のよのよ in Zの悲劇?!
鳥全般・海外旅行・ばんえい競馬・アニメ&漫画etc.…ニッチな情報提供も目指します。

最近の記事 ×

プロフィール ×

Pin

Author:Pin
出身:福岡県。長年住んだ出雲から佐賀へ移住の白衣好き主婦。
趣味:同人活動ではハーロックに原点回帰。(他にナノセイバー・恐竜惑星・ジーンダイバー)、ばんえい競馬、鳥関係全般、(科学者用)白衣等々。海外に行った時は旅行ネタ多目。


カテゴリー ×

月別アーカイブ ×

最近のコメント ×

最近のトラックバック ×

FC2カウンター ×

カレンダー ×
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


ベルリン旅行記II(19)~U55ブランデンブルク門駅~
【2014/02/16 21:12】 海外旅行
 地下鉄U55は2区間しか無い最短の路線ですがこれはU5の延伸区間を部分開業しているだけで、『絶賛工事中』で紹介した様に将来的にはアレクサンダー広場と直通になります。
今はたったこれだけ
 この路線自体は前回既に知っていた為、ブランデンブルク門から中央駅に向かう時に乗りたかったのに、駅が見つからず止む無くバスで向かった物でした ̄▽ ̄;
 そのアオリで前回撮りそびれたライヒスターク(ドイツ連邦議会議事堂。現在はブンデスタークが正しいが帝国時代の名称ライヒスタークの方が有名)の正面を撮る時にやっと駅の場所が判りましたよ。(道路側と思ったらここを横切った先だったのね)
正しくはブンデスターク
 充分歩ける距離ですが折角だからU55でブンデスターク駅からブランデンブルク門駅に戻ります。流石新しく出来た区間なだけあって駅は綺麗だな~と思ったら、ホームの壁に写真が展示されてますね。(こちらのホームは全線開業時まで閉鎖中)
ホームの展示は要注目
 アンハルター駅を始めベルリンの地下駅(地下鉄とは限らず)のホームは、駅周辺の歴史を語る写真が貼って有ったり壁のタイルの装飾が凝っていたりと、ちょっとした博物館や美術館状態な所が散見されますがここもその類でしたか。
 1764年当時の初期のブランデンブルク門と、1788年頃現在の形にリニューアル中の門。
初期のブランデンブルク門と新らしくなった門
 しかし1806年にナポレオンがベルリンを占拠。ブランデンブルク門の前を華々しくパレードする様子。門の上のヴィクトリア像はフランスの戦利品として持ち去られ、門の在るカレ広場はパリ広場に改称され未だにその名前で呼ばれています。因みにヴィクトリア像は1815年にプロイセン軍がナポレオン戦争でパリを占拠した後に戻されました。
ナポレオンが占拠した時代
 その後第二次大戦に因って廃墟と化した門。
終戦後廃墟と化した
 敗戦しても腹は減る。先ずは食糧を確保すべく廃墟状態の門の前で野菜を作る様子。
廃墟の前で野菜を植える
 更に受難は続く。遂に壁によって封鎖された門。
壁が出来て間もない頃
 以前も紹介してますがこれがこの鉄条網ですな。
鉄条網現物
 1939年の写真ですがかつてはフツーに車も行き来していた門が…。
フツーに車が行き来していた
 壁のせいでこんな状態に。だがその日も遂に終わる。
壁に阻まれた…
 やった~!!ベルリンの壁が崩壊した~!!>▽</
壁崩壊時
 因みにライヒスタークは西ベルリンの壁傍に在って、こちらも第二次大戦でかなり壊されましたが、ドイツ再統一までは最低限の修復で使う事にしてました。んで無事に再統一したっつー事で1995年に全面修復工事開始。
改築中のライヒスタークの様子
 この建物全体を銀色の布で覆うと言うアイディアは、世界的な梱包芸術家であるクリストとジャンヌ=クロード夫妻に因る物で、工事中はこれはこれで名物になっていたそうで、完成時に布が撤去されるのを寂しがった人も居たとか。(この布は撤去後小さく切って皆に配られたそうです)

 2001年に新たに設置されたガラスのドーム。ドーム自体は元々在った物の第二次大戦で焼け落ちて以来の復活。このガラス張りのドームが展望台になっていて大変人気が有るんですが予約制と聞いてパス。
ドームは予約制らしい
 ベルリンで高い所から街並みが見られる所と言えば、テレビ塔・ベルリーナーフライヤー(気球)・戦勝記念塔・ライヒスタークの辺りですが、時間の都合とか(値段的に)高いやら混雑している等の理由でぶっちゃけ全部パスしてるな~^^;

 ベルリンネタは一先ず置いておいて次回から数回に分けてポツダム市について。

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://noyonoyo.blog98.fc2.com/tb.php/1556-e2b85886
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB