のよのよ in Zの悲劇?!
鳥全般・海外旅行・ばんえい競馬・アニメ&漫画etc.…ニッチな情報提供も目指します。

最近の記事 ×

プロフィール ×

Pin

Author:Pin
出身:福岡県。長年住んだ出雲から佐賀へ移住の白衣好き主婦。
趣味:同人活動ではハーロックに原点回帰。(他にナノセイバー・恐竜惑星・ジーンダイバー)、ばんえい競馬、鳥関係全般、(科学者用)白衣等々。海外に行った時は旅行ネタ多目。


カテゴリー ×

月別アーカイブ ×

最近のコメント ×

最近のトラックバック ×

FC2カウンター ×

カレンダー ×
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


済州島旅行記(6)~済州グルメ紀行?<その2>~
【2011/06/13 10:43】 海外旅行
 済州グルメは黒豚と海鮮が有名ですがガイドブックに拠るとキジしゃぶも名物との事。しかしネットで探しても島の反対側・西帰浦の牛渉苑(ウボウォン)以外目ぼしい所が無さそう…。(済州市内にはダチョウ料理の店も在るらしいけど)

 一旦諦めかけた物の5/16の西回り観光で食べる機会に恵まれました>▽</
 牛渉苑は射撃場の大侑ランド内に在るレストランで、定番の黒豚も賞味出来るそうですが、やはりメインはキジ料理でしょう。
牛渉苑玄関
 …その割には玄関には黒豚の看板しか無いのは何故??
黒豚焼肉も食べられる様だ
 一口にキジと言ってもここのキジはコウライキジと言う別の種。しかし日本にも移入された結果固有種との交雑が進んで、純血のニホンキジは最早絶滅同然と言われております。
 色はとても奇麗なんですけどね…。(写真は余所で撮った飼育個体)
コウライキジ雄
 済州島では野生のコウライキジがうようよ居るそうですが私は見る機会に恵まれずT∇T; で、この牛渉苑では300羽ものキジ骨を煮込んだスープでキジしゃぶが味わえると。

 日本でも岩見沢でコウライキジを商品化しており、以前キジラーメンをGETした事が有りますが、如何せんスープがキジだっただけでキジ肉自体は入っておりませんで。ただニワトリに比べてサッパリとヘルシーな風味は好印象でした。

 そのキジ肉を遂に食べられると!! タクシーの運ちゃんが携帯で予約してくれて、店に着くと既にテーブルには用意されておりましたとさ。旅行ガイドに載ってる様な店なので、店内は団体客で賑わっておりカラオケ設備も有ったから、貸し切って宴会に使う団体も少なくないのでしょうね。
念願のキジしゃぶ~!!
 肉はニワトリよりも赤身かがっており、口に含んだ瞬間はワイルド風味だけど、ニワトリよりも遥かにサッパリして日本人好みの味です。キジしゃぶ以外にもキジ餃子やモモ肉焼き等も味わえます。
ワイルド且つあっさり
 一通り肉を食べた後、残りのスープに御飯を入れて食べるとこれまたサッパリしていて美味。
 ガイドブックでは1人前12000ウォンと書いて有りましたが、行った時はビール2本込みで16000ウォンでした。しかし日本円に換算するとビール入れても1300円位な物だし、日本でのしゃぶしゃぶ価格に比べると遥かにリーズナブル。もし西帰浦に観光する機会が有ったらお勧めです。


 話し変わって普段はホテルの側に在る、Eマートと言うスーパーで食糧を調達しておりました。5階のフードコートでは入った所にパスタ・ステーキ等の洋食メインの店、奥に10軒位韓国料理や寿司やファーストフード等が味わえるスペースが在ります。
 折角韓国に行ったのならやはり韓国料理を食べるべき!!…と思いつつも、日本語メニューが書いてある店は奥の2軒だけで選択の余地無^^;
日本語メニューが有るのはこの2軒のみ
 値段は結構リーズナブルで大体1品5000ウォン(約400円)から食べられます。先ずはカルビタンを注文したのだが、「カルビタン」と言っても通じず店のオバちゃんが下から出て来て指差して注文する羽目に。
 日本語メニューが有るからって日本語が通じるとは限りませんよ~ ̄▽ ̄; 「アンニョンハセヨ~(こんにちわ)」と声かけたら、欲しい物を指差して身振り手振りで頼みましょ~。
 暫く経って出来たカルビタンを見ると…。
煮えたぎるカルビタン
 うわ~煮えたぎってるよ!!(笑)^^; 5000ウォンだけど副菜も有るでよ。
これで5000ウォン(約400円)
 辛い料理の多い韓国において、カルビタンは塩味メインのさっぱり感が良くても、如何せん骨付きなので食べ難い^^;

 この食べ難さは済州島グルメの定番の1つでも有る、ヘムル・トゥッペギ(海鮮味噌小鍋)でも痛感する事になるのですが、それは次回語ろうと思います。

この記事に対するコメント
雉肉!
韓国は雉肉もポピュラーな食材なんでしょうか。日本では滅多にお目にかかれないし、ある意味あこがれの食材のひとつです。(自分だけ?)

>固有種との交雑が進んで、純血のニホンキジは最早絶滅同然
なんと、じゃあ時期になると家の側の堤のがさがさ藪のところに営巣して、『ケーーーン』と甲高い声が頻繁に聞こえたり、学校帰りの道路に面した畑や田んぼのがさがさススキのあいだから突如雄が姿を現してびっくりしたという光景でごく当たり前のように観てきた雉も、もしかしたら純血種じゃなかった可能性もあるということでしょうか。

雉は肉の色も綺麗ですね。写真で観ると脂身のない豚のモモ肉にもみえました。うー・・・食べてみたい。
【2011/06/23 00:32】 URL | 楓@バテるまえにガタがきた #fzXxwl2E [ 編集]

野生のキジがゴロゴロ(笑)
>楓さん
 日本でも岩見沢はキジの養殖しているし、以前スーパーで卵を見かけましたが、ニワトリのSサイズよりも小さくて緑っぽかったですよ。肉量もニワトリよりは少ないだろうけど、その分サッパリしていてヘルシーですね。
 通販サイトを探したら扱っている所も有るのでは。

 はい、日本のキジは外来種コウライキジに押されております。春先にケーーン!!と鳴いているキジ達も、良く見ると首にコウライキジの白い輪が付いてたりするそうです。一応自分が地元で見たオスのキジは白い輪が無かったけど。なまじ近縁種なだけに簡単に交雑する…。
 済州島では普通に居るキジも日本では在来種を脅かす存在T∇T; 

 でも肉が美味しいのはどちらも同じで、しゃぶしゃぶ用だったから特にそうなんだろうけど、殆ど脂肪が無くて赤くて奇麗でしたね。
 豚みたいに肉量が無いのに、良くぞこんなに奇麗にスライス出来るな~と或る意味感心。
【2011/06/23 13:56】 URL | Pin@管理人 #j3GclXO2 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://noyonoyo.blog98.fc2.com/tb.php/1151-c016211a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB