のよのよ in Zの悲劇?!
鳥全般・海外旅行・ばんえい競馬・アニメ&漫画etc.…ニッチな情報提供も目指します。

最近の記事 ×

プロフィール ×

Pin

Author:Pin
出身:福岡県。長年住んだ出雲から佐賀へ移住の白衣好き主婦。
趣味:同人活動ではハーロックに原点回帰。(他にナノセイバー・恐竜惑星・ジーンダイバー)、ばんえい競馬、鳥関係全般、(科学者用)白衣等々。海外に行った時は旅行ネタ多目。


カテゴリー ×

月別アーカイブ ×

最近のコメント ×

最近のトラックバック ×

FC2カウンター ×

カレンダー ×
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


ベルリン旅行記II(20)~ポツダム市1~
【2014/02/23 12:53】 海外旅行
 ポツダム市はベルリンの西南部に在る街でブランデンブルク州の州都。(ベルリンも同じ州ですがこちらは特別行政区で別格)ベルリン中心部からはS-bahnで片道1時間程度で行けます。
 プロイセン王国の拠点の1つとして発展し、王家の居住地となった事から多くの宮殿が建てられ、特にフリードリヒ2世のサンスーシ宮殿は世界史の授業で一度はその名を聞いた事が有りましょう。
 このサンスーシ宮殿を含むポツダムとベルリンの宮殿群と公園群は世界遺産にもなってます。

 下の地図を見ても街の規模の割には宮殿と公園の類が非常に多い所で、全部見て回るには数日滞在しないと無理。まあサンスーシ宮殿とツェツィーリエンホーフ宮殿の2つを抑えて置けば良いでしょう…と言うか実際この2つしか観られなかったし^^;
宮殿と公園の街と言うべきか
 尚、両宮殿間は離れており直通の交通機関が無い様なので、車の無い方は一旦ポツダム中央駅に戻ってからバスに乗る方がお勧めです。(幸いK先生のおかげで車で回れたけど)
 
 ツェツィーリエンホーフ宮殿と言う名は初耳の方も多いでしょうが、実はこの宮殿は世界史的に重要な場所でも有ります。見た目は宮殿と言うよりもイギリスの田舎屋敷って感じですけどね。一部はホテルになってます。
外観は田舎の屋敷って感じ
 正面から見ると星形の花壇のと相乗効果で実に美しい。入館料6ユーロに写真撮影料3ユーロを払えば中は写真撮り放題です。9~10月は日本語対応可能なオーディオガイドを貸してくれるので、各部屋に付いている番号のボタンを押せば解説してくれます。(11~3月はガイドツアーのみらしい)
正面から見ると実に美しい
 この宮殿は元々1917年に当時皇太子だったホーエンツォレルン家のヴィルヘルム王子(注1)と、妻のツェツィーリエ妃(注2)の為に造られました。翌年プロイセン王国が消滅し王政が廃止されましたが、その後もヴィルヘルム一家が住んで居た為、王族らしい気品の有る調度が随所に設置されています。

 注1:ヴィルヘルム2世と書いてある資料が散見されるが2世は父親の方。皇太子の間にプロイセン王国(現ドイツ)が王政を廃止した為、本人が国王になる事は無かった。
 注2:妻の名は「ツェツィーリエ」と某旅行ガイドに書いてあったが、現地で買ったパンフを見るとCecilieなのでツェツィーリエが正しい。(英語読みするとセシリアか)


 …ん?と言う事はこの検定の答えって間違ってないかい? ̄▽ ̄; (Q1がヴィルヘルム2世になってる)
違うだろ…^^;
 ついでに答えたのは世界で私独り…^^;
答えたのは自分だけかよっ
 閑話休題。流石元王家の自宅だった事も有り、船室に見立てた部屋を含め白を基調としたデザインは気品が有りますね。
王族の家だった名残も有るんだが 白を基調とした調度が上品 やはり気品が有る 
 出口付近には鳥の陶器が沢山。(いや鳥以外も有ったんだけど自分の趣味で(笑))
鳥以外も有るけど 鳥の陶器が一杯
 そしてこの宮殿の真骨頂がこの部屋。ポツダム会談が行われた所です。
 何故ここが選ばれたのかと言うと当時既にドイツは第二次大戦に敗北しており、ベルリンは焦土と化して居た為戦災を免れたこの宮殿が選ばれたと。
ポツダム会談を行った部屋
 ここがサンスーシ宮殿よりも注目すべき所で、この部屋で1945年にチャーチルとトルーマンとスターリンが一堂に介した訳です。
当時の様子
 日本がさっさと無条件降伏してれば原爆を落とされる事も無かったのに!!
米英ソの国旗が
 因みにこの部屋はチャーチルが使ったそうです。
チャーチルが使った部屋
 そんでもってこのドアを本人が通ったと。
チャーチルが通ったドア
 でも外観はとてもそんな歴史的な場所には思えませんね。豪華絢爛な宮殿よりもこう言う建物の方が好きだわ。中々素敵なセンスをもっていらっしゃる。
こんな屋敷も良いねぇ…

普通の宮殿はお腹一杯
 煙突も単に煉瓦を敷き詰めるだけではなく装飾が凝っていてこれまた美しい。
煉瓦のデザインも凝ってる
 周辺を歩くと壁跡ライン…?
壁跡ライン?
 移動途中の通路の窓から見えるこの庭に壁が通っていたと言うから場所的にも矛盾は無いか。
この庭を壁が走っていたらしい
 パン焼き小屋。この奥は時間の都合で行けませんでしたが敷地内はかなり広大です。
パン焼き小屋…らしい
 …んでサンスーシ宮殿の在る所は更に広大なのでそれは次回に。本当は一緒に載せようと思ったが無理だわ^^;

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://noyonoyo.blog98.fc2.com/tb.php/1558-57519fdc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB