のよのよ in Zの悲劇?!
鳥全般・海外旅行・ばんえい競馬・アニメ&漫画etc.…ニッチな情報提供も目指します。

最近の記事 ×

プロフィール ×

Pin

Author:Pin
出身:福岡県。長年住んだ出雲から佐賀へ移住の白衣好き主婦。
趣味:同人活動ではハーロックに原点回帰。(他にナノセイバー・恐竜惑星・ジーンダイバー)、ばんえい競馬、鳥関係全般、(科学者用)白衣等々。海外に行った時は旅行ネタ多目。


カテゴリー ×

月別アーカイブ ×

最近のコメント ×

最近のトラックバック ×

FC2カウンター ×

カレンダー ×
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


ベルリン旅行記II(12)~集合住宅群5~
【2014/01/20 13:26】 海外旅行
 「プラッテンバウ」を知る切欠になったのは、前回訪問前に入手した『素顔のベルリン』P.73(改訂版『ベルリンガイドブック』P.81)の「高層アパート群と風車のある村」でした。近くの山から見下ろしたカラフルな高層住宅群の写真が素晴らしく、ここに紹介されているマルツァーンとは何処ぞや?と気になって路線図をチェックした物です。
実際に使った地図抜粋
 何故こいつが世界遺産では無いのかずっと不思議でしたが、今回の記事を書く際に調べ直して理由が解った次第 ̄▽ ̄; 自分がこうやって旅行記を書いているのは情報提供のみならず、自分自身が勉強になるからと言うのも大きい訳です。

 辿り着くには幾つかルートが在るので代表例。
 ・アレクサンダープラッツ(Alexanderplatz)からS7のAhrensfelde行き→Marzahn→トラムM6のBetriebshof Marzahn
 ・アレクサンダープラッツ(Alexanderplatz)からU5のHönow行き→Hellersdorf→トラムM6(以下同文)
 
 さて最寄りの電停に降りてベルリン最高峰…と言っても高さ112mしかないAhrendfelder Bergeに向かう手前で、早速プラッテンバウが見えて来ましたよ、と。
 内装がどうなってるかは知らないけどそんなにシュールで無機質には思えんがなぁ…。
近くで観てもカラフル
 標高112mと言えど登るのは案外きつい^^; でも登ってからの眺めは絶景。まあやはりこのレインボーカラーなプラッテンバウが一番目につく訳ですが。
若干拡大
 他にもカラフルな建物に事欠きません。
プラッテンバウ2

プラッテンバウ3

プラッテンバウ4
 日本の団地では考えられないカラフルさですが、ジードルングよりも安っぽいと言う事ですかね? ̄▽ ̄;
プラッテンバウ5
 見所はプラッテンバウだけでは有りません。反対側は一転して鄙びた光景でとても同じ地域とは思えない位。
周囲の眺めも素晴らしい
 乗馬コースとしても人気の様です。
乗馬さん達
 片や旧東独最大級のプラッテンバウ、片やタイムスリップしたかの様な鄙びた光景。そのギャップは近くのアルト・マルツァーンなる、13世紀に出来たマルツァーン発祥の地に行くと更に実感出来ましょう。(歩いても行けるがM18のAlt-Marzahn下車の方が近い)
 周囲の高層住宅群に挟まれた丘にこんな風車が建っているんですから。(見学も可能ですが如何せん時間外^^;)
アルト・マルツァーンの風車
 丘の一角の建物は13世紀当時の様子を再現。
周囲はタイムスリップ気分
 こんなのが住宅街の隣りに在るんですぜ ̄▽ ̄; プラッテンバウその物よりもこのギャップの方がよっぽどシュールだわい(笑)。
これがプラッテンバウの傍に在るんだもんなぁ~
 高層住宅群と昔の鄙びた光景が一度に堪能出来るこの地区は結構穴場では無いかと。

 次回はこれまた穴場スポット・ヴォルタースドルフ電気軌道について。

 

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://noyonoyo.blog98.fc2.com/tb.php/1544-e6b03e9b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB