のよのよ in Zの悲劇?!
鳥全般・海外旅行・ばんえい競馬・アニメ&漫画etc.…ニッチな情報提供も目指します。

最近の記事 ×

プロフィール ×

Pin

Author:Pin
出身:福岡県。長年住んだ出雲から佐賀へ移住の白衣好き主婦。
趣味:同人活動ではハーロックに原点回帰。(他にナノセイバー・恐竜惑星・ジーンダイバー)、ばんえい競馬、鳥関係全般、(科学者用)白衣等々。海外に行った時は旅行ネタ多目。


カテゴリー ×

月別アーカイブ ×

最近のコメント ×

最近のトラックバック ×

FC2カウンター ×

カレンダー ×
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


ベルリン旅行記予告編1・ベルリンの壁
【2012/03/19 15:14】 海外旅行
 壁跡ラインの1つ。一部残してある壁現物以外にも、ここにかつて壁が在った事を伝える遺物が随所に在るのがベルリン。
壁跡ラインの1つ
 正式な旅行記を書く前に記憶が新しい内に、どんな内容を書こうか幾つか予告しておきましょう。ぶっちゃけ「単なる場繋ぎ」とも言います(笑)^^;
 あくまでも予告なので紹介した順番に書くとは限りませんが。

 やはりベルリンを語るならベルリンの壁は外せません。この項目は多分数回に渡って取り上げる事が予想されます。

 ただ現在のベルリンは随所で絶賛工事中でして(ポーランドの比ではない)、事前情報とは状況が違っている箇所が多々在り、博物館もまた然り…の為、現物を確認出来なかった物も少なく有りません。
 壁が在った当時、ゴーストタウンと化していたポツダム広場周辺は、今では繁華街ですが駅前をこんなドピンクパイプが通っている状態だし。
ポツダム広場駅の前を長大なピンクのパイプが…
 このパイプは工事で湧き出た地下水を汲み上げて何処かに持って行く為の物だそうで、余所では青や銀(無塗装)の物も見かけました。
 しかし街中を縦横に走るドピンクパイプは普通の物以上に周囲から浮き捲くりです^^;

 最も壁が保存されているイーストサイドギャラリー。かつて東ベルリンの中央駅だったオスト(東)駅から川沿いに行った所に在ってその距離約1kmに及びます。
 事前情報では落書だらけだったけど、2009年に大々的に修正し直したらしく現在は大分奇麗ですね。(私の知る限りではドイツ人はとりわけ建築物に落書きをしまくる民族かも知れない… ̄▽ ̄;)
イーストサイドギャラリー(園山俊二の絵みたい…)
 これと同じ人が描いたと思しき絵がポツダム広場の方に在るんですが、これ見る度に園山俊二の絵を思い出すのは私だけでしょうか?(笑)…まるでギャートルズみたいで。

 何だかこの時点で5回分はネタが有りそうな気がするぞ?^^;


 余談:
 ダンナの職場の駐輪場に東西を分割する壁が出来たらしい!!^^; しかも西側は自由な雰囲気の喫煙場で、東側は無機質な駐輪場になってるとか。
折角ベルリンの壁が無くなったのにこんなド田舎で復活してどうするんだよ?!(笑) ̄▽ ̄;

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://noyonoyo.blog98.fc2.com/tb.php/1275-42da4dfd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB