のよのよ in Zの悲劇?!
鳥全般・海外旅行・ばんえい競馬・アニメ&漫画etc.…ニッチな情報提供も目指します。

最近の記事 ×

プロフィール ×

Pin

Author:Pin
出身:福岡県。長年住んだ出雲から佐賀へ移住の白衣好き主婦。
趣味:同人活動ではハーロックに原点回帰。(他にナノセイバー・恐竜惑星・ジーンダイバー)、ばんえい競馬、鳥関係全般、(科学者用)白衣等々。海外に行った時は旅行ネタ多目。


カテゴリー ×

月別アーカイブ ×

最近のコメント ×

最近のトラックバック ×

FC2カウンター ×

カレンダー ×
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


ポーランド旅行記(18)~バイソンの酒~
【2012/01/09 20:41】 海外旅行
 ズブロッカなるウオッカの名前は知ってても、ポーランドの酒と言う事は案外知られて無い様な…。(実際私もロシアの酒と思ってたし(笑)^^;)
ズブロッカ
 しかも製造元はビャウィストクですよ~。
実はビャウィストクのウオッカ
 因みに「世界一アルコール度数が高い酒」で有名なスピリタスも、ズブロッカと同じPOLMOS(ポルモス社)のワルシャワ工場の製造。但し現在は各工場毎に別会社扱いなので、ズブロッカはポルモス・ビャウィストク、スピリタスはポルモス・ワルシャワの商標とされています。

 ポーランドではズブロッカはジュブルフカ Żubrówkaと言いますが、Żubr(ジュブル)はヨーロッパバイソンを指すので、要は「バイソンのウオッカ」の意味なのです。だからラベルにバイソンの絵が描かれている訳です。
 流石国境に跨ってバイソンの森・ビャウォヴィエジャ森林保護区を擁する地域なだけ有ります。

 瓶の中には1本草が入っていますが、これはバイソングラスと言うバイソンの主食で、ズブロッカに香りを付ける為の物です。保護区は車の侵入が禁じられている為、今でも手で刈り取っているそうです。
バイソングラス
 んでこの香りと言うのが桜餅そっくり。ウオッカでは飲みやすい方とは思いますが、香りは好き嫌い分かれる様ですね。まあ普通に日本でも買えるし私は近所のスーパーで入手して来ましたが、飲む度にぼっちゃんが喜んでやって来る来る(笑)。
ズブロッカとぼっちゃん
 ところでこのズブロッカは去年の10/1にデザインが一新された様です。丁度帰国する日だったから現地でリニューアル版を拝む機会無かったけど。
 右上のラベルは元の絵の名残が有る物の、えらく垢抜けて瓶も小型化したみたいですね。…私の地元では旧ラベルしか見かけないのですが。しかも買って来た近所のスーパーでは未だ7本在庫が有るし、ぶっちゃけ地元ではあまり人気が無いのでは^^; 私もポーランド行く機会が無かったら普通にコスケンコルヴァ飲みますからね。(←普通ぢゃない(笑))
 新ズブロッカにお目にかかれるのは当面先だねこりゃ ̄▽ ̄;

 さて実はバイソンな酒にはビールも有りまして、その名もストレートに「ŻUBR」。ワルシャワのスーパーで買った物ですがこれもビャウィストクの銘柄です。1768年からの伝統有る銘柄ですが瓶Ver.も含め2003年のリニューアル以来、急にシェアを延ばした事で有名なんだとか。
ビール版バイソン
 缶裏面。ポーランドのビールは全体的に日本人の好みに合う物の、バイソンビールはやや味が濃いので好みが分かれそう。
バイソンビール裏面
 流石本場なだけ有ってビャウィストクでは随所にこのビールの看板等を見かけます。バスターミナル周辺のこの酒屋なんてバイソンで目立つ目立つ(笑)。
バイソンな酒屋
 外の広告もバイソンビール。
その広告
 看板だって負けていません(笑)。後、余談ですがビャウィストクで24時間酒屋を幾つか見かけました。閉店法に拘束されるドイツと違って、スーパーの営業時間も割と長いし、物価も安くて酒と食べ物が美味いのは有り難い。
看板にもバイソン
 現在工場はポズナンやティヒに移転したそうですが、今でもバイソンを謳ってる街、それがビャウィストク。

 次回は他のポーランドの酒類について取り上げる予定です。

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://noyonoyo.blog98.fc2.com/tb.php/1247-991a2f86
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB