のよのよ in Zの悲劇?!
鳥全般・海外旅行・ばんえい競馬・アニメ&漫画etc.…ニッチな情報提供も目指します。

最近の記事 ×

プロフィール ×

Pin

Author:Pin
出身:福岡県。長年住んだ出雲から佐賀へ移住の白衣好き主婦。
趣味:同人活動ではハーロックに原点回帰。(他にナノセイバー・恐竜惑星・ジーンダイバー)、ばんえい競馬、鳥関係全般、(科学者用)白衣等々。海外に行った時は旅行ネタ多目。


カテゴリー ×

月別アーカイブ ×

最近のコメント ×

最近のトラックバック ×

FC2カウンター ×

カレンダー ×
03 | 2016/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


ベルリンIV(2)~トラム延伸区間2~
【2016/04/29 11:34】 海外旅行
 時に2015.9.8…今回遂に延伸区間に乗る事が出来ました>▽</ ホテルがゲズントブルンネン(Gesundbrunnen)だった為、S-bahnで先ずは隣のNordbahnhofへ。
 電停周辺も随分綺麗になりました。
綺麗になったもんです
 電停。
随分整備された
 M8中央駅行きがちゃんと表示されてます。(本当の終点はLüneburger Str.ですがこの時は中央駅の先で折り返していたっぽい)
M8中央駅行きが~!!
 来たよ~ん。
来たよ~ん
 これまでバスで通っていた道をトラムだと10分程度で中央駅に着きます…が、途中の自然史博物館で一旦降りるのが私のジャスティス!!(笑)
先ずは自然史博物館へ
 右に曲がって行ってる線路はM5。以前M6が走っていた区間と一部重複しています。
曲がっているのはM5か

M5が曲がって行く
 トラム自体は数年前の絶賛工事中っぷりが嘘の様に綺麗になってますが、代わりに自然史博物館が修復工事中でした。
寧ろ博物館の方が工事中
 自然史博物館に関しては…今回はまあ良いか。敢えて言うなら前回よりはマシだったかなと。ただ内部も延々工事中だったのは事実でオオウミガラスが居なかったのも事実 ̄З ̄; もうヴロツワフに賭けるしか有りません。
工事中2
 工事中の自然史博物館を横目に今度こそ中央駅に向かいます。こんな調子で頻繁に来るんであまり待つ必要も有りません。
頻繁にやって来る

さてまた乗るか

工事中の博物館
 5分程度で中央駅到着。(写真は出て行った所)
中央駅到着
 そこに反対方向から別の車両が…行先表示が一寸変わってる?
反対方向から別の車両が
 拡大すると運転士の横に人が付いてます。
しかも隣に人が付いてる
 実はこれ教習車なんですね。確かドレスデンでも見かけました。トラム王国なだけあって新人育成にも熱心なんでしょう。
教習車らしい
 前回工事中だった停留所もすっかり綺麗になってます。
工事も終わっとります
 しかし開通して大して経ってないのに何故前回はあんなに大々的に工事をやり直していたのやら。日本だと時前に入念にチェックするからこんな二度手間な事しないと思うんですがね。
 それはともかくすっかり整備された感の有る中央駅前。
中央駅まえも大分綺麗に

うむ綺麗
 …でも実は周囲では未だ絶賛工事中なのでした ̄▽ ̄; 2020年頃までかかるんではないですかね?
でも周辺の工事は終わってない
 次回からはメインの【ブッコー小鉄道~フランクフルト~コトブス】シリーズ開幕。先ずは時系列順に『ブッコー小鉄道』から。

ベルリンIV(1)~トラム延伸区間1~
【2016/04/27 11:32】 海外旅行
 行ってから早や8か月弱、予告から2か月余り…漸く始められそうなので出来る内に進めておきましょう。遅くとも次の海外遠征までに何とか済ませておきたいですねぇ。既に紹介済の物を確認したらもうこれで良いんでは無いか?と言う気がしなくも有りませんが(苦笑)。

 正直結構な情報量な上にベルリンの場合は変化が激しい為、以前の記事や資料を見直して再構成する必要が有りまして、他にもネタが次々に来る状況ではそう簡単に着手出来なかったのも事実です。
 尚、『ベルリンIV&ポーランドII』だと長いので便宜上ベルリンIVとポーランドIIに分けます。但しベルリン→ポーランド移動時は併記するかも知れません。

 先ずはベルリン中央駅までやって来たトラムの話から。
*参考記事(未だ有るかも知れないが取り敢えず確認出来た物)
 ベルリン旅行記(8)~ベルリンの壁8
 ベルリン旅行記(16)~ベルリン中央駅~
 ベルリン旅行記III(1)~壁探訪1~
 ベルリン旅行記III(8)~トラム対決~
 消えたポーランドの列車??(追加)
 海外ミッション終了!!(追加)
 ベルリンIV&ポーランドII予告(既出)

 事の起こりは初めてベルリンに行った2012年3月。路線図では自然史博物館にはU6以外にもトラムM6で行ける様な事が書かれておりました。
 ところがいざ着いてみるとU-bahnの上の線路は絶賛工事中でとてもトラムが来る状況では無いよと。(写真は2013.9.8だが当時と似た様な物) この時は単に一時的な整備と思ってたんですよね。
工事中だった…
 これが2014.9.6になるとU-bahn駅上の交差点は更に混沌として来ますが…。
交差点は更なる混迷
 手前の博物館沿いの道には新たなる電停が。つまり従来のM6を一部廃止してその代りに中央駅方面に新たな線路を作っていたのです。
だが博物館沿いの道には…
 ここだけ見ると今にもトラムが来そうな位出来上がってます。
今にもトラムが来そう
 ギュンター・リトフィンの墓はこの道沿いに在り、そのまま中央駅に続くのでバスで駅に向かうと…おお停留所を作っとる。
中央駅横

工事中2
 更に反対側のNordbahnhof側も絶賛工事中。
Nordbahnhof
 現在は中央駅からNordbahnhofまでM8とM10で直接行ける様になってます。(路線詳細 要pdf)ここが開通するまではバスに乗るかS-banを乗り換えるかしか無かったんで随分便利になったもんです。
現在は直行可能
 参考までに2012当時の路線図抜粋も載せておきます。比較すると全然違う事がお解りと思います。
2012年当時のトラム
 …さてこの路線も去年開通したと言う事で、ドレスデン移動のついでに中央駅で確認してみたら…(2015.8.15)。
…おい…
 …おい…何で工事中なんだぁ!!(ノ# ̄□)ノ 7月?に開通したばっかりでは無かったのかよ!!
何で工事中なんだぁ!!
 どうやら偶々臨時工事中にぶつかった模様 ̄▽ ̄; まあ近々また来るしその時に乗れたら良いや~と、生暖かい気持ちでドレスデンに向かったのでした。
臨時工事中に当たったらしい
 2に続きます。

クロツラヘラサギを求めて(8)~4/24番外編~
【2016/04/25 20:03】 鳥関係
 他の人が概ね帰った後、クロツラさん達が動き出したので動画を撮ってたんですが、結構面白いシーンが撮れてたんで紹介します。

 先ずは前回触れた営巣行動。2羽が枯枝を加えてますがペアなのかどうかは不明です。
営巣行動
 こう言う行動が見られる辺りそろそろ渡って行ってもおかしくないんですよね。
2羽同じ枯枝を加えてる
 嘴の形のせいで正面から見ると顔が面白い(笑)。
顔が面白い(笑)
 これなんか叫んでいるみたい?
叫んでいるみたい
 …と言う事でTwitterではこんな風に紹介しましたが、折角連続で撮れてるので漫画にしてみました(笑)。
漫画にしてみた(笑)
 だって冠羽の立派な奴が仲間が話を聞かないので叫んでる様に見えるんだもん(笑)。

 ただ渡りと言うのは危険を伴う為、近年では面倒臭がって居座ってしまう個体が散見される様です。佐賀では佐賀城公園のヒドリガモが2~3羽夏でも見かけられると聞いてましたが、クロツラさんも2~3羽ここに年中居るそうで良い事なのやら悪いのやら…。
 お前等希少鳥類なんだから故郷で真面目に繁殖せぇよと ̄▽ ̄;

クロツラヘラサギを求めて(7)~4/24編~
【2016/04/25 13:49】 鳥関係
 23日に行くつもりが昼から雨の予報(実際昼前に降って来た)だった為1日延期。昨日は概ね良い天気と言ってたのに、朝から雨ぢゃないかぁ~!!…と思いつつも、段々回復しそうだったし雨天決行しました。

 今回はクロツラさんよりもシギ類が目当てだったので、タイトルは『シギチ団地を求めて』の方が正しいかも。
 大潮と言っても新月の時に比べて潮位が50㎝位低いと通路まで波が来ないんですねぇ。気づいたら満潮が終わってしまったと言う感じ。
 これまで満潮時にクロツラさんが集まっていた杭はアオサギが1羽、傍のシチメンソウ群生地にはダイサギが20羽程居る程度なので、シギチが集まっている所に向かいます。
 そろそろ渡りの時期なので夏羽個体が増えて来た物の、未だ未だ冬羽&過渡期も混じってるし、最大の特徴とも言える嘴を隠して寝ている個体が多くて、相変わらず野外のシギの判別は厄介ですな~ ̄▽ ̄;
 
 流石に前回の様な路上シギ団地は無くて普通に干潟に居ます。かなり少なくなっては来た物の結構な数が残っています。
ずら~!!
 やはりハマシギが一番多いけど夏羽が目立って来ましたね。
やはりハマシギ多数
 オオソリハシシギは夏冬個体差が激しいな~と。全体的に赤い鳥の大半がオオソリと言う感じ? (但し結構寝ている物が多くてハッキリせず ̄З ̄;)
オオソリ夏羽

オオソリ冬羽
 でも赤い体に黒い波紋の翼の裏は何気にお洒落。
羽広げ~
 これは腰が白いのでダイシャクシギ。
これはダイシャクシギ
 でもこちらはダイシャクにしては茶色っぽいしレアなホウロクシギ…と思います。
ホウロクシギ?
 すれ違った年配の女性に挨拶したら「あちらにミヤコドリが居ますよ」と教えて下さいました。6羽全部渡ったんでは無かったのか!! 2羽だけ残ってました。
ミヤコドリ2羽滞在中
 銘々勝手に観察する人が多い中、10数人の集団が解説しながら観察してました。どうやら日本野鳥の会の方らしいです。流石に私よりも遥かに良い機材と知識を持っていらっしゃる。私では良く判らないシギを何種も見つけておりました。
 ただ非会員の私が質問するのも失礼な気がして、傍でリーダーと思しき方のお言葉に耳を傾けながら、自力では見つけきれなかったシギを多少発見。(こんな事書いていて御本人がこれ見たらどうしましょう(笑)^^; その節は勝手にお世話になりました(^^ゞ)

 この真中の赤い鳥はシベリアオオハシシギと言う種類らしいです。ただこれまた嘴を見せてくれないんでちょっとハッキリしません。傍のダイゼンより小さい気がしますがオオソリよりも大分小さいのは確かです。(シベリアオオハシ:33㎝ オオソリハシシギ:41㎝ ダイゼン:約30㎝)
 しかし大きさ的にコオバシギ(24・5㎝)と言う気も…??(しかし脚は黒っぽい? コオバシギの足は黄色) 私は別の鳥を見ていたのでは無かろうか-Д-;
 *因みに他の方の写真と比べるとダイゼンよりも小さく見える物が散見されます。…それもこれも嘴が見えないから判らんのだT∇T; 首を伸ばすと明らかにダイゼンよりも大きくてスレンダーな鳥だけど、こんな風に丸まってしまうと意外と小さく感じる様な。
 シベリアオオハシシギらしい
 これはヘラギっぽい。ヘラギでは有りません。因みに非常に小さい(15㎝)為、私のカメラでは限界です ̄▽ ̄;
ヘラシギ?
 そんな調子でシギを撮ってる傍らに実は居たのです…クロツラさん達が(笑)。皆シギを見るのに夢中でクロツラさんの影が薄い薄い(笑)^^; 寝ていて動かなかったのも一因ででょうけど。
実はクロツラさんが居た
 ヘラサギも未だ残ってた様子。
ヘラサギだよな?
 風向きのせいで冠羽が一寸面白い事になっとります(笑)。
換羽がモヒカン状態に(笑)
 潮も大分引いて来て珍鳥達が沖に飛んで行った為、野鳥の会の皆さんは解散。しかし私は個人的に居残ります…そうネタを探す為に(笑)。
 殆どの人が去った後、動き出すクロツラさん達。残り物には福が有る>▽</
のび~

のび~
 角度のせいで見え辛いですがお互いに羽づくろい中。どうやらペアの様です。この他にも枯草を拾ったり営巣行動が見られました。
お互いに羽づくろい
 生憎ハマシギがドッと飛び立ったのに驚いたのか一緒に沖に飛び去ってしまった為、クロツラさんの観察は終了。後は戻りつつ干潟を見ていたら餌を採ってるダイゼン発見。
 むっ?!
大物だ1
 大物だ!!
大物だ2
 えいえいっえいえいっ。
大物だ3
 にょろ~~~ん。
大物だ4
 …ああ…切れちゃった…^^;
切れちゃった?
 何だか面白かったのでTwitterにUPしたらちょっと反響が有りました♪

 連休中も未だシギが居そうなので5/7~9に行けたら行ってみて、そこで本当に春季の見納めにする予定です。(但し5/8は地区のソフトボール大会が予定されてる為、行けるかどうか判りません。)

次元航海19・20話感想
【2016/04/21 19:50】 ハーロック@松本零士
 先月は発売日に不在中だった上に3連休で入手が遅れた+ばんえい記事でそれ所では無かったので2話纏めて感想。

 因みに過去記事を確認していたら『17話感想』が2つ有ったんですが、実は2月号の『機械化帝国の仇』が17話で、4月号の『海賊式無法戦闘』は18話だったと言う事に気づきました。
 よって2/22分の感想を17話から18話に訂正します。まさか本誌で堂々と間違ってるとは思いませんでしたよ ̄▽ ̄;

【19話】
 前回衝角戦でマゾーン艦を撃破した続き。ハーロックの件はマゾーン全艦隊には伝わってないんですかね? 情報をかなり掴んでいるのはジョジベルと静香位だったりして。
 トビラでカッコつけてるけどカッコつけるなら今の内だぞハーロック。来月号はまた殆ど出番無いんだからな(笑)。
今の内に出番を作っておかないと(笑)
 ミーメも久し振りの出番。しかし本当に今回のミーメは全く目を開けないつもりなのだろうかね。んで金星でラフレシアと会うと言う事でしょうな。
ミーメも久し振り
 一方台羽は父と交流の有った地球植物局局長のクロードの所に向かいます。どうでも良いけど封筒に「台羽研究所」と書くだけで届くのか。遥か未来にこんな封筒が有る事も驚きですが(笑)「御中」も無いのは非常識では(苦笑)。
 んでそのクロードはいかにも偏屈そうな御爺さんですが…。
えらく偏屈そうな爺さんになったなぁ
 …って原作のこの人ですかい!! 肩書は同じだけど性格は全く別人では無いですか。原作では世界中の植物の異常繁殖を首相に報告しようとして相手にされず、「台羽博士やクスコ教授のいったことにもっとはやく耳を傾けるべきだった」とボヤく程度だったのに。
原作のクロード
 指名手配されている台羽にあっさり局長の所在をバラす自然環境省…個人情報って一体。
 そしてクロードが台羽に見せた物は氷に閉じ込められたマゾーン達。16話では1体シルエットで登場しただけですが今回は沢山です。
実はもっとサンプルが有った
 んでマゾーンが植物生命体と言う事も判明します。原作ではマゾーン艦に乗り込んだ時に、艦のコンピューター部品にされていたマゾーンを分析して判明しますが、次元航海は事実上の主人公が台羽なのでこう来るか!!と思いました。
 しかしどう見てもマゾーンがミーメそっくりなのは何とかなりませんかね(笑)。
ここで植物生命体を明かすか
 更にこの氷漬けのマゾーン達が1億年以上前から有る事も判明。
 ところで原作の「七〇〇年前」がずっと気になっていましたが「七〇〇〇万年前」の誤植ですよね? 700年前なら「有史以来」とは言わんぞ(笑)。
誤植よね?
 しかし毎回顔が変わる気がするラフレシア…。1話に比べると随分貧乳になったもんだ(笑)。
毎回顔が変わってる様な

【20話】
 前回の続きから。クロードの許可の元マゾーンのデータを解析する台羽。母親の名はアニメ同様「弘子」と言う事は台羽博士は「強」ですよね?
 マドンナだったのか…ほうほう。弘子さんを巡って台羽博士とクロードと何やら有ったかもね。青春だな~。
 ただ彼女が亡くなったのが海王星の衛星トリトンから冥王星になったのは意味が有るんですかね? (例えば冥王星にはメーテルの本当の体が有るんでその辺と絡んで来るとか…)
マドンナでしたか
 クロードの「こんな無責任な地球なんぞ 滅びたほうがいいのかもしれん」に言う事だけは一人前な台羽。
 ところでな…原作ハーロックも時々「地球なんて滅びてしまえ」とキレるけど、地球は人類だけの物では無いですから。松本作品でしばしば見られる人類至上主義的な発言、傲慢としか思えません。
 「こんな無責任な人類なんぞ 滅びたほうが…」なら解るんですけどね。
言う事は立派なのだが
 マゾーンのデータ解析が終わった直後に台羽が居る事が公安警察にバレてしまいました。
 前回あっさりと指名手配犯にクロードの居場所を教えたのは、自然環境省がいい加減だったからでは無くて罠だったのです。首相はあんなにテキトーなのに公安警察は危険分子に対してえらく働き者ですな。
 我が身を犠牲にして台羽を逃がすクロード。まさか原作のおっさんがこんなに美味しい役持って行くとは。…畜生…カッコいいぜ…今度からクロードさんと言わせて貰う!!T∇T;
ああ死亡フラグ
 口では大層な事を言っても未だ未だ台羽は皆のおかげで生かされているのです。台羽よ…クロードさんの死を無駄にはするなよ…。
無駄にはするなよ
 話はマゾーン側に移って静香の本名が判ります…って「静香」でなはくて「静」なの?! 誤植なんでしょうかね?? 便宜上ここでは静香にさせて戴きます。
静「香」では無いのか?
 ハーロックの情報は一切見つからなかった物の本人の血縁者と思しき人物が登場。
ハーロックの兄さんっすか?
 古代将(すすむ)ですと?! 将で「すすむ」って松本先生のリアル弟さんと同じ名前ですね。ただハーロックに兄弟が居たなんて設定聞いた事無いんですけど…。
 いや「ヤマトが打ち切りにならなかったら古代守がハーロックだった」と言うなら解りますよ??
ハーロックは守だよね?
 将は太陽系連邦(ガイアフリート)総司令且つGヤマトの艦長だそうで。
 999UJの「壮年」に従えばハーロックの兄になるんですが、絵を見る限りでは寧ろハーロックよりも若いですよね? …と言う事はハーロックの本名は古代守なんですか?^^;
 うわ~ここでヤマトと繋げやがったよ(笑)^^;

 しかも除隊メンバーにトチローが居るのはともかく「星野」…?
トチローはともかく…
 えっ?! そうだったのか~~!! ラフレシアも知ってる位黒騎士は有名だったんですね。
えっ?!
 そして今回のハーロックの出番はここだけ(笑)。
今回の出番ここだけ
 次号は4巻発売記念で巻頭カラー。表紙やセンターカラーは何度も有りましたが巻頭カラーは何気に初めてです。3P位有ると良いなぁと思いつつも、REDの巻頭って1Pだけの事が多いから今回も1Pかな。
 寧ろ目玉は付録の方かも。名前は聞いた事有るんですが読んだ記憶が無いので素直に有難いですね。
名前は聞いた事有る
 こんな風に松本先生の未収録作品を付録にしても当分ネタは尽きそうにありません(笑)。



怒涛の海外遠征決定
【2016/04/20 10:35】 海外旅行
 昨夜8~9月の海外遠征が決まりました…一番危うかったミュンヘン含め結局全部受かりました ̄▽ ̄;

 大まかな日程はこんな感じ。
8/20~23頃 ソウルII
8/26(27)~9/3? ミュンヘンII
 →9/10頃 ポーランドIII (ヴロツワフ)


 つまりソウルから帰って来て3日後位にミュンヘンに向かって、そのままポーランドに移動するので去年に引き続き半月位日本に居ません。
 
 熊本の地震は長期化しそうだし(ここも頻繁に揺れてる)、もし向こうに行ってる間に災害が起きても気づかない可能性も高いです。
 実際ドレスデン中に寝屋川中学生男女殺人死体遺棄事件が起り、ポーランド中に鬼怒川決壊が起きてますが、いずれも向こうでは情報が入って来ずすぐには判りませんでした。
 災害や事件について毎度話している訳では有りませんが、無反応だから無関心と言う訳でも無いのでその辺は御了承願います。

 閑話休題。海外遠征の中でソウルは基本行って帰るだけな為、旅行記と言えるネタは多分殆ど有りません。
 最初に行った(1998年)時と違い空港が金浦から仁川に変わってる為、初めて利用する事になりますがその辺関連と、以前火災に遭った南大門辺りを確認する程度になるのではないかと。少しはグルメ情報が入るかどうか。
 もしネタが沢山有っても3日後にまた海外な状況で旅行記書けるかよと(ノ# ̄□)ノ

 ミュンヘンは初のドイツだった所で、前回は自然史博物館の場所が判らず(移転若しくは原則非公開の施設多過ぎ)ストレスから蕁麻疹になった物ですが、今回お目当てが違うからまあ大丈夫でしょう。

 問題はミュンヘンからポーランドへの移動。ワルシャワから飛行機が日に4本出ているらしいけど、OneWorld(JAL系列)非加盟の航空会社しか就航して無い上に乗り継ぎが面倒らしくて。(要確認)

 尚、今回は東方のビャウィストクでは無く西方のヴロツワフです。古都として風情の有る良い街だそうですが、自然史博物館にエルさん連れて行かねば。
 …そうオオウミガラスをね…見たいんだよ…ドイツでは期待出来ないからな… ̄З ̄;

 因みに初めてポーランドが決定した時の記事。
 ここにも有る様にヴロツワフは大分前から知ってたんですよね。ええオオウミガラス関連で。これ書いた頃はヘルシンキから行けた記憶が有るんですが、有ったとしてもOneWorkd非加盟の所の筈です。(要確認)

 去年に引き続きドイツ→ポーランドの移動が入るとなると、今回も面白コウノトリを連れて行かねばなりません(笑)。
今回もこいつ等が同行
 その前にそろそろベルリンIV&ポーランドIIを始めたい物ですねぇ。

クロツラヘラサギを求めて(6)~4/9編~
【2016/04/18 12:47】 鳥関係
 一応4/23か24で前期の観察は見納めの予定でしたが、先日の熊本地震は有明海越しに佐賀にも来たし、既に鳥が激減しているかも知れません。そうでなくても渡りの時期ですから。
 地震に関しては私は大丈夫ですので被災地の方達を気遣って差し上げて下さい。

 さて4月にもなると流石に大分鳥が減って来てますね。クロツラさんは何時もの杭に合計11羽+離れた所に2羽。しかし8日は3羽しか居なかったそうなので、前日無理して来ていたら徒労に終わっていたかも ̄▽ ̄;
 先月と違い皆夏羽に変わってます。
夏羽に換装
 やはり知らない人が見たらサギと勘違いするかもなぁ…。
夏羽2
 満潮で近くに寄れない~と思ってる間に半数以上飛び立ってしまいました。流石にそろそろ観察も終盤と言う事を思い知らされます。
半分以上飛んでった
 残ったのは4羽だったので他の鳥も観察に行きましょう。ミヤコドリ6羽とダイシャクシギは既に旅立った模様。
残り4羽
 カモメ類もセグロカモメが多少居る程度でズグロやユリは見当たらず。やはり旅立ったかな?
カモメ類もセグロカモメ位
 シロチドリがチョコチョコ可愛く3羽歩くその先に…。
シロチドリがうろついてると思ったら
 やたらとシギ類が集まってる一角が。因みに通路です。普通は人間が通る所です。わ~と飛んでるのはハマシギ。
何なんだ一体
 何故か餌を摂る訳でも無いのに干潟から度々集結してます。飛んで来るのは主にハマシギで他のシギはただ突っ立ったまま。
 夏羽個体がチラホラ居るんで冬場よりも種類が解り易いけど、あまりに多過ぎるのと望遠の限界だった為、ピントが合わずイマイチ不鮮明なのが残念。
夏羽のシギもチラホラ
 しかも大半が海の方を向いてると言う。
謎のシギ団地
 ダイゼン&ハマシギの定番面子に加え、矢印のオバシギ(多分)、オオソリハシシギ、オグロシギ…等々、旅鳥軍が謎の決起大会状態。(エリマキシギ?と思しき個体が居たけど本当に居た様なので要確認)
オバシギ
 冬眠していた干潟の生き物達が引き潮と共に次々に出て来ます。主に蟹(シオマネキ?)とトビハゼですが、満潮時に通路やシチメンソウ群生地帯に流された個体もチラホラ。
シオマネキ?
 流されて来た魚はトビハゼばかりでムツゴロウには会えず。
トビハゼ~
 しかし正面から見ると愛嬌の有る魚ですね。お前等干上がる前に帰れよ~でないと鳥達に食われるぞ~。
正面顔が可愛い
 干潟ではこの様にシギが普通に餌摂ってる訳ですが…。
干潟の鳥達は餌摂ってるんですけど
 こいつらが何故集結しているのかさっぱり解りません ̄▽ ̄;
マジで何なの?
 通路にトビハゼや蟹が居るのにほぼ無反応…。
潮が引きだしたが餌摂る気配無
 マジで何してるのあんたら? 干潟組の順番待ちでも有るまいに ̄▽ ̄;
マジで何してんだあんたら
 彼等が未だ居るかどうか解りませんが、もし残ってる様でしたらもう一寸鮮明な写真を撮りたい物です。なので旅鳥組はオバシギ以外今回は特定しないでおきます。

 クロツラさんよりも路上シギ団地に会うとは思わんかった。今週末に行けたら今度こそムツゴロウ見たいけどどうでしょうね?

 今週末に何か成果が有ったら紹介しますがどうなるやら。

熊本の地震、佐賀でも震度5強
【2016/04/16 23:40】 日常・雑談
 熊本で震度7の地震発生で佐賀でも震度4を記録、次いで震度5強に達するとは。

 発生当時各地から心配されましたが幸い我家は何とも有りませんので御安心下さい。

 それにしても初回は前震に過ぎず、寧ろ本震は昨夜の1時半頃の方だったとは。
 震度4は一応経験有るけど震度5強は初めてでしたよ。しかも寝ようと思っていた所にいきなりでしたからね。私も相次ぐ余震にふわ~と酔った感じが続きました。これが震災酔いと言う奴ですか…。
 
 九州でこんなに余震が続くのは私の知る限り記憶に無いです。未だ余震が続いている上に段々震源地がずれて行ってます。
 今回の地震は過去の大地震と比べてもかなり珍しいタイプとかで実に性質がが悪い。 余震数は阪神大震災以上なんて…。

 気象庁「経験則から外れた地震」 3カ所で別々に発生
 
 ただでさえ最初の地震でダメージ受けていた家屋が昨夜の本震で止めさされたケースも増えてます。犠牲者も2回目の方が遥かに多いです。
 しかも今九州は結構な雨が降ってますので、土砂崩れが発生していた地域の被害が拡大しなければ良いのですが。

クロツラヘラサギを求めて(5)~3/11編~
【2016/04/13 11:28】 鳥関係
 *前回の様子

 我ながら1か月も前の話を今更するんかいとツッコみたくなりますが、3月はばんえい記念やゲスト原稿や零コレ作画も有ったし、年度の変わり目となるとこればっかりやってる訳にも行かないのです。
 それを言うならベルリンIVとポーランドIIが未だ始まってないんすよ…(苦笑)。

 動かないと評判のクロツラさんの動く姿を見たいなら大潮の満潮時が一番ですね。杭に留ろうとする物の数が足りなくて奪い合いが起きるから(笑)。(とは言え大多数が渡ってしまう春はあまり期待出来ない)
こんな感じで並んでいても…
 あっ!!
あっ
 飛んだ!!
飛んだ!!
 一旦追い出されたらぐる~っと回って…
ぐる~っと回って

ぎゅい~ん
 入~れ~ろ~!! …ちっ追い出されたぜ ̄З ̄;
ぐる~っと回って入れ替わり
 …とこんな感じで入れ替わる様子が暫く見られたのです。眼福眼福´▽`
入れろよ~
 この時点では夏羽になっていたのは1羽だけでした。
夏羽は1羽のみ
 冠羽が生えて来たり胸が黄色くなるのはまるでサギみたいですね。
冠羽と胸の黄色
 実際遠くで見るとダイサギと紛らわしいのですが、サギ類は首を曲げて飛ぶし嘴の形が違う事で見分けがつきます。
サギ飛翔姿
 さて2羽飛び立った物のその後あまり動きも無さそうなので移動して他の鳥も見に行きます。
一部飛び立った
 ズグロカモメはその名の通り大分頭が黒くなってました。
ズクロカモメ達

頭が黒くなりました
 対するユリカモメは未だ白いままです。しかし大きさ大分違いますな~。
ユリカモメは未だ黒くなってない
 ミヤコドリ6羽はこれが見納め。
ミヤコドリ見納め
 今度も冬もまた来てくれると良いな~。
また来てね~
 相変わらずここのカモは大半はツクシガモですな~。余所ではこんな光景見られんぞ多分。
相変わらずツクシガモが多い
 ここでは少数派のオナガガモと大分数が減ったダイシャクシギ。後はハマシギとダイゼン、メダイチドリ位か。
オナガガモとダイシャクシギ?
 シチメンソウ群生地辺りでやたらユリカモメが飛び回ってると思ったら…大物GETだぜ!!
大物だね
  この時点では干潮になっても特別生き物が湧いて来る様には見えませんでしたが、これが4月になると一変します。

 次回4/9の様子に続きます。飛び去った鳥も居れば何故か集まる鳥も居る。流石有明パラダイス!!>▽</


意味深な零コレ選考(笑)
【2016/04/11 13:01】 ハーロック@松本零士
 募集締め切りが迫って参りましたが私は3つ目は結局出さない事にしました。明らかに前の2つに比べてレベルが落ちる物を出すのは不本意だし、その分他の方に枠を空けておくべきかと。
 とは言え海外勢と思われる作品にはアウトでは無いか?と気になる物がチラホラ有って、掲載基準が判らなくなって来ました(苦笑)。

 さて募集期間中盤の4/1には既に松本先生による選考が始まっておりまして、二代目から気になる画像が送られて来ましたよと。
蜃気楼綺譚が写ってる
 どうやら蜃気楼綺譚は候補の中には入った模様。
抜粋
 別の写真にはリブートと二代目の「美少年でゴーラム」も入ってます。
こちらはリブートと二代目の作品も…
 リブートは掲載確定枠ながら「投票制だった場合の海外受け」を意識したのに対し、蜃気楼綺譚は受け狙い無関係の本命&掲載されるか不明だったので一寸報われた気分。
 尤も選考に残ってるからと言って受賞する保証は無いです。特に今回は大分狭き門ですし期待しないで下さい。
 でも前回写っていた物が受賞したのは確かです。
前回の様子
 ところでこんな風に一旦印刷して松本先生に見て戴いてる訳ですが、投稿作の中には明らかに印刷には向かないと思われる低画質の物も散見されます。
 モニター上でも不鮮明なのにどうするんでしょうか。

 …それにしても今回ハロミメ含めカップリング系は妙にセクシーな物が多くないですか^^; 全員海外の方だと思われますが生々しくて恥ずかしい^^; これもお国柄なのですかね(笑)。

帯広小ネタ2016
【2016/04/09 19:55】 ばんえい競馬
 明日は能検だしいい加減今回で終わらせないと保留したままのネタがこなせない ̄▽ ̄; シルバーイズミは明日の3Rに出走か~。

 前回取り上げた重種馬専門誌はあっさり公式サイトが見つかり通販もしている事が判明。
 ただ送料が現時点では不明なんですよ…本誌よりも高くつくと不経済なので検討中です。

 ばんえい記念の時に配られたクリアファイル。
ばんえい記念クリアファイル
 参考までに去年配られた馬のガラス細工。4000個配布は多過ぎたのでは…。余分に渡されても未だ残っててもてあましていた様な。
去年の馬の像
 バックヤードツアーの土産@真面目な写真Ver.
バックヤード土産2
 リッキーVer.
バックヤード土産
 その中身。
中身
 クリアファイルは去年と絵柄が違うのですが毎年変えてましたっけ? 去年はこんなでした。
去年のクリアファイル
 日程表も入ってましたね。
去年の中身
 ついでに一昨年の分も確認したら、ファイルはリッキー1種だったけど中のポストカードは2種類有った模様。
一昨年の土産
 私の知る限りではカレンダーは去年から付く様になってます。バックヤードツアーが有料化したのは確か2~3年前(3年前は不参加なので不明)でしたが、比較した限り毎年中身は変えているのですね。
 ただ1年に1回しか参加しない為、年度毎に全部変えてるのか、或いは一定数が捌けた時点で新しい物にしているのかどうかは解りません。
写真が違う

 こちらは競馬場に行く途中で見かけた小ネタ。北海道の信号機は積雪対策で縦長い事が多いですが、ドラッグストアの所の交差点はLEDに替わると共に斜めに設置されてました。
傾く信号機
 横から見ても超薄型。多い日も安心(←?)。
実に薄い
 従来の信号機は夕日の影響で赤と青の区別がつき難かったのですが、LEDに替えてしまうとそれ以前に見えない為、こうして傾けているのだそうです。確認した限りではこの交差点のみでした。
 順次切り替えて行くのかと思いましたが聞いた話では、「普通の信号機(電球式)と違いLEDはあまり熱を出さず点灯部分に雪が積もっても融けないんで、別途暖める装置を設置する必要が有り何の為のLEDやら」だから普及しないかも ̄▽ ̄; 
斜めの信号機
 …でも電柱まで傾ける必要は無いと思いますよ?^^; (車がぶつかったな?)
柱まで傾ける事は無いだろう(笑)
 そんでもって歩道にこの様な標識が有るのは解るけど…。
御尤もだけど…
 走れません!!(笑)^^;
走れません!!^^;
 流石に今頃はこの雪の塊も消えましたかね?

 …と言う事で取り敢えずこの辺で終わらせて戴きます。

海外の雑誌でばんえい特集
【2016/04/07 20:45】 ばんえい競馬
 現開催執務委員長の佐藤徹也さんは元決勝判定室の方でして、今回御好意で委員長室にお邪魔致しました。もっとも同判定室にSさんが居た頃は、毎度の様にここでコーヒーを御馳走になったり、レースを見たりしていたから別に初めての訪問では有りませんが(笑)。
 机の後ろにはポスターがズラリと貼られております。
ポスターがズラリ
 今回お土産に戴いたばんえい記念のポスター。前にも紹介しましたが桜色が綺麗ですよね。
ばんえい記念も有るよ
 実はこんなデザインも候補に挙がってました。(「TypeD」と有るから少なくとも4つ目) 佐藤さんが推薦した物で馬の顔の白い部分(流星)1を「1」に見立て、「1トン」としたかったそうですが、解りにくい云々で没になったと言う幻のポスターです。
没案
 来客用のテーブルに置いてあるガラスのばんえい像。作ったのは台湾の国宝級の方だそうで、ばんえい記念の時も新たに作って貰って表彰式の時に贈る予定でした。
橇の形は違うけども作った人が国宝級
 ところが先日の台湾の地震で工房が潰れて出来なくなってしまったとの事。御本人の安否は聞きそびれましたが、無事でいらっしゃるなら何時かまた作れる日が来ます様に。
本当は同様の物を贈る予定だった
 アメリカで出ている重種馬専門雑誌(季刊)。なんとばんえいが特集記事になってます。
アメリカの重種馬雑誌
 目次。
目次
 ばんえい記事のトビラ。
結構しっかり特集してある
 お~谷調教師!!
谷調教師~
 ミルキー、リッキー、キングの名も挙がっております。
3頭の名前も挙がってる
 フクイズミの記事。
フクイズミの記事
 そしてこの子が今年デビュー予定のシルバーイズミ…の筈。(キラサキクの仔馬時代では無いと思う…)
 今回の能検の目玉と思いますが、今年の第一回能検は4/10だから4/11生まれの彼女は2回目以降しか出て来ない?? 折角実況付でネット中継されるのに…惜しい。
この子が今年デビュー予定
 フクイズミはこちらにも載ってます…って何気に撮影者が知った人では無いですか。
ここにもフクイズミ
 この他にも12Pに渡って掲載されてます。海外でここまでばんえいが取り上げられたのは恐らく初めてでは。
 う~ん…結構欲しいがAmazon.com辺りで無いと入手出来ないか?

 こちらは上の雑誌とは別のアルバムですが、フランスのサン・ジャン城博物館で今度ばんえい展が開催されるそうで、カメラマンが下見を兼ねた時の写真。
フランスで展示会の予定
 古城の博物館とは風情が有って良いですねぇ。
古城を博物館に
 フランス産でばんえい縁の重種馬はブルトンとペルシュロンが居るので、自分の国で生まれた馬の子孫が帯広で世界唯一のレースをやっている事を知って貰うのは中々大切ではないかと。

 さてこの辺で終わり…と言いたい所ですが長くなったし、もうちょっと小ネタをやろうかと思ってます。

 

バックヤードツアー&ITV室
【2016/04/05 09:59】 ばんえい競馬
 バックヤードツアーの詳細を語ろうかと思いましたが、基本は去年と同じなので小ネタを中心にお送りします。
 装鞍所で2Rの勝利馬ヒカルタイホウが表彰式の為に丁度出て行く所に遭遇。
行ってらっしゃ~い
 装鞍所での説明を終えてバスに乗る時も表彰式を終えたばかりの所に遭遇。
終わってから会った
 しかも厩舎地区内でも遭遇。何故かやたらと縁が有りました(笑)。
何故か厩舎地区でも会った
 これまではもっと遅めの時間だったせいか、あまり馬を見かけなかったのですが今回は結構随所で見かけました。ただ好天には恵まれた物のバスの窓ガラス越しなのであまり綺麗に撮れない…。どうしても自分が写ってしまう為省略T∇T;
 これは結構綺麗に撮れた方かと。
これは別の馬
 有る筈の無い某厩舎の名前が有るんですけど~?(笑) まあ実際は金山厩舎に統合された様な物ですがね。
無い筈の厩舎名が…
 一方ITV室の小ネタ諸々。
 カメラの1つは常にスタジオを映しているので、通常見られない関係者の面白姿が拝める事が有ります。
 朝調教で超早起きした為眠そうな定政さんとか(笑)。
眠そうな定政さん
 Vサインで記念写真撮って貰う須田さんとか(笑)。
ノリノリな須田さん(笑)
 以前に比べ写真判定時だけでなく参考写真も放映する様になったので、写真入りの筒が行き交う回数が増えました。
写真の筒が行くよ~
 これを決勝判定室でチェック後、ITV室に回って来るのですが写真は勿論、馬名や着順の配置まで全部手作業なのです。 
スキャナー
 単に紙を置いてるだけなので使用後のスキャナーの上はこんな風にぐちゃぐちゃになってます^^; (ちょっとあんまりだから自分で置き直しました)
そのまま
 今回丁度スキャンする様子を見られたんでついでに紹介。写真が来るとこんな風に手で並べるんですね~。
手作業
 スキャン中は赤いランプが点灯。
読み込み~
 スキャン完了。
スキャン終了
 データを取り込んだら写真はもう用済みなのでテキトーに置いときます。今スキャンしたばかりの参考写真。これが「判定参考写真」として放映される訳です。
判定参考写真の出来上がり
 因みにHD導入前は「判定写真」と「参考写真」の画像を分けてましたが、面倒臭いと言う理由でHD導入時に統一したそうです^^;

 ではモタモタしていると能検も始まるし次回は一応最終回『開催執務委員長室』の予定です。



さが桜マラソン+α
【2016/04/03 12:39】 日常・雑談
 東京在住のばんえい仲間がさが桜マラソンに参加されると言う事で、昨日九州佐賀国際空港まで迎えに行きました。
 現在走ってる所ですがさがぶんぶんテレビの中継見ても、参加者が多過ぎて何処に居るか判らない…^^;

 佐賀空港にて。ペッパーが来ていて漸く顔を拝めました。(実は先週末実家の電器屋にも来ていたが、写真を撮ると携帯契約を勧誘されそうだったので、後ろ姿しか見られなかった…)
 身も蓋も無い凄く凄く当たり前の事を言うペッパー(笑)。
いや確かにそうなんだが
 今年は有田焼創業400年だそうです。流石マイセンの元ネタなだけあります。
ドレスデンより上(笑)
 到着出口傍に置いてあるTVでは佐賀を紹介する動画を流してますが、色んな意味でノリノリの物が多いです。これも最初海外ニュースになったのかと思ったら、佐賀のB級グルメシシリアンライスの紹介でした(笑)。
 実は今回お迎えしたHさんのたっての希望で、これから有名店に一緒に食べに行くのです。
これから食べに行く
 普通にホテルに向かうと面白くないのでマラソンコースの一部下見を兼ねて遠回りします。因みに空港横のこの辺りにオスプレイが来るかも。
オスプレイ予定地?
 さがマラソンとは言いますが、例年開催日には葉桜になってる事が多いのに今年は丁度満開。コースの一部である多布施(たぶせ)川は川沿いに並ぶ桜の名所でも有ります。
 折角の桜ですがここを走る頃にはヘロヘロで堪能する余裕が有る人は殆ど居なさそう^^;…なので前日に桜を堪能して戴きました(笑)。
マラソンコースは丁度満開
 翌日に向けてスタッフの方が激励の風船や短冊を飾っております。
激励の風船や…

短冊を貼る方々
 ぐる~っと回ってスタート地点の県総合運動場。テントがズラッと。
スタート地点
 「祈!完走」の文字が書かれたスタート地点。このマラソンは殆ど平坦で全国でも珍しいコースだとか。さぞかし走り易そう…と思ったらあまりにも風景が代わり映えせず、進んだ気になれなくて余計に疲れる方も少なくないとか。去年は1万数千人の参加者の内、完走したのは8割位だったそうで。
祈!完走
 佐賀駅でもマラソン関係のブースが設置されておりました。
佐賀駅にて
 さて、前祝いと言う訳でも無いですが、御本人御希望のシシリアンライスの名物店カフェ・ドンキホーテへ。昔は街中のアーケード内に在って、アンティークな丁度が素晴らしい純喫茶と言う感じの店だったそうですが、2012年10月に火事で全焼し今の郊外に移転したそうです。昔の店に比べるとかなりシンプルになっております。
名物店らしい

昔に比べるとかなりシンプル
 シシリアンライスは普通の牛肉と佐賀牛入りが有りますが、価格が大分違う(通常:880円 佐賀牛:1100円)上に、味が付いたらどちらでもあまり変わりがないと聞いてた為、普通の方を注文。これにコンソメスープが付きますが肝心のメインが来るまで少々待たされたので冷めてしまいました。
 漸く出て来たシシリアンライスは他店に比べるとやや少な目。
意外とあっさり
 上の野菜をめくると肉が下に入ってます。マヨネーズがかかってますが意外とあっさりしていて沖縄のタコライスに近い味です。
中に牛肉
 私等3人が来た時は他に御客1人でしたが、待ってる間にどかどか客が入って来てしかも常連ばかりだった様です。店はあまり広くは有りませんが、火事になった時にショックを受けた方も少なくなかった様なので、復活は嬉しかったのではないでしょうか。アンティークな旧店舗は敷居が高そうな雰囲気でしたけど、現店舗はカジュアルで気軽に立ち寄れそう。

 イマイチ知名度は無いですが当店以外にも扱っている店が在りますので、事前にチェックの上で佐賀に来たら是非御賞味下さい。

 …さてHさんはは一体何処を走ってるんだ~?!^^; 
 ゼッケンナンバーを入力するとリアルタイムで居場所が判るアプリと、TV画面を見比べても若干タイムラグが有ったり、カメラアングルの関係で未だに見つからないのであります ̄▽ ̄;

 膝に来たとか本人がツイートしているらしいですが、棄権者続出で順位がじわじわ上がっているとの事。是非完走してブラックモンブラン(佐賀で有名なアイスチョコバー)を戴いて下され。

 未だ戦いは終わっておりません。

 【13:56補記】 先程無事完走しました。お疲れ様でした~。
 TVをずっと見てたけどゴールする所も判らなかったんで後で録画を確認します。

松本零士大解剖<暫定版>
【2016/04/02 13:59】 ハーロック@松本零士
 先程届きましたが今日は夕方から出かけなくてはならないので大雑把な感想。姉妹誌の銀河鉄道999大解剖よりも、バラエティに富んでいて本誌の方が読み応え有りそうです。
来た~!!
 松本作品の資料本は大抵昔の絵が中心でしたが本誌は新旧混ざってます。ハーロックは原作1巻の絵から始まるので良いとして…。
これは当時の絵だけど
 ヤマトは寧ろ後で描いた物の方が目立つ様な。
ヤマトは誰よ状態
 ヒロイン集合の頁。やたらと摩耶さん化したキャラが増えましたねぇ。当の摩耶さん(右端)は蜃気楼綺譚の時では無く、まほろばVer.だから劣化が哀しい。
摩耶さん化しているヒロインが多いぞ
 ミーメは何故あのセミヌードを載せるのよ(笑)。全裸のミライさんと張り合ってるの?(笑)
脱がすなよ(笑)
 今回の目玉の1つ、『宇宙海賊キャプテンハーロック誕生物語』。島崎譲先生…ナイスです!!愛を感じます。
島崎先生上手いなぁ
 内容については後日語りますがミーメも出て来て良し良し。
嫁登場
 抜粋するとハロミメ気分が味わえます(笑)。
ハロミメ認定
 しかし更に抜粋するとマスさんが浮いて見える^^;
更に抜粋
 999大解剖と比較するとより楽しめそうですね。

 





サイドメニュー ×
メニューA  メニューB