のよのよ in Zの悲劇?!
鳥全般・海外旅行・ばんえい競馬・アニメ&漫画etc.…ニッチな情報提供も目指します。

最近の記事 ×

プロフィール ×

Pin

Author:Pin
出身:福岡県。長年住んだ出雲から佐賀へ移住の白衣好き主婦。
趣味:同人活動ではハーロックに原点回帰。(他にナノセイバー・恐竜惑星・ジーンダイバー)、ばんえい競馬、鳥関係全般、(科学者用)白衣等々。海外に行った時は旅行ネタ多目。


カテゴリー ×

月別アーカイブ ×

最近のコメント ×

最近のトラックバック ×

FC2カウンター ×

カレンダー ×
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


ベルリン旅行記(29)~ライプツィヒ2~
【2012/09/26 11:56】 海外旅行
 ライプツィヒメッセのマーク。MMはMustermesseの略で商品見本市の意味。(メッセ=見本市)世界最古且つ最大級の見本市が開かれるそうです。
ライプツィヒメッセのマーク
 生憎車からしか見てないですが全貌はこんな感じらしいです。ここでコミケを開いたら何サークル入るんでしょうね(笑)。
メッセの全貌
 「市庁舎」で検索すると旧市庁舎ばっかり出て来ますね。現在市の歴史博物館として使われているそうです。
旧市庁舎
 しかし現市庁舎も城を改造したらしく中々立派な建物です。(向かって左側は改装中)
新市庁舎
 お約束(笑)。
お約束(笑)
 中も非常に美しい…´▽` ヨーロッパの市庁舎はそれ自体歴史的保存価値の有る建物が多いですね。
ヨーロッパの市庁舎は中も美しいねぇ…´▽`
 ライプツィヒ大学は600年以上の歴史を誇り、先端科学でも多くの逸材を輩出しているそうです。…つまりドイツ白衣の名産地と(笑)。この変わった建物は大学の新校舎で開きかけた本をモチーフにしています。
本の形をしている
 しかし宗教学部?付属の教会はガラス張りの何とも言えない派手さ^^;
ライプツィヒ大付属教会
 旧紡績工場シュピネライ(Leipziger Baumwollspinnerei)。現在は工房やギャラリーとして使われており、芸術や文化の発信地点となっております。工場内の線路もそのまま残して有るのが良いですな。向かって右手には巨大な画材屋が有って、凡そ画材と言える物はここで全部揃うのではないかと言って良い位の品揃えです。
旧紡績工場がアトリエ等々に
 紡績工場時代の作業所。壁には当時働いていたであろう人達の記念写真が貼られています。
昔の作業所にも入れます
 別の地域では旧印刷工場を巨大団地に改造。壁の配色が美しい。下には店や印刷博物館が入ってます。
印刷工場が今では団地に
 これ1棟だけでなく道の両端にずら~っと並んでいる様は実に壮観。
道路の両端にずら~っと
 ここに限らず19世紀建造の美麗な建物が住宅街になってる所も多いですが、結構空家も多い様で廃墟もしばしば見かけました。

 そろそろベルリンに帰る時間が迫って来たのでK先生に中央駅まで送って戴きます。駅構内の駐車場に入ると…そこからホームに入れるどころか、ちょっとした鉄道博物館になってるでは無いですか!!
SLも展示
 いや~巨大な駅とは思っていたがまさか内部に本物の車両を展示してあるとは…。
昔の車両が展示されてる
 それにしても本当に広い駅です。ベルリン中央駅は未だ新しい事も有りデザインは斬新ですが、良く見ると複雑に立体的なだけで中は案外ゴチャゴチャしてるんですよね。(あれはあれで探検して居る様で楽しいが)
 これに対してライプツィヒ中央駅は広大な空間を贅沢に使っていると言う感じ。
それにしても広い…
 自分の見た中で多分最も巨大な駅でしょうな。アンハルター駅も吃驚(笑)。

 駅前にはトラムがひっきりなしに行き交います。ベルリンのトラムよりもデザインがカッコいいし、路線も結構充実しているそうなので乗ったら楽しそう♪
駅前を行き交うトラム

トラムがカッコいい
 後は駅構内の巨大本屋兼カフェでビール飲んでベルリン行のICEで帰ったと。ICEはミュンヘンでもお馴染みのデザインだし、日本の車両と違和感が無くて結構好きなデザインです。
帰りのICE
 ホテルの関係でベルリン中央駅まで行かず1つ前のSüdkreuz(南十字)駅で降りましたが。


 さて駆け足でライプツィヒについて語りましたが個人的にドレスデンよりもお勧めですね。ベルリン&ドレスデンはこんな本が出てるけど(と言うかほぼこれしか選択肢が無い)、これだけ味の有るライプツィヒが何で殆ど無視されているのか理解し難い ̄З ̄; 
 …いや前回でも言った様に日本で売ってるドイツ旅行ガイドが、何故かミュンヘン・ロマンティック街道に偏ってて、ベルリンですら軽視されてる事自体納得が行かないのですが。

 もしまたベルリンに行った時K先生にお世話になるとしたら、ドレスデンよりもライプツィヒを訪問した方が良さそうです。ドレスデンの自然史博物館の一般展示がショボイ事は確認済みだし、ライプツィヒは例の博物館が全面復活すれば結構満足行きそうなので。K先生が住んでる所ですし。


 そんな訳でいよいよ次回ベルリン旅行記最終回。これまで語れなかった所を挙げつつ総括と言う事で。

この記事に対するコメント

個人的にはSLがツボです。ドイツ流の武骨なデザインが
なんともイイ感じです。こいつの仲間が濃紺のオリエント急行の
編成を従えて走る映像を見たことがあるんですが、
そのカッコよさったらなかったですねぇ。

んで、こいつの模型を走らせてみたいと思ったんですけど、
えらいこと高いんだろうなぁ…。
【2012/09/26 20:32】 URL | Schneider #3aXRcdxk [ 編集]

メッサー以外のネタ(笑)
>Schneiderさん
 おや。メールの返事をする際にはメッサーシュミットを中心に、戦闘機のもっと大きな画像をお送りしようかな~と思っていたのですが、だったらSLも入れておきましょうかね?(笑)

 このタイプのSLがオリエント急行を牽引していたとは…。ホーム上に何気に展示してあるのが珍しくて撮ったんですけど、俄然敬意を払いたくなって来ましたよ。

>模型
 割愛しましたが実は模型店も寄ったんです。メルクリン製の模型は天賞堂よりも高いかも。それ以前に大きくて持って帰れそうになかったですが^^;
【2012/09/26 21:52】 URL | Pin@管理人 #j3GclXO2 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://noyonoyo.blog98.fc2.com/tb.php/1356-44421bd5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB