のよのよ in Zの悲劇?!
鳥全般・海外旅行・ばんえい競馬・アニメ&漫画etc.…ニッチな情報提供も目指します。

最近の記事 ×

プロフィール ×

Pin

Author:Pin
出身:福岡県。長年住んだ出雲から佐賀へ移住の白衣好き主婦。
趣味:同人活動ではハーロックに原点回帰。(他にナノセイバー・恐竜惑星・ジーンダイバー)、ばんえい競馬、鳥関係全般、(科学者用)白衣等々。海外に行った時は旅行ネタ多目。


カテゴリー ×

月別アーカイブ ×

最近のコメント ×

最近のトラックバック ×

FC2カウンター ×

カレンダー ×
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


グリューワイン
【2012/12/24 19:56】 海外旅行
 今朝起きたら吹雪でしたがその後は時々降る程度。ホワイトクリスマスには程遠いですが、取り敢えず地元のトライアルに買い物に行きましたよと。
 パラオの壁は11月のリニューアルで完全に閉鎖されてしまって、その分売り場面積が広がりましたが若干スペースの配置に無駄が有る様な^^;
 しかし去年有った筈のオードブルは今年は辞めた様で、冷凍骨付きチキン+野菜で自作する上に、ケーキも100円で済ますと言うかなり安上がりになったのでした。

 その代わり今年は1本100数10円のシャンメリーをパスして、ゆめタウンのKALDIで売っていたグリューワインを初導入。食べ物はかなり手抜きですがその分飲み物代がかかってるのさ(当社比)。
ドイツ関係者とその嫁
 まあ何で今回買ったのかと言うと生産地がドイツだったからさ^^; そんな訳でドイツ関係者と酒には目が無いお方との記念写真(笑)。
ぶっちゃけドイツに釣られた^^;
 生憎この瓶は既に空けてしまって、現在2代目の近所のイオンで買った銘柄が待機しています。んでこれまたドイツ産なので妙な親近感(^^ゞ
 
 ホットワインはヨーロッパ各地のクリスマスには欠かせませんが、自分が初めて知ったのはフィンランドだった為、フィンランド名のGlögi(グロギ)の印象が強いんですよね。
 しかし折角ベルリンに行ったからにはドイツ名のGlühwein(グリューヴァイン)と呼んでみましょうと。暖める事でアルコール分が若干飛んで、シナモンの香りが際立つ甘目のワインです。

 尚、ドイツは全体的に寒冷な気候でブドウが色付き難い関係上、ドイツワインの殆どは白ワインですから、グリューワイン用の赤ワインが何処の物かちょっと気になります。(赤ワインの生産量も増えているらしいので今は自国産かも)
 因みにフィンランド産ワインはブドウでは無く、ブルーベリー等を使ったベリーワインで、クリスマスワイン(Jouluviini ヨウルヴィーニ)としても売ってるそうですから、Glögiは輸入物の赤ワインで無くこっちを使ってるのかも。

 近年は日本でも自家製用のスパイスミックスが出回る様になりましたが、実際に作った方の感想によると「甘目の安ワインで充分。フランス産ワイン、特に酸味の有るボジョレーとの相性は良くない」そうです。するとフランスではどんなワインを使ってるんですかね?^^;

 寒波襲来したクリスマスイブにグリューワインで温まるのもまあ一興では無いでしょうか´▽`

 ではでは
Hyvää Youlua!!(ヒュヴァー ヨウルア:フィンランド語)
Frohe Weihnachten!!(フローエ ヴァイナハテン:ドイツ語)


 フィンランド語で「メリークリスマス」はすぐに覚えたけど、ドイツ語は今調べて初めて知った(笑)^^;

この記事に対するコメント

こんばんは、ご無沙汰しております

基本的に甘いワインはあまり好きでないんですが
ホットワインは別ですね
家族で大阪のドイツフェアに行くと
必ず飲んでおりました(コップ付のヤツ)
アウトドアでもコンビニワインが
十分役に立ち、私の冬の定番ですよ
【2012/12/24 21:14】 URL | コンパス #- [ 編集]

ホットワインはほっとワイン(笑)
>コンパスさん
 お久し振りです。あちらは9月に辞めようと思って以来放置中でして、全くチェックしてなくてスイマセン。

 私も辛党故甘い酒はそんなに好きではないのですが、ホットワインは流石寒い中で温まろうと言う心遣いが感じられますね。

 日本でホットワインと言えばやはりドイツなんですかね?  ヨーロッパ各地ではクリスマスの定番だし、先日のにじいろジーンではパリの屋台でも出ていました。1杯320円(3ユーロ)でしたが日本なら500円はしそうです。

 確かに冬山で温まるならホットワインが最適でしょうね。安いワインで充分楽しめるのもポイント高いです。
【2012/12/26 00:05】 URL | Pin@管理人 #j3GclXO2 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://noyonoyo.blog98.fc2.com/tb.php/1390-e510f661
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB