のよのよ in Zの悲劇?!
鳥全般・海外旅行・ばんえい競馬・アニメ&漫画etc.…ニッチな情報提供も目指します。

最近の記事 ×

プロフィール ×

Pin

Author:Pin
出身:福岡県。長年住んだ出雲から佐賀へ移住の白衣好き主婦。
趣味:同人活動ではハーロックに原点回帰。(他にナノセイバー・恐竜惑星・ジーンダイバー)、ばんえい競馬、鳥関係全般、(科学者用)白衣等々。海外に行った時は旅行ネタ多目。


カテゴリー ×

月別アーカイブ ×

最近のコメント ×

最近のトラックバック ×

FC2カウンター ×

カレンダー ×
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


歴代ハーロックの意味深な言動
【2010/12/24 00:01】 ハーロック@松本零士
  今日はクリスマスイヴですが、我が家では大したお祝いはしないのです。一応年に1回ケーキを食べる日では有るんですがね。
 でも一応クリスマスっぽいネタも用意してみました(笑)。
恒例のクリスマス終了のお知らせ(笑)
 私的にはこの2人は「恋人」ではなく、既に「夫婦」なのでクリスマスだからと言って、特別どうこう盛り上がると思いませんね。どうせ何時も一緒に酒飲んでるし(笑)。

 ああそう言えば某巨大掲示板では、例年「クリスマス終了のお知らせ」だの、「12月24日の夜は性なる時間」だの、リア充を僻む半分冗談半分本気なお約束が飛び交う時期だね^^;
 聖夜…もとい性夜か…この2人もイヴにはそんな雰囲気になるのかね?(笑)あの艦長室の配置からして意味深で意味深で…>▽</

 ん?ハーロックはクールでストイックでカッコいいんだから、そんなエロイ事する訳が無い?!(ノ# ̄□)ノ
 …いやいやこれが案外色んな作品では子供の話をしているんだぜ!! ちょっくら歴代ハーロック登場作品(主に漫画)から、彼のそんな子供発言を抜粋してみましょう。


さよなら銀河鉄道999:
 鉄郎の後姿を見送りながら
 「親から子へ…子からまたその子へ…血は流れ、続いて行く。それが永遠の命だと俺は信じる!」

さよなら999より
ガンフロンティア:トチローの子供の面倒を見る羽目に…
旧TV版ハーロック:同上(笑)


ダイバーゼロ:
 人間に復讐する為に生まれたスーパーアンドロイド・ゼロに対して
 「では 人間を滅ぼしたとして どうやって子孫をふやすのだ」


宇宙戦艦デスシャドー:
 男ばかり生き残って滅亡を待つだけの地球に、女ばかりの異星人(しかも混血可能)達を地球に脱出させる様仕向けた後
 
 「あいつらは二度と宇宙に還ることはできない」
 「そしてあいつらは女だ………」「地上には男がいる……」
 「地球はよみがえるだろう」「俺たちの地球は生き返るのだ」
 (女日照りのクルー達がハーロックに銃を向けて)
 「そんなものはしまえ わかっている」
 「おまえたちが地球に帰るのをとめはしない」「あの女たちといい子供をつくれ」


 しかしハーロックはデスシャドー号と共に去って行くのです。そこには艦と一体化した、生首だけの女性が…。
トチローと言うよりもミーメの原型か?
 この女性…一体ハーロックとどんな関係?と思いますけど、ハーロックを「あなた」と呼んでるし、このコマの2人のやり取り見る限りでは妻なんでしょうね。

 この「艦と一体化」はトチローの原型、言動はミーメの原型になった様です。シリアル西岡氏はこの女性をミーメの末路に例えて、「ミーメだけはハーロックと共に再び旅立つのです。そしていつの日か、ハーロックと偉大な友とアルカディア号のために、その命を捧げることになるでしょう。」と発言しているそうです。(Dollyさん有難う)

 この文章ではミーメは死ぬ為にしか存在を許されない印象を受けますが、改めてデスシャドー読むとハーロックは心を許した女性と、「共に生き、共に死ぬ」事を明言しているのです。…それってつまり究極の夫婦の在り方ぢゃないかね?

 成程~あの旧TV版最終回は、正にデスシャドーを踏襲しているんだな。これまでどんな関係かいまいちハッキリしなかった、ハーロックとミーメですがやはり夫婦同然レベルまで達しているわ。


 ところで歴代ハーロックで最も過激な発言をしているのが…

機械化都市(テクノロジラス):
 機械に支配され最早人間がマトモに住めなくなったとある惑星。反機械派勢力だったハーロックは、生身の体であるS-3とミライを、我が身を犠牲にして人類の未来の為に脱出させる

言う事がストレート過ぎです…ハーロックさん^^;
 …ハーロックが「性交」だの「交合」だの連呼して、子作り推奨し捲くるとは…(笑)^^; 

 この他にも『大海賊ハーロック』では、妻とクルーを若者に託し、自分は死に場所と復讐の為に地球艦隊に特攻します。

 私は旧TV版ハーロックが終った時、りんたろうの「ハーロックは野垂れ死に」発言に怒りを覚えた物ですが、こうして歴代ハーロックの言動を纏めてみると、若者に未来を託して自分は死ぬか去って行くパターンが実に多いのです。…となると言い方は酷いけど、強ち「野垂れ死に」も間違いでは無いのか…?
 そう言うスタンスのキャラなんだなぁ…と改めて実感しましたね。


 でも関わった人物にここまで子供云々言うなら、ハーロック自身にそう言う事が有っても良いやん? 結果、「ノーマルカップリングで最もミーメを押し倒すハーロック」が出来上がる訳ですが(爆)^^;

 そう言う訳で先日のクニマス再発見と、クリスマスに因んで描いてみましたよVv(笑)
クニマスに続け!!
 ジュラ星の科学力がどの程度かは判りませんが、今の地球レベルなら異星人に連れて行かれない限り、宇宙の何処かで生き残ってる可能性は無いでしょうね。

 ミーメが最後の1人で有る以上、相手が居ても交雑は確定ですがこの際気にしない。


 余談ですが私が初めてハマったカップリングは古代守&スターシャでした。片やアニメ初登場ハーロックになる予定だった男、片やイスカンダル最後の1人となった女…と、まるでどこぞの宇宙海賊夫婦…(笑)^^;
 私は基本ヤマトはヤマト2で見限ったクチですが、それでも文句言いながらヤマトよ永遠にまでは観てたんですよ。

 でも永遠にで守達を皆殺しにした展開が凄く嫌で…。特に娘のサーシャが浮ばれない;_; 私が本気でヤマトを見限ったのは、これが最大の原因だったかも知れません。まるでハーロックとミーメが子供諸共、安っぽい感動の為に殺された様に思えちゃって。
 しかしサーシャってスターシャの特性しか受け継いで無いんですかね? 1年で17歳にまで成長とか、死んだ後もスターシャ同様宇宙に浮んで語るとか。(対する守は地球人だからそう言う特典無し^^;)

 そう言えば去年のヤマト復活篇も惨憺たる興行成績だった様ですが、現在上映中の実写版ヤマトも、元が取れるか否かと言う位悲惨らしいですね ̄▽ ̄; どっちも観てないから評価は出来ないけど。
 2012年公開予定の3Dハーロックも、あの『わが青春のアルカディア』以上に苦戦する気がしますよ? 絵のクオリティからしてかなり予算をかけてる様ですが、内容的にはキャラだけ借りた別物臭いし…。
 一応海外向けみたいですけど、日本で上映したら観に行っちゃうんだろうなぁ~^^;(東京限定とかでもない限り)

 んで、このハーロックにミーメは出るのかい? PVでは螢と一緒に行動してたけど…。

この記事に対するコメント
デスシャドー深いですね~
今夜はイヴですか。どこか遠い星の出来事のような・・・。
ウチも特に何もないですよ。サンタさんも来ないし、ケーキはどこだ?。

蛍のイラッとしてる感じに笑いました。ハーロックとミーメは確かにいつも
通りにお酒飲んでるだけのような気がしますね。

こうやって並べて見ると確かに子供の話し多いですね。描いてるテーマ
の根源は同じなんだなという感じがします。機械の体ではない本当の
”永遠の命”の答えって感じがして「さよなら―」でのセリフにはけっこう
感動しました。ちなみに補足ですが、シリアル西岡さんの文章は
新TV版DVD6巻のリーフレットに掲載されているものです。

こちらこそ、ずっと気になっていた「宇宙戦艦デスシャドー」について
いろいろと教えていただいて、ありがとうございました。
私もこの女性は妻にあたる人物だろうと思います。艦と一体化する
という話しがすでにここで描かれていたのも興味深い。
ふたりの会話、うまく言葉に出来ないけど、すごく良いですね~。
旧TV版の最終回がさらに意味深いものに思えてきました(*^^*)
近いうちに「ダイバーゼロ」ともどもちゃんと読んでみたいと思います!。

あ~ケーキないな~やっぱり・・・。
【2010/12/24 19:55】 URL | Dolly #s4Fw8DyQ [ 編集]

デスシャドー再認識
>Dollyさん
 一応我が家ではスーパーで買ったオードブルとケーキを食べるんですが、ワインを傾けながらあの2人に想いを馳せるだけで何となく幸せ…´▽`
 クリスマス自体は3年前この時期に本場・フィンランドに行った関係上、あちらをどうしても思い出してしまいますね。

 アルカディア号って極端に女性が居ないんで、あの中で美少女の螢が無事で居られるかちょっと心配。(彼女が皆にアレされる男性向け同人誌が実在する)
 まあ強かな彼女の事だからそう簡単に男に弄ばれる筈無いんだけど。どうにも私が螢を描くと腹黒っぽくなる様な(笑)^^;

 Dollyさんから西岡氏のコメント聞いて、デスシャドーを読み返したりしていたら、ハーロックって本当に子供云々良く言ってる事に気がつきまして。

 まあ自分が子供欲しがるとかではなく、若者に未来を託し子供を育てろと言う為に、彼自身は命を賭して闘うパターンばかりですがね。

 デスシャドーとダイバーゼロが、宇宙海賊~の直接の原型になったと言われていますが、内容的にはダイバーゼロの方がより近い(ミーメが出る&ゼロはハーロックから人間の体を貰って台羽正になった?等々)ので、そちらに注目していたんで、Dollyさんの指摘を切欠にデスシャドーを再評価してしまいましたよ。教えてくれて有難う~^▽^/
 こちらの方が青年誌に掲載された為、視点がより大人っぽくて深い。

 普通のカップルみたいに、甘い愛の言葉を囁いたりいちゃつく事はしないけど、だからこそデスシャドーラストのハーロックの台詞に深い愛を感じましたね。

 妻は体は無くなってしまったけど、俺はお前と永遠に一緒だ、そして何時の日か自分も艦と一体化した時、初めて本当に結ばれるんだ…と言ってる訳で。

 いやもう…ハーロックの恋愛感はそこら辺の男女は太刀打ち出来ませんなぁ。ハーロック&ミーメのらぶらぶやエロエロも描くけど、それ以上の精神的な絆も表現したい物であります。

 ダイバーゼロ…単行本化されてますが未完です。(とゆーかハーロックの連載作品全部未完-Д-;)プレミアついているんではないかなぁ…。
【2010/12/25 09:59】 URL | Pin@管理人 #j3GclXO2 [ 編集]

興行的・内容的にこの作品では勝てない…!
いやあ、“ハーロック愛”が溢れてますね。私なんぞは足下にも及びません。もっと精進せねば!さて『ヤマト復活篇』、これまで観た数々の映画の中でも、間違いなくワースト3に入ります。もともと勝算のない新作なんか作ってほしくなかったので、内容・興行共に惨敗することは分かっていました。現在進行中の当方の本で、70年代終わりから80年代初めの松本アニメ(ヤマト×4本、999×2本、1000年女王、アルカディアの計8本)の興行成績をグラフにしましたが、『ヤマト復活篇』の成績は、当事の最低記録(汗)だった『わが青春のアルカディア』にも遠く及びません。つまり同じ土俵にすら立てなかったんですね。敗因分析をすると長くなってしまうためこの辺で。来週はいよいよ冬コミ、今年最後の大騒ぎです。
【2010/12/25 13:58】 URL | バンバラバンバン #DeFSGepY [ 編集]

ハーロックファン歴は長いですから(^^ゞ
>バンバラバンバン様
>いやあ、“ハーロック愛”が溢れてますね
 恐れ入ります(^^ゞ リアルタイムで暫く同人やった後、事情が有って長い間ほぼ読み手に回っておりましたが、期間を置いた分昔気がつかなかった点に気づく事が多々有りますね。昔はここまでの考察出来ませんでしたから。

 ヤマト復活篇…あのアルカディアにすら遠く及ばないんですか^^; あれは一応3部作だとか聞いていますが、これは999エターナルファンタジーよりも悲惨と言う事ですかね。999も続編は没になったんだから、増してや復活篇の続編なんて、西崎氏亡き今夢のまた夢でしょう。

 本の方も楽しみにしておりますが、先ずは冬コミ頑張って下さいませ~!!
【2010/12/25 16:35】 URL | Pin@管理人 #j3GclXO2 [ 編集]

特典
古代守が、後のハーロックとして生きられた場合を推理してみました。 それは多分、彼がスカンダル人から大量の輸血をしたから。 ラーメタル人のメーテルみたいに、1日が地球の千年とはいかないでしょうが…(*^_^*)
【2012/11/21 07:21】 URL | ナイン #WhIIHc2I [ 編集]

そう言えばどうやって治療したんでしょうね?
>ナイン様
 初めまして。コメント有難うございます。イスカンダル(今打ったら「椅子寒樽」と誤変換した(笑)^^;)は地球よりも遥かに科学が発達していますから、治療カプセルに~と言う所でしょうが、もし輸血だとしたらスターシャの血ですかね?^^;

 ヤマトからハーロックまで800年近く(2199→2977)開いていますから、守がそのままハーロックになった…と仮定すると…。

 今年公開と言いつつ来年に延びている3Dの新作ハーロックは、「100年後なのに生きている。何故だ?!」なんて設定らしいのですが、成程~この守なら楽勝と言う事ですね(笑)。 
【2012/11/21 10:43】 URL | Pin@管理人 #j3GclXO2 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://noyonoyo.blog98.fc2.com/tb.php/1066-18cfe9e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB