のよのよ in Zの悲劇?!
鳥全般・海外旅行・ばんえい競馬・アニメ&漫画etc.…ニッチな情報提供も目指します。

最近の記事 ×

プロフィール ×

Pin

Author:Pin
出身:福岡県。長年住んだ出雲から佐賀へ移住の白衣好き主婦。
趣味:同人活動ではハーロックに原点回帰。(他にナノセイバー・恐竜惑星・ジーンダイバー)、ばんえい競馬、鳥関係全般、(科学者用)白衣等々。海外に行った時は旅行ネタ多目。


カテゴリー ×

月別アーカイブ ×

最近のコメント ×

最近のトラックバック ×

FC2カウンター ×

カレンダー ×
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


ベルリン旅行記(23)~ドイツ技術博物館3~
【2012/09/11 08:08】 海外旅行
 さ~て鉄道に並んで目玉と思われる航空機部門。ドイツ博物館に比べると狭苦しい印象は有りますが、それでも展示出来る物は徹底的に展示するドイツ人魂を感じたりして(笑)。
飛行機は場所が狭過ぎですね

所狭しです
 撃墜機まで置いてあるのにはちょっと吃驚。少なくとも3機位有った様な。
撃墜機実物
 ドイツ博物館でも見た輸送機ユンカースJu52/3m。あちらがちょっと離れたら全貌が撮れたのに対し、ここではそんなスペース無かったのが残念 ̄▽ ̄;
ユンカース
 代わりに尾翼のデザインの変遷が映像の変化で解るのは良いですね。
ユンカース尾翼変遷
 エースパイロットの栄光。この他にも歴戦の兵士達の輝かしい勲章その他がぎっしりと展示されてます。
エースパイロットの栄光
 エースパイロットの末路。モノクロとは言え遺体写真を堂々と展示するとは… ̄▽ ̄; エースパイロットも何人か居た様ですが、レッドバロンだけはその栄光の歴史を長々~と細かい字で讃えられておりました。
エースパイロットの末路…
 歴代飛行機のプラモがこれでもかっと^^;
歴代飛行機のプラモがこれでもかっと
 勿論メッサーシュミットも有るでよ(笑)。(Bf109E・BFW M28・Me209 V1の3種類)
メッサーシュミットBf109の模型
 そして…これが本物のメッサーシュミットBf 109だ!!(Schneiderさん見てる~?≧▽≦ノシ) ミュンヘンと違ってぶら下がってるので上から下からどうぞう~♪
メッサーシュミット意外と小さい
 近くで見ると意外と小さい機体なんですよね。これにハーロック2世が乗っていたのか~。嗚呼…わが青春のアルカディア…´▽`
上からメッサーシュミット
 恒例の記念写真(笑)。
当然記念写真(笑)
 屋上に出るとあのC-47が間近に!!
あの飛行機が間近に
 この飛行機はベルリン封鎖時に空輸作戦で活躍した機体ですが、当時在ったテンペルホーフ・ガトウの2空港だけでは、手狭で到底輸送に追いつかなかった為、突貫工事で作ったのがテーゲル空港。
 しかしまたまたブランデンブルク空港が延期になったとかで、ド顰蹙買ってる所なんで当分テーゲルは現役そうですなぁ ̄▽ ̄;
 テンペルホーフのジオラマ。
テンペルホーフ空港ジオラマ
 実際に運んだ救援物資の一部。
救援物資の一部
 傍にはベルリン空輸の映像も。
空の架け橋作戦の映像
 いや~鉄道ファンと飛行機ファンには美味しい所ですね~´▽` その他ビンテージ物のカメラを真っ二つにしたり、各種小型機械も多数展示されていました…が、マジでキリが無いので割愛します。


 次回飛行機絡みで『ベルリンの空港達(仮)』。ベルリン空輸の記念碑も紹介しますよ~。

この記事に対するコメント

ご指名ありがとうございます。せっかくなんで指名料は
サービスいたしますよ(笑)。ともかく、ちょっとびっくりしましたけど。

 いやはや、ここもすげェところですねぇ。私としては、bf109は
もちろんのこと、ユンカースJu52/3mの尾翼の変遷に当時の
ハーケンクロイツだけでなく、スペイン動乱当時のフランコ軍と
思われるものが混じってるのが興味深いです。
(説明文を除く二枚目と四枚目がそれ)

 また、このbf109・Ju52/3mともども、尾翼の
ハーケンクロイツがしっかり再現されているんですね。
博物館では許されてるんでしょうか。たしか、現在のドイツでは
一般の人間がハーケンクロイツを再現させることは
ご法度だったと思います。

なので、ドイツ向けの第二次大戦中のドイツ軍機のプラモには
ハーケンクロイツがない・・・という話を聞いたことがあります。
【2012/09/11 20:09】 URL | Schneider #3aXRcdxk [ 編集]

御指名です(笑)
>Schneiderさん
 前回のコメントにも書いてますがメール有り難うございます。PC買い替え前に返事が送れるか微妙ですが、ここに載せられなかった飛行機やもっと大きな画像を添付する可能性大。

 ユンカースJu52/3m本体はミュンヘンの方が広くて見易いのですが、尾翼の変遷を勉強するならここです(笑)。ハーケンクロイツの2点以外は何だろう?と思っていたのですが、フランコ軍…スペイン内戦で敵対勢力だったのが関係してるんですかね?

 尾翼のハーケンクロイツはナチス御用達の列車もバッチリ着けたまま展示されてましたし、「有りのままを伝える」と言う意図が有るのでは無いでしょうか。
 やっぱり世間一般的にはヤバイ認識なんですねぇ…。
 
 ここに展示して在るプラモにもハーケンクロイツが有るのは博物館ならではかも?
【2012/09/11 22:10】 URL | Pin@管理人 #j3GclXO2 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://noyonoyo.blog98.fc2.com/tb.php/1349-a6bbaa15
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB