のよのよ in Zの悲劇?!
鳥全般・海外旅行・ばんえい競馬・アニメ&漫画etc.…ニッチな情報提供も目指します。

最近の記事 ×

プロフィール ×

Pin

Author:Pin
出身:福岡県。長年住んだ出雲から佐賀へ移住の白衣好き主婦。
趣味:同人活動ではハーロックに原点回帰。(他にナノセイバー・恐竜惑星・ジーンダイバー)、ばんえい競馬、鳥関係全般、(科学者用)白衣等々。海外に行った時は旅行ネタ多目。


カテゴリー ×

月別アーカイブ ×

最近のコメント ×

最近のトラックバック ×

FC2カウンター ×

カレンダー ×
10 | 2015/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


ドレスデンII(10)~ロシュヴィッツの珍鉄道2~
【2015/11/30 12:52】 海外旅行
【空中鉄道ドレスデン1】
 前回のケーブルカー駅に貼られていたポスターより抜粋。
一見懸垂式モノレール
 この鉄道…一見懸垂式モノレールですがその実態はケーブルカーと言うべき物です。ただ開業は1901年と古く実は世界最古のモノレールでも有ります。
 設計者カール・オイゲン・ランゲン氏が開発した懸垂式モノレールでは、ヴッパータール空中鉄道の方が有名ですがこれよりも半年早いのです。
 こちらは乗った事無いですが写真を見る限り中々お洒落な車両で、総営業キロ13・3㎞の内10㎞はヴッパー川の上を走るので、遊園地のゴンドラみたいな気分を味わえるそうです。

 ここでケーブルカーとモノレールについておさらいしてみましょう。
 ケーブルカーは山の斜面等傾斜がきつくて普通の鉄道では走れない所を、車両をケーブルで引っ張る事で上り降りする物で、日本では殆どがつるべ式を採用しています。
 これはケーブルに対称になる様に車両を固定し、上の駅の車両が降りて来る重みで下の駅の車両が上がって来る方式で、空中鉄道ドレスデンもこのパターンと言えます。
 因みに循環式は環状にしたケーブルを車両に掴ませ、そのケーブルを循環させて車両を動かす方式で、サンフランシスコのケーブルカーが代表的な物です。つるべ式よりも複雑な構造してます。
 実質はレトロなトラムなのでこの様に普通に平坦な道を走る事も可能。
サンフランシスコのケーブルカー
 こんな坂普通のトラムでは上れませんがな ̄▽ ̄; 線路の真ん中に有る筋がケーブルが通ってる部分。
何だ坂こんな坂
 途中にケーブルカー博物館が在りますが、実はリアルタイムで動いているケーブルを見学出来ると言う。
サンフランシスコのケーブルカー博物館
 一方モノレールは「モノ(1つの)レール」の名の通り、1本のレールで走るタイプの鉄道ですが、大きく分けて上からぶら下がる懸垂式と、レールに跨る跨座式が有ります。
 前述の様に懸垂式の方が先に出来てますが、日本のモノレールの大半が跨座式を採用している辺り、建設費や走行安定性その他諸々の理由でこちらの方が運用し易い様です。
 跨座式な北九州モノレールの999号。
北九州モノレールの999号
 懸垂式の写真も載せたかったのですがこれまで縁が無かった為手持ちが無い様です ̄▽ ̄;

 …さて、以上を踏まえて空中鉄道ドレスデンを紹介して行きましょう。100年以上の歴史が有るだけ有って下のKörnerplatz駅は中々立派な駅舎です。
中々立派な駅
 中に入ると階段が有るのですがここにもケーブルカーと合わせて写真が貼られています。DVB(Dresdner Verkehrsbetriebe)「ドレスデン交通企業体」は前回のケーブルカーだけでなくドレスデンのトラムやバスも運営しています。
こちらも写真有
 ホームは階段になっていてここだけ見ると確かにケーブルカー。
これまた傾いてる
 因みに反対側のホーム。このレールはガイドレールで両側の駅構内しか有りません。懸垂式なので駆動部は上に有ります。
反対側のホーム
 順番が前後しますがガイドレール末端部。ここから到着までは空中を走る事になります。
ガイドレール末端部
 …つまりはこう言う事ですね?(笑)
線路が無くなる
 そうか999と同類だったのか!! 流石空中鉄道(笑)。
まるで999の様な(笑)
 話は戻って時計も写真付です。前回のケーブルカーは上下駅の手前にトンネルが在り、山に遮られて周囲の眺めは良くないですが、こちらは青い奇跡を渡る前から見える位ですから天気が良いとさぞかし絶景でしょう。
時計も写真付で絶景かな
 営業キロは274mだからケーブルカーの547mの半分しか有りませんが、あちらが高低差94mなのに対しこちらは半分の距離を84m上るので更に傾斜がきついのです。(最大勾配 ケーブル:29% 空中鉄道:39.2%)
 そんな急勾配を上り下りするからなんでしょうが…この鉄道とにかく遅い。最高速度2.5m/秒しか出ません。(ケーブルカーも5m/秒だから決して速くは無いのですが。)実際に乗った時の体感スピードはのろのろ歩いている程度。
 走行中ガッコンコンコォォン…ガッコンコンコォォン…と言う音が延々鳴り響き、ホームに着いても中々停止しない位、遅い ̄▽ ̄;
 
 注:この音はガイドレールに車両がぶつかった音で、客の乗り方や強風等で重心が偏って揺れた時に起きるらしいです。(どおりでYouTubeの動画ではこの音がしないと思った ̄▽ ̄;)

 出発すると下の一般道が真下に見えます。あまりに近いので大丈夫かと心配になって来ます。(後で実際に見て来ました)
すぐ下は一般道
 こちらも縫う様に民家が見えます。眺めは良いけどこんな所にどうやって資材や生活必需品を運ぶのか?と思ったら、裏手の方に車が走れる道は有るそうです。但し遠回りになるから人間はこちらに乗った方が速いよと。
縫う様に民家が
 無人の運転席から見た前方の様子。この青い鉄骨構造自体が他に例を見ないタイプだとか。
運転席より
 対向車と行き違いますが鉄骨越しなので景観はイマイチ。
対向車
 片道5分で上のOberloschwitz駅に到着。こちらもホームは階段状。
ホームも段々
 上から見ても傾斜がきついですね~。
傾斜がきつい
 因みにこの駅出口と入口が別になっていて、到着後数分で出口を閉鎖するので写真を撮ってる間に危うく出られなくなる所だったと言う(笑)^^;

 と言う事で次回は復路と一般道から見た光景をお送りします。


次元航海3巻感想
【2015/11/27 21:27】 ハーロック@松本零士
 どうやらまんだらけ限定版が出ない様なので今日移転新装オープンした書店で買って来ました。(零士Futureでサイン付位は出るかも)
やっと買って来た
 今回も大きな加筆訂正は有りませんでしたが、まさか裏表紙とカバー裏に螢のセンターカラーを持って来るとは。10話のカラー絵はまんだらけ限定版2巻で使った為か今回は未収録とは言え、これでRED最新号表紙絵以外のカラー素材を使い切ってしまったのでは。
 これでもしまた限定版が出るなら描き下ろししか無いんですが、帯で「付録は着せ替えカバー!!」と宣伝しているし、以前は25~26日には販売告知が有ったのに未だに音沙汰無ですからねぇ。

 さて内容に関しては既に語って来たので割愛するとして、加筆訂正ヶ所の殆どは目つきが変わっていた程度でした。
 例えば10話の(…何頁だよ。全部断ち切り入ってて数えるの面倒臭い)ハーロックのこのコマ。REDではこんな目をしてましたが…。
10話雑誌版
 3巻ではこうなってます。黒目がちだったのが何故か白目がちに変わってます。
10話単行本版
 13話の台羽のこのコマもREDでは黒目だったのが…。
13話雑誌版
 これまた白目に変更。ただ全部加筆訂正している訳では無く殆どは元のままなので、何故一部だけ変えたのかは不明です。最近はこう言う描き方が増えてはいる様ですが完全に変わった訳ではないし。
13話単行本版
 しかし今回の変更で一番不可解なのはこの台詞に尽きますね。12話の貴重なハロミメのシーンですが「死んだ人間の想いが生き返らない」ってどうよ?
 トチローの体は死んでも心は生きているんですよ。いや普通に死んでしまっていたとしても、遺された人達が遺志を継いでくれれば「想い」は決して死にませんよ。
 人が本当に死ぬ時は誰からも忘れ去られてしまった時と言いますよね。もし「想い」が消えてしまったのなら何でハーロックがトチローの代わりに地球を守ろうとするのよと。
トチローの心は生きてますが?
 REDでは原作と同じだったのに態々変える意味が解りません。尚、原作ではこの台詞が出た時はトチローは単なる故人。心が生きている事が初めて明かされるのは精神センサーの回で、しかもハーロックがトチローを起こすシーンも出て来ます。
 それに対して次元航海では次の13話で早速トチローと語り合ってるシーンが出る訳で、前回のこの台詞と矛盾していると言うか余韻も減ったくれもないと言うか。…ったく貴重なハロミメだったのに ̄З ̄; (←(笑))
これは原作と同じ
 原作の該当シーン。尚、この直前でミーメがハーロックは戦いの事で頭が一杯になってる事を寂しがっていますが、当の本人は友の事で頭が一杯だったと言う(苦笑)。
実は友の事で頭が一杯
 それにしても11話の螢は未だ可愛かったんだね…。
未だ可愛かった…
 15話の正体が判明した時には別人の様にきつい顔になってしまって^^; 
正体がばれたらきつくなった
 最後に今回比較してて初めて気づいたんですが、13話の海底の石碑の文字って15話の伏線だったんですね。
ダナサイトとイスカンダル
 螢:ダナサイト ミライザー
 澪:次期イスカンダル女王


 …って澪ってもしかして真田澪こと娘のサーシャなの?! 古代守&スターシアにハロミメを見ていた私は、『ヤマトよ永遠に』でサーシャまで殺した事に腹を立て、以後暫くヤマトを見るのを辞めた位だったんですが、次元航海では澪も出て来るんすか??
 ヤマトともリンクしているから充分あり得ますね。

ドレスデンII(9)~ロシュヴィッツの珍鉄道1~
【2015/11/26 13:53】 海外旅行
 【ドレスデン鋼索鉄道(ケーブルカー)】
 公式サイト
 詳細説明パンフ 

 ドレスデン中心部から北東、エルベ川に架かる「青い奇跡」と呼ばれる橋を渡った所に在るロシュヴィッツ地区。ここのケーブルカーとモノレールは100年以上もの歴史が有り、どちらも傾斜がきつく車や徒歩で行き来するのは無理なので地元民の足となっています。
 地図を見ればお解りと思いますがケーブルカーの正式名称ドレスデン鋼索鉄道(Standseilbahn Dresden)…は良いとして、モノレールの方はドレスデン・サスペンション鉄道または空中鉄道ドレスデン(Schwebebahn Dresden)と言います。
 ドレスデン空中鉄道では無く空中鉄道ドレスデンって、機動戦士ガンダムとか超時空要塞マクロスみたいでカッチョエエ!!(笑)(そこは銀河鉄道999と言ってやれよ)
ロシュヴィッツ地区
 因みに「青い奇跡(Blaues Wunder)」、正式名ロシュヴィッツ橋(Loschwitzer Bruecke)は1893年の落成当時は緑色をしていたのに、次第に薄い青色になった所から付いたのですが、ドレスデン爆撃で唯一被害を免れた橋で「奇跡」の名に箔が付いたとか。
 青い奇跡を渡る前から右手にモノレールの駅が見えてます。(生憎乗った日は雨が降っていた為、一部の写真は後日撮り直しました。) 
空中鉄道上の駅
 駅拡大図。何だかお城の展望台みたいな構造してますね。
拡大図
 ロシュヴィッツ側から見た青い奇跡。同じ構造の橋が連なってるけど、薄青いのはこちらの橋のみでもう1つは灰色です。
青の奇跡リベンジ
 本当は向かって左の歩道からモノレールの方を先に乗りたかったのですが、生憎歩道が工事中だった為ケーブルカーの方を先にします。そちらの方が青の奇跡からも近いですし。
 ただこの駅がちょっと解り辛くてね…。青の奇跡からちょっと行くと交差点にこの様な案内板が有るのですが、実はこの時点でケーブルカーの駅は通り過ぎてます。
案内板
 ちょっと戻ってさて…駅は何処に在るでしょう?
駅舎はこの間
 実はこの2つの建物の間に在るのです。下の駅Körnerplatzは正に隠れ家。(後で撮ったので車両が写ってます)
正に隠れ家
 ホームからトンネルが見えてます。
出たらすぐトンネル
 トンネルから出て来て到着。
来たよ~

階段式ホームに合わせて車両も傾いてる
 傾斜に合わせて車両もホームも傾いてます。
ホント傾いてる
 発車すると木々の間から民家が見えます。眺めは良いだろうけどこんな所に家建てるの大変ですな。
樹の隙間から民家が見える
 トンネルを抜けて5分で上の駅Weißer Hirschに到着。こちらのホームからもトンネルが見えます。上下の駅どちらもトンネルが在るケーブルカーって他にも有るんですかね。
 でもこのトンネルのおかげで第二次大戦中はここに車両を隠せたので、下の駅は破壊されたけど車両は無事だったそうです。 
上の駅の前もトンネル
 こちらのホームは傾斜どころか階段ですよ。
階段を上って改札を出る
 改札を出てもトンネルが見えます。それだけ急斜面なんですね。
改札を出た所
 駅舎正面。レンガが凝ってて小さいけど中々お洒落な作りです。
駅舎
 中はちょっとした資料館になっていて、ここで使われた車両や部品が展示されています。
ちょっとした資料館
 昔の車両。こんな構造で良く人が落ちなかったな…。(ドアは撤去してるんだろう…多分) これでは3~4人しか乗れないけど当時は同じ車両が複数連なってたんですかね?
昔の車両
 模型で仕組みを解説までしてくれてます。(…が実は次回紹介する空中鉄道の方ですな) 地元民向けと言う割に観光客を意識してますね。生憎駅からはエルベ川の眺めが堪能出来ませんが。
こんな感じで走ってる
 この路線は行きよりも帰りの方が見応え有ると思います。…と言う事で運転席のすぐ後ろに座ります。(行きは人が乗っていたのと最後尾になる為それが出来なかった)
 運転席と言っても自動化しているので実際に運転士が乗って来る事は有りません。
運転席から見た様子
 さてトンネルを抜けて少し経つと対向車との交換地点に来ます。ケーブルカーの醍醐味ってこう言った上下の車両が行き違う光景と思うのです。
これぞケーブルカーと言うべきか
 対向車が来ましたよ~。
対向車が来た
 じゃ~ね~。
じゃ~ね~
 行き違ってやがてカーブが見えて来ると下のトンネルの入り口。
トンネルだ~
 トンネルを抜けるとそこは下の駅だった。
トンネルを抜けるとそこは下の駅だった
 到着。行きと違い向かって右のドアから降ります。
到着
 駅にはモノレール共々写真が幾つか貼られてます。天気が良ければ絵になったのになぁ ̄З ̄;
天気が良ければねぇ
 営業キロ547mとは言え中々ダイナミック且つ疾走感が有って、特に帰りはスリルを味わえると思います。結構気に入ったので機会が有ったら「天気のいい時に」リベンジを図りたいですね。

 次回はもっと珍品「空中鉄道ドレスデン」を紹介します。 
 
今回めっちゃ役に立った♪    こちらもお勧め。ドイツ特集。
         

ドレスデンII(8)~レスニッツグルント鉄道3~
【2015/11/23 19:05】 海外旅行
 14:54ラーデブルク行きの列車到着。マジでこれが最終ですからねっ。
ラーデブルク行き到着
 駅前で待機していた馬車はもう客が来ないと諦めをつけて帰って行きます。…が、着いたばかりだし結構お客降りたと思いますけど~? 見切りをつけるの早過ぎませんか? (いつも事なのだろうか)
諦めた
 ここから先はマジで牧草地帯らしくフェイント牛やフェイント馬やフェイント羊がやたらと目につきます。
フェイント牛が一杯
 わ~い大接近☆
大接近
 約20分でラーデブルク到着(15:17)。
ラーデブルク到着
 構内には木造客車が繋留されています。イベントや貸し切りで使う事も有るのでしょうか?
使う事有るんかな?
 駅舎横からホームへの標示。何だか楽しそう。
なんか楽しそう
 ラーデブルク駅舎。左に写っているのは貸し切りバス。「ザクセンワインとSLの旅」的なツアーの様です。
ラーデブルク駅舎
 1日実質2本しか来ないのにビアガーデンまで有ります。実はツアーの団体客が中で買い物し捲っていたんでそれなりに需要が有る様です。生憎雨のせいで外は無人状態でしたが時候の良い時はここも賑わうのでしょう。
店が有る
 この辺りで雨が酷くなって来た為、列車内から様子を窺ってたら一部「貸切」だったんすね。スタッフが「スイマセンね~」と言いながら剥がして行きました。
 客の大半がツアーだった様で彼等が居なくなると駅はいきなり静まり返り、折り返し出発までの24分間、周囲を見ていたのは私等だけ。何だ鉄(道ファン)は他に居なかったのかよ(笑)。
しかも貸切車両だった
 行きにオープンカーを占領していたのは彼等だったのか。帰りは乗ろうと思えば楽勝で乗れたのです…雨さえ降って無ければね ̄З ̄;
 機関車は給水に向かいます。
給水に向かう
 隣の緑のディーゼル機関車は保線用なのでしょうか? 雨のせいで画質が悪いのが残念-Д-;
隣りの機関車は何者?
 あ、同好の士が居た(笑)。
あ、居た(笑)
 そして何故か駅の向こうには鶏が放し飼いされてました。
何故か駅の向こうに鶏が
 定刻通り15:41に発車。この時点ではガラガラでしたが、モーリッツブルクでは流石に人が乗って来ますね~。でも馬車に乗る人は遂に見ませんでしたね~^^;
帰りも人が乗って来る
 ヴァイセス・ロスを抜けるとトラムが。幸いにしてあちらが少々遅れた様で平面交差を目の当たりに出来ました。
トラムが過ぎて行く~
 ほ~行きは気づかなかったけど踏切はこうなっているのか。もし機会が有ったら道路側から確認したいですね。
踏切がSL用とトラム用有るのさ
 DBが見えて来たら間もなく終点です。
DBが見えて来たら間もなく終点
 今回2つのSLを紹介しましたが秘境度はヴァイセリッツタール、でも街中を平面交差するレスニッツグルントもこれはこれで面白いです。
 街中を縫う様に走るSLと言えばモリーが有名ですが、あちらは商店街の中を路面電車ならぬ路面SLで走るのに対し、こちらはトラムとの平面交差と住宅街の隙間を走るのが大きな違いでしょうか。
 モリーはしばしば旅行番組で取り上げられるけど、マニアック度では今回乗った2つのSLの方が上と思います。でもモリーにも乗っては見たいですね…恐らく機会は無いでしょうけど。

 さて…次回は鉄道でもさらにマニアックな路線を紹介します。寧ろSLよりもツボでした。
 有難う!!『ヨーロッパ鉄道旅行2015』!! 君の記事はドレスデンで大いに役立ったよ>▽</


次元航海16話感想
【2015/11/21 02:19】 ハーロック@松本零士
 今回表紙&3巻発売記念着せ替えカバー付。…と言う事で歴代表紙を並べてみました。…皆左向き&顔半分見えない ̄▽ ̄; しかも全部銃を持っていると言う。
 一番異色なのはトチローと一緒な2015年3月号ですね。尤もこの頃耽美化が著しかったんで顔はかなりビミョーですが ̄▽ ̄;
表紙絵を並べてみた
 ついでにセンターカラー一覧。螢スペシャルだった先月号が浮いてますね(笑)。今回台羽スペシャルなのに未だにカラーになって無い可哀想な台羽^^;
 左向き多用を嫌う私としては10話のセンターカラーが配色・レイアウト共々一番好きです。
センターカラー1
 REDの表紙絵は次の単行本表紙に使うでしょうから、この4点の内どれかがまんだらけ限定版になるんですかね?
センターカラー2
 これまで通常版発売数日後に限定版発売告知のパターンだったんで、出るかどうかハッキリするまで3巻は買いません。12/6の零士Futureで出る可能性は結構有りますし。
 普通限定版は通常版に先行するか同時に発売告知する物です。何だか後で告知して2冊買わせようとするのはお行儀が良い商売とは思いませんね。
 
 さて…着せ替えカバーは既存絵かと思ったら描き下ろし…なのは良いけど手抜きぢゃ有りませんか? ̄▽ ̄; いや今回表紙も描いてるし時間が無かったのかも知れないけど、他の作品はそれなりに凝っててファンが喜ぶだろうと思ったんで。
手抜きだ…
 しかもエフェクトや目つき含めこれに似ているのは何故よ? カバーの折り返し部分の髪が明るくなってる所までまんまやん ̄З ̄; 顔色も悪いし。

 どう考えてもパクリ手本にして描いたとしか思えないのですがね。
もしかしてパクリ?
 しかし本編もカラー2枚&単行本作業が重なったせいか、はたまた久し振りにの台羽を描いたせいか顔が変わってませんか?(苦笑)
誰?
 次のコマでは耽美化してます。ところで台羽博士は顔が広くて友人も多かったと思いますが、息子は恐らく一人も友達が居なかったっぽいのが憐れ^^;
同一人物?(笑)
 これまた顔が変わってるし…絵が安定していませんね。
誰なのよ(笑)
 永久凍土地帯のマゾーンは原作では集団で氷に閉じ込められてたんですが、次元航海では1人しか居なかったんですかい ̄▽ ̄; 時間が無くてモブシーンを描く暇が無かったから?(笑)

 さてメインコンピューターのアクセスを察知して、たった独りでマゾーンと対峙する事への緊張感を抑えながら、そこに居たのは波野静香。
 幾らスレンダーと言ってもウエスト細過ぎ(笑)。
ウエスト細過ぎ(笑)
 でもこのコマはエロくて良いっすね。
静香さんエロイ
 アクセスしたのを研究所を地球政府が接収した事にしたのは上手い。成程それなら堂々とデータを持って行ける。

 以前会った時と台羽の気迫が違うんでトキめく自分達が失いかけている物に気づく静香。何時かアルカディア号に密航してやたら飯を食う居候になるんですかね?(笑) 少なくともハーロックの唇を奪う事は有るまいよ。
 でもまあ今回もハーロックの出番殆ど無いやん。静香のイメージ映像と…。
出番これだけ
 ガイアフリート時代の写真位とは。しかもこの写真幽霊みたい^^;
幽霊みたい
 台羽が実質主人公だろうとは思ってましたが、ここまでハーロックの影が薄いとは(苦笑)。そりゃ表紙&着せ替えカバーで目立つしか無いわな(笑)。

 そう言えばラストに出て来たラフレシアの胸が減量している気が…。


ドレスデンII(7)~レスニッツグルント鉄道2~
【2015/11/19 13:33】 海外旅行
 ラーデボイル・オスト駅周辺は未だ住宅街で出発すると間もなく踏切。でも良く見ると遮断機の向きが変。線路に並行だけでは無く道路に直角にも付いています。
踏切だが交差している…?
 この辺りでトラム4番とレスニッツグルントが平面交差するのです。その様子はこちらのサイトを御覧下さい。今後ドレスデンに行く機会が有るかどうかは判りませんが、もし機会が有ったら自分の目でも確認したいですね。
 さて平面交差を抜けると列車は住宅地の中に入って行きます。
住宅地の中を入って行く
 場所によっては民家の壁と接触するのではと言う位近いです。この辺の住民は毎日SL見て暮らしてるんですね。煙で洗濯物が汚れそうだけど^^;
窓の向こうは民家
 出発後4分で隣のヴァイセス・ロス(Weißes Roß)駅に到着。ロゴが何気にお洒落。
ザクセンワインの生産地
 駅と言っても小さな無人駅で他の駅も大体こんな茶色っぽい小屋か、バスの待合室みたいな物が在る程度です。
概ねこんな駅舎
 前述した様にここはザクセンワインの産地で、トラム4番やS‐bahnを併用すればSLに拘らなくても行く事は可能ですし、バスツアーも有るのでお時間の有る人は是非どうぞ。
 しかし今時車とSLがこんなに最接近な所は殆ど無いのでは?
SLと車がこんなに近くに
 とは言えその先は牧草地帯。牛や馬や羊が随所で見られます。
でも郊外は牧草地帯
 26分でモーリッツブルクに到着。この列車はここが終点でラーデボイル・オストに戻りますが、1時間半程度でラーデブルク行きが来る為、その間モーリッツブルク城に行ってみます。
 時刻表を御覧下さいよ~奥さん(?)。14:56発が最終なんですよ~マジで ̄▽ ̄;
時刻表
 流石観光地なだけ有ってお客が多いですね~。ヴァイセリッツタールとはえらい違い。
流石客が多い
 バンバン降りるよ~!!
バンバン降りるよ~
 自転車もバンバン降ろすよ~載せるよ~。
チャリも下ろすよ~載せるよ~
 さて…目玉のモーリッツブルク城ですが実は駅からのバスが無くて、馬車に乗るか30分位歩くしか有りません。 (Dresden Neustadt駅からバス326番で行けるそうです。所要時間約30分) しかもそれまでの道がちょっと解り難いのが困ったもんです。
 駅前に馬車が待機してますが誰も乗りそうにないんで引き返してました^^;
馬車か徒歩しか無いんかい
 駅から暫くは裏道なんですよね。本道に出れば真っ直ぐで土産物屋やレストラン等々店が並んでるんですけど。
モーリッツブルク城地図
 うむ。市役所だ。
市役所
 モーリッツブルク城の手前にも馬車が待機してます。幾らするか知りませんが駅から歩くのは正直面倒なので、それなりに需要が有るんでしょうね。 
ここにも馬車が
 さて…そのモーリッツブルク城は湖面に浮かぶ城で、晴天だと実に絵になるのに…生憎の曇天-Д-;
モーリッツブルク城
 正門前の石像は対になってますが左右で全く状態が違います。向かって左は綺麗ですが…。
片方は綺麗だが
 右側はあまりに悲惨で痛々しいです。こちらは修復してないのですが左は以前壊れたりしたんでしょうか?
片方はそのまま
 まあ中に入る時間も無いので立ち入り禁止区域でへれっとするハイイロガンばかり撮ってました。
ハイイロガンがへれ~と
 昼食は城の近くのカフェでヴルストをパンに挟んだ物とビールで軽く。シンプルだけど美味い。
シンプルだが美味い
 発車まで30分近くに迫った為ここから駅に戻ります。おお…本物のマイセンが極普通に売ってますぜよ。
マイセン
 ドードーさん?(笑)
ドードーさん?
 駅近くの鉄道標記が何故か電車。日本では電車が走っててもSLな事が多いのに何故逆なんだ(笑)。
標識が何故か電車
 踏切は至ってシンプル。ドイツ郊外の踏切はこう言うXマークが目印の様です。
踏切
 さて駅に戻って来ましたよ~…で次回はいよいよラーデブルクまで行って帰ります。
モーリッツブルク駅舎
 ドレスデンの鉄道特集付。今回の旅に大いに役立ちました。

 こちらもドイツとポーランドの鉄道特集有。


ドレスデンII(6)~レスニッツグルント鉄道1~
【2015/11/17 12:13】 海外旅行
 レスニッツグルント鉄道の切符。
切符

 *公式サイト
 *路線図

 ドレスデン中央駅に戻りS1のマイセン行きの電車に乗って、起点のラーデボイル オスト(Radebeul Ost)まで約15分。
起点駅
 秘境っぽいヴァイセリッツタール鉄道に比べると、こちらは今でも地元民の足&観光客にも人気の路線です。Radebeul Ostからラーデブルク(Radeburg)まで16.55㎞を片道約50分で走ります。

 但し、その大半は途中のモーリッツブルクまでで、終点に行くのは3往復、しかも早朝の便は地元民の通勤通学用で平日のみなので実質2往復しか有りません。11/20以降の時刻表

 …と言う事は事前に知っていました…がっ何年か前は終点までこんなに便が有ったらしいです。(困った事にこれが何年前なのか判らない…)

 これ位便が有れば隣りのヴァイセス・ロス(Weißes Roß)はザクセンワインの産地だし、途中下車してワインを賞味する時間だって取れるんでしょうけどね~。(多分バスか何かで行く事は可能と思う)
 ただ途中下車は可能なので実際にこの駅で降りてワインを賞味する方は少なくない様です。ザクセンワインは品質には定評が有る物の、生産量が少なくて殆ど地元消費されてるそうですから、ワインの好きな方はドレスデンに寄ったら是非お立ち寄り下さい。(生憎時間の都合でその暇無かったけど)

 さて話を起点駅に戻しましょう。一旦S-bahnの駅舎を出たら横に乗り場が待ち構えています。S-bahnのホームの下に隠れ家的に在るヴァイセリッツタール鉄道よりも、屋根が無い分何と無く開放的な感じがします。
乗り場はこちら
 これが乗るSLか?と思いきや単に繋留しているだけ。
ヴァイセリッツタールよりも開放的
 ただし結構近くまで行けるのでちょっとした鉄道資料館っぽくなってます。
ちょっとした鉄道資料館
 この青い機関車は使ってるのかな?
青い機関車
 前から見ると妙に薄っぺらいのは何故。
妙に薄っぺらい
 こんな車両まで。
こんな車両まで
 昔使っていた郵便車か…火事の危険性が有るので木造車が使えなくなったのは日本と同じなんですかね。
実は郵便車
 この辺無料で見られるんでSLが来るまでの目の保養になりますよ。
これは使う事も有りそう
 ロゴが何となく楽しそうですね。
ロゴが楽しそう
 参考:ヴァイセリッツタールのロゴの様子。真っ直ぐって生真面目な印象。
こっちの方が真面目そう
 ホームは待合室のみ。
待合室
 ただ掲示板に結構チラシが貼って有ってこちらでもイベントやってた様です。
こちらにも同様のイベントが
 そうこうしている内に汽車が来たよ~!! 隣はDBの車両だよ~!!
DBと一緒に来たよ~
 再掲しますが軌間750㎜なので標準機1435㎜のDBとはこんなに線路の幅が違います。
幅が全然違う
 一旦給水。
一旦給水
 乗りますよ~。
乗りますよ~
 自転車専用車両まで有る辺り本当に地元民が使うんですね~。
自転車も載せられる
 …と言う事で次回はモーリッツブルクまでお送りする予定です。

ドレスデンII(5)~ヴァイセリッツタール鉄道2~
【2015/11/14 14:57】 海外旅行
 フライタール・ハインスベルク(Freital-Hainsberg)駅を出ると一旦S-bahnと並走し、やがて南西方向に分かれて行きます。水害前はこの併走区間がもっと長かったそうで線路を敷き直したのだとか。(写真は復路なので線路の位置関係が逆)
S-bahnと並走
 隣のFreital-Coßmannsdorf駅付近はちょっとした集落になっていてショッピングモールが隣接されてます。
隣りの駅は集落
 SLに乗って買い物に行けるショッピングセンターってここ以外にも在るんでしょうか? 建物にもしっかり描かれてます。(ただ駐車場に車が一杯有ったから大半は車で買い物に来るんだと思う)
ショッピングセンター
 しかしここを過ぎると線路は一気に森の中に入って行きます。
森の中~
 車内は綺麗だしトイレも有りますがそのまま線路に落っこちるタイプで、しかも水が出ないので使えるけど手が洗えないと言う…。
綺麗だけどトイレの水は出ない
 次のRabenau駅周辺はペンションだかレストランが幾つか在って、地元民か宿泊客か知りませんがSLを見つめる老夫婦?がいらっしゃったり。
ペンション?

地元民だろうか?
 Rabenau駅の別のホームには使ってない車両が繋留されています。交換可能な駅なので昔はここで行き違うSLを見る事も出来たのではないでしょうか。
多分使ってない車両
3つ先のMalter駅。ここも乗降客の影は無し??
乗降客は無し?
 女性車掌さんがホームに降りて確認してます。(何故か皆太ましい…(笑)^^;) ここも交換可能ですが今のダイヤでは到底その様子は拝める筈も無く。
ホームに降りて確認
 次は約10分で暫定終着駅のDippoldiswalde。ここまで片道約45分。
暫定終着駅

暫定終着駅
 イベント告知。行ったのが8/17なのでこの時点では未だ開催前。今ならクリスマスイベントの告知してるんではないですかね。
イベントが有った模様
 機関車は早速切り離されて奥の方で給水してます。
給水~
 駅の先にも線路は続いています。ここだけ見たら普通に走れる様に思えますが、復旧には莫大な予算が必要だし実際部分復旧している区間も、寄付によって漸くここまで出来たらしいので完全復旧は何時の事やら。
線路は続いているが…
 さて給水が終わると機関車は反対方向のホームから客車を連結します。
機回し

機回し
 到着して13分で全ての作業が終わりここからは復路になります。行きはろくに客が乗ってなかったのに帰りはポツポツ乗って来ます。
帰りは人が乗って来た
 途中駅でもチラホラ乗降客が居るし…周辺はハイキングコースなのでそう言った客が結構利用するみたいです。
降りた様だな
 そうこうしている間にオープンカーは人で埋まりました。
オープンカーは埋まってしまった
 そんな事も有ろうかと雨も上がったし既にオープンカーに居たので、帰りの方が良い写真が撮れたのです(笑)。森の中どころか崖の傍を走るの図。
崖の傍
 良くもまあこう言う所に線路を通した物です。客として乗る分には絶景ですが工事は難航しただろうな。しかもこう言う風光明媚な所に限って自然災害の影響を受け易く、維持費が半端無くかかると言う。
森の中~
 日本でも高千穂鉄道や鹿児島交通等、水害で壊滅的打撃を受けてそのまま廃止になった所が幾つか有りますが、この秘境鉄道が良くぞここまで立ち直ったと褒めてやりたい気分です。
 さて…冒頭のショッピングセンターを見た後、起点駅に戻ったらこんな新聞記事を発見。
全面復旧決定??
 「2016年」の文字に遂に来年復旧確定か!!と思いましたが、当初やる予定だった工事が延期になったっぽい。如何せん当然ながら全部ドイツ語だしGoogle翻訳がカオスなので全文訳す気になれません ̄▽ ̄;
 ドイツ語が堪能な方で「よしっ私が訳してやろう!!」と仰る方の為に拡大版を載せておきます(丸投げ(笑))。
拡大版
 …と言う事で次回は『レスニッツグルント鉄道(1)』です。
 前にも言った様に秘境度はヴァイセリッツタールの方が上と思うので、どちらか一方しか行けない方にはこちらをお勧めします。観光地が在る向こうの方が客は多いけども。

ドレスデンII(4)~ヴァイセリッツタール鉄道1~
【2015/11/11 13:36】 海外旅行
 *参考記事 :ドレスデンII再開予告

 ヴァイセリッタール鉄道(Weisseritztalbahn)はフライタール・ハインスベルク(Freital-Hainsberg)~クアオルト・キプスドルフ(Kurort Kipsdorf)を結ぶ全長26.4㎞のSL路線です。
 しかし2002年8月に100年に一度と言われる大水害が起り、多くの駅や線路が流され一時はそのまま廃止になるのでは…?と言う危機的状況に陥りました。(運休中の状況
 2008年12月に運航再開するも途中駅のディッポルディスヴァルデ(Dippoldiswalde)までの約15㎞までの部分開業となっております。とは言え渓谷の中を行く為車窓は大変素晴らしく、出来れば無蓋車(オープン車両)に乗る事をお勧めします。 

 チケット往復分。車内で購入可能でドレスデンカード(レギオ)を持っているとほぼ半額になります。
チケット往復分
 ドレスデン中央駅からS3に乗り近くの原発を通り抜け、起点駅のフライタール・ハインスベルクまで約12分。こんな近くに穴場的鉄道が有るとは…凄いなドレスデン。
中央駅近辺の原発
 しかし原発のみならず途中駅に見覚えが有るな~と思ったら、前回ミュンヘンに戻る時に乗った路線だったと言うね(笑)。
 起点駅に近づくとS-bahnのホームは高架なので下の方に車両が見えて来ます。
古い車両が見下ろせる
 向かって左は駅舎の出入り口で右は事務所。無料パンフだのグッズだの置いて有って切符も買える…筈が、「車内で買ってね」と言われました。はて?手前の「Fahrkarten(切符)」の看板は一体何の為に有るの? ̄▽ ̄;
 Der Automat redet nicht mit Ihnen wir schon!
 Kaufen Sie in der Fahrkartenagentur!

 (「マシンはあなたに話をしない、我々は持っています!チケット代理店を購入!」 by Google翻訳…カオス ̄▽ ̄;)
  意訳すると「自動券売機は使えません。チケット売り場で買って下さい」って所ですかね。
右手は事務所
 まあ素直にホームに向かう事にしましょう。…おお…車両が見える…おら段々ワクワクして来たぞ(笑)。
あの向こうに車両が~
 ホーム左手の車庫に機関車が待機しています。これが来るのかと思ったら…。
これが来るのかと思ったら
 右手より別の機関車登場。
別の機関車登場
 結構重量感有ります。
結構重量感アリ
 蒸気が漂うと何だか999に乗る気分。
何だか999を思い出す
 客車にはヴァイセリッツタール鉄道の文字が。
客車に書いてある
 その向こうに古くなった物を含め別の車両も。
別の車両も置いてある
 天気の良い日には大人気のオープン車両。(但しこの時点では雨が降っていた為諦めた)
無蓋車
 尚、機関車に重量感は有りますが、実はこの鉄道(と言うかSDGの3路線全部)線路の幅が狭いナローゲージと呼ばれる物で、軌間が750㎜しか有りません。
 S-bahnは1435㎜の標準軌(新幹線と同じ)なので、並走する区間で比較するとこんなに幅が違います。 (奥:ヴァイセリッツタール 手前:S-bahn)
実はナローゲージ
 こちらの方が判り易いかも。(写真はレスニッツグルント鉄道)
幅が全然違う
 駅構内には貨物車まで有りますが貨物運行は1994年12月に廃止したらしいので、駅構内のみで運行しているか単に放置したままと思われます。(放置している割には綺麗なんだけどな~)
貨物も運ぶのか
 …と言う事で次回は車窓の様子をお送りします。

ベルリンの壁崩壊26周年
【2015/11/09 18:51】 海外旅行
【続・嗚呼…イーストサイドギャラリー…】
 *参考記事:嗚呼…イーストサイドギャラリー…

 そろそろ海外旅行記を再開するつもりですが、未だドレスデンIIの途中ですので壁関係のみ先行してお送りします。今年2回ベルリンに行った(1回目はドレスデン絡み)とは言え、壁探訪は去年までで概ね終了してますし今回は特に気になった部分のみ取り上げます。

 2009年の壁崩壊20周年の時に大々的に修復したイーストサイドギャラリーですが、その後見る度に悲惨な状態になっており目を覆うばかりです。
 一昨年シュプレー川沿いにホテルか何かを建てる為に、壁の一部を取り外して揉めたと聞いてはいた物の、去年はワルシャウアーシュトラーセ駅の絶賛工事中の影響でかなり迂回する羽目になり確認出来なかったんですよね。
 駅の絶賛工事中は相変わらずだったけど今年漸く確認して来ました。オーバーバウム橋が見えて来たら向かって右に曲がりましょう。
オーバーバウム橋
 程無くギャラリーが始まる訳ですが…うあ…酷い…。
うあ酷い…
 アングルが違いますが2012年3月10日時点ではそこまで酷くは有りません。
2012年当時の様子
 今気づいたが2012年時点で既に壁が撤去されてますねぇ…。すると問題になったのは一体何処?!^^;
 今年の9月8日の様子。んん~店が変わってる?
今年の様子
 レーベンブロイが別の店になってて手前にインビスが出来てる様な…。
ホテルだのインビスだの
 尚、この出入り口左右の絵も相当落書きが酷いです。こちらは向かって左手の絵。
この絵の隣が撤去された所
 丁度夕日が壁の上にかかる時間だった為、ちょっと見辛いですが。
これまた落書きだらけ
 2012年当時は落書きが殆ど無いんですよね。
落書き殆ど無し
 対する右側の絵は元がシンプルで修復し易い為か珍しく今でも殆ど落書き無。
反対側は殆ど落書き無
 ただそれ以外はこれでもか!!って位落書きだらけ。
ちょっとなぁ…
 無地の所のみならず元の絵を消してまで落書きするのかよ…。
元の絵が大分消されている
 2012年の様子。落書きが殆ど無くてマトモです。絵はマトモかどうか悩む所ですが(笑)。
割とマトモだった
 もうこれなんて下に何の絵が有ったのやら ̄▽ ̄;
もう何の絵が有ったのやら
 流石に土産物屋は概ね難を逃れている様子。
土産屋は被害を免れてる?
 ただ隣りは相変わらずです。
ただ隣りは相変わらず
 時間の関係で途中までしか行ってませんが例のBLもやはり落書き増えてますね…。
これも落書き増えたよな
 2012年はこうだったのになぁ。
BL(違)も綺麗だった
 不思議なのは2009年の修復後3年間は比較的マトモなのにその後急速に落書きが増えた事です。先月修復したばかりなのにすぐに壊されたとかで、キリが無いので遂に透明なバリヤーで覆う事にしたとか。

 どうも落書きやら壊したりしている犯人は「主に」外国人観光客らしいですね。ベルリンは私が見た限りでは際立って落書きが多い街と思ってましたが、壊した上にそれを記念写真に自撮りする馬鹿まで居るらしい。
 何で平気で公共物を損壊出来るのが人格を疑いたくなります。このバリヤー政策はもっと早くやるべきだった様に思います。

 前にも載せたけど壁公園の落書きを消すボランティアさん。こう言う方達の苦労が無くなって欲しいですね。
落書きを消す人達

【オマケ】
 エアベルリンの壁@テーゲル空港。
エアベルリンの壁

佐賀バルーンフェスタ2015(5)~開催最終日<その2>~
【2015/11/08 00:19】 日常・雑談
 さてこのキー・グラブ・レースは通常の競技と違って何処から気球が飛んで来るか判らない上に、客とぶつかるのでは?!と言う位大接近してくれて、パイロットが間近でファンサービスもしてくれる娯楽要素が強いレースです。
気球が迫って来る~
 ぶつかる~!!
ああっぶつかりそう!!
 手を振ってる間にキーを通り過ぎてしまったり(笑)。
手を振ってる間に通り過ぎたり
 何故かマーカーを投げてアピールしてくれる人も。実況嬢曰く「も~一体何の競技なんですか(笑)」。
マーカーは要りませんってば(笑)
 しかし風の影響で鍵を取るどころか競技エリアに入って来れる気球自体が少ない…。多くは流されて行ってました。さよなら~モーモー…。リベンジ図る人は極一部で取りそびれたらリタイアする人続出。
流された…
 そんな中でハンガリーのチャバ・モルナール選手が遂に金の鍵をGET!! 賞品は「スクーター ジョルノ」。
金の鍵GET!!
 勢い余って地面に引っかかってしまった?! 
ああ倒れてしまった…
 でもバンザーイ!!
バンザーイ!!
 これはTVから撮った物ですが記念写真♪
記念写真♪
 そして持って行きま~す♪
持って行きま~す
 この後ロシアのセルゲイ・ラディポフ選手が青の鍵をGET!! 賞品は佐賀(有明)海苔…。
青い鍵GET!!
 佐賀の特産だけど…ロシア人的に海苔ってどうなんですかね?
ロシア人は海苔を食べるのか?
 その後エリアに入って来る気球も殆ど居なくなりあえなく時間切れ。
 最後は夜間繋留ラ・モンゴルフィエ・ノクチューンですが、朝~昼は絶好の気球日和だったのにキー・グラブ・レース辺りから風が段々怪しくなって来てですね…。バーナーの火が傾く訳ですよ…嫌な予感。
風向きが怪しい…
 生演奏の楽器を提供しているパイオニアの気球を膨らませて様子見するも、結局球皮無のバーナーバージョンに-Д-;
やはり無理だった
 ちぇっ風が強くて駄目だろうと思った前日はフルバージョンで、大丈夫と思った最終日はバーナーバージョンかぁ~ ̄З ̄; 
こんな感じで
 暗い中で動く炎を撮るのはデジカメでは至難の業ですね ̄▽ ̄; フルバージョンの方が炎の明かりが気球の仲を灯すので遥かに撮り易いです。
篝火の様だ…
 仕方が無いのでTVでやってた11/2のフルバージョンの様子から。
11/2の様子
 スマーフの存在感…(笑)。
スマーフの存在感
 フクロウさんは色がイマイチな気がするなぁ。
色がイマイチ
 今回の教訓:夜間繋留を見たいなら都合が付く限り最初の日に行くべし。もし駄目でも最終日が有る。しかし最終日は泣いても笑っても最終日なので次は無い。

 …と言う事で駆け足ですが今年の様子をお送り致しました。来年は熱気球世界選手権の為、開催日が倍の10日になります。流石に10日間全部通い詰めは無理ですが夜間繋留リベンジ(去年フルバージョン見てるけど)を図りたいと思います。
 そんでもって出来ればまたスマーフに会いたいです。何かツボだわ…あいつ。

佐賀バルーンフェスタ2015(4)~開催最終日<その1>~
【2015/11/06 20:18】 日常・雑談
 さて最終日(11/3)も5時起きで行って来ました。初日(10/30)は強風で中止になったフェスタ部門一斉離陸の図。
フェスタ部門離陸中
 バルーンフェスタの気球は4つに分類され、レースを行う「競技(パシフィックカップ)部門」、フリーフライトの「フェスタ部門」、変形気球を繋留する「バルーンファンタジア(シェイプド・バルーン部門)」、開催側が所有する「オフィシャル」が有ります。
 つまりフェスタって飛んでみせるだけの部門なんすね。あくまでも「お祭り」と。

 フェスタ部門が概ね離陸すると前回同様河川敷北側より競技用気球達が次々と接近。
競技部門到来
 今年は来年開催の熱気球世界選手権のプレ大会な訳ですが、去年のブラジル開催で初の日本人チャンピオン・藤田雄大選手が今回も真っ先に到着しました。
世界チャンピオ~ン!!
 ターゲットにマーカーを落とす瞬間。
落とす瞬間
 流石世界チャンピオン!! ど真ん中の1000点満点!!
流石ど真ん中!!
 ただ今回かなりレベルが高くて測定が難航し、この後行われる筈のバルーンファンタジアの準備が中々始まらずスタッフも手持無沙汰。
 ピエロのブルーノチームは記念写真撮ってるし。
記念撮影
 カラス天狗II世(初代の様子)チームなんて何やら丸い物体に寄りかかってます(笑)。
暇だな~(笑)
 実はこれこそカラス天狗II世本体なのですが、ここからどうやって完成するのか纏めて見ました。
カラス天狗変化自在
 気球の空気を入れる部分を球皮と言いまして、折り畳むとパイロットが乗る籠に入っちゃうんですよね。んで籠に入れたまま運ぶのですがそれでも300㎏位有るんで数人居ないと持てません。一人では出来ない…チームワークが問われるのが気球の世界。

 隣のフクロウの様子を見守るスマーフ。
フクロウを見守るスマーフ
 スマーフも籠から出した時はこんなですからね。
スマーフの正体
 おおっ今回レアなフライングモーモー(初代はNo.169)も居るよ!! 既に3代目だけど全く同じ顔で作るから言われないと気付かないよ!!(笑)
既に3代目
 パンダの存在感…。18年前の熱気球選手権佐賀開催の時以来だそうで、万里の長城の上を飛んだ事も有るんだとか。
パンダの存在感…
 何だか目立ってるよ!!スマーフ!!
スマーフの存在感
 開始が遅れた為中に入れる時間が30分切っており、スマーフが飛ぶかな?と内心期待したけどそんな余裕は無かったぜ!!

 さて…正規の競技は早朝の分で既に終了ですが、今年はキー・グラブ・レースを見る事が出来ました。
 去年ダンナ連れて行った際は強風で中止 ̄З ̄;…と思ったら、何と開催自体4年ぶりで賞品をGETしたのは2010年が最後だったとか。
 
 ルールはこの様な鍵の模型(金・オレンジ・青・緑・黄色の5色で其々違う賞品が貰える)をパイロットが「競技エリアから半径1~10㎞内の好きな所から離陸」し、「素手で」「足の裏は籠の底に着けて」取る事。ロボットアームを使ったりジャンプして取るのはNG。
 鍵が架けられている棒は高さ5~6mですが、通常の競技が高さ関係無くターゲットにマーカーを落とせば良いのに対し、風を読みながらピンポイントに手が届く範囲まで来るのは至難の業なのです。
高さ5~6m
 15:00~17:20の間に鍵を取れば良いのですが、風向きが変わると勝手がガラッと変わる為、何処から離陸するか決めても良い場所は早い者勝ちで順番待ちだし、待ってる間に風向きが…なんて事も有り、普段の競技の常識が通用しないそうです。
 観客的にはエントリーした85機が意外な所から飛んで来たり、気球が超接近したりして結構臨場感が味わえます。
 やはり北側の何時もの離陸場所方面から離陸する気球が多いのですが、普段よりも至近距離なので線路のすぐ向こうでこんな光景が見られます。
何処から気球が来るか判らないよ
 はっあの黄色い気球はもしや…!!
はっあれは!!
 モーモー!! モーモーが飛んでるよ!! モーモー!!…実はこの競技は普段参加しない変形気球やオフィシャル気球も参加可能なのです。しかも時間内なら何度でもリベンジ可能だし、同じ人が複数とってもOK…出来るならね。
モーモー!!
 スマァァァァァフ!! バルーンファンタジアでは見られなかった飛行姿がここで見られたとは!!
スマァァァァァフ!!
 おお!! あの頭は…!!
あの頭は!!
 ブルーノ!!
ブルーノ!!
 …漸く意味が解ったぞ…Wikipedieaこの写真はキー・グラブ・レースの物だったのか!!
 生憎公式サイトのバックナンバー見ても何時の物か不明なのが残念。

 長くなったので次回はこの結果とラ・モンゴルフィエ・ノクチューンの様子について語ります。

佐賀バルーンフェスタ2015(3)~グルメ&小ネタ~
【2015/11/04 21:07】 日常・雑談
 最終日の記事を書こうと思いましたが写真が多過ぎて編集に手間取ってる為、前回載せそびれた小ネタを少々。
 線路を挟んだ北部の憩いの広場に「うまかもん市場」と言うグルメエリアが有ります。
佐賀のグルメと特産品が続々
 佐賀のグルメと特産品が多数販売されてまして、TVで色々気になる物は有りましたがキリが無いので、「ありたどり」と言う地鶏を一番の目当てにする事にしました。名物ケバブ屋も有ったらしいんだけど見つけきれなかったし。

 初日から物凄い人数で中々テントに入れない状態。ワインや地酒を始め飲み物のコップ売りも有りましたが、紙コップ手にしたら速攻座らないとブチ撒けるのでは…と心配になる位歩き難い…。
買ったらすかさず座りましょう
 しかし幸いにも「ありたどり」のブースは出入り口のすぐ近くに有り、行列は出来ていた物の割に回転が速いのであまり待たずに買えました。
気になっていた

結構人気らしい
 初日は500円の唐揚小とダンナの土産に鳥皮煎餅を買い、唐揚の方は空腹だったので現地で食べて煎餅だけ持って帰ったら、「寧ろ唐揚の方が欲しかった」と言われたんで最終日に買って来ましたよ、と。唐揚セット1000円、煎餅300円なり。
買って来た
 唐揚はジューシー、煎餅はクリスピーな塩味で中々美味し。

 後はつらつら~と一応奥まで行った物の今年は日本野鳥の会は見かけませんでした。去年1回行った時に最終日も行くと言ったんですが、如何せん物凄い人手でとても辿り着ける状態では無く、ダンナも一緒だった為断念してそのままになってるんですよ…^^;
 有明海にクロツラヘラサギを見に行くなら入会するしか無いかな~ ̄▽ ̄; (遠過ぎ&公共交通機関が無い為行き難い)

 さて奥の方でこんな店発見。…つよし君だと?!
つよし君だと…?!
 メインはトマトジュースか…しかし1500円とは意外と高いっすね。(右は未だ良いとしても)
つよし君意外と高い…
 あっそんな事言うから恵さんに怒られちったよ(笑)。
恵さんに怒られた(笑)
 これは有名店が出してるのか見た限りでは一番長蛇の列でした。ここも気にはなっていたけどその後買い物が有ったからパス。
凄く人が並んでた…
 外のブースでは大町の「たろめん」。
たろめんはたろめん

たろめんですコラボもしてます
 まさかウルトタマンタロウとコラボしてるとは。博多駅でウルトラの母がノリノリでやってるポスター見た事有るけど、九州ローカルではなく全国各地でこう言うコラボやってるんですかね?
お母さんノリノリ
 たろめんは食べた事無いんですがたろめんとしか言い様が無いそうです。見た目はチャンポンだけど麺はうどんで生姜が利いてるとか。
 来年も出ていたら食べてみるかな…?

 場所は変わって線路南の売店エリアのNHKブース。世界を股にかけるどーもくん。海外の主要都市にNHK WORLDと言う英語版NHKが放映されているんで、実際に放映している国に行ったのかな?
どーもくん
 ロンドンとベルリンが並んでいるのが何気に嬉しい。ドードーさん(英)vsすとちゃん(独)か~…ドードーさんの勝ちだな。
ロンドンとベルリンが並んでいるのがまた…
 最終日…マトモにやると2~3回に分ける羽目になるんでどうしますかね? ̄▽ ̄;

佐賀バルーンフェスタ2015(2)~外から気球がやって来る~
【2015/11/02 19:33】 日常・雑談
 今日(11/2)の昼に行ったら風が強くてラ・モンゴルフィエ・ノクチューンはバーナーバージョン(気球を膨らませないVer.)だろうと思って行くの辞めたらフルバージョンをやるそうで ̄▽ ̄; 直前までどちらか判らないから見極めが難しいんですよね。判ってから行くには暗いし今回は独りだし…。
 まあ明日最終日だから5時起き&夜にも見に行きますわ。

 取り敢えず10/31の競技の様子なんぞを。
 去年唯一リアルで見た競技はローンチサイト(競技エリア)からの一斉離陸でしたが、今回初めて嘉瀬川河川敷ローンチサイト外から飛んで来るタイプを見る事が出来ました。
 大まかな飛行ルートはこんな感じと思われます。
こう言うルートらしい
 今回5つの競技を同時にやると言う事で(5つ目のフェスタは強風の為中止)、メイン競技のバルーンは大忙しなのです。
 ルート確認する為に写真Ver.で場所を確認したらしっかり名前が入ってました。しかもテントが有るので極最近の物ですよ。Googleマップ仕事早いな~。 
しっかりバルーンフェスタの名前が
 しかし5時起きで行ったのに凄い人手です。皆早起きさんですね~。と言うか早朝の方が大気が安定しているので競技が行われる確率が高いのですよ。正に「早起きは三文の徳」をバルーンで実感。
早起きさんが一杯
 さあ来たよ来たよ~!!
次々に来るよ~!!
 頭上を過ぎるよ~!!
来たよー!!
 本当見た目はファンタジーなんですが、実は熾烈な頭脳線が繰り広げられていると言う。
見た目はファンタジーっすよ
 バルーン競技は早い者勝ちでは無く、如何にターゲットの近くにマーカーを落とすかが勝負なのですが、風が強くなると流されて遠くに落ちたりしかねないので、様子見せずに始まった途端にさっさと昇って済ませるパイロットも多いです。
 赤い紐の様な物がマーカー。実は競技によって色が変わる様で黄・黄緑・青なんて物も見かけました。
投げた!!
 中にはターゲットにかなり接近して落とすパイロットも(着地したら失格)。
次々に落とす
 今回かなり接戦だったらしくターゲットのX印の周囲にマーカーが続々。
接戦の模様
 気球達は降りずに次の競技に向かいます。前述の地図にも書いた様に佐賀市から小城(おぎ)市を抜けて、杵島(きしま)郡の江北町&白石町が今回のゴールだったそうです。
次の戦いはもう始まっている
 今回去年に比べると特に競技がさっさと終わってる印象が有りました。これも風の向きが頻繁に変わる為、出来る内に済ませてしまおうと言う意識の表れの様です。
 おかげで競技は無事に終わったけど気温が上がると共に段々風が強くなってきた…。
何気に風が強い
 と言う訳でバルーンファンタジアは簡易版で始めた物の中止になってしまったと。
フクロウさん、立ち上がれず
 中止が決まる前にかかし祭りと物産コーナーに行ってみました。以前はドラえもん気球が有ったらしいですが、老朽化で引退してしまったとか。バルーンファンタジアの気球達も「たこ2nd」とか「○○II号」「II世」「II」と付いてる物がチラホラ。
ドラえもん気球ってのが有ったらしい
 フライングモーモーに至っては既に3代目だとか。気球の寿命ってどれ位なんですかね? 
既に三代目
 …さて先程花火の音がするな~と思ったら、ラ・モンゴルフィエ・ノクチューン〆の花火でした。丁度樹が有るんでアングルがイマイチだけど自宅のベランダからも見えましたよ。
自宅からも見えます
 良しっ明日は早起きだ~!!

佐賀バルーンフェスタ2015(1)~バルーンファンタジア~
【2015/11/01 13:50】 日常・雑談
 開催初日の10/30はダンナの出張が有った為、早朝の競技を見に行けず9時過ぎからバルーンファンタジアを見る為に向かいました。
やってるやってる
 変形気球はその特殊な形状故に通常の気球よりも空気抵抗が大きく、競技終了後に気温が上がってより風が強くなる事も多く、中止になったり途中で切り上げたりする事も珍しく有りません。
 ただ今回は来年の熱気球世界選手権大会を踏まえ、一部の変形気球を飛ばす試みもするそうで…。
 たこ2ndの隣の青いのは初参加のスマーフ@ベルギー。スマーフと言うキャラはベルギー発祥であちらでは大変人気が有るそうです。
スマーフ
 佐久市が本気出した!!(笑)佐久の鯉太郎。
佐久が本気出した
 この鯉太郎の下には機材諸々を積んだ痛車…もとい専用の車が停まってました。
痛車…もとい宣伝カー
 去年はこのビートたけしだったんですがどうやら新しく作った様です。ビートたけしより遥かに手が込んでます。
去年はこのVer.
 この赤い謎の物体Laristraは唐辛子だそうで…アメリカの方なんですが、御本人の出身では軒先に唐辛子をぶら下げるのが普通だとか。…しかし唐辛子を気球にする言う発想は普通無い(笑)。
唐辛子…
 こちらも初登場の気球ですね~。
新手登場
 ピエロのブルーノ。スロバキアからやって来ました。
ピエロのブルーノ
 隣はOwlbert(オウルバート)。見ての通りフクロウですが作りが凝っててカラフルな上に中々可愛い。
フクロウが可愛い
 でも或る意味一番存在感が有ったのはこの巨大パンダ。
巨大パンダ
 やはりパンダは人気が有りますね~。下では着ぐるみが子供達の相手してます。
着ぐるみも稼働中
 最後に立ち上がったのは地元佐賀ではお馴染み(多分)のさがえびす。去年も最後だったけど膨らませるの相当難しい様です。
さがえびす
 …さてそんな事をしている間にスマーフが飛んだ!!
スマーフが飛んだ!!
 一体どれが飛ぶんだろう?と思ってたらこいつだったとは。写っているのはパイロットご夫妻。行ってらっしゃ~い。
パイロットはベルギーの方
 2機目は巨大パンダ…のつもりだった様ですが風が強くなって断念。そうしている間にどんどん飛んで行くスマーフ。
 パンダ「置いてかないで~T∇T;」
 スマーフ「やだよ~♪」
パンダは飛べず
 無事河川敷の向こうに飛んで行くスマーフ。
河川敷の向こうに着陸
 じゃ~ね~☆
じゃ~ね~
 因みに翌10/31は早朝から出かけて競技も見たのですが(そちらについては次回)、バルーンファンタジアは30日よりも少な目だった上に、風が強くなった為一部試しに膨らませただけで、残りはバーナーVer.と言う簡易版だったので、他の展示物を見て回って帰りました。
 形状が保てていません…。
マトモに膨らませられず
 フクロウも立ち上がれずこの後空気抜き始めます。
結局立ち上がらず
 最初から膨らませずバーナーで対応組。
最初から膨らませてない
 結局昨日も今日も途中で中止になった様ですね。今日は競技が早々に終わったのでファンタジアも早目に準備していて、初日に居なかったTOMIIとフライングモーモーIIIが居たそうですが。
日によって差し替わるみたいね
 しかし本当に風に左右されるな~ ̄▽ ̄; 初日に見に行ってて良かった>▽</

 次回は10/31早朝の競技について。




サイドメニュー ×
メニューA  メニューB