のよのよ in Zの悲劇?!
鳥全般・海外旅行・ばんえい競馬・アニメ&漫画etc.…ニッチな情報提供も目指します。

最近の記事 ×

プロフィール ×

Pin

Author:Pin
出身:福岡県。長年住んだ出雲から佐賀へ移住の白衣好き主婦。
趣味:同人活動ではハーロックに原点回帰。(他にナノセイバー・恐竜惑星・ジーンダイバー)、ばんえい競馬、鳥関係全般、(科学者用)白衣等々。海外に行った時は旅行ネタ多目。


カテゴリー ×

月別アーカイブ ×

最近のコメント ×

最近のトラックバック ×

FC2カウンター ×

カレンダー ×
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


ベルリン旅行記II(18)~戦勝記念塔~
【2014/02/14 01:04】 海外旅行
 ベルリン市内の広大な公園・ティーアガルテン(動物園の意味。ベルリン動物園はこの一角)の中心に在るのが戦勝記念塔(Siegessäule ジーゲスゾイレ)。ティーアガルテンを東西に貫く6月17日通りをまっすぐ東に行くとブランデンブルク門です。
 …と言う事でブランデンブルク門からは望遠で撮って見た物の、前回行く機会が無かった事も有りカイザー・ヴィルヘルム教会を見てから直通バスで行ってみました。
ブランデンブルク門より
 プロイセン王国時代のドイツは中々強かった様で、1864年の第二次デンマーク戦争に勝ったのを皮切りに、1866年の普墺戦争、1870年-1871年の普仏戦争の勝利を記念して建てられたものです。
 最初の写真は夕暮れに撮ったけど昼間に近くで撮ると黄金の女神像(勝利の女神・ヴィクトリア)が実に輝かしい。
戦勝記念塔
 ヴィクトリア像のUP。
黄金の女神
 ここは『ベルリン・天使の詩』にしばしば登場しており作中における象徴となってます。
ベルリン・天使の詩
 中の装飾も見事ですが…ん?中に人が居ますね。
人が居る…と思ったら
 お金を払えば実際に登る事も出来ます。とは言え高さ67m285段の階段を登らないといけないとあれば、コペンハーゲンの円環タワーで懲りた身としてはパス^^;
良く登りましたね ̄▽ ̄;
 体力に自信の有る方は上から見た眺めは最高と言うし是非チャレンジして下さい(他人事)。但し足場はかなり悪く冬場は凍結で滑る危険性も有るそうだからくれぐれも慎重に。

 映画に出て来る上からの眺め。これ撮る為に重い機材を持ってスタッフが登ったんだよなぁ…。
上からの眺め
 この記念塔の周囲には勝利を記念したレリーフが有ります。(第二次大戦で負けて一時フランスに持って行かれた)途中で途切れているのはベルリン市街戦で破損したから?
レリーフ
 実際市街戦の時の弾痕が幾つも残っております。
弾痕
 尚、戦勝記念塔の周囲はロータリーになっており、車がバンバン走って危険なので地下道を通って行きましょう。地下道内には説明板も有りますが、如何せん4方向から通れる様になってるので帰りに方向を間違わない様に(笑)^^;
地下道内の説明板
 交通整理では無くパフォーマンス中の人(笑)。
交通整理では無くパフォーマンス
 そして東にはブランデンブルク門。
真東はブランデンブルク門
 再びバスに乗ってブランデンブルク門に戻ったは良いが…絶賛工事中のアオリでバス停が臨時になってました^^;
臨時バス停
 数日前と全然違う~!! すぐ近くに連邦議会堂(ライヒスターク)が在るのに車は通行止めですよ ̄▽ ̄;
ライヒスターク方面通行止め ̄▽ ̄;
 でも歩いては行けるからライヒスタークを見るついでにU55に乗ってみました。U55ブランデンブルク門駅のホームは必見。詳細は次回にて。

  むぅ…前回30回行ったから今回は20回程度にするつもりだったのに、このペースではポツダム市入れたら多分あまり変わらんな ̄▽ ̄;

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://noyonoyo.blog98.fc2.com/tb.php/1555-c709b12b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB