のよのよ in Zの悲劇?!
鳥全般・海外旅行・ばんえい競馬・アニメ&漫画etc.…ニッチな情報提供も目指します。

最近の記事 ×

プロフィール ×

Pin

Author:Pin
出身:福岡県。長年住んだ出雲から佐賀へ移住の白衣好き主婦。
趣味:同人活動ではハーロックに原点回帰。(他にナノセイバー・恐竜惑星・ジーンダイバー)、ばんえい競馬、鳥関係全般、(科学者用)白衣等々。海外に行った時は旅行ネタ多目。


カテゴリー ×

月別アーカイブ ×

最近のコメント ×

最近のトラックバック ×

FC2カウンター ×

カレンダー ×
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


済州島旅行記(7)~済州グルメ紀行?<その3>~
【2011/06/19 11:50】 海外旅行
【ヘムル・トゥッペギの実力】

 韓国で「海鮮鍋」は通常「ヘムルタン(海鮮スープ)」と呼ばれます。本来「鍋(物)」は「チゲ」「チョンゴル」なのですが、汁気が多い鍋は「スープ」を意味する「タン」になる様です。何れにせよ日本でも「鍋」と聞けば想像する通り、大鍋を皆でつつくタイプの料理ですね。

 これに対して済州島では1人用の小鍋(トゥッペギ)で提供する事が多く、海鮮鍋と言えばヘムル・トゥッペギが一般的です。

 さて前回Eマートで骨付きカルビタンを食べたので今回は済州料理にしよう。アワビ粥は最終日の楽しみにしてるから、それならばとヘムル・トゥッペギを選ぶ事に。
 普通の店なら1人前10000~15000ウォン(約800~1200円)なのに、5000ウォン(約400円)でこのボリュームだと?! 韓国の物価すげ~!!
5000ウォンでこのボリュームだと?!
 …現実はこんな物である… ̄▽ ̄; 誇大広告極まれり-Д-;
現実はこんなもんである…
 副菜は一杯付いて来たけどね。(2人分)
副菜たっぷり
 写真でも赤い灰汁?が浮いているのが判る様にやっぱり辛い!! 副菜のキムチは慣れて来たのか、味付けが元からマイルドなのか割と平気でしたが。

 やはり5000ウォン程度ではこの程度か…。いや!!ヘムル・トゥッペギの真の実力はこんな物では無い筈!! でないと海鮮の島・済州島の名が泣くぞ?! ̄▽ ̄;

 それを知ったのは5/19の世界遺産巡りの時。城山日出峰を見終えた頃、丁度昼食時で前回(5/16)は私の提案でキジしゃぶにした物の、今回は特に希望の店が無かったので運転手に任せたのです。
 日出峰麓に在るこの店は観光客相手の運転手御用達らしいですね。
運ちゃん御用達の店らしい
 店に入った途端に「こんにちわ」と声をかけるオジサンが。…と思ったら初日に案内して貰った運ちゃんではないか!! この方は観光地見学の際にタクシーで待機せずに、自腹で入場券買って案内までして下さり、日本語は勿論中国語も熱心に勉強なさっています。
 この日もリクエストしたかったんだけど、生憎中国人の先客(3日連続!!)が入っていて、彼が紹介してくれた人になったのに、まさかここで再会してしまうとは!!

 今回はお客ではないのに代りにオーダーを取って下さったり、副菜のお替りを持って来て下さったり…と、相変わらずサービスの良いお方でした。もし済州島にまた行く機会が有ったら、極力貴男にお願いしたいです。カムサハムニダ!!

 さて、その運ちゃんのおかげで遂に本格的なヘムル・トゥッペギと邂逅!!
これが本気のヘムル・トゥッペギだ!!
 アワビとトコブシは未だ生きてるぞ~!! これでもか!!とブチこまれるカニ・エビ・イカ・貝!! 豆腐に白菜にエノキと何故かジャガイモ?!
 見よ!!これぞヘムル・トゥッペギの真の実力だ!! (3人前なので正確にはヘムルタンなんだけど^^;)
 Eマートの廉価版と比べると辛味も抑えていて日本人にも中々美味しく戴けました´▽`

 注:カニはぶつ切り・エビはそのまま放り込んでいるだけなので、上手く殻を剥けず肉を味わうと言うよりも噛んで出汁を味わうに近い状態。(エビは何とか解体可能だがカニはお手上げ)恐らく何処の店でもそうだろうけどお上品に食べられないのが難点^^;

 一緒に頼んだイカチヂミも美味でした。
イカチヂミ
 副菜は青菜をゴマ油で炒めた物が香ばしい。
副菜達
 最後は済州グルメの定番の1つ・アワビ粥。流石名物なだけ有ってホテルの近所に3軒位並んでいて、何処にすべきかちょっと悩む…。
 しかし事前情報で珊瑚アワビと言う店が美味しいと聞いてたので、確認したらホテルの目の前だし!!(笑)
珊瑚アワビ
 アワビ粥15000ウォンはちょっとお高目。しかもちょっと緑っぽい。実は新鮮なアワビの肝が入るとこの様に緑っぽくなるそうです。
アワビ粥
 口に入れるとゴマ油の香ばしい風味が…。アワビをゴマ油で炒めた物を刻んで粥に入れて、コトコト煮込むのだそうです。香ばしさとクリーミーさのハーモニーが味わえて、栄養豊富で胃にも優しい♪
 副菜はチヂミと一緒に盛ってあった、豆腐に衣を付けて焼いた物が香ばしくて特にお勧め。
アワビ屋の副菜
 しっかりお替りした…と言うよりも定期的に店員が補充して来ます。(隣のグループはもっと積極的にお替りしていた) 日本語が話せる店員が居るし日本語メニューも有るので特に支障は無いでしょう。
チヂミと豆腐に衣付けて焼いた物
 頼まなかったけど焼きアワビは70000ウォンもしたな~ ̄▽ ̄; 高い分巨大且つ沢山のアワビが出て来るらしいけどね。

 …以上で済州グルメレポートを終ります。Eマートで仕入れたネタも有るけど、取り敢えず次回はタクシーで回った観光地シリーズをお送りする予定です。 

この記事に対するコメント
この迫力!?
済州グルメどれも美味しそうでしたが・・・
でもあの豪快な鍋(笑)凄く爆笑だったんですがっ!
あの無造作に、いや、大胆に置かれた海鮮たち・・・
きっと私があの場にいたら笑いが止まらないか
「はぁ?」っと微妙な顔でずーっといるかも知れないw
凄く面白かったですw
【2011/06/21 05:14】 URL | スミス #- [ 編集]

これぞ本場の味(笑)
>スミスさん
 漁業が盛んな所では採れたての海産物を、豪快にぶつ切りにして味わう事が当たり前なので、この海鮮鍋もその一環と思えば…(笑)。

 味は良いんですよ~。スーパーで食べたのは辛かったけど、こちらは日本人向けに配慮してあるのか優しい感じだし良く滲みてるし。

 でもでも~食べ難いのが困り物~^^; 魚なら煮ている間に肉と骨が離れて来るけどカニはそうもいかん!! ̄▽ ̄;

 接待にカニ・エビ料理は不向きと言われますが、それは殻を剥くのに必死になって話が弾まないからです^^;

 スミスさんも目の当たりにしたら笑っちゃうかもね~(笑)。

 メールの返事は原稿中なのでもうちょっと待ってね(^^ゞ
【2011/06/21 11:48】 URL | Pin@管理人 #j3GclXO2 [ 編集]

豪快すぎ!
海鮮鍋でボリューム満点・・・ということである程度こんな感じかしらと見てみたら、想像のはるか上空を跳び越していた!
たとえるなら浜や漁港のイベントで、雑多な種類の魚介をぶつ切りにしてありったけ突っ込んで煮こんだ浜汁そのもの。エビとカニがその身を食すためではなく、ダシのためだけにぶち込まれている感じですね。
(浜のほうだと小さいカニはダシ目的で味噌汁用に売られてたりします)
いいな~これくらい豪快でいろいろ入ってるなら食べ応えありそう。
海鮮の宝庫・・・ああ、行ってみたい・・・!

>ジャガイモ
そういえば確かおなじ韓国料理だったと思うんですが、以前愛知に居たとき、近所に出来たお店で「鶏肉のぶつ切りと野菜とジャガイモの鍋」の専門店があって、大きな鍋に骨付きの鶏モモ肉のぶつ切りと野菜をダシで煮ていただくんですが、この料理には必ずじゃがいもが入ってるんだそうで、調べたら本場では洗面器くらいある鍋(土鍋じゃなく、本当に金属で出来た大きな洗面器そのものな)に丸ごと一羽ぶんの鶏肉と野菜とじゃがいもをごろごろ入れて食べていたので、もしかするとあちらでは鍋の具材にジャガイモは必須アイテムなのかも?

どのお料理も、写真を見ただけで匂いと味がリアルに再現されてきて、モニタのまえで腹の虫が収まりそうにありません(笑
やはりグルメ記事はいいですね。堪能させていただきました(^▽^)♪
【2011/06/23 00:56】 URL | 楓@猫も毛皮を脱ぐ暑さ #fzXxwl2E [ 編集]

遂に本気を出してくれた!!(笑)
>楓さん
 新婚旅行にどうかね?(笑)関空から格安便も就航始めたし。

 ガイドブックやメニューの写真は現物よりも大袈裟な事が多いし、スーパーでは写真と現物のギャップに唖然としましたが、本気を出すとこれ位やってくれるんですよね~(笑)。

 そうそう。正に浜汁その物。エビとカニは寧ろ出汁要員^^;

>鶏肉のぶつ切りと野菜とジャガイモの鍋
 調べたらタットリタンと言う鶏肉をジャガイモやその他野菜と一緒に煮込んだ辛い料理が見つかりましたが、確かに鶏肉をジャガイモと一緒に煮込むか焼いた料理が幾つか有る様ですね。
 鶏丸ごとならチムタクが甘辛く煮付けているとか。
http://www.konest.com/data/gourmet_guide.html?no=1193

 まあ日本でも肉じゃがやカレー、コロッケ等の定番ですけど。欧米では付け合せにフツーにジャガイモ付いて来るし。

 余談ですが或る在フィン日本人の奥さんはフィンランド人で、普段は和食を何でも美味しいと食べてくれるのに、春先の新ジャガは別格と称して、この時ばかりは和食よりも新ジャガ!!となるらしい。それ位フィンランド人にとって新ジャガは格別なんだそうです。

 海外旅行ネタは基本好評ですが特にグルメネタは喜ばれますね~(^^ゞ 次回ポーランド料理も日本人には好みの味らしいですけど…マトモに食べる機会は有るのだろうか? ̄▽ ̄;(朝食位だったりして)

 次回からは観光中心のネタに戻りますがそちらもお楽しみを~♪
【2011/06/23 14:09】 URL | Pin@管理人 #j3GclXO2 [ 編集]

辛いのが食べたい!でも・・・
相方が辛いのダメだからなかなか作れないこのジレンマ。

・Pinさん
あちらの人の本気・・・なんというパワフル感!
地元の人のほうがどうやったら美味しく食べられるかわかってますから、シンプルでもしっかりした調理法で出してくれますよね。

件の鶏鍋ですが、私が食べたのはタッハンマリでした。
ちょうどご紹介くださったページのタットリタンのすぐ上に記載されていました。韓国料理には珍しくまったく辛くは無く、いうなれば鶏の水炊きのような料理で、あっさりしてるけれど、旨味をすったジャガイモもまた格別です。
タットリタンもご飯にあいそうな料理ですね。こちらも機会があればぜひ食べてみたいです。

>ジャガイモ
日本だと料理法が限られていて、どちらかというと副食に近い立場ですが、欧米では主食の位置づけにあったりしますから、フィンランドの方にとっての新ジャガは、日本で言う新米とか初物(それこそ江戸時代の初鰹みたいな)という感じなのかも。

そういえばドイツ?では嫁になるためには、ジャガイモ料理を300種類以上作れなきゃいけないというのがあるとか。
保存性も高く、栄養もあって様々に加工しやすいジャガイモは主食にもおかずにもうってつけな食材なんですね。

相変わらずの猛暑ですが、Pinさんも体調に気をつけてお過ごしくださいませ~
【2011/06/23 18:54】 URL | 楓@脱いでも暑い #fzXxwl2E [ 編集]

だったら同じ素材で日本風の味付けにするとか?
>楓さん
 ありゃ~それでは一緒に韓国料理食べに行けないねぇ…^^;

 シンプルだから誤魔化しが利かない。正に素材で勝負!!と言う事で。…好きだぜそう言う豪快な姿勢(笑)。

>タッハンマリ
 紹介したサイトにはジャガイモは入ってない様だけど、韓国料理には珍しく辛くないみたいだし、店によってはジャガイモも入るんでしょうね。
 これならレシピを調べたら自宅でもそれっぽいのが作れそう。具材だけ同じにして醤油や味醂で作ったら日本人好みになるかと。

 生協で「鶏肉とネギを入れて煮込めばOK」なサムゲタンの素を買ったんだけど、サムゲタンは内臓を抜いた若鳥にナツメとか朝鮮人参等を入れた、滋養豊富な高級料理なのでなんちゃってサムゲタンだな、こりゃ(笑)^^;
 どれも美味そうだけど寒くなってからの方が良いな^^;

 フィンランド人にとっての新ジャガは、正に日本人が炊き立ての新米を味わう感覚に近いんだと思いますよ。嗚呼…卵かけ御飯食べたい…´▽`

>ドイツ?では嫁になるためには、ジャガイモ料理を300種類以上作れなきゃいけない
 そうそう確かドイツ。正確な数は忘れたがそれだけジャガイモ料理のレパートリーが多いって事だよネェ。

 保存も利くし加工もし易いし。タマネギと人参と合わせて常備しておくと何かと応用が利くと言う。

 猛暑は未だ本気を出していない筈だから、そちらも体には気をつけてね~。
【2011/06/23 20:57】 URL | Pin@管理人 #j3GclXO2 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://noyonoyo.blog98.fc2.com/tb.php/1154-40860577
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB