のよのよ in Zの悲劇?!
鳥全般・海外旅行・ばんえい競馬・アニメ&漫画etc.…ニッチな情報提供も目指します。

最近の記事 ×

プロフィール ×

Pin

Author:Pin
出身:福岡県。長年住んだ出雲から佐賀へ移住の白衣好き主婦。
趣味:同人活動ではハーロックに原点回帰。(他にナノセイバー・恐竜惑星・ジーンダイバー)、ばんえい競馬、鳥関係全般、(科学者用)白衣等々。海外に行った時は旅行ネタ多目。


カテゴリー ×

月別アーカイブ ×

最近のコメント ×

最近のトラックバック ×

FC2カウンター ×

カレンダー ×
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


出雲市のマナヅル&ナベヅル2
【2014/02/18 11:27】 鳥関係
 1/25にあっさり見つけたんで2/11に再チャレンジするも失敗。斐伊川(ひいがわ)河口は毎年何か珍鳥が確認されるけど、今年はマナヅル&ナベヅル幼鳥以外目玉が無かった事も有り、田んぼで餌を漁っている所にズカズカ近づいて写真を撮る愚か者も居たとかで、警戒心が強くなって中々見つからなくなっているんだそうで。
 2/11にグリーンパークのスタッフに聞いた所では、2/8の早朝にマナヅル2羽が確認されて以来見つかってない、困ったチャンのせいで何か所か転々としている様で、下手すると既に北に渡ってしまったかも…との事でした。

 近くに寄って良い写真を撮りたい気持ちは解りますが、ただでさえ警戒心の強い野鳥を脅かしてまで撮るのはマナー違反ですよ? 

 …と言う事で2/15は天候不順で諦めて2/16に決行。田んぼにはタゲリやマガンは居るけど、コハクチョウは既にかなり減っている様だし、それ以前に田んぼにツルは見つからない…。
 だがしかしっ試しに斐伊川河口の土手を走ってみると…はっもしかしてあの姿はっ!!
5羽共居た~!!
 5羽全部居た~!! ただ天気が良いにも関わらず遠過ぎてピントが合わない ̄▽ ̄; 新しいカメラは到着が遅れているし…と言う訳でピンボケ気味でスマン。
 まあ基本マナヅル4羽が固まっててナベヅル幼鳥はやや孤立した感は有りますが。
マナ4羽

マナ4羽2
 たまにマナヅルの方から幼鳥に近づくんで傍から見たら親子状態。
傍から見たら親子?
 おっ踊り始めましたよ。(動画からキャプった為更に画質悪い^^;)
踊り始めた

踊ってます
 3羽しか写っていませんが4羽踊ると壮麗ですな~。出水や釧路湿原では珍しくない光景でしょうけど、たまにしかここで越冬しないツルが繁殖期に向けて踊る光景が見られるのは貴重なのだ。
 そしてそれを自分で実際に見ると言う事はもっと貴重なのだ…例え画質が最悪でも ̄▽ ̄;(単なる資料なら遥かにクオリティが高い画像がネットで幾らでも見つかるもんね)
3羽しか見えないけど4羽踊ると壮観
 幼鳥(右端)も釣られて踊ってますね。
幼鳥も釣られて踊ってます

自分で見た事が大事
 全国各地…特に山梨や関東では記録的な大雪に見舞われてますが、鳥的には1月にはもう気分は春なんですよね。近所のセグロセキレイも囀り出すのは1月下旬だし、ツルやコウノトリの様な大型の鳥は寒い内から繁殖行動に入らないと間に合わないのです。
いや~良い物を見た
 次回見に行けるのは3/1だけどその頃まで残ってるかどうか微妙ですね。以前松江にタンチョウが来た時は2009年の12/20に観測されて、2010年の2/25まで滞在後隠岐の島で2/27まで一旦休憩してから大陸に渡ってるし。
 法事の為2/22~23に行けないのがちょっと痛い…。ついでに『キャプテンハーロック』のブルーレイ到着がそれまでに間に合うかも微妙(笑)^^;

 出水の場合はもっと早くて例年1月末(今年は2/5)から北帰行始めますからね。まああちらは数が半端無く多いんで全部飛んで行くのは4月上旬だそうですが。

 なので3/1に見られなかったら多分アウトでしょう ̄▽ ̄; (これを逃したら3月中は予定が詰まってて無理)こればっかりはツルの気分次第ですから何とも言えないし。

 さて…ツルの舞と言えばお馴染みマナさんも踊ってました。(動画からキャプチャ)
求愛中のマナさん
 但し相手は何時ものコブハクチョウ。
相手はコブハクチョウだが
 それにしても同じカメラと画質で撮ったのに斐伊川に比べて画質が遥かに良いのぅ… ̄▽ ̄; 快晴の昼間だった事に加えやはり距離か…。
こっちの方が鮮明ですな
 斐伊川の仲間と会う事は無いだろうが、仮に会ったとしてももう12年はここに住み着いてますからね。とてもシベリアまで飛べる飛翔力は無かろうな…。
斐伊川の仲間に会うとも思えないし



この記事に対するコメント

鶴のこんな素敵なお姿、生で観れたら感動だろうかなぁ~と!
色も綺麗ですよね!

白鳥は田んぼや少し大きな川で見ますが
鶴は、さすがに(笑)釧路に行ったら見れるでしょうかw
踊ってるところとか見てみたいですー!
【2014/02/21 07:31】 URL | スミス #- [ 編集]

踊るツルは美しい
>スミスさん
 島根に来て良かったと思うのはこうして珍しい野鳥に会える事ですね。如何せん住み着いているマナヅル(マナさん)に比べると、警戒心も強いんでこれまでのデジカメでは遠過ぎて自分の腕では無理でした^^;(カメラを固定出来たら良かったんだけど)
 最近新しいの(Canon PowerShot SX50HS)買いましたが未だ弄ってないんで、これを使いこなせたら野鳥撮影が格段に良くなる(筈)。

 踊るツルは目の保養ですよ~。鳴き声を上げている姿も観た事有るけど突発的にやるんで何時も撮りそびれます^^;

 そちらだと釧路湿原のタンチョウですね。価格Comではこのカメラで野鳥撮影を楽しんでいる方で賑わってますが、知床?方面の常連さんのラインナップは羨ましいです。
【2014/02/21 09:43】 URL | Pin@管理人 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://noyonoyo.blog98.fc2.com/tb.php/1557-f7e04f71
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB