のよのよ in Zの悲劇?!
鳥全般・海外旅行・ばんえい競馬・アニメ&漫画etc.…ニッチな情報提供も目指します。

最近の記事 ×

プロフィール ×

Pin

Author:Pin
出身:福岡県。長年住んだ出雲から佐賀へ移住の白衣好き主婦。
趣味:同人活動ではハーロックに原点回帰。(他にナノセイバー・恐竜惑星・ジーンダイバー)、ばんえい競馬、鳥関係全般、(科学者用)白衣等々。海外に行った時は旅行ネタ多目。


カテゴリー ×

月別アーカイブ ×

最近のコメント ×

最近のトラックバック ×

FC2カウンター ×

カレンダー ×
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


フランス版ハーロック小説のトリビア
【2011/02/16 20:44】 ハーロック@松本零士
 前回書きそびれた事が有ったので補足。

 ハーロック熱再燃の切欠となった、フランス語のハーロック小説(例の小説)ですが、実は作者はフランス人では有りません。ベルギーはブリュッセル在住の方なのです。
 ベルギーと言えばバレンタインチョコで御馴染みのゴディバが在る国なので、実は前回の記事と一応関係が有るのです。

 フランス人にハーロックファンが多いのは結構有名な話で、ここにもフランスの方が見にいらっしゃっていますが、何故ベルギー人がフランス語でハーロック小説を?についてのトリビア。

 実はベルギーにはベルギー語が無くて、6割の人がオランダ語(正しくはベルギー方言であるフラマン語)、3割がフランス語、1割がその他と言う言語形態なんだそうで。
 んでブリュッセルはオランダ語とフランス語の2言語地域の為、看板や標識は両方の表示が義務付けられているそうです。…あ~何だかフィンランドを思い出すぞ~!!

 だってフィンランドもフィンランド語とスウェーデン語の両方表示が当たり前なんですから。写真は地下鉄ヘルシンキ駅の駅名票。(左 フィンランド語 右 スウェーデン語)
左フィンランド語 右スウェーデン語
 意味はどちらも「鉄道広場」。フィンランドについては「海外旅行」の所で散々語っていますので、興味の有る方はそちらを御覧下さい。

 生憎ベルギーに行く予定は今の所無いですが、もし行くとしたら恐らくフィンエアーでヘルシンキ経由だろうから、全く関係無い訳でもないのです。
 それに谷山浩子の「フィンランド」と言う曲には、あんまりな意味でベルギーと一緒にされてるし^^;

 そんな訳で例の小説がフランス語で書かれているのは納得だけど、ベルギーでもハーロックが放映されたのでしょうか? ああ…フランス版を輸入されたのね?と思っていたら、どうやら真相は逆らしい。

 最近知った話ですが日本漫画のフランス語版翻訳を手がけているのは、フランスではなくベルギーの出版社なんですね。元々はバンドデシネと言うフランス語圏独自の大判コミックの出版が盛んなお国柄ですが、日本漫画に人気に目をつけてフランス語訳出版する所が出て来たと。(一部の爆発的人気作品に続くヒット作が出ず、最近全体的な売り上げは頭打ちらしい)

 フランス人の日本のアニメや漫画好きを支えているのがベルギーとは意外ですな~。そうなるとハーロックのフランス語版翻訳もベルギーでやったのかな? だったら例の小説の作者さんが自国でハーロックのアニメ観てても何らおかしくない訳です。(SSXのフランス語版観た限りでは、OP・ED共に世界観完璧無視した同じ曲でしかも旧TV版と使い回し。訂正:歌は流石に違う^^; 旧TV版の方がスローテンポ。BGMはオリジナルと同じだけど挿入歌のみ消去、サブタイトル・アイキャッチ・予告等日本語字幕が入る所も全部カットされている)

 既に御本人はサイト更新停止宣言されているので、彼女に触発されて再燃した私が実質後継者か…^^; まあカップリングが同じでも解釈はかなり違うから、私は私の茨道を行くつもりですがね。


 オマケ:『バレンタイン☆トラップ』真の続編。
バレンタイン☆トラップ続編(笑)
 前回の余裕っぷりとは打って変わって暴走するキャプテン…(笑)。「子供が出来たと思い込んでたのに、出来てなくて残念そうなハーロック」なんてネタは何度も描いているんですよね~。態々載せてないだけで ̄▽ ̄;

 しかし「ノーマルカップリングで押し倒すハーロック」を描くのは世界で私だけ!!ぢゃねーか?(笑)^^; BLですらハーロック受けの方が目立つのに。

 オマケ2:寒いと2人が寄り添っている絵を描きたくなるの図。
寒いと2人がくっ付いてる絵を描きたくなるのさ…
 周囲に描いてあるのは冷やかされてぷんすこしているらしい(笑)。左下はこれとは全く無関係に単なるマスコット人形のデザインのイメージ図です。実際に作れる技量が有るかは甚だ疑問ですが^^;

この記事に対するコメント
バンドデシネ
バンドデシネ、懐かしい!。学生時代、友人とその話しで盛り上がって
いたものです。まだ見ぬ物に対する憧れがもの凄く強かった。
初めてエンキ・ビラルの作品を見た時には感動したなぁ・・・。

ジャパンエキスポについて少し調べたことがあるのですが、その盛況ぶり、
受賞作品の幅広さ、今日本で人気があるものが現地でも人気があるという
認知度の早さ(出版スピードの早さ)などなど、驚くことが多かったです。
装丁も日本のものよりセンスが良く、美麗なものがあったり。
好きなマンガのフィギュアがアメリカで発売されて、日本のメーカー
からは全く出ないとか、非常に残念すぎることもおきてるし・・・。
なんだかなぁって感じがします。

バレンタインの真の罠はキャプテンの暴走ですか?(笑)。
いや、真の原因はたまひよか!?。間違った方向に気合いが入る
キャプテンもまたステキです(*^^*)。ミーメ、がんばれ~~。
寄り添っているの図もとても良いです~。ミーメがかわいいっ。
ぷんすこの原因は、あ~また台羽ですね?(笑)。
未だに空気を察することが出来ずに余計なことを言ってしまう。
そんな台羽くんがまた良い!。
【2011/02/16 23:52】 URL | Dolly #s4Fw8DyQ [ 編集]

バンドデシネはかなり独特
>Dollyさん
 お、海外の漫画情勢に結構詳しい? 恥ずかしながらバンドデシネはつい最近知ったばかりなんですが、今調べてみたら日本の漫画とはかなり経路が違いますね~。漫画と言うよりも寧ろ芸術として楽しむべきみたいで。フルカラーが主体らしいし。

 だから日本漫画の仏訳版はバンドデシネではないですね^^;

 昔日本でアニメ化されたイタリア語の原作本を入手したら、全4巻の内何故か1巻だけがA3版くらいの巨大版(他はB5版)。それもフルカラーで日本の漫画とはかなり異質な作風でした。バンドデシネもB5版位有るんかいな?

 生憎フランスには未だ行った事が無いんですが、今まで行った国で見た分には日本と似た様な装丁か、ペーパーコミックが多かった様に思います。でもしばしば日本の物よりもカッコよかったりするんですよね~。まあジャンプ作品が多いのは当たり前か…。

>今日本で人気があるものが現地でも人気があるという
 ナルトはフランスでも大人気だけど、日本で人気だからって向こうではさっぱりな漫画が増えて来て、読者のニーズが解らなくなってるとか。

 余談ですが日本で深夜アニメが放映された翌日に、字幕付でネットに流れているのを観ると、海外のオタクの執念は凄いな~と感心しますね(笑)^^; 
 『さよなら絶望先生』と言う作品の場合は、背景までマニアックなネタの宝庫なので、いちいち解説していたら字幕だらけで絵が観えなくなったとか、流石の海外オタも翻訳を放棄したとか伝説が有りますが^^; 

 日本のアニメDVDって高額なのに(売り上げで制作費を回収する所が多いから)、海外版は安くてデザインもカッコいい事が少なく無いですよね。ハーロックも海外版のDVDの方が先に出ていたらしいし。

>バレンタイン続編
 一体彼はどう言う経緯でたまひよの存在を知ったんだろう?(笑)^^; これが絡むとどうに暴走してしまうらしい。ミーメ、頑張れ(笑)^^;

 寄り添ってる図は何時かちゃんと描けたら、あの膝枕に匹敵する壁紙に出来るかも。未だ延々膝枕が壁紙だし~^^;

 ぷんすこの原因…そうか!!台羽だったのか!!(笑) そうだな台羽が適役だな^^;(酷ぇ)
【2011/02/17 01:39】 URL | Pin@管理人 #j3GclXO2 [ 編集]


こんにちは!お久しぶり(?)です。

絵、本当にうまいですね~☆かわいい感じでほんわかしてます。
絵それぞれが私にとってはうらやまですww。

ハーロックはいろんな言語で訳されているのですね~、すごい!
英語はかっこいいかも!
【2011/02/20 12:11】 URL | デイジー #iklIjPKc [ 編集]

もっと上手い人は居る筈だけど…
>デイジーさん
 お久し振りです~♪ お褒め戴き光栄です(^^ゞ 本当に上手い方の殆どが引退?してしまってるみたいなので、私が残ってる状態だったりして…^^;
 
 まあファン歴は長いから、ハーロックの色んな面を描ける様オールマイティを目指しております(笑)。

 ハーロックも色んな言語で翻訳されていますが、アメリカ人よりもフランス人の方が熱心なファンが多い気がします。

 ただ英語ではHarlockなのにフランス語ではAlbatorになってるのは謎 ̄▽ ̄;
【2011/02/20 15:02】 URL | Pin@管理人 #j3GclXO2 [ 編集]


こんにちは、フランス人は日本のアニメ好きですよね~。
ハーロックのフランス語、どういう感じなのか聞いてみたいものです。

そういえば、私ハーロック以外で好きなキャラクターがいまして
実はルパン三世の次元さんが大好きなんですっ。
今はその二人が好き☆
【2011/02/24 16:20】 URL | デイジー #iklIjPKc [ 編集]

Albatorで検索してみよう
>デイジーさん
 ハーロックのフランス語版ならAlbatorで探せば見つかりますよ。(因みにAlbator78が旧TV版、84がSSX)

 *旧TV版フランス版OP
http://www.youtube.com/watch?v=bWHdoOKfr_o

 *SSXフランス語版OP
http://www.youtube.com/watch?v=HNyogSLAGMI

 歌も全く違う上に声も違和感バリバリ ̄▽ ̄; キャラの名前も悉く原型を留めてないし、どれだけ忠実に訳しているか怪しいけどね。

 ルパンなら五右衛門ではないんすか~?(笑)^^; あちらは未だに真樹夫ちゃんがやってるのに。でも五右衛門はハーロック以上に寡黙なんだよな~。

 ルパンの声優さんも山田さんは亡くなったし、他の方も年齢的に心配になって来ましたね。次元の人の声の劣化振りに嘆くファンも少なくないです。
【2011/02/24 18:46】 URL | Pin@管理人 #j3GclXO2 [ 編集]


でも、主題歌がちょっと違いますね・・・。YoutubeのHPを載せていただきありがとうございます☆

まあ~、小学校の頃五右衛門が好きだったんですが、大きくなると趣味が変わって今次元さんです。でも、五右衛門が声がハーロックなので
やっぱり素敵ですね(笑)

声優さんも、ほんと心配ですよね~・・・。大丈夫かな、なんて思います。
でも声変わっちゃうと違和感あります。

ハーロック以外のキャラの話を聞いてくれてありがとうございます。
あんまり周りにそういうアニメ系の話をする人がいなくて・・・。
【2011/02/25 12:34】 URL | デイジー #iklIjPKc [ 編集]

ハーロックのキャストが変わった訳?
>デイジーさん
 歌は旧TV版とSSXで違いますが全く原型を留めていないのは事実…-Д-;

 五右衛門は未だに真樹夫ちゃんなのに(そう言えば初代ルパンの五右衛門は別の人だった!!)、ハーロックが実質山寺さんになった事に否定的な人は多いですね。彼はトチローは結構合っているんですが、ハーロックはちょっと違う様な ̄▽ ̄; (ヤングハーロック役の竹本さんは中々良いぞ~!!)

 多分真樹夫ちゃんがハーロックに愛着が有り過ぎるが故に、もうベストの状態で演じられない事が解ってて、プロとしてのプライドが許せないからかと。
 対する五右衛門はそんなに叫ぶシーンも無いし、1年に1回位だから未だ何とか出来るのかな。

 次元や不二子だってオリジナルキャストだけど、年齢的な衰えは隠せませんからね…。最近ベテランの声優さんの訃報が絶えないだけに心配です。 
【2011/02/25 22:42】 URL | Pin@管理人 #j3GclXO2 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://noyonoyo.blog98.fc2.com/tb.php/1095-2fe417c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB