のよのよ in Zの悲劇?!
鳥全般・海外旅行・ばんえい競馬・アニメ&漫画etc.…ニッチな情報提供も目指します。

最近の記事 ×

プロフィール ×

Pin

Author:Pin
出身:福岡県。長年住んだ出雲から佐賀へ移住の白衣好き主婦。
趣味:同人活動ではハーロックに原点回帰。(他にナノセイバー・恐竜惑星・ジーンダイバー)、ばんえい競馬、鳥関係全般、(科学者用)白衣等々。海外に行った時は旅行ネタ多目。


カテゴリー ×

月別アーカイブ ×

最近のコメント ×

最近のトラックバック ×

FC2カウンター ×

カレンダー ×
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


メルボルン・リベンジ
【2013/02/07 14:13】 海外旅行
 去年の12月に没になったメルボルン行き、5月半ば~下旬(5/17~25予定)決定。まあ前回の会場は街の中心地とはかなり離れていたし、ジャンルも少々外れていたのに対し、今回はジャンルバッチリ且つ中心地から徒歩15~20分で行けるロケーション。
 しかも申し込み時に提出した論文が「とても良く書けています」と絶賛状態、内容的には全く問題が無いそうで、ダンナ自身「こんなに褒られたのは初めて」との事。(普通は受かっても大抵「ここを直せ」と指定される。)

 そんな訳で学会自体は前回よりも遥かに好条件なのだが問題は季節。5月中旬と言えば日本ではそろそろ半袖でも良い時期ですが、向こうは逆に冬に向かう時期。つまり日本が暑い時期に冬服を引っ張り出さねばならず、その分荷物が増える訳です-Д-;
 まあメルボルンの5月の平均気温は16℃/8℃位でこちらの真冬よりは暖かいし、そんな気温で半袖な人も居る様ですが、急に寒くなったり気温の変動も激しい様なのでその点は要注意と。

 それにメルボルンの物価はオーストラリア随一らしく、特にホテルがやたらと高い点は何となくイギリスを連想させますな ̄▽ ̄; それもその筈。オーストラリアはイギリスの支配下に有った為、その影響が残っていますがメルボルンは特にそれが顕著な街なのです。

 加えてあちらは未だにネット環境が貧弱で、ブリスベンIIの時同様ダウンロード容量制限付きの「従量制」も多いので(通常「何時間幾ら」の時間制限性)、ネット無料且つロケーションの良さそうなホテルを調べている所ですが、リーズナブル且つ場所も良さそう…と思った某ホテルが、とある有名口コミサイトでは全体的に非難轟々(余所ではそうでも無い)だったのが不安^^; 
 「お値段なりにまあこんなもん」のハードルは人によって違いますからねぇ ̄▽ ̄;

 まあ「世界一住み易い街」と評する割に、何故か旅行ガイドの情報は異常に少なく、結局『地球の歩き方』位しか参考にならない…とゆーのはブリスベンで経験済だし、川を挟んでの街の作りが何となく似ているから、その辺は或る意味応用が利きます。

 しかも今回はほぼ街から出ない可能性が大きいんで。郊外にはカランビンやローンパインの様な、自然型動物園兼保護区が幾つも在り、特にフェアリーペンギンのパレードが拝めるフィリップ島も気にはなるのですが、如何せん車が無いと行けない上にツアー参加前提っぽくて予算オーバー-Д-;

 幸い街中にはトラムが充実しているし、主だった観光地はトラムや電車や徒歩で行けるしで、それでここの所不足しがちだった鳥成分がかなり補給出来そうです。

 そんな日程、しかももしかすると8~9月にも海外の可能性が有る上に、新刊と依頼原稿の締切と重なりそうで今から焦ってます^^; 
 もしブログの更新が滞ったら「メルボルンの準備と原稿その他諸々で忙しい」と思ってて下さい ̄▽ ̄;

 旅行記は…今回は厳しいかも知れません。別にこれでお金を取ってる訳でも依頼を受けている訳でも無いので、無理して書いたり中々終わらなくて自己嫌悪に陥る必要は全く無いのですがね^^;

 毎度毎度毎度書く事が多過ぎて、1つの国に3~4か月(ベルリンは半年!!)かける状況を何とかしないと、書き終らない内に次の国が来かねないんだよ!!TДT;

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://noyonoyo.blog98.fc2.com/tb.php/1407-c4115b4c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB