のよのよ in Zの悲劇?!
鳥全般・海外旅行・ばんえい競馬・アニメ&漫画etc.…ニッチな情報提供も目指します。

最近の記事 ×

プロフィール ×

Pin

Author:Pin
出身:福岡県。長年住んだ出雲から佐賀へ移住の白衣好き主婦。
趣味:同人活動ではハーロックに原点回帰。(他にナノセイバー・恐竜惑星・ジーンダイバー)、ばんえい競馬、鳥関係全般、(科学者用)白衣等々。海外に行った時は旅行ネタ多目。


カテゴリー ×

月別アーカイブ ×

最近のコメント ×

最近のトラックバック ×

FC2カウンター ×

カレンダー ×
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


ベルリン旅行記II(15)~ドイツ技術博物館~
【2014/02/07 13:07】 海外旅行
*参考記事: ベルリン旅行記(21)~ドイツ技術博物館1~
         ベルリン旅行記(22)~ドイツ技術博物館2~
         ベルリン旅行記(23)~ドイツ技術博物館3~  

 前回ほぼ一通り見て来た為、今回は鉄道・航空機中心にお送りします。
 これはArado A-96 B-1と言う練習機だそうです。…とゆーかWikipediaの写真ってこれですな。
練習機Arado Ar96
 うぉフォッケウルフFw 190 D-9のコクピット実物!! 何だか零士メーターを思い出すぜ。
フォッケウルフのコクピット
 毎度お馴染み(笑)メッサーシュミットBf109の解説ブースも有りました。
メッサーシュミットBf109
 内部の構造は勿論実際に動かしている動画も有ります。上半身裸でエンジンかけとります。
上半身裸でエンジンかけてます
 リアルレビC12D。気分はやっぱりハーロック2世だ!!
リアルレビC12D
 んで例によってこちらが本物。
本家メッサーシュミットBf109
 友よさんと嫁ばかりではなんなのでこっちも記念写真(笑)。
こちらも記念写真
 因みに世界で唯一飛行可能な機体が現存してまして、他の戦闘機と架空空中戦やったりする動画が存在します。この機体の塗装は自分が見て来たBf109のイメージとは大分印象が違いますね。まあ一口にBf109と言っても実際色んな塗装が有りましたが。

 航空機のブースに展示してある終戦直後の廃墟と化したアンハルター駅の写真。
廃墟と化したアンハルター駅
 因みに外に在るダグラスC-47は生憎工事中の為傍には寄れず ̄▽ ̄; この写真はガラス越しで撮ってます。
外に出られず
  サクサク進めて次は鉄道編。前回子供達が遊んでいてマトモに撮れなかった初期の電気鉄道(今で言う第三軌条方式)は、平日なのを良い事に誰も居なくて今回バッチリ>▽</
今回はゆっくり撮れました
 そして扇形庫の車両コレクションで前回工事中の為観られなかった問題の貨車がこれ。
ユダヤ人護送貨車
 ユダヤ人をアウシュビッツ他の強制収容所に送り込んだ貨車です。中に入ると薄暗くてろくに窓も無く居心地は最悪。僅かな隙間から外が見えたとしても彼等はこれからの行く末に気づいていたのでしょうか。
こんな所に押し込められて行ったとは…
 貨車周囲には犠牲になったユダヤ人関連のパネルが幾つも。
周囲にユダヤ人の写真が
 これなんか屠殺されに行く家畜と変わらない扱いですよ。
もう家畜を運ぶのと変わらん
 行先はアウシュビッツ…。
行先はアウシュビッツ…
 ベルリンにはユダヤ人関連の追悼施設が幾つか在るので、見る度に居た堪れなさと共にヒトラーの狂気に対する怒りが湧いて来ます。同じ扇形庫にはヒトラーが乗った豪華車両も有るし…。

 外に出ると前回白いシートが有った写真との違いに注目。赤い車両がはみ出してます。(とゆーかこれがヒトラー御用達の車両か?)
工事終了
 今にもSLが汽笛をあげて走って来そうな構内は癒されますが、以前聞いた保存鉄道とやらが見つかりません。平日だったし土日のみの運行なのかも知れないが。
向こうからSLが来てもおかしくない雰囲気
 等と思ってる内に古い機関車発見。
古い貨車発見
 …ではなくてSLのボイラーだそうな。
何だこれ??
 構造が判る様に真っ二つにされてるけど(笑)^^;
半分しか無いし!!
 ここは既に敷地の境界線なのですが柵の向こうに別の線路が…??
その向こうに別の線路が…??
 行った時は解りませんでしたがどうやら前回の記事で紹介した公園の一部の様です。そう言えばこの記事には保存鉄道も有ると書いているし、件の鉄道は博物館内では無くこちらの事だったんですね ̄▽ ̄; 正確には公園の車庫から博物館まで走るそうですがイベント開催時のみの様子。
これだったのかぁぁぁぁ!!
 ついでに線路の向こうの道路はフツーに自転車が走ってました。

 次回は未定なので写真をチェックしてから考えます^^; 

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://noyonoyo.blog98.fc2.com/tb.php/1552-6c24cbff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB