のよのよ in Zの悲劇?!
鳥全般・海外旅行・ばんえい競馬・アニメ&漫画etc.…ニッチな情報提供も目指します。

最近の記事 ×

プロフィール ×

Pin

Author:Pin
出身:福岡県。長年住んだ出雲から佐賀へ移住の白衣好き主婦。
趣味:同人活動ではハーロックに原点回帰。(他にナノセイバー・恐竜惑星・ジーンダイバー)、ばんえい競馬、鳥関係全般、(科学者用)白衣等々。海外に行った時は旅行ネタ多目。


カテゴリー ×

月別アーカイブ ×

最近のコメント ×

最近のトラックバック ×

FC2カウンター ×

カレンダー ×
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


北九州市漫画ミュージアム
【2012/08/18 12:12】 ハーロック@松本零士
 帰省ついでに8/3に開館した北九州市漫画ミュージアムに行って来ました。GWの時点で8月開館は判っていたけど、これを逃すと来年のGWまで機会が無いので。

 小倉駅の新幹線口に出るとハーロックが!!
ハーロックがお出迎え~
 少し離れてメーテルと鉄郎も。メーテルとは一緒にベンチに座れます。
メーテルと一緒に座れます
 でもメーテルの顔がちょっと怖い(笑)^^;
顔は怖いけど^^;
 ハーロックの向こうには漫画ミュージアム@あるあるCityが。
ハーロックと漫画ミュージアム
 開館してるのに「予定」って…^^;
開館してるんですけど…
 折角だから記念写真(笑)。
記念撮影(笑)
 右手の通路の天井にはチラシがずら~っと。ハーロック・メーテル・男おいどんの繰り返し。チラシは他の福岡出身作家の分も有るんだけど、やはり松本零士が一番大御所な上に名誉館長なので優遇されてます。
ポスターは全部松本作品
 石ノ森章太郎展も同時開催中。彼は松本零士と生年月日が全く同じでですが既に故人。石巻の石ノ森萬画館が東日本大震災で被災した為、復興支援を含めての開催らしい。
 復興支援はちょっと気になったけど、如何せん石ノ森作品は子供の頃ハマった某マイナー作品以外は、ロボコンをちょっと齧った位でそんなに思い入れ無いのでパス。(サイボーグ009で気になる話は有るんだが…)
石ノ森展も同時開催
 チケット売り場ではメーテルのコスプレしている人が2人…正直ちょっとビミョー ̄▽ ̄;(後述しますがチケットの説明もメーテル)ここで常設展+企画展の800円チケットを購入して入ると、ここでもハーロックがお出迎え!!>▽</
ここでもハーロックがお出迎え~
 外のハーロック同様首にスカーフ巻いた原作仕様。(アニメでは若い頃を除けばハーロック・サーガ位だよな?)
顔立ちはちょっと優しげかな?
顔つきはちょっと優しげ
 残念ながらこのハーロック以外は撮影禁止なので、後は記憶で書かざるを得ませんが、入ってすぐ右手の『北九州発・銀河行き』は999を中心とした松本零士関連のブース。
 スクリーンではかの北九州博覧祭限定上映の999『虹の道標(みちしるべ)』が。これ一昨年のBSの999特集の最終日に初放映されたんだけど、基本北九州の歴史や未来の解説アニメだから、初見のファンにはビミョーな反応でしたねぇ^^;
 単行本も飾ってましたが結構持ってる物が多くて有り難味が無い ̄▽ ̄;

 『漫画タイムトンネル』や『閲覧ゾーン』では実際に漫画を読める物の、絶版のレア本満載かと思ったら案外文庫版や新装版が多くてこれまたちょっと残念。
 *実は北九州市民から集めた漫画がかなり有るらしい。

 他の展示物では故・関谷ひさし氏と、先日亡くなった『まんだら屋の良太』の畑中純氏関連が特に目立っていました。
 企画展では男おいどんの大四畳半再現と999の生原稿も幾つか。しかし何故悪名高きエターナル編ばかりなんすか? ̄З ̄;

 帰りは久し振りに999モノレールで。
メーテルに乗って帰りましたよ
 宇宙が描かれている部分には漫画ミュージアムの広告追加。
漫画ミュージアムの広告追加
 そんな訳で今回の戦利品達。前述した通りチケットの解説はメーテル。他にも『みんなでさがそう 車掌さんはどこ?』と言うイベントやっていて、所定の紙に車掌さんのフィギュア8体の場所をチェックして、ソムリエコーナーで見せて全問正解だと証明書くれます。(写真左上)
チケット類
 以前も999モノレール運航開始記念切符買ったし、やはりこう言う時999は使い易いですね。 
これしか買う物が無いと言うのも… ̄▽ ̄; 
 因みに松本作品の展示内容は999>>ハーロック>男おいどん>ザ・コクピット>ヤマトと言う感じ。ヤマトは次の『漫画の七不思議』の入り口に等身大森雪が居た以外記憶に有りません^^;(漫画版ヤマトの抜粋は有ったかも)

 今の所企画展は松本作品も扱ってるけど、今後開催予定の物は個人的には金払ってまで観たい物では無さそうで、かと言って常設展示も何度も足を運びたいかと言うと…う~ん^^; 他の漫画家のファンも一度見てしまえばもう良いかも。
 400円で入れる漫画図書館と割り切れば良いのかも知れませんが、松本作品に限っては思ったよりも珍しい物は有りませんでしたし。(全部持ってる訳では無いけど)

 後一番残念だったのは物販が滅茶苦茶ショボイ事!! 丁度池袋?で松本零士展をやっていた時期でも有り、そちらのパンフがえらく豪華だったとの事なので、ついでに売って無いかと思ったのですが、販売物と言ったらモノレールの999開館記念切符を除けば、福岡出身漫画家のアンソロジー本と、チラシのレプリカ位しか置いてない-Д-;

 実質999切符しか買える物が無いと言って良いです。まあまだ出来たばかりだしグッズ類は今後充実して行く…と思いたいですが。撮影禁止ならせめて常設展示を中心としたパンフ位置いて欲しい物です。こんな様子では何時まで持つのか若干不安ですね。

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://noyonoyo.blog98.fc2.com/tb.php/1338-1a3b75c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB