のよのよ in Zの悲劇?!
鳥全般・海外旅行・ばんえい競馬・アニメ&漫画etc.…ニッチな情報提供も目指します。

最近の記事 ×

プロフィール ×

Pin

Author:Pin
出身:福岡県。長年住んだ出雲から佐賀へ移住の白衣好き主婦。
趣味:同人活動ではハーロックに原点回帰。(他にナノセイバー・恐竜惑星・ジーンダイバー)、ばんえい競馬、鳥関係全般、(科学者用)白衣等々。海外に行った時は旅行ネタ多目。


カテゴリー ×

月別アーカイブ ×

最近のコメント ×

最近のトラックバック ×

FC2カウンター ×

カレンダー ×
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


デンマーク旅行記(5)~水上バスに乗ろう~
【2013/10/21 11:20】 海外旅行
 人魚姫の像の近くに在るゲフィオンの泉。何でもスウェーデン王に一晩で耕せるだけの土地を与えると言われて、4人の息子を牛に変えて鞭でしばきながら、本当に一晩で耕してしまった鬼のよーな伝説の女神を再現した物。
鬼母や…
 この時の土地がコペンハーゲン中心部の有るシェラン島で一種の建国伝説なんですが…牛になった息子達がその後どうなったのか、この鬼母ゲフィオンはそこまでして土地が欲しかったのかよ?!-Д-;と、妙に引っ掛かるモニュメントであります。(脅されて止む無く牛にした訳でも無い様だし…)

 この辺まで来ると駅に戻るよりも水上バスを利用して街に戻った方が便利。Nordre Toldbodと言うバス停に向かいましょう。
 注意すべきはあまり本数が多くない(大体30分に1本)事と、街に戻るなら991番離れるなら992番に乗るべきな事。(993番と言うのも有るんですが極短い区間運行らしい)
水上バス乗り場
 水上バスと言えばブリスベンを思い出すんですが、あちらが蛇行した川を通るのに対しこちらは実は海の上と言う点が大きく違います。周囲の眺めを堪能すべく全線乗っても良いですけど、起点・終点共駅やバス停から離れて居る為、土地勘が無いなら素直に折り返して街中に戻る方が良いかと。(実際に自分が乗ったNordre Toldbod~Det KgL(Kongelige) Bibliotek間が観光地)
 バスはこんな黄色いフェリーになっていて、前面の板が開いて乗降します。
前面が開きます
 クイーンエリザベス号さんさよなら~。
クイーンエリザベス号さんサヨナラ~
 夏場の天気が良い時は本当に目の保養になりますな~´▽` 何故か軍艦発見。
軍艦と風車
 その傍に潜水艦。
その傍に潜水艦
 オペラハウスに発着する別の水上バス。対岸はバスも一応在るんですがちょっと解り難い為、水上バスは沿線の通勤通学路線としても重宝されています。
オペラハウスと水上バス
 バス停と言うよりも乗船場は水中に浮いていて揺れるので足元注意。
揺れるバス停
 何やら芸術品が飾ってある様子。
砂の芸術展だか何かやっていた
 丁度砂の芸術展(正式名称失念)開催中でした。
砂の像
 今回はニューハウンを通過して隣りのDet KgL(Kongelige) Bibliotekで下車。眼前に広がるのはバス停名でも有るデンマーク王立図書館・通称ブラックダイヤモンド。(バスからも見えるが如何せんガラスが汚くて写真がイマイチ ̄▽ ̄;) 図書館をこう言うデザインにするのは中々斬新なアイディアですな~。
ブラックダイヤモンド
 ここからバスで中央駅に戻ってカールスバーグに行くのですが、長くなったんで代わりに水上バスの光景を何点か紹介しておきましょう。船好きは観てて飽きないと思いますよ~。
実は海なのである

帆船
 回送中の船。確かニューハウンでミョーに盛り上がっていた連中が居たのだが、何かのイベント目的で船借りてたなぁ…。ニューハウンは別途取り上げますが盛んに船が発着してます。
貸切?の船
 …日本人も乗るんだねぇ…(笑)。
何故か日本まで(笑)
 では次回カールスバーグでビール三昧(笑)。

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://noyonoyo.blog98.fc2.com/tb.php/1498-12a5a313
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB