のよのよ in Zの悲劇?!
鳥全般・海外旅行・ばんえい競馬・アニメ&漫画etc.…ニッチな情報提供も目指します。

最近の記事 ×

プロフィール ×

Pin

Author:Pin
出身:福岡県。長年住んだ出雲から佐賀へ移住の白衣好き主婦。
趣味:同人活動ではハーロックに原点回帰。(他にナノセイバー・恐竜惑星・ジーンダイバー)、ばんえい競馬、鳥関係全般、(科学者用)白衣等々。海外に行った時は旅行ネタ多目。


カテゴリー ×

月別アーカイブ ×

最近のコメント ×

最近のトラックバック ×

FC2カウンター ×

カレンダー ×
10 | 2016/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


ミュンヘンII番外編~イギリス庭園の鳥~
【2016/11/27 12:30】 鳥関係
 私の知る限りではドイツで鳥が多くてヒャッハーな所は、イギリス庭園とオリンピック公園と城っす(ニンフェンブルク城)位な物ですね。探せば穴場は在るんでしょうけど今の所縁は無し(苦笑)。

 …んでデジカメ故障前にイギリス庭園で撮っておいた鳥ネタを公開しておきましょう。因みに1回目(8/29)の午前中は断続的に雨が降っていた為、少々画質に難が有るかも。

 やあインドガンですよ。動物園では見た気がするけど野生個体を見るのは初めてですよ。
 …正確にはその名の如くインド方面の鳥で、ここに居るのは逃げ出した野生「化」個体ですけどね。
インドガン
 後ろの頭がやや黒いのは若鳥です。
後ろは若鳥
 ハイイロガンも少々。こちらは正真正銘の野生個体。
ハイイロガン
 因みにドイツでこの手のカモを何度か見ましたが、喉が白いのでマガモのエクリプスでも無さそう。一般的には「アヒルはマガモよりもずっとでかい」と言われてるんですけどね。
 ただここでは「アヒル」とと書かれているので気になって調べてみました。
やはりマガモのエクリプスか?
 参考までにこちらは城っすの池で撮った物。オオバン(全長39㎝)に比べ確かに大きいけど、マガモ(の全長59㎝に対しアヒルは50~80㎝と幅が有るので単純に大きさでは比較は出来ないのでは?
そんなにでかいか?
 …って、スウェディッシュブルーとかポメラニアアヒルがそれっぽいぞ?? ではアヒルでファイナルアンサーなんですかね。

 一方前回はドイツ博物館傍のイザール川に居たオシドリを今回見ないな~と思ったら、こんな所で見かけるとは♪
オシドリエクリプス
 ただ時期的に未だエクリプス状態で前回に比べると地味さは否めません。エクリプスでもオシドリはオシドリって顔をしてるんで判りますがね。
未だエクリプス
 こちらは雌の方。しかし日本のオシドリと違いあちらは人を恐れませんね~。(かなり小型且つ気品を感じる)
オシドリ雌
 一方2回目(9/2)に撮ったクロウタドリ。
クロウタドリ
 シジュウカラは木々の間を動き捲る&小さ過ぎてやはり撮るのは難しい…。
シジュウカラ
 この日は前回見たカオジロガンやハイイロガンは居らず、オシドリとマガモがチラホラ。代わりにバンが居ました…が、これを撮った直後にカメラが死んだので、以後全部ダンナのスマホ画質だ。コンチクショウ!!(ノ# ̄□)ノ
ここでカメラが死んだ
 次回は「テロ現場その後+オリンピック公園」の予定です。

ミュンヘンII(13)~ミュンヘン大学~
【2016/11/25 21:04】 海外旅行
 予告編の内容に留めて次の話題に行こうかとも思いましたが一応取り上げておきます。

 ミュンヘン大学の大体の位置関係。U3とU6のUniversität駅を降りたらすぐ。
ミュンヘン大学地図
 大学の北側には凱旋門。ただこの凱旋門はナポレオンとは無関係で、ルードヴィッヒIが造らせた物だそうです。
ナポレオンとは無関係な凱旋門
 数100年の歴史の有る大学なだけあって校舎が写真に収まりません。
広くて入らん
 しかし正面玄関の窓のデザインからして中々凝ってて寧ろ宮殿の様です。
窓枠も凝ってる
 んでメインホールがこれまた宮殿の様に美しいんですよ。派手さは無いんだけど実に洗練されとります。
中央ホール

ホール反対側
 更に飾り窓もデザイン凝ってて美しい。中央の動物の絵が全部違うっぽい。
飾り窓もいちいち綺麗
 ホール脇に有るこれは祭壇?
祭壇?
 さてメインホール(パイプオルガンが有る方)の階段を登って向かって左側の一角に白バラ記念館と言う資料室が在るんですよ。
 本来なら月~金10:00~16:00、土12:00~15:00の開館なんですが、学会開催中は特別に時間外も開けていた様です。
 …と言うかこの部屋は角に在る上に通り道だったりするんで、中に入って左手の方からも出入り可能です。
白バラ記念館入口
 首謀者6人の写真(再掲)。
首謀者6人(再掲)
 「ハンス・ショルとその妹ゾフィー・ショルを筆頭」となってますが、写真は明らかにゾフィーの方が多い様な。
在りし日のゾフィー

やはり妹が首謀者では
 しかもゾフィーだけこうした像になってるし彼女が一番熱心に活動していたのでは…。
ゾフィーの像
 子供と遊んでいるクリストフ・プロープスト。1939年に学生結婚し1942年に処刑されるまでに3児の父になっていたそうですが、彼亡き後遺族はどうやって生活してたんでしょうね。
子持ちの青年も居た
 逮捕後死刑判決が下った時、ショル兄弟は子供の居るクリストフを庇ったそうですが、無慈悲にも3人共一緒に処刑されてます。その後3人一緒に埋葬されました。
 あの時代にナチスに逆らって散った6人は、戦後のドイツでは寧ろ英雄として讃えられる存在になりました。特にショル兄弟にまつわる通りや広場はミュンヘンのみならずドイツ各地に在るそうです。
 大学大講堂側の"Geschwister-Scholl-Platz"(ショル兄妹広場)。
ショル兄弟広場
 向かい側の"Professor-Huber-Platz"(フーバー教授広場)に有った(と思う)6人のレリーフ。
6人のレリーフ
 下の方には6人の名前が刻んで有ります。ただ「白バラ運動」なのにヒマワリを添えてあるのは解せん。
名前の所抜粋
 彼等の体は滅んでもその勇気と精神は不滅なんですね。

 次回は「テロ現場その後」…だと重いかな? 先ず息抜きに鳥ネタを入れておきますかね。

「或る列車」佐賀コース限定運行
【2016/11/23 20:09】 日常・雑談
 参考記事: 「或る列車」が佐賀に来た
 
 前回(8/24)の試運転から早や3か月。今日限定で『或る列車』がお客を乗せて佐賀を走りました。これに合わせて各地でイベントが有ったのです。
 発着する佐賀駅の3番ホームでは記念式典が催され、佐賀清和高校の吹奏楽部の生徒達による演奏が盛り上げてくれます。本当は正面から撮りたかったのですが、ここから先は関係者のみしか入れなかった為断念。
記念式典の演奏
 その為アングルが最悪ですが…おっ「生」佐賀県知事・山口祥義さん。
 「佐賀県はJR九州と結婚し新婚旅行に行くつもりが中々行けませんでした。それが今日遂に果たせたんです。これがJR九州と佐賀県の新婚旅行です!!(要約)」とか、中々面白い事仰いますな~(笑)。
生県知事
 「生」佐賀市長・秀島敏行さん。
 他にもJR九州の列車デザインではお馴染みの水戸岡鋭治さんもいらっしゃってたんですが、一般エリアからは全く見えませんでした ̄▽ ̄;
生市長
 ギャラリーの中に旗を持ってる方がチラホラ。
旗持ってる人が何人も…
 しかも旗が2種類…有る?! 上が一周年記念Ver.でこちらは通常Ver.だそうです。
旗別Ver.
 向かいの2番ホームにも旗持ってる人がチラホラ。
旗振り部隊
 つまりこの旗を振って「或る列車佐賀コース運行を歓迎しようという訳です。
2番ホームにも旗持ってる人が
 例によってダイヤが少し遅れており、到着した時は4番線にキスマイかもめが入る直前だったんですが、物凄い人だかりで写真は諦めました。
 そうしている内に3分程遅れて金ピカ仏壇或る列車キター!!
仏壇キター!!
 中からもお出迎え。
お出迎え
 ななつ星でも思ったけど相変わらず豪華絢爛ですね。
相変わらずリッチ
 ただ試運転の時と違い人が多過ぎて車体に映りまくっちゃうのよ^^; しかも記念写真撮る人も沢山居て実に動き辛い…。
 その意味では試運転でネッチリ撮っておいて良かったと思いました ̄▽ ̄;
人が多くて映ってしまう^^;
 午後のルートはバルーンさが駅近辺に移動。こちらではバルーン繋留によるおもてなしです。
 待ってたら午前中に撮りそびれたキスマイが来たんでついでに撮っておきました。
待ってたらさっきのキスマイ通過
 上り佐賀駅方面の便通過~。
いらっしゃいまし~

気球と或る列車
 15分位待って今度は佐賀駅からの下り~。
今度は下り~
 実は旗を振ってお見送りはここでもやってたのであります。
旗振ってお出迎え

また佐賀に来てね~
 因みにこの時私も旗を貰ったんですよね。風向きの関係でどうしても裏返ったんですけど(苦笑)。
旗貰った
 う~ん…通常Ver.でしたか。
通常Ver.らしい
 裏面は黒。因みに一周年Ver.の裏面は金ピカです。
裏面
 今日限りの運行とは言ってましたが無事に満席だったそうだし、この歓迎ぶりなら来年以降も時々は佐賀コースで走ってくれるんではないですかね。一寸期待したい所です。

 でもその前に『或る列車』の本拠地・長崎でも撮ってみたい…かも? 

ガンフロンティア2話&次元航海27話感想
【2016/11/22 18:57】 ハーロック@松本零士
 【ガンフロ】
 今回も冒険活劇!!って感じのトビラです。
 『男の友情は固いのだ!』と言うサブタイは、原作の『酒のない町の崩壊』に対して少年漫画だな~と言う印象。それ程「男の友情」は出てなかった気もしますが。
今回のトビラ
 馬車が壊れて馬も死にそうってんで、馬車の修理道具と馬の薬を買いに行かされるハーロックとトチロー。札束をピラピラ見せびらかすシヌノラは早くも2人を尻に敷いてますな~。
 行った町がカフェだの花屋だのばかりで銃も酒も禁じられてるのは原作と同じだけど、言葉遣いが異様に上品でかえってキモイのは『幻の閨』も入ってるからでしょうか。
 隣り町の駅馬車に乗ってる時に強盗に襲われ、金目の物は全部奪われる所も原作準拠ですが、馬車の女に関しては原作は可哀想と思えたのに、こちらでは寧ろザマアミロ…みたいな。
 でも護衛は殺されても馭者は無事だったのはちゃんと終盤の伏線になってたのね。

 すっかり遅くなった上に手ぶらで帰って来たので激怒するシヌノラ。罵られてプライドが傷つき黙って座り込む2人に「お詫び」と称してサッサと脱ぐシヌノラさん流石です(笑)。
無理しやがって…
 ただトチローとハーロックは「無理しやがって…」としか思えませんね(笑)。原作に比べると全然余裕が無くて本心では見たくて見たくて堪らないのを我慢してないかい?
 この後の「男の固い友情」云々もすげームキになって言ってる様に感じるし、絵柄のせいなのか原作よりも子供っぽく見えるんですよね。
無理しやがって2
 再びあの町に戻り「酒飲ませろ~!!」と叫ぶトチロー。ガンフロのトチローはかなりの酒好きだけど実際強いんかな? 宇宙海賊のトチローは酒は好きだけど弱い印象が有る物で。
 話の解る酒屋の主人が飲ませてくれたけど優しそうな人なのにすぐに殺されて可哀想TДT; 何故この主人はこの町を見捨てて自由に酒が飲める町に行かなかったんでしょうね。

 デラメダムは原作と全然顔が違うのね。原作はフランス系のオッサンでズーズー弁、対する島崎版はロンゲで変にお上品言葉…と、どちらにせよ話し方が変。
 そんでもって今回のナニ。デラメダムがデラメダルになってるけどとにかくナニ。
ナニに誤植
 牢屋にブチ込まれた後、保安官を串刺しにする所はちゃんと描いて欲しかったかな?
 デラメダムをトチローがバッサリのシーンは迫力有りますね。ただ町の人達に奴が強盗だったと言っても信じてくれる筈も無く。そこに颯爽と馬車と食糧を持ったシヌノラが2人を乗せて脱出成功。
 ただデラメダムが死んだ云々のシヌノラが原作に比べるとアッサリしている様に見えます。その次のコマの「女はやっぱり神秘的」で彼女の顔が切れてるので、見えない所で泣いてるのかも知れませんが。
原作よりも醒めてる?
 んで冒頭の馭者は実は先住民で、強盗の根城だったあの町は彼等に滅ぼされたのでした。めでたしめでたし。

 基本的な内容は今回も原作準拠ですが、えらく密度が濃いと言うか詰め込んでる様に感じます。もしかして原作1話分を島崎版でも1話でやるつもりなんでしょうか? 原作の2話26Pを30Pにリメイクしても小ゴマが多い上に、細かい所までキッチリ描いてるから絵的な情報量が半端無いんですよね。
 ただ今後原作は15~20Pと減って行くしその内新展開入ってからが本領発揮かも。

 【次元航海】
 ジョジベルをビビらせマゾーン艦を蹴散らしつつエメラルダス華麗に参上!!
 ところで今回は2本ガンフロが有るんですか?(笑)な、島崎版ガンフロリスペクトなコマが。
ガンフロオマージュ
 ゾルは未だ意識を回復してませんが、上でドンパチやってる中ミーくんと酒を飲むDr. まあ言っても野暮だけど「子猫にそんなに大量の酒を飲ませるんかい」とツッコみたくもなったりして(苦笑)。
 それにしても次元航海のミーくんは適当に描かれていると言うか、全然成長しないのは何故なんですかね。
子猫にこんな酒飲ますなよ
 計器は無反応なのに機関長にエンジンを動かす様に指示するハーロック。全てのエネルギーが吸収されるのも構わず、平然と蛇輪に向かった所にエメラルダス号のプラズマ波動砲が地表に到達。
 途端に惑星が崩壊し計器が動き出したのを、待ってましたとばかりに急発進し離脱するアルカディア号。…しかしハーロックの顔がまた変わってる様な。
また顔が変わった?
 デライザ崩壊のプロセスは単に外部からの破壊ではなく、ブラックホール胃袋のヤッタランとの対比になってるんですね。
 そしてマゾーン艦隊を蹴散らした後、エメラルダスとの感動の再会。ハーロックの目が凄く優しい…´▽`
凄く目が優しい
 表情は見えないけどトチローも照れてる?
顔が優しい
 今回はこの再会の下りがクライマックスと言えるでしょうね。結局「息子」は今回も出ないままでしたけど。
 アニメでも情緒たっぷりに描いて欲しいな~と思いつつも、そう言えば次元航海劇場版の話は一体どうなってるんですか? 全く情報が出て来ないので『まほろば』同様お蔵入りになっていそうな気がしてなりません。
 エメラルダスに完敗のジョジベルは相当悔しかった模様。唇を噛み締めて出て来た液体は樹液なんですかね。しかしえらく逞しい体つきになって来てませんか?

 【少年プラズマ戦隊】
全話揃ったらしい
 「第1部/おわり」となってる物の完結でも問題無いと思います。最終回は長い間素材が不明だったそうですが、心なしか他の話よりも画質が良い様に見えますし、状態が良い物が見つかったんでしょうね。
 内容的には所謂「勧善懲悪」物と言うか、主人公側がピンチを迎えるも最後は悪は滅びるパターン。

 それよりも同時収録の『未来少年Z』。核兵器を単に爆発させただけでは地球終了だろ…と思いますが、そこは未来人間なので普通の爆発では無いんでしょうね。
 世界から殺戮兵器を無くし戦争の無い世界にする為の破壊活動だったんですか。今の時代こそ未来人間が活躍すべきでは無いでしょうか。

 ところで1つ残念なお知らせ。次回のREDは来年まで発売されない様ですよ?(笑)
来年まで買えないのか…
 「デラメダル」どころのミスでは有りませんがな。勿論正しくは2016年12月19日(月)発売です。
 ただ「赤い核実験場」と言われていた頃に比べ今のREDは迷走し捲ってるそうなので、永年の読者には一寸笑えない冗談だそうです(苦笑)。  

ミュンヘンII番外編~ミュンヘン大学予告~
【2016/11/19 10:07】 海外旅行
 本来ならちゃんとした記事を書きたかったのですが、2週連続で帰省する関係上その暇が無くて予告編にさせて戴きます。

 ミュンヘン大学(ルートヴィヒ・マクシミリアン大学ミュンヘン Ludwig-Maximilians-Universität München)は1472年に創立された非常に歴史の有る大学です。
 内部は大学とは思えない壮麗なデザイン。
大学内とは思えん
 ここには白バラ記念館と言う資料室が在るんですが、ここの学生と教授の6人が反ナチス運動を行って処刑されたと言う経緯に由来しています。
白バラ記念館
 首謀者6人の写真。あのヒトラーに抵抗する事自体相当勇気が要ったでしょうに。
関係者6人
 ところで首謀者の内、ハンス・ショルとゾフィー・ショル兄妹について。資料館でもハンスよりゾフィーの方が優遇されている所から判断するに、妹が先にナチスの異常さに気づいて兄を巻き込んだ…で良いんですかね? 既に家族がゲシュタポに逮捕されたりしてる様ですが(要確認)。

東よか干潟2016晩秋
【2016/11/17 19:14】 鳥関係
*参考記事: 東よか干潟2016秋

 前回から1か月半経った昨日(11/16)に様子見して来ました。…未だ未だ本気出してないですね(苦笑)。本格的に観察出来るのは12月以降ですかね。
 シチメンソウの盛りは過ぎましたが(先週までが見頃)未だ祭りは続いているらしく、私が着いた頃にゾロゾロと入って行く人が何10人か居ました。
盛りは過ぎたがシチメンソウ祭り
 出店も有りましたが個人的に興味を惹く物は無さ気だったのでスルー。
出店もチラホラ
 盛りの時期ってバルーンフェスタと被るのと、潮がイマイチだった為未だに観ておりません。
先週なら真っ赤だった
 今回はクロツラさん居ました。今の所確認されてるのはここに写っている13羽+2羽。
クロツラさん
 この日の満潮は10:27でしたがスーパームーンの影響か、ピークを過ぎても中々潮が引かず寧ろ逆に潮が満ちて来る様な状況だった為、柵沿いの通路に行く事は出来ませんでした。
中々潮が引かない
 普段ならピークを過ぎると段々引き潮になって、1時間以内には干潟に鳥が集まって来るんですが、カモ&カモメ類の多くは遥か沖に居るままで良く見えやしない…。
 近くでわきゃわきゃしていたのはズクロ&ユリカモメ位ですかね。(マトモな写真が無い為省略)
カモ&カモメ類は遥か遠くに
 引き潮まで陸で待機している連中もほんの数10羽。しかも逆光(苦笑)。
潮待ち連中
 そんな中、クロツラさんが例によって杭の場所取り合戦を始めました。
場所取り開始
 追い出された個体はぐる~と回って別の個体を追い出して居座ろうとします。そんな事を何度も繰り返していたら…。
キター

停まろうとするが
 あ、滑った(笑)^^; (翼だけの個体)
滑った^^;
 バツが悪いのか杭に停まるのは諦めた様子。
諦めた^^;
 仕方が無いので一寸離れた柵に停まります。柵に停まったクロツラさん初めて見た。
仕方無く柵に停まる
 因みにその先(逆光)には既にダイサギ&コサギ連中が柵を占拠してました。ダイサギはパッと見大きさも色も似てるから紛らわしい ̄▽ ̄;
ダイサギーズ
 時々ダイシャクシギやハマシギがバーッと飛んで行きますが、やはり潮が中々引かず…。
ダイシャクシギーズ

多分ハマハマ
 漸く引き始めたのが11:40頃。ダイシャクシギが降り始めましたが干潟は未だ見えず。スーパームーンの潮汐力恐るべし。
ダイシャクシギが降りて来た
 そろそろ帰らないといけなかったのと未だ本気を出してないな~と思った為、望遠でダイシャクシギーズを見届けて帰りました。
 次回は本気の東よか干潟を観たい物ですねぇ。

 因みに今回のクロツラさんは途中から写真撮ってるお婆さんと一緒に観てたのですが、その方がこれまた立派なデジ一&望遠レンズ&三脚を持ってらっしゃるのですよ…。全部で50万は下らないのでは。
 コンデジで手持ち撮影しているの多分私位ですよ ̄▽ ̄; あそこに行ってる面子で私が一番ショボイ装備ではないですかね(苦笑)。
 金銭的な意味でもデジ一を導入すべきか否か悩みますな~。

ミュンヘンII(12)~ニュルンベルク5~旧市街~
【2016/11/15 00:05】 海外旅行
 ニュルンベルクの主な観光地はやはり旧市街でしょう。街自体はそんなに大きくないので旧市街も3時間位で一通り回れます。…が、既にDB博物館で歩き回っていた私は「疲れたよ…パトラッシュ…」状態だった為、一部をザッと観ただけでした。
 お約束の市庁舎を探すには普通に城壁からまっすぐ歩いて北上するのも手ですが、折角乗り放題のチケットが有るんで一寸だけ地下鉄に乗ります。
地下鉄も有る
 U2のOpernhausから中央駅で乗り換えてU1のLorenzkircheで降りて階段を昇ると、眼前にいきなり聖ローレンツ教会が!!
いきなり聖ローレンツ教会
 正面から。装飾も凝ってただならぬ雰囲気を醸し出しております。
正面から
 聖ローレンツ教会から更に北上すると見えて来るカイザーブルク。この城は旧市街の北の果てに在りますが、道が段々上り坂になって来てぶっちゃけきついので近くまでは行ってません、あしからず。
カイザーブルクが遠くに
 中央を流れるペグニッツ川からの光景は絵になりますねぇ~。
良い感じの光景が随所に
 教会の一寸先のローレンツ広場に在る銅像。本来ならここはTugendbrunnenと言う噴水の筈なんですが写真が無い…あれれ?? (真後ろに有ったっぽい^^;)
謎の像
 まあ良いや。更に北上すると中央広場です。
中央広場
 右手に見えるのはフラウエン教会で、旧市街の中でも一番壮麗な建築物と思います。
フラウエン教会

これが一番の見どころでは
 この教会のからくり時計も見所の1つ。生憎時間が合わなくて動く様子は見ていませんが、ミュンヘン市庁舎の方を小ぶりにした様なデザインですね。
からくり時計も有り
 然るに地図には旧市庁舎は書いてあるのに新市庁舎が判らない…と思ったら、実はフラウエン教会の傍に在りました。
 …フツーだ… ̄▽ ̄;
実はこれ
 でも記念写真は撮る(笑)。
市役所はフツー
 ニュルンベルクは噴水が多い街らしいのですが、その代表とも言える「美しの泉」は修復中でした(苦笑)。
美しの泉は修復中
 同じ市庁舎なら旧市庁舎の方が風格が有って良いと思うんですけどね~。
 ただニュルンベルクも第二次大戦で多大な被害を受けた為、旧市街は戦後修復された物なんですよ。だからなのか元からそうかは知りませんが、旧市庁舎の前が狭くてカメラに収まりきれないと言う。
旧市役所の方が良いな
 中も旧市庁舎の方が良いと思うんですけどね~。現市庁舎は機能性重視にシフトしたんですかね。
中は博物館になってる
 そんな旧市庁舎の前をバスがバンバン走って行きます。路線バスが何本か有る様です。
バスがバンバン走ってる
 旧市庁舎向かいの聖セバルドゥス教会。
 しかしこの旧市街、本気出した教会が沢山在って幾つか見ている内に食傷気味になって来ました ̄▽ ̄; (ヴロツワフ旧市街はこんなもんぢゃ無かったけどな!!)
別の教会
 これも別教会と思ったら聖セバルドゥス教会の反対側…だった様です^^; 表と裏で全然違うから今調べるまで知りませんでしたよ ̄▽ ̄;
更に教会
 天気は良いから普通に街並みを撮るだけでも良い感じなんですけどね。
天気が良いから絵にはなるけど
 ペグニッツ川再び。つい写真を撮ってしまう。
川沿いも撮影スポット
 橋の向こうにレトロな塔が在りますが見張り台なんでしょうか? 
何だっけ?
 この辺中州になってて塔の先には地下駐車場とレストランが在りました。
地下駐車場
 旧市街祭りを控えていたらしく地下駐車場の手前にはこんなモニュメント?が建ってました。
旧市街祭り
 この辺でいい加減疲れて来たので予定よりも2時間早く帰る事にしました。従って見てない所の方が多い旧市街…。
 城壁を出るとレトロなトラムが走ってました。貸し切りっぽかったですがどうも旧ニュルンベルク市電時代の車両を特別に走らせていた様です。中々珍しい物を見ましたな~。
貸切っぽいトラム
 旧市街城壁とトラムの線路。中世の街並みを堪能するにはDB博物館で体力を使い過ぎた様です^^;
城壁とトラムの線路
 …と言う事で途中から疲れてきた様子が窺える(苦笑)ニュルンベルク編でした。

 次回はミュンヘンに戻って『ミュンヘン大学』の予定です。 

松本零士の世界展 in プレンティ
【2016/11/13 17:00】 ハーロック@松本零士
 去る11/3~6に神戸のプレンティと言うショッピングセンターで、オフィシャルサイト主催の松本零士展が開催されました。(現地での写真はリビエラ@二代目提供)
会場展示
 中は撮影OKだった様で他の方の感想でも写真がバンバン上がってました。流石太っ腹なオフィシャルさん!!
 零コレの作品も展示されてました。
自分の絵も有った…
 そして二代目受賞作品と共に自分の絵も飾られてましたとさ。
二代目受賞作も
 …と言っても私は行けなかったので、二代目にパシリ…もとい御好意で買って来て戴いたグッズを中心にお送りします。
 頼んだ時価格が判らなかったのとキリが無くてハーロックに絞ったんですけどね。(クリーナークロスは気づかなかった!! 後で追加した?)
お宝一覧
 チラシ。右は以前「しもだて美術館」でやった時の物なのでプレンティ関係無し。ただ近年の絵を使ったプレンティと、全盛期の絵を使ったしもだてのと格差が…^^;
チラシ
 チラシ裏。従来の原画展に比べると「親子連れが気軽に立ち寄れるイベント」を目指したそうで、どこぞのお高い版画だの原画だの売ってるイベントとは全く趣が違います。 
チラシ裏
 松本作品に限りませんが嘗てアニメファンだった子供が成長し、お金を使えるマニアになったからか、商品も高額なマニア向けにシフトしている印象を受けます。
 金持ち層向けの商品展開を必ずしも否定はしませんが、新規ファンが近寄り難い状況を作ってしまってるのも事実ではないでしょうか。
 金持ちばかり相手にしていると彼等が死に絶えた時、ファンが独りも居なかった…なんて事になるかも知れません。
 その意味では今回のイベントは次世代に松本作品を伝えて行く、とても良い試みだと思います。…思いますので福岡辺りでもやってくれませんかね? (もし実現した時にオフィシャルの菅さんに会ってしまったらどうしよう(笑)。)

 さて…戦利品の方ですがお値段の割には作りもシッカリしていて中々良心的と思います。
 このなかではノートの1200円が一番高いのですが、サイズはB6ながらハードカバーで表紙エンボス加工がとてもお洒落。
 右のメモ帳はペン付で300円と言うお買い得。因みにペンを取らないと開かない仕様です。
ノートがかなり豪華
 メモ帳裏。
メモ帳裏
 昔のアニメ系のノートは表紙こそ如何にもだけど、作り自体は至ってシンプルで300~350円位でしたかな。(ノートよりもレポート用紙の方が多いな、この写真(笑)。)
昔出ていたノート
 ミラー2種類。各500円。スタンドミラーは鏡として使えますが、カードミラーはドクロの部分しか鏡になってないので、ズッシリしたカードと思った方が良いかも(笑)。左の台紙はメモ帳と同じ絵ですな。
ミラーはスタンドの方が使える
 それとサプライズオマケ。まさか美少年のイベント限定ポストカード3点が入ってるとは!! 「ちょっと嬉しいオマケ付」とは聞いていたけどこれは意外。
サプライズ
 …と言う事で二代目有難う~!!
 尚、レポートの方は御本人が漫画を描いているそうなのでブログをチェック下さいね~♪



次元航海5巻変更部分比較
【2016/11/12 18:54】 ハーロック@松本零士
 先週まんだらけ限定版買って来て折角比較したので今更感バリバリですが一応載せておきます。
 今回の限定版カバーは色が綺麗だなぁ…と思いました。次元航海はくすみがちなカラーが多いので余計に。
限定版5巻
 通常版表紙はハロミメ。RED表紙の時よりもトリミング入ってて余計にポーズが判り難いな(苦笑)。
中身は通常版 
 さてパッと見て気づいた修正箇所は9つ(+誤植訂正1つ)ですかね。良く見たら未だ有るかも知れませんが「左:雑誌掲載時 右:単行本」で並べてみます。
 デジカメで撮ってサイズを修正したので若干の歪みは気にしないで下さい。
 一番気になったのは4巻まで有ったカラートビラがモノクロになった所 ̄З ̄; 秋田書店の単なる経費削減なのかも知れないけど何だかな~。
カラーが無くなった
 本編の修正箇所は前半、特に20話に集中してますね。と言っても言われないと気付かないレベルですが。

 【20話】
 
台羽の目つき修正。(何頁か書こうと思いましたが、全部断ち切りで数えるのが面倒なので各自単行本で確認して下さい)
目つき
 消える時の台羽の映像が縦に伸びてる。
 後、本誌の「波野静」は単に「波野静香」の誤植でした。
アスペクト比
 「この目」と言いながら何故ファウストの目を消したのよ?
何故目を消した…
 最終頁のラフレシアのトーン追加。
トーン追加
 【21話】
 螢の台詞変更。単に「撃ってみたい」から褒める方向にシフト。
台詞変更
 ハーロックの目つき変更。この回から凄く老けて来た様に思えました。もう少し溌剌と描いて欲しいんですが…。
目つき変更
 【22話】
 
台詞変更。「やはり」が無くなったのは何故? まさか考えも無く迂闊にヘルメット脱いだらちゃんと気圧が調整してあって「ラッキー!!」って訳でも有るまいに(笑)。
台詞変更2
 今回一番修正してるのはここですかね。何故かハーロックが消えてヤッタランだけになってます。(若干拡大した為下が少し切れてる)
ハーロック消えた
 まあ今回も態々比較画像を載せる程かな?と言う程度の修正ですね。雑誌でリアルタイムに読んでる身としては、発売日に速攻入手する程の旨味は無いです。
 でも22話のラフレシアとの対決は良かったです。終始余裕のラフレシアと実は内心焦ってた?ハーロックとの対比が(笑)。実際この回のラフレシアは秀逸でここは確実に原作やアニメを上回ったと言えますね。

 次回松本作品絡みで『Let's プレンティ!! (全面協力 リビエラ@二代目)』。



ミュンヘンII番外編~続・ミュンヘンのベルリンの壁と噂のサーファー~
【2016/11/09 12:48】 海外旅行
 参考記事: ドイツ旅行記【番外編】~ミュンヘンのベルリンの壁~

 ここ数日気球の話ばかりしてたんで(笑)、そろそろニュルンベルクの続きを…と思いましたが、そう言えば今日はベルリンの壁崩壊27年の日だし、最初に見たベルリンの壁について語ります。
 …だがしかしその前日に博多駅前で道路が大崩壊するとは思いませんでした ̄▽ ̄; 事故現場って元通勤路やん-Д-;

 気を取り直して…今回の学会場所はミュンヘン大学だったんで、ミュンヘンの「壁」が有るイギリス庭園まで歩いて行けるんですよね。
 事前に位置を確認して図書館の裏道を通ったりしながらアメリカ領事館に向かいます。
壁地図
 これが目印のアメリカ領事館です。
アメリカ領事館
 領事館左手はイギリス庭園の端で、樹に埋もれて一寸見え難いですが壁健在。
久し振りの壁
 横から見た壁。
横壁
 前回来た時はガイドが案内したり花束を置いてたりしたけど今回は無いので余計に侘しい…。
花束は無し
 壁側から見たアメリカ領事館。
壁側から見たアメリカ領事館
 イギリス庭園内にはサーファーで有名な地点が在りますが、生憎平日(8/29月曜)だった為か、噂のサーファーは皆無。尤もこの日の午前中は断続的に雨が降ってて人気自体あまり有りませんでしたが。
アイスバッハは無人
 中州に浮かぶ日本茶室。勿論鳥も撮っていましたが(笑)その話はまた別途。
紅葉と日本茶室
 雨の中ゾロゾロと茶室に入って行く人達。平日から侘び寂び萌え~な皆様でございます。
入って行く人がゾロゾロと
 サーファーも平日は普通に仕事や勉強しているんで、彼等が現れるのは主に土日だとか。
 …そーゆー訳で9/3(私の誕生日だ(笑))が土曜で、翌4日からヴロツワフだった事も有り最後のチャンス!!と行ってみたら…。 (尚、この前日にデジカメが壊れた為、ダンナのスマホで代用
 あの人だかりはもしや…?
人だかり
 居る居る(笑)。
居た居た
 これが噂のサーファーだ!!
これが噂のサーファーだ

波乗り~
 女性も居るのね~。
女性も居るのね~

油断すると流される
 流れが速いので油断するとすぐひっくり返って流されます。上手く乗るにはかなり至難の業の様です。
 海の無いミュンヘン(と言うかドイツは北部しか海が無い)でサーファーが腕試し出来る貴重な場所&名物と化してます。アイスバッハ(氷の川)と言う位だから水は冷たい筈ですが、年中猛者がやって来るらしいですよ。
こけっ
 ところで来年の海外遠征候補が既に上がってますが(行くとは決まってない)、久し振りにドイツに行かない年になりそうです。
 その代り「またあそこかよ!! ̄▽ ̄;」と言う所が入ってますが、来年は日程がやや分散されるので、ここ2年みたいな集中遠征にはならない…予定です。

  …さて、次回こそはニュルンベルクを終わらせますかね^^;

熱気球世界選手権(5)~11/4・11/5編~
【2016/11/05 12:12】 日常・雑談
 今朝が自分的には見納めなので2日分纏めて載せておきます。…が、今日の分は後に補足するかも知れません。

 11/4は午後の競技を観に行ったのですが外から離陸してやって来るパターン…。何故こうも一斉離陸を観る機会が無いのやら ̄З ̄;
 早朝に対岸から撮ると競技合エリア内のゴール付近が逆光になる事が有りますが、今回の離陸地点は会場内だろうが対岸だろうが何処から見ても逆光… ̄▽ ̄;
逆光だ~
 この時点でも色が良く判りません。
逆光2
 でもターゲットにマーカーを落とすべく超接近する気球も居るので迫力満点。(これは落として去って行った後か…)
目の前にやって来たりして
 この時の競技「フライ・イン」はマーカーをぐるぐる回して投げては駄目で単に落とすしか出来ないので、なるべくゴールの傍に来る事が望ましいのですが、下手すると川に落とす羽目になる為か、ぐるぐる回して投げていた選手が居ましたぞ? 良いのか? (写真の選手では有りません
下に落とすだけ
 この気球はターゲット(右のX印)に接近して落としたクチ。
超接近
 モモンゴーが一寸フラフラしてるな~と思ったらFlame Racerにぶつかった!!
 ただすぐに体勢を整えてその後普通に飛んでたから問題無かったんでしょう。実況でも「まあこう言う事も有りますから」と軽く流してましたし、翌日も普通に飛んでました。
ぶつかった!!
 線路の向こうに着陸して片付けに入るモモンゴーとバルーンかもめ。
バルーンかもめとモモンゴー
 34号線を越えて帰って行くフランスのKubicek Demo。
34号線を越えて帰るよ

 11/5…自分的にはこれが最後のチャンス。今回も対岸から撮りましたがこれまでの反省から、競技OKの知らせが出る前に見切り発車で向かいます。
 オフィシャル組が既に数基飛んでる事からフェスタ部門は無い模様。パンダの飛ぶ所が観られなくて一寸残念。
 …おっこれは一斉離陸の予感!!
一斉離陸
 6:45のブザーと共に一斉に膨らませ始める気球達。
キターーー!!
 これが観たかったんだよ!! 私は!! 最後の最後でやっと観れたよ!!>▽</
これが見たかった!!

万歳一斉離陸
 川の土手を降りて岸から見上げると飛んで行く気球がこんな風に見えます。
こんな風に頭上を飛んで行く
 気球達は南東の方向に向かって行きます。圧巻と言うか100基以上の気球が徒党を組んで飛んで行く様は或る意味シュールな光景。
アッと言う間に去って行った…と思ったが
 この時点で7時過ぎ。意外と早かったな~今日は昼から福岡だし、さて帰るかと思ったが(実際帰って行く人も居た)競技エリアにゴール云々実況で言ってる…? 何時もと様子が違うぞ?!
 New ASIMOくん始めオフィシャル組が頭上を飛んだりしている様子を撮ってると、飛んで行った世界選手権組が戻って来てる…?
アシモくん真上
 マジで戻って来た!! これまでは一旦飛んだら戻って来ない競技ばかりだったのに戻ってくるなんて初めて観た!!
 じつは「ミニマム・ディスタンス」と言う離陸後一定時間飛行し戻って来てマーカーを投下する競技で、佐賀では15年ぶりにやったんだそうな。
戻って来た
 ポーランド航空(LOT)基が一番乗りで会場に戻って投下。
ポーランドが一番乗り

投下
 これがしかも中々良い所に落とすんですよ。
しかも良い所に
 この競技はマーカーを投下したら次の目的地へ…と言う事が無い為、暫く会場付近に留まる気球が多くて何時もよりも長時間楽しめます。
結構留まってる
 近くを通ってファンサービスに努める気球も。
近くを通る気球も
 離陸して戻って来るまで30~40分、マーカー投下開始から片付ける為に帰り始めたのが更に40分位でしょうか。
何時もより長く飛んでます
 そろそろ帰り始める気球達。
そろそろ帰るよ
 この辺りで自分も帰り始めた訳ですが、会場南の橋から観た気球。晴天で水面に浮かぶ気球は癖になりますな~´▽`
橋から見ても綺麗
 9時過ぎてもお帰り中の気球が未だ飛んでたですよ。
帰って行く気球達
 早起きはバルーンの徳。…漸く念願が叶いました>▽</ 後は福岡から帰ってから録画を観る事にします。

 と言う事でこの項目は今回で終了。次回からミュンヘンIIに戻ります。

熱気球世界選手権(4)~11/3編~
【2016/11/04 21:23】 日常・雑談
 今回は気球が架線に引っかかったり爆破騒動が有ったり、アクシデントが絶えませんがそんな事で気球は屈しない(断言)。

 この日は何時もの観客席側からでは無く嘉瀬川の反対側から観て見ました。何故なら「水面に浮かぶ気球の離陸を観たかったから」。ただ世界選手権105基の一斉離陸は未だお目にかかれていません。行った時は見透かされた様に外からの離陸なんですよね(苦笑)。明日早朝がラストチャンスなのですがどうなるやら。
 公式サイトで競技のゴーサインが出るまで待機してたら、着いた時には既にフェスタ部門が離陸しかけてました ̄▽ ̄; 対岸ルートは見切り発車で出掛けないと間に合いませんね。
離陸してるぅ~
 フェスタ部門は競技関係無いので変形気球が飛ぶ事も有るのです。
変形気球も参加
 パンダが飛んだ!!
パンダが飛んだ!!
 その存・在・感☆ ただ元々前に傾いてる姿勢の為か、川向うから見ると終始背中を向けたまんまだったと言う^^;
やはり目立つパンダ
 恐竜さんは顔を見せてくれたのにね。
恐竜さんも飛んでる
 佐久の鯉太郎が真上に~!!
佐久の鯉太郎が真上に
 そうこうしている内に北側から世界選手権組が次々と接近。
世界選手権組登場
 ゴールの1つは競技エリア内に有るのに風向きの関係で中々入って来れず西に流れる気球が続出。
流されてる…
 水面に映る藤田選手のお達者にゃん吉2号。
水面に映ってるよ
 しかしゴール付近は逆光の為、何時マーカーを落としたか良く見えないと言う^^;
逆光で良く見えない
 反対側は順光なのでこんな感じで撮れるんですけどね。明日早朝行く時は場所を考えないといかんですな(苦笑)。
似た様なデザインが並ぶ
 この日は多少グルメも…と言う事で去年食べようと思っていた「たろめん」に挑戦。
たろめん
 豚骨では無く牛骨出汁に生姜の風味を利かし、野菜もたっぷりでちゃんぽんよりもずっとヘルシーだと思います。最初は生姜の香りがフワッと、麺は細いうどんを使用、肉は焼き豚の角切りかと思ったら、豚の首の肉を使っているんだとか。最期にスープを飲み終える時は牛肉の風味が口一杯に広がります。
たろめん実物
 後はTVで紹介していた「徳なが」へ。
 ここの名物は「かにだしコロッケ(250円)」「かにクリームコロッケ(250円)」「佐賀牛メンチカツ(400円)」の3種類。
蟹だしコロッケ
 「かにだしコロッケ」は単なるカニ肉入りのコロッケでは無く、贅沢に入った竹崎カニの肉もさる事ながら、噛むと口の中にカニ汁がじゅわっと広がります。
 「かにクリームコロッケ」はめっちゃ濃厚。「佐賀牛メンチカツ」は佐賀牛のハンバーグが丸ごと入っており、一応ソースも付いて来ますがそのまま食べても充分美味しい。流石高いだけ有りました。
名物コロッケ
 買い物後に見たバブル君の存・在・感(笑)。
バブル君目立つな~
 この日のバルーンファンタジアは12基全部揃ってましたね。
ファンタジア

ファンタジア2
 前回は白雪さんの影になっていたカラス天狗II世は、この日はカップルの様に仲良く並んでましたが…その影になってるモーモーが憐れ^^;
影になってるモーモー
 空を飛んだ面子も後から参加です。
空飛んだ組
 気が付いたら白雪さんはカラス天狗と別れ恐竜さんに乗り換えてました(笑)。振られたカラス天狗はモーモーに慰められています(笑)。
別れて恐竜になつかれていた
 次回は11/4編。尚、前から言ってる様に明日11/5の早朝が私が行けるラストチャンスですので、それ以降の状況は他の方の報告を御覧下さい。

熱気球世界選手権(3)~11/2編~
【2016/11/03 19:19】 日常・雑談
 この日はバルーンファンタジア中心で。午後からの競技をやると言うので行ったんですが生憎強風で中止になりました。
 この時点で今年は昼に飛んだ日は無し。丸1日中止になった日も有るのに大丈夫か?
 当日は敷地内のゴールにマーカーを落とす事になっており、C・D…特にDエリアでの判定に時間がかかっていた為、ファンタジアはA・Bエリアでやる事に。
マーカーの回収に手間取ってる
 今年はミニバルーンも来てるんですが初めて見ましたよ。先に立ち上がったバルーンが仲間を見守ってる様に見えたりして。
大丈夫?ん~
 4基の内、2基がパンダなんですが何気にパンダ率が高いです。デザイン的に中国かと思ったらドイツから来たと言うのは意外。
ミニバルーン
 シマウマが時々柵ごしの観客を襲ってます(笑)。バカ受けです(笑)。
がお~!!
 人が乗れるサイズでは無いのでこの方がパイロットを務めております(笑)。
パイロット(笑)
 立て!!立つんだ!!白雪!!
立て!!立つんだ白雪!!
 ズゴゴゴゴ…。
ズゴゴゴゴ
 ぬぅぅぅ~ん。
ぬぅ~ん
 立った!!白雪が立った!!おじいさぁ~ん!!
白雪が立った!!おじいさぁ~ん!!
 カラス天狗が影になって良く見えません^^;
カラス天狗が良く見えない
 存・在・感。
存在感
 存・在・感2。
存在感2
 しかし目立つ目立つ(笑)。
存在感3
 レディのスカートを覗かないでよ!! 失礼ねっ!!
下から覗かないでよ!!
 A・Bエリアに居たのは6基(白雪さんの後ろにHigh Kitty)だけ。これで終わりか?と思ったら朝飛んだ面子が判定の終わったC・Dエリアに現れました。
パンダとえびす
 中の人もパンダ(笑)。スタッフの半分はパンダの人(笑)。
スタッフもパンダ(笑)
 但しこの時風が大分強くなって来ており、C・Dエリアは解放されないまま。
全部は一辺に入らんな
 先に立ち上がっていた6基は片付けに入ります。
ああ~
 さようなら王子様…私は寝るわ…お休みなさ~い。
さようなら王子様…
 ぐうぐうぐう…。
その頃の白雪さん
 軽くホラー?
その頃のフクロウさん
 11/3(今日)は通常の観客席では無く対岸側で観てました。それについてはまた次回。

熱気球世界選手権(2)~10/30編~
【2016/11/01 20:43】 日常・雑談
 生憎10/31は行く暇が無く、11/1は強風の為全競技中止だったので、30日のホンダグランプリ最終戦&公式練習とバルーンファンタジアについて。
 尚、10時頃までには帰宅せねばならなかった為、バルーンファンタジアは途中で切り上げてます。平日の早朝に行くのは無理でもせめてファンタジアはちゃんと観ようとは思ってるんですけどね。
 先ずはホンダグランプリから。New ASIMO君が浮上して手を振ってくれてます。
アシモくんが手を振ってます
 やっとるやっとる。
やっとるやっとる
 真っ先に飛び上がったのは例によって世界チャンピオン・藤田雄大選手…ってバルーン新調したの?!
世界チャンピオーン
 時間軸が前後してますが半分青くなったのね。
半分青くなった
 次に地元佐賀の上田諭選手のアイリス号。
地元上田選手
 今回初めて見るバルーンも多くてHonda モモンゴー号…可愛い。
モモンゴー
 飛び立ち始めるとあっという間ですね。
早起きはバルーンの徳
 続いては世界選手権の公開練習。勿論初参加のバルーンも多数参加してますが、世界選手権組とフェスタ部門組が入り混じってます。
公式練習組
 ホンダ組は遥か遠くに~。
ホンダ組は遥か遠くに
 うむそっくり。ジョー・ハートシル夫妻と息子のレット・ハートシル選手だから当然か。
そっくり
 因みにこの「くらげIII号」は私が通ってる眼科のバルーンです。
通ってる眼医者のバルーン
 手を振ってるよ~。写真を撮ってるパイロットも居た様です。
手を振ってるよ~
 そっくりと言えば同じバルーンが4基ですかい。ドイツとスイスの選手だそうだが血縁関係でも無い様だしスポンサーが同じなの?
そっくり4基
 山代ガスの「やましろ5号」。バルーンのガスボンベはこの会社を中心に地元の4社が担っており、1本で約30分しか飛べない為、通常は4本は積み込むんだそうです。(因みに先日事故ったバルーンは2つバーナーが点くべき所が1つしか点いて無かった)
ガスボンベ供給会社
 更にその後はバルーンファンタジア。トムさんは車もトムさんです。
トムさんの車
 お馴染みのトム。(確か2代目だったと思うがパンフには「トム」としか書かれていない)
お馴染み
 フクロウ(Owlbert Eynstein)さん今年も来てくれたのね~。
オウルバート登場
 モーモー!! フライングモーモーIII号!! キリンと間違われるけど牛だよ!! モーモー!!
モーモー!!
 スクラビングバブル…。
ジョンソン…
 ピンクの招き猫・High Kitty。「猫」と書いて有るけど出身はアメリカです。
招き猫
 さがえびす。常連組の中では最大クラスだったと思いますが、今日(11/1)のキッズデーでは強風で立ち上げられなかった代わりに子供に踏ませていたそうです^^; 大丈夫なん?
えびすさん踏んでいいの?
 今回最もでかいのは初登場のSnow White…つまり白雪姫。背丈は164フィート(約50m)で10階建てビル位の高さ。白雪さんの天辺から落っこちたら助かりませんTДT; 
白雪さん起き上がれない
 ただその分重さも半端無く膨らませるのも大変で、この時は結局完全には膨らませられなかったみたいです。
やっと起き上がったが…
 「みたい」と言うのはこの時点で帰らなければならなかったからですが、下から見てもこんなに背丈が違いますからね。この後傾いてる&萎んでるとは思ってましたが…。
この後倒した模様
 遠くから見ても見えないって事はそのまま倒しちゃったんでしょう。
白雪さん居ません
 明日は風も無さそうなのでファンタジアだけ観た後、嘉瀬川の反対側から観るべく下見して翌3日は早朝から出掛けようと思ってます。




サイドメニュー ×
メニューA  メニューB