のよのよ in Zの悲劇?!
鳥全般・海外旅行・ばんえい競馬・アニメ&漫画etc.…ニッチな情報提供も目指します。

最近の記事 ×

プロフィール ×

Pin

Author:Pin
出身:福岡県。長年住んだ出雲から佐賀へ移住の白衣好き主婦。
趣味:同人活動ではハーロックに原点回帰。(他にナノセイバー・恐竜惑星・ジーンダイバー)、ばんえい競馬、鳥関係全般、(科学者用)白衣等々。海外に行った時は旅行ネタ多目。


カテゴリー ×

月別アーカイブ ×

最近のコメント ×

最近のトラックバック ×

FC2カウンター ×

カレンダー ×
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


ドイツ1周年~ミュンヘン古生物学コレクション(1)~
【2010/09/19 10:00】 生物全般
 これが載る頃ブリスベンに着いていると思われますが、実はドイツに行って早1周年だったので、以前やりそびれたネタをサルベージするの巻。

 以前も書いた様にドイツの自然史博物館は探すのに苦労しましたね-Д-; ドレスデンの絶望っぷりは既に書いたけど、その絶望インパクトに圧されて意外と書きそびれていたのが、今回紹介する古生物学コレクション。(当時の記事に貼ってあったURL…リンクが切れてるなぁ… ̄З ̄; 新しいリンクはこちら

 紹介が遅れたのは去年末に出した個人誌の方で先に紹介したから。製本の関係上モノクロだった為、こちらでカラー写真を先行して載せるのは、本を買って下さる方に少々申し訳無いと思ってたのですよね。んでそのまま諸事情で忘れていたと^^;
 …皮肉な事にその個人誌がVシリーズ本最後になってしまいそうですが。(ぶっちゃけ今の私はドイツ博物館の影響で、愛が再燃したハーロック最萌え状態だし^^;)

 お目当てのオオウミガラスは居なかったけど、無料で入れるし小規模な割には展示は比較的充実してます。正面から入ると先ず目に付くのはマンモスかな。
マンモス骨格
 3階建てになっており上から見下ろすとこんな感じ。
博物館内部全景
 まあざっと回っても1時間程度ですね。地質学博物館が隣接されてるので、そちらも含めると+1時間位か? おおっモアもちゃんと居りますな~。
モアもしっかり
 この手の博物館のお約束なのか、天井からは実物大の翼竜模型や化石が飛んでる様に展示されております。
天井からプテラノドン
 ランフォリンクス…かな?
翼竜が飛ぶ

 でも鳥好きの私としては思いがけない収穫が有りました。これについては次回紹介します。

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://noyonoyo.blog98.fc2.com/tb.php/1013-213d82c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB