のよのよ in Zの悲劇?!
鳥全般・海外旅行・ばんえい競馬・アニメ&漫画etc.…ニッチな情報提供も目指します。

最近の記事 ×

プロフィール ×

Pin

Author:Pin
出身:福岡県。長年住んだ出雲から佐賀へ移住の白衣好き主婦。
趣味:同人活動ではハーロックに原点回帰。(他にナノセイバー・恐竜惑星・ジーンダイバー)、ばんえい競馬、鳥関係全般、(科学者用)白衣等々。海外に行った時は旅行ネタ多目。


カテゴリー ×

月別アーカイブ ×

最近のコメント ×

最近のトラックバック ×

FC2カウンター ×

カレンダー ×
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


ベルリン旅行記(6)~ベルリンの壁6
【2012/06/30 12:49】 海外旅行
【イーストサイドギャラリー1】
 地図を作り直したので改めて掲載。
地図詳細訂正版 イーストサイドギャラリー詳細図

 ポツダム広場から200番のバスに乗ると旧東ベルリンの観光地、ウンターデンリンデンや博物館島(世界遺産)、アレクサンダー広場等、多々見所が有るのですが、現在のテーマはあくまでもベルリンの壁なので今回は後回しして、壁が最も残っているイーストサイドギャラリーに向かいます。
 ここはシュプレー川沿いに全長1km以上に渡って、壁に色んなアートが描かれた野外美術館なのです。

 旧東ベルリンの中央駅・OstBahnhof(東駅)を降りて、シュプレー川方面に徒歩数分…の筈が、御多聞に漏れず随所で絶賛工事中の為ちょっと迷う^^;
 おっあれだな!!
おお見えて来た~
 右側の絵の方が目立ってますがこちらはギャラリーとは別の絵…嗚呼紛らわしい ̄▽ ̄;(バーの看板?)でも左端の白っぽい奴は壁ですな。
反対側は単なる落書き
 んで裏側はもう落書だらけ-Д-; この壁は西ベルリン側の構造をしていますが、「イースト」の名の通り東側に有った物で、上の写真でもお解かりの様に道路に面しています。
んで裏はマジで落書だらけ
 ポツダム広場みたいに現役時代から落書だらけな所も在ったけど、あれは西側に限られていましたからね。…あれ?だったら東に在るのに西側の構造してて、何でこんなに絵が一杯有るの??と疑問に思ったり。
 だって当時の壁周辺は西側は落書だらけなのにその裏や無人地帯を挟んだ反対側は真っ白ですぞ?
絵が描かれているのはあくまでも西側
 東側が厳しく管理していたんですから、イーストサイドギャラリーの辺りは当然裏表どちらも落書きなんて出来る筈有りません。以前の様子に拠ると落書きどころか撮影も厳禁だったそうなのに。
 
 一般的に壁の絵の有る側は西ベルリンですが、ここはシュプレー川も東側の領土だった為(冒頭地図の黄緑の部分参照)、川を渡り切ってしまわないと亡命した事にはなりませんでした。しかもこの辺多分一番川幅が有るから、泳いで渡ろうとしてもすぐにバレてしまってたと。逆に西側の人が渡る事も不可能でした。
 つまり現在イーストサイドギャラリーと言われる物は、壁崩壊後に世界中のアーティスト達が創り上げた物で有って、決して壁現役中に描かれた落書では無い訳です。
 
 因みに西側の落書は単なる落書と言うよりも、壁や東側に対する抗議の意味を含めて命懸けで描いた物なんだそうです。公共物…しかも他国が管理する建造物に落書するのは、当時のベルリンでも犯罪だったのに敢えて危険を冒して。
 …その割に壁が崩壊した今でも落書だらけってどうよ?! ̄▽ ̄; 当時と違って単にモラルが無いだけだろ?! ̄_ ̄; 
 2006年に芸人のおぎやはぎが描いた落書が、2年後にバレて非難されていた様ですが、それ以前に真面目に落書きを取り締まれよ!! 文化財なんだろ!!
 確かこの絵に描いていたらしいが。
おぎやはぎが落書して問題になった絵では? 
 イーストサイドギャラリーも御多聞に漏れず、夥しい落書と損傷が半端無くなり、壁崩壊20周年の2009年に大々的に修復されたそうです。
 従ってその前に行った人達の写真ではこんな有様T∇T;
暫く前まではこんな状態だった
 壁自体かなりボロボロですよ。
壁自体脆くなってるし
 かくして今は見違える様になった…筈ですが、やっぱりチラホラと落書が有ったし、こりゃもう観光客のモラルをどうにかするしか無いんですかね。
 そう言えばビートルズで有名なアビーロードの看板も落書だらけだったけど、あれは最早風物詩と化しているとか ̄▽ ̄;

 長くなったので次回に続きます。




どうも御無沙汰しております。

ベルリン旅行記を見させていただいております。
何度かおっしゃられていたようにすごいボリュームですね。
今までの話ですと、チェックポイント・チャーリーの話と
技術博物館、ターミナル駅の話がもっとも興味深かったです。

また、下のナノセイバーの話も見させていただきましたが、
この絵が載っている本にも興味がわきました。
私もナノセイバーがらみの絵を、新しくピクシブにアップしましたので
よろしければご覧ください。

それからリクエストの件ですが、送れずじまいになってしまいまして
申し訳ありません。しかしながら、近日中に送らせていただきたいと
思いますので、よろしくお願いします。
…「おまけ」の絵が多くなるかもしれませんが(笑)
【2012/07/02 21:42】 URL | Schneider #3aXRcdxk [ 編集]



書き応え有り過ぎ(笑)
>Schneider さん
 お久し振りです~。ベルリンは例の壁で有名な所ですが、事前にかなり調べた筈なのにこうして旅行記を書く為に確認していたら、知らなかった事だらけなのでリベンジを図りたい所です^^; 知らずに何となしに行くのと知ってから行くのとでは理解度も違いますから。

 それにしてもベルリン…これまで行った海外では書き応えが突出してますわ ̄▽ ̄;
 ベルリンの壁は後2~3回の予定ですが、前に予告していた技術博物館とアンハルター駅も書きたい事が多過ぎて^^;
 メッサーシュミットも取り上げますよ~。

 幸か不幸か年内に海外に行く予定は今の所無いんで、最早ベルリンは今年のライフワーク状態(笑)。

>下のナノセイバーの話
 私は単なるゲストですので詳細は右のリンクの「あるぺ☆かんぱにー」さんへお願いします。
 私個人の本は既刊は何冊も出してますので、興味が有りましたら改めてお問い合わせ下さい。(在庫は有りませんが受注生産可能)

 pixivは…暇を見てこっそり訪問したいと思います。ぶっちゃけ放置状態でアクセスすら気が引けるが^^;

 3月にメールとpixivに感想送ったのに、その後音沙汰無だったからリクエストもお流れかな?と思ってましたが、ちゃんと覚えていて下さったのですね。態々有り難うございます。
【2012/07/03 01:04】 URL | Pin@管理人 #j3GclXO2 [ 編集]


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://noyonoyo.blog98.fc2.com/tb.php/1319-94efd7be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB