のよのよ in Zの悲劇?!
鳥全般・海外旅行・ばんえい競馬・アニメ&漫画etc.…ニッチな情報提供も目指します。

最近の記事 ×

プロフィール ×

Pin

Author:Pin
出身:福岡県。長年住んだ出雲から佐賀へ移住の白衣好き主婦。
趣味:同人活動ではハーロックに原点回帰。(他にナノセイバー・恐竜惑星・ジーンダイバー)、ばんえい競馬、鳥関係全般、(科学者用)白衣等々。海外に行った時は旅行ネタ多目。


カテゴリー ×

月別アーカイブ ×

最近のコメント ×

最近のトラックバック ×

FC2カウンター ×

カレンダー ×
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


ベルリン旅行記II(9)~集合住宅群2~
【2014/01/13 12:57】 海外旅行
 *各集合住宅群の場所はドイツ語版の地図参照

 モダニズム集合住宅群はベルリン郊外の新興住宅街なので、辿り着くには電車やバスに乗らねばなりません。先ずは学会の場所に最も近いグロースジードルング・ジーメンスシュタット(Großsiedlung Siemensstadt)から。
 U7のSiemensdamm駅から徒歩3分との事ですが、それらしき住宅は有る物の妙に小ぢんまりσ(’、`)? 実は事前に調べて置いた地図が間違っててニアミスしていた事が発覚し翌日行き直す羽目に^^; (→正確な場所) どおりでGroßsiedlung(大集合住宅)にしては小さ過ぎると思った ̄▽ ̄;
 んで本物は最も多くの建築家が関わった事も有り、随所に「この建物は誰が設計・建築した云々」の説明板が目に付きます。
説明板の数が最も多い
 ドイツを代表する建築家の1人、ウォルター・グロピウス(Walter Gropius)担当?の建物は、パッと見フツーの団地の様でいてその実壁から飛び出したベランダ等々斬新なデザイン。
壁のベランダが面白い
 屋上でガーデニング可能?
屋上でガーデニング?
 でも個人的に最も美しいと思ったのがフーゴー・ヘーリング(Hugo Häring)が作ったこれですね。
これが一番お洒落と思う

ガーデニングに力入れてます
 丸いベランダと煉瓦で彩った配色がとてもお洒落。
丸いベランダがお洒落
 良く似ているけどベランダが角ばってます。
角ばってる物も在る
 一方オットー・バルトニング(Otto Bartning)担当のParadies der Großen Wäsche。「大きな洗濯物の楽園」と言う意味。
洗濯物の楽園??
 実はこの隣に集会所みたいな所が在りそこが共同洗濯所になってました。(今ではフツーに各家庭に洗濯機有ると思うけど)
共同洗濯所は交流の場
 でも全てがこんな風にユニークと言う訳でも無く、中には改修が間に合って無くて古ぼけた住宅も。…これなんて私が住んでいるボロ屋にそっくり^^;
パッと見自分が住んでいる所みたい^^;
 でも階段の辺りの配色に工夫が見られる辺り我が家よりは気が利いています。
階段の配色がポイントか?
 中庭付2階建ての住宅。ここに限らず随所に樹木が植えられて周囲の環境は中々落ち着きそうです。
2階建ての家も有るのね
 …と思ったらウサギが!! 野生動物もフツーに住み付くと言う事はそれだけ豊かな自然と共生出来ている証し。
ウサギも居ます
 流石6人の建築家が絡んだだけ有って広大な敷地にに在る住宅のデザインも様々。落ち着いて上品な配色が多い中ではカラフル設計。
カラフルなデザインの物も
 建設当時在った薬局の写真です。
建設当時の診療所
 …ああ今でも現役なんですな。
今でも現役
 今回3か所取り上げようと思ってましたが流石に広大なだけあって無理でした^^;とゆー訳で次回2か所は紹介出来ると良いですな ̄▽ ̄;
 
 因みにここの名称にSiemensと有るのは文字通りジーメンスの社屋が近くに在るからです。フィンランドの携帯会社ノキアはここに買収されていたのか…。
ジーメンスの建物
 しかも明らかに使っていない線路が有ると思ったら廃線跡でした。
その近くに在る廃線
 駅名板の文字が抜けておりますがBahnhof Wernerwerkと言う駅だそうです。
何時廃止になったのやら
 元はS-bahnのジーメンス社員の通勤用に作られた様ですが、1950年代にU-bahnが近くに出来て必要性が無くなった事も有り、1980年9月に起きたS-bahnのストライキを切欠に事実上廃止されています。
 *廃線後の様子

 …世界遺産を見に行ったら鉄道遺産も見てしまってお得感倍増(笑)。

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://noyonoyo.blog98.fc2.com/tb.php/1539-6475e47b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB