のよのよ in Zの悲劇?!
鳥全般・海外旅行・ばんえい競馬・アニメ&漫画etc.…ニッチな情報提供も目指します。

最近の記事 ×

プロフィール ×

Pin

Author:Pin
出身:福岡県。長年住んだ出雲から佐賀へ移住の白衣好き主婦。
趣味:同人活動ではハーロックに原点回帰。(他にナノセイバー・恐竜惑星・ジーンダイバー)、ばんえい競馬、鳥関係全般、(科学者用)白衣等々。海外に行った時は旅行ネタ多目。


カテゴリー ×

月別アーカイブ ×

最近のコメント ×

最近のトラックバック ×

FC2カウンター ×

カレンダー ×
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


決勝判定室(1)
【2012/11/21 13:01】 ばんえい競馬
 *参考記事: ダブル写真判定

 このネタは3年以上も前から温めてましたが、生憎これまで発表のタイミングを逃して来た物です。しかし今回ちょっと面白いネタを仕入れたので、スタッフの許可を取った上で漸く登場 ̄▽ ̄;
 決勝判定とは各種競技における着順を正確に判断する事で、肉眼では判断出来ない時に写真判定となる訳です。

 因みに今は亡き『BANBA王』の第1話(2006年4/29放映)と6/12でも解説してました。当時は旭川開催中でしたが基本的には帯広と変わりません。
写真判定@ばんえい版
 この説明自体は平地競馬と同じですが、ゴールを一気に駆け抜けて鼻先で決まる平地競馬と違い、ゴール前で馬が止まる事も珍しくないばんえいでは、一見異様な画像になる事もしばしば。
 例えばこの写真。一番上の馬が異常に伸びていますよね。これはこの馬がゴール板の所で止まっていた事を意味します。
上の馬が伸びてます
 逆にこちらは下から2番目の橇が異常に伸びてるのは、馬はゴールを抜けたけど橇がゴール板で止まっている状態。
橇が異常に長くなっている
 これなんて5番のゼッケンが伸びて、騎手も他の人よりも妙に大きくなっているのは、馬が一旦止まってちょっと進んだ後、騎手の辺りでまた止まった事を意味しています。
 この縦に入っている線(一幅0.1秒)がスリットと言うレンズとカメラの間の細い隙間で、そのスリットを通して前方を通過した被写体を連続的に撮って行きます。単なる連写と違いフィルムを撮影しながら巻き取って行くので、同じ場所に留まった場合は長く写るのです。
 *詳しい構造はこちらのサイト辺りを御参照下さい。
5番が変形しているのに注目
 先日インセプションが競走中止した時なんて、ゴール寸前とゴールの所で3回も座り込んだし、この時の写真もかなり異様になっていたのでは無いかと。(今思えば見せて貰えば良かった ̄▽ ̄;)
インセプション競走中止
 判定写真を撮る場所の解説図。青が写真を撮る所でピンクが判定室の事です。
帯広も基本は同じ
 んでこれがスタート地点のパトロールタワー。あのナナカマド賞でばんえい史上前代未聞のパトロールビデオが公開されましたが、あれを撮っていたのがこの部署。
スタート前のパトロール塔
 普段レースに気を取られてあまり気にしない場所とは言え、こうして見てみると非常に高い塔なので高所恐怖症には拷問ですな^^; 
 基本の着順は決勝タワー&判定室で決めますが、ナナカマド賞の時の様に審議になったりすると、ここからの映像が効力を発揮します。

 対するゴールの決勝タワーはこちら。これまたゴール板の所ばかり撮ってて案外全体の写真が無い^^;
ゴールの判定塔
 ゴール先に在るこれは判定用かと思いきや単なる中継用との事。元々すぐ後ろに3つ目のタワーが有りましたが(後ろの鉄骨がその名残)、パドックの移設に伴い建て直したそうです。
判定塔3
 レース中よりもパドックを観る時の方がよっぽど目に付きますな。
場所は検量室の手前
 第三のタワーの名残全景。(写真は今年のばんえい記念の時の物)
 *補足:現在はパドック近辺の照明、一番上はTV局(NHK帯広?)か何処かの中継用カメラ、他に各種信号や電線の中継地点として使って居る様です。
タワーの名残
 旧競馬組合時代は上に小屋が在って、手前の中継タワーが無かったと言う事が一応解りますかね?
現役時代の塔
 現役時代の全景写真発見。
あ、全景が有った
 さて次回は判定室の中の様子を紹介します。そう言えばBANBA王でも女の子や小寺さんが、「一般人が中々入れる所じゃない」と再三言ってましたが…スイマセン…帯広なら何度も入ってます(笑)(^^ゞ 流石にパトロールタワーに入りたいとまでは思いませんが。(あれは登るのが危険だしマジで関係者以外立ち入り禁止と思う)

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://noyonoyo.blog98.fc2.com/tb.php/1378-9bb3a91f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB