のよのよ in Zの悲劇?!
鳥全般・海外旅行・ばんえい競馬・アニメ&漫画etc.…ニッチな情報提供も目指します。

最近の記事 ×

プロフィール ×

Pin

Author:Pin
出身:福岡県。長年住んだ出雲から佐賀へ移住の白衣好き主婦。
趣味:同人活動ではハーロックに原点回帰。(他にナノセイバー・恐竜惑星・ジーンダイバー)、ばんえい競馬、鳥関係全般、(科学者用)白衣等々。海外に行った時は旅行ネタ多目。


カテゴリー ×

月別アーカイブ ×

最近のコメント ×

最近のトラックバック ×

FC2カウンター ×

カレンダー ×
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


ベルリン旅行記(21)~ドイツ技術博物館1~
【2012/09/08 00:03】 海外旅行
 規模ではミュンヘンのドイツ博物館には及ばない物の、ベルリンのドイツ技術博物館も錚々たる内容と言って良いでしょう。マトモに見ようとすると半日は覚悟した方が良いです。
 特に鉄道部門では旧アンハルター貨物駅の設備をそのまま使っている点ではドイツ博物館以上。時間の都合で行けなかったけど実際に乗れる保存鉄道も有るそうです。(ドイツ博物館の鉄道部門は工事中で殆ど見られなかったし。)
 飛行機や船もドイツ博物館並みの充実振りですが、ドイツ博物館よりは狭苦しい印象を受ける点がちょっと残念。
 
 ここで先ず目に付くのは屋上にぶら下がってる飛行機です。(正確には吊り上ってるらしい)
ぶら下がり飛行機(実は吊し上げ)
 U-bahn鉄橋下に架かっている旧アンハルター駅の鉄橋。(幅が狭過ぎるからレプリカ?)実は普通に通れるんで犬の散歩してる人を見かけました。
旧アンハルター駅の鉄橋
 博物館に近づくと件の飛行機が益々ド迫力~!! この飛行機は米軍のC-47 "Raisinbomber"(スカイトレイン)と言い、ベルリン封鎖時に実際に物資を運ぶのに使われた機体なのです。
実際に空輸作戦に使われた
 中に入るとエントランスの上にも別の飛行機が~。F172PスカイホークIIと言う機体だそうです。
入るといきなり飛行機が~
 展示内容は時計・電話・ラジオ・テレビ等に始まり、これでもかっ!!と言う位歴史順に徹底的に展示されています。キリが無いので一番印象に残った物だけ載せると…。
His Master's Voice.
 あのビクターのニッパー君が聴いた蓄音機ですかい!! 彼の御主人とのエピソードを思い出すと貰い泣きしちゃうぢゃないかぁT∇T;
…嗚呼…ニッパー君…;_;
 世界初のコンピューター・Z1のレプリカ。本物は第二次大戦で破壊されたので、戦後設計士本人が作り直した物だそうです。(本当の最古は2100年前のアンティキティラ島の機械らしい)
世界最初のコンピューター
 船舶のコーナーも豪快に船が展示されてますが…ちょっと狭苦しいですね^^;
船のコーナー
 上は飛行機のコーナーですが確かにドイツ博物館よりは詰め込み感が否めません。
所狭しと展示物
 おおっ!!蛇輪だ~!!しかしミュンヘンと違ってガラス張りで触れやしねぇ…-Д-;
蛇輪に触らせてくれない~
 仕方が無いから記念撮影だ!!(笑)
でも記念撮影(笑)
 南極探検のコーナーにはコウテイペンギンの剥製。ここに限らず結構鳥の剥製を飾って有ったりする。
コウテイペンギンの剥製
 捕鯨コーナーには昔の捕鯨道具や鯨の骨と共に当時の捕鯨のフィギュアが。何だかモビーディックだな~と思ったら…。
捕鯨コーナー
 マジかよ!!(笑)
マジで白鯨
 本当はもっと大量に写真を撮ってるんですが、多過ぎてキリが無いので次回旧アンハルター駅を中心に鉄道ネタを取り上げる予定.

 しかしミュンヘンの時は15回目のドイツ博物館が最終回だったんだなぁ…。20回過ぎても終らないベルリン半端ねぇ~!!^^;(目標全30回)

この記事に対するコメント

・・・C-47すげぇ。C-47以外もスゴいですけど。
セスナやタグボートやデカイ船舶エンジンが
まるまる入ってるあたりが。

んで、このC-47の仲間にはいまだに飛べる機や
現役として飛ぶ機もあるらしいですよ。
ま、C-47自体が軍用輸送機としてケタ違いの数で
大量生産されたんで、パーツもそれだけの数が
あるからでしょうけど。
【2012/09/09 13:00】 URL | Schneider #3aXRcdxk [ 編集]

YS-11の様に長生き?(笑)
>Schneiderさん
 いや~ドイツ博物館の飛行機も中々でしたけど、インパクトではこちらの方が上(笑)。

 こんな風にこれでもかっ!!とばかりに馬鹿でかい乗り物を丸々展示するのはドイツ人の性なんでしょうか?
 ロンドンの鉄道博物館や科学博物館が狭苦しかったから余計そう感じます。(鉄道系ではヨークが世界一の規模らしい)

 C-47…未だ現役が有るんですか~。長生きと言う意味ではYS-11を思い出しますが、ベルリン空輸でピストン輸送に使われた位ですし、かなり大量生産された様ですから、故障してもパーツに事欠かないんでしょうね。

*補足
 メール戴きました。イラスト有り難うございます~。pixivに載せるのは全く構いせんので。(ほぼ放置状態な為中々見に行かなくてスミマセン^^;)
 メールの返事の方は後日改めて致しますが、もうすぐPC買い替え予定の為遅くなっても責めないで下さい^^;
【2012/09/09 13:26】 URL | Pin@管理人 #j3GclXO2 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://noyonoyo.blog98.fc2.com/tb.php/1347-ea831b34
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB