のよのよ in Zの悲劇?!
鳥全般・海外旅行・ばんえい競馬・アニメ&漫画etc.…ニッチな情報提供も目指します。

最近の記事 ×

プロフィール ×

Pin

Author:Pin
出身:福岡県。長年住んだ出雲から佐賀へ移住の白衣好き主婦。
趣味:同人活動ではハーロックに原点回帰。(他にナノセイバー・恐竜惑星・ジーンダイバー)、ばんえい競馬、鳥関係全般、(科学者用)白衣等々。海外に行った時は旅行ネタ多目。


カテゴリー ×

月別アーカイブ ×

最近のコメント ×

最近のトラックバック ×

FC2カウンター ×

カレンダー ×
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


メルボルン旅行記(10)~動物園~
【2013/09/14 18:25】 生物全般
 メルボルン動物園は1862年に開園し、ロンドン、ベルリンに次ぐ世界で3番目に歴史の有る動物園です。
 トラム55番でMelbourne Zooか電車のUpfield線でRoyalParkで停車すれば良いですが、トラムの方が近くて解り易いと思います。(以前チラッと紹介したRoyal Children's Hospitalもこの路線)
動物園案内図
 22ha(東京ドーム4.7個分)の土地に350種類3000個体以上の動物が、なるべく自然に近い状態で展示されています。全部見て回るのに半日は要しますが、入園料26.8AUD(…ん?また値上がりした?? ̄▽ ̄;)分の価値は有りますよ。

 遊び心と共に随所で絶滅危機動物への配慮が感じられます。これは単にトイレを展示しているのではなく、「トイレットペーパーを作る為に木を切ると、この動物達の生息地を脅かすから再生紙を使いましょう」と喚起する為の物。(数種の動物Ver.が有る)
環境問題にも配慮
 蓋を開けるとこんな感じ。可愛らしい絵柄で子供にも解り易く説明しています。
蓋を開けるとこんな感じ
 以前アニマルレンジャーと言いましたが、実はオーストラリアで絶滅の危機に瀕している動物のコーナー。
実は絶滅危惧動物達
 こんな感じで展示してあって子供達にも解り易いです。
こんな感じで展示
 携帯で出来たゴリラの模型。電子機器に必要なレアメタルの産出地とゴリラの生息地が被って居る為、「携帯崖にはゴリラが生存を脅かされているんだよ」と警告しております。
ゴリラの生息地でレアメタルが…
 スマトラトラは2010年時点で野生個体数が300頭らしく近親繁殖が危惧されています。特に動物園では血縁ばかりで繁殖させがちなので皆血縁と言う事態も珍しく有りません。その為他の動物園と連携して繁殖用に個体を貸し借りする必要が有るのですが、ワシントン条約制限対象の為それが難しい事もしばしば…。
個体数減少による近親繁殖の弊害
 逆にこちらは密輸されてオーストラリアに持ち込まれている鳥達。…その近くにキンケイ(一番下の赤い鳥)が居るってどうよ? ̄▽ ̄;
アジアから密輸されている鳥達
 でもここの動物たちはそれなりに楽しくやっている様です。ゾウの餌やりの時は単に目の前に餌を置くのではなく、果物をあちこちの樹の穴や隙間に入れて探す楽しみも付加してます。
楽しく御飯~♪
 布で遊ぶオランウータン。他の場所では子供がテント?の中に潜って遊んでいましたが、あまり良い写真が無いので割愛。
布で遊んでます
 カンガルーは何処でもおっさん臭いな~(笑)^^;
何処でもこうかよ!!(笑)
 それと何度も言ってるけど食事する時はマジ注意な!! フードコートは無法地帯だぜぇ~ヒャッハ~!!(笑)^^;
特にドバトはマジしつこい
 ギンカモメ・カバイロハッカ・セイケイ・ドバト辺りが良くたむろしていますが、ここのドバトのしつこさは異常。テーブルに堂々と乗って来て手で払っても逃げようともしない。(その時の写真が無いのは撮っていたら確実に強奪されるから-Д-;)

 ミーアキャットは非常に可愛い顔に似合わず厳しい階級社会が有るそうです。
可愛いけど厳しい階級社会
 …とまあ動物好きで時間が有ったら行って損は無い所ですよ~。ただ売店は子供向けに特化した印象が否めないので、大人向けのグッズが欲しい方は上にもリンク貼ってるけどこの記事の真ん中辺りを御参照下さい。

 …と言う事でいい加減メルボルン旅行記はここで一区切りとさせて戴きます。(今回鳥を殆ど上げていないのは別途語る予定が有るから)

 だがこれで終わったと思うなよ…メルボルン旅行記が終っても、第二(コペンハーゲン)第三(ベルリンII)の旅行記が待ち構えているんだからなっ!!(笑)

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://noyonoyo.blog98.fc2.com/tb.php/1483-d88d8578
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB