のよのよ in Zの悲劇?!
鳥全般・海外旅行・ばんえい競馬・アニメ&漫画etc.…ニッチな情報提供も目指します。

最近の記事 ×

プロフィール ×

Pin

Author:Pin
出身:福岡県。長年住んだ出雲から佐賀へ移住の白衣好き主婦。
趣味:同人活動ではハーロックに原点回帰。(他にナノセイバー・恐竜惑星・ジーンダイバー)、ばんえい競馬、鳥関係全般、(科学者用)白衣等々。海外に行った時は旅行ネタ多目。


カテゴリー ×

月別アーカイブ ×

最近のコメント ×

最近のトラックバック ×

FC2カウンター ×

カレンダー ×
07 | 2015/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


消えたポーランドの列車??
【2015/08/31 00:39】 海外旅行
 最後のミッションの資料大体作成終了。今回の目玉は9/6のブッコー小鉄道なので資料もこれがメインと思いきや、まさかポーランド鉄道があんな困ったちゃんとは… ̄_ ̄#

 前回同様ワルシャワ~ビャウィストク間は鉄道で移動しますが、所要時間が2時間だったのが3時間になってる時点で不可解では有ったんですよね。
 最近になってワルシャワからほぼ中間地点までは時間帯に因ってバス代行と言う事が判明しました。鉄道は一直線なのに対し道路はそうでもないので、1時間余計にかかっているのはこのせいかも…知れません。

 ポーランドの鉄道は大雑把に言って国鉄(PKP Polskie Koleje Państwowe SA)の一部門、長距離列車運行のPKPインターシティ(PKP Intercity S.A.)と、地方輸送鉄道(Przewozy Regionalne Sp. z o.o. 元はPKPの主要企業だったが現在は国内全16県の共同運営) に分かれ、この2つは切符の互換性が無いので購入時はどちらの会社か確認しないといけません。

 しかしどうもコロコロダイヤが変わるらしく、前回もワルシャワ発の便がサイトによって14:50頃と15:10頃の2つが出て来て、念の為早目に行ったら14:50頃で正しかったと言う事が有りました。
 もっとも当時(2011年9月末)ワルシャワ中央駅は絶賛工事中だった為、ダイヤやホームの変更も止む無しとは思ってましたが…。
絶賛工事中

絶賛工事中2
 今は流石に工事も終わってる…筈なのに行程の半分もバスかよ!! しかも重い荷物持って乗り換えないといけないのかよ!! 流石に全席指定列車の代行バスなので長距離仕様のそれなりに良いバスだと思いますが、果たして1台だけで輸送する気なのかどうかも不明。

 まあ行きはそれでも何とか解る。しかし帰りは鉄道直行便の筈なのに何故かその列車が時刻表に出て来ないのです。
 唯一出て来るのはPKPインターシティのサイトのみ。しかも時刻表は余所から持って来ているらしく、そちらが頻繁に死んだりで出て来ない時の方が多い。

 更にワルシャワ中央駅(Warszawa Centralna)とか入れても「この行先は正しく有りません」と出る事も多くて訳解らん(ノ# ̄□)ノ 

 …果たして私等は無事にビャウィストクから帰れるのでしょうか? ̄▽ ̄; 心配なので前日(9/10)は用事が済んだら駅に行って確認したいと思います。

 そんなこんなで手こずったおかげでドイツの方の予定組が楽なこと楽な事^^; こちらは何時ものベルリンウェルカムチケットの圏外の為、ベルリン・ブランデンブルクチケットと言う、ブランデンブルク州全部の鉄道が乗れる切符を使うつもりですが、ブッコーだけでは勿体無いのでフランクフルトにも行こうと思います。

 フランクフルト?!…と思われる方もいらっしゃるでしょうが、実はフランクフルトは2つ存在するのです。
 一般的なフランクフルトはフランクフルト・アム・マイン(マイン河畔のフランクフルト)と言い、もう1つはフランクフルト・アム・デア・オーデル(オーデル河畔のフランクフルト)と言います。
 地図で見るとお判りでしょうが全く違う所に在ります。(ついでなので遠征に関わった街も記しておきました)
2つのフランクフルト
 んでこのオーデルの方は正にオーデル川がポーランドとの国境で、最寄りの橋から歩いてポーランドに行ける所なんですよ。
 と言う訳で正式にポーランドに行く前にちょっとだけ先行してポーランドに行って来ます(笑)。

 …それにしてもビャウィストクから帰る列車は実在するんですかね? ̄▽ ̄;

 尚、今回は2~3日毎に移動する為「なう」シリーズをやれる保証が有りません。やれたとしたらベルリンに関しては今回挙げたルート、ポーランドは本当に列車が有るか否かがメインになりそうです。

 その前に自給自足祝い絵を描けるかどうかも微妙なんぢゃよ~^^; 

次元航海13話感想+α(長文注意)
【2015/08/27 13:18】 ハーロック@松本零士
 貧困層が少なくない事は1話で海野広らしきキャラが出て来た時点で判ってたけど、今回はそれを掘り下げて来ましたね。そしてここで14歳のまゆ登場。14歳にしては太腿むっちりでえらく発育が良いな(笑)。しかも元の面影全く無い。松本ヒロインのキャラ描き分けの問題かも知れんが。
 因みに私が昔描いた「まゆ14歳」はこんな感じでした(笑)。
自己流まゆ14歳(笑)
 ハーロックの絵は一時期の耽美化から大分持ち直して来ましたね。トチローの子が2人居ると言う設定は、漫画版『銀河鉄道物語』や999UJで既に出てたかな。
 息子は母のエメラルダスと一緒なのに娘は虐げられた地球に置き去りか。でもUJの展開に準じればその内まゆも宇宙に行く筈。

 螢の水着姿はサービスカットなんですかね。しかし螢の表情が能面の様で折角のビキニがあまり嬉しくない(苦笑)。本筋に関係無いとは言えミーメの水着が出なかったのも残念。
 
 マゾーンは既に地球に潜伏していたのでは…と、螢に打ち明ける台羽。イメージシーンに描かれているのはダイバーゼロ・羽黒妖・鉄郎に児女英雄伝の十三妹…後1人は一体誰??

 「ちょっとおよごうか?」と台羽を海に叩き込んだ後、何故か姿を消す螢。ここでニーベルングに出て来た少年ハーロックとトチローが見た石碑の登場とは。
 この時点で2999年が200年以上前だと?! 元々宇宙海賊では西暦2977年だったのがアルカディアで2999年になって、既に矛盾していたのに更に200年以上時間を進めたんかい。…いやニーベルングの時点でその辺は既に矛盾していたか。

 【教訓】 松本作品に時間軸の整合性を期待してはいけない(苦笑)。

 そして台羽は地球に帰る。頑張れ台羽。マゾーンの実態を掴み納得が行ったらアルカディア号に戻って来い。その艦はハーロックのお下がり…もとい、将来君が指揮するべき艦なのだから。


 さて実はここからが本題。ドレスデン滞在中に公式FCで怒涛の展開が発生しました。
 先ず時系列を纏めて見ます。

・1月末: 会誌1号が予定より4カ月遅れて発行→「今後はきちんと発行に努める」旨の表記有。

・5/8: サイトに『FC会報誌Vol.02制作順調。』の告知が有るも、予定された6月末になっても発行されず「7月末」→「8月上旬」と再三延期。

・7/26: FBにて「編集担当者が生命にかかわるレベルで入院する事態となり、データなどの引き継ぎなどが滞り、発行が遅れております。」との告知有。
 *一緒に掲載された車掌さんの絵がモノクロで、文章共々そのスタッフの死亡前提を思わせる様な配慮の無さを感じるのは気のせいか?

・8/22: FCより発行遅延のお詫びと「先生からのメッセージ動画」に関するメールが届く。
 Twitterでも告知。

・8/23: 同FBにて[FC事務局からの大切なお知らせ]公開。公式サイトにも8/24に同じ告知掲載。


 
 この「お知らせ」でFCに関するデマが流されていると有りますが、不思議な事に肝心の「デマ」が探しても見つからないんですよね。丁度海外滞在中でチェックし切れなかった、若しくは私の探し方が不充分なのかとも思いましたが、現時点でスタッフの証言以外その証拠が確認されておりません。
 もし本当にそんな事実無根のデマが飛び交ってるなら、TwitterのRTや2ちゃんで拡散されててもおかしくないのに不可解です。(実際に御覧になった方がいらっしゃったら教えて戴けると幸いです)

 しかも先生の動画と言うのはスタッフが「あらぬ噂によってファンの皆様にいらぬ不安を抱かせたくないという先生の優しい思いからなのです」と称しながら、その内容は「先生が会誌1号を持ちながら2号の遅延に対し謝罪し、お詫びに会員全員に色紙を描く」と言う物。
 これまた既に削除されてる為、確認・検証が出来ないのが残念。

 会誌が遅れたのは先生のせいでは無いのに謝らせ、その上色紙まで描かせる宣言を動画で流されれば、「FCの不始末を先生に尻拭いさせてる」と誤解されてもおかしく有りません。それ以外は事実無根だとしても「尻拭い」に関しては結果的に招いた事は事実。
 色紙の件はスタッフが頼み込んだのでは無く先生の方から申し出て下さったそうですが、そもそも「松本先生の活動を支援する」為のFCが、先生に迷惑かけてしまったのは恥であり不祥事です。先生だってFCがマトモに機能していたら見かねて助け舟出さずに済んだのですから。

 にも関わらずFCの「お知らせ」は会誌発行遅延に対する謝罪よりも、デマを流した犯人探しの方が大事みたいな印象を受けるのです。
 そもそも「発行遅延」と「デマ」は全く別の問題ですし、松本先生に言わせるべきはデマに対する注意喚起であって、遅延のお詫びに先生が色紙描く筋合いは全く無い筈です。

 肝心のデマが見つからない事と、今回の動画が既に削除されていて検証出来ない事と合わせると、デマ自体でっちあげて会員に注目させ被害者っぷりを強調する事で、会誌の件で非難が来ない様印象操作しているのでは?…と勘繰りたくもなりますよ。

 もしFCがマトモに活動しているのを妬んだ輩が今回のデマを流したのなら、私も素直にFCを擁護していたでしょう。それに編集担当に関しても「私達は何時までも待ちますから快復をお祈りしております」と思えたでしょう。
 でもこれまで散々不信感を煽られて来ている状況で、そんな気になれる程私はお人好しでは有りません。
 
 尚、FBの「お知らせ」の記事には二代目ことリビエラさんと、うめこと梅原君がコメントしてますが、スタッフの二代目への対応がまるで「お前が会員かどうかも判らないのに部外者が口出しすんな」と言わんばかりの内容なのも呆れます。
 二代目はこれでFCに愛想尽かして退会してしまいましたが、このやり取りを読んだ会員の中にも、口に出さないだけでFCへの不信感を募らせた方が居るかも知れません。

 そもそもこの「お知らせ」自体、発行遅延とデマをゴッチャにしていて、非常に回りくどくて解り難いんですよね。代表のこんさんが書かれた様ですが、失礼ながら文章が要領を得ず余計な誤解を招きかねません。
 
 会誌に関する次の告知は「24日の週」に有るとの事ですが…

・果たして会誌2号は本当に発行されるのか? 
・色紙を同封にせよ別送にせよA4封筒に入らないので送料が高くつく事をスタッフは承知なのか? その分余計にかかる経費はどうするのか?
・本来有るべき9月の更新期限までに約束された3号が出ない事は確実だが、何事も無い様に2年目の会費納入を要求するのか? それとも3号を出すまで更新は延期するのか?


 …等々疑問は尽きません。

 それとアニメワールドスターの『「松本零士公式ファンクラブ」会報誌2号発行記念キャンペーン』に対する落とし前もどうするんですかね? 

 そもそも発行確定っぽい事言った後でこんなキャンペーンをやられると、「印刷代を使い込んでしまったので色紙で釣って印刷代回収が目的か?」とか、変な邪推したくもなりますよ。
 「デマ」の一つである「事務局の代表が私物化し詐欺をしている」も、この辺の邪推を更に曲解すれば解らないでも有りません。実際は馬鹿高い銀鉄リレイズセル画の在庫処分だったりして(苦笑)。
 色紙目当てに大金投入した後で「会員全員に色紙描く」と言われて後悔した方が居たのでは。これ、考え様によっては一種の詐欺みたいなもんですよね。

 ただFBの二代目に対する対応を見ても、スタッフ自身結構クレームが相次いで疲弊している印象を受けます。もし本当に精神的に参ってしまってるのなら、製作途中の2号までは何とか出して色紙も付けて、残った会費は返金の上で潔く解散した方が良いのでは?とまで思ってます。

 最後に。もしこの記事をスタッフが目にして、「事実無根の誹謗中傷」と非難するなら「お前が言うな」と反論したい。(因みに私も会員です)
 ただ来週からまた海外に行くので対応が遅れる旨は予め御了承下さい。

 そもそも二代目がFBで「何故デマが流れるに至ったのか、その原因に立ち返って考えて」と言ったのも、「FCがしっかりしてさえいればその様なデマは流れない(流れたとしても皆擁護してくれる)」と言う意図が有ったのだと思います。
 スタッフにはそれが全く伝わらない事を思い知ったから二代目が見切りをつけたのでしょう。

 それだけ不信感を募らせてしまう様な失態をスタッフが相次いで犯している自覚は持って戴きたいです。仮にも公式を謳うならそれ相応の活動は期待されて当然で、それが出来ないのなら変なプライドを捨てて畳む事も検討すべきです。

 少なくともこれ以上松本先生や会員に迷惑をかける様な事は慎んで下さい。
 真実の言葉は耳に優しく有りません。苦言とデマを混同せずにスタッフの方々には真摯に受け止めて戴く事を切に願います。

【8/29補記】
 昨日公式FCより連絡が有りました。2号は9/9から発送開始だそうです。ポーランドから帰って来たらポストに入ってるんでしょうか。
 しかし11月中に3号を本当に出せるんですかね。余程体制を立て直さないと無理では…。

 更にアニメワールドスターが「2号発行キャンペーンを延期&色紙20枚追加」して来たのも引っかかります。FCに続き先生に更なる負担を強いるのかよ…。
 キャンペーンの方は後で指摘されたけど、実は非会員にも応募の権利が有るんで、必ず貰える会員の代わりに門戸が広がったと考えたら良いんですかね? 

無事帰国@飯テロ付(笑)
【2015/08/25 23:05】 海外旅行
 台風の影響も無く昨日無事に帰国しております。

 旅行記はブリスベン同様現地からダイジェストでお送りしておりますし、ドレスデン滞在中に松本作品関係で困った事態が発生した為、次元航海の感想と合わせて近日中にそちらについて先に語らせて戴きます。
 
 場繋ぎにドレスデンの飯テロをお楽しみ下さい(笑)。
 「マリネした骨付き豚肩肉ローストに炒めた玉ねぎ・ベーコン・フライドポテトのビールマスタード添え」。
骨付き飯テロ
 「カリカリのローストチキン胸肉に新鮮なマッシュルームのクリーム和えと溶かしたトマトが乗ったパスタのパイ包み焼」。パイ包み焼うま~>▽</
パイ包みうま~
 ビールは地元で有名な銘柄(多分)ラーデベルガー・ピルスナー。
ここはビールの国
 グラスにはしっかり目盛りが付いてました。量もバッチリです。流石ビールの国。
しっかり目盛り付
 因みに旧市街のフラウエン教会付近は沢山のオープンカフェが並びますが、多分基本的に何処を選んでも外れは無さそうです。
外れは基本無いと思う
 エルベ川沿いの店は意外と無いし場所のせいか割高なので、「どうしてもっエルベ川を見ながらでないと嫌!!」な方を除けば、教会付近の店で席が空いてる所に行けば良いでしょう。 観光地の激戦区ですし半端な店はとっくに駆逐されてると思いますから。
 大抵の店に日本語メニューも有る様だからドイツ語が解らなくても安心。
日本語メニューも有るでよ 
 それにしてもフラウエン教会は何度見てもつい写真を撮っちゃうねぇ~。
フラウエン教会

傍の街並みも良い

ドレスデンなう(終)~さらばドレスデン~
【2015/08/22 17:32】 海外旅行
 後1時間位でホテルを出てベルリンに向かいます。帰国は24日ですが台風は何とか影響を受けずに済むっぽい?

 さて前回の滞在時間4時間とは対照的に1週間滞在したドレスデンですが、旧東独ならではの集合住宅等がまだ残ってる割に、ドレスデン中央駅~旧市街付近に巨大ショッピングセンターが2つも在り、寧ろベルリンよりも垢抜けている様にも思えました。

 中央駅付近のプラガー通りに在る世界最長のプラッテンバウ(プレハブ団地)。一時期解体の危険性も有りましたが改修後大分垢抜けて中央駅とショッピングセンターに挟まれた便利な物件に。
世界最大のプラッテンバウ
 でも街中に結構廃墟も在るんですよね。この廃墟ビルなんて何度見た事やら。ライプツィヒも含め廃墟は多いです。
街中に廃墟
 鉄道関係ではSLが有名ですが郊外のロシュビッツ地区に在る、モノレールとケーブルカーはその構造からしてかなりの穴場です。
 これは一種の懸垂式モノレールでドレスデン空中鉄道と言うケーブルカー的な世界でも類を見ない珍品鉄道です。
一見モノレール
 営業路線は274mですが高低差が84mも有り、上に住んでる住民の交通網として1901年に開業しました。下の駅から裏道を上ると間近で見られます。
目の前を通って行く
 もう1つはケーブルカーで起点駅は隠れ家の様にひっそりと在ります。
一見ケーブルカー
 モノレールよりも更に古くて1895年の開業。547mを96m登って行きます。
車両が斜めになってる
 スピード感はこちらの方が有りますね…と言うかモノレールは物凄く遅くて体感スピードはのろのろ歩いている位なんすよ。

 話は変わって前半悪天候で断念したバスタイ橋も行って来ました。標高200m程度とは言え歩いていくにはかなりきついので、ピルナから237番のバスで楽しようと思ったら「運休」とか書いてあった為、仕方なく普通に登りました。
 天気が良いと絶景かな、
バスタイ
 バスタイ橋が終点では無くその先の展望台から撮った物。橋を渡る人が見られます。
バスタイ2
 因みにこれが「Basteiと言う名のバス停」だ!!(笑)
Basteiと言うバス停
 ただそこに思いっきり237番のバスが来たんですけど…運休では無かったのかよ!! 帰りのフェリーの切符も買ってあったので普通に歩いて駅まで戻りましたが、往復で3時間は見ておいた方が良いですね…。

 旧市街以外にも見所は沢山なドレスデンでした。
 …と言う事で大雑把な感想でした。詳細は合間を見てボチボチ語る事にして国に帰ります…。

ドレスデンなう(3)~旧市街~
【2015/08/21 16:03】 海外旅行
 まあドレスデン定番の観光地ですね。時間が無いのでざっくりと。

 ホテルから歩いて行けるツヴィンガー宮殿。
ツヴィンガー宮殿
 トラムの一部は旧市街のど真ん中を通ります。
ツヴィンガー宮殿とトラム
 フラウエン教会。
フラウエン教会
 エルベ川の対岸から見た典型的な構図。
典型的な構図
 まあ色々すごい建物ばかり再検しているんで中々凄いっすよ。

 詳細は帰国後にします。 

ドレスデンなう(2)@飯テロ
【2015/08/20 00:05】 海外旅行
 フォルクスワーゲンの工場内で行われたウェルカムレセプションの様子。この工場はガラス張りで製造中のフォルクスワーゲンを見ながら食事が出来ます。外の様子は未だちゃんと撮れてないので後日改めて。
ガラス張りのフォルクスワーゲンが一杯
 参加者1000人位居たんでメニューの確認までは出来ませんでした。シンプルに飯テロをお楽しみ下さい(笑)。
飯テロ1
 温かい物以外は開始前にパパッと撮って来たんでまだ手付かずの状態。
飯テロ2

飯テロ4
 パンプキンスープは大人気ですぐに無くなったとか。これはかろうじて残った暖かい料理。右は鶏肉の煮た物。
飯テロ5
 ケーキも豪快ですね。
ケーキ山盛り
 一応盛り付けてみた。
飯テロ3
 メインは取りそびれたのでデザート。
飯テロ7
 因みにドイツのビールグラスは目盛付きです。「ビールを注いだ時液体がきっちりこのラインに来なければならない」と法律で決まってるとか。(写真は注いで時間が経ってるので少し減ってます)流石ビールの国。
流石ビールの国

ドレスデンなう
【2015/08/18 17:14】 海外旅行
 15日に現地入りしてますがドレスデンカードの有効期限の関係で、翌日いきなり遠出した為疲れが溜まって報告する気力が尽きてました。
 しかも当初の予想よりはマシとは言え雨がちな日が多く、夕べから雨が降り続けているので急遽本日の予定変更を余儀なくされました。本当は16日に雨で見送った絶景ポイント(バスタイ橋)に行くつもりでしたが、延々山登りと有っては幾ら登山道が整備されてるとは言え、この雨では危険だろうと判断し断念しました。
 
 因みにドレスデンから東に向いチェコの国境付近の一帯は「ザクセンのスイス」と言う所なのですが、スイスと言うよりも中国奥地を髣髴させる奇岩地帯なのです。
 写真はS1でドレスデン中央駅から約40分のKurort Rathenと言う駅から撮った物。
奇岩地帯
 ここからエルベ川の渡し船に乗り、登山道を行くと前述のバスタイ橋に着くのですが、綴りがBasteiでズバリBasteiと言うバス停も有るのでネタにしたかったんですけどね(笑)。

 しかしドイツでは珍しい奇岩地帯とは言え、個人的には済州島の城山日出峰を思い出してならん。

 代わりに実際に乗った別の渡り船からの景観をお楽しみ下さい。この辺のエルベ川は川幅が比較的狭いのですが、橋の代わりに駅毎に渡り船が有ると言う感じです。観光路線と言うよりも普通に地元民の足として活躍しています。
エルベ川の渡り船

なんちゃってクルーズ
 普通にマイセンの方まで行くエルベ川クルーズも有るのですが、渡し船は10分程度で気軽な船旅を味わえますし、ドレスデンカードのレギオだと無料で乗れるので結構穴場と思います。

 まあ元々ザクセンのスイスのお目当てはKurort Rathenから2つ先のBad Schandauから船に乗った先で走ってる、キルニッツ渓谷鉄道だったんですけどね。船着き場から意外と遠くしかも帰りは船の時間が早目なのでちょっと大変。
キルニッツ渓谷鉄道
  しかしドレスデンと言うかザクセン州は保存鉄道が異常に多い地帯らしく、各地の観光案内所で貰って来たパンフを見ても全部回るのにどれだけかかるんだ?と言う位途方も無い様です。
 取り敢えずSLの内2か所乗ってきましたが今日はこれから出かけるのでその辺の話また後日。
ヴァイセリッツタール鉄道起点駅



試験投稿
【2015/08/15 04:35】 海外旅行
 コメントが入ってたのでレスしようとしたら何故か書き込み制限になってしまい、何度やっても駄目なので試験的に投稿してみます。海外からなのが原因なのかパスワードも違うとか言われるし。

 ついでにうめのレスもここに書いておきます。

【日本は真夜中】
>うめ
 コメント有難う+こんばんわ&お休み~。

 現在ベルリンのホテルです。
ドレスデン入りは明日の夕方だけどこちらは20:30前まで明るくて今21時半っす。日本は4時半ですねぇ。

 市庁舎の中なのに何故こんなキャバレーみたいなドピンクなのやら。

 何故か書き込み制限かかって中々コメント出来ず。これで何度目?

ブリスベンの飯テロ
【2015/08/15 01:00】 海外旅行
 これがUPされる頃はベルリン着く頃ですかね。(現地時間14日18時) ドレスデンも空港は在りますが日本からの直通便が無い(ベルリンだって無いけど)上に、就航する航空会社の関係でベルリンまでは何時もとあまり変わらないんですよね。
 ただ今回も9月のベルリンIVもホテルは何時ものアンハルターでは無く全部違う為、ドレスデンと並行してベルリンの資料も作る必要は有りました。

 行きのホテルはプレンツラウアーアレー(Prenzlauer Allee)なんでカール・レギエンがすぐ近くでしてね。
 折角だから前回行った時に樹が生い茂って見送った所を確認しておこうかと。…但し当日は悪天候っぽいのがなぁ…-Д-;

 さて、今回のブリスベン旅行記III(要約)は飯テロ編です。ホテルが滞在型なので初日に先ず食べたのがこれ。
骨付きラムのステーキ
 骨付きラム肉を焼いてみました♪ 味付けはダイソーで買ったハーブソルトのみ。但しどれ位焼けば良いのか良く解らなかった為、時々様子を見ながら220℃で30分は焼いたか?
 ラム肉はヘルシーと言われていますが、骨付きだからなのか意外と脂が多くて結構飛び散ってしかも皿にこびりついた為、見た目はあまり良く有りません^^;
 美味しかったけど骨から肉がイマイチ外せず最後はかぶりつきでした。

 次は学会会場のランチの様子。行った時がやや遅かった為、既に結構食べられてますがこれが意外と豪華。
 サンドイッチ。厚手のパンに「ハム・ゴーダチーズ・パイナップル・トマトにベビーほうれん草を添えて」
サンドイッチ
 サンドイッチ2。「プルドビーフ・スモークオニオンにスイートマスタードを添えたバーベキュー風味」
 プルド(Pulled)と言うのは「引き裂く」とか「むしる」の意味で、この場合肉の塊を低温のBBQスモーカーでゆっくり5時間以上かけて調理しそれをほぐした物の事を言うそうです。
 プルドポークはアメリカ南部のバーベキューの定番メニューだそうでまあスモークビーフみたいな物ですね。
別のサンドイッチ
 何故か春巻状になっている「ババガノーシュ(茄子のペースト)・人参のすりおろし・完熟トマト・ ラディッシュ・レタスのバジルペースト」
 ババガノーシュ(Baba Ganoush)は元々エジプト料理だそうです。
春巻っぽい
 スモークサーモンたっぷりのサラダ。他のテーブル見たらどこもサーモンばかり無くなってました^^;
スモークサーモンのサラダ
 カレーは2種類有ってこちらはスリランカの野菜カレー。
スリランカの野菜カレー
 インドのチキンカレー。写真には載ってない物の当初上にヨーグルトがかかってたのですが、それはキュウリヨーグルトってのは日本には無い発想ですね☆
インドのチキンカレー
 米はやっぱり長いっすね。そしてチキンカレーばかり減ってて野菜カレーの人気はイマイチ^^;
米は長いね
 他にもこんな風に多彩に取り揃えております。
その他
 傍には宗教やアレルギー等の理由でスタッフにカスタマイズして貰えるコーナーも。この辺は流石多民族都市なだけ有りますね。
一寸アレンジコーナー

色々有るね

色々
 しかもデザートにアイス付ですよ。アイスと言うかアイスチョコバーですね。
チョコバー
 アイス箱のデザイン。因みにダンナのブースはこの真後ろだったので、普通に写真を撮るとアイス箱が自動的に入ると言う(笑)。
アイスの箱
 実はこの日(8/4)の晩は市庁舎でパーティーが有り、それなりの料理が出たんですが…何故か真っピンクの照明のせいで、イマイチ美味しそうに撮れなかったんですよね ̄▽ ̄;
 前菜のサーモン。昼もサーモン夜もサーモンでラッキー>▽</
前菜
 メインは豚でした。
メイン
 尚、オーストラリア特有なのかは知りませんが、ここでは前菜・メイン共に2種類有って交互にサーブするシステムで、「隣と交換したい人はしてね」ってな考えらしいです。


 …以上でブリスベンの飯テロ終了。ドレスデンではどうですかね~? ホテルが旧市街だし何処か店に行く事は有るとは思いますが。

 この記事は事前に仕込んだ物ですが後は現地からの『ドレスデンなう』をお楽しみに(笑)。天気が回復する事も祈っててやって下され。



明日からドレスデンII
【2015/08/12 20:05】 海外旅行
 ドレスデンの資料が意外と増えて作成に手間取りました ̄▽ ̄; しかも滞在中は全体的に天気が悪い様で、特に遠出するつもりの日月は「時々雷雨」「だの「寒い」だの無茶苦茶な予報になってやがる(ノ# ̄□)ノ

 ドイツは基本日本よりも冷涼で真夏でも平均最高気温は25℃以下なんですが、ここ最近のドレスデンは猛暑傾向らしく、ドイツ入りする8/14は37.8℃とか日本と変わらんやん-Д-; しかも翌日は29.4℃まで下がり3日後は25℃っすか? 元々夜は15℃位に下がる所なので体調崩さないか心配だTДT;
天気が悲惨過ぎる…
 ブリスベンは今回珍しく殆ど連日快晴でしたが今日は雨の様です。基本私は晴女なので本気で「雨降ったら困る!!」と思ったら、マジで雨が降らない事が多々有るんで、ドレスデンにその想いを届けたいと思います(マジで)。

 …とか思いつつさっき予報を見直したら昼間よりも少しマシになってるぞ? 因みに今日~明日の佐賀は当初大雨の予報で、出発時間と被る事が危惧されましたが、1日雨の筈だった今日も昼には止んだし段々マシになってるんですよね。
 良いぞ良いぞ~このままドレスデンに念を送るから宜しくなっ。(→参考サイト
少しマシになった?
 因みに8/14はベルリン泊でドレスデン入りは15日ですがこの日が雷雨なのは今の所変わらんか…。(ドレスデンはベルリンよりも雨が多いらしい)

 さてちょっとだけでもブリスベン旅行記を進めておきましょう。帰国前日CityCat(フェリー)乗り場に向かう途中見た、高層ビル群に妙な既視感が…。
何か何処かで見た様な??
 ポツダム広場を思い出すのは私だけ? まあ雰囲気だけですけど。
ポツダム広場
 しかし初めてブリスベン入りした時に高層ビル群の間を縫って飛ぶクロトキには感動を覚えたんだがな~。メルボルンでは全く見なかったあいつ等は今回も健在で笑わせてくれました(笑)。
 「餌やるな」と言う注意書きは有るけど、意図的に餌をやらなくてもこいつ等油断すると狙って来るし、うっかり落としても持って行かれるし…。
カフェは戦場だ
 その意味ではローンパインのこいつも同類(笑)。今回フードコートに食べ残しが異常に多くて、団体客が殆ど手を着けてない物も目だったんでこれ幸いと…(笑)。
この人も相変わらず
 ところでサウスバンクには人工のビーチが有るんだけど、随所に有る注意書きがイカしてます(笑)。
ベビーシッターにする馬鹿が居るのか
 「ライフガード(監視員)はベビーシッターでは有りません」って…。子供放ったらかして遊ぶ馬鹿親がそんなに多いのかよ…-Д-;
 

帰国&ブリスベンの交通について
【2015/08/08 16:01】 海外旅行
 海外遠征第一弾ブリスベン終了!! しかし来週の今頃はベルリンのホテルでは無いかなと。

 ブリスベンは今冬ですが亜熱帯気候の為大体20/10℃程度と言う感じ。
 ところが到着時は27℃位有って寧ろ暑かったのに帰る日は7℃位に下がり、カンタス航空(ブリスベン~シンガポール)は更に寒いわ、JAL(シンガポール~羽田)は逆に暑いわ、帰ったら熱帯夜で発狂寸前だわ…で、若干頭痛がするのですがもしかして熱中症になりかけてる? 脳みそがオーバーヒートしかけてるので、昨日中に帰国報告する余裕が有りませんでした。

 旅行記に関しては現地から『ブリスベンなう』でお送りしたし、本当はあの程度がコンパクトで良いのかも知れませんね。とは言えネタ自体は未だ未だ有るんですが。

 取り敢えず今回は実用的な物を挙げておきます。

 羽田の国内~国際ターミナルの移動は無料バスが走ってますが、間に合いそうにない時はモノレールを代わりに使うサービスが有ります。
 
 このサービスを知ってる人は意外に居ないそうですが、無駄なお金を使わず効率良く移動する為にも、一応チケットを発行する場所を掲載しておきます。

 第一ターミナルの場合は7のインフォメーションの所で、「京急かモノレールの券下さい」とでも申し出て下さい。尚、「これから国際線に乗る人の為」のサービスなので、発券にはパスポートや国際線の搭乗券を用意しておきましょう。
第一ターミナルの発券所
 第二ターミナルは長い間縁が無くて良く解りませんが、どちらか近い方のインフォメーションで言えば良いと思います。
第二はどちらかと思う
 因みにこう言う券が貰えますが自動改札は通れないので駅員に見せて下さい。
 京急とモノレール共通ですが京急の方が速い物の、モノレールの方が便が多くて乗換えも便利だしお勧めです。
無料モノレール券
 

 交通機関絡みでブリスベンで使う事になるのがgo cardと言うチャージ式のカード。
 前回の2010年時点で導入し始めたシステムですが、メルボルンのmykiよりは気が利いていて、紙のチケットよりもかなり安くなる上に、オフピーク(平日8:30~15:30、週末19:00~翌3:00)は更に割引料金が適用されます。(料金表比較

 しかも月曜日~日曜日の間に10回乗ったらその週の11回目からの乗車はタダ!! つまり月~金の通勤通学で10回乗ったら土日は無料でバスが乗り放題!!で遊びに行けるのです。

 発券には最低でも10AUDチャージが必要(内5AUDはデポジット)ですが、今回お世話になった先生御夫婦のカードを借りた事だし、50AUDチャージし借り賃に10AUD位残しておこうと思いました。
借り物なので年季入ってる
んでカランビンとローンパインを往復しても未だ余るし、ブリスベン川を就航するCityCatなるフェリー往復で7~8AUD位残せば良いかな?と。
CityCat
 ところがローンパインから帰ってCityCatに何度乗ってもお金が減らない…? 何故かと思ったら「片道券は2時間以内であれば追加料金不要で、バスはもちろん、電車、フェリーへの乗り換えも可能」が適用されてたっぽい。

 go cardの詳しい利用方法に関してはこちらを御覧下さい。

 普通の道路からでは見られないフェリーならではの光景も楽しめますよ。
CityCatから見た光景
 尚、2012年7月から主要部分のみ就航するCityHopperなる無料のフェリーも就航しています。
 但しこちらはやや船が小さい上に30分に1本と本数が少なく、乗れる距離も短いので御注意下さい。
CityHopper
 カンガルーマークの赤い船が目印です。

 公共フェリーが普及している点はコペンハーゲンと良く似てますが、こちらがブリスベン川なのに対しあちらは海と言う違いは有ります。
 ついでにCityCatの西の終点UQ ST Luciaは、クイーンズランド大学に隣接していてアクセスもとても良いです。
 まあバスの方が遥かに速いし(バス専用道路をガンガン使う)市の中心部まで15分もかかりませんが、お時間に余裕の有る方は気軽な船旅をお楽しみ下さい。

ブリスベンなう(3)
【2015/08/05 23:57】 海外旅行
 早い物で明日帰国開始で自宅到着は7日です…が!!すぐにドレスデンがやって来るので気が抜けません。

 ブリスベンの夜景は絵になるなぁ…。
夜景1
 夕闇に溶ける夜景。
夕闇の夜景
 市役所もライトアップ。
市役所ライトアップ
 クイーンズランド博物館ではブラキオサウルスが呼び込みやってました(笑)。10/5まで恐竜展を開催中で普段無料のこの博物館もそこだけ有料になります。
 …ただその煽りでゴクラクインコが非公開中だったとは!!
ブラキオの呼び込み
 スーパーの食材も大容量が多い国だけど、牛肉7㎏弱って一体何人分なんでしょうね。
牛肉7㎏弱
 まあ大雑把にはこんな感じで。

 以上ブリスベンからの簡易報告を終わります。

ブリスベンなう(2)
【2015/08/04 01:52】 生物全般
 カランビンは先日ネットで買った前売り券で難なく入場。ただ5年前に工事中だったバードケージは未だ工事中。一体何年工事し続ける気だろうか?園内機関車も奥の方はメンテ中で走ってなかったし。
 
 コアラの生る木にて。気持ちよさそうに寝るんで羨ましく感じる人も居るのでは。
大抵寝てる
 ローンパイン含め何時行っても居るかどうか判らなかったタスマニアんでビルを遂に見た!!
タスマニアデビル初めて見た
 リアルむっちゃんも遂に撮影出来た!! 尚小さい鳥な上に動きは結構速いんで中々撮れなかった…。
リアルむっちゃん
 動物病院で初めてマトモにカワイイゴシキセイガイインコのぬ縫いぐるみ発見。今まで微妙なデザインのばかりだったんでこんな子ならお迎えしたいぞ。
こんな子だったらお迎えしたい
 …お迎えしました(笑)。
お迎えしました
 名前を英名のレインボーロリキートから「ロリ」にしようと思ったが、ロリコンみたいなので和名から「ゴッシー」を検討するも何かゴツイ。
 候補としてロリキートを捩って「ロリ=キトさん」になるかも知れない。

 因みに本物はこれ。勿論野生個体だが油断すると御飯持って行かれちまうぞ^^;
フードコートは無法地帯

ブリスベンなう
【2015/08/02 23:43】 鳥関係
 昨日(8/2)の早朝に無事に着いてホテルから。
 旦那の知り合いの先生にローガン市(ブリスベンとゴールドコーストの間の市)と言う所に在るコアラセンターに連れて行って戴きました。
 無料の施設なので規模は小さくコアラもろくに見えなかったけど、見所は寧ろ周囲の広い公園でしてあの鳥に会って来ましたぜ!!
わらわらさん
 …ああ可愛いなぁ…わらわらさん。
わらわらさん2
 人から直接餌貰ってたけどわらわらさんって人恐れないのね。

 他にも今日初めて見た鳥も居るんですが種類は要調査。 歩きまくって疲れたので流石にその気力無しの為本当に簡単に。

 明日(』正確には今日)はカランビンに行って来ます。

怒涛の第一弾・ブリスベンIII
【2015/08/01 19:30】 海外旅行
 さ~ていよいよ今日から怒涛の海外遠征の開始ですよ。これが載る頃シンガポール空港のラウンジでしょう。(出発自体は今朝6時でブリスベン到着は翌2日。帰国は7日)

 以前言った事と重複していると思いますが、ブリスベンに関しては過去2回泊まったホテルがどちらも別の系列に変わっており、しかも結構高いのでキッチン付の滞在型にしてみました。滞在型はモントリオールとメルボルンで経験済だし、自炊が可能か否かで買える食材の範囲が大幅に変わりますからね。
 せめて冷蔵庫は欲しい所だけどこれにレンジ&オーブンとキッチンが加わると、外食の手間が省けるので食費もかなり浮きますし、メルボルン同様洗濯機が有るのも有難い。

 選んだホテルはお値段の割に評価が高いし、「近くのスーパーで骨付きラム肉を買って焼いたら美味しかった」と言うレビューに倣って私も焼いてみたいと思います(笑)。骨付きラム肉は某業務スーパーに売ってますが、100g300円前後で1つ3000円近くするんですよね。地元だから日本で買うよりも安い…筈。頼むぜColes(笑)。ダイソーで買っておいたハーブソルトの出番だぜ(笑)。

 まあ今回ブリスベンを皮切りに海外遠征が連発するんで節約出来る所はせねばなりません。何しろ前回はローンパインとカランビンの入園料で所持金が半分吹っ飛んでしまい、自分用の土産は皆無でしたからね。(これは初回と売ってる物が同じだったのも一因)

 んで入園料の特に高いカランビンは事前にネットで購入して、持ち歩く現金を減らそうと思ってた訳ですが、もしかすると安く買える所は無かろうか?と思い調べてみました。
 すると日本の大手旅行者の中に割引券を扱ってる所を複数発見。大体49AUDが38AUDになってる感じ。但し基本はゴールドコーストからの送迎付きツアーの一環の為、ブリスベンから行く我が家には関係無し。 

 ならば入場券のみ安売りしている所は?…実はオーストラリアにもグル―ポンが有って、20AUDと言う破格で売ってるでは有りませんか!! マトモに買うと1人49AUDが20AUDだと?!
 何だか怪しくね? きっと何か落とし穴が有るのでは?…と思ったら、やはり制約が幾つか有って「現地で最低25AUDは使う事」を始めちょっと面倒。でも一番の問題は6/30までで既に終わってる事-Д-; (終わったクーポンを載せたままにするなよ…)

 それに多くは購入後にチケットが郵送されるシステムの様なので出発が迫ってる時には使えません。

 安くてe-チケットが速攻発行出来る所は無いか…?と思い、再度調べ直すと有る所には有るんですねぇ。安くてe-チケット可能な所が!!
 ここで買ったら1人26.99AUD、2人で更に割引で52.91AUD!!…って正規の金額のほぼ半額!!
 高いと評判のカランビンの入園料が何でこんなに安いんだ?!^^; …ん~でも日本でもクーポン使って激安で利用出来るなんてザラだし、流石その辺は共同購入ならではと言えましょう。(実際現地在住の外国人も良く使ってるらしい)

 ついでなのでここでローンパインの入園料も購入。因みに正規の金額は35AUD→これが2人で63.01AUD。…ん?1人当り31.5AUD…ってカランビンよりも高いやん!!(笑)^^; ローンパインはあまり値引いてないんですねぇ。
 
 需要的にカランビンの方が高いんでしょうか? ゴールドコースト経由のツアーが沢山有るし。対するローンパインは「ブリスベン1日観光」の一環になっており、単独で行く事はあまり考えていない様です。

 まあ何はともあれ事前に買った上に割引が利いたので手数料含めても6000円以上浮きました>▽</ 浮いたお金で骨付きラム肉を買いたいと思います(笑)。

 このパターンでドレスデンやベルリンも割引で買いたい物ですが…その辺は未だ調べがついていません。まあベルリン~ドレスデン&ポーランドの鉄道切符は日本でも手配可能だし、有る所には有るのかも知れませんが。
 問題はどうやって打刻(要は改札)する事だし現地で普通に買う方が良いかも??

 因みに遠征中は事前にネタを仕込んで来ましたが流石に今回はその余裕が有りません。現地から速報みたいな形で送れたらお送りします…と言う感じで。 下手したら帰国報告と一緒になるかも。
 旅行記も出来たらやる程度に思ってて下さい。

 ではそんな訳で行って来ます。 




サイドメニュー ×
メニューA  メニューB