のよのよ in Zの悲劇?!
鳥全般・海外旅行・ばんえい競馬・アニメ&漫画etc.…ニッチな情報提供も目指します。

最近の記事 ×

プロフィール ×

Pin

Author:Pin
出身:福岡県。長年住んだ出雲から佐賀へ移住の白衣好き主婦。
趣味:同人活動ではハーロックに原点回帰。(他にナノセイバー・恐竜惑星・ジーンダイバー)、ばんえい競馬、鳥関係全般、(科学者用)白衣等々。海外に行った時は旅行ネタ多目。


カテゴリー ×

月別アーカイブ ×

最近のコメント ×

最近のトラックバック ×

FC2カウンター ×

カレンダー ×
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


ばんえい記念当日2012(後編)
【2012/04/05 23:56】 ばんえい競馬
 ばんえい記念名物「発走前のうろうろ」。やはりここは代表してフクイズミで(笑)。
ばんえい記念前のフクイズミ
 スタート~第一障害間で馬が止まるのが定番のばんえい記念ですが、前日から降っていた雪の影響で馬場水分5.1%も有ると、各馬ほぼすんなりと第一障害を越えてしまいます。
思ったよりもすんなりと

1tも有るとは思えん位すんなり
 この写真ではトモエパワーとニシキダイジンが同列な感じですが、結局真っ先に第二障害を降りたのはニシキダイジン。
ニシキダイジンが先行する
 注:この辺は人が多くてマトモに見えなかった為、例によって途中経過は置いといてゴール付近に先回りして待機。(雪の凍結で転倒する事も無く無事に全馬ゴールする所を観る事が出来ました。)
 ダイジンはそのまま止まる事無くラストランに文字通り錦を飾ったのでした。…タイム2:34:0と言うばんえい記念とは思えないスピード記録@_@; それでももしここにカネサが居たら去年みたいにデッドヒートだったのかな?
そしてそのままブッチギリで有終の美~
 二番手確実と思われたボブサップは途中止まってしまい、かなり差をつけていた筈の3番手フクイズミに先を越されてしまったのだった…。しかしボブよ…騎手が変わってもやっぱりあんたは止まっちゃうのね^^; いや去年のダイジンvsカネサのデッドヒートを思えば、降りてからキャンターするフクイズミの方が凄いのだろうな。
ボブよ…騎手が変わっても止まるのか^^;
 実際ブッチギリでゴールしたダイジンよりもフクイズミの方が声援凄かったですよ。私のすぐ前に密着していた女性も「フクちゃん」連呼な上に、ゴールした時は「キャ~~!!フクちゃん!!フクちゃん!!フクちゃ~ん!!Vv」と、喜びの余りピョンピョン跳ね捲くるもんだから、カメラが揺れて写真撮るのに苦労したぜ^^; (そんな時離れられない位人が多いのがばんえい記念)

 4着だったホッカイヒカルは来年が楽しみですね。
来年が楽しみなホッカイヒカル
 「びっくりしました(笑)」の赤塚騎手も無事に完走。
赤塚騎手も無事完走
 ばんえい記念3連覇の実績を持つトモエパワーが最下位なんて…∑( ̄□ ̄Ⅲ;) しかし彼がゴールした瞬間暖かい拍手が沸き起こるのもばんえい記念。
トモエパワーは最下位…
 如何せん高速馬場だった為、去年全馬がゴールした時の「ああ~今年も大声援が 大声援が 競馬場全体を包んでいますみたいな余韻が無かったのがちょっと物足りませんでしたね ̄▽ ̄;
 やはりばんえい記念は4分位かかるデッドヒートがらしいかな~と。(馬にとっては今年の方が楽だったでしょうけど)

 こうして鈴木恵介騎手は親子二代に渡る悲願を達成出来たのでした。現帯広市長も祝福です。
現市長からも祝福です
 後で映像を見直すとちょっと涙ぐんでいる様に見えましたね。おめでとう!!恵介騎手!!
鈴木家の悲願は果たせたぞ!!
 相変わらずばんえい記念の口取りは一般人には撮り難い^^; これでも一番マシだったりする ̄▽ ̄;
これが一番マシな写真^^;
 次回は名馬引退式を中心にお送りします。スカパーやネットの画像はくすんでいるので…生で見た方がずっと奇麗でしたよ~!!

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://noyonoyo.blog98.fc2.com/tb.php/1285-205c03e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB