のよのよ in Zの悲劇?!
鳥全般・海外旅行・ばんえい競馬・アニメ&漫画etc.…ニッチな情報提供も目指します。

最近の記事 ×

プロフィール ×

Pin

Author:Pin
出身:福岡県。長年住んだ出雲から佐賀へ移住の白衣好き主婦。
趣味:同人活動ではハーロックに原点回帰。(他にナノセイバー・恐竜惑星・ジーンダイバー)、ばんえい競馬、鳥関係全般、(科学者用)白衣等々。海外に行った時は旅行ネタ多目。


カテゴリー ×

月別アーカイブ ×

最近のコメント ×

最近のトラックバック ×

FC2カウンター ×

カレンダー ×
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


ベルリン旅行記(4)~ベルリンの壁4
【2012/06/09 15:27】 海外旅行
【ブランデンブルク門】
ブランデンブルク門表
 壁と並ぶベルリンの象徴・ブランデンブルク門。元々ベルリンは周囲を星型要塞に囲まれた城郭都市で、ブランデンブルク門は18有った門の1つでした。(アンハルター駅の近くに在った城壁はこの名残) 1868年城壁と共に他の門が消えて行き、僅かに地名に「~Tor(門)」を留める中、ブランデンブルク門は1791年の竣工以来、世界大戦や壁を始めとするベルリンの歴史を見守って来たのです。

 門の上に有るクワドリガ(4頭馬車)と女神ビクトリアの像。1806年にナポレオンに負けてパリに持って行かれましたが1814年に取り戻しました。んでナポレオンは失脚してしまうと。
現在のクアドリガと女神像
 しかし壁時代の女神像はこんな状態でした。旧東独国旗が加わった代りに、女神の杖に有った鷲と鉄十字(共にドイツの勝利の象徴)が取り外されているんですな。これが元の姿になるのは壁崩壊まで待たねばならなかったのです。
壁時代のクアドリガ
 はい。ブランデンブルク門の正面(写真向こう側)は東ベルリンだったんですね。
壁時代はこうだったんだもんなぁ
 西ベルリンからは後ろしか見られなかったと。
西ベルリンからはこちらしか見えなかった訳で
 壁が出来る前はフツーに行き来出来ていたのに、壁のせいで28年もの間それが出来なかった訳ですからね。そりゃ壁崩壊したらお祭り騒ぎもしたくなるわ。
壁崩壊した時のブランデンブルク門
 …かくしてブランデンブルク門はかつての活気を取り戻し、コスプレ要員もお待ちしております。
一緒に写真も撮れるよ
 別のコスプレ要員。一緒に写真も撮れるよっ。
こちらは別口のコスプレ要員
 変なダースベイダーとも遊べるよ(笑)。近くに居たミッキーマウスの写真撮ってたら、記念撮影する羽目になり2人で4ユーロ取られたけど^^;
変なダースベイダーと遊べます(笑)
 いや~平和って良いですね~´▽`

 この門の向こう側の道は6月17日通り(反対側はウンターデンリンデン)と言い、1953年に旧東独の労働者が決起して犠牲者を出した所です。今ではそんな歴史的事件よりも蚤の市で有名になってますね。
6月17日通り
 この通りは戦勝記念塔(ジーゲスゾイレ)に続きますが、行く暇が無かったのでTVの画面で代用。市内観光の便利な100番のバスは丁度ここを通るので、機会が有ったら是非間近で御覧下さい。
戦勝記念塔
 門を潜って西ベルリン側の壁跡ライン。ここに限らないけど結構不自然に曲がっとるなぁ…壁よぉ…。
壁跡ライン
 このラインを越えて反対側の道に移りちょっと北側(右手)に行くと、壁を超えようとして亡くなった方達の追悼メモリアルが在ります。
犠牲者追悼メモリアル
 本当今ではフツーにブランデンブルク門を行き来出来ますが、それをやろうとすると殺された時代が有った事を痛感させますね。平和って良いなぁ…T∇T;


 次回は『ポツダム広場』。途中に別の追悼施設が在るので合わせて紹介します。

テーマ:ドイツ - ジャンル:海外情報

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://noyonoyo.blog98.fc2.com/tb.php/1312-b8709983
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB