のよのよ in Zの悲劇?!
鳥全般・海外旅行・ばんえい競馬・アニメ&漫画etc.…ニッチな情報提供も目指します。

最近の記事 ×

プロフィール ×

Pin

Author:Pin
出身:福岡県。長年住んだ出雲から佐賀へ移住の白衣好き主婦。
趣味:同人活動ではハーロックに原点回帰。(他にナノセイバー・恐竜惑星・ジーンダイバー)、ばんえい競馬、鳥関係全般、(科学者用)白衣等々。海外に行った時は旅行ネタ多目。


カテゴリー ×

月別アーカイブ ×

最近のコメント ×

最近のトラックバック ×

FC2カウンター ×

カレンダー ×
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


この科博の片隅に
【2017/05/03 00:28】 生物全般
 科博に行くのは超久し振りだったんで、大英自然史博物館展のついでに常設展示の企画展『卵からはじまる形づくり』も観て来ました。
常設の企画展
 発生生物学と言うのは1つの細胞が分裂してどの様に体の仕組みが出来て行くか研究する物です。
 この分野で有名なシュペーマンはイモリの胚(受精卵が細胞分裂する初期段階)に別のイモリの細胞を移植して、「移植場所とは無関係に特定の部位を作る様誘導する細胞=オーガナイザー」を発見しています。
 これやると変な所から足が生えたり体がくっ付いたりしたイモリが生まれて来るんですわ。
シュペーマン
 但しこうなるのは細胞分裂の初期段階のみで、或る程度分裂が進んでしまうと、何処に何が出来るか確定済(予定運命)なので機能しません。
イモリの手足が再生しちゃうよ
 面白い事に分類学上全く別の生物でも胚の初期段階はそっくりなんですよね。 ニワトリもカエルもイヌもヒトも始めは皆そっくり。
 これこそ元は同じ生物から進化して分かれて行った証拠で、生物は胎児の時に進化をやり直すのが実に意味深です。
最初は皆そっくり
 んでこの発生生物学は進化や体の仕組みを研究するだけでなく再生医療の基本ともなっています。
 …と言う事でこんな絵が貼られていた訳ですが…。
これ見てすずさん思い出した人挙手
 これ見て「すずさんの右手が生えて来たら良いのに…」と思った方、挙手~>▽</
もう少し拡大
 再生医療が普及したらマジですずさんの右手復活希望!!と、『この世界の片隅に』が好きな方なら思うのでは?
すずさんに右手が…
 マジで交通事故や病気で体の一部を無くした人が元の生活に戻れる日が来て欲しいですね。
良かったねぇ…?
 ああしかしただでさえ描き慣れてないのに、久し振りに描いたから絵が不安定だわ…^^;




サイドメニュー ×
メニューA  メニューB