のよのよ in Zの悲劇?!
鳥全般・海外旅行・ばんえい競馬・アニメ&漫画etc.…ニッチな情報提供も目指します。

最近の記事 ×

プロフィール ×

Pin

Author:Pin
出身:福岡県。長年住んだ出雲から佐賀へ移住の白衣好き主婦。
趣味:同人活動ではハーロックに原点回帰。(他にナノセイバー・恐竜惑星・ジーンダイバー)、ばんえい競馬、鳥関係全般、(科学者用)白衣等々。海外に行った時は旅行ネタ多目。


カテゴリー ×

月別アーカイブ ×

最近のコメント ×

最近のトラックバック ×

FC2カウンター ×

カレンダー ×
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


記憶遺伝子は実在した?!
【2013/12/06 11:49】 ハーロック@松本零士
 恐怖の記憶、精子で子孫に「継承」

 『わが青春のアルカディア』でハーロックとトチローがゾルに記憶遺伝子を操作されるシーン。リアルタイムの感想では「そんな御都合主義な物が有るか!!(ノ# ̄□)ノ」と叩く人も居ましたが、このニュースを見て案外本当かもと思ってしまいました。
当時は非難轟々
 実験では雄のマウスに恐怖の記憶を植え付けると子孫にもそれが伝わった事から、生活習慣やストレスの様な後天的な要因で遺伝子のスイッチが切り替わるのだそうで。

 …これって言い方を変えれば記憶遺伝子その物ではないですか!! 「男の熱い友情がハーロック&大山一族の遺伝子にしっかり刻まれていた」…と言う設定は科学的にも実証出来たんだな@O@ ああ白衣って素晴らしいっ(笑)。
記憶遺伝子1

記憶遺伝子2
 重なる記憶遺伝子の影に『アルカディア』本有り。ところでこれ結構な上製本で発行部数はあまり多くなかったろうに、息子の2世はともかく日本に居るトチロー1世はどうやって手に入れたのか気になります。(作中では結構有名みたいな感じでしたが。)
一体何部出したんだろう?
 そして2冊の『アルカディア』の記憶の奥から見えて来るのは…。
アルカディアの記憶の彼方から…
 照準器レビC12D!! アニメでは真っ黒で細部が解らず描き難いのが残念^^;
レビC12D
 リアルの配色はこれですかね? (ドイツ技術博物館@ベルリンのメッサーシュミットBf109の映像から抜粋) 意外と白っぽいんだがハーロック2世の分は特注か?
これですかこれですか?!
 よしっ今回も本物の前で記念写真だっ(笑)。
本物と記念写真♪
 記念写真ついでにミーメがキスして居る様で中々ツボ。流石嫁なだけ有ります>▽</
嫁ぐっじょぶ
 ところで「ポツダム広場の壁を見ながらハーロック2世と37世がカリーブルストを食べる」とか、「ハーロック2世vsベルリンの壁」とか誰得なネタが頭から離れないのですが、それにしても2世様は良いですな~´▽`
ハーロックII様

この記事に対するコメント
脳以外にも記憶は宿る
 記憶遺伝子、昔なにかの記事で「人間が蜘蛛や蛇を恐がる(毒の有無、実際に危害を受けたなどでなく、無意識的に)のは、かつて類人猿だったころ危害を受けたときの記憶が遺伝子となって脈々と現在まで引き継がれているからだ」というのを見かけたことがあったんですが、科学的に証明できそうなんですね。

 ということは、この記憶遺伝子を使えばあれこれ美味しい設定が実現可能になるのか・・・!(鼻血
【2013/12/07 00:39】 URL | 楓@頑張ろう #fzXxwl2E [ 編集]

闇を怖がるのも記憶遺伝子
>楓さん
>人間が蜘蛛や蛇を恐がる
 同様に「闇を怖がるのは真夜中に天敵の肉食獣がうろつく恐怖が残ってる」とも言いますからね。漸く科学的に解明出来る様になったと。

>この記憶遺伝子を使えばあれこれ美味しい設定が実現可能になるのか・・・!(鼻血
 また良からぬ事を考えましたね?(笑) Vブレインと合わせて上手く調合すれば更に良いかも。
【2013/12/07 10:04】 URL | Pin@管理人 #j3GclXO2 [ 編集]

自然界では珍しくない?
>記憶遺伝子
 ・・・になるのかわかりませんが、自然界だとたとえば渡りをする蝶、天敵から身を護るためにあえて同種の毒をもつ仲間の姿に似せる虫、そしてそれを「毒がある」と認識して捕食しない鳥や動物にもそれがあるのではないかと思います。
 長距離を移動する蝶のなかには、途中で卵を産み、それから産まれた子が次の渡りを行い、また次の地点で卵を産み、その子らが目的地まで移動する種類がいるらしく、『目的地まで到達する』という記憶がもし遺伝子に組み込まれているなら、親から子孫へ受け継がれて、それに従って行動する。卵を産んだ時点で親は死んでるでしょうから、行動を伴にして・・・というのはまずないでしょうし。
 同様に捕食する側の鳥や動物も、遠い昔、自分達の先祖がそれを食べて危害を被った記憶が遺伝子に組み込まれ、それが子孫に引き継がれていって、『本能的に』それに対して警戒しているのかもしれません。
 これらの事象が必ずしも記憶遺伝子に関わるものではないのでしょうが、これから研究が進んでさらに解明されていったらもっともっと面白くなりそうです。

>また良からぬ事を考えましたね?(笑)
 私の頭の中は常に良からぬ事でいっぱいです(爆
 Vブレインと合わせて・・・それは面白そうですね。組み合わせるとしたらどんな感じになるのかしら。
【2013/12/07 18:23】 URL | 楓 #fzXxwl2E [ 編集]

遺伝は記憶の源
>楓さん
>>記憶遺伝子
 これまで「本能」云々言われて来た動物の行動も、その様な行動を取る様になった根源を語る時、単に進化論では済まされない本質を解く鍵になりそうです。 

>それを「毒がある」と認識して捕食しない鳥や動物
 これは「学習」ですな。知らずに毒の有る動物を食べてしまって酷い目に遭った個体が、二度とその動物に手を出さなくなる様なパターン。この経験を自分の子供に教えたとしても「記憶」遺伝子とは別では。
 んで毒の有る動物に擬態する動物も自らの意志で擬態する訳ではなく、様々なバリエーションの中で擬態した個体が生き残って、子孫に受け継がれたと言う訳で自然淘汰の類でしょう。

>長距離を移動する蝶のなかには
 長距離移動するチョウと言えばマダラチョウの仲間かな? 渡り鳥なら行きは親が連れてルートを教えますが、基本育児をしない昆虫の場合不可能ですからね。

 鳥は背中から掴まれる事を恐れますが、これは天敵(主に猛禽類)が空から襲い掛かるのと同じ状況になるからです。馬や鹿の様な草食動物が群れてちょっとした事でもビクビクするのも、敵に襲われない為の警戒心からで、例え人間が守ってくれる飼育下でも同じ。
 この辺りは人間が暗闇や蛇を怖がるのに共通した、世代を超えて長い間に遺伝子に刻まれた「記憶」と言えそうです。
 何れも「天敵に対する恐怖」に起因しているのが興味深い。生物が生き延びる為の必須条件だからかな。

>私の頭の中は常に良からぬ事でいっぱいです(爆
 知ってます(爆笑)。
【2013/12/08 12:13】 URL | Pin@管理人 #j3GclXO2 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://noyonoyo.blog98.fc2.com/tb.php/1522-d18f12a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB