のよのよ in Zの悲劇?!
鳥全般・海外旅行・ばんえい競馬・アニメ&漫画etc.…ニッチな情報提供も目指します。

最近の記事 ×

プロフィール ×

Pin

Author:Pin
出身:福岡県。長年住んだ出雲から佐賀へ移住の白衣好き主婦。
趣味:同人活動ではハーロックに原点回帰。(他にナノセイバー・恐竜惑星・ジーンダイバー)、ばんえい競馬、鳥関係全般、(科学者用)白衣等々。海外に行った時は旅行ネタ多目。


カテゴリー ×

月別アーカイブ ×

最近のコメント ×

最近のトラックバック ×

FC2カウンター ×

カレンダー ×
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


映画『銀の匙』感想とばんえいコラボ
【2014/03/29 21:30】 ばんえい競馬
 単なる感想だけなら『アニメ・漫画感想』のカテゴリですが、ばんえいと密接な関係が有る為こちらに。

 しかし…まさか蝦夷農の地元で観られるとは思わんかったわ。地元だからやっててもおかしくないんだけどホテルの目の前が映画館だったなんて(笑)。建物自体は知ってたけどパチンコ屋と思ってたし^^; 実際こちら側はパチンコ屋で映画館入口は裏側だった事も初めて知りましたよ。
メインはパチンコ屋
 良く見るとちゃんと映画館も在る事が解るんですけど、大通りに在るパチンコ側の方が目立つんで地元民でなければ気付かないかも ̄▽ ̄;
ちゃんとやってます
 ばんえい記念のついでにここで観て来たと言う知人に感想を聞いたら、「原作を大分端折ってたけど良かった」との事だったんで意を決して行って来ましたよと。
 21:00からのレイトショーでしたが直前までチケット売り場が非常に混雑していて、100人程度のハコの内8~9割は埋まってましたね。(ガラガラだった某キャプテンハーロックと偉い差だ ̄▽ ̄;)
 中に入ると映画の名場面やキャストの解説がど~んと。これ上映館全部でこうなんですかね?それとも地元だから?
名場面とかキャスト一覧
 芸能界に疎いので富士先生役の吹石一恵さん(『雪に願うこと』でもお馴染み)以外良く知らないんですが、あやめちゃん役の黒木華さんって今要注目の凄い方だったんですね。
黒木さん凄い人だったのね
 肝心の内容については…確かに原作を端折り過ぎと言うか詰め込み過ぎ。八軒とアキちゃんの出会いがばん馬に乗った世紀末覇者伝説ではなく、女子トイレに逃げた鶏をアキちゃんが捕まえて…はかなりスケールダウン。(原作通りでは危険と判断したからですかね?)

 アキちゃんは巨乳だけど胸元チラリなお色気はちょっと微妙。でも原作も彼女の意味深な言葉に妄想する八軒が良く出て来るし、多感な青少年としてはアリと言えばアリかな。
 常盤の「(御影と)やったの?」が不純異性交遊に見せかけて「豚丼に餌やったの?」と言うオチは笑えました。後、八軒が「計算早っ」と言われる所とかも原作には無いけど良いです。小ネタにクスクス笑う人も結構居ましたし、原作まんまのギャグでなくても笑えるなら良し。(ただ「全然笑えなかった」と言う感想もチラホラ ̄▽ ̄;)

 ただ詰め込み過ぎて八軒が蝦夷農に戸惑いながらも馴染んで行く過程や、両親との確執、アキちゃんの進路等々が中途半端なんですよね。

 ザッと気になった所を挙げて行くと…

 ・八軒が牛の出産シーンを割と冷静に見ている(原作では何度立ち会っても拒絶しまくってるのに)。
 ・豚丼が肉になる日が刻々と迫ってる中、授業で屠殺の見学(原作はこの時点ではビデオ→豚丼肉を経てベーコンの時に初めて生で見学)する事になったのに特に迷わずに黙って見に行った様に見える。
 →非農家出身で特に動物好きでも無いなら家畜の臭いは勿論、出産や屠殺を冷静に見られる物だろうか? 豚丼への葛藤も端折り過ぎだから余計に違和感。

 ・バイトの時八軒が両親に連絡すべきと言われながら結局そのまま有耶無耶になってしまった。ただ迷子になって駒場に見つけられる展開は、原作の「圏外でメールが送れず仕事が疎かになってアキ祖母に怒られた上に、挙句の果てには道に迷ってバイトすっぽかした」と言うのは、かなりイライラさせられる展開だったので、鹿解体がカットされた以上映画の「野菜を持って行った」の方が未だマシかも知れない。
 でも牛乳を間違って捨ててしまった所は何の説明も無く唐突に出て来るから、原作知らないとちょっと解り難いかも。

 ・アキちゃんの進路問題も中途半端→続編フラグ?
実際続編の可能性は大きい?
 ・ベーコンを皆に振舞うのはピザの代わりだろうけど、ばん馬コース制作でへこたれそうになった時、皆が助けに来る伏線になっていた所は良い。原作のノリノリの先生とか農筋駒場が手伝ってくれたよりは青春物っぽいし。
 ただ西川の代わりに痛そり作ったのが女の子だったのは何故? 看板とかビミョーに下手な感じは高校生の手作り感が出ていて寧ろリアル。

 ・蝦夷農祭と駒場の離農が交互に出て来る為、場面転換がゴチャゴチャして解り難い。余所のレビューで気づいたけど「破産して牛を全部売り払ったにも関わらず自分達が乗っていた車がピカピカの新車」と言うのも嘘臭い。
 原作では未だにバイトを掛け持ちして苦労している駒場だが、映画では先生に良い所紹介して貰って何とかやってると言うのは、救い様が有ると言う意味ではアリかな。 

 ・何故八軒が倒れずにフツーに蝦夷農祭に出てるのか? しかも両親がこっそり見に来ているけど誰が教えたの? アキ父が怖い感じだったのに対し、父軒はちょっと気難しい程度のオジサンでミスキャストでは。あれでは将来八軒とアキちゃんが結婚する時に父親同士のバトルにならないではないか(笑)。

 ・キャストと言えば八軒役はジャニーズと言う偏見で見てはいけないかと。アキちゃん役はファンから太った?と言われていたけど、映画でも叔父さんやあやめちゃんに「太った?」と言われていたのが何ともはや(笑)^^;
 常盤やタマコ、前述の富士先生の配役はお見事。校長先生は原作ではファンタジー過ぎるから実写だとあんな所か。

 ・ばんえいのシーンはOK!! ただドロイヤル号が何故かばん馬になっていたのに、あやめちゃんが乗馬の格好でばんえいをやる謎の事態。
 原作では八軒が倒れて困っていたアキちゃんに頼まれて、ドロイヤル号と乗馬用具一式を親に持って来て貰ってる(映画では単なる高飛車キャラだったけど、実はお馬鹿で良い子で親とも仲が良い)。描写は無いが乗馬で笑いを含め見事に代役を果たしたと思われる。
 んで2日目はばんえいでジャージ姿になってそりを引け~だったけど、最初から愛馬がばん馬なら乗馬の恰好はしないだろうと ̄▽ ̄;

 ・ラストのエキシビジョンレースでアキちゃんが「シルバースプーン」号に騎乗し、ゴールに向かう所からエンドロールに行く演出は将来彼女がばんえいの騎手になる未来が見えて良かった。ゆずのテーマ曲も作品に合っていたかと。
 
 …とまあ否定気味な感想ですが、1回しか見てない上に小説原作本もこちらでは売って無い為、記憶違いの所も有るかも知れないので、青春映画としてはまずまず及第点とは思います。
 幸い好評の様で続編構想も有るみたいですから、もし実現したら今回中途半端になったエピソードをきちんと描いて欲しいですね。

 さて…ここからは随所で見たコラボについて。とかちむらの売店「大蝦夷農業高校銀匙購買部」の様子。
売店の方
 原作読んで卵かけごはんの消費量がどれだけ増えたか…(笑)。
卵かけ御飯が…
 同とかちむら内のパネル展出入り口。
パネル展入口
 中には新聞記事や蝦夷農の校章含め映画で使った小道具や名場面集等々盛り沢山。
蝦夷農の校章も
 副ぶちょーの小道具。八軒が拾ったエピソードが無いから影が薄い薄い。
副ぶちょーの小道具
 名場面集。因みにこの時は未だ映画を観てませんでした。
映画の名シーン集
 競馬場内ではコラボ黒板が。キャラのセリフに小ネタが効いてます。
コラボ黒板
 これは映画では使ってなかったと思いますが、このビミョーに下手な手作り感が良いですな。
ビミョーに下手なのが良い
 ばんえいギャラリーに飾ってあった痛そり。原作やアニメに比べて劣化してる~!!-Д-;
痛そりが劣化しとる…
 因みにアニメでは原作を忠実に再現しております。
こんなだったのに…
 ドロイヤル号のそり。
ドロイヤル号が何時の間にばん馬に(笑)
 この他にも空港の手荷物受取初や観光センター、馬の資料館を始め、十勝管内随所で看板やらポスターやら見かけましたが、多過ぎてキリが無いので割愛^^;

 いやしかしばんえいを扱った作品が注目されるのはやっぱり嬉しいっすね。


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://noyonoyo.blog98.fc2.com/tb.php/1572-e73e23b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB