のよのよ in Zの悲劇?!
鳥全般・海外旅行・ばんえい競馬・アニメ&漫画etc.…ニッチな情報提供も目指します。

最近の記事 ×

プロフィール ×

Pin

Author:Pin
出身:福岡県。長年住んだ出雲から佐賀へ移住の白衣好き主婦。
趣味:同人活動ではハーロックに原点回帰。(他にナノセイバー・恐竜惑星・ジーンダイバー)、ばんえい競馬、鳥関係全般、(科学者用)白衣等々。海外に行った時は旅行ネタ多目。


カテゴリー ×

月別アーカイブ ×

最近のコメント ×

最近のトラックバック ×

FC2カウンター ×

カレンダー ×
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


ポーランド旅行記(7)~ワルシャワのバスとトラム達~
【2011/10/31 15:56】 海外旅行
 ワルシャワのバス・トラム・地下鉄はワルシャワ交通局が運営しています。生憎175番バス以外は乗る機会が有りませんでしたが、街中を歩くだけでも結構色んな車両を見かけたので紹介します。(地下鉄は改札しか見ていない為割愛)

 初めて見たトラム@中央駅前。
ワルシャワ初トラム
 バスは大体こんなデザインで車内も結構奇麗です。…でも1つの車両内では降車ボタン位統一して下さい(笑)^^;
この配色がイメージカラー?
 先ずはトラムの方。ワルシャワ中央駅付近を運行する数系統の内、良く見かけたのは4・18・35系統辺りでした。特に18番系統は頻繁に走っている様です。
 バスもトラムも渋目の赤と濃い目の黄色が基本の配色みたいですね。とは言え実は車両形式も配色もかなりバラバラで未だ未だ過渡期を思わせます。 

 車両は古いと思われる物から順番に紹介して行きますが、正直乗ってないので間違ってたらスマン^^; 一見統一感に欠ける車両達も見方を変えれば多彩なので結構楽しい♪

 これは多分現役では最も旧型なコンスタル13N(車両番号640)。前方がやや尖っているせいか幅が狭く感じます。
18番系統は良く見かけた
 13Nの後部。運転台が無いこちらの方が丸っこいです。
同じトラムの後の車両
 赤が目立つVer.のコンスタル105Na。パンタグラフは13N以外片方しか有りませんが、どうやらこっちの方が新しい模様。写真に有る様にこちらにはドアが無い事に注目。ワルシャワのトラムはどのタイプも?進行方向の右側しか付いていないみたいです。(因みに車は右側通行)
赤が多いタイプ
 コンスタル116N。ほぼ全体が黄色はともかく3連接(節)車で窓の低い部分のみ低床車になってます。
真ん中が低床車
 *以下の3台はコンスタル105Na~116Naのバリエーションと思われますが、詳細不明の為車両番号で呼ばせて頂きます。 
 No.1248。幅が狭く感じるけどデザインはやや洗練されて黄色が多いですね。
新旧の中間型?
 105Naとすれ違うNo.1331(手前)。
パンタグラフの形も違う
 同No.1331。
すれ違った1台
 No.1428は前述のNo.1248と良く似てます。
幅が狭く感じる
 最新鋭の低床車PESA120Na。
多分最新鋭の低床車
 こうやって写真を並べてみると段々角ばって行ったのに、低床車導入で再び丸っこくなってますね。

 ついでに電停もバス停も大体こんなデザイン@市役所前。ホームには券売機も有るでよ。
市役所前電停
 これは105Naと思われますが、こんな細かい穴が開いている車輪は見た事無いっす。
車輪が変わってる

*一般的な車輪の例 

 …トラムの分類で疲れたのでバスは簡単に済ませます ̄▽ ̄;(詳しくは前回参照) 日本のバス車両は法律で原則12mまでしか認められていませんが、ポーランドではそんな事無かったぜ!!
 ショパン博物館の傍で見かけたこのバス…長っ!!(笑)
バス長過ぎっ^^;
 連接(節)車だから良い物のその狭い角を曲がる気か~?!(笑)
その狭い道を曲がるのか~~?!
 …あ~トラムのせいでワルシャワ駅を紹介する余裕が無くなった~^^; 次回こそ何とかワルシャワを発ちたいぞ?! ̄▽ ̄; 

この記事に対するコメント
待ってました!(笑)
こんばんは。
やっとトラムが出てきて感涙に咽んでいるredrumです。

東欧ポーランドでも低床車が導入されつつあるんですね。
(旧東ドイツは多いようですが)
とはいえ、やはりデカパンタの在来車も捨てがたいですね。

嗚呼ヘルシンキ行きたし金はなし(泣)
【2011/10/31 20:42】 URL | redrum #5fmHXfk. [ 編集]

…そこまで喜びますか^^;
>redrumさん
 お久しぶりです~。未だ帯広です(笑)。何でばんえいよりもトラムネタに食いつくの?(笑)^^;

 そう言えば鉄道系でもトラムが一番好きでしたっけ。そんなに感激して戴けて身に余る光栄っす^^ゞ

 ヨーロッパ結構トラムが健在ですね。生憎乗る余裕が無かったのが残念ですが。とは言ってもざっと街を回っただけでも多彩なトラムが見られて目の保養♪

 ヘルシンキをゆっくり回る暇が有ったらトラムは一通り乗りたいですね。
【2011/10/31 21:54】 URL | Pin@管理人 #j3GclXO2 [ 編集]

トラムとかバスとか
日本も高齢化していくので都市内の近距離公共交通機関の復活は都市のコンパクト化とともに危急の課題なんじゃないかな?と思います。
もう郊外にたくさん住宅地を広げて道路を敷きまくるような時代じゃないです。
そう思いませんか?
都市がベターッと広がると電気や資源だってその分たくさん消費するし、それになんでも郊外や大型店やそれへのテナントに移ると設備や人員のコストがかかりすぎて個人など中小の資本のビジネスがどんどん拡大しにくくなるし。
(ワルシャワも中心街のあのだだっ広さは改良の余地ありだと思いますが。特にあのおどろおどろしい文化科学宮殿とその敷地が邪魔。)

地方都市では市町村などが主体になってミニバスを運行し始めましたね。
トラムもあちこち復活すればいいな。
路幅の拡張がいろいろな意味で大変でしょうけど。
郊外の大規模小売店の業者たちが大反対するんだろうなあ。
現今の大店法だって彼らに有利な内容だし。

だけどほっといても高齢化社会でそういう大規模店だってジリ貧になるのに。

むしろ地方都市は中心部の公共交通網を整備して中心街の復活を図るしか生き残る道はないと思うのですが。
その点ヨーロッパの都市は大小問わず積極的に中心街の近距離公共交通を整備しているので、そこは日本も法制度のレベルから積極的に見習ったほうがいいと思いますが。
そういう公共事業にお金をつかうなら大歓迎です。
そういうお金の使い方は結局みんながハッピーになるから。

ワルシャワのバス・トラム網の充実っぷりはすごくありませんか?
ワルシャワのトラム路線数はたぶんヨーロッパで一番じゃないかなと思うのですが。
ということは世界一?
これはポーランドが世界に誇れる数少ないポイントじゃないかと思います。
(地下鉄や都市高速鉄道はまだまだですが。)

日本では、都市の構造やインフラを改善せずエネルギー効率が悪いままほっといてるくせに、原発問題や自然エネルギー転換の話をしているように見えて、なんだかおかしいと思います。
法制度を改良して、都市の物理的な形を変えて、つぎに省エネ技術の応用、そして発電方法の工夫、が本来やるべき順番じゃないかなと思うのですが、いま日本人の関心はこの正反対の向きになってるように感じます。
【2011/11/01 09:43】 URL | バルバラ #zs2lwe2w [ 編集]

ミュンヘンを思い出す…
>バルバラ様
 気合の篭ったコメント有難うございます。生憎全く乗る機会が無かった為詳しく調べては無いのですが、トラムの充実振りでは2年前に行ったミュンヘンを髣髴させますね。

 ただあちらは地下鉄や近郊路線も揃っていますから、トラム限定で考えると確かにヨーロッパのトップクラスと言っても過言では無さそうです。

 ポーランド鉄道(PKP)のワルシャワ~ビャウィストク間に乗った時も、随所で近郊区間用の鉄道が乗り入れていましたし、その辺でもドイツと似通ってると感じました。(ドレスデン~ミュンヘン片道のみ乗車)
 日本では見られない車両を多彩に見られるのも楽しいです♪ 
 
 ポーランドは元々鉄道網が発達しているそうですが、ドイツの支配による影響…ではないですよね?^^; でも店は日曜は大抵閉ってしまうドイツに比べると、ポーランドの方が営業時間も長めだし物価も安いしで、そこに鉄道が加わると好印象です。
 もっとも長距離路線の車両や駅の設備は未だ未だと思いますが。

 日本でも近年は一部の地域でトラムが見直されつつ有りますね。地方自治体のコミュニティバスもその一環でしょう。公共交通機関を整備してコンパクト且つ効率良く買い物が出来れば、何も郊外に車で行って石油資源の枯渇と地球温暖化を助長する事も有るまいに。

 …と言いたいけど今住んでいる所はド田舎なので、普段公共交通機関を利用する機会が無いのも現状。私は幸い最寄のスーパーに歩いて行ける場所ですが、車が無いと全く生活が出来ない人も少なくないですからね。
 もっとも車に頼り過ぎて健康な人でも歩かなくなる傾向が有るのも田舎。寧ろ東京の方が路線が複雑過ぎて乗換えで健脚になれますよ。

 長期的な視野を考慮するとヨーロッパの近距離公共交通網整備は賛成です。自分の趣味的にも車ばかりよりは鉄道三昧の方が目の保養ですし(笑)。 

 ところで前回のコメントでも感じていましたが、バルバラ様はポーランド在住中若しくは滞在歴が結構長い方ですか? 少なくとも何度も渡航経験がお有りと思われます。あのビルの過去なんて普通の日本人観光客では解らないでしょうから。

 文化科学宮殿は外から見た分には「とにかく怪しい」と言う印象でしたが、経緯を知ってもおどろどろしい・禍々しいとまでは思えなかったもんで^^; あ~でも確かに土地の無駄遣いな気は…。(行った時は北側が工事中で進化博物館に行きそびれましたTДT;)

 如何せん自分はほんの数日滞在しただけで知らない事の方が多いので、今後も色々教えて頂けると光栄です。
【2011/11/02 19:54】 URL | Pin@管理人 #j3GclXO2 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://noyonoyo.blog98.fc2.com/tb.php/1216-070fb707
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB