー中庸派の立場からすると、予備知識無でも「話が解り易くて面白い」と言う人と、「話がさっぱり理解不能」と両極端だったりと、同じ作品なのに意見が真っ二つと言うのは中々興味深いんだが。(ガッチャマンはほぼ否定的意見しか聞かないのに ̄▽ ̄;) 

 絶賛派の中ではヤマハー圧倒的優勢(次点で鉄板のトチハー)の中、多少のハーロック&ミーメ派が出て来たから徹底して貶す気にはなれんのですよな。

 それに今回が初見のファンもこれを切欠に昔の作品に興味を持ってくれてる方が少なくない訳で、何だかんだ言ってもハーロックで盛り上がるのは嬉しいのだよ。こちとら年季が入っているから新入りに色々教えてあげられますし(笑)。
 流石に10数回観に行く様な強者にはなれませんが、資料目的も含め関連書籍とサントラは買ってますんで、何だかんだ言っててもそれなりに養分になってるっすね(笑)^^; 

 サントラは映画を観ている時や試聴では好みだったんだけど、纏めて聴くと結構似た様なフレーズ(テーマ曲のアレンジVer.)が多くてちょっと飽きて来るかなと ̄▽ ̄;
 パンフは他作品と比べて突出して高い(劇場価格1000円)ですが、その分ほぼ資料本として使えます。
 同様にコンセプトアートブック。高いのが難点ですが映画本編の絵よりもこっちの方が好きですな。3DCGにする前の原型と言うか設定資料みたいな物ですが、イラスト集としてもクオリティも高いし、しかもインタビューで衝撃の発言が!!(笑)
  

問題発言(笑)
 …やはり腐女子向けだったのか~~?!(笑)^^;

 そう言えばプライズの例のフィギュアは出雲にも導入されたんですな~。
例のフィギュアが有った!!
 出来は相変わらずビミョーだけど ̄▽ ̄;(プレイアーツの物に比べて脚が短い)中に7箱位入ってたけど実質取れる場所に有るのが1箱だけだったんで自分は絶対無理と判断^^;
しかしやはりビミョー^^;
 金額を気にしないならこちらの方がクオリティは圧倒的に良さそう。Amazonで予約開始しても結構瞬殺されてるし、やはり興味持つ方は少なくない様ですな。つくづく映画本編の宣伝戦略を誤ったとしか思えんよ ̄_ ̄;

 やはり映画のツッコミ本は出したい気は有りますな…。問題は売る場所が無いからとらのあな辺りで拾ってくれないとお手上げって事ですが-Д-; (実現したらオフかオンデマンドになるかも)

 ちょっと映画版の絵を練習してから考えます。ぶっちゃけ今回の絵柄は自分の絵とは相性が良くないんで、従来の絵にアレンジした感じにするでしょうけどね。 

デンマーク旅行記(1)~基礎知識~
【2013/10/03 12:26】 海外旅行
 既にベルリンIIのおかげで記憶が薄れそうになっていますが取り敢えずボチボチ始めます。北欧5か国の中で「客観的」に言うならやはりデンマークが一番お勧めでしょう(「主観的」には勿論フィンランド(笑)。)消費税25%も有る為物価が高い(日本の2倍位)事に耐えられるならと言う条件付きですが、流石アンデルセンを生んだ国だけ有って、随所に童話を髣髴させる建物が目の保養になります。
 特にニューハウンは是非行っておくべき。アンデルセンが住んだ家も在りますぜ。
やはりニューハウンは見ておくべき
 とは言えかつてはノルウェー・スウェーデンも支配していた巨大王国も、今や自治領のグリーンランドとフェロー諸島を除けば本土の面積は北欧で最小。どれだけ小さいか地図で見ると良くお解りでしょう。
う~む小さい…
 しかも首都・コペンハーゲンは本土最大のユトランド半島では無く、完全島国でも無いのにシェラン島に在ると言う変わりっぷり。東側は僅か数㎞でスウェーデンだし、ユトランド半島を南下するとドイツだし…と、行く事が決まる前から不思議な領土の国と思ってましたね。
ドイツとスウェーデンに挟まれて~
 それと同時に何処かアムステルダムっぽいと思ってたのですが、実際コペンハーゲンと共通点が何かと多いのです。 具体的にザッと気が付いた所を挙げると… 
 ・女王に拠る王国(オランダは今年戴冠式で変わったが)
 ・平地が多くて自転車が優遇されている
 ・水上交通が発達している

 
 実際両方行った人に言わせると「綺麗なアムステルダム」なんだとか^^; 「綺麗な」と言うからにはあちらはそんなに荒れてるのかい? ̄▽ ̄; 確かに中央駅の近くに「飾り窓地区」と言う合法売春所とか、コーヒーショップなる合法ドラッグ屋が在ったりと、怪しげな雰囲気を漂わせていると評判ですからね ̄▽ ̄;
 もっとも全体的に治安は良いと言われているこちらだって、クリスチャニアと言う怪しげな自治区が在るんだけど。
 異様な雰囲気だった…^^;
 ただ交通網は結構発達して使い易い方で、カストラップ・コペンハーゲン空港から街中に行く時も、実は海の上を行くのにまるで川にしか見えない近距離感を味わえます。
 実際気が付かない内に着いてしまうし~(笑)^^; 空港からのアクセスは近郊電車S-tog(エストー)・地下鉄・バスのどれでも良いですが、何故か地下鉄はコペンハーゲン中央駅を通らないので、コペンハーゲン中央駅近辺に泊まる方はエストー推奨。
 デンマーク国鉄はこの様な正面がゴムになってる車両(衝突防止用)を良く見かけます。(実際に乗ったのはオーフスに行く長距離電車だったが)
デンマークの代表的な車両
 中央駅。8月のコペンハーゲンは日没が21時頃です。(写真は20:24)その代わり冬が長いのであちらの人達は短い夏を謳歌します。
8月は21時頃まで明るい
 デンマーク最大の駅なのに駅前にチボリ公園が在るのもちょっと驚き。(写真は駅と反対側) 倉敷の日本版はとっくに潰れましたが1843年開園の本家は健在です。但し基本4月~9月の営業で後はハロウィーンとクリスマスの時期しかやっていません。(後日紹介するけど中々カオスな空間になっていて「デンマークの花やしき」と言われている(笑)^^;)
チボリ公園は派手(笑)
 んで物価の高いデンマークで観光するならコペンハーゲンカードは欠かせません。お値段は24時間券で299DKK(6000円弱)しますが、これ1枚で殆どの交通機関と多くの博物館・美術館の類が概ねただで使い放題です。
 実際あちらの交通機関はゾーンが異常に細かく設定されており、ゾーンをまたぐ時は料金を合算するんですが、ぶっちゃけ外国人が暗記出来るレベルではないんで、或る程度移動するつもりならこっちを買った方が遥かにお得と言う訳です。メルボルンのmykiよ…ちっとはコペンを見習え!!-Д-;

 因みにこのカードはネットでも購入出来るので、大抵は空港ターミナル2のインフォメセンターで受け取ると思われますが、その時に貰うガイドブックよりもぶっちゃけこちらの地図の方が遥かに使えます。旅行ガイド等で行きたい所をチェックしたら大体この地図で回れる位だし、カードを受け取るついでに入手しておきましょう。(私は事前に印刷しておいて中央駅のインフォメセンターで入手)
 空港のインフォメセンター。
基本はここで受け取ろう
 と言う訳で一応時系列順に紹介しておきます…って早速オオウミガラスだったりする?!(笑)




サイドメニュー ×
メニューA  メニューB