のよのよ in Zの悲劇?!
鳥全般・海外旅行・ばんえい競馬・アニメ&漫画etc.…ニッチな情報提供も目指します。

最近の記事 ×

プロフィール ×

Pin

Author:Pin
出身:福岡県。長年住んだ出雲から佐賀へ移住の白衣好き主婦。
趣味:同人活動ではハーロックに原点回帰。(他にナノセイバー・恐竜惑星・ジーンダイバー)、ばんえい競馬、鳥関係全般、(科学者用)白衣等々。海外に行った時は旅行ネタ多目。


カテゴリー ×

月別アーカイブ ×

最近のコメント ×

最近のトラックバック ×

FC2カウンター ×

カレンダー ×
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


ポーランド旅行記(5)~両替の諸注意~
【2011/10/17 13:37】 海外旅行
 空港連絡バスについて語ろうと思ったけど、乗るにはポーランドの通貨が必要なので、先に両替時の注意点を取り上げます。

 ポーランドの通貨は以前も取り上げた様にズウォティ(złまたはPLN 1PLN=約25円 以下PLNと表記)と言います。
 2012年1/1にユーロ導入と聞いてたので、そろそろ移行期間と思ったら一向にその気配無く。2008年のサブプライムローンを皮切りに起こった世界金融危機の影響で、先ずは母国の経済を立て直すべきと言う事になり、実際の導入は2014年以降に延期にされた様です。(一説には2017年位までずれ込むとか?)
 そんな訳で未だ当面現役なPLNなのでした。

 さて一般的に米ドルとユーロは日本で、それ以外の通貨は現地で両替した方がレートが良いと言われます。(空港相場で米ドル・ユーロの手数料3~4円に対し、それ以外は10円位なので、余ったお金を円に戻した時の目減り感が半端無い^^;)
 但し空港のレートは普通良くない為、空港では交通費+雑費の最低限に抑えて、街中で残りを両替した方がお得です。(物価が安くて近い韓国と台湾は、手数料自体安いから空港で替えてもそれ程気にならないかな)

 しかもポーランドは街中なら色んな所に両替所(Kantol:カントル)が在るので、店同士がレートを競い合ってますからね。円は扱っていない所が多いし現金のみだけど。

 …と言う事を踏まえて先ず関空でユーロに両替し、一部を残してワルシャワでPLNに替えるのがベストと判断したのですが、事前情報では「空港の両替所は税関までの所で替えるべき。到着ロビーに出たら極端にレートが悪くなる」との事。…まあこれは余所の空港でも良く有る話なんですがね。

 見た所飛行機から降りて税関まで3箇所の両替所が在り、レートはどれも同じで円も扱っている様です。(写真の一番下)
荷物受取所のレート
 当時ユーロ103円強、PLN23円弱だったので、単純計算では1ユーロ=4PLN強になる筈が、1ユーロ=3.7PLN…ん?レートがおかしいぞ?? 取り敢えず最低限のバス代用に30ユーロだけ交換した物のどうにも腑に落ちず。

 これが到着ロビーの方だと4.66になっててレートが違い過ぎだ~と思ったら!!
到着ロビーのレート
 写真に有る様に実はこの2つは買取(外貨→PLN)と販売(PLN→外貨)の表記が逆なんですよ!! まあ買取・販売価格差が大きい程手数料が高いって事だから、確かに到着ロビーの方がレートは良くないのだが ̄▽ ̄;

 ただその時は逆になってる事に気づかず、「中で替えて正解」と納得しつつ連絡バスに乗り(詳細は次回)、ホテルにチェックイン後中央駅のカントルに行くと4.01の文字が…。
 あれ??空港では3.7だったのに街中では4.01もするの??もしかして空港破格?!…と一瞬後悔しかけたが、実はここにポーランドのレート表記の落とし穴?が有ったのであ~る!!^^;

 その前に日本での外為レートの表記についておさらい。日本では基本「円→外貨」優先らしく、空港の両替割引も円→外貨のみの様です。 先ず「外貨にするのに何円必要か」有りきで、それから外貨→円の「この外貨を円に戻すと幾らになるか」を示すと。
 
 つまり円→外貨の場合、金額が小さい(少ない円で両替出来る)方が手数料が少ない、即ちレートが良いと言う事になります。逆に外貨→円では金額が大きい方が良い訳ですね。
 実際これまで行った国の両替所でも素直にこれが通用しました。


 *例:1ユーロ=103.5円の場合(渡航当時)
        円→ユーロ      ユーロ→円
両替所A     106.5         100.5
両替所B     108.5          98.5 

 Aは1ユーロにするのに106.5円で済むのにBは108.5円必要。逆にユーロを円にするとAは100.5円戻って来るのにBは98.5円だけ。従って金額差の少ないAの方がレートが良い訳です。

 逆にポーランドでは外貨→PLN優先…つまり「外貨をPLNにすると幾らになるか」と、書いてある所が多いんですよ!! (到着ロビーの表記は寧ろ例外?)
 従って金額が大きい方に注目すべきだったのです。
そりゃそうだ。上にも書いた様に外貨→円で考えるべきなんだから ̄▽ ̄; …要はなまじ日本式に囚われると数字が小さい方が得だと勘違いしかねないと^^;

 *参考までに各カントルにおけるユーロ→PLNのレート比較(9/27現在 一番下のみ9/28以降)

~税関まで     3.7
到着ロビー周辺   3.3
街中         4.01 (中央駅の目立つ所 営業時間長い)     
            4.34~35 (やや目立たない所 営業時間やや短目)

 やっぱり便利な所ではレートが悪くて、ちょっと辺鄙かライバルが多い所は良いですねぇ。もし最初の所で全部替えていたら、数100PLNは損していましたよ ̄▽ ̄;
 因みに事前情報通り円→PLN直接よりも、円→ユーロ→PLNの方がレートが良かったです。

 これ…不況と震災にも関わらず相変わらず世界最強の日本円に対して、PLNはやがてユーロに入れ替わって無くなって行く通貨だから、今の内に外貨(特にユーロ)を確保するべく、PLNを安目に放出してるのかな?と思いましたね。

 最も冒頭の理由のおかげでPLNは暫く安泰ですが。ここにほぼ全種類挙げてみました。
ポーランドの通貨ほぼ勢ぞろい
 コイン一覧。左側の5・2・1以外のコインは、補助通貨「グロシュ(gr)」と言い100gr=1PLN。
コイン一覧 
 レート云々はここまでにして街で見かけたカントル諸々について。
 先ずはワルシャワの大統領官邸から旧市街に向かう途中に在った、このオレンジ看板のカントル。
この両替所には注意!!
 実はポーランド政府観光局のブログで要注意認定された悪徳カントルなのだそうです!!
 詳しくはリンク先を読んで頂くとして、もし現地で見かけても近寄らない様にしましょう。

 こんなに悪質なのは特例みたいですが、外からレートがきちんと見える所を選んだ方が良いですね。

 こちらはビャウィストクで見かけたカントルの一例。ワルシャワとレートは変わらない様ですが、結構随所に在るって事はそれだけ需要が有るって事よね? まあベラルーシの国境に近い街だし、国際列車経由で外国人もそれなりに来るのでしょう。(日本人はまず行かないと思うがな)
ビャウィストクのカントル
 看板の「SKUP ZŁOTA」は「PLN買います」の意味。勿論外貨→PLN(PLN販売)もやってるし、レートもそちらを先に表示してますが、買う方をアピールって事は外貨ばかり貯ってPLN不足なんでしょうか?

 ビャウィストク駅傍のこれには笑った。真ん中の店はそんなに看板出し捲くる必要が有るのかよ?(笑)^^;
こんなにアピールせんでも^^;
 ここまでしなくても角に在るんだから目立つだろうに…(笑)。 


 さてこんな苦労を経て両替したPLN使って、いよいよワルシャワ中心地に向かうぞ~!!
 …と言う訳で次回『175番空港連絡バスの乗り方』について。

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://noyonoyo.blog98.fc2.com/tb.php/1209-7f7808b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB