のよのよ in Zの悲劇?!
鳥全般・海外旅行・ばんえい競馬・アニメ&漫画etc.…ニッチな情報提供も目指します。

最近の記事 ×

プロフィール ×

Pin

Author:Pin
出身:福岡県。長年住んだ出雲から佐賀へ移住の白衣好き主婦。
趣味:同人活動ではハーロックに原点回帰。(他にナノセイバー・恐竜惑星・ジーンダイバー)、ばんえい競馬、鳥関係全般、(科学者用)白衣等々。海外に行った時は旅行ネタ多目。


カテゴリー ×

月別アーカイブ ×

最近のコメント ×

最近のトラックバック ×

FC2カウンター ×

カレンダー ×
06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


新刊制作速報2
【2014/07/31 12:15】 ハーロック@松本零士
 後書きのカット。
力量がモロに出るね
 リブートの作画が大変なのは描き込みが異常に多い上に、体のラインが結構露わなのでちょっと線が狂うと全然印象が変わる為、修正量も半端無い所ですな-Д-;

 しかも襟やベルトの描き方もこれまでとはかなり違う為、永年の癖を一旦矯正して描くから益々時間がかかるT∇T;

 メインのシリアスはハーロック&ミーメ視点の割に、それ以外のギャグでは意外とミーメが出て来ない…しかし出た時には結構ハーロックをおちょくる(笑)。ハロミメと言うよりもミメハロの方が正確かも知れない。

 ネタは他にも有りますが当分更新しても修羅場中故こんな感じでスイマセン。


【お知らせ】
 現在手持ちの在庫が全て品切れになっております。既刊は受注自宅製本の為完売の心配は有りませんが、発送に時間がかかる可能性が有ります。
 新刊と合わせての御注文はお受けしますが、再三言ってる様にベルリンIIIと引っ越しIIを控えている為、直接通販を御希望の方は早目に申し出るか、引っ越し後落ち着くまで気長に待つかでお願いします。

 そんなに待てない!!と言う方はとらのあな通販を御利用下さい。

新刊表紙絵(未だ線画のみ)
【2014/07/27 11:32】 ハーロック@松本零士
 相変わらず制作が難航していますが表紙のペン入れがほぼ終了。
表紙線画
 構想自体は年明け早々に決まっていて、その時に何も見ずに描いたラフを修正し捲りました^^; 頭でかい&肩幅狭い^^;
初期ラフ
 背中を向けて手を握り合ってるのは愛が再燃してから初めて描いたカラー絵を思い出すなぁ~。
これを思い出す
 しかしリブート絵は描き込み半端無くてマジで手間がかかる-Д-; これが従来のハーロック本だったら同じ頁数でもう出来てるよ ̄▽ ̄;

 さて…只今ペン入れの修正中なので未だ中身を公開出来る段階では無いのですが取り敢えず確定情報。

 『背徳の宇宙海賊』 B5 オンデマンド 44P 直接通販価格〒込700円
 *とらのあな委託分は本体価格+手数料


 賛否両論のリブート版ハーロックのツッコミと補完を試みた本。前半はツッコミと称したギャグ、後半の表題作シリアス『背徳の宇宙海賊』は、映画で説明不足且つ納得の行かなかった部分を大筋は変えずに改変してみました。

 今の所8/20頃発行予定。直接通販の方が手数料がかからない分安くつくので、既刊含めて御希望の方はこちらの方が良いかと思います。
 但し、9月にベルリンIIIと引っ越しIIを控えている為、直接通販御希望の場合は8/20までに予約、8/25までに入金を済ませた方のみ引っ越し前(目標ベルリンIII前)発送、それ以降は引っ越し後落ち着いてからにさせて戴く予定です。(引っ越しは10月になる可能性有)
 それまで待てない!!と言う方はとらのあな通販をお勧めします。
大半はあちらで売ります。

 完成の目途が立ったら更なる情報も掲載しますので何卒事情の程御了承願います。

さらば島根
【2014/07/23 23:46】 お知らせ
 今日いきなり聞かされたのですがダンナの異動兼昇進の為、9月末(予定)に佐賀市に移る事になりました。元々双方の実家が福岡だし、年老いた親が心配なのでいざと言う時の為にも福岡に帰りたいとは思ってましたが、隣りの県とは言えまさかこんなに早く機会が訪れようとは。(ダンナの実家だと片道7~9時間が1時間半位に縮まるのでこの差は大きい)

 とゆーか5月に引っ越したばかりなんですけど!! 前回は大家の都合ですぐ近くに移る羽目になった物の、生協の配達で週に1回旧居に通ってるし、普段利用する店も電話番号も元のままなんだけど、今度は他県なので全部変わってしまう訳で。
 幸いにして引っ越して未だに箱に詰めたままの荷物も多い為、前回よりは若干荷造りの手間が省ける…かも ̄▽ ̄;

 ダンナの方は今の職場のと兼ね合いで暫く佐賀と島根を行き来する可能性が有る様ですが、私はもうこちらに来る事は無いのではないですかね。

 9月はベルリンIIIが控えているのですが、10月のパリがお流れになったのはこの異動も大きな理由だった様です。

 しかし年に2回も引っ越す羽目になるとはな~。短かったな~今の家 ̄▽ ̄;

 これでイオンモール出雲の完成を見る事も無く、出雲トキもウミネコもマナさんともお別れか~。12年あまり住んでたが振り返ってみると意外と短かったな~。

 なのでベルリン旅行記IIIはかなり滞る可能性大。ハーロック本に関しては新刊はとらのあなにお願いするとして、既刊含む自宅通販にも支障が出そうです。
 う~んこれまで奥付に住所書いてたんだけど、これからはブログのURLとメアドだけにしておこう。 

ハーロックの新連載だと…!!
【2014/07/20 21:39】 ハーロック@松本零士
 チャンピオンRED次号予告を見て「何だと…?!」と思ってしまいましたよ。
遂に公式コミカライズが!!
 何と!!来月号からハーロックのコミカライズ新連載!!そんでもって松本先生の新作読み切りも同時掲載!!

 …やべぇ…凄い漲って来た…(笑)。
 実は今は亡きコミックボンボンでSSX連載の話が有ったのですが、結局実現せず代わりに別の絵師に拠る読み切りが1回載っただけでした。
 代わりに海外ではオリジナルストーリーのSSXの単行本が出ていたらしく(しかも物野正以外は結構上手い)、日本語版でも発売しろ!!と思いましたよ。

 そんでもってヤマト2199のコミカライズが始まった時、滅茶苦茶羨ましくて「畜生…何時か上手い人が描いたハーロックの公式コミカライズが読みたい…」と悔しかったんですよね。いや、SSXの連載がポシャった頃からずっときちんとしたコミカライズが読んでみたかったのです。同人では無くて公式で。

 本当は松本先生自身が描くのが望ましいのでしょうが、正直今の先生は画力の劣化が激しくて新作を見る度にため息をついてしまうので、遂に永年の悲願達成!!やっと自分の時代が来た~!!>▽</と小躍りしています。

 賛否両論のリブート設定だと複雑な気分ですが、この絵を見る限りでは旧アルカディア号だしその辺は安心して良いでしょう。寧ろ同時掲載の先生の読み切りのクオリティの方が心配 ̄▽ ̄;

 ただ一般的にはコミカライズってオリジナルより劣化している事が多い為、肝心の内容は読んでみないと判りませんね。絵自体はこのレベルを維持してくれるなら問題無さそう。

 それにしても同じやるならリブート公開の去年に何故しなかったのでしょう? 今更感が甚だしいのですが何か企画が動いているとか??

 チャンピオンREDは創刊号にブラックジャックの単行本未収録が載ると聞いて、本屋で見たら袋とじだった上に他の連載が全く読む気になれず結局買わなかった雑誌なんですがね^^; (その未収録は後に文庫版に載ったのでそっちを買った)

 でも買うよ自分は。連載が続く限りは。どの程度続くかは知らんがファンが納得する様な内容で有ります様に。

新刊制作速報
【2014/07/18 22:04】 ハーロック@松本零士
 ただでさえハーロックは描くのが大変なのにリブートの大変さは異常T∇T;…と言う訳で予定から大幅に作業が遅れております。せめて盆の帰省前には入稿して8/20頃には出したいんですけどねぇ…。

 漸くメインの作画に入れましたよ。構想自体は去年から練っていたのに手こずり捲り。
 と言う訳で途中頁のネームと下描きの比較。因みにペン入れは未だそこまで行ってません^^;背景で力尽きております。
 
 このメインの話はリブートで納得行かない部分の補完と言うか改変した物で、例えばイソラを黙って背後から撃つのはハーロックらしくないですよね。
 或る方に話したら「絶体絶命のヤマを救いたかったのと、ヤマにイソラを殺させたくなかったからでは」と言われて、成程そう言う解釈も有るかとは思いましたが。

 それを若干意識してネームでは「イソラはガイアの立場に縛られる事に嫌気が差しており、態ととヤマを焚き付けたが本心では死にたかった」と言う演出。ハーロックが後ろから黙って撃つのは映画と同じ。
ネーム段階
 下描きでは大分変ってハーロックが先ず一声かけてイソラが撃てるまで待機、同時に撃ち合いになるもイソラが…な感じに修正。
下描き
 続きはネタバレになるので割愛しますが、この方が卑怯と言う印象を与えず双方のキャラを立てられたのでは無いかなぁ… ̄▽ ̄;

 これ以外にも大筋を踏襲しながら細々と変えております。

パリは萌えているか
【2014/07/15 09:15】 海外旅行
 先ずはサッカーW杯ドイツ優勝おめでとうございます。ブラジルが記録的大敗した事も有り、もしアルゼンチンが勝っていたら開催国としては余計に複雑な気分だろうな~と思っていたら、負けたのでそのアルゼンチンで暴動が起きたとか。結構サッカー由来の暴動多いよね。
 そう言えばブラジルのマラカナンの悲劇を始め、コロンビアでは敗戦の原因になった選手が撃ち殺されたり、挙句の果てには試合のせいで戦争になった例も有るそうで、サッカーファン怖ぇ∑( ̄□ ̄Ⅲ;)と改めて痛感した次第。
 世界で最も人気の有るスポーツとは言え、ファンの思い入れっぷりが最早宗教と思わせるトラブルが多々有るんで、自分は野球ファンで良かったと思いました ̄▽ ̄;

 さてベルリンIIIの日程は9/4に自宅出発→9/5ベルリン入り→9/11出国→9/12帰宅に決まりました。因みに9/3は私の誕生日なのでどうぞ宜しく(笑)。

 ホテルは何時ものアンハルター駅近辺ですが、何時の間にやらネット料金が無料になったので1日15ユーロ(約2100円)浮くのは大きいですね。滞在中の詳細な日程は未だ決めてないけど、今年は壁崩壊25周年に当るから何かイベントやってるかと。

 ところで10月に可能性の有ったパリですが…無かった事に。
 6月中に来る筈の合否通知が未だに来ず(従って結果は不明)、その間にダンナの国内学会が入った為、決まったとしても帰国したその足で学会その1、一旦帰宅した翌日に学会その2とゆー非常に厳しい状況になる事が判明したからです。

 決定から出発まで1か月半しか無かったフィンランドの例も有りますが、大体国際学会って半年位前までには打診が来て、3か月前に決まってる事が多いんですよ。航空券の手配や発表用の資料作成等々の準備にそれ位かかってもおかしくないので。(この学会以外にも仕事が有りますからね)
 合否に関わらず開催まで3か月に迫った現在まで音沙汰無は自分の知る限り前例が有りません。(別ジャンルの学会なら有るかも知れんが。中々人が集まらないのか無視してもしつこく打診して来る所も多い)

 遂に自分もフランスに行く時が来たのか…と、嬉しさよりも戦々恐々としていたからこれはかえって助かりました。決して行きたかったのに行けなかった負け惜しみを言ってる訳では有りませんぞ(笑)^^;

 ベルリンなら何度行っても飽きませんけどね~でも3年連続は流石に行き過ぎなので今回で打ち止めかな? 2020年には一応再開発が終わる予定らしいし、その頃にまた行ってみたいとは思いますが。

 ところで例のベルリン・ブランデンブルク国際空港は今の所開港は2016年以降となってる訳ですが一体何時になるやら ̄▽ ̄;
 2016年と言えば壁崩壊した1989年に開店したイオン(旧ジャスコ)出雲店が、老朽化の為8月一杯で一旦閉店し2016年にイオンモール出雲店として、2㎞先のゆめタウンを脅かす存在になる予定なのですが…ぶっちゃけ空港よりもイオンの方が先に出来るのではないかと思います(笑)。

 近くに建設中の仮店舗(6/6当時)。今は鉄骨も組んだし8月中に出来ると良いんだけどな~。右端のピンクの看板が現店舗。
右端が現店舗

今は鉄骨も建っている
 今日撮って来た様子。大分進んでるね。
かなり出来て来た
 工事が10/31までと言うのがちょっと気になりますが、もし仮店舗開店まで2か月待たせると客が逃げるんで、9月中…ダンナはベルリンに行ってる間位に開店するのでは?と推測してます。
10月末と言うのがちょっと気になるが
 まあ営業しつつ残りを仕上げていくと言う手も有りますわな。尚、ここは食品館(仮)の為面積が現店舗の1/7位になり、専門店は軒並み無くなるのですが、イオンモール開店後も潰さず薬局とペット店になる予定とか。
 「食品館」と言ってますがまさかマジで食品のみにはなりませんよねぇ? ちょっとした日常雑貨や酒も置いて欲しいのですが。

イソヒヨドリ参上
【2014/07/14 11:40】 鳥関係
 旧居よりはこちらの方が緑が多いせいか若干鳥の数も増えた様な…?

 先日出かけようとしたらイソヒヨドリの番が遊びに来てました。その名の如く本来は海辺の鳥ですが、都会進出を果たして街中でも結構普通に見かけます。近所で声が美しい鳥と言ったらイソヒヨかセグロセキレイかな感じ。
 尚、「ヒヨドリ」の名が付いてますが本当はツグミの仲間です。

 雄は元々コバルトブルーの背中と赤い腹が美しい鳥なんですが、大抵高い所に居る為逆光になってその美しさがいまいち解り難いのが難点。
 これは大分前に近所で撮った雄ですが本当はこんな色なんですよ。…残念ながらこの場所は今年ファミマになってしまいましたが-Д-;
今ではファミマになった所…
 その良く見る割には地上でいまいち見かけないイソヒヨが自宅の目の前に♪
雄登場
 雌は茶色っぽくて目立ちません。
こちらは雌
 しかし写真を撮ってると何故か近づいて来る。この鳥は比較的人を恐れない気がします。
何故か近づいて来た♪
 ついでだからUPで撮っちゃうぞ~。
UPで撮っちゃうぞ~
 生憎雄の方は近付いてはくれなかったけど…。
しかし雄の様に腹は赤くない
 その内雌も上に移動してしまう。ほぼ褐色と思ったら背中が若干青く見えますね。
同じ雌なのですがちょっと青い?
 …ふむ…すると『出雲市のウミネコ2014』の時見かけたこのイソヒヨは…腹が赤くないからやっぱり雌か。
 この個体は海辺に居たから本来の生息地と言う事ですな。
いや雌だな
 大分前に旧居で撮った物ですが雄の若鳥。但し換羽中の為ボロボロ^^;
雄若鳥
 何故かこの若鳥車の下で隠れんぼしてましたな。
車の下で隠れんぼ
 イソヒヨを地上で見るとちょっと幸せ?

出雲市のウミネコ2014(2)
【2014/07/09 10:33】 鳥関係
 油断していたらすぐに更新が遅くなってしまうな。しかし原稿を抱えている身では仕方無いのだ。夏コミで売る当てが無いから締め切りはシビアではないけど、あまり引きずるとベルリンIIIに差し支えるし。(幸か不幸か10月のパリは未だに連絡が無く我が家的には無かった事になりつつある)

 本当は幼鳥の様子をつらつらUPするつもりでしたが、長くなるので漫画形式で纏めてみました。全て同じ個体と言う訳では無いですが、写真で判断するに1・2・4コマは同じですね。こう言うのって2代目デジカメでは解らなかったもんなぁ。
ウミネコ劇場
 6コマに収めた為あぶれた1枚。こいつも上の個体と同じ。「…ったく~あんた達は毎度毎度御飯の事ばっかり…」と文句言ってる様な(笑)。
あぶれた^^;
 個人的にお気に入りの1枚。現在壁紙にしています。
お気に入りの1枚
 経島のウミネコは時々何故か一斉に飛び立つ事が有ります。この時もそうだったんですが…。
飛び立つぞ~
 漁船にたかる為でした(笑)。お前等目の前に餌場が有るだろうが(笑)。
お零れちょーだいっ
 1時間以上居座っていてキリが無いから再び岩場を括りぬけて帰る途中、ウミネコの1羽が並走して飛んで来たのがまるでお見送りに見えましたが、生憎足場が悪くて写真を撮る余裕無 ̄▽ ̄;
 しかし戻って来た後で別の個体がお見送りの如くしたっと舞い降りる。
お見送り?
 ついでだからUPで撮っちゃうぞ~。
お見送りUP?
 個人的にウミネコは5~6月の鳥でそろそろ繁殖も終盤だし、今月末から冬までは全国を徘徊する為、今年はこれで見納めですが田んぼを含め中々楽しませて戴きました。

 帰りに寄った日御碕神社は改装中。5/24に行った時は普通だったのでピンポイントで遭遇したっぽい。
日御碕神社は改装中
 その為暫定的に一緒に祀られております。
一緒にされてます
 余談ですが帰りに寄ったガソリンスタンド横の駐車場でこんな車が(笑)。
痛車だ~
 出雲にも痛車が有ったんかい(笑)。初めて見た~!! しかも初音ミクだし。
初音ミクだ~
 ウミネコの帰りに思いがけないネタを拾いましたよ(笑)。

七夕だしカササギ
【2014/07/07 11:11】 鳥関係
 カステレット要塞@コペンハーゲン付近のカササギ。分布が非常に広い鳥なのでヨーロッパ~ユーラシア全土と北米で良く見かけます。(北米産は別種の可能性有)
 因みに日本に居るのは朝鮮出兵で勝った時に持ち帰った…と言われてましたが、朝鮮半島のは別亜種で実は中国と同じ亜種なんだそうです。
カササギinデンマーク
参考記事:七夕だからカササギの話
       七夕サミットにカササギがお願い
       台湾の鳥(4)~七夕スペシャル?!~
       済州島旅行記<番外編>~七夕だからカササギの話~

 今日は七夕ですが如何せんがっつり梅雨なので今年も織姫と彦星は会え無さそう…。彼等が逢瀬を重ねる為の運搬役・カササギについて書こうと思ったら結構書いてましたな^^;

 七夕以外でも何度か取り上げてますが、日本にも居ながら意外と縁の無い鳥の1つがこのカササギなんですよね。ダンナの実家近辺にも居るし何度か見かけているのに写真を撮れた試しが無い。何故か海外で撮った物ばかり。

 日本では白黒の鳥をカササギ~と言う傾向が有りますが、英語でもMapie若しくはPieが付く事が多いです。何故ならPie(d)自体「斑の」と言う意味だからです。
 …と言うのは知ってたけどではMagって何の意味よ?!とふと気になって調べたら、元はMagpieはカケスのJay同様「おしゃべり(な人)」の事なんだそうな。
 同じカラス科のカケスは確かに非常におしゃべりで、敵が来ると騒ぎ出す事から森の動物達が警報機として活用している位ですが、私が知る限りではカササギがそんなにけたたましく鳴いている姿を見た事が無いので何とも ̄▽ ̄;

 ついでだからこれまで載せてなかった各地のカササギ写真…って解説が無いと何処で撮ったか解らんが^^; しかもあまり良い写真が無いし ̄▽ ̄;
 ワルシャワ。
カササギinワルシャワ
 ビィヤウィストク。
カササギinビャウィストク
 ヘルシンキ郊外(地下鉄駅ホーム)。
カササギinヘルシンキ
 …う~む…カササギフエガラス同様面白い写真の無い鳥だな ̄▽ ̄; ただカメラを新調したから今度撮る時は画質が上がっている…筈^^;

 御口直しにツチスドリ(Magpie-Lark)の踊る姿@ブリスベンでも。
踊るつっちー

踊るつっちー2
 そう言えばこいつ雌ですな。雌も繁殖期に踊るんすね。同じ白黒鳥なのにカササギフエガラスと違って仕草が面白いわ。(本当は味の有る鳥らしいのだが)

内輪ネタから派生して
【2014/07/02 11:53】 ハーロック@松本零士
 昨晩某所の一部で盛り上がった会話から。(会話は要約)

Kさん:キャプテンは卵からヒヨコが孵ると思ってる。孵らないのは冷蔵庫に入ってるからと思い込んで自分で温め始める
Mさん:ヤキモチ妬いたヤマが無精卵をそっと孵化直前の卵に差し替える。雛がキャプテンの後を付いて回り、やがて成長してトリさんになる
Kさん:雛の育て方が解らなくてオロオロしていたら、ヤマが世話したおかげで2人共チビトリさんにデレ捲る
Mさん:あのキャプテンの足元をチョロチョロするトリさん可愛いVv
Kさん:「俺が舵を取る(ピヨピヨ ママー)」「パルサーカノン発射!!(ピヨピヨ お腹すいた~)」でアルカディア号内萌えまくり~´▽`
私:原稿中で無かったら自分が描いてみたいんだが…気長に御待ちを~^^;
Kさん&Mさん:待ってますよ♪ 

 …と言いつつ今朝になって鉛筆ラフながらも3P分のダイジェスト漫画を描き上げる…が、夜中の間にHさんがとても可愛いハイレベルのイラストをUPしており先を越される(笑)。

 …等と言う内輪の会話から出来上がった最新作^^; 因みに本編の原稿は作画が非常~~に!!大変で難航しております ̄▽ ̄;

 最初はフツーに冷蔵庫から出せば孵ると思ってて、後から温めないと駄目と気づき途端に脱ぎ出すキャプテン(笑)。
トリさん誕生1
 ヤマが何処で手に入れたかサッパリ解らん(笑)、孵化直前の有精卵をすり替えたら見事に孵りましたよ♪チビトリさんにメロメロなキャプテンに内心嫉妬しつつも、雛の育て方が解らずオロオロする彼の代わりに面倒見てたらすっかりパパ気分に(笑)。
トリさん誕生2
 キャプテンの後を付きまとうが足元がおぼつかないので転ぶ姿も可愛らしい。そしてトリさんの萌えオーラはアルカディア号全体に感染するのだった(笑)。
トリさん誕生3
 今回割愛したけど足元をウロチョロするチビトリさんの図は大変萌えそうです。

 今描いている本命の本は一般向けですが、女性向けで載せられない…と思った物を別に出そうと言う企画も一応有るので、実現したらこのネタは多分きちんと描いて載せるでしょうね。
 でもその前に本命が…イベント売りの当てが無いから、夏コミ締切に合わせる必要は無いけど、あまり引っ張るとベルリンIIIに差し支えるし^^;




サイドメニュー ×
メニューA  メニューB